※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

店頭には、どれを選んでよいのか迷うほど、多種多様なシャンプーが並んでいます。

その中で、育毛に効果のあるシャンプーを探すのは容易ではありません。

どの商品も使えばすぐ毛が生えて来るようなキャッチフレーズが氾濫しています。

シャンプー剤を使えば毛が生えて来ることは先ずありません。

シャンプーは頭皮を清潔にし、毛穴のつまりを防ぐためにあるものですから。

そして値段が高いほど効果があるとは限りません。

3000円以下でも優れた性能を持ったシャンプーも、数多く市販されています。

やはりシャンプーを購入するにはコスパ(コストパフォーマンス)を考慮した、皮膚と相性の良い弱酸性のタイプのシャンプーを選ぶといいでしょう。

ここでは厳選しましたコスパ育毛シャンプーを5点選び紹介していきます。

スポンサーリンク

正しいシャンプー剤の選び方

シャンプー剤の選び方としては、先ず自分の髪質をよく知ることから始めなければなりません。

乾燥肌の人は、シャンプーを薄めるか、日を開けて洗うのが基本です。

選び方は、刺激成分の少ないものを選ぶといいでしょう。

脂質の人は、油性でなかなか汚れが落ちにくい人は、毎日二度洗いするか、洗浄力の強めのタイプを使うといいでしょう。

どちらも共通して言えることは、皮膚への刺激が少ない、シャンプーの弱酸性タイプを選び、自分の髪質を見るための目安としても使えます。

  • 乾燥肌の人は「弱酸性タイプ」「ダメージケアタイプ」
  • 脂質の人は「フケ取りタイプ」「育毛タイプ」
  • 中間肌の人は「炭タイプ」「石鹸タイプ」

を選ぶことが大切です。

また忙しい朝の洗髪や、旅行時には1本二役をこなす「リンスインシャンプー」を選びましょう。

頭皮をマッサージすると血流が良くなる

頭皮をマッサージしますと、血流が良くなります。

毛髪に栄養を送り込んでいますのが、頭皮内の毛細血管です。

頭皮が硬く緊張した状態が続くと、その血行は悪化しがちになり、毛髪の生育を妨げになります。

毛髪の悩みを解決するためには、頭皮の血行を良くすることが何よりも重要太なるのです。

そこでぜひ続けたいのが、頭皮の正しいマッサージです。

マッサージは、ゆったりした気分で、丁寧にマッサージしなければなりません。

直接的な刺激と、気持ちが良いと言うリラックス感も、また血行を促してくれます。

薄毛が気になる人は、育毛剤や、オイルなどを付けてから行えばさらに効果的です。

皮膚と相性の良い弱酸性を

皮膚と相性の良い弱酸性を使うのが基本となります。

現在市販されていますシャンプー剤は、大半が弱酸性の物と言っていいでしょう。

洗浄力が強いものは、頭皮への刺激が強く、一般には勧められませんが、脂性肌の人で、皮脂がこびりついている場合は、こうしたものを使わないと汚れを落とせない場合もあります。

こうしたほうが適切かどうか迷った時は、行きつけのヘアサロンで、理・美容師に相談しましょう。

適切なアドバイスをしてくれます。

リンス・トリートメント剤は髪に付ける

シャンプーの後に使うリンスやトリートメント剤は、髪を保護するためのものです。

頭皮に付けず、髪の表面に付けることが肝心です。

ダメージに合わせて使い分けるのが、上手な利用方法です。

頭皮の汚れを落とすためには欠かせないシャンプーですが、髪自体に負担をかけてしまうことがあります。

そこで必要なのが、リンスとトリートメントです。

シャンプ―後の処理に使います。

頭皮のためというより、髪のダメージをふせいだり、リカバーするのが主な目的です。

リンス剤には頭髪の表面を、滑らかにする成分が含まれているのです。

一方トリートメント剤は、表面だけでなく、毛髪の中にまで浸透し、髪の潤いを保持する成分が使われています。

シャンプー同様、表示を目安に、頭皮のタイプ髪質などに合わせて選ぶことが、大切と言えましょう。

リンス剤とトリートメント剤の違い


リンス剤とトリートメントの違いは、一言で言うならば、成分粒子の大きさです。

リンス剤の粒子は大きめで、毛髪の表面を覆うキューティクルの隙間から、内部に入り込むことはできません。

これに対して、微細な粒子をもち、わずかな隙間を通り、毛髪の内部に作用するものがトリートメント剤です。

ヘアコンディショナー、ヘアパックなどと表示されているのもあります。

毎回リンスをしていても、時々トリートメントを併用しますと、髪の傷みはさらに防ぎやすくなります。

コスパの育毛シャンプー5選3,000以下の価格で、良いシャンプーは数多くある


コスパとは、コストパフォーマンスの略で、価格を費用と効果で対比させた度合いのことを言います。

したがってコスパが良い商品と言えばコスパが高い、逆にコスパが悪いと言えば、コストパフォーマンスが低いこと言います。

一般的にコスパが高い商品は、

  1. 有効成分が入っている
  2. 頭皮の環境が整っている
  3. 自分の頭皮の肌質と合っている

の3つの条件がそろっている場合を指します。

つまり、価格が安い割には良い成分を含んでおり、自分の髪の肌質にあっている商品である場合、コスパが高い商品と言えそうです。

スポンサーリンク

コスパ最高の育毛シャンプー5選

1. VITALISM(バイタリズム)シャンプー


出典:Amazon

発毛剤のミノキシジルに近い製品です。

ミノキシジルの含有成分「ヒロミジロール」が配合されています。

アミノ酸系シャンプーで、頭皮の乾燥している人にお勧めの製品です。

コラーゲンや、植物ps成分配合で、頭皮に柔軟性を与える優れものです。

1本1850円。

2. コラージュフルスカルプシャンプー


コラージュフルフル スカルプシャンプー マリンシトラスの香り 360mL (医薬部外品)

爽やかな香りのシャンプーです。

皮脂と菌を洗い流すことを目的として製薬会社が作ったシャンプーです。

ミコナゾール硝酸塩を配合したフケ、かゆみの予防の効果を発揮します。

低刺激性のアミノ酸系洗浄成分で、敏感肌の人、頭皮にトラブルを抱えた人、頭皮に臭いのある人にオススメの商品です。

1本2700円です。

3. UL・OS(ウルオス)


大塚製薬 UL・OS(ウル・オス) 薬用スカルプシャンプー 500mL

日本のドラックストアでも購入できます。

この商品のリピート率は高いものがあります。

清涼感の欲しい人など最適商品です。

1本2400円。

4. 極匠のスカルプシャンプー


極匠スカルプシャンプー 300ml (無香料)

スカルプとは、日本語に直せば、頭皮の事です。

これまでは、スカルプケアとは、男性用的な言葉で使われていましたが、ダメージヘアが増えた今、性差を超えたスタンダードなヘアケアとなっています。

頭皮と髪、肌は同じ構造との発想で、打だされましたのがこのシャンプーです。

頭皮の毛穴をより清潔にし、新しく生まれてくる新毛をサポートする働きがあります。

ヒアルロン酸,ヒドロキシプロヒルトリモコウム配合で、頭皮を柔らかな状態にします。

整髪剤を頼らない人、敏感肌の人にオススメです。

1本2759円。

5. マイナチュレシャンプー


出典:Amazon

薄毛、抜け毛に悩む、女性のためのシャンプーです。

天然成分29種を配合、ハリやコシある髪をサポートします。

無添加で安心なシャンプーです。

営業などで外に出る機会の多い人、洗い上がりを妥協しない人、向きのシャンプーです。

シャンプー剤の選び方


今シャンプー市場には、どれを使ったらいいのか、消費者が迷うほど、多種多様なシャンプー類が出回っています。

シャンプーを選ぶときは、表示を目安に頭皮の状態、髪質に合わせて選ぶことが重要です。

先ず選ぶ基準となるのが、自分の頭皮の状態や、髪質に合わせたものを選ぶことが大切です。

特に皮膚の酸性度に合ったものを選ぶことが肝心です。

一般に言えることは、弱酸性タイプを選ぶといいでしょう。

この基本は、自分の頭皮や、髪質に合ったものがベターだと言うことです。

この基本を押さえた上で、自分の髪質や、頭皮の状態を知り、それに合ったものを、フケや、かゆみを防止するもの、育毛効果を得られるもの、など様々なタイプがあることを認識して、選ぶことが重要と言えましょう。

頭皮の健康は皮脂の量で判断する

毛根のあるところ皮脂腺あり、ここから分泌される皮脂は、皮膚の表面を覆い、保護する託割を担っています。

この皮脂の分泌量の差が、頭皮のタイプを決める最大のポイントとなります。

そのタイプは、皮脂の分泌が多すぎた場合「脂症肌」少なすぎタイプを「乾燥肌」と呼んでいます。

健康な頭皮を保つためには、この肌質を見極めることが大事です。

それによってシャンプーの選び方も変わってきます。

このタイプを知る判断の目安は、顔の皮膚や、髪の毛を見れば、ある程度は自分で判断できますが、<strong専門医の判断に任せた方がいいでしょう。

脂性肌と乾燥肌の違い


毛根に付随する皮脂線から文ピされる皮脂腺の差が、頭皮の状態を左右します。

多すぎても、少なすぎても不健康で、それぞれ脂生肌、乾燥肌になります。

脂生肌

皮脂の分泌が多すぎるぎらぎらタイプです。

表皮を被うバリア機能が強すぎて育毛剤の浸透をふせいでしまいます。

また皮脂は、適量を超えますと固まってしまって、過酸化脂質となり、炎症の原因となります。

ずっとシャンプーしないでいますと、余分な脂が溜まり、炎症が起きて、赤く膨れることもあります。

それを「脂漏性湿疹」または「脂漏性皮膚炎」と言います。

乾燥肌

皮脂の分泌量が少ない、カサカサタイプの人を言います。

皮膚が乾燥すると、角質細胞がはがれ、表面のバリア機能が落ちます。

細菌や整髪料が真皮に入り、その刺激で炎症が起きることもありますので、注意が肝心です。

シャンプー剤などの刺激で、かゆくなり、頭皮をかいてばかりいますと、そこがかぶれて「乾燥性湿疹」または「乾燥性皮膚炎」となる可能性もありますので、注意しましょう。

乾燥肌も、脂性肌も一度専門医に行き、診断を受け、シャンプーの選び方など、指導してもらう方がいいでしょう。

間違ったシャンプー選びを行った場合、症状を悪化させる危険性がある可能性を秘めています。

自分の肌質を知ることは、シャンプー選びのためだけでなく、あらゆる場面で役に立ちますので、早めに相談に行くことをオススメします。