スポンサーリンク

AGA治療薬のプロペシアは、飲む育毛剤とも呼ばれている内服薬で、抜け毛予防に抜群の効果を発揮することが知られています。

しかし、このプロペシア、なんと使いすぎると効かなくなる、といった噂が流れています。

プロペシアは薄毛に悩んでいる人にとっては非常に頼りになる存在なのですが、長期利用すると耐性が付くので、最終的にはハゲてしまうとささやかれているのです。

果たして、この噂は本当なのでしょうか?

その真偽を探ると共に、対策法についてもご紹介します。

プロペシアとは?


プロペシアは、世界トップレベルの製薬メーカーのメルク社が提供している内服薬です。

主成分として配合されているフィナステリド(Finasteride)は、悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成にかかわっているⅡ型5αリダクターゼの活性阻害剤で、1992年にプロスカー(Proscar)という商品名で前立腺肥大の治療薬としてアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可されています。

このプロスカ―は、5mg錠で身体への負担が大きいことから、フィナステリド1mg錠の研究が進められることになります。

その中で前立腺肥大症ではなく、男性の脱毛症に対しての効果が判明したことにより、誕生したのがプロペシアです。

1997年には、AGA治療薬としてFDAに認可されており、現在では世界60か国以上で使用されています。

プロペシアの効果

プロペシアが、厚生労働省に認可されたのは2005年10月のことで、同年12月に販売を開始しています。

これ以降、国内でのAGA治療が本格的にスタートすることになります。

ちなみに、前立腺肥大症の治療薬プロスカーについては、現在でも未承認のままです。

なお、厚生労働省ではプロペシアを承認する際に、1年間かけて臨床試験を実施しており、不変以上の効果が約98%、軽度改善以上の効果は約58%に認められています。

これは、頭頂部の写真評価によるもので、具体的な内訳は、著名改善1.5%、中著改善9.1%、軽度改善47.7%、不変40.2%、軽度進行1.5%となります。

このように、プロペシアを服用すると高確率でAGAの進行が止まるのですが、これは原因物質のDHTの生成が抑制されることが理由です。

これにより、狂わされていたヘアサイクルが元通りに回復するので、髪の毛が再び成長することになります。

ただし、毛根の機能を修復するような作用はないので、発症してから年数が経過している場合は服用しても変化が見られないということも起こり得ます。

これが、不変(変わらない)という結果が目立つ理由で、発症してから5年~10年程度が回復を期待できるタイムリミットと考えられています。

プロペシアの副作用

プロペシアにより生産を抑制されるDHTは、男性生殖器の発育をサポートするなど性機能に深く関与しています。

このために、プロペシアの臨床試験では、副作用として性機能の障害(不全・射精障害・精液量減)が出現したことが確認されていますが、これらの発現頻度はトータルでわずか2.9%にとどまっており、プラセボ群と有意な差異は認められていません。

なお、DHTを減少させるということを目的としているので、男性生殖器の成長は妨げられることになります。

このために、妊娠中や授乳中の女性への投与は禁止されています。

これは、胎児に副作用が発生する危険があるからです。

また、これらの人に輸血される可能性があるので、プロペシアの服用中の献血は禁止されています。

ちなみに、献血できるようになるのは、服用を中止してから1か月が経過してからです。

プロペシアに耐性はあるのか?


医薬品を使用する際に副作用と共に気になるのが、耐性の有無です。

これは、身体に抵抗力が付くことにより、医薬品の効果が発揮されなくなる状態のことを言います。

プロペシアの場合は、耐性が付いてしまうとDHTの生産を抑制することが出来なくなるので、薄毛が進行するという結果につながります。

この節では、プロペシアの耐性について検証することにします。

プロペシアの臨床データ


国内で実施されたプロペシアの臨床試験は、厚生労働省が承認した後も2年間継続しており、トータルで3年間行われています。

ちなみに、1年終了時と3年終了時とを比較すると、頭頂部は著名改善が1.5%から6.1%、中著改善9.1%から37.7%に増加しており、逆に軽度改善は47.7%から34.3%、不変は40.2%から20.2%に低下しています。

このように、利用期間が長くなるほど効果が増加しており、時間をかけて薄毛を改善するというプロペシアの性格が現れています。

これは、前頭部の写真判定でも同様で、著名改善が0.8%から2.0%、中著改善は10.8%から32.3%と増加しているのに対し、軽度改善は46.2%から37.4%、不変は40.2%から25.3%に減少しています。

髪の毛の成長サイクルが回復することにより、薄毛が改善されていく様子を見て取ることが出来ます。

これを見る限り、服用開始から3年が経過した時点では、耐性が付いたという様子は全く見受けられません。

利用者の口コミ

国や製薬会社が発表しているデータよりも、ある意味で信憑性が高いのが実際に使用した人による口コミです。

通販で商品を購入する際に参考となるように、提供元が発信できないような内容の情報が記されているケースも少なくはありません。

これは、責任を負わない匿名による発信ということが大いに関係しており、商品にとって不都合な情報でも自由に書き込むことが出来るからです。

特に、プロペシアのように店頭で取り扱われていないようなアイテムの場合は、口コミは貴重な参考資料となります。

早速、見てみることにしましょう。

使用開始から4年程度ですが、現状維持です。

今後も使用して行きたいと思います。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html/page:2

購入して9年目になります。

プロペシア、ロゲインを使っていますが、プロペシアだけにしようと思います。

それほど気にならなくなってきました。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html/page:2

数年服用していますが、少しずつ改善していることを実感しています。

また、副作用もあまり感じることもないため、今後も継続する予定です。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html/page:3

購入して8年目になります。

最近はほとんどきにならなくなり、久しぶりにブリーチ等も行っています。

女性友達も増え、見た目が変わってきたのを実感しています。

今後も購入を続けていきます。

ありがとうございます。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html/page:3

12年お世話になってます。

幸い年齢以上に維持されてます。

明らかな副作用は感じません。

健診の血液検査でも特に問題なしです。

ちなみに前立腺腫瘍マーカーのPSA値も問題なしです。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html/page:3

もうかれこれ10年服用してます。

これといった副作用はなく、髪も維持できてます。

AGA遺伝子検査でもフィナステリドの効果ありとの結果でしたので続けたいと思います。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rpg/000051_propecia_nz.html/page:5

五年間使用したが効果なし、どうやら私には効果がないらしい、ほかのものを試そうと思う

引用:https://www.idrugstore.jp/product/49976/review?star=3

これらは、個人輸入代行業者が提供している海外製のプロペシアの利用者による口コミで、改善、少し改善、現状維持、効果なしと様々な感想が記されていますが、途中から効果がなくなったという内容のものはありません。

サンプル数が少ないので、これだけで結論を出してしまうのは適当ではありませんが、10年や12年という長期利用している人の口コミの中にも、耐性が付いたと感じさせる部分がないということは重要なポイントです。

少なくとも、1~2年程度の服用で効かなくなるというものではなさそうです。

スポンサーリンク

効かなくなった場合の対策


臨床試験のデータや長期利用者の口コミには、プロペシアに耐性があることを示すものは見て取れませんでしたが、可能性はゼロではありません。

これは、AGAという症状の内容を考えると、年月が経過するごとにプロペシアが効かなくなるということは充分に起こり得るからです。

AGAの原因物質DHTは、テストステロンの10倍以上に及ぶ非常に強力な活性力を備えています。

これは、テストステロンの分泌量が低下した時に、これを支えるためと考えられています。

このために、年齢を重ねるにつれてDHTの影響は強くなり、AGAが発症しやすくなります。

これに対してプロペシアは、1日の服用量は1mgと決められており、増量することは認められていません。

このために、DHTの影響力が強くなるごとに、対応できなくなるという可能性があります。

このような事態にならないめには、適切な対策が必要です。

その具体的な方法を、この節では紹介していきます。

毎日同じ時間に服用する


プロペシアは、1日に1回水かお湯で飲むということが決められているルールで、食前や食後などの厳密な取り決めはありません。

ただし、出来るだけ同じ時間に飲むようにするのが効果を引き出すための適当な方法と言われています。

これは、血中濃度を常に一定に保てるからです。

育毛剤を利用する

プロペシアは、髪の毛や頭皮、毛根に対しての直接的な作用はないので、育毛剤と併用することが可能です。

特に、相性の良いのが発毛を促進するタイプの育毛剤です。

これにより、抜け毛予防と発毛促進の両方の効果を得られるので、短期間で薄毛の改善が可能となります。

これは、プロペシアが効かなくなったと感じた時も同様で、状況を変えられる可能性があります。

現在チャップアップ公式サイトでは、満足いただけなかったお客様には、永久返金保証制度を設けています。業界で最も注目されている育毛剤チャップアップを手軽に試せるのは今だけです!在庫が少なくなっているようですので、ご注文はお早めに!

まとめ


プロペシアは、AGA治療薬として認可されてから20年も経っていない新しい薬で、完全にすべてが解明されているというわけではありません。

このために、現時点では耐性が付くとも付かないとも、はっきりとは言い切れないということになります。

ただし、これまでに耐性が付いたという報告は、正式には1件もないので、10年程度で効かなくなることはないようです。

また、プロペシアよりも強力なザガーロという内服薬も開発されており、仮に効かなくなった場合でも選択肢は用意されています。

このために、それほど心配しなくても大丈夫で、あまり考えすぎないようにしましょう。

スポンサーリンク