【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得するだけにとどまらず、科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%OFFキャンペーン中!

時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。

当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップ で購入しましょう!在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

【割引あり!】チャップアップ公式サイトはこちら!

若ハゲで悩んでいる男性諸君、ハゲが気になって、髪型がなかなか決まらないと嘆く前に、若ハゲでも、カッコよく決まる髪型は数多くあります。薄毛を隠す最大のポイントは、髪を思い切って短髪にすることと言えましょう。ロングですと、汗をかいたり、強い風が吹いたりしますと、地肌が透けて見え、逆効果になる可能性もありますので、なるべく、ショートカットにした方がいいでしょう。そこでここでは、若ハゲを隠す髪型を追ってみました。ハゲを気にしない髪型で、さっそうと街を闊歩しょう。あなたの魅力が倍加すること請け合います。

気になる薄毛を目立たせないコツがある。

髪の傷身よりも何よりも、気になるのは薄毛の悩みです。
そんなあなたに役立つスタイリングのコツを紹介します。
髪型を変えて心機一転、ストレスの元を断ち切りましょう。
髪のボリュームが減り始めて来ますと、それまでと同じヘアスタイルでは「薄くなった」ことが目立ってしまう場合もあります。
髪は、加齢に従って細くなったり、弾力が衰えたりするものです。
髪質が変化したらそれに合わせて、ヘアスタイルを変えていかなければ、衰えが目立ってきます。
髪のボリュームが少なくなると、薄毛が気になる反面、長い髪に憧れる傾向があるようです。
しかし薄毛を目立たせない髪型は、どちらかと言えば短めのスタイルです。
思い切ってカットしてみよう。

男性は髪の量を減らす方向でカバー

少し短めにカットすることで、薄毛部分の印象もガラッと変わります。
個人差が有りますが、側頭部や後頭部を短めにすることがポイントになります。
そして両サイドのふくらみです。
ふくらみが大きいと、部位による髪の量の差が際立ってしまいます。そうすれば、薄毛の部分が目立たなくなります。
両サイドの毛を伸ばして、全体像を多く見せれば、逆に目立ってしまいますので注意しましょう。

女性の場合はカットスタイリングを併用しよう

女性の場合も、ショートヘアがオススメです。
男性に比べて、女性の場合は、範囲が狭いことが多いので、、スタイリングでカバーしやすいと言えそうです。
髪の分け目は、大雑把にすることがポイントです。
ぴっちり分けますと、分け目が目立ってしまいます。
短めにカットして、軽くすると、上の方に、ふくらみが出ます。
スタイリング剤で、髪を立ち上げ、全体にボリュームを付けるといいでしょう、

ハゲテたってもてる男性はたくさんいる 大切なのは薄毛よりも清潔感や爽やかさ

薄毛であることに悩む前に、女性の気持ちを知ることが大切です。
重要なのは、薄毛よりも清潔感や、爽やかな態度です。
男性にとって「薄毛」は、自信喪失につながり、悩みのタネと成るものです。
しかし女性は、男性が気にしているほど、薄毛を気にしていないものです。
そうしたデータもあります。
女性が気にするのは、薄毛よりも、薄毛のせいで卑屈になっていることです。
そのことをまず知って欲しいものです。
とわいえ,恰好いい髪型は、本人も自信が付きます。
そこで薄毛が隠れ、女性にもてる格好いい髪型を紹介しましょう。

薄毛が隠れ、かつイメージチェンジができる髪型

1ソフトモヒカン

この髪型は、一時、有名なサッカー選手がこの髪型で出場し、世界中を沸かせ、この髪型を真似る人が続出しました。
もみあげを長めに残し、ワイルド感を出した髪型です。
薄毛は全然気にならない、ワイルドな男性的な印象を与えます。

2ツーブロックモヒカン

トップはパーマで動きを付け、両サイド大胆に刈り上げスッキリ感を出した髪型です。これもワイルド感と爽やかな印象を持たれます。

3前髪を大胆におろしたツーブロック

デコハゲを隠すには咲いての髪型です。前髪を自然におろすことでデコハゲが隠れ、ビジネスにもOKの髪型です。

4オールバック

ひと昔前は男性に流行した髪型で、今はあまり見ることはありません。ポマードで固め髪全体を後ろに持っていく髪型です。今では引退しました”浜の番長“と呼ばれた選手の髪型として有名です。ポマードの強烈なにおいが女性の顰蹙を渇ものです。

5ショートレイヤー

サイドに、耳のギリギリまでに掛かるくらい短く目にしたショートカットの髪型です。

6スキンヘッド

この髪型は、薄毛どころか、前頭ハゲにも効果を発揮するもので、男らしさを演出します。映画『王様と私』でハリウッドスターユル・ブリンナーが強烈な印象を与えました髪型です。男らしさの象徴と言われ、之が決まると持てない方が不思議な髪型です。
しかし一歩間違えば、やくざ屋さんと間違われることが難点と言えましょう。

7ネオモヒカン

大人の雰囲気を醸し出す格好の髪型です。サッカー選手の間で一時流行した髪型で、アクティブな印象を与え、スポーツマンらしいムードを醸しますので運動している人は最適の髪型です。薄毛などはどこかに吹っ飛んでしまうでしょう。

押しやれなイメージを楽しみたい人は進化系ベリーショート

ビジネスシーンで好印象を与えたい人はこのベリーショートが一番でしょう。
最近では年齢を問わず、この髪型を選ぶ辞人が多くなりました。
坊主頭に近い髪型ですが、決して坊主頭ではありません。
好印象度、清潔感は抜群です。
一時イケメン俳優で好感度ナンバーワン、と言われています向井理がこの髪型をしていましたので知っている人は多いでしょう。

清潔感をアピールしたいならショートヘアを

誰からも受け入れられる、好感度の王道ヘアスタイルのショートヘアをオススメします。ショートヘアのバリエーションとして、ソフトリーゼント、アシンメトリーショート,無造作ショート等がありますのでお好みで選んでください。
こうしたスッキリしたショートヘアは、男性にとって一番なじみの深いスタイルです。
朝の手入れが、他のヘアスタイルと比べても簡単、ということが人気の所以と言えましょう。

雰囲気のある髪型を目指すなら断然パーマスタイル

動きのあるヘアスタイルなら、バリエーションの豊富なパーマで決まりです。
毛もとに動きと遊びのあるパーマは、取り入れたいヘアスタイルです。
パーマがかかりにくい、直ぐ取れてしまう人は、最初にやや強めに賭けてもらうといいでしょう。
パーマ戻しを使って、スタイルをキープするなどすればOKです。
パーマのバリエーションは

カーリーパーマ

カールの強弱によって、さわやかさ、ワイルドさを強調できる髪型です。

ツイストパーマ

ボリュームあるツイストパーマは、個性をたっぷり引き出してくれる

ソフトパーマ

緩いソフトパーマは、落ち着いた柔らかな雰囲気が魅力です。

パーマのカール具合を変えて、印象を変えるボリュームトップとカジュアル

パーマを活かして、強弱のあるメリハリスタイリングができます。
折角かけたパーマは、そのままでなく、それを活かすスタイリングを心がけましょう。
パーマは、スタイリングの前に、ヘアウォーターなどを吹きかけておくと、パーマのウェーブが戻りやすく、アレンジしやすくなります。
ワックスなどで毛先に動きを付けるのも簡単ですが、ボリュームが出るのでファッションのアクセントにもなります。
さわやかな印象を作る短めスタイルと、アンシンメトリーな前髪のカジュアルスタイルの2つがあります。

スタイル次第で重くなりがちなロングもスッキリ決まるロングヘア

ロングヘアは、重く見えると言うことで、敬遠している人が多いのは確かです。
ただ伸ばしっぱなしのロングなら、そう見えても仕方ないですが、束感を失くし、かるくするだけでも印象は違って見え、軽やかに見えます。
またどこかワイルドな雰囲気が漂うのもこのヘアスタイルの魅力となっています。
一度チャレンジしてみては。
ロングヘアのバリエーションは

ゆるめパーマ

ある程度の長さがあるロングを活かして、緩めのパーマをかけると、好印象になります。髪のボリュームは少なめがベストです。

2ブロック

髪の毛に段を付けて、部分的に刈り上げると、ロングヘアもシャープに見えます。
襟足をすくので単発にも見えます

ウルフヘア

トップは短く、襟足は長くするスタイリッシュな印象の髪型です。
髪全体に柔らかな動きを付けて、野性味を演出しましょう。

ロングヘアの利点

女性のロングと同様に、ロングヘアの男性は、「優しそうに見えるのも利点の内です。スタイリング方法も多いので、いろいろな鴨方が楽しめます。
世間にはだいぶ浸透してきたとはいえ、まだまだ少数派です。
人が多く集まる場では、顔を覚えてもらえる確率が高いヘアスタイルと言えます。

髪の悩みを解決するためのヘアスタイルの決め方

自分に合うヘアスタイルを作るには、悩みを解消することから始めます。そのためにはどのようになりたいのか、どのようにすれば薄毛は隠せるのか、自分の理想像を明確にすることが必要です。
髪も顔同様、百人百様、量、質、硬さ、太さ、そして薄毛の部位、人によってそれぞれ違います。
そんな多様な悩みを解決するには、自分の髪質と考え併せて決めなければなりません。
髪が細く、軟らかい、髪が少ない場合は、ボリュー感が欲しいとか、ハリ・腰が欲しいとかあるはずです。
こうしたことも考慮しながら、成りたいイメージとシルエットを考えなければなりません。自分のイメージが決まったなら、それに合ったシルエットを選びましょう。

こんなヘアスタイルは逆効果

女性の場合いですが、結婚式やパーティーに出席するため、ヘアサロンで髪をアップスタイルにセットしてもらうのは、とても気持ちが華やぎます。
ところが、オシャレのために頑張って、チャレンジしたヘアスタイルの所為で、頭皮に無理な力が加わって、血流が遮断され、髪や地肌を傷めているケースは珍しくありません。
ホステス、バンケットをしている女性も、仕事柄無理な髪型をしなければなりません。
いわゆる「盛り」髪にするためには、逆毛を立て、スプレーをかけて出勤しなければなりません。
仕事を終え、1日の終わりにその髪を「解体」するために、どうしても負担がかかってしまいます。
また風が吹いて髪が乱れぬよう、大量のスタイリング剤を使うため、シャンプーで落とす時も、余計な力を入れなければなりません。
その結果、頭皮に違和感が出て、薄毛に悩まされるようになる可能性もあります。
このような髪に負担が掛かるヘアスタイルは、TPOに合わした一発勝負の時だけにしたいものです。
またここまではいかなくても、ずっと縛ったままの髪型で居るのも「ハゲ」を招くことになります。
索引性脱毛症の原因となりますので注意が肝心です。

おすすめの記事