※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

元々は、アスリートが栄養補給のために利用していたプロテインサプリメントは、現在ではダイエットなど美容の幅広い分野で利用されています。

ところが、この健康食品を利用すると抜け毛が増えるという噂が囁かれているのです。果たして、これはどういう仕組みによるものなのでしょうか?内容について探ってみることにします。

プロテインとは?

プロテインとは、タンパク質の英語proteinの日本語読みで、タンパク質を主成分とする健康食品プロテインサプリメントのことを指します。アメリカで1950年代に市場ベースが確立し、1970年代から1980年代に市場全体が劇的に増加するほど成長した後に、日本でも商品として一般的に流通するようになります。

なお、元々はボディービルサプリメントと呼ばれていたように、筋肉を増量するために用いられていたのですが、ダイエットや生活習慣病の予防、高齢者の栄養補給など様々な目的で使用されるようになっています。

基本的には高タンパク質の健康食品というだけで、医薬品のような作用はありませんが、三大栄養素の一つを効率的に補給できるということで、健康に関する多様なメリットを享受することを期待できます。

プロテインに期待できる効果

プロテインは、タンパク質を効率的に補給するための健康食品ですが、近年は少し違う目的で利用する人が増加しています。これは、特に大豆を原料としたソイプロテインの利用者に多く見られています。何故なら、ソイプロテインには、大豆イソフラボンという成分が豊富に含まれているからです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似しているので、似たような作用を期待できます。このために、エストロゲンの分泌量が低下することに伴い発生しやすくなる更年期障害に対しても非常に有効です。

また、大豆イソフラボンは、エストロゲンが過剰に分泌された時には分量を抑える抗エストロゲン作用もあるので、ストレスや栄養不良によりホルモンバランスが乱れてしまった時にも効果を発揮します。

このために、女性にとって大豆イソフラボンを効率的に補給できるソイプロテインは、日常生活を健やかな状態で過ごすための非常に頼りになる存在として活用できます。

プロテインの副作用

プロテインは、肉や魚を食べるよりも効率的にタンパク質を摂取できるということがメリットであり、上手に利用すれば栄養バランスをパーフェクトに近づけれられるので、健康にも様々なメリットを享受できます。しかし、気軽に利用できるということでタンパク質の過剰摂取が起こりやすいというデメリットもあります。

まず、タンパク質を過剰摂取すると、この栄養素を分解している肝臓や毒素を体外に排出する役割を担っている腎臓に負担をかけることになります。また、タンパク質の余剰分は腸内の悪玉細菌の餌となるので、増殖をサポートすることになり、腸内環境が悪化してしまいます。

さらに、タンパク質を過剰摂取すると、これを分解して毒素が生成されるので、これを中和するためにカルシウムなどの体内のミネラルが大量に消費されることになります。本来であれば他の目的で使用されるべきものが消費されてしまうことにより、様々な不調が生じることになります。

プロテインと薄毛の関係

プロテインを飲むことで、抜け毛が増加するという噂は本当なのでしょうか?この節では、その実態に迫ると共に理由について考えていくことにします。

プロテインで抜け毛が増加するケース

まずは、プロテインを飲んで抜け毛が増加したというレビューを見ていくことにしましょう。

抜け毛と栄養についての質問です。9月頃から
朝:インスタントラーメン2つ
昼:ソイプロテイン300mL(たまに+おにぎり1つ)
夜:豆腐一丁
という生活をしています。

これは栄養不足でしょうか?そしてこの様な食事のせいか10月頃から抜け毛が多くなり始め、つむじ辺りが薄くなってきた気がします。今日入浴中に抜けた本数は86本でした。(そのうち細い毛は17本)大体いつもこれくらい抜けます。この本数は危険ですか?

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12138097337

ソイプロテイン300mLというのは、水か牛乳300mLにプロテインを溶かしたという意味だと思われます。このために、プロテインの正確な摂取量は不明ですが、過剰に摂ってしまった可能性はあります。

また、タンパク質と炭水化物に非常に偏っており、栄養バランスの悪さが際立っています。このケースで抜け毛が増えた理由がプロテインにあるとは断定できませんが、タンパク質を補給しても抜け毛が増える場合があるということを証明しています。

プロテインで抜け毛が増加する理由

プロテインで抜け毛が増える理由として考えられるのは、過剰摂取によりミネラルを大量に消費したことで、本来であれば髪の毛に使われるべきだった分を失ってしまったというケースと、プロテイン以外の食生活に問題があった場合です。前者は、摂取量をセーブすれば状況は改善されますが、後者の場合は食生活全体を見直さなくてはなりません。

ちなみに、タンパク質の適正摂取量は、厚生労働省によると成人男性は1日に50g、成人女性は40gとしています。ただし、日常生活における運動レベルにより変動するので、普段の生活に合わせて調節するのが適当です。

なお、タンパク質の過剰摂取が薄毛の引き金となるのは言うまでもありませんが、逆に不足した状態が長期化しても抜け毛は増加してしまいます。近年増加している女性の薄毛の中には、ダイエットによりタンパク質不足が原因の場合が少なくないからです。

抜け毛とたんぱく質についての質問です。最近過度に抜け毛が多い気がしてちょっと前髪も薄くなってしまった感じがして怖いです…。それで調べてみたら、たんぱく質が足りないと抜け毛の原因になるということを知りました。私はダイエットしていて、どうしてもタンパク質不足になりがちでです。

引用:http://urx2.nu/C7F9

137キロから101キロまでダイエットしました。今も継続中です。しかし、最近、抜け毛が悩みです。タンパク質を多く取れば症状は回復するのでしょうか? どれくらい何をとればいいんでしょうか?うちは肉を食べる習慣はあまりありません。くわしい方教えて下さい。

引用:http://urx2.nu/C7Fd

このように、タンパク質は多すぎても少なすぎても髪の毛に悪影響を及ぼしてしまいます。適切な摂取量に近づけるために、プロテインを利用するようにしなくてはなりません。

プロテインの適切な利用法

タンパク質は髪の毛の材料となるので、プロテインは上手に利用することにより、育毛にプラスの効果を得られるはずです。この節では、どのようにすれば良いのかについて成功者の体験談を紹介しながら説明していくことにします。

プロテインで抜け毛が減ったケース

それではプロテインを飲んで抜け毛が減ったという口コミを見てみることにしましょう。

大豆プロテインはアミノ酸の吸収スピードが遅いが持続時間が長くゆっくりした回復に向いているのが魅力的です。私は就寝前に飲むようにしています。大豆プロテインを飲み始めてからは抜け毛もなくなり大変満足しています。

味も変に塩辛かったりせず飲みやすいほうだと思います。難を言えば、他社の大豆プロテインと比べて溶けづらい点です。必ずと言っていいほどぬめっとした塊が残ります。神経質な方は多少イラっとするかもしれませんが、それさえ気にならなければ、安価でいい商品だと思います。

引用:http://review.rakuten.co.jp/item/1/253316_10000177/cklo-hz7wc-bdderc_191766102/?l2-id=review_PC_il_body_05

この口コミは、大手通販サイトで大豆プロテインを購入した40代の男性によるものです。どのような目的で購入したのかはわかりませんが、抜け毛がなくなったとハッキリと書かれています。これは、タンパク質を効果的に摂取したことにより、髪の毛を作り出す材料が適切に供給されたからだと考えられます。

また、睡眠中には成長ホルモンの分泌量が増加するので、寝る前に飲むようにしたというのもプラスに作用した部分と推測できます。この体験者のレビューには、抜け毛予防でプロテインを利用しようと思っている人にとって、非常に参考となる内容が記されています。

プロテインを利用する際の注意点

プロテインは適量であれば抜け毛を予防する効果を見込める健康食品であり、副作用の心配もありません。また、育毛剤や内服薬の作用を阻害することもないので、どのような状況でも利用できるという点も魅力です。

ただし、普段の食生活でタンパク質を充分に摂取している場合は、新たに補給する必要は全くありません。あくまでも、足りない場合に補うという利用が適当で、過剰摂取は激禁です。

また、男性の薄毛の大部分を占めているM字ハゲやO字ハゲなどのAGAは、遺伝やホルモンが原因で進行する脱毛症です。この症状は、男性ホルモンの一種DHTの作用により薄毛が進行するので、栄養補給により症状が改善することはありません。

つまり、プロテインは適切な利用をしたとしても、全ての脱毛症に効果的というわけではないので、過剰な期待をかけるのも禁物です。

まとめ

プロテインは、完成度の高い健康食品として人気を集めており、様々な目的で幅広い利用が可能です。しかし、育毛という目的での利用は安易に考えていると逆効果となります。

普段の食生活でタンパク質が不足しがちな人は、プラスの効果を得られるかもしれませんが、それ以外の場合はあえて利用するメリットはなさそうです。

これは、薄毛を改善することを目的に開発されたものではないからで、髪の毛の悩みを何とかしたい場合は、育毛剤を利用する方が有効です。また、健康的に過ごすためにプロテインを利用する場合でも、過剰摂取にならないように注意しましょう。

【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。

編集部おすすめ厳選記事はこちら

おすすめの記事