※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

男性の薄毛は、思春期以降に少しずつ進行するのが一般的です。このために、今は大丈夫に見えても将来どうなるのかを予測するのは簡単ではありません。そこで、今回は身近な人の薄毛をどのようにすれば予防できるのかについて、ご説明したいと思います。


男性が薄毛になりやすい理由

髪の毛のボリュームが著しく不足する薄毛は、近年になり急激に女性の間でも増加しているといわれていますが、それでも圧倒的に男性に多く見られる状態です。これは、男性ホルモンが原因に関与しているからです。

正確には、男性ホルモンのテストステロン由来のDHTという物質の作用により引き起こされるので、このタイプの薄毛は男性ホルモン型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

この男性ホルモン型脱毛症は、男性の薄毛の大部分を占めており、あなたの夫が薄毛になるとすれば高確率でこの症状に該当します。このために、この症状を予防することが、夫の薄毛対策として最も適当となります。

そのためには、まずは仕組みを理解しなくてはならないので、この節では男性ホルモン型脱毛症の概要について説明することにします。


男性ホルモン型脱毛症の仕組み

男性ホルモン型脱毛症は、原因物質DHTの作用により、髪の毛が十分に成長することなく、短い状態のままで抜けてしまうという症状です。これは、TGF-β(トランスフォーミング増殖因子)という脱毛因子が誘導されることにより、正常な毛根に対しても脱毛指令が発信されてしまうからです。

これにより、成長期の髪の毛が休止期や退行期へと移行する割合が増加するので、ヘアサイクルを繰り返すごとに髪の毛の寿命は短くなってしまいます。

なお、テストステロンを変換してDHTを生成するⅡ型5αリダクターゼという還元酵素は、生え際から頭頂部にかけての毛根に存在しています。このために、男性ホルモン型脱毛症による薄毛は、この範囲に集中することになります。

ちなみに、生え際が後退するタイプはM字ハゲ、頭頂部が薄毛になるのはO字ハゲなどと呼ばれていますが、原因は同じなので最終的にはつながることになります。つまり、男性ホルモン型脱毛症が最後まで進行すると、生え際から頭頂部までの髪の毛が全てなくなるということです。


夫の薄毛対策のために妻ができる7つのこと

男性ホルモン型脱毛症は、病気ではなく遺伝により受け継いだ単なる生理現象に過ぎないので、髪の毛が全てなくなるまで進行したとしても寿命が短くなるということはありません。

これは、基本的には遺伝により受け継いだ体質に過ぎず、いわゆる疾患ではないからです。このために、夫婦ともに薄毛が気にならないというのであれば、放置しておいても特に問題はありません。

ただし、落ち武者のような髪型になっていくので、見た目の印象は大きく変わってしまいます。このために、全ての人が受け入れるようになるとは限らず、耐えられないほどつらいと感じてしまうケースも少なくはありません。

当方、会社を休むまではいきませんが、ハゲが原因で外出しなくなってしまい、孤独感や外に出れないことへのストレスで悩んでいます。それが原因で、泣いて暴れてしまうこともあります。毎日自殺のことを真剣に考えています。もう嫌です。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13140174628

夫がハゲが気になっていて、病的です。「どうしたら生えてくる?」と1日5回以上聞かれます。夫は極度の神経質で頭皮がものすごく硬いです。ありとあらゆる育毛剤は試し、肌荒れするという理由でオーガニック系にかえました。

服用する薬は、副作用がでるので絶対に飲みたくないと言い張ります。増毛はお金がかかるからいやだそうです。最近、ハリ治療を進めましたが、1回じゃ効果でるはずもなく、金がかかるとの理由で続かなそうです。

私も、毎日こんな悩みを聞かされて離婚しようかなやんでいます。私の祖父も薄かったですが、明るいハゲでした。 もう耐えられません。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1165308706

何を辛いと感じるのかは人それぞれであり、どうしても薄毛になりたくないという人は存在します。そのような人が男性ホルモン型脱毛症を発症してしまうと、生きていく自信を持てないと考えてしまうのも仕方がありません。

ただし、現在では進行を防止する方法は開発されているので、深刻に考えなくても大丈夫です。この節では、その具体的な方法についてご紹介します。


薄毛対策1.通院を勧める

男性ホルモン型脱毛症に対しては、既に医療機関での治療がスタートしています。その中心は、プロペシアという内服薬の処方で、かなりの高確率で進行を食い止めることが可能です。厚生労働省が1年間かけて行った臨床試験では、58%の割合で軽度改善以上、98%の確率で不変以上の効果を確認されています。

なお、プロペシアの作用機序は、Ⅱ型5αリダクターゼの活性を阻害するというもので、結果的にDHTの生産量が減少することになります。このために、髪の毛に対しての直接的な作用はありませんが、脱毛因子が誘導されなくなるので、ヘアサイクルが正常な状態に回復します。

このプロペシアを服用するということが、現在行われている男性ホルモン型脱毛症への対策としては、最も効果が見込める方法です。ちなみに、プロペシアは店頭では販売されておらず、医療機関での処方が中心です。このために、通院を勧めてあげるのが、妻が出来る最適なアドバイスということになります。


薄毛対策2.禁酒の勧め

お酒は百薬の長とも呼ばれており、血行促進やストレスの解消など様々なメリットを享受できます。しかし、アルコールを分解するときにアセトアルデヒドという毒性物質が生産されるので、適量を超えると健康には悪影響を及ぼすことになります。

なお、このアセトアルデヒドは、男性ホルモン型脱毛症とも無関係ではありません。それは、血液中のテストステロンをDHTに変えるという作用があるからです。これにより、原因物質が増殖するので、薄毛の進行が早まることになります。

これは、少量のアルコールでも同様なので、薄毛を気にしているのであれば、スッパリと禁酒するのが適当です。お酒を止めるようにサポートしてあげるのが、薄毛の進行を防ぐための有効な対策となります。


薄毛対策3.禁煙させる

お酒は適量であればメリットがありますが、タバコの場合は百害あって一利なしといわれています。これは、髪の毛に対しても同様で、薄毛を進行させる要因にはなりますが、育毛に関してのメリットは何もありません。このために、夫が薄毛に悩んでいるのであれば、禁煙させるが適当です。

ちなみに、現在では楽にタバコを止められる様々なアイテムが考案されています。特に、オススメはチャンピックスという内服薬で、成功率は約50%と報告されています。

この内服薬はニコチンの代わりに脳内の受容体に結合することで、少しだけ快楽物質のドーパミンを放出するという内容です。これにより、タバコを吸う必要性がなくなるので、無理なく禁煙に成功することが出来ます。

薄毛対策4.食生活の見直し

髪の毛は、タンパク質を材料に作られるのですが、生きていくうえでどうしても必要な部分ではないので、栄養素が回されるのは一番最後となります。このために、栄養不良の場合は薄毛が進行することになります。このために、日々の食生活の見直しは、妻ができる薄毛対策の基本です。

なお、薄毛対策として特に重要な栄養素としては、タンパク質、ビタミンB群、亜鉛の3種類です。これらをすべて含んでいる食品としては、レバーや牡蛎、大豆性食品などがあります。これらを食材にした料理は育毛効果があるので、作ってあげる様にしましょう。


薄毛対策5.サプリメントをプレゼント

男性ホルモン型脱毛症の治療薬プロペシアは、勃起不全や性欲の減退など性機能の低下がごく一部に報告されています。このために、20代や30代などの若い世代で薄毛が初期の状態の場合は、必ずしも適当でないかもしれません。

このような場合に代わりに使えるのが、ノコギリヤシという天然ハーブを配合したサプリメントです。副作用の危険がないので、安心して利用することが出来ます。

また、プロペシアは月に8,000円程度の費用が掛かるのですが、 ノコギリヤシの場合は1,000円程度で購入することが可能です。このために、費用面でもメリットがあるので、オススメできます。


薄毛対策6.育毛剤をプレゼントする

現在提供されている育毛剤の中には、医学的に発毛効果が確認されているものもあるので、この方面からのアプローチも有効です。

具体的には、大正製薬のリアップという商品で、育毛剤の中でただ一つだけ第一類医薬品に指定されています。この外用薬の適応症は、20歳以上の男性ホルモン型脱毛症を指す壮年性脱毛症です。

なお、52週間かけて実施した臨床試験では、11.1%に著名改善、66.7%に中等度改善、20.0%に軽度改善が確認されています。特に、頭頂部の薄毛には効果的で、 O字ハゲに悩んでいる場合はオススメです。


薄毛対策7.内服薬をプレゼント

海外の医薬品を取り扱っている個人輸入代行業者では、海外製の育毛剤を多数提供しています。国内よりも、かなりお手頃価格で販売しているのが魅力で、お金をかけずに育毛に取り組むことが可能です。

様々な育毛治療薬の中で最も強力な効果を期待できるのは、ミノキシジルタブレットという内服薬です。これは、リアップの主成分のミノキシジルを錠剤にしたもので、薄毛治療の最後の切り札とも言われています。

すでに、薄毛がかなり進行している場合には、この内服薬をプレゼントするのが精一杯の手助けとなります。


まとめ

このように、男性の薄毛に対しては、進行を食い止めるための様々な方法があるので、それほど深刻に考えなくても大丈夫な状況となっています。

少なくとも適切な対策をとれれば、落ち武者のような状態になることはありません。このために、「心配しなくても大丈夫。」と言って、これらを教えてあげるようにしましょう!

【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。

編集部おすすめ厳選記事はこちら

おすすめの記事