Disgruntled screaming man looking up, with ginger beard in gray jacket on empty background

【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得するだけにとどまらず、科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%OFFキャンペーン中!

※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップ で購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

【割引あり!】チャップアップ公式サイトはこちら!

女性で薄毛にお悩みの方々は、どのような方法で薄毛治療をしていますか?

多くの方が男性用の育毛剤を使用していると思います。女性用の育毛剤も確かにあることには、あります。しかし、ドラッグストアなどで手に入れるのが、難しく、男性の育毛剤よりも効果が出にくいというのが、実際のところでしょう

そこで今回は、女性の薄毛治療に効果的な漢方薬のお話です。漢方と聞くと、体に良いというイメージが沸くと思いますが、その通り。実際に漢方を使った育毛は副作用がほとんどないため、安全に育毛ができるのです。では、その他にも漢方を使った育毛には、どのような効果があるのかについて見ていきましょう!漢方薬をつかった育毛に少しでも興味があるという方は、こちらを参考に漢方薬で育毛をしてみませんか?

色々試みたが効果が出ない…そんなあなたに漢方がおすすめ!

育毛剤などを使った女性の薄毛治療というのは、人間の身体に元々ない成分を入れて、自然とは異なる方法で、育毛をしていきます。例えば、育毛剤の場合なら血行促進効果があるミノキシジルなどがありますが、ミノキシジルという成分が元々私たち人間の身体の中に存在するかと言えばそうではなく、外部から刺激を与えることにより、発毛を促すという育毛方法です。

しかし、漢方薬を使った育毛は一味違います。漢方では動物性や植物性など鉱物性由来の生薬を数種類組み合わせて、人間の持っている本来の力を底上げするという方法で治療していきます。つまり、外部から刺激するのではなく、身体の内部に備わっている元々の力を強くして、育毛するという方法がとられます。

これらの治療は、元々持っている力を強くするだけなので、基本的には危険な成分などが含まれていることもないため、身体への負担が少なく、安全に育毛が行えます。これが所謂、西洋医学と東洋医学の違いというものです。

漢方がおすすめの理由をご紹介!

それでは、漢方薬を使用した育毛というものをなぜおすすめできるのか、その理由を見ていきましょう!

◆健康的に血流を促進できる

髪の毛が抜けてしまう原因の一種として、血行不良があります。血行不良は、さまざまな原因があり引き起りますが、血流が悪くなることで、髪の毛に栄養が遅れない状態が長く続き、結果的に脱毛という症状が発生します。血行不良というものは、身体全体のバランスにようり成り立っているもので、例えば、自律神経のバランスが崩れることなどで発生します。自律神経は血流と深い関係性があり、通常は副交感神経が優位に立っていますが、身体のバランスが崩れることで、交感神経が優位に立ちます。

すると、交感神経の働きの影響で血管が縮小してしまい、血液が正常に流れなくなってしまうのです。それを改善するのが、西洋医学の場合ですと、クロチアゼパムやコレミナールという抗不安剤であったり、イミプラミンという抗うつ薬です。

しかし、このような薬たちには、副作用というものがあります。副作用は、身体に元々ないものを入れたことによる反射のようなもので、クロチアゼパムの場合は、眠気や集中力の低下、めまいや脱力感などがあります。イミプラミンの場合は、全身の倦怠感や口の渇きなどが発生します。

しかし、漢方薬は副作用はあるものの、どの漢方薬も基本的には胃もたれや、発汗などの軽い症状ばかりで、身体に優しいというメリットがあります。

◆免疫力を高められる

漢方薬を使用した育毛のメリットとして、免疫力を高めながら、治療が出来るということがあげられます

特に、「十全大補湯」(じゅうぜんだいほとう)という漢方薬は栄養が不足していて、免疫の抵抗力が下がってしまっている人などが使用することで、免疫力を高められる効果があるといわれています。一見、免疫力と髪の毛とは、全く関係の内容にも思ってしまいがちですが、実は、非常に関係性が深く、免疫力が低下することで様々な頭皮トラブルが発生します。

その代表的なものが、「脂漏性脱毛症」や「ひこう性脱毛症」のような、毛穴に潜伏している常在菌や細菌などの影響を受けて引き起る脱毛症です。常在菌や細菌は常に活動をしており、頭皮に悪影響を及ぼそうとしていますが、免疫力がそれらの働きを抑え込み、活動を弱くしているため、普段は、頭皮トラブルが起こりません。しかし、風邪などを引いてしまい、極端に免疫力が落ちているという場合、これらの常在菌や細菌などの活動が活発になり、頭皮に「脱毛症」という異常が起こるようになります。

しかし、漢方なら、免疫力を高めるという人間に元々備わっている機能を活かして、効果的に免疫力を改善できるので、極端に免疫が落ちている場合でも常在菌に負けない強い体を作ることができるのです。

◆ストレスを緩和できる

多くの女性は月経前症候群の影響などにより、月経前に常にイライラする、そんな経験があるとおもいます。このイライラは実は、髪の毛に大きな影響があり、イライラとすることでストレスが溜まりすぎてしまい、円形脱毛症を引き起こしてしまう可能性さえあります。

しかし、漢方薬を使用すれば、このイライラを改善することができます。中でも効果的な漢方薬は、「柴胡加竜骨牡蜥湯」(さいこかりゅうこっぽれいとう)という漢方薬です。こちらは、自律神経のバランスを整え、ストレスを緩和させてくれるという効果があり、ストレスが原因で引き起る脱毛症を抑えることができます。

さらに、高血圧症や、不眠症など、こころの状態と身体の状態を同時に整えてくれるので、体質改善にも効果があります。

◆体の冷え改善にも効果的!

漢方薬の中でもメジャーな存在の「加味逍遥散」(かみしょうようさん)は、漢方薬のなかでも人気が高く、多くの愛用者を持つ漢方薬です。こちらの漢方薬には、冷え性を改善する効果があります。冷え性というものも、漢方薬と密接な関係性があり、身体が冷えてしまうことで全身の血の巡りが悪くなり、髪の毛に血液を送れないという状態が続くことがあります。

すると、髪の毛に血液を送っている毛細血管が消失し、毛根がそれ以上育たなくなり、完全に髪の毛が生えなくなるという状態が続くことああります。しかし、こちらの漢方薬を使うことで、血液の循環を良くして、身体を温める効果があるので、毛細血管が拡張され、正常に血液循環が行われるようになります。

正しい漢方の飲み方

漢方薬は西洋医学ほどの知名度なないため、多くの人は正しい漢方薬の飲み方を知らないと思います。漢方薬には正しい飲み方というものがあり、正しい飲み方をしなければ、全くと言っていいほどに効果が実感できないことがあるので、これから漢方薬で薄毛を改善しようとするならば、正しい飲み方を覚えて起きましょう。それでは漢方薬の正しい飲み方をご覧ください。

◆食事前に飲む

まず、正しい飲み方として最も大切になるのが、漢方薬を飲むタイミングです。西洋医学の薬では、そのほとんどが食後です。これは胃に負担がかかるため空腹時に飲むと、胃痛を引き起こすからです。

しかし、漢方の場合は、一般的な西洋医学の薬とは対照的で、食前になります。なぜ食前に飲むのかというと、食後に漢方薬を飲んでしまうと、その効果が食事内容に左右される可能性があり、効果を実感できない可能性が出てくるためです。

また、食内容によっては完全に体に吸収されなくなってしまうものもあります。そのため、漢方薬を飲むならば、食前でさらに、食事を摂る2、3時間前が最も効率よく体に吸収されると言われています。

◆白湯で飲む

基本的に、西洋医学でいう薬よりも身体への吸収率が良くない漢方薬は、体内に一緒に入るものの影響を受けやすい傾向があります。例えば、カフェインなどと一緒に漢方薬を摂取すると、カフェインの作用に負けてしまい、全く体に吸収されません。そのため、漢方薬を飲む場合は、必ず水で飲みましょう。

しかし、水でも実は吸収率はあまり良くありません。最大限に効果を実感したいのであれば、最もおすすめなのは、白湯で飲むことです。白湯は漢方が吸収される内臓系の動きを活発にしてくれる効果があるため、効率よく体に吸収されます。さらに、一緒に血流も良くなるため、一石二鳥の効果を発揮します。

漢方薬で育毛するデメリット

そんな、漢方にももちろん、デメリットが存在します。次に漢方薬を使用するうえでのデメリットをご紹介していきます。みなさんも、漢方薬を飲む際には、こちらのデメリットを念頭に置いて、挑戦するようにしてください。

◆効果を実感できるまでに時間がかかる

漢方薬で育毛を改善するにおいて、致命的ともいえるデメリットが、時間がかかるということです。漢方薬は基本的には、体質改善をして髪の毛が生えてくるように仕向けるという育毛方法なので、体質が改善されるまで、かなりの時間を要します。早い人でも効果を実感するまでに3ヶ月。

しかし、この3ヶ月というのも、実際元々体質が良かった人の場合なので、今まで、食事のバランスや睡眠などをしっかりととれていなかったという人の場合は、2~3年ほどかかるケースもあります

もしもこの期間中に脱毛の症状が進んでしまった場合は、西洋医学に切り替えた方が間違いなく良い結果が出るでしょう。

◆飲むのがつらい

そして、多くの女性が漢方薬での治療を断念する原因が、その飲みづらさです。漢方薬は生薬なので、草っぽい味がします。人によってはこの味を受け付けなくて数ヶ月で漢方薬での治療を諦めてしまったという方もいます。

漢方は育毛に効果的だが、まずくて時間がかかる!

いかがでしたか?今回は漢方薬で薄毛を改善するのをおすすめしたい理由について解説をしていきました。漢方薬には、さまざまな効果があり、身体に本来その割っている機能の底上げをするという形で体質改善をはかり、育毛をするという方法がとられるので、基本的には安全です。

しかし、時間的なデメリットも生じてしまうので、長いスパンで体質改善をしながらゆっくりと薄毛を改善できるという人にはお勧めできます。みなさんも、漢方に興味があれば、挑戦してみてはいかがでしょうか?

【本日更新】編集部おすすめ厳選記事はこちら

【2018年】育毛剤おすすめ人気ランキングTOP3

順位 商品名 内容
チャップアップ 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は3種類の独自監修の成分配合!利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%offキャンペーン中
THE SCALP5.0C 3年連続モンドセレクション金賞受賞!キャピキシルを5%も濃厚配合し、スカルプケア効果を最大化させる47成分で頭皮環境を整える高性能育毛剤。初回購入半額キャンペーン実施中!

 

おすすめの記事