【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得するだけにとどまらず、科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%OFFキャンペーン中!

時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。

当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップ で購入しましょう!在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

【割引あり!】チャップアップ公式サイトはこちら!

薄毛治療として育毛効果が認められているミノキシジル。
しかし、正しい方法で使用しないと効果が得られない可能性があります。
飲み薬と塗り薬がありますが、今回はミノキシジルの塗り薬の正しい使用方法について解説していきます。

薬に正しい塗り方なんてあるの?

塗り薬と言うからには当たり前ですが、直接患部に塗っていきます。
何の工夫の必要もないように思いますが、少しの工夫で効果が上がる可能性があります。
その逆もあり間違った塗り方をすることで効果が半減してしまう恐れもあります。
そこで、まずは正しい使用方法を知るのが大切となります。

ミノキシジルとは?

そもそも先程から当たり前の様に「ミノキシジル」と言っていますが、この記事をご覧の方の中にはミノキシジルを知らない方もいらっしゃるでしょう。

ミノキシジルとは、元々は血管拡張薬で高血圧や心不全などの治療薬として開発されました。
しかし、服用する患者の毛髪が濃くなったことで、発毛に効果があると発見され発毛薬として使われるようになりました。

効果は元々血管拡張薬ですので、血管を拡張し血流を良くすることで毛髪に必要な栄養素を届けやすくする効果があります。
また、毛母細胞に働きかけて活性化させる効果もあります。

ミノキシジルは塗り薬と飲み薬があり、日本では塗り薬として「リアップ」が有名です。



他にも海外品では「ロゲイン」などは有名です。

飲み薬はクリニックで処方して貰うか、個人輸入で血管拡張剤として入手する方法がありますが、副作用の心配がありますので服用には十分な注意が必要です。
塗り薬の副作用として頭皮のかゆみやニキビなどの軽い症状があります。
飲み薬ですと低血圧や多毛症、排尿機能の低下、性欲み減退、手足のしびれなどの重い症状などもあります。
高濃度の服用により死亡例もあるようですので、必ず医師の診断の上で服用し用法用量は必ず守りましょう。

ミノキシジルの正しい塗り方

では、早速ミノキシジルの正しい塗り方を解説していきます。

シャンプーする


何事も準備が大切ですが、ミノキシジルを塗る場合の準備はシャンプーをすることです。
なぜシャンプーするかというとミノキシジルの浸透を高めるためです。
スタイリング剤やホコリなどが付いたままですと、皮脂や汚れが邪魔をして浸透しにくくなってしまいます。
毛穴の汚れを取り除き、ミノキシジルが浸透しやすい環境を整えてあげましょう。
その際に汚れがよく取れそうだからといって、爪を立てたりゴシゴシ強く洗わないようにしましょう。
頭皮を傷つけ環境を悪化させることで薄毛になりかねません。

乾かす


「シャンプーも終わったし、いよいよミノキシジルを塗ろう!」
と思っているあなた。
ちょっと待ってください!
その前に髪と頭皮を乾かしましょう!
「えっ!?乾かすの?」と思った方は多いでしょう。
通常この手の育毛剤などはお風呂上がりに髪が濡れた状態で塗るイメージですが、濡れたまま塗ると水分で薄まって効果が減ってしまう恐れがあります。
でも、短いからと言って自然乾燥すると、頭皮に雑菌が溜まり頭皮環境を乱す原因となります。
きちんとタオルドライした後にドライヤーを使用しましょう!

ミノキシジルを塗布


いよいよミノキシジルを塗布していきます。
使用量は製品ごとに決められているのでそれに従い守りましょう。
ちなみに「リアップ」の場合は1回1mLです。

塗る範囲ですが頭皮全体に塗る必要はありません。
薄毛の気になる部分にだけで構わないそうです。
薄毛の範囲が狭い場合は1mLで足りそうですが、広い場合1mLで足りるのか不安になると思いますが、塗り広げられるように設計されています。
あくまでリアップの例ですので、必ず記載されている使用量は確認し守りましょう!

頭皮をマッサージする


ミノキシジルを塗布したあとは、マッサージをしましょう。
マッサージは頭皮の血行を促進する効果もあるので、ミノキシジル効果をより引き出すことができます。
ただ、強くマッサージすると頭皮が傷つくことがあるので、気持ちいいと感じる程度のマッサージをしましょう。

浸透させる

最後に浸透させる時間を設けましょう。
と言っても塗ってから放置すれば良いだけなのですが、その時に汗をかいたり洗い流さない様にしましょう。
せっかく塗ったのに汗や水で流れてしまっては意味がありません。
最低でも1時間は浸透させるための時間を設けましょう。

ミノキシジルを使う注意点

塗る回数

製品ごとに決められているとは思いますが、基本的に1日2回とされていることが多いです。
頭皮が清潔で乾いた状態で塗るのが望ましいので、朝・晩の2回がベストでしょう。
夜にシャンプーして乾かした後の清潔な状態でミノキシジルを塗り、朝はそのまま塗るという方法がいいです。

塗る量

たくさん塗った方が効果が出るのではないかという考えで、決められた量より多く塗ると副作用のリスクが高まります。
また、朝塗り忘れたから夜は朝の分まで多めに塗って置くというのも副作用のリスクが高まります。
必ず製品ごとに決められた量を塗りましょう。

ミノキシジルの濃度について

実は全てのミノキシジル製品の濃度は同じではありません。
日本だけでなく海外製品もあり、製品によってミノキシジル濃度は違います。
1〜16%まであるようで、日本国内の場合5%以上のものは医師の診断と処方が必要になってきます。

この濃度ですが、濃ければ濃いほど効果も上がるようです。
大正製薬の「リアップ」はミノキシジル濃度を1%から5%のものを発売するために、厚生労働省に承認申請を行った際の実験データでは5%の方が発毛した本数が多かったそうです。
やはり濃いほうは効果が出やすいみたいです。
ただ、濃い方が副作用は出やすいみたいですので、最初は1%位のものを使い、様子を見ながら徐々に濃度の濃いものに変えるほうが良いかもしれません。

正しく塗っても副作用は出てしまう

正しい塗り方をして注意事項も気を付けているはずなのに、副作用が出てしまったなんてことがあります。
そういう方は体質的に合わないですので、すぐに使用を中止して皮膚科専門医に相談しましょう。

また、はっきりとした症状が出ていなくても、少しでも異常を感じたら医師に相談してください。

副作用の出る場合、育毛剤が使えないと不安になると思いますが、そういう人はミノキシジルが入っていない育毛剤を使いましょう。
ミノキシジルの様に効果の高い成分は配合されてはいませんが、ミノキシジル以外の育毛に効果的な成分やフケかゆみを抑えたり、保湿作用、抗炎症作用など頭皮環境を整える成分が配合されています。
どうしても合わない場合は検討しましょう。

そして、飲み薬になりますが、「フィナステリド」と言われる育毛に効果的な薬もあります。
どうしても薄毛が気になる人は飲み薬も検討してみても良いでしょう。

ミノキシジルを塗るだけではダメ

ミノキシジルはとても効果的ですが、そればかりに頼ってしまうのもよくありません。
それ以外にも気を付けるべきことがあります。

育毛シャンプー・育毛サプリを併用する

育毛シャンプーは育毛成分が配合されていたり、頭皮の環境を整えたりする効果があります。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えた後、ミノキシジルの育毛剤で発毛を促進することで、より効果を感じやすくなります。

また、育毛サプリでは体の内側から薄毛に働きかける様な成分が配合されています。
発毛シャンプーで頭皮環境を整えながら育毛サプリで発毛を促進することで発毛の実感が得やすくなります。

食生活や生活習慣を正す

食生活や生活習慣を直さないというだけで一向に薄毛改善が見られないということがあります。
食事からは発毛促進のための栄養素を摂ることができます。
タンパク質やビタミン、ミネラルなどバランス良く摂る必要があります。
脂質も適度に肌を潤すために必要ですが、偏ってしまうと脂っぽくなり毛穴を詰まらせてしまいます。
また、タバコやお酒も摂りすぎると血行を悪くする事になりますし、睡眠も少ないと頭皮によくありません。
ミノキシジルを使い育毛しようとしているのに、他の要因が原因で薄毛の改善が見られないことがあります。
ミノキシジルだけに頼り過ぎず、日常の行動などを振り返ってみるのも薄毛改善にはとても重要になります。

ストレスを溜めない

ストレスは自律神経を乱れさせ血流を悪くします。
血流が悪くなることで髪に必要な栄養が届きにくくなり薄毛になってしまいます。

また、ストレスを感じると大量の亜鉛が消費されてしまいます。
亜鉛は髪の成長に必要なタンパク質を体内で合成されるときに必要になります。
その亜鉛がないということはタンパク質がうまく合成されずに薄毛になってしまいます。

ストレスは気づかないうちに溜まっていることがあります。
習慣的に発散させる様に発散方法を見つけておきましょう。

夜に必ずシャンプーする

仕事で疲れてしまいお風呂に入らずに寝ることはありませんか?
帰りが遅くなり、お風呂も入らずにスタイリング剤が付いたまま寝てしまうのは良くありがちです。
その場合朝シャンプーするでしょうが、スタイリング剤はほぼ24時間ついたままという事になります。
スタイリング剤の油分が毛穴を詰まらせ炎症やかゆみなどの症状として現れます。
せっかくミノキシジルなどを使っているのに意味がありません。
必ず夜にシャンプーして、正しい塗り方でミノキシジルを塗り髪と頭皮を休める時間を作ってあげましょう。
そして、シャンプーの際はしっかりすすぎ、指の腹でマッサージするなどのような正しい方法でシャンプーしましょう。

正しい塗り方で正しく使う

ミノキシジルは育毛に効果が高く、薄毛に悩んでいる人にとっては心強い味方になります。
しかし、塗り方を間違ってしまうと効果が半減され敵にもなります。
必ず、用法用量を守って正しく使いましょう。
そして、続けることで効果を実感しやすくなりますので、根気強く使いましょう。

おすすめの記事