本格的に薄毛対策を考えるなら、髪の生える土台となる頭皮に気を使うべきでしょう。

毛根部に十分な栄養を与えなければ、健康な髪も生えて来ません。

髪の毛の99%は、ケラチンというたんぱく質で構成されています。

健康な髪は、ケラチンを作っているアミノ酸の統合がしっかりしているためです。

そして必須栄養素ミネラルの一種「亜鉛」も髪を構成する一つです。

今この「亜鉛」と「ノコギリヤシ」の配合によるサプリメントが注目されています。

そこで両栄養素を徹底的に解剖、本当に薄毛に効くのか検証してみました。

若ハゲドットコム・人気育毛剤ランキングTOP3
チャップアップ
日本で今もっとも売れている育毛剤

 

  • 編集部評価:98
  • 定期便価格:7,400円(税込)+送料無料
  • 成分:センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムジフェンヒドラミンHCL、その他天然成分55種類+アミノ酸15種類
  • 返金保証・特典:定期便は全てのコースで永久返金保証

 

数々の育毛剤ランキングで堂々の1位を獲得してきた、業界注目度No1の育毛剤。圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX
育毛成分リデンシルを驚異の5%配合

 

  • 編集部評価:94
  • 定期便価格:9,700円(税込)+送料無料
  • 成分:リデンシルペブプロミンα、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
編集部イチオシ!毛髪診断士・製薬会社・スカルプケアサロンの共同開発!育毛効果の高いリデンシルを製品許容量の限界である5%という最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!



※薬用プランテルEXは現在品薄状態で、次回の供給は11月下旬まで遅れるようです。現在、公式販売サイトでは予約注文のみの受付となっています。育毛を早めにしたい人は人気No1育毛剤のチャップアップもチェックしましょう!

フィンジア
スカルプケアの2大成分を豊富に配合

 

  • 編集部評価:90
  • 定期購入価格:9,980円(税込)+送料無料
  • 成分:キャピキシルピディオキシジルカプサイシン、パンテノール、ボタンなど
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
元K-1世界王者の魔裟斗氏が推薦していることでも人気の育毛剤「フィンジア」。スカルプケアの2大注目成分である「キャピシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しており、その効果の高さから楽天リサーチの調査ではスカルプ部門2冠に輝いています!また、角質層までしっかり届くので今までのスカルプケアより効果を実感できると評判です!

薬剤による男性型脱毛症の治療事情

日本の抜け毛対策を一変させた、2005年に新しく登場した、男性型脱毛症治療薬フィナステリド(商品名;プロペシア)、というのは周知のとおりです。

これまで薄毛になったら、市販の育毛剤、発毛剤に頼っていました。

それが「お医者さんで治せます」という、CMがテレビで流れ、病院皮膚科に薄毛に悩む人が殺到したのも記憶に新しい所です。

その時テレビ漫才師「爆笑問題」が、テレビCMでインパクトを与えた商品が、万有製薬のプロペシア、つまりフィナステリドです。

以来このプロペシアが、薄毛治療の主流となりましたが、今このプロペシアに匹敵する効能を持つ素材が現れ注目されています。

それがノコギリヤシです。

インディアンはハゲない!

「インディアンには、ハゲがいない」という定説があります。

確かにハゲタ、インディアンは、昔のハリウッド映画、西部劇を見ても出て来ません。

というより実際にいなかったそうです。

モヒカン族で有名なモヒカン刈り、というのが現在もありますが、あれは、天然のハゲではありません。

剃っているのです。

あの髪型は、部族の照明みたいなものでありますから、これがハゲでは様になりません。

世界でハゲの少ない民族は、中国人とインディアンとも言われています。

実際のところ、おそらくハゲの国家的な統計などはありませんでしょうから、厳密な意味では、その真偽のほどははっきりしません。

ノコギリヤシとは

「インディアンにハゲはいない」と言う根拠の一つがノコギリヤシです。

ノコギリヤシは、植物のヤシ科から抽出される天然成分です。

アメリカの先住民インディアンが、常用していたと伝えられています、薬草の一種です。

中央アメリカ、メキシコ、南米などに繁殖しており、先住民たちは、こぞって滋養強壮剤の薬草として利用していたのです。

元々、中央アメリカ、アリゾナ、メキシコでは、植物の油を昔から、石鹸として使っていた植物から抽出した、エキスなどを原料とするもので、シャンプー用として使われていたと言う説もあります。

ノコギリヤシの3つの効能

ノコギリヤシの効能として大きく分けますと、頻尿改善,精力改善、薄毛改善とされています。

ここでは、ノコギリヤシの効能の一つ、薄毛効能について考察して行きます。

ノコギリヤシは、ヤシ科の植物で、天然成分です。

したがって、適正な摂取量を守っていれば、体に負荷はありません。

実際使用して重篤になった、と言う副作用の報告はありません。

ヨーロッパでは医薬品として認可され、使用していますが、日本やアメリカでは、健康サプリメントとして使用されているのが現状です。

現在ノコギリヤシについては、厚生労働省では、食品として販売することは承認されています。

サプリメントとしてノコギリヤシ


アサヒグループ食品 ディアナチュラ ノコギリヤシwithトマトリコピン 60粒

日本でのノコギリヤシの1日摂取量の目安は、320㎎を一つの基準としています。

アメリカでは大きく違って500㎎を基準としています。

髪の治療として摂取するのであれば、このノコギリヤシにプラスして育毛成分を配合した育毛サプリメントが市販され、好評で、薄毛に悩む人に注目されていました。

しかし最も理想的と言われていますのが、ノコギリヤシ+亜鉛のサプリメントでしょう。

この亜鉛の効能と、天然成分ノコギリヤシを配合したサプリメントは、すでに市販され、人気を呼んでいるサプリメントです。

数ある育毛サプリメントの中でも今注目株は「ボストン」


出典:Amazon

現在育毛サプリメントの市場での展開は、多岐に渡ってあります。

薄毛に悩む人は、どれを選んだらいいのか、迷ってしまうのが実情と言えましょう。

どの育毛サプリメントを手にとっても、今すぐ毛が生えて来るような効能がずらりと並んでいます。

そうした中で、今注目を浴びているのが、ノコギリヤシに加え、亜鉛を配合した育毛サプリメント「ボストン」でしょう。

さらに、トウフラボンが含まれていますフィーバーフューもプラスされています。

このフィーバーフューは、パルテノライドという成分が、増毛に効果を発揮するので、育毛には最適と言われています。

男性脱毛症(AGA)の新薬プロペシアとノコギリヤシの比較


プロペシアは、元々前立腺肥大の薬として利用されていました。

その効果に対する期待もありました。

50代以上になれば、その症状が強いか、弱いか別にして、大半の男性は前立腺が肥大してきますから、その改善も狙ったわけです。

しかしプロペシアは、即効性に乏しいと言うことで、日本では薬としての認可は下りていません。

ノコギリヤシも、始めは薄毛対策の薬としてではなく、前立腺肥大の治療薬として登場したのです。

このあたりは、プロペシアとノコギリヤシは全く同じ、働きでした。

プロペシア、ノコギリヤシの副作用についての比較


プロペシアは、薄毛、脱毛に悩む人にとっては、待ちに待った育毛剤として、多くの人が期待し、治療を受けてきたのは確かです。

しかし副作用については、余り知られてはいませんでした。

男性にとって致命的と言えます「勃起不全」や「性欲低下」です。

この現象については、治療の中で、少数例が報告されていて、まれに起こると言うことです。

しかしノコギリヤシにおいては、天然成分で構成されており、こうした副作用の報告例は全くありません。

むしろ滋養強壮剤として、昔から使われた例もあり、効能の一つに精力効果があるくらいです。

プロペシアとノコギリヤシの徹底的違いはここに有ります。

薄毛に効く必須ミネラル16種の一つ亜鉛を徹底解剖


DHC 亜鉛 60日分 60粒

ミネラルは人体の機能調節や維持に、欠かせない微量栄養素です。

ビタミンが、元素から作られる有機化合物であるのに対して、ミネラルは、元素そのものと言えましょう。

ミネラルは体内で、生成することができないので、日々の食生活で、摂取する必要があります。

その働きは、ミネラルバランスが、生理機能を正常化することにあります。

人体に欠かせないミネラルのうち、16種があり、その一つが薄毛に効能を発揮する亜鉛です。

亜鉛は、味覚を清浄に保ち、生殖機能を高める共に、髪の強力な栄養素として知られています。

亜鉛摂取は、育毛対策にとって欠かせない要因でもあります。

亜鉛が不足すると薄毛の進行を促進する

亜鉛は、細胞の新生を活発化させ、骨や皮膚、髪の発育を促し、免疫力を高める作用があります。

生殖機能とも関連が深く、女性ホルモンの分泌を活性化させ、精子の形成に、必要とされています。

舌には、味雪という味を感じる細胞がありますが、亜鉛は、味雪の形成にも深く関与しています。

また亜鉛は、髪の毛の99%占めていますタンパク質を、髪の毛へと構成するための必要な栄養素でもあります。

したがってどんなに良質なたんぱく質を摂取しても、亜鉛が不足していれば、髪の毛の成長にはつながりません。

亜鉛は、薄毛、抜け毛の原因になるDHTの抑制に効能

体の中には大きく分けて、2種類の男性ホルモンが存在します。

テストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)です。

この内、DHTは、思春期以降に、悪い作用しか起こさない悪玉男性ホルモンなのです。

この悪玉男子ホルモンDHTが生み出す、5αリダクターを抑えますのが亜鉛なのです。

髪の毛にとって健康維持、促進するためには必須の栄養素と言えましょう。

現在、数ある栄養素の中でも、人間が一番不足している栄養素と言えば、亜鉛を挙げる人が多でしょう。

それだけ人間にとって重要な栄養素なのです。

髪の構成に重要な役割を果たしているケラチン

タンパク質が、髪を構成しているのが「ケラチンタンパク質」です。

このケラチンは、髪の毛の99%を占め、亜鉛が摂取したケラチンタンパク質を再構成する働きがあります。

人間の体で、亜鉛が不足すると、髪の毛が育たないのはこのためです。

細胞が分裂を繰り返し、成長し、角化した細胞の集合体では、この髪の毛を育てるために、正常な新陳代謝を促すに必要になります。

この新陳代謝をするために欠かせないのが栄養素亜鉛です。

亜鉛の作用としましては、タンパク質合成、DNA,細胞の新生、免疫機能が考えられます。

性質は、炭酸脱水酵素、乳酸脱水酵素の成分です。

亜鉛摂取の際の注意点

特に、こんな人には亜鉛摂取がお勧めです。

味覚障害がある人、性能力が低下している人、抜け毛が気になる人です。

日常の食生活において、亜鉛の不足は一般的に慢性化している傾向にあります。

食事において偏食や、加工品の傾向が強すぎると、亜鉛の不足を加速することになります。

成人の体内には、2~49の亜鉛が含まれており、鉄に次いで、全身に分布している金属元素です。

成人では、貧血や、味覚障害、皮膚炎を起こします。

男性の場合は、精子数の減少などの、性機能低下を起こす可能性もあります。

また成長期の子どもでは、成長不良も考えられます。

亜鉛を多く含む食品の数々

通常の食生活をしている分には、亜鉛の過剰摂取は起こることはあまり考えられませんが、一度に大量摂取した場合には、急性中毒を引き起こす場合もありますので、注意が肝心です。

亜鉛の1日摂取量は、成人男子で9㎎、成人女子で7㎎、小児8~7㎎、高齢者で8~7㎎、上限としては、30㎎が一つの目安となります。

亜鉛を多く含む食品としては、

魚介類

カキ、タラバ・缶,どじょう

肉類

和牛・肩、豚レバー

豆類

レンズ豆、そら豆・乾、大豆・乾

 

などがあります。