みなさんは、普段ワックスを付ける機会はありますか?ワックスで髪の毛をセットするということは、現在では一種のマナーのようなもので、特に社会人の人にとっては、ボサボサのだらしのない髪型よりも、ピシッとセットされた髪の毛の方が、印象も良いですよね。

ビジネスなどでも、髪型というのは常に見られているため、付けざるおえないという人もいるはずです。特に女性社員がいるという職場なんかでは髪型は特に気になってしまうものです。

しかし、実はワックスなどの整髪料というのは、髪の毛が薄くなってしまう原因にもなる可能性があるんです

普段何となくつけている整髪料ですが、間違った付け方をしてしまうのは、とても髪の毛によくない!みなさんはどのようにワックスを使っているでしょうか?

また、どんなワックスを使用するかによっても頭皮への負担は違ってきます。今回は整髪料が髪の毛に与える悪影響と、正しい整髪料の付け方をご紹介します。

みなさんもぜひ正しい整髪料の付け方をマスターして、髪の毛を守りながらカッコイイ男性を目指してください。

若ハゲドットコム・人気育毛剤ランキングTOP3
チャップアップ
日本で今もっとも売れている育毛剤

 

  • 編集部評価:98
  • 定期便価格:7,400円(税込)+送料無料
  • 成分:センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムジフェンヒドラミンHCL、その他天然成分55種類+アミノ酸15種類
  • 返金保証・特典:定期便は全てのコースで永久返金保証

 

数々の育毛剤ランキングで堂々の1位を獲得してきた、業界注目度No1の育毛剤。圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX
育毛成分リデンシルを驚異の5%配合

 

  • 編集部評価:94
  • 定期便価格:9,700円(税込)+送料無料
  • 成分:リデンシルペブプロミンα、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
編集部イチオシ!毛髪診断士・製薬会社・スカルプケアサロンの共同開発!育毛効果の高いリデンシルを製品許容量の限界である5%という最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!



※薬用プランテルEXは現在品薄状態で、次回の供給は11月下旬まで遅れるようです。現在、公式販売サイトでは予約注文のみの受付となっています。育毛を早めにしたい人は人気No1育毛剤のチャップアップもチェックしましょう!

フィンジア
スカルプケアの2大成分を豊富に配合

 

  • 編集部評価:90
  • 定期購入価格:9,980円(税込)+送料無料
  • 成分:キャピキシルピディオキシジルカプサイシン、パンテノール、ボタンなど
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
元K-1世界王者の魔裟斗氏が推薦していることでも人気の育毛剤「フィンジア」。スカルプケアの2大注目成分である「キャピシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しており、その効果の高さから楽天リサーチの調査ではスカルプ部門2冠に輝いています!また、角質層までしっかり届くので今までのスカルプケアより効果を実感できると評判です!

整髪料が原因でハゲるとはどういうことなのか…


 

では整髪料が原因でハゲるということは、実際どういったことなのでしょうか?

整髪料にはワックスに限らず、スプレーやジェル、ムースなど、さまざまな種類がありますが、みなさんはどんなタイプを使っているでしょうか?

これら、すべてのタイプにいえる間違った付け方は、頭皮につけるという付け方です。

ワックスやスプレーなどは基本的には頭皮に悪影響のあるものではありません。しかし、頭皮についてしまうことで、ハゲてしまう可能性も十分にあります。みなさんはどんな付け方をしていたでしょうか?

少しでも頭皮につくようにワックスを付けているならは、早めに改善した方が良いでしょう。その他にもワックスの付け方でハゲる原因になる付け方は様々な付け方が存在しますので、ご紹介しています

濡れた髪の毛にワックスを付ける


 

まず、ワックスを付ける際に最もしてはいけない「濡れた髪にワックスを付ける」ということについて解説をしていきます。

時間がなくて朝サッと水で寝ぐせを直してワックスを付けるときは半渇き状態の髪の毛にワックスを付けることがあると思いますが、あの行為は完全にNGです。

なぜなら、濡れている髪の毛にワックスを付けてしまうと、ワックスが水になじんでしまい、皮膚の表面を覆い、頭皮が皮膚呼吸をすることができなくなってしまいます

頭皮の細胞も呼吸をしている!

頭皮の細胞というのは、私たちが息をするように呼吸をしています。しかし、ワックス(油)が水と混ざり合い頭皮に付着することで、酸素を取り入れることができなくなってしまい、細胞分裂が行われなくなってしまいます

すると健康的な毛母細胞を作ることができなくなってしまうので、細く、抜けやすい髪の毛が生えてきてしまい、ハゲる原因になってしまいます。

また、ワックスを付けた後に髪の毛を濡らす行為もできれば避けた方が良いでしょう。例えば、雨に当たったり、汗をかいたりなど、髪の毛についているワックスが水分と混ざり合うのは避けなければなりません。

ワックスを付けた後ホールドスプレーを近距離から付ける


キチっとセットをしなければならない時などはワックスを付けた後にホールドスプレーなどで固めると思いますが、ワックスを付けた後にホールドスプレーを近距離からつけるのもNGです。

さらにこのときワックスを頭皮につけていて、尚且つ近距離からホールドスプレーを噴射しているなら、正直、ハゲてあたりまえ。

例えるなら、油が敷いてあるところに、ノリを大量に流し込むようなイメージです。こちらも濡れた髪の毛にワックスを付けるのと同じで毛穴が完全に塞がってしまい、皮膚呼吸ができず、弱い髪の毛ばかりが生えてきてしまいます。

これを改善する方法は一つです。ホールドスプレーは頭皮から離して使うこと。30cm以上離して、スプレー自体を左右に振りながら噴射することで、まんべんなくスプレーを噴射することができるので、頭皮につかなくなるので、ワックスが固まってしまうこともなく、ハゲる原因を解消することができます。

今まで頭皮につくようにスプレーをしていたという人は改善してみてください。

硬すぎるワックスを使う

Young man having hair cut
 

お仕事などをしている時に柔らかいワックスなどを使うと汗や湿気などでセットが崩れてしまうことはよくあります。

一般的にそのような場合は、硬めのテクスチャーのワックスを使用するという人が多いようですが、硬すぎるワックスを使用するというのもハゲに繋がる原因です。

硬いテクスチャーのワックスというのは、柔らかいテクスチャーのワックスよりも落としづらく、シャンプーを一度しただけでは落ちないことが良くあります。

ではワックスが落ちていないことで、どのような影響が髪に現れるのでしょうか?

ワックスが十分に落ちていない状況がもたらす悪影響

まず、ワックスがしっかりと落ちていない状態で寝る事で、睡眠中にかく汗とワックスが混ざり合い、睡眠中に頭皮が塞がった状態になります。睡眠中というのは、細胞分裂が活発に行われている時間帯でもあるので、その時間帯に髪の毛は伸びます。ということは必然的に髪の毛が伸びる時間帯に成長の妨げになってしまいます。

また、睡眠中は枕などを使いますが、ワックスが付きっぱなしの枕とワックスが付いた部分が接触し、枕についている雑菌がワックスにこびり付き、さらにそのワックスが毛穴につまり頭皮ニキビなどの原因になる可能性があります。

このように、ワックスがしっかりと落ちていないことで、さまざまな悪循環の原因になり、ハゲを生み出します。

では、硬いワックスを使用した場合はどうすればいいのでしょうか?

硬いワックスを使用しても大丈夫!

改善方法は簡単です。複数回髪の毛を洗うこと。これに尽きます。しかし、髪の毛を逆に洗いすぎてしまった場合は、乾燥してフケなどが出始め次はフケで毛穴がつまり抜け毛の原因になります。

そこで最も良い方法が、洗髪を何度かする場合は、必ず育毛剤やヘアトニックなどを使い頭皮が乾燥しないようにするという方法です。この方法なら、しっかりと髪の毛についたワックスを落としながら、頭皮を保湿することができるので、抜け毛に繋がることはありません。

ワックスって正しくはどうつけるの?

では、ワックス自体はどのようにつけるの?

正しいワックスの付け方を知らないという人が意外にも多いようなので解説をしていきます。ただしワックスの付け方は、いままで頭皮に直接つけるように付けてきた人にとっては少し難しいかもしれませんので、練習が必要です。

①まず初めにワックスを人差し指の第一関節くらいの量でとります。この量は、あくまでも目安で、髪の毛の量や質感によって左右されます。髪の毛が長い人は、少し多めに、短い人は少なめに取るようにしてください。

②ワックスが硬いと思うので、両掌を合わせワックスを両掌全体になじませ、ワックス本来の色が透明になるまで温めます。これをすることで、ワックスが柔らかくなり、伸びが良くなるので、髪の毛に均等にワックスが付くようになります。

手のひら全体についているワックスをシャンプーをするように髪の毛の毛先を中心に全体になじませます。このとき、手のひらは決して頭皮に触らないようにします。頭皮に触ってしまうとワックスが頭皮についてしまいますので注意してください。

④全体にワックスが付いたころには、髪の毛はぐしゃぐしゃになっていると思います。しかし、この状態でOK。ここから形づくりをしていきます。

⑤通常のショートレイヤースタイルの場合は、トップから形を作り始めます。トップは一番高くしたいところを手でぐっと握り、ラフ感を出し、毛先を流したい方向へねじりながら、形づくりをしていきます。

トップの形づくりが終わったら次はサイドです。サイドはボリュームを出してしまうと頭が大きくなったように見えてしまいやすいので、この場合は、上から下に撫でつけるようにセットしていきます。

このときにも、撫でつけるとは言ってもワックスのついている髪の毛を頭皮に接触するほどに撫でつけてしまうと、ワックスが頭皮についてしまうことになりますので、撫でつける際には、あくまでも頭皮につかないように撫でつけるようにしてください。

⑦サイドをなでつけたら、次に襟足の成型も入ります。襟足は自分では見ることができないので、セットの中でも難関度はちょっと高め。

まず、襟足を左右に分けて考えます。左右に分けた時左側の髪の毛は一度左に流すようにセットし、次にその髪の毛を右にもっていきます。右も同様に、一度右に流し、次に左に戻します。

襟足というのは、クセが付いている人が多く、普通にセットしてしまうと、浮きやすいですが、このように左右に移動させながらセットをすることで、元々の自分のクセに負けにくいスタイルを作ることができます

⑧トップ、サイド、襟足をセットしたら、次に後頭部のセットです。後頭部は日本人の場合、「絶壁」といって後頭部の骨が真っ平な人がいますが、セットさえしっかりとすれば、ごまかすことができます。セット方法は、まずトップと同じ要領で片手で後頭部の髪の毛を握ります。

握ることで後頭部の髪の毛にボリュームが付いたと思いますが、そのあとに手を「パー」の形にして、今ボリュームを出した髪の毛の下に指を入れ、中から手グシで若干形を整えるようにします。これをすることで、表面の乱れた髪の毛が整い、綺麗にボリュームのある後頭部を作ることができます。

⑨最後は前髪です。前髪は左右どちらに流すかを決めて、流したい方向にねじるだけです。このときワックスが多く付きすぎていると前髪がベタベタであまりにも束感が出すぎてしまうので注意してください。

ワックスは意外と奥が深い

このように、ワックスの付け方ひとつでもハゲやすい付け方や、ハゲにくい付け方というものがあります。今までみなさんはどのような方法でワックスを付けていたでしょうか?もしも、ワックスの付け方が間違っていたという場合は、早めに改善してハゲる原因にならないようにしましょう!