【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得するだけにとどまらず、科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%OFFキャンペーン中!

時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。

当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップ で購入しましょう!在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

【割引あり!】チャップアップ公式サイトはこちら!

あなたは抜け毛対策として何かやっていますか?
食生活や生活習慣を正すのは当たり前でそれにプラスして、サプリや育毛剤など使っている人もいるでしょう。
漢方薬も効果的なのをご存知ですか?
体に良いとされる漢方薬ですが、今回は抜け毛対策に効果的な漢方薬をご紹介していきます。

漢方薬って何?


漢方薬という言葉はよく聞きますが、実際に服用したことがないという人も多いと思います。
何かすごい薬のようでもあるし、本当に効果があるのかちょっと怪しかったりもします。

漢方薬とは?

伝統中国医学の一種ではありますが、日本で独自に発展した医学の一つです。
草、木の皮や根、実、種、動物の体の一部や貝殻、石(化石)などの「生薬」と呼ばれる自然の資源を漢方医学の考えに元づいて組み合わせたものです。
体質改善や慢性病の治療などゆっくり効くものと、風邪などの急性な病気などに素早く効くものがあります。

また、種類も「湯剤」「散剤」「丸剤」「軟膏」などがあります。
湯剤は刻んだ生薬を煮出して生薬カスを取り除いた液を飲む薬で、急性の病気に効果を発揮します。
散剤は生薬をすり潰し粉を混ぜて服用する粉状の薬で、進行がやや遅い病気に対応します。
丸剤は生薬の粉をハチミツと練り合わせ玉状にした薬で非常に進行が遅い病気に良いとされています。
軟膏はごま油を基材とした塗り薬で、アトピーなどの皮膚疾患の治療に使われます。

現在ある多くの医療用漢方は「エキス剤」と言われるものです。
エキス剤は、生薬を煎じた液からエキス成分を抽出したもので、あらかじめ煎じているので手間がかからず、携帯に便利です。
服用もしやすく香りも漢方独特の匂いが少なく保存もしやすいことから現代生活に丁度良い薬です。

漢方は抜け毛に効くの!?

最近AGA治療に使われる薬は西洋医学に基づいたもので、悪い部分にだけターゲットを絞って治療するので効果もすぐ表れる事が多いです。
対して漢方医学は自然に体の治癒力を高めることで体質改善を図るので長期の治療になることが多いです。


漢方薬での治療は血行を促進し発毛を期待するというものです。
西洋医学では5αリダクターゼを抑制することで抜け毛などの薄毛治療を行っていきますが、漢方では血行を促進するなどの体質改善を行い抜け毛を防止します。

漢方から見る抜け毛の原因

血虚(血液不足)

髪の健康と血液には深い関係があると言われており、昔から髪は血の余りと考えられています。
血液が体中に行き渡った上で、余った血液から髪の毛が作られると考えられています。
つまり、血液が足りなかったり、血行が悪いと言うことは髪に栄養が届かず抜け毛の原因になると考えられています。

気虚(気の不足)

身体のエネルギーが足りずに元気がない状態のこと。
ストレスが加わり消化器や免疫機能が弱くなることで疲れやすくなったり、血行が悪くなったりすることで抜け毛が増えると考えられています。

腎虚(腎の低下)

腎と聞くと腎臓を思い浮かべますが、漢方での腎は腎臓の他、生殖器、ホルモン代謝、自律神経、免疫などに関わる機能のことを言うそうです。
腎が弱くなることで加齢現象が起こり、ホルモンのバランスが崩れるので抜け毛が増えると考えられています。

おすすめ漢方薬7選

四物湯(しもつとう)


名前の通り、当帰(とうき)・芍薬(しゃくやく)・川芎(せんきゅう)・地黄(じおう)という4つの生薬で作られています。
体を温めて貧血を改善する漢方薬のため、血液循環をよくして、体を温める効果の他に皮膚を潤したり、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)


全身に栄養を与え、血行を促進させるのと同時に利尿作用で余分な水分をとり除いて、冷え症や生理不順を改善します。
全身の血行を促進することで頭部の血行を促進し、栄養を届けやすくします。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)


体力と気力を回復させる漢方薬で、元気をとりもどすのを助けます。
冷え症で貧血気味、顔色が悪く、疲労衰弱がひどいとき、または病中・病後、手術後などの体力と気力が弱っている時に回復させる効果があります。
ストレスの影響で疲労し、血行が悪くなっている時に効果を発揮します。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)


興奮した神経を落ち着かせ心と体を穏やかにする効果がありますので、慢性的にストレスを感じているときに効果を発揮します。
中々ストレスを発散できない時に使われ、髪のトラブルで最も使われる漢方薬です。
高血圧や動脈硬化にともなう諸症状、神経症や不眠、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などにも用いられます。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)


気持ちを落ち着け、体と心を穏やかにする漢方薬です。
神経症や不眠、夜尿症、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などにも用います。
神経質で細かいことが気になることでストレスが溜まりやすい人に向いています。

八味地黄丸(はちみじおうがん)


体の弱った機能を補い、足腰の痛みや排尿異常に用いられます。
加齢により起こる抜け毛に効果があるとされており、具体的に夜間頻尿や足腰の痛みやしびれ、乾燥肌のカユミや湿疹などに用います。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)


食欲がないときなどの胃腸の働きを良くし元気をつける漢方薬です。
体の疲れ、食欲不振、胃弱体質、夏やせ、あるいは病中・病後、手術後などで体力が弱っているときに用います。
漢方では、胃が弱くなることで加齢現象が起こるとされており、それが抜け毛へと結びつくので、胃腸の働きを良くし抜け毛を改善します。

漢方薬を服用するときのポイント

食前又は食間に服用する

食前は食事の30分前で、食間は食後2時間後のことです。
つまり、胃の中に食物が入ってない空腹のときに飲むのが良いそうです。
空腹時は胃の中は酸性になっており、漢方は酸性側の方が吸収が速やかになります。
また、一部の効果の激しい成分は穏やかに作用されますので胃腸にとっての負担は酸性側の方が良いです。
ただし、飲み忘れて食後に飲んだとしても著しく効果が落ちるわけではありません。
漢方薬で胃に負担がかかる人は食後に飲んでいる場合もあります。

気を付けたいのが、飲むタイミングにこだわりすぎて漢方薬を飲むのが面倒になるよりは、自分の続けやすいタイミングで飲むのが一番良いかもしれません。

水か白湯で飲む

必ず水か白湯で飲んでください。
漢方薬によっては飲みにくく、味を誤魔化すのにお茶やジュース牛乳で飲む人がいます。
生薬成分と反応していまいますので、水か白湯で飲みましょう。
出来れば、1度沸騰させてカルキなどの不純物を飛ばし冷ました白湯で飲んだほうが吸収を助ける効果があります。
どうしても漢方薬が飲みにくいと言う時は、龍角散から発売している「漢方薬服用ゼリー」と言われる風味がついたゼリーがありますのでこういったものを使うのも手です。

飲み合わせには注意

食べ物やサプリなどでも食べ合わせ飲み合わせがあると言われていますが、漢方薬にも飲み合わせがあります。
医者や薬剤師などの専門家が飲み合わせて良いと言ったものなら構いませんが、自分の判断で市販の漢方薬を複数飲みのは止めましょう。

急いで効果を期待しない

漢方薬は比較的ゆっくり体質改善を行うものですので、1ケ月などの短期間で結果を期待しないようにしましょう。
人間の体は3ケ月の周期で細胞が入れ替わりますので、効き目もそれに合わせて出てきます。
効果は長い目で見て早くて3ケ月、出来れば半年から1年くらいは見ておいた方が良いかもしれません。

漢方に頼りすぎないないように

漢方薬に頼りすぎて他にしなければならない抜毛対策を疎かにしないようにしてください。

バランスの良い食事を摂取する

栄養素は非常に大事なものとなります。
その中でも髪の毛に必要な3大栄養素の「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は積極的に取りたいですね。

毛髪はほとんどがタンパク質でできており、髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚からも摂取できますが、肉や魚があまり好きではない場合は、大豆製品や卵などもタンパク質が多いですので活用してください。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物から摂取できるイメージですが、緑黄色野菜や植物性の油、レバーなどからも摂取できます。

ミネラルのうち亜鉛は毛髪にとって重要な栄養素となります。
亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収され、再びタンパク質として合成されますがその合成を助けるのが亜鉛なのです。
牡蠣に多く配合されていますが、他にも豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

睡眠をしっかり取る

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届かないので抜け毛が増えます。
そして、皮脂が過剰に分泌され毛穴をを防ぐことで頭皮環境も悪化します。
皮膚には常在菌という菌が存在しているのですが、睡眠不足が続くと常在菌が増え皮膚に刺激が加わります。
それにより頭皮環境が乱れますので、抜け毛の原因となります。

また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

タバコとアルコールを控える

タバコは血管を収縮させますので全身の血行が悪くなります。
それはもちろん頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したりもします。

アルコールは適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールが体内に入ると肝臓で分解されます。
飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
そうすると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなります、髪に必要なタンパク質が足りなくなり髪が成長できなくなります。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

ストレスを溜めない

漢方の考えとして、ストレスが加わり消化器や免疫機能が弱くなることで疲れやすくなったり、血行が悪くなったりすることで抜け毛が増えると考えられています。
ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなるので髪に必要な栄養が頭皮に届きにくくなります。
漢方には興奮した神経を落ち着かせるものもありますが、そればかりに頼りすぎずにこまめに発散をしておきましょう。

漢方薬で効果的な抜け毛対策を!

今回は抜け毛対策に効果的な漢方薬について解説してきました。
長い目で見た体質改善を目的に服用し、体の内側から抜け毛対策を行える漢方薬。
漢方薬は今までに服用したことがないという人もいると思いますが、体質を改善するので根本的な治療にもなる可能性があります。
色々と抜け毛対策をしても効果がなかった人、これから抜け毛対策をしようとしている人。
漢方薬で抜け毛対策をしてみてはいかがですか?

おすすめの記事