【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得するだけにとどまらず、科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%OFFキャンペーン中!

時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。

当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップ で購入しましょう!在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

【割引あり!】チャップアップ公式サイトはこちら!

最近なんだか髪の毛が抜けているように感じるという女性はいませんか?髪は女の命と言う言葉がある通り、今まで大切にしてきた髪の毛が抜けてしまうのは、とてもショックですよね。女性の薄毛の原因として考えられるものには、男性と同じような原因からなるものや、そうでないものまで、さまざまな原因があり、もしかした、それらが重なりあい引き起っている可能性もあります。薄毛を改善するためには、それらの根本的な原因をしっかりと改善することが大切です。そのため今回は、薄毛に悩んでいる女性のためにその薄毛の原因と原因に応じた対処方法を解説していきます。ぜひ、参考にして美しい髪の毛を取り戻してください。

【若い女性が薄毛になる原因と対処法】

若い女性が薄毛になる原因には生活習慣やホルモンバランスさまざまな原因が重なり合い引き起っている可能性があります。ではその原因と対処方法をみていきましょう。自分の生活習慣などと比較しながらお読みください。

『月経前症候群』

生理前にとにかくイライラが収まらず、周りのすべてに対してずっとイライラしてしまう。そんな経験がある方も少なくはないはずです。また、イライラとするだけならまだいい方で、酷い人の場合は、全身が重くて関節などが痛くなったり、急な頭痛に襲われたり、さらには気持ちがどんどんと暗くなり、ネガティブになることなどもあるはずです。この症状が出やすいのは特にストレスの影響によるもので、ストレスを多く感じることで、月経前症候群は重症化してしまいます。月経前症候群が起こる原因となるのが、女性ホルモンの乱れです。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンというホルモンの2種類がありますが、月経がはじまる2週間ほど前の排卵を境に女性ホルモンの分泌量が急激に変動することでこのような状態が発生します。起こることはもちろん問題ではなく自然の摂理です。しかし、ストレスの影響で重症化してしまっていることがとても問題で、そのストレスが髪の毛を薄くしてしまっている可能性もあります。
[対処法]
月経前症候群は体質にもよるので、一概にこうした方が良いということは言いにくいのですが、基本的に重症化してしまう原因はストレスが多いようなので、ストレスを改善する方法が効果的だと思います。ストレスは現代では様々な状況であなたの身に降りかかります。例えば職場でのストレス、夫婦関係、親との確執。このようなストレスは完全になくすということがとても難しく、ストレスとは、うまく付き合いながら生きていくしかありません。そのため、月経前症候群を重症化させないために、ストレスをしっかりと解消する必要があります。ストレスを解消する方法には、音楽を聴いたり、ドライブしたり、気を許せる相手とおしゃべりしたりなど、さまざまな解消の仕方がありますが、薄毛に悩んでいる場合は、運動がおすすめです。運動は体を動かすことでストレスを解消することができます。さらに、薄毛の原因の一つの血行不良を一緒に改善することができるためおすすめです。

『FAGA』
意外にも知らない方が多いのですが、女性の体の中にも微量の男性ホルモンが存在しており、その男性ホルモンが原因で薄毛になってしまう可能性も考えられます。男性の場合は男性ホルモンで引き起る脱毛の症状はAGAと言われますが、女性が男性ホルモンで脱毛症を引き起こしてしまう症状はFAGAと言います。FAGAは主に加齢によって引き起る可能性が高いのですが、若い女性でも、ストレスなどで、ホルモンバランスが乱れることによって、女性の中の男性ホルモンが活性化してしまうことで引き起ります、詳しく説明すると、女性の体に存在する男性ホルモンがジヒドロテストステロンという成分に変換されることで引き起っています。FAGAは、薄毛に特徴があり、例えばセンターで分け目を作っている場合は、その分け目が徐々に太くなり、頭皮が見えてしまう可能性があります。また、重症化してしまうと、頭頂部の髪の毛が完全になくなってしまうこともあります。

[対処法]
FAGAになってしまった場合は、セルフケアで改善することがとても難しく、育毛剤なども確かに効果的ですが、重症化してしまっている場合は、改善するまでかなり時間がかかります。そこでお勧めしたいのは、育毛外来です。育毛外来ではFAGAを集中的に治療できる医院で、FAGA専用の外用薬と内服薬を服用して治療していきます。医院によっては、出ている症状によってあなたオリジナルの薬を出してくれる医院もあるので、通う医院を選ぶのもとても大切になります。センターから脱毛し始めてしまっているという人は、重症化してしまう前に育毛外来に足を運んでみてください。

『ダイエット』

水を飲む女性

若い女性はやはり、自分の体形が気になり無理なダイエットをしてしまうという方も珍しくはありませんが、無理にダイエットをしてしまうと薄毛になってしまう可能性があります。無理なダイエットはその中でもさまざまな要因が重なり髪の毛に良くない状態を作り出しています。例えば、栄養不足。しっかりと栄養を摂らないことで髪の毛が栄養不足になってしまい、健康な髪の毛を作り出すことができません。その他にも、無理なダイエットで急激に筋力が衰えることで新陳代謝が悪くなり細胞分裂が行われなくなり、薄毛に繋がります。さらに、ダイエット時のストレスが原因となり、自律神経のバランスが崩れ、血流が悪くなり、髪の毛にしっかりと血液を届けることができなくなってしまいます。ダイエットは確かに理想の体を手に入れるために必要なことで、細くなればそれだけ綺麗に見えます。しかし、それと引き換えに髪の毛が抜けてしまったのではなんの意味もありません。

[対処法]
そこで、正しいダイエット方法を身に付けることが大切になります。正しいダイエットの基本は、筋力を付けることです。筋肉を付けることで基礎代謝がたかくなるため、食べても、食べても全く太らないという理想的な体を作ることができ、食事を抜くような無理なダイエットをしなくて済むようになります。いくら細い体を手に入れたくても、やはり美味しいものを食べれないというのはとても辛いですよね。そんな場合はまず筋肉から付けるようにしてください。

【牽引性脱毛症】

お仕事でアップスタイルにする機会が多い人や、エクステを付けている人で注意していただきたい薄毛の原因は牽引性脱毛症です。牽引性脱毛症はアップスタイルで常に髪を引き上げていたり、エクステなどで髪の毛の根元に一定の力がかかった状態が長時間続くことで引き起る脱毛症の症状です。アップの場合は、特に生え際などを思い切り上に引き上げるおだんごスタイルなどで牽引性脱毛症の症状が出る可能性があるようです。また、エクステの場合は、根元からエクステを付けすぎることで、根元へとても負担がかかります。すると、エクステの場合は、引っ張られた毛束の根元にイボができる時もあり、イボができたら完全に引っ張りすぎている証拠で、早めに外さなければ内出血してしまう可能性もあります。また、エクステの場合は、チップなどで髪の毛と抜けた毛が固定されているので、髪の毛が抜けているという実感を得るのがとても難しく、エクステを外した時にかなり大量に抜けてしまっているということにもなりかねないので注意が必要です。また、ブラッシングで髪の毛を引っ張ってしまっていたり、アイロンなどを使用したときに髪の毛を引っ張ってしまっている場合も同様に、それを長期間繰り返すことで徐々に症状が進行していくようです。

[対処法]
対処方法はただ一つ、とにかく引っ張らないことです。頭皮に長い時間同じ負担を与えてしまうことで薄毛になる可能性があります。さらに、牽引性脱毛症が酷くなり、繰り返し何度も同じ部分を引っ張って脱毛してしまうことで、その部分に毛穴がなくなり、完全に生えてこなくなってしまいます。そのため、極力引っ張らないということを心掛けてください。また、最近ではキッチリとまとめるよりも、比較的やんわりとラフに作るアップスタイルが人気なのでそのようなスタイルを取り入れてゆくのも良い方法でしょう。

『睡眠不足』

女性の場合も男性と同様に睡眠不足で髪の毛が薄くなってしまう可能性があります。睡眠不足と髪の毛との関係性はホルモンにあります。睡眠中は成長ホルモンと呼ばれるホルモンの分泌が活性化して、健康的に髪の毛を育てることができますが、睡眠不足により成長ホルモンが分泌が阻害されてしまった場合は、健康的な髪の毛を生やすことができなくなり、それを繰り返すことで徐々に薄毛になってきてしまいます。成長ホルモンは基本的に23:00~翌2:00の間に大量に分泌されるため、この時間帯に睡眠に付くことが大切です。

[対処法]
しかし、睡眠は意識しても、とることができない場合もあります。全く眠くならなかったり、睡眠を意識することでかえって目が覚めてしまう可能性もあります。その場合は、体温が高すぎる可能性があります。人間の体は睡眠に入るときに体温を一瞬下げて心地よい睡眠に入る準備をしますが、お風呂上りすぐに布団に入ったり、暑い部屋で睡眠をとったりする場合は、体温を一時的に下げることができず、なかなか睡眠に入ることができないという状態にもなります。この場合は、お風呂は38℃~40℃程度のぬるめのお湯に浸かり、体をあまり温め過ぎないことが大事です。また、部屋の気温が高い場合は、タイマー付きでエアコンを25℃~27℃の自分が暑いと感じないくらいの温度にして、布団に入ることで比較的快適に睡眠に入ることができます。

【大切なのは諦めずに治療することです!】

このように、女性の命の髪の毛は男性に限らず女性でも薄毛になる可能性があり、その理由には様々なものがありますが、中でも怖いのはホルモンバランスを崩したことで引き起る脱毛症の症状です。脱毛症は一度かかると完治させるのがとても難しく、治ったとしても再発する可能性も十分に考えられます。そのため、日ごろから綺麗な髪の毛を維持するための対策を徹底して、薄毛を予防するということが大切です。みなさんも今回ご紹介した女性の薄毛の原因と対処法を身に付けて、健やかで美しい髪の毛を手に入れましょう。

おすすめの記事