AGAの治療薬として代表的なアボルブという薬をご存知でしょうか?

アボルブは同じAGAの治療薬であるプロぺシアの服用で効果が現れなかったときに服用する人が多い薬で、プロペシアからアボルブを服用するようになってから抜け毛が徐々に少なくなり、最終的に脱毛の症状がなくなったという人がとても多くいる薬でAGAの治療薬として、とても効果的です。

しかし、効果とは引き換えに、さまざまな副作用を引き起こす可能性がある成分であるともされており、その副作用は人によって異なり、中には子づくりに影響を及ぼす副作用もあるとされています。

そこで今回は、アボルブには実際にどのような副作用があるのかという点に迫ります。

View this post on Instagram

 

渋クリ_新宿院さん(@sj_shibucli)がシェアした投稿 -

プロペシアを使っても、あまり効果を実感できなかったという人は、アボルブの服用を検討しているという人も多くいると思いますが、服用する際は必ず、アボルブ副作用を理解したうえで、服用することを忘れないでください。

また、服用して、少しでも身体の調子がよくないという人は、アボルブよる副作用の可能性がとても高いので、すぐにかかりつけの医師の指示を仰ぎましょう。

若ハゲドットコム・人気育毛剤ランキングTOP3
チャップアップ
日本で今もっとも売れている育毛剤

 

  • 編集部評価:98
  • 定期便価格:7,400円(税込)+送料無料
  • 成分:センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムジフェンヒドラミンHCL、その他天然成分55種類+アミノ酸15種類
  • 返金保証・特典:定期便は全てのコースで永久返金保証

 

数々の育毛剤ランキングで堂々の1位を獲得してきた、業界注目度No1の育毛剤。圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX
育毛成分リデンシルを驚異の5%配合

 

  • 編集部評価:94
  • 定期便価格:9,700円(税込)+送料無料
  • 成分:リデンシルペブプロミンα、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
編集部イチオシ!毛髪診断士・製薬会社・スカルプケアサロンの共同開発!育毛効果の高いリデンシルを製品許容量の限界である5%という最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!



※薬用プランテルEXは現在品薄状態で、次回の供給は11月下旬まで遅れるようです。現在、公式販売サイトでは予約注文のみの受付となっています。育毛を早めにしたい人は人気No1育毛剤のチャップアップもチェックしましょう!

フィンジア
スカルプケアの2大成分を豊富に配合

 

  • 編集部評価:90
  • 定期購入価格:9,980円(税込)+送料無料
  • 成分:キャピキシルピディオキシジルカプサイシン、パンテノール、ボタンなど
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
元K-1世界王者の魔裟斗氏が推薦していることでも人気の育毛剤「フィンジア」。スカルプケアの2大注目成分である「キャピシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しており、その効果の高さから楽天リサーチの調査ではスカルプ部門2冠に輝いています!また、角質層までしっかり届くので今までのスカルプケアより効果を実感できると評判です!

アボルブってどんな薬なの?

まず大前提として、多くの人が勘違いをしていますが、アボルブは男性型脱毛症を改善するために作られた薬ではなく、「前立腺肥大症」という病気を治すために作られた薬です。

前立腺肥大症というのは、主に50代以上の男性がなりやすい病気で、その原因は、ハッキリとは解明されていませんが、男性ホルモンの働きがなんらかの関係があるとされています。

男性ホルモンが中高年から何らかの変化を起こすことにより、前立腺が拡大し、尿の排泄中に力が入らなくなり、排尿が困難になり、残尿感が残出ることもある病です。

そんな前立腺肥大症に効果的な薬として使用されていたのが、ザガーロ(アボルブ)という薬です。

アボルブの特徴

アボルブは、デュスタテリド作用という特殊な作用があります。

前立腺肥大症は主に男性ホルモンの一種であるテストステロンという物質が還元酵素である5aリダクターゼで代謝されたジヒドロテストステロンが増えることで引き起るとされています。

デュスタテリド作用というのは、テストステロンが5aリダクターゼで代謝されるジヒドロステロンに反応してしまう前に、男性ホルモンを抑え5aリダクターゼの酵素を阻害し、ジヒドロテストステロンの働きを低下させることで、前立腺肥大症を制御するという作用です。

このデュスタテリド作用は前立腺肥大だけでなく、男性型脱毛症の症状に効果的であることが分かりました。

では、なぜ男性型脱毛症に効果的なのでしょうか?

それは、男性型脱毛症の症状が出てしまっている原因が、前立腺肥大症と同じ原因のためです。

5aリダクターゼ

前立腺肥大症を発症する原因が、5aリダクターゼという成分であるのに対し、男性型脱毛症の症状が進行してしまう原因も5aリダクターゼの影響で、頭皮の毛母細胞に含まれている5aリダクターゼがジヒドロテストステロンの影響を受けることで発症します。

そのため、アボルブは前立腺肥大症だけでなく、男性型脱毛症を効果的に治すための薬として使用されるようになりました。

しかし、効果的に治すことができたとしても、やはり薬。

何らかの副作用があります。

その副作用には、個人差があります。

例えば、副作用が全くないという人もいれば、全く同じ量を服用していても、副作用が大きく出てしまうという人もいます。

そのため、アボルグの使用はそれなりにリスクが高いと言えます。

もしもアボルブ使用を検討しているのであれば、次にご紹介する副作用に十分に注意をしながら服用してください。

知っていないと痛い目に?!アボルブの副作用

では、アボルブ副作用についてみていきましょう。

アボルブは現在日本で使用されている男性型脱毛症を改善するための薬の中でも特に副作用の多い薬で、間違った服用をしてしまうと強い副作用を起こす可能性のある薬です。

◆性欲減退・勃起不全

その副作用の中でも最も多い副作用が、「性欲の減退」です。

この症状は先ほどご紹介したデュスタリド作用と深く関係があります。

デュスタリド作用では、男性を男性ホルモンを抑え、5aリダクターゼの働きを阻害するという作用でしたが、この作用の働きで男性ホルモンの働きが極端に弱まります。

男性ホルモンの減少をもたらすことが原因

男性ホルモンというのは、女性に性的興奮を覚えさせるという作用そのもので、いわば男性の本能的な役割を果たしているホルモンでもあり、男性ホルモンが減少することで、必然的に性的興奮状態に入ることができないという作用が出てしまい、性欲が極端に減少します。

これは、もちろん前立腺肥大症と全く同じ薬を使用しているため、前立腺肥大症の場合も同じ副作用が出るとされています。

また、性的興奮状態になることができなくなるので、同時に勃起不全になります。

これらは、アボルブ服用を辞めると同時に徐々に回復に向かうことが多いと言われていますが、中には勃起不全のまま、健康な状態に戻れなくなってしまった。

という人もいるようです。

◆乳房障害


アボルブの副作用で、特に致命的な副作用が、乳房障害です。

乳房障害とは、乳房に何らかの障害が出てしまうということです。

その障害にも様々なものがありますが、アボルブ副作用が強く出た場合は、女性のように胸が膨らんでしまうという副作用が出る可能性もあります。

また、胸が膨らむまで程にはならなくても、乳房にしこりができ、じんじんと痛んだり、することがあるようです。

これもホルモンの異常が原因で、アボルブ影響で男性ホルモンの働きが弱くなり、それを補おうと女性ホルモンの働きが活発になり、女性のように胸が膨らんでしまうことがあるようです。

しかし、こちらは、稀な症状で、ほとんどの場合、性欲減退や勃起不全までの症状が出ることが多いようです。

男性なのでに、胸が膨らんでしまうというのは、かなりショッキングですよね。

◆肝臓障害

アボルブは肝機能障害があるという人は、使用できません。

その理由は、アボルブは肝臓で代謝されているからです。

つまり、アボルブう薬を摂取したら、肝臓までその成分が運ばれ、肝臓でアボルブ消費しています。

肝臓でアボルグを消費すると、どのようなことが起こるかというと、肝臓にかなりの負担がかかります。

そのため、肝臓に何らかの障害があるという方や肝臓に持病を抱えているという方はアボルブ使用できません。

◆アレルギー症状

比較的多い症状がアレルギー症状です。

アレルギー症状は主に蕁麻疹が多く、アボルブ直接反応するということが多いですが、アボルブを服用することで、服用前は大丈夫だったもので急にアレルギー症状を発症するようになることもあるようです。

また、別のアレルゲンに対してのアレルギー症状が悪化することもあるとされています。

◆初期脱毛

初期脱毛の症状はアボルブだけでなく、プロペシアでも起こる副作用です。

初期脱毛というのは一時的に髪の毛が大量に抜けてしまうという症状で、アボルブを使用したほとんどの人が実感すると言われている副作用。

抜け毛の量が通常の2~5倍増加すると言われています。

初期脱毛のメカニズム

初期脱毛が起こるメカニズムは男性ホルモンの働きが弱くなり、5aリダクターゼが制御されたことで、毛母細胞が急激に細胞分裂をするようになり、細胞が活性化。

すると髪の毛の成長スピードが急激に早くなり、乱れたヘアサイクルの髪の毛が一気に抜けます。

ようするに、一度完全にリセットされます。

初期脱毛の症状の多くは約1ヶ月ほどで治まるとされていますが、この期間中にアボルブの服用を辞めてしまうと、次に生えてくるまでにかなりの時間がかかると言われています。

◆奇形の可能性

アボルブは胎児への催奇形性の可能性は否定的な結果が得られていますが、これは動物実験においての結果のみにとどまり、ヒトに関しては詳しい検証がなされていないというのが、実態です。

しかし、2016年10月時点では、アボルブを使用して副作用で催奇形性が起こったという発表はなされていませんが、詳しい検証がなされていない以上、100%催奇形性が起こらないという確証はありません。

◆食欲不振

食欲不振は内服薬の服用で起こりやすい副作用ですが、続けて服用をするうちにその副作用に対抗する力が付くので、慣れてくることが多いようです。

しかし、同時に全身の倦怠感や頭痛、めまい、吐き気など、軽い副作用が同時に出る可能性があるので、これらの症状が出た場合は、年のために医師に相談しましょう。

今までご紹介した副作用の数々は、滅多に起こることがない副作用で、アボルブは実際、比較的安全に使用できます。

しかし、使用方法や体質によってはこれらの副作用が強く出る可能性もあるので、念のために使用前に知識として身に着けておいた方が良いように思います。

アボルブを安全に使うには?

比較的安全に使用することができるアボルブにも、副作用を起こしやすい使用の仕方があります。

それは、医師から処方される正規ルートではない方法で薬を入手し、素人が自己判断で服用するという使用法です。

ネットでアボルブを探すと、輸入業者などの広告が多く出回っており、処方を受けなくてもアボルブが手に入ることがあります。

しかし、副作用が絶対でないかというと、決してそんなことはないので、しっかりと医師の診断を受けて、服用するべきです。

また、検査などをせずに服用することで、もしかしたら、肝機能に異常がある可能性もあります。

その場合、命に関わる危険性もあるため、絶対に医師の処方を受けてから決められた量を適切に服用してください。

また、ネットで販売されているアボルブには、偽物が多く存在します。

そのような薬に騙されないようにするためにも、しっかりと処方を受け服用しましょう。