※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

近年では、女性の薄毛が急増していると報告されていますが、それでも男女の発症頻度には大きな差異があります。これは、男性ホルモンと密接な関係があるからです。薄毛と男性ホルモンとの関係について迫っていくことにします。

薄毛とは?

薄毛は、髪の毛全体のボリュームが徐々に足りなくなり、頭皮が露出してしまう状態のことです。身体の健康に直接的な影響はありませんが、外見は大きく様変わりしてしまいます。このために、精神的にはかなりのダメージを受けてしまうので、不調をきたす人も少なくはありません。

なお、薄毛は様々な種類がありますが、大きく分類すると急激に進行するタイプと徐々に進行するタイプの2種類に分けることが出来ます。前者の代表が円形脱毛症で、後者の代表が男性に多く見られるAGAです。これらの罹患者数は、前者が10万人~20万人、後者は1,000万人~2,000万人と考えられています。つまり、徐々に進行するタイプの薄毛が圧倒的に多いということです。

ちなみに、円形脱毛症は自分の防御機能が誤作動を起こし、毛根部分を攻撃してしまう自己免疫性疾患という見方が主流となっていますが、何が原因で誤作動を起こすのかについては明確ではありません。これに対して、AGAは男性ホルモンが原因で発症することが明らかとなっています。

AGAの基本的な内容

AGAは、Androgenetic Alopeciaの略語で、日本語に訳すると男性ホルモン型脱毛症という意味になります。皮膚科学の社団法人日本皮膚科学会が2,010年に作成した診療ガイドラインによると、疾患概念は以下の通りです。

毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり、休止期にとどまる毛包が多くなることを病態基盤とし、臨床的には前頭部と頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象である。休止期脱毛と異なり、パターン化した脱毛が特徴である。

引用:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf
ちなみに、上で述べられている前頭部から頭頂部とは、言い換えれば生え際から天辺部分のことです。つまり、AGAとはM字ハゲやO字ハゲと呼ばれている状態のことで、男性の薄毛の大部分が該当しています。

男性ホルモンが原因で発症する脱毛症

AGAは、思春期以降に始まり、徐々に進行する脱毛症です。これは、この時期に男性ホルモンのテストステロンの分泌量が急増することが関係しています。このテストステロンは、筋肉や骨の発育を促し、ひげや胸毛などの体毛を濃くするという役割を担っている物質です。

この物質の一部が、特殊な還元酵素に変換されたことで、DHTという物質が生産されます。このDHTが、毛根内部の毛乳頭細胞の受容体アンドロゲンレセプターと結合することにより、トランスフォーミング増殖因子(TGF-β)を誘導します。

このTGF-βこそが脱毛因子で、脱毛指令を発信するFGF-5というたんぱく質に情報が伝達されます。これにより、髪の毛の成長の核の部分である毛母細胞の分裂が抑制されてしまい、ヘアサイクルにおける成長期が短縮されてしまいます。

ちなみに、正常な状態であれば、成長期は約3年~5年間は続くのですが、AGAの場合の成長期は半年~1年程度と考えられています。つまり、長く伸びることなく抜けてしまうので、このような髪の毛が占める割合が多くなれば、当然ボリュームが不足した状態になります。

また、DHTは皮脂腺を活性化する作用があるので、頭皮の皮脂が過剰となります。これにより、頭皮には細菌が繁殖しやすい状況となり、ニキビや炎症もできやすくなります。これらが、毛根に対して大きな負担をかけてしまうので、徐々に機能不全の状態となり、髪の毛が完全に生えなくなるハゲと呼ばれる状態にまで進行します。

薄毛の男性の多くがオイリーなのは、このような仕組みによるもので、この皮脂のダメージによりM字ハゲやO字ハゲとなってしまうのです。なお、最終的な状態に進行するのは40歳代以降が一般的ですが、それよりも若い年齢でハゲてしまうケースもあります。

原因物質のDHT

AGAは、国や人種により発症率には違いがあります。日本人男性の場合の発症頻度は約30%で、年齢別にみると20歳代約10%、30 歳代20%、40 歳代で30%、50 歳代以降40 数%という内容です。このように加齢により割合が高くなるのは、DHTの作用が関係しています。

DHTは、テストステロンをサポートするという役割も担っている物質で、男性生殖器の発育にも関与しています。その活性力は非常に強力で、テストステロンの10倍とも言われています。これは、分泌量が少ないということが関係しており、少量でテストステロンの代わりを務めなくてはならないからです。

このために、加齢によりテストステロンの分泌量が低下すれば、DHTの影響力はますます強くなります。これが、AGAの発症率が年齢を重ねるにつれて高くなる理由で、若い時に大丈夫だったからといって安心することは出来ません。


男性ホルモンが原因の薄毛を治す方法

男性ホルモンが薄毛にどのように関係しているのかは、お分かりいただけたと思います。この節では、男性ホルモンが原因で発症するAGAを治す方法について説明していくことにします。


プロペシア

AGAの治療は、実は10年以上前からスタートしています。これは、2,005年にプロペシアという内服薬が、厚生労働省により承認されたからです。承認する前に行われた国内の臨床試験では、1日1mgを投与したところ、軽度改善以上の効果が58%に、不変以上の効果は実に98%に認められています。

なお、このプロペシアの作用機序は、Ⅱ型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するという内容で、頭皮や頭髪に対しての直接的な作用はありません。このために、飲む育毛剤などと表現されていますが、AGA以外の脱毛症に対しては全く無効です。

ちなみに、プロペシアが活性を阻害するⅡ型5αリダクターゼとは、AGAの原因物質DHTの生産に関与している還元酵素です。この還元酵素が、テストステロンと結合することにより、DHTに変換されるという仕組みです。つまり、Ⅱ型5αリダクターゼを阻害するということは、DHTの生産が抑制されるということです。

これにより、ヘアサイクルが正常な状態に回復するので、髪の毛は再び長く伸びるようになります。これが、プロペシアにより、AGAが改善される理由です。日本だけではなく、世界60か国以上で利用されており、多くの男性の悩みを解消しています。

ザガーロ

プロペシアが厚生労働省に承認されてから10年が経過した2,015年に、新しいAGA治療薬が登場しています。これは、ザガーロという内服薬で、有効成分はデュタステリドです。プロペシアと同様の5αリダクターゼの活性阻害剤ですが、その作用はさらに強力になっています。

なお、プロペシアはⅡ型5αリダクターゼのみに作用するのですが、ザガーロはⅠ型も阻害します。また、Ⅱ型に対しても3倍強く作用すると言われており、かなり効率的にDHTをブロックする効果を期待できます。

さらに、ザガーロは長く作用するということも特徴で、有効成分の血中濃度が半分に減退するまでの時間を示す半減期は、プロペシアが3時間~4時間30分なのに対して、何と3週間~5週間です。

一方、このように強力な効果が発揮される分、副作用が起こることも報告されています。その内容は、以下のようなものです。

120例の非盲検試験(以下 臨床試験)でザガーロが投与された総症例120例の内、20例(16.7%)に臨床検査値以上を含む副作用が報告されました。主なものとして勃起不全13例(10.8%)、リビドー減退10例(8.3%)、射精障害5 例(4.2%)となっています。

引用:http://www.men-coco-coco.com/single-post/2015/11/07/%E3%82%B6%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AD%EF%BC%88%EF%BC%A1%EF%BC%A7%EF%BC%A1%E6%B2%BB%E7%99%82%E8%96%AC%EF%BC%89%E3%81%AE%E8%87%A8%E5%BA%8A%E8%A9%A6%E9%A8%93%E3%81%A8%E5%89%AF%E4%BD%9C%E7%94%A8
このように、効果が期待できる反面リスクを伴うということは、この治療薬のかなりのマイナスポイントです。特に、性機能に関しての問題が中心ということで、若い年代の人向きの治療薬ではないようです。すでに、子作りが終了した状況にある人以外は、使用しない方が良いかもしれません。

ノコギリヤシ

プロペシアやザガーロは医薬品であり、AGA治療を行っているクリニックでのみ処方されています。このために、入手するためには診察を受けなければならないということです。薄毛を人前でさらすということに抵抗を感じる人にとっては、かなり高いハードルとなります。

そこでオススメなのが、ノコギリヤシという天然ハーブです。欧米では医薬品として使用されているのですが、国内では未承認です。このために、商品として提供されているのは全て健康食品としてであり、簡単に入手することが出来ます。

ちなみに、ノコギリヤシの作用機序はザガーロとほぼ同じで、Ⅰ型とⅡ型の両方の5αリダクターゼの酵素活性を阻害するというものです。ただし、それほど強力に作用するものではないので、副作用に関しては心配しなくても大丈夫です。基本的にマイルドな内容であり、若い世代でも利用できます。

なお、ノコギリヤシを古くから食用や薬用として利用してきたネイティブアメリカンは、日本人と人種的には極めて近いグループでありながら薄毛の発症率は10分の1未満です。これは、ノコギリヤシの作用によるものと推測されています。

まとめ

このように、男性ホルモンが原因の薄毛に対しては、様々な種類の予防策があります。このために、以前のように諦めるしかないという状態ではありません。特に、初期の段階であれば、適切に対処することにより、かなりの高確率で元の状態に回復させることが可能です。

ただし、副作用の危険があるので、効果だけを求めるのは適当ではありません。髪の毛と引き換えに、健康を失っては何もならないからです。特に、影響を受けるのが性機能という点はしっかりと認識しなければなりません。

【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。

編集部おすすめ厳選記事はこちら

おすすめの記事