一般的に良く知られていますが、薬というものには「飲み合わせ」というものがあります。

飲み合わせは、例えば「風邪薬」や「抗アレルギー剤」のような市販薬などと併用して飲むことにより、副作用が発生するというもので、風邪薬の場合には、医療用の痛み止めなどと併用して服用することで、解熱鎮痛成分が重くなるため、薬が効きすぎてしまうことがあります。

抗アレルギー剤の場合は、咳止めや解熱鎮痛薬と一緒に飲むことで、炎症を抑える成分を摂りすぎてしまうので、眠気などの副作用が出ます。

このように薬の飲みあわせというのは、副作用が出てしまう可能性があるので、実はとても危険なものなのです。

これは、さまざまな薬剤にいえることですが、今回は、AGA(男性型脱毛症)の特効薬ともいえるプロペシアにも、飲み合わせで副作用が出る可能性があるのかという点に迫ります。

AGAで悩んでいるという人はかなり高い確率でプロペシアを服用すると思いますが、もしも飲み合わせ副作用があるとするならば、その他の持病がある際などは使用を控えた方が良いですよね。

より、安全に使用するためにも、その飲み合わせの副作用や注意点などをしっかりと身に着けておきましょう!

若ハゲドットコム・人気育毛剤ランキングTOP3
チャップアップ
日本で今もっとも売れている育毛剤

 

  • 編集部評価:98
  • 定期便価格:7,400円(税込)+送料無料
  • 成分:センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムジフェンヒドラミンHCL、その他天然成分55種類+アミノ酸15種類
  • 返金保証・特典:定期便は全てのコースで永久返金保証

 

数々の育毛剤ランキングで堂々の1位を獲得してきた、業界注目度No1の育毛剤。圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX
育毛成分リデンシルを驚異の5%配合

 

  • 編集部評価:94
  • 定期便価格:9,700円(税込)+送料無料
  • 成分:リデンシルペブプロミンα、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
編集部イチオシ!毛髪診断士・製薬会社・スカルプケアサロンの共同開発!育毛効果の高いリデンシルを製品許容量の限界である5%という最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!



※薬用プランテルEXは現在品薄状態で、次回の供給は11月下旬まで遅れるようです。現在、公式販売サイトでは予約注文のみの受付となっています。育毛を早めにしたい人は人気No1育毛剤のチャップアップもチェックしましょう!

フィンジア
スカルプケアの2大成分を豊富に配合

 

  • 編集部評価:90
  • 定期購入価格:9,980円(税込)+送料無料
  • 成分:キャピキシルピディオキシジルカプサイシン、パンテノール、ボタンなど
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
元K-1世界王者の魔裟斗氏が推薦していることでも人気の育毛剤「フィンジア」。スカルプケアの2大注目成分である「キャピシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しており、その効果の高さから楽天リサーチの調査ではスカルプ部門2冠に輝いています!また、角質層までしっかり届くので今までのスカルプケアより効果を実感できると評判です!

そもそもプロペシアってなに?

View this post on Instagram

 

渋クリ_新宿院さん(@sj_shibucli)がシェアした投稿 -

では、まず初めにプロペシアの飲み合わせ副作用に入る前に、プロペシアを使ったことがないという人のためにその薬の特徴を解説していきます。

プロペシアは先ほど言った通り、AGA(男性型育毛剤)の特効薬として有名な薬で、フィナステリドまたは、フィナステライドという有効成分が含まれています。

プロペシアというのはいわば商品名で実際に育毛に効果的な成分というのは、フィナステリドになります。

このフィナステリドには具体的に、どのような効果があるのかというと、ジヒドロテストステロンという脱毛成分の抑制です。

ジビドロテストステロンとは?

ジヒドロテストステロンという成分はAGAの原因成分の一つで、男性ホルモンであるテストステロンが、還元酵素である5aリダクターゼの働きを受けてジヒドロテストステロンに変換して発生するもので、男性の毛サイクルを乱す働きがあります。

正確には、髪の毛のヘアサイクル中、成長期を極端に短くしてしまうという働きがあり、成長途中の細い髪の毛が完全に成長をする前に後退期に入り、休止期に入り、脱毛。

という流れになります。

プロペシアの効果

プロペシアに含まれるフィナステリドには、この内5aリダクターゼという還元酵素を阻害する働きがあり、それによりAGAの原因成分のジヒドロテストステロンを抑制することができます。

プロペシアの効果は現在、世の中に出回っている育毛剤などの中でもトップクラスの成績と言われていて、AGAの治療を始めてから、1年間に育毛効果を実感したとうい人は50%以上。

育毛効果は見られなかったものの、それ以上症状が進行しなくなったという人はなんと90%以上にも上ります。

プロペシアって飲み合わせ副作用ってあるの?

このように、育毛にとても有効な成分フィナステリドを含むプロペシアには、確かな効果があり、育毛だけではなく、抜け毛を食い止める効果などもありますが、飲み合わせ副作用については起こる可能性もあるのでしょうか?

次に、飲み合わせ副作用についてみていきます。

飲み合わせ副作用はない

プロペシアに含まれるフィナステリドには飲み合わせで副作用を起こすことはありません。

そのため、風邪薬や抗アレルギー剤などの薬品と一緒に飲むことができます。

これは臨床試験により実際に証明れており、安全性が認可されています。

しかし、やはり薬なので、間違った飲み方をしてしまうと副作用を引き起こす可能性もあります。

では、どのような飲み方が間違った飲み方と言えるのでしょうか?

◆アルコール摂取後の服用

他のさまざまな薬と同じように、プロペシアもアルコール摂取後の服用、または服用後のアルコール摂取では、副作用を引き起こす可能性がグンと上がります。

なぜ、アルコールを薬と一緒に摂取してしまうと副作用を起こすのかというと、薬もアルコールも肝臓で分解されるからです。

これらを同時に摂取した場合、その両方が肝臓で分解されるため、肝臓に過度な負担がかかります。

すると、肝臓はその吸収を強めてしまうか、弱めてしまうかのどちらかになります。

要するに、プロペシアの効果を出し過ぎてしまうか、効果が弱まってしまうかのどちらかになります。

弱まってしまった場合は、もちろん副作用は引き起こしませんが、効果が出すぎてしまった場合は副作用を引き起こす可能性があります。

副作用は主に、めまい、吐き気、全身の倦怠感など、軽いものばかりで、数日が経過すれば完治すると言われています。

◆過剰摂取

通常の薬も療法と容量が定められていますが、プロペシアも、もちろん同じ薬なので療法と容量が定められています。

プロペシアの場合は、1日1錠です。

しかし、効果を期待し過ぎてしまいこの容量をオーバーして過剰摂取してしまうと重い副作用を引き起こす可能性があります。

このメカニズムは先ほど、ご紹介した、分解される場所というのが大きく関わっていて、プロペシアが肝臓で分解されるときには、1錠でも比較的強めに肝臓に負担がかかります。

そのため、2錠、3錠とその量が多くなるにつれて肝臓はフルパワーで働かくようになり、最終的に肝機能障害を引き起こす可能性があります。

薬物が原因で引き起る肝機能障害は、そのほとんどが全身の倦怠感や食欲不振、発熱、吐き気、嘔吐、と他の薬と変わらない症状が出ますが、中には、脂肪化して腫瘍を形成する危険性もあるため、絶対に容量は守らなければなりません。

◆カフェインとの摂取

みなさんも大好きなコーヒーは実はプロペシアとの相性はあまり良くはありません。

コーヒーにはカフェインが含まれていますが、カフェインにはジヒドロテストステロンを抑制する効果があると言われています。

一方プロペシアに含まれるフィナステリドにもジヒドロテストステロンを抑制する効果があります。

一見ダブルでジヒドロテストステロンを抑制効果があり、効率よく育毛できそうにも思いがちですが、そんなにうまくはいかないもので、これらの作用が合わさることにより、ジヒドロテストステロンを抑制する効果が重くなり、副作用を引き起こすことがあります。

プロペシア使用上の注意点

このように、薬との飲み合わせで副作用は起きないとされていますが、飲み方を間違えてしまうことで副作用を発生させる可能性もあります。

次に、飲み方以外の注意点をご紹介していきます。

みなさんもプロぺシアを服用する際は、次のことに気を付けて正しい服用を心掛けてください。

◆20歳未満は安全性が確立されていない

まず大前提になるのは、20歳以下の服用はできません。

なぜなら20歳以下というのはまだ成長段階のため、吸収率がよく、プロペシアの効果を増大させてしまうことも考えられ、それが原因で重い副作用が引き起る可能性があるので、安全を確立しようにも、成長段階ということで、個人差が大きく出てしまい、安全性を確立できないからです。

また、プロペシアは男性ホルモンの働きを弱くするという働きがありますが、20歳以下という成長段階で男性ホルモンを抑制してしまうことで、その成長を阻害する恐れもあるためです。

◆女性は使用不可

プロペシアは女性は使用できません。

その理由は、先ほどご説明したように、プロペシアの男性ホルモンの働きを弱くするという作用に関係します。

プロペシアが女性の身体に吸収されると、生まれてくる赤ちゃんが男性だった場合、生殖器官に障害が出る可能性があるからです。

さらに、プロペシアは女性にとっては毒物と言って良いほどで、服用するだけでなく、接触するだけでも皮膚から吸収してしまい体内に入り込みます。

そのため、旦那さんがプロペシアを使用していても、絶対にプロペシアに素手で触れないようにしてください。

◆3ヶ月~6ヶ月程度の服用が必要


プロペシアは初めに言ったように、多くの人が効果を実感できる良質なAGA治療薬ですが、その効果を実感するためには、ある程度の期間が必要になります。

効果を実感するまでの期間は、早い人で約3ヶ月。

遅い人で半年かかることもあります。

そのため、効果が出ないからといって、容量を増やしたりは副作用が引き起る可能性があるので避けてください。

◆前立腺ガンのリスクは高くなる

アメリカで行われた臨床実験によると、フェナステリド(高濃度)長期にわたり服用することで、前立腺がんの発生するリスクが高くなるという実験結果が出ています。

これは、現在でも研究段階で、明らかな発がん作用があるということを実証することはできていませんが、医師によると、プロペシアの服用は必ずしも安全ではないそうです。

そして、すでに癌を発症してしまっているという人は、間違いなく服用をストップした方が良いでしょう。

また、元々ガンの発症率が高いという家系の人もなるべくなら他の手段で育毛を目指しましょう。

プロペシアは安全性が確かではない

いかがでしたか?

今回はプロペシアの飲み合わせの副作用間違った飲み方をしないための注意点について解説を致しました。

このようにプロペシアは飲み合わせによる副作用はなく、AGA治療薬として、比較的安全に使用できる薬ではありますが、元々が前立腺肥大症の治療を行っていた際に偶然発見された育毛効果を利用したものなので、薬自体がいまだに解明されていないことが多く、その安全性も確かなものではない薬です。

しかし、多くの人が育毛効果を実感しているということもあり、現在ではAGA治療の特効薬とされていますが、皆さんが服用する際は、絶対に安全ではないということを頭に入れて、正しく服用するようにしてください。