※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

妊娠中に発生する円形脱毛症

妊娠してハゲた?妊娠中の円形脱毛症

ハゲというのは男性だけの問題だと世間では考えられがちです。実際、ハゲている女性など日常生活で目にしたことがある人はほとんどいないのではないでしょうか。ただし、「髪は女の命」ということわざもあるように、女性は髪の毛を非常に大切にしています。そのため、いざ薄毛症状が現れた場合、その悩みは男性の何倍も重く心にのしかかることになります。ただ、女性が薄毛になりやすい時期というのが実は存在しています。それが妊娠中になります。特に妊娠中は円形脱毛症という薄毛症状に悩まされることが多くなっています。

妊娠中に発生する円形脱毛症の症状

妊娠中に発生する円形脱毛症には多様な症状があります。一か所だけに円形脱毛症が発生する場合もあれば、何か所にも円形脱毛症の症状が現れる場合もあります。

円形脱毛症は、1つだけのケースもありますし、次々に広がるケースもあります。
また、複数の脱毛斑が融合し、不整形の地図状になる場合もあります。

ある日突然発症することで、精神的に落ち込んでしまう方が多くいらっしゃいます。女性の場合は特にその傾向が強く、また、円形脱毛症になりやすい体質の方はしばしば再発を繰り返すことが指摘されています。

気になる症状がある方は、お一人で悩まずに是非ご相談ください。

円形脱毛症の種類

  1. 1.単発型

    脱毛斑が1つ

  2. 2.多発型

    脱毛斑が数個ある

  3. 3.多発融合型

    多数の脱毛斑があって、それらが融合して不整形の地図状になる

  4. 4.蛇行型

    3.のうち、後頭部から側頭部にかけ、髪の生え際も脱毛する

  5. 5.全頭型

    全頭が脱毛する

  6. 6.びまん型

    びまん性に脱毛し、全頭が脱毛する

  7. 7.汎発型

    頭毛のほか、眉毛、まつ毛、わき毛、陰毛などの体毛も脱毛する

引用:http://www.lottage.com/hihuka/enkeidatumou/

ストレスで発生する妊娠中の円形脱毛症

妊娠中に感じやすいストレス

妊娠中、女性は自分が思っている以上にストレスを感じやすくなります。そのストレスは肉体的な面と精神的な面の両面から女性を苦しめることになります。まず、肉体的な面としては妊娠によって生じる体型の変化があります。特にお腹が出てくるという体型の変化は美しいプロポーションを目指してきた女性にはストレスを感じるものになります

また、妊娠中に妊婦を苦しめるつわりを筆頭に、腰痛、腹痛、頭痛といったようなさまざまな体のトラブルがストレスにつながります。また、精神的な面では出産に対しての不安が日を追うごとに増していったり、産んだ後にしっかりと子育てできるかという不安がついて回ることもあります。加えて、身重の体になることで普段簡単にできていたことがスムーズにいかなくなり、ストレスを感じることになります。

ストレスは円形脱毛症の原因

妊婦でなくても、何かしらのストレスを感じたときに円形脱毛症になるというのはよく聞かれる話です。ストレスというのは円形脱毛症の大きな原因になるといわれています。この妊娠中のストレスは円形脱毛症につながる要因となっています。

円形脱毛症は誰にでもおこりうる症状です。原因は未だはっきりと分かっていませんが、現在のところ精神的ストレスが大きな原因だと言われています。 特に3~4ヶ月前にかかった強いストレスが原因 となっているようです。

引用:http://www.lottage.com/hihuka/enkeidatumou/

ホルモンバランスで発生する妊娠中の円形脱毛症

妊娠で崩れがちになるホルモンバランス

ホルモンバランスが崩れることも妊娠中の円形脱毛症の原因になる場合があります。男性の脱毛症の原因であるAGAについても男性ホルモンが深くかかわっており、ホルモンのバランスというのは抜け毛と密接に関係しているということができます。特に女性の場合は複数の女性ホルモンが影響し合っており、ちょっとしたことでホルモンのバランスが崩れやすくなっています。

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。通常、女性ホルモンは生理周期に合わせて、月経後の卵胞期と、排卵後の黄体期に分かれており、それぞれの女性ホルモンが交互に優位になり、女性の生殖機能が増えます。
女性は妊娠すると、女性ホルモンであるエストロゲン、プロゲステロンの分泌が徐々に増加します。妊娠後期になると、大きくなった胎盤からも女性ホルモンが分泌されるようになるので、女性ホルモンの分泌量はピークになります。

引用:http://www.tom-clinic.info/bunben.php

栄養不足で発生する妊娠中の円形脱毛症

栄養不足で発生する脱毛

妊娠中の女性というのは栄養不足になりがちです。なぜなら、自分自身とお腹の中にいる胎児の分という二人分の栄養を摂る必要があるためです。そのため、以前と同じような食事をとっていたとしても、その栄養の一部が胎児に取られてしまうことになります。このような栄養不足は育毛を考える上では致命的です。栄養不足に陥るとどんなに髪の毛を増やそうと思っても髪の毛をつくる原材料が体内に存在しない状態になるため、育毛に成功することはありません。

生活習慣の改善

食生活の改善

円形脱毛症というのははっきりとした原因は分かっていません。これについては妊娠中の円形脱毛症も同様です。ストレスが原因なのかもしれませんし、ホルモンバランスの乱れの可能性もあります。ただ、円形脱毛症の症状を改善するために、食生活の改善が有効であるというのは間違いありません。したがって、円形脱毛症を改善したいのであれば、まず食生活を意識的に改善していく必要があります。

食事の中で取り入れたいたんぱく質・ビタミンB・パントテン酸

さて、円形脱毛症の改善のための食生活についてですが、3つの栄養素を積極的に摂取するようにしてください。それがたんぱく質、パントテン酸、ビタミンBになります。たんぱく質については髪の毛を作る際の原材料となる成分でこのたんぱく質が体内に不足すると、どんなに育毛対策やヘアケアをしっかりと行ったとしても髪の毛が生えてくることはありません。

したがって、円形脱毛症の改善のためにはまず取り入れたい栄養素になります。続いて、ビタミンBです。ビタミンBについてはビタミンB2及びビタミンB6は毛母細胞という髪の毛を作る細胞を活性化する効果があることが分かっています。ビタミンB2については納豆などの大豆製品に多く含まれています。また、ビタミンB6を多く含む食材としては肉・魚類があります。特にマグロは豊富にビタミンB6を含んでいます。加えて、バナナにも多くのビタミンB6が含まれていることが分かっています。そして最後に紹介するのがパントテン酸になります。パントテン酸については抗ストレス効果があるとされており、ストレスが原因と言われている円形脱毛症の場合には積極的に摂取したい栄養分になります。

パントテン酸はビタミンB群のひとつで、エネルギーの代謝を助ける働きがあります。
そのほか、抗ストレス効果や、動脈硬化を予防する効果があり、全身の細胞で健康維持のために働く大切な栄養素です。

引用:http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/pantothenic-acid/

ヘアケアの徹底

女性用の育毛剤などでケア

円形脱毛症でも、考えることは普通の薄毛症状の改善法と同じです。まずは育毛剤などを使って頭皮環境を整えることが大切になっていきます。特に妊娠中はお腹の中の赤ちゃんのことに気を取られてしまって、自分自身のケア、特に髪の毛のケアなどは忘れがちになってしまいます。そのため、意識的に育毛剤を使用するなどして頭皮のケアを行っていく必要があります。このような妊娠中の頭皮ケアを行うのにおすすめの育毛剤がベルタ育毛剤になります。


出典:Amazon

ベルタ育毛剤とは

業界最大級の育毛・頭皮ケア成分56種類を99.9%配合した、女性用の無添加※ナノ育毛剤。
こだわり16の無添加で、天然由来成分は99.6%、妊娠中や産後の授乳中、敏感肌・乾燥肌・アレルギー肌の方でも使用可能な頭皮にやさしい薬用育毛剤。
更に厳選した32成分をナノ化、育毛・頭皮ケア成分を毛穴の奥まで浸透させることが可能になっています。

引用:http://belta-shop.jp/user_data/belta_hairlotion.php

ベルタ育毛剤

絶対にしてはいけないのは男性用育毛剤の使用

さて、育毛剤を使う場合、特に注意しなければいけないのが男性用育毛剤を間違っても使用しないということです。特にAGAクリニックで処方されるプロペシアといったような育毛剤にはお腹の中の胎児に障害を与える可能性が指摘されています。このような育毛剤が女性に処方されることはまずありませんが、一応頭に入れておきましょう。また、ミノキシジルという育毛成分については低血圧の症状を引き起こしたり、母乳に交じって胎児の体内に吸収されてしまう可能性が指摘されています。したがって、絶対に男性用の育毛剤は使用しないようにしましょう。

クリニックでの治療

クリニックでの治療

妊娠中の円形脱毛症の場合、出産して体が落ち着くとその症状も自然に消失する場合がほとんどです。また、円形脱毛症の症状が比較的軽い場合などは食生活の改善やヘアケアの徹底をすることで、自分自身で円形脱毛症の症状を抑えることもできます。ただし、どうしても円形脱毛症の症状が気になって仕方がないという人や、どんどん円形脱毛症の箇所が増えているといった人は一度クリニックに相談に行ってみるのが良いかも知れません。

女性の妊娠中の脱毛にも対応してくれるヘアメディカルグループ

さて、妊娠中の円形脱毛症の治療でクリニックを訪れるという場合ですが、おすすめのクリニックとしてはヘアメディカルグループを挙げることができます。男性の薄毛治療を中心に行っているクリニックが多い中でヘアメディカルグループについては女性の妊娠中の脱毛の相談にも乗ってくれる心強いクリニックになります。初回に無料カウンセリングを行い、そのカウンセリングの内容で治療方針を決めていくため、まずはカウンセリングを受診してみるようにしましょう。

【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。

編集部おすすめ厳選記事はこちら

おすすめの記事