スポンサーリンク

円形脱毛症で、ハゲタ部分の頭皮温度を測ってみますと、育毛部(髪の毛がある部分)の頭皮温度に比較して、脱毛部は、2~3度低くなっているのが解ります。中には5度近くも低下していることもあります。この場合ヒヤッとして、吸い付く感じになっておることが多いものです。患部の皮膚温度を上げてやり、肩こりや首筋のこりをほぐして、血流循環を良くしておくことが改善につながります。このように円形脱毛症はちょっとした気遣いで、すぐに回復することが度々あると言うことです。円形脱毛症をそれ以上悪化させないためには、日常生活を改善することから始めるのがいいでしょう。円形脱毛症を悪化させないための十選を中心に、悪化させる原因を追求していきます。

薄毛の現れ方を知ることが対策の第一歩

同じ「髪が薄い」という悩みでも、いくつかのタイプに分かれます。
「髪が薄くなってきた」と感じた時、まずは冷静に、どこからどういう風に、薄くなってきたのか、注意深く観察することが大事です。
壮年男性に多い薄毛は、生え際から後退する「M型」や頭頂部から薄くなっていく「O型」、この場合は、血行障害や男性ホルモンの影響と考えなければなりません。
頭部全体が薄くなる「びまん型」一部がごっそり抜け落ちる「円形脱毛症」等はそれぞれ独自の原因があります。
そうした原因を知ることにより、悪化させないための行動が必要になります。
このように現れ方の違いによって、原因も対策も変わってくる者なのです。
一口に薄毛と言いましても、このように現れ方も様々と言えましょう。
どのように始まるかによって、薄毛の対策が決められます。
円形脱毛症は、慢性化したストレス、自己免疫疾患末梢神経の障害、自律神経失調などが指摘されています。
円形脱毛症を悪化させないための10の対策を述べて行きます

1ストレス

現在の社会生活を営む上で、ストレスを感じていない人は皆無と言えましょう。
人それぞれ個人差はありますが、大なり少なり、年齢、男女差別なく降りかかってくる問題と言えましょう。
小・中・高、大学生活、社会人その立場によって悩みも違って来るでしょうが、インターネットの普及で、ストレスは増加傾向にあると言うのが現実です。
そのストレスが、円形脱毛症の要因の一つになっているのは周知のとおりです。
先ずこのストレスを溜めない工夫をすることから始めることが肝心です。
学校や、職場での人間関係の悩みは、年々急速に増加傾向にあります。
それが要因となって「うつ病」になる人が増えているのが実情です。
そして家庭でのストレス、等々数え上げればキリがないほどあります。
それが円形脱毛症を促進することは確かなのです。
「気にしすぎない」ことが育毛アップにつながります。

スポンサーリンク

2食生活の偏り

食生活の欧米化は年々顕著になっています。
これまでのコメを中心とした食生活が、肉中心の食生活に変わり、これが髪に多大な影響を与えています。
毛髪は、たんぱく質から出来ていることから、そのたんぱく質を作っているアミノ酸が豊富な食品を摂らなければなりません。
亜鉛は、たんぱく質の合成などに関与していることから、毛の成長を促します。
また亜鉛イオンは、5α―リゼクタ-ゼ1型を阻害すること等から、亜鉛不足が起こりますと脱毛の抑制と毛髪再生に影響が出ます。
男性の場合は、前立腺に多く、1回の射精で、1~7㎎、大量の汗で、1~4㎎失われると言われていますので、亜鉛と銅のバランスを取りながら、常に補給しておくことが必要になります。

3不眠症

睡眠不足は、心身にとってだけでなく、髪にとっても大敵となります。
睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と、浅い眠りのレム睡眠があります。
睡眠中はそれが交互にやって来るのです。
レム睡眠は、体は休んでいるものの、脳は寝ていない状態です。
一方のノンレム睡眠は、脳は急速状態にあります。
これらの相互の移行がスムーズで、体も脳もしっかり休めるのが、質のいい睡眠なのです。髪にとって大切な睡眠の中でも重要なのは、ノンレム睡眠なのです。
最初にやって来るノンレム睡眠の時に、髪の成長に必要な成長ホルモンが最も多く分泌させます。
髪の毛は夜につくられるのです。
ちなみに、髪に関係する成長ホルモンは、若い頃にはたくさん分泌されていますが、加齢に伴って減っていきます。
したがって年齢を重ねるほど、睡眠の質にこだわることが、円形脱毛症の予防にもつながると言えましょう。

4アルコールの過剰な摂取

いくらヘアケアに力を入れましても、生活習慣が乱れていては、体が不調になります。
毛髪は体の一部、体の不調は毛髪にとっても良い事ではありません。
アルコールは、毛髪には直接影響はしませんが、度を超した飲酒は、生活習慣に悪影響を与えます。
アルコールは肝臓によって分解され、肝臓は毛髪の生育に欠かせないタンパク性を作り、全身に供給します。
したがって、肝臓に負担がかかり、充分にたんぱく質が摂れず、発毛を妨げることになります。
しかし一方では、お酒は、血行を盛んにし、ストレス解消にもつながるましので、ビール1本位はいいでしょう。
アルコールを過剰に摂り過ぎますと、アルコールはビタミンB1の消費を高め、毛髪の生育を妨げてしまうことになります。
円形脱毛症の予防対策には、過剰なアルコールの摂取は控えた方がいいでしょう。

5喫煙

たばこのニコチンは、血管を収縮させ、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合し、全身的な酸欠を起こします。
そして1本毎に、ビタミンCを25㎎消耗し、血管が弱ってしまい、血行不良となります。
また発毛に必要な、亜鉛の吸収率を高める破壊をしますので、喫煙はやめて方がいいでしょう。
しかし、たばこと脱毛との関係は、たばこを吸ったからと言って、ハゲになると言うものではありません。
むしろハゲの問題よりも、「健康」に害を及ぼすと言った方がいいかもしれません。
確かにたばこを吸っている人の中には、毛がふさふさという人もいます。
しかし「百害あって一利なし」と言います。
体に良くないとわかっているたばこを吸うことはないでしょう。

6間違ったシャンプーの選び方

薄毛や抜け毛が気になり始めた人は、大半の人が最初に取り組むのがシャンプー選びです。ここで注意したいのは、シャンプーは、発毛を促すことは期待できません。
テレビコマーシャルや、雑誌広告などで、「髪のボリュームが気になる人へ」とか「髪のコシやハリを蘇らせる」などのキャッチコピーに騙されないことです。
シャンプーは、大きく分けて3つのタイプがあります。
「アミノ酸系」「高級アルコール系」「石鹸系」です。
シャンプーノ選び方のポイントは、自分の頭皮に合った物を選ぶと言うことです。
そして初めてシャンプーを選ぶときは、小さいボトルを購入し、頭皮に合うかどうかを確認することが大切です。
それを確かめるには、シャンプー後に、頭皮にかゆみが出た、フケが多くなったと言う人がいれば、頭皮に負担をかけているサインです。

7シャンプーの回数が減る

シャンプーは、髪の毛の汚れだけを落とすことだけではなく、地肌を守るために行うものです。
つまり髪を洗うのではなく、頭皮を洗うのです。
頭皮は、新陳代謝が盛んで、皮脂分泌や、アセ腺の働きも活発です。
頭皮の汚れや、皮脂を落として清潔に保つ、これがシャンプー本来の目的なのです。
抜け毛が怖くて、シャンプーを減らす人をよく見受けられますが、これは間違っております。
最低でも、週2~3回は洗髪する必要があるでしょう。
そして脂性肌の人は2度洗いを慣行するようにしましょう。
毎日洗いたい人は、洗浄力の強いシャンプーは避けるとともに、使用量の調節が必要です。乾燥しやすい冬は、量を少なく、夏は多くするなどの工夫が大切です。

8髪をすぐに乾かさない

髪を洗った後は濡れっぱなし、というのは頭皮の環境を乱すもととなります。
余分な水分は素早く取り除くことが大切と言えましょう。
洗髪後はタオルドライした後、ドライヤーを使って頭皮までしっかり乾かします。
この時60度以上の温風は、髪のたんぱく質の分解を促し、傷める結果になるので注意が必要です。
ドライヤーで乾かすのは面倒だからと言って、自然乾燥にするのは髪にとってはマイナスと言えそうです。
髪は濡らしたらすぐに乾かすことを習慣化することは、髪にとって重要なことなのです。円形脱毛症防止には、こうした細かいことを習慣化することが、悪化させない秘訣と言えましょう。

9髪に紫外線を浴びる

頭皮の状態は季節によって変化するものです。
もともと頭皮の色は青白いのですが、特に夏は日焼けして頭皮は乾燥に傾きがちです。
紫外線を浴びることによって、皮膚にできるシミやシワ、これには体内で、発生する活性酸素が関係しているとピ割れてしまいます。
活性酸素とは、普通の酸素が体に悪さをするように変化したものです。
髪の毛は紫外線によって痛みつけられ、ちょっとこするだけで、キューティクルがはがれるようになってしまいます。
紫外線を浴びると、毛髪の構成アミノ酸の中の、シスチンが分解されます。
擦ると頭髪の引っ張り強度が低下し、水分を保持する毛髪中のたんぱく質が破壊されるため、バさつきが起こります。
過剰の紫外線を受けると、フリーラジカルの作用により、メラニンが細分化され、髪が茶色になったり、キューティクルの損傷や、切れ毛に発展しやすくなります。

10間違った頭皮ケア

毎日の頭皮ケアの中で、無意味なことや、髪の毛を虐待するようなことを平気で繰り返している人が多くいます。
またインターネットなどの過剰情報に振り回され、何を信じて実行したらいいのか分からなくなっている人も良く見かけます。
正しい方法を教わらないままに大人になり、髪が薄くなり出してからあわてて雑誌などでヘアケアのやり方を研究しているのが現状です。
円形脱毛症の場合は、抜けるとしばらく生えて来ませんが、生えて来るとなると一気に太くなってきます。
常に髪の毛が、良好に育つような環境や体調にしておくことが解決につながります。

病院やクリニックで専門的な診断を受けるのも大切!

円形脱毛症などの薄毛や抜け毛の症状にお困りなら、治療の第一歩として病院やクリニックで一度カウンセリングを受けてみるのも有効です。

誤った知識を元に治療を行っても症状は改善しません。初診料無料のクリニックもあるので、まずはカウンセリングだけでも受けてみましょう!

編集部イチオシのクリニック【都内】

新宿AGAクリニック

新宿駅より徒歩5分圏内の新宿AGAクリニックでは、円形脱毛症専門の外来を設けており、治療実績も豊富です。

ステロイド内服を勧める病院やクリニックが多い中で、新宿AGAクリニックは一人ひとりの脱毛の症状に合わせたオーダーメイドの治療にこだわって、ステロイド内服以外の円形脱毛症の多くの治療法が用意されています。

Webからの予約だと初診料無料になるケースもあるようですので、まずはカウンセリング予約をおこなってみてはいかがでしょうか?

ウィルAGAクリニック

また、東京にお住まいの方で薄毛治療を受けたい方には、初回のカウンセリングが無料のウィルAGAクリニックもおすすめです!

今ならモニター募集中のため、オリジナル内服薬や、LDHV頭皮注入治療などの高額治療を、非常にお得なモニター価格で受けることができます!

表参道、銀座、立川の3箇所にクリニックがあり、いずれも駅近くでアクセスが便利です。

まずは、以下のリンクからカウンセリングの予約をおこなってみましょう!

円形脱毛症や薄毛の治療を受けられる病院・クリニック集

また、若ハゲドットコムでは、円形脱毛症や薄毛治療を受けられる病院・クリニックを紹介する記事も用意しております!

気になる方は、こちらの記事からお近くに病院やクリニックがないか確認してみてください。

スポンサーリンク