【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得するだけにとどまらず、科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%OFFキャンペーン中!

時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。

当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップ で購入しましょう!在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

【割引あり!】チャップアップ公式サイトはこちら!

薄毛といえば、中年以降の男性の症状と考えがちですが、10代や20代で発症してしまうケースもないわけではありません。このためにあなたの彼氏も、もしかしたらハゲてしまうかもしれないのです。このような事態を防ぐための方法を、お教えしたいと思います。


若ハゲの原因

10代や20代という極めて若い時期に薄毛になってしまう原因は、遺伝、栄養不良、病気の3種類が考えられます。これらの一つひとつの仕組みについて、ご説明します。

遺伝



男性の薄毛の大部分は、生え際から頭頂部にかけての範囲に集中して発生します。これは、AGA(男性型脱毛症)という症状の典型的な形態で、男性ホルモンのテストステロンが変化したジヒドロテストステロンという物質が原因です。この物質が、毛根内部の毛乳頭内のアンドロゲンレセプターと結合すると、トランスフォーミング増殖因子(Transforming growth factor)という脱毛因子を誘導し、毛母細胞の細胞分裂が抑制されるので髪の毛の寿命が短くなります。

なお、日本人男性におけるAGAの発症頻度は、全年齢平均で約30%と報告されています。年代別には、20代で約10%、30代で約20%、40代で約30%、50代以降は40数%と年齢を重ねるにつれて高くなっていきます。これは、AGAが老化現象の一種であることを証明しています。

ちなみに、AGAの発症の決め手となるのは、ジヒドロテストステロンに対するアンドロゲンレセプターの感受性とジヒドロテストステロンの生産に関与しているⅡ型5α還元酵素の活性力の高さです。前者は母方の祖父からの隔世遺伝で、後者は両親のどちらかが持っていると受け継ぐ優先遺伝です。

この2種類の遺伝子を両方受け継いでいる場合は、ジヒドロテストステロンの生産量が多いうえに、アンドロゲンレセプターと効率的に結合することになります。このために、ジヒドロテストステロンによる脱毛活動が広範囲に対して効率的に行われるので、通常よりも早く発症する若ハゲと呼ばれる状態となります。

栄養不良



髪の毛は、頭部を保護するために存在している体毛の一種で、日本人の平均本数は約10万本程度と考えられています。ちなみに、頭皮に埋もれている毛灸という部位で作られており、毛乳頭と毛母細胞が強く関与しています。

毛乳頭が、頭皮の毛細血管から受け取った栄養や酸素を毛母細胞に受け渡すとともに、毛母細胞に対して成長の指示を出します。それによって毛母細胞が盛んに細胞分裂を繰り返し、それが髪の毛となるのです。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/017296/

髪の毛は、このような仕組みで作られているので、栄養不良の場合は充分に成長することが出来なくなります。特に、重要なのがたんぱく質、ビタミン、ミネラルの3種類で、これらが不足した状態が長期化すると薄毛となってしまいます。現在、増加している女性の薄毛は、無理なダイエットによる栄養不良が原因の場合が多いと考えられています。

このために、女性よりもハゲやすい男性の場合は、さらに深刻な状態となるのは間違いありません。。特に、インスタント食品やコンビニ弁当を毎日食べているような場合は、若ハゲになる確率は高くなります。

病気



十円ハゲとも呼ばれている円形脱毛症は、身体の防御機能が誤って毛根部分の自己抗原を攻撃してしまう病気で、軽く考えているととんでもない状態になってしまうことがあります。

今年の2月に10円ハゲを見つけて、それから今に至るまで髪の毛が全部抜けました。血液検査もして貰いましたがこれと言って異常無しとの事。まつ毛&眉毛も抜け落ちて異常な感じですね。いちよ、病院には行って見ましたが効果が見られなく不安な日々を送ってます。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10116386160
なお、防御機能が誤作動を起こす原因については現在でも不明で、老若男女問わず発症します。また、悪性のものは治りにくいので、精神的に深刻なダメージを受けるケースもあります。

現在お付き合いをしている彼が全身脱毛症で悩んでおります。脱毛のショックから気持的にも鬱寸前の状況です。私は彼を支えていきたいと思っておりその様な事も伝えているのですが、彼はいつ治るか分からない自分では私を幸せに出来ないと別れを考えていると話をされました。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10144033775
このように、周囲にまで悪影響を及ぼす場合もあります。ちなみに、脱毛症の中で唯一病気として取り扱われており、保険診療を受けることが出来ます。

若ハゲを改善する方法

若ハゲの原因と仕組みについては、お分かりいただけたと思います。この節では、改善するための具体的な方法をご説明します。

遺伝による若ハゲを改善する方法

テレビのコマーシャルなどで盛んに宣伝されているように、薄毛はお医者さんで治してもらえる時代です。これは、プロペシアというAGA治療薬が開発されたからで、遺伝が原因の若ハゲの場合は高確率で進行を防ぐことが可能です。

なお、プロペシアの作用機序は、Ⅱ型5α還元酵素の活性を阻害するというもので、髪の毛に対して直接働きかけるというわけではありません。ただし、ジヒドロテストステロンの生成が抑制されるので、結果的に薄毛が改善されることになります。厚生労働省が2,005年に承認する際に1年間かけて行った臨床試験では、被験者の内の98%に不変以上の効果が確認されています。

ちなみに、プロペシアを利用した人の口コミは、次のような内容です。

彼が飲んでます。生え際の産毛がかなり生えてきてます。これからも飲み続けて欲しいです

引用:https://www.idrugstore.jp/product/49976/review?star=5

服用してから7ヶ月になりました。
抜け毛は髪を洗った後に確認するのですが、 毎日ほぼ10~20本程度で済んでいます。

引用:https://www.idrugstore.jp/product/49976/review?star=5

使い続けて約3年が経過しようとしていますが、最初の頃はあまり変化が無かったのですが、4ヵ月後ぐらいから抜け毛が減り、増えるというよりも毛髪が太くなったのでスカスカ感がなくなりました。

引用:https://www.idrugstore.jp/product/49976/review?star=5&page=3
また、2015年の9月28日に承認されたザガーロという内服薬は、プロペシアの1.6倍の発毛効果があると報告されており、かなり期待が持てる状況です。これらの内服薬はAGA治療を行っている医療機関で処方されているので、クリニックを探してみてはいかがでしょうか。

栄養不良による若ハゲを改善する方法

栄養不良が原因の若ハゲに対しては、食生活の見直しが改善するための解決策となります。適切な栄養補給により、毛母細胞の活動が正常な状態に回復するからです。ちなみに、具体的にオススメなのは、牡蛎にレモン汁をかけたものです。これならば、たんぱく質、ビタミン、ミネラルの3種類の重要栄養素をバランス良く補給できるので、この組み合わせの料理を作ってあげれば喜ばれることは間違いありません。


また、カプサイシンとイソフラボンの組み合わせも発毛に効果があるという研究が発表されています。これは、インスリン様成長因子-1というたんぱく質が増加することにより、毛母細胞が刺激されて発毛が促進されるためと考えられています。ちなみに、名古屋市立大大学院医学研究科による研究結果によると、AGAの22人に半年間カプサイシンとイソフラボンを投与したところ、20人に発毛が認められ、その内の12人は一目で分かるでほどの顕著な効果が確認されています。なお、カプサイシンは唐辛子に含まれている栄養素で、イソフラボンは大豆性食品に豊富に含まれています。この2種類の成分を組み合わせた料理を加えると、さらに効率的な若ハゲ予防が可能となります。


病気による若ハゲを改善する方法

彼氏が円形脱毛症になった場合は、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。自然に治るものとそうでないものとを見分けるのは非常に困難で、素人の手におえるものではないからです。初動が遅れたことにより、生涯治療が必要となるケースも十分考えられます。

ただし、現在でも完全には解明されていない病気ということで、治療を受けても上手くいかない可能性もあります。

治療しているのは私ではなく主人ですが。昔から円形ができやすく、最近また増えたねぇ‥なんて言ってたらあれよあれよという間に抜けてしまい、円形脱毛の中でも重症である「汎発性脱毛」と診断されました。キレイさっぱり全身の毛という毛が全てなくなり、1年近く治療を続けていますがまだ完治にはほど遠いです。

引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2007/0521/130610.htm
このような状況になった時には、早く治そうとするとストレスになるので、気分転換に付き合うなどでサポートしてあげるのが良いでしょう。

まとめ

このように若ハゲに対しての適切なアプローチは、原因により違いがあります。簡単に治る時もありますが、何年もかかってしまう難しい症状に進行してしまう可能性もあります。また、AGAの場合は現在の医学では治癒は見込めないので、新しい治療法が確立されるまでの間は、治療薬を飲み続けなければ薄毛が進行することになります。

さらに、これらの治療薬は、射精障害や精液量の減少、勃起機能不全など副作用が発生する危険があります。これは、これらを服用することで生産が抑制されるジヒドロテストステロンは、男性性器の発育に関与している物質なので、性機能にも被害が及ぶ可能性が生じます。

AGAは、髪の毛が全てなくなるまで進行したとしても健康には何の影響もありません。これは、疾患ではなく遺伝により受け継いだ体質だからで、薬で無理に出ないようにすると思わぬところにしわ寄せがいきます。見た目がカッコいいままでいてほしいという気持ちは理解できますが、健康を犠牲にするのはナンセンスです。このために、場合によっては使用しない方が良いかもしれないので、彼氏と良く相談したうえで実行するようにしましょう。

おすすめの記事