スポンサーリンク

髪の毛が少なくなってきて細くなっていたりする人も多いと思いますが生まれつき髪の毛が少なかったり細かったりする人も多く世の中には存在すると思います。

そんな人たちの悩みはやはり髪の毛のスタイリングがうまくいかないと言う事では無いでしょうか?
ボリュームが出づらいので束感を出しづらかったりだとか全体的なシルエットがうまく作れなかったりだとか少なからず誰もが経験することなどではないでしょうか。

しかしヘアスタイルというのは世の中にはかなり多く存在しています。

その中には髪の毛がボリュームが出づらくスタイリングがしづらい細い髪の毛の方も少ない髪の毛の方も実践できるヘアスタイルが存在します。

今回はそのヘアスタイルを紹介していきたいと思います。

薄毛、細毛の人が髪型を作るポイント

まず髪の毛が薄い人は髪の毛を伸ばして薄いところを隠そうとしてる人が多いと思います。

しかしながら残念なことに髪の毛を伸ばして隠そうとしてもどうしてもかっこよくは決まりません。

むしろ角度によってはちょっと見っともなく見えてしまうことも多くあります。

なので逆に髪の毛が薄くなってきてしまった人は男らしく短くする方が良いかと思われます。

理由としては、短くすることで髪の毛が薄くなってしまった部分と髪の毛がまだ残っている部分の髪の毛の色の濃さを調整できることです。

どうしても髪の毛が濃い部分は色が濃くなってしまい、どうしても髪の毛が少なくなってしまっている部分が色が薄くなってしまう傾向にあります。

しかし短髪にしてしまえば色が濃い部分と色が薄い部分を調整することが可能なのです。

ショートスタイルにもいろんな特徴持ったヘアスタイルがありますので自分に合ったスタイルを探すことをおすすめします。

また自分に合ったスタイルが分からなければ美容師さんに相談してお勧めのヘアスタイルにしてもらうのも1つの手なのではないでしょうか。

また男性の場合はサイドとトップの髪型のバランスが決まります。

横が膨らんでしまって上がボリュームがなくなると髪の毛のシルエットが四角くなってしまうのでバランスが悪くなってしまいます。

バランスの良い髪型とは全体的に維持型になっている髪型を指します。

なのでなるべく横の部分とはちまわりはボリュームを少なくしてトップにボリュームを任せるように心がけましょう。

そうすると全体的なスレッドもきれいに見えてくるのでバランスが良いと言えるのではないでしょうか。

使うスタイリング剤に関してもワックスだけではいちにち持たずにトップのボリュームが落ちてきてしまうと思います。

なので旬のスタイリングにはよくジェルが使われるのです。

ジェルはいちど固まってしまうといちにちキープしてくれます。

なので朝から夜まで気にせずヘアスタイルを維持することが可能です。

もしカットがバランスよくなっていてもスタイリングが変に思っている人がいたらいちどスタイリング剤をかけてみてはいかがでしょうか。

ソフトモヒカン

こちらの髪型は髪の毛が全体的にまだ残っている人にオススメです。

多少薄くなってきていてもスタイリング剤でカバーできるので全体的に少し薄くなっている人か、頭頂部にはまだボリュームが残っていておでこが薄くなっている人にオススメです。


出典:ホットペッパービューティー


出典:ホットペッパービューティー


出典:ホットペッパービューティー


出典:ホットペッパービューティー

全体的にある程度の長さがあるので遊び心もありおしゃれな髪型と言えるでしょう。

しかしこの髪型はいる美容師さんによって大きく好みが分かれできますので難易度も上がってきます。

できれば切り慣れた美容師さんにお願いするのが1番だと思います。

スタイリング方法は先ほど挙げたようにジェルを買って全体的に頭頂部の真ん中に髪の毛を集めてくるようにスタイリングします。

特に難しい事はなくただ鏡を見ながらバランスを整えるだけなのでスタイリングのない道はかなり優しくなっています。

初心者でも気軽に始めるこのモヒカンスタイル短髪に抵抗のある方やおしゃれな感じを残したい方はぜひいちど私みてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ツーブロック

このスタイルはソフトモヒカンと同じく頭頂部の髪の毛が少し残っていればできるスタイルです。

ソフトモヒカンよりも髪の毛が少なくでもできてしまうのです。

再度短く刈り上げてトップの髪の毛を少し残すことによって全体的にバランスを取りやすくなっているスタイルといえます。

またよりも短い印象になりますのでさっぱりとした清潔感与えられるのと少しスポーティーな印象を与えられるのではないでしょうか。

どちらのスタイリング剤を使ったとしてもスタイリングのポイントは一緒です。

横の部分と上の部分のバランスを見ながら横タイトにしめて上の部分にボリュームを出すように心がけましょう。

パーマスタイル

あまり短くしたくはない人でボリュームは出したい人はパーマと言うのも1つの手段だと言えるでしょう。

パーマスタイルにもいろんな種類があります。

くせ毛風にスタイリングするナチュラルなスタイルから少しハードめにあてたパーマスタイルもあります。

お好みによって変わってきますが、ビジネスシーンでは短めのナチュラルなパーマスタイルが好まれます。

アパレルやおしゃれが仕事になっている人たちは長めのパーマスタイルも多いと言えるでしょう。


出典:ホットペッパービューティー

 

少し長めのパーマでカール感を強く出したい場合はムースがお勧めです。

半乾きの状態でムースをもみこむと強めにパーマがでますので、おすすめです。

ナチュラルなパーマに関しては完全に乾かしてワックスをもみこむだけである程度形になるでしょう。

こちらもどちらのスタイリング剤を使うかはお好みで決めていただいて問題ないと思います。

ただパーマスタイルに関しても美容師さんの腕がかなり問われる技術になりますのでしっかりと見極めるようにしましょう。

おしゃれ坊主

このスタイルはなんといってもスタイリングが簡単なのがポイントです。

坊主寸前の長さに全体的に切り込みます。

かなり短くすることによってボリュームが少なかったり髪の毛が薄くなっていることが隠せます。

印象としては男らしい印象が強くなり男性としてはかっこよくなること間違いなし。

特に似合わない人も少ないので取りにでも挑戦しやすい髪型と言えるでしょう。


出典:ホットペッパービューティー


出典:ホットペッパービューティー

スタイリングは先ほども書いたようにかなり簡単になっています。

朝起きて少しワックスをつければ完成になります。

スタイリングがうまくない人やめんどくさがりの方にはオススメと言えるでしょう。

 

髪の毛が薄かったり細かったりする人はどうしても隠してしまいがちになってしまいます。

しかし隠すことによって男らしさは消えてしまいます。

またうまくスタイリングが出てないととてもまとまりのない髪型になってしまいます。

ここは思い切って短くするのも良いでしょう。

また短髪が似合わない人はパーマスタイルをうまく使ってボリュームを出して薄毛や細い髪の毛の悩みを脱出できるといいのではないでしょうか。

まずは何事もトライしてみる気持ちが大切です。

少しでも気になった方、この中にお気に入りの髪型は見つかったでしょうか。

スポンサーリンク