※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

スポンサーリンク

自分では気が付きにくい後頭部の薄毛

実は気がつきにくい後頭部の薄毛。

例えばエレベーターで防犯カメラで自分の後ろ姿を見たときや美容室でカットが終わった後鏡で自分の後ろ姿を見たときにふと薄くなったと気づいた事はありませんか。

後頭部の薄毛は自分では見づらい位置にあるのでなかなか来ずことはむずかしいといえます。

後頭部が薄毛になってしまった人にオススメしたい髪型は難点が特徴があるので紹介していきます。

まず1つ目は薄毛を無理に隠そうとはしないと言うことです。

後頭部の薄毛を隠そうとして不自然に髪の毛を持ってきてしまうと逆に薄いところが目立ってしまうのであまり良い印象は与えられません。

なので薄毛を隠そうとするのではなく隠れるように見える必然なヘアスタイルがお勧めです。

2つ目のポイントはパーマをかけることをお勧めします。

パーマをかけることで髪の毛の根元からふんわりとボリュームアップをさせることができます。

また髪の毛に自然な流れが出るので後頭部の薄い部分を目立たなくさせてくれる効果を期待できます。

そしてその次は後頭部が薄くなってきたけど前髪やトップの長さがまだある人はオールバックスタイルもお勧めです。

コールバックやサイドバックなので形を整えた後に後頭部の薄毛を隠すことができます。

また最近ではツーブロックのオールバックスタイルも人気が出てきていますのでお勧めのスタイルといえます。

お勧めの髪型7選

①オールバックスタイル


出典:ホットペッパービューティー


出典:ホットペッパービューティー

オールバックのスタイルと言えば一昔前までは不良や中年オヤジといったイメージを多く持っている人も多かったですが近年ではおしゃれなメンズに支持されるヘアスタイルそして意識されるようになってきました。

男らしさを強く演出できる子顔の形や頭の形が良くなければスタイリングでばっちりと決まる髪型と言えるでしょう。

特に一見するとラフに書き上げた滝に見えるようなワイルドな男らしいスタイルもお勧めです。

再度パートはきっちりと分けずにパーマで緩やかな流れを作りましょう。

スタイリングのポイントは最初に髪の毛をしっかりと濡らしてトップを根本から起こすようにブローをすることです。

さらにその時点で流れをつくって乾かすとスタイリングがとても楽で崩れにくくなります。

完全に上を乾かしたら通夜の出るハードワックスを全体につけながら毛流れを崩さないようにセットしていきましょう。

②ショートレイヤー

男性に人気の高いこのショートレイヤースタイルは短めの髪型にレイヤを入れて動きを出した鉄板のスタイルです。

このヘアーに今流行のツーブロックを組み合わせることでさらにかっこよくもなります。

そしてこの爽やかなショートレイヤーはどんなシーンにも対応できると言えるでしょう。

顔の形や髪質に幅広く対応して悩みをカバーしながら最新に見せることができます。

ほどよく動きのあるナチュラルな毛束と骨格をきれいに見せて小顔に見せることでどんな人にも似合わせやすいスタイルとなっています。

③おしゃれ坊主

男の素敵なポイントとして爽やかなイメージは必要不可欠と言えるでしょう。

最近ではスポーツマンのイメージの強いおしゃれ坊主も増え爽やかでさらにおしゃれなスタイルが多く見られます。

全体的に刈り上げなので頭皮が見えるほど短い所とベリーショートヘアーほどの長さを残した部分を組み合わせたスタイルとなっています。

このスタイルは薄毛に悩んでいる方にもオススメできるスタイルです。

短く切ることで薄毛部分が目立ちにくく見た目も爽やかなので悩んでいる方はこちらのスタイルもお勧めできます。

④ソフトモヒカン


出典:ホットペッパービューティー


出典:ホットペッパービューティー

おしゃれ坊主よりも少し長めに上を残してモヒカンスタイルにするとソフトモヒカンの完成です。

ソフトモヒカンはサイドを短めにして残っている髪の毛をトップに集めていくスタイルになりますので薄毛を目立たなくさせる効果が期待できます。

さらにソフトモヒカンにして前髪を上げるとトップの高さがより目立ちます。

そうすることでサイドの髪の毛を短くしたときのバランスにより髪の毛が濃く見えると言う目の錯覚も期待できます。

そして何より若々しくスポーティーと言う印象を与えることができます。

⑤ウルフスタイル

ウルフカットが流行ったのはかなり前ですかもはやこの髪型はメンズの中では定番のスタイルとなっています。

さらに最近ではツーブロックとの相性も良いので根強い人気を持っています。

ウルフカットの特徴はトップの髪の長さが短く左のほうに行くにつれて長さが長くなるレイヤースタイルが一般的な定義となっています。

さらに束感を出したスタイルにカットしていてワイルド顔出すスタイルが定番となっています。

そしてさらにより最近ではワイルド感を出すようなウルフ伝えるよりも少し優しい感じがするマシューウルフと言うスタイルが人気を出してきています。

このスタイルはトップは短くしてボリュームを出すことができるので後頭部が薄くなってきたと言う人にもオススメができるスタイルになっています。

スタイリングしないで薄毛をかなりカバーできるのではないでしょうか。

⑥パーマスタイル


出典:ホットペッパービューティー


出典:ホットペッパービューティー

パーマを使ったスタイルはかなりボリュームをアップすることができるので薄毛対策にはもってこいのスタイルとなっています。

お手入れも簡単にできるのが特徴でナチュラルなおしゃれ感やセクシーな男らしさやクールな雰囲気を盛り込んだおしゃれなヘアーとなっています。

さらにスタイリングが簡単で朝の忙しい時間でも問題ありません。

前髪を書き上げてオールバックにしても決まります。

アレンジ次第で様々なシーンで対応できるのがこのパーマのスタイルです。

タオルでしっかりと水気をとって全体にワックスやムースを揉み込めば完成します。

⑦スキンヘッド

薄毛で悩んでいる人でよく見かけるのはやはり不自然に動かした髪の毛ではないでしょうか。

スキンヘッドであればさっぱりとしていてごまかすよりも好印象与えることができます。

外国ではよく見かけるこの髪型も最近では日本人ですている人も増えてきました。

さらに安い散髪屋さんが増えてきたとは言え散髪代もバカにはなりません。

スキンヘッドにしてしまうと床屋さんに行く必要がなくなるのでワックスも入りませんしかなりの節約をすることができると考えられます。

さらにシャンプーもかなり楽ちんだと言うことで石鹸で洗っている人もいるとか。

特に頭が形が良くて悪い人はスキンヘッドはかなりの確率でにあう可能性があります。

そして許されるのであればヒゲとセットでスキンヘッドをしてみるとかなりオシャレな大人の男演出できます。

何より服装しないでかなり印象が変わるスタイルとなっていますのでかっこよく決まる事は間違いありません。

スポンサーリンク

スタイリング時の注意点

以上のように色々とヘアスタイルを紹介しましたが気に入ったスタイルはありましたでしょうか。

ただし薄毛が悩む方には気をつけていただきたいポイントがあります。

それはスタイリングするときにワックスをつけすぎないことです。

ワックス等のスタイリング剤はつけすぎてしまうと髪の毛がボリュームダウンしてしまいます。

そうなると髪の毛で重たい印象を与えてしまうのでせっかく作った髪の毛も台無しです。

さらに空気中の塵やほこりなどを髪の毛に吸着させやすくなってしまっているのと頭皮の毛穴のつまりの原因になりやすいといったことも考えられますので頭皮の環境を悪化させてしまう可能性があります。

なのでできるだけスタイリング剤は付けすぎないように注意してください。

そしてもう一つはボリュームアップのためにパーマをかけすぎないようにしましょう。

パーマをかけすぎてしまうと髪の毛が傷みやすくなります。

さらに頭皮でも負担がかかりますので薄毛が進行してしまうことがあります。

なので髪の毛のパーマのかけすぎには注意しましょう。

ポイントとしてはあまり短い頻度でパーマをしないことです。

できれば2ヶ月から3ヶ月分けて摩耗するようにしてください。

髪型は似合っているかになってないかとヘアスタイルのスタイリング次第で大きく印象が変わるものになります。

特に最近ではさっぱりとしたスタイルがはやっているのでこの機会にトライしてみてはいかがでしょうか。