※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

自分では確認しづらいつむじハゲを目立たなくしていきたい。それは誰しもが思うことでしょう。育毛活動をしている中で効果が出るまでに時間がかかってしまうので即効性はあまり期待しない方が良いと考えられます。

そんな時はかつらが役に立ちます。
未来で気になる部分をカバーするのと同時に頭の薄毛も気になる部分をカバーするのはおしゃれの1つだと言えるのではないでしょうか。
そしてつむじハゲは生え際等の薄毛と比べてどうしても目立ってしまう傾向にあります。

自分で簡単に確認できる場所ではないので人から指摘されて気づくことも少なくはないでしょう。しかも髪の毛の流れの中心となる部分で頭皮の中でも最も血がいかない部分となっています。
そんなつむじハゲには違和感なく薄毛を目立たなくしてくれるかつらがとても有効なのです。

かつらとは、

かつら(鬘)は、人の頭部にかぶせて、もとある頭髪を補ったり別の髪型に見せるために使う、人毛もしくは人工的な髪のこと。古くは「かづら」と言い、鬘帯や鉢巻きなど、頭髪のように作って頭にかぶったり付けたりするものを指した。

引用https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8B%E3%81%A4%E3%82%89_(%E8%A3%85%E8%BA%AB%E5%85%B7)

カツラを選ぶポイント

かつらを選ぶ上でとても重要なポイントがあります。それは違和感のないものが良いと言うのは誰しもがわかることでしょう。どうしても不自然であったりばれてしまうといったイメージがとても多いようです。

目立たなくさせるためのかつらが逆に目立ってしまっては意味がありません。確かに安いものや昔からあるものに関してはどうしてもなじみが悪くなってしまうものも多いようですが年々技術は進歩しています。

土台の厚さも薄くなり髪の毛自体も人工毛で自然なものができるようになっています。なのでいかに目立たなくさせるかと言うのが重要となるでしょう。
さらにかつらの技術は進歩していますが最近ではつけたままシャンプーや水泳などが出来るようなものもあるようです。

ヘアサロンなので付けてもらったら1カ月間はつけたままで過ごしてまた1ヵ月後にメンテナンスするものもあれば自分で取り外して定理をするものもあります。様々なライフスタイルに対応できるようにさまざまなものが発売されているので自分のライフスタイルに合うものを選ぶようにしましょう。

 

つむじはげにお悩みのあなたにおすすめのかつら7選

①アートネイチャー レクア

こちらの商品は風や雨降りなのも気にせずドライヤーまで使えると言うのが特徴となっています。人工毛が0.08ミリメートルととても薄くなっている上に耐久性にも優れた素材がベストなっています。

生え際が薄くなっていることを一人でずっと悩んでいました。

増毛したいけれどそんな勇気もありませんでした。ある日ネットでなんとなく増毛の口コミをチェックしていたらレクアの増毛は自然でリラックスして受けることができたと書いてあるのを見かけました。

初めても安心できるという口コミを見ていたら、自分に合っているかもしれないと感じ、早速レクアへ向かいました。

信じられない程緊張していましたが、スタッフさんと話しているうちに落ち着いてきました。増毛の技術も素晴らしくて、生え際がごっそりと薄くなって地肌が見えていたのですが、自然に増えた感じになって大満足です。

引用http://xn--cckza2o.jpn.com/requa-taikenn-kuchikomi.html

②スヴェンソン マイへアプラス

この商品は自分の髪の毛に自然毛をつけることでつむじハゲをめだたなくさせることが可能です。てっぺんの薄毛だけではなく気になるところだけを増やすことが可能です。さらに1回ごとの利用が可能なので効率的に増やすことができるようです
薄毛の気になる部分がまだ広くない人や結婚式など特別な時にだけ薄着を隠したい人にオススメできる商品となっています。

友人からの評判が良かったので自分も試してみました。普段通りにシャンプー、くしで整髪料を使ってのセットも可能。プールで泳いでも大丈夫とのことで最近の増毛技術の高さに驚きました。クセッ毛の自分に合った髪も選ぶことが出来、もっと早くにやっておけば良かったです。

引用http://xn--tqqs9tg6p0a6116bp4n.com/svenson.html

③アプラン オーダーメイドウィッグ

こちらはこだわりの髪の毛を作れる完全オーダーメイドとなっていますので自分の薄毛の部分に適した商品を作ってもらえます。熟練した技術者が頭の形に忠実に形をとって型紙を起こすそうです。

人工皮膚の分け目も違和感のないように合わせてもらえます。ネットも通気性に優れたものの中から自分で選べます。特に自分で自由に取り外しをしたい人や違和感のないものを作りたい人にお勧めできます。

私はカツラであることを回りに言っています。
ハゲているのは嫌ですが、隠し通すのも辛いものです。
なので、カツラを使っていると言ったうえでオシャレとして楽しんでいます。
現在2種類のカツラを持っていて、その日の気分で変えています。
カツラというとマイナスイメージを持たれる方も多いですが、
そんなことないということをお伝えしたいです。

引用http://www.aga-taisaku.com/reviews/view/680

④アデランスpンポイントシリーズ

自分の髪の毛を生かした増毛と言うことになっているのでシャンプーやドライヤーも地毛のように扱うことが可能ですし育毛剤の使用も可能となっています。高い品質な人口毛髪を使用しているのでとてもリアルに仕上がっています。特に育毛活動中の薄毛を隠したい人や少しずつ量増やしていきたい人にお勧めできる商品となっています。

今まで育毛剤や育毛サロンなど、いろんな手段を試しましたが、残念なことにどれもいまいち効果を実感することができませんでした。
最初、増毛というとかつらというイメージがあり、抵抗がありましたが、アデランスでの増毛は、本当に自然な仕上がりで満足しています。
勇気を出して試してみてよかったです。気になる仕上がりですが、普段の生活で他人に気づかれることはまずないと思います。今では、ヘアスタイルも自分の想いのままにスタイリングでき、気持ちも若返りました。

引用http://xn--ccke6dtch4e1cze4dcc9703h8wth.com/

⑤プロピア へアベイル

こちらは接着増毛法という技術をいかし1本1本に人工毛生ジョイントしていくという方法を採用しています。髪の毛のセットやカットも自我と同じようにすることができます。髪が伸びてきたらジョイントしている部分を下げることで継続して利用することができるため費用も抑えられます。分け目が目立ってきて頭皮が透けてきた人や短期間で増やしたい人にお勧めできます。

プロピアの増毛体験は、本当に自分でもどこに増やしたのかわからないほどの出来栄えです。しかも、ジョイントの再利用が可能でメンテナンス費用も他社に比べて安いように感じました。ランニングコストを考えるとスヴェンソン式増毛法とどちらにしようか悩むところです。

引用http://xn--tqqs9tg6p0a6116bp4n.com/propia.html

⑥ヘアダイレクト フルオーダーメイド

こちらは自宅にいながら通販で注文ができる商品です。オーダーメイドのかつらを自宅にいながら作ってもらえます。どうかでの解説を見ながら自分で型取りの作業することになります。その作業に不安のある人はサロンで作ることもできるようです。サポート体制も充実しているそうで初めての人でも電話で相談をしながら自分に合ったものを作ってくれるようです。

プライベートでは前髪を下ろしていますが、仕事のときは前髪を上げるので、生え際が見えてしまいます。それでもまったく不自然でないので、安心してあげることができます。
このように、かつらの品質についての口コミが多く見られました。かつらそのものの出来だけではなく、カットの技術についても言及されていますね。かつらに慣れてきて、よりグレードアップしたかつらに挑戦したいときは、ヘアダイレクトを利用してみるといいかもしれません。
⑦インクリーズヘア クイックPON
初めてでも簡単に装着ができてやすい商品です。髪の毛を増やしたい場所にピンポイントでつけることが可能です。自分好みの自然な仕上がりになるのも特徴で使用する本数も自分で調節できます。さらに通販で簡単に購入できるのが心強いと言えるでしょう。
自分に合いそうなものを選びましょう。

【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。

編集部おすすめ厳選記事はこちら

おすすめの記事