【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり

※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤である「薬用プランテルEX」 を購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

薬用プランテルEX公式サイトはこちら!

注目を集めるフィーバーフュー

フィーバーフューとはナツシロギクのこと

フィーバーフューというハーブが近年注目を集めるようになってきました。このフィーバーフューはナツシロギクとも言われており、古くからハーブを用いた民間療法では良く知られていたものになります。「奇跡のアスピリン」とも言われており、その解熱・鎮痛効果には高い評価を得ています。ちなみに、このフィーバーフューの「フィーバー」は熱を意味しています。

ナツシロギク (英名:feverfew;フィーバーフュー、学名: Tanacetum parthenium) は伝統的な薬用ハーブであり、ヨーロッパなどで古くから庭に植えられてきた植物である。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%84%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%AE%E3%82%AF

ナツシロギクの効果

ナツシロギクについては昔から片頭痛やリウマチの治療に効果があるとされてきました。その歴史は古く古代ギリシアの時代から使われてきたものになります。古代ギリシアの医師ディオスコリデスが記述した文章の中にも、ナツシロギクが抗炎症剤として用いられていることが記されています。

英名のfeverfewはラテン語で解熱剤を意味するfebrifugiaに由来する[3]。ナツシロギクは薬草として解熱剤、頭痛や関節炎や消化器異常の薬として用いられてきた。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8A%E3%83%84%E3%82%B7%E3%83%AD%E3%82%AE%E3%82%AF

フィーバーフューには育毛の効果あり

フィーバーフューに含まれるパルテノライド

さて、このナツシロギクに含まれている成分にパルテノライドというものがあります。このパルテノライドが炎症を引き起こす化学物質を抑制する効果を持っているため、フィーバーフューには抗炎症作用があると言われています。

パルテノライドの育毛効果

パルテノライドには血管を拡張する作用や炎症を抑える作用があるとされています。後述の文章で詳しく述べていきますが、このような効果が育毛を促進することにもつながってます。

フィーバーフューのDHT抑制効果

AGAの原因になるDHT

男性が発症する薄毛のほとんどはAGAという男性ホルモンの働きが過剰になる症状がその原因になっているとされています。さらに突き詰めていくと、この男性ホルモンの働きが過剰になることにより生成されるジヒドロテストステロン(DHT)という物質の働きが薄毛症状を引き起こしています。

ジヒドロテストステロン(DHT)について説明するには、まずテストステロンの話から始めなくてはいけません。
テストステロンも、ジヒドロテストロンと同じく男性ホルモンの一種です。男性はもちろん、女性にも少量は分泌されている誰しもが持っているホルモンです。

このテストステロンに5αリダクターゼという酵素が結びついた時に生成されるのがジヒドロテストロンです。ジヒドロテストロンには毛髪の元となる細胞(毛母細胞)の働きを低下させる作用があることから、薄毛と関係の深いホルモンと言われています。

引用:http://www.osaka-clinic.com/keyword/aga_column_02/page8.html

DHTによって活性化するNF-KBを抑えるフィーバーフュー

上記で述べたようにテストステロンという男性ホルモンに5αリダクターゼという物質が結合することにより生み出されるのがDHTになります。そのため、多くの育毛成分はこの5αリダクターゼの発生を抑えることによりDHTを抑制するアプローチを取っています。ただ、フィーバーフューについてはこれとはアプローチが異なります。

フィーバーフューはDHTが生成された後に活性化するNF-KBという名前のタンパク質複合体の働きを抑える効果があります。

フィーバーフューとNF-KB

DHTにより活性化するNF-KB

DHTの活動が活発化するとそれによって活性化することになるのがNF-KBとよばれるたんぱく質の複合体になります。NF-KBについては体内においてさまざまな炎症を引き起こす原因になるとされています。このNF-KBの影響で引き起こされる症状にはがんの転移やリウマチといったものがあります。

育毛に悪影響を与えるNF-KB

AGAに関して言うと、このNF-KBの活動が活発化することにより、頭皮の炎症を引き起こす原因につながっていきます。頭皮の炎症が発生すると、この炎症がヘアサイクルの乱れにつながります。具体的には成長期にあるはずの毛髪が休止期に入ってしまい、十分に髪の毛が成長しきらないまま、抜けてしまいます。これによりどんどん抜け毛の量が増えていくことになります。

これがAGAにおいて抜け毛が大量に発生する原因となる細毛化のサイクルになります。このような抜け毛を引き起こすNF-KBの活動を抑える効果を持っているのがフィーバーフューになります。

フィーバーフューの血行促進効果

頭痛の原因となる血管の収縮を抑える

フィーバーフューについては古来から頭痛薬として用いられてきました。頭痛についてはさまざまな要因があります。ただ、頭痛を引き起こす1つの要因としてセロトニンの過剰分泌が原因となる場合があります。

セロトニンという物質には血管を収縮させる効果があります。そのため、セロトニンが過剰に分泌されると血管が狭まってしまい、頭痛の原因になることがあります。このセロトニンの過剰分泌を抑えて、血管を収縮させないようにする効果がフィーバーフューにはあります。

セロトニンの分泌を原因とする片頭痛は、ストレスや飲酒、過労、睡眠不足などの外的要因が誘因となり、脳内の血管が膨張し、それを鎮めるためにセロトニンという物質が多量に分泌され、血管が収縮します。

その後、セロトニンが急激に減少することにより、脳内の血管が再度拡張し、血管周囲の神経が圧迫されます。このことが刺激となって血管の周りを取り巻く神経を通って脳に伝わり、痛みとして認識されるのです。

フィーバーフューに含まれるパルテノライドは、血流を改善する働きや、セロトニンの放出を抑制する働きがあることが明らかとなっています。

引用:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/feverfew/

血管を広げる効果が血流を改善し、育毛を促進

血管を拡張して血流を良くするというのは育毛を考えた上では非常に大切なことになります。血管を拡張することにより、髪の毛を作る毛母細胞に栄養素をいきわたらせることが可能になります。実際、日本で発毛効果を公式に認められているミノキシジルという育毛成分についても、血管を拡張することで血流を良くして、育毛につなげるという働きを持っています。これと同様の働きがフィーバーフューにも期待できます。

フィーバーフューの頭皮環境改善効果

NF-KB以外の頭皮炎症の原因

NF-KB以外が原因となって、頭皮の炎症が発生する場合もあります。そのような頭皮の炎症の原因につながるものとしては紫外線、皮脂の過剰な分泌といったようなものがあります。これによってフケが増えてしまい、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。このようなことが原因となり、頭皮は簡単に炎症を起こしてしまいます。

例えば、夏場の直射日光を2~3時間浴びているだけで赤みを帯びてしまう人もいますし、天井に頭をぶつけて傷がつき、その傷の部分に雑菌が付いてしまって、それが原因で赤みを帯びた炎症を引き起こしてしまうという人もいます。

また、日常の生活習慣や食生活のバランスが悪くて皮脂が過剰に分泌されてしまうと、同時にフケも大量に発生するので、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまい、炎症を引き起こしやすい土壌を生み出してしまいます。
頭皮というのは簡単に傷ついてしまうので、それが元で炎症を起こし頭皮の赤みを引き起こしてしまうという方が大勢いるのです。

引用:http://www.atama-bijin.jp/hair_care/scalp/redness/happen/

NF-KB以外が原因の頭皮の炎症にも効果があり

フィーバーフューはもともと抗炎症作用のあるハーブとして民間療法で用いられてきました。したがって、上記のような原因で発生した頭皮の炎症についてもその炎症を抑える効果を発揮します。NF-KBの働きを抑えて炎症を予防するだけでなく、すでに発生してしまった炎症の症状を抑える抗炎症作用があるのもフィーバーフューの特徴です。

フィーバーフューを摂取する方法

お茶やサプリメントの形で体内に取り込むフィーバーフュー

さて、上記で説明してきたように育毛効果が期待されるのがフィーバーフューになります。このフィーバーフューについては育毛剤という形で頭皮に塗布することにより、体内に取り入れるという形はあまりとられていません。そうではなくハーブティーという形やサプリメントといった形で飲食によって体内に取り込んでいくことになります。

他の育毛剤との併用可能

したがって、フィーバーフューについてはメインとなる育毛剤以外で補助的に摂取していくという考え方が良いでしょう。日々の食事においてフィーバーフューを含んだハーブティーを飲むといった形で自然に生活に取り入れていくことができます。これによって頭皮の炎症を未然に防ぎ、抜け毛症状が起こらないような体質に改善していくことができます。

ただ、注意点としては薄毛症状を早期に改善肢体と思って大量にフィーバーフューを摂取しても、効果が飛躍的に高まるということはありません。あくまでもサプリメントなら用量を守って服用、ハーブティーなら、1日1~2杯程度を目安にしておきましょう。

【本日更新】編集部おすすめ厳選記事はこちら

【2018年】育毛剤おすすめ人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり
おすすめの記事