※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

「最近何だか髪がぺったりしてきた」とか「ボリュームが出ないとか」女性も薄毛に悩んでいます。

これをご覧のあなたも、もしかして薄毛にお悩みですか?
今回はそんな薄毛に悩む女性必見のおすすめ髪型をご紹介していきます。

スポンサーリンク

女性の薄毛の原因

薄毛に悩む女性は意外と多いものです。

男性の薄毛とは違い、ツルツルまでにはなりませんが、量が減ったり細くなったりして薄毛に見えてしまうのです。

そのため、薄毛の原因も女性ならではの事が多いです。

①女性ホルモン

女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始め、女性は体調など様々な所に支障をきたします。

エストロゲンの減少はヘアサイクルを乱す原因となり結果的に薄毛になると言われています。

出産も薄毛の原因とされており、出産すると一気に女性ホルモンが減り、髪が休止期に入ることでヘアサイクルが乱れ薄毛になっていくと言われています。

②ストレス

ストレスは自律神経系交感神経を緊張させ血管を萎縮させる事から、頭皮への血行が悪くなり髪に必要な栄養が送れなくなります。


そうすると、ヘアサイクルが乱れ薄毛になります。

③乱れた食生活

多くの女性が一度はやったことがある「ダイエット」ですが、間違った方法は薄毛の原因になります。

極端な食事制限は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルが乱れることで薄毛になる可能性があります。


無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。

④生活習慣

睡眠不足が続くと薄毛の原因となります。


成長ホルモンは22時から2時の4時間の間に大量に分泌されますので、この時間帯になるべく眠りにつけると効率よく毛髪の成長を促せます。

⑤ヘアケア

髪を美しく保つために毎日ヘアケアを行っている女性は多いと思いますが、これもやり過ぎに注意が必要です。

1日に何度もシャンプーしたり、自分の肌に合わないシャンプーを使っていることで皮脂のバランスが崩れ薄毛になることがあります。

必要以上に皮脂が多い、又は乾燥しすぎることでも薄毛の原因になります。

薄毛を隠す方法

薄毛だと思い諦めてはいけません!
上手にアレンジすると薄毛は隠すことができます。

分け目を変える


もしかしていつも同じ分け目にしていませんか?
毎朝面倒くさくて同じ髪型にしがちですが、分け目を変えるだけで結構ボリュームアップします。

また、髪型が変わったように見えるので、新鮮な気持ちになり1日の気分も変わります。

すぐにでもできることですので早速やってみることをおすすめします。

前髪を厚く下ろす又は上げる


ぱっくりセンター分けや左右どちらかに分け目をつけて前髪が長くしている人は多いと思います。

特に前髪付近の薄毛で悩んでいる人におすすめです。

前髪が薄くて悩んでいるならいっそのこと作ってみましょう!
サイドや後ろの髪を持ってきて、前髪を厚く作り、下ろすことでボリュームがかなり変わります。


また、ポンパドールなどのように前髪を逆に上げてしまうのも薄さを隠せる方法です。

パーマをかける


時にはパーマに頼るのも一つの手です。

昔のようなおばちゃんパーマではなく、今は薬剤も進化しダメージが少なくゆるふわにかけられます。


全体にかけなくてもボリュームが欲しいトップなどポイントパーマも可能ですので、毎日のスタイリングも楽になります。

量は増やさなくても、パーマのリッジによってボリュームが出たように見せられます。

ターバンなどの装飾品を使う


特に髪型を変える必要もなく薄毛を隠せるのがターバンです。

巻くだけで隠せますし、おしゃれにも見えます。

あまり、使ったことがない人は少し抵抗があるかもしれませんが、使ってみると簡単で気分もいつもと違ってきます。


ターバンを使ったヘアアレンジもあるので、アレンジの幅が広がります。

ウィッグを使う


少し費用はかかるかもしれませんが、簡単に素早く薄毛を隠せる方法です。

全体ウィッグではなく、部分ウィッグを使うとより自然に隠せます。

もう何をしても薄毛を隠すのが難しいときの最終手段です。

スポンサーリンク

薄毛のためのスタイリングのコツ

薄毛は色々な方法で隠す事が可能です。

ここからはスタイリングをする際のちょっとしたコツをお教えします。

早速すぐにでもやってみてください。

ドライヤーの乾かし方


ドライヤーで乾かす時、面倒だから適当に乾かしていませんか?
または、ドライヤーを使わず自然乾燥の方もいらっしゃるでしょう。

乾かす時は毛流れに逆らって乾かすとフワッとボリューもが出ますし、ブラシなどを使いながら行うとやりやすいですよ。

分け目を変える事はこの毛流れに逆らうのでボリュームが出るのです。

ホット機器を活用


ホット機器とは、ヘアアイロンやホットカーラーなどのことを指します。

これらは洗うと元にもどりますが、パーマをかけたようにボリュームを出すことができます。

ぺたっとストレートの状態ですと、薄毛がより強調されますので、こういったアイテムを上手く活用しましょう。

しかし、毎日使うと熱でダメージを受けますので、特別に出かけるときに使うようにし、必ず熱から髪を守るトリートメントなどを付けて熱から髪を守りましょう!

スタイリング剤の使い方


綺麗にセットした髪をキープさせたり、動きをより欲しいときにスタイリング剤を使うと思いますが、スタイリング剤の使い方によっては逆に薄毛を目立たせてしまうことがあります。

スタイリング剤を使用するのにもいくつか注意点があります。

スタイリング剤の種類

スタイリング剤はいくつか種類があります。

ワックス・ジェル・スプレーなどなど。

それぞれにセット力や質感が異なりますので、きちんと選択する必要があります。

ショートで動きが欲しい時はハードワックスを、ミディアム~ロングでふわっとしたボリュームが欲しい時や、ホット機器でスタイリングを固定したいときはスプレーを使うと綺麗にセットが上手くいきます。

ジェルはしっとりして髪に重さを与えてしまうので逆にぺったとして、薄毛を目立たせる可能性があります。

使用量

「髪型をキープしたい」「立ち上がりを持たせたい」などでスタイリング剤を使う際、たくさん量を使う傾向にありますが、つけすぎるとスタイリング剤の重みでぺったとしてしまいます。

昔のヴィジュアル系ロックバンドの様な髪型をするわけではないので、あまり量をつけなくてもキープ力などはしっかりあります。

べたべたに付けない様に気を付けましょう。

使用箇所

ふんわり感が欲しい場合や立ち上がりが欲しい場合に、根元を中心にスタイリング剤を付けることがあると思います。

これ自体に問題はありませんが、つける際に頭皮になるべくつかない様に気を付けてください。

頭皮につき、1日過ごすと炎症する恐れがあります。

そうなると、薄毛を悪化させてしまうので気を付けてください。

また、スタイリング剤は必ず寝る前に洗い流してください。

付けたまま寝ると、頭皮についてしまい炎症を起こす可能性があります。

スタイリング剤は適材適所で使い分け、少なめに頭皮を避け、その日のうちに必ず洗い流しましょう!

おすすめの髪型7選

ここからはおすすめの髪型を紹介していきます。

フルバング


前髪がぱっつんの状態です。

奥から髪を持ってきているので、額や顔周りの薄毛を隠せる髪型です。

露出する顔の面積も少なくなりますので小顔効果にもなりますし、額を隠すことで年齢よりも若く見えます。

毛先にシャギーを入れたり、サイドに流すなどアレンジも可能です。

アップバング


前髪を上げてピンなどで止めてトップに高さを出すスタイルで、いわゆる「ポンパドール」です。

額は全開になりますが、トップに高さが出ますので頭頂部の薄毛に悩んでいる方には最適です。

可愛らしい雰囲気と言うよりも、カッコいいできる女な印象を与えます。

前髪が短いよりも長い方がセットはやりやすいので、少し前髪は伸ばしましょう。

シースルーバング


薄いならそれを生かしましょうというスタイルです。

前髪を額が透けて少し見えるくらいの量にした前髪です。

無理に厚くする必要もなく自然な感じになりますので、前髪が薄い人にはおすすめです。

韓国で火がつき、日本でも石原さとみさんをはじめ女性芸能人がシースルーバングにしていました。

長さは調整できますが、思い切って短めにするとおしゃれ上級者に見えます。

中村アン風サイドパート


センターではなくサイドに分け目を付けるスタイルです。

さらに「中村アン風」ですので、割合は9:1くらいにします。

トップのボリュームが気になる方や、分け目がいつも同じ方におすすめです。

サイドパートにしただけで印象がガラッと変わりますし、ショートからロングの方まで幅広く対応できます。

前髪も長いとスタイリングがしやすいかもしれません。

ハーフアップ


サイドの髪を後ろにまとめるスタイルです。

頭頂部は少し逆毛を立てたり、スキ毛を入れたりするとよりボリュームアップします。

頭頂部のボリュームが気になる方にお勧めで、上品な印象になります。

下ろす後ろの髪はストレートでも良いのですが、ヘアアイロンを使ってカールにすると華やかさも出せます。

簡単にできるまとめ髪ですので忙しい朝にはぴったりです。

ゆるふわパーマ


ゆるくパーマをかけてトップのボリューム出すスタイルです。

ロングだと髪の重みでどうしてもトップが潰れがちになりますので、トップのボリュームが気になる方はロングよりも断然ショートをおすすめします。

ショートの場合あ全体的にパーマをかけると老けて見えることがありますので、トップだけの部分パーマが良いでしょう。

スタイリングもスプレーやワックスを軽く付けるだけでふわふわヘアに仕上がります。

ターバンアレンジ


ターバンを頭に巻いたアレンジスタイルです。

自分の髪だけではもう隠すことが難しいと言うときや、スタイリングが面倒と言う方におすすめです。

無造作に髪をアップにし、ターバンを巻くだけで完成します。

小物を上手く使うことでおしゃれ上級者にも見えます。

この他にも巻き方やヘアアレンジ、ターバンの柄によって印象が変わります。

ファッションの一部としてお楽しみ頂けます。

頭皮ケアも忘れずに!

今回は薄毛の女性のための髪型を紹介してきました。

今回紹介した髪型はすぐにできるものもありますので、早速試してみてください。

しかし、髪型ばかりに頼るのも良くありません。

日頃のシャンプーや食生活、生活習慣など直すべきこともあると思います。

時には育毛剤などスカルプケア製品が必要な場合もあります。

そういった頭皮ケアを行いながら、薄毛を隠せる髪型を楽しみましょう!