若ハゲドットコム・人気育毛剤ランキングTOP3
チャップアップ
日本で今もっとも売れている育毛剤

 

  • 編集部評価:98
  • 定期便価格:7,400円(税込)+送料無料
  • 成分:センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムジフェンヒドラミンHCL、その他天然成分55種類+アミノ酸15種類
  • 返金保証・特典:定期便は全てのコースで永久返金保証

 

数々の育毛剤ランキングで堂々の1位を獲得してきた、業界注目度No1の育毛剤。圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX
育毛成分リデンシルを驚異の5%配合

 

  • 編集部評価:94
  • 定期便価格:9,700円(税込)+送料無料
  • 成分:リデンシルペブプロミンα、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
編集部イチオシ!毛髪診断士・製薬会社・スカルプケアサロンの共同開発!育毛効果の高いリデンシルを製品許容量の限界である5%という最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!



※薬用プランテルEXは現在品薄状態で、次回の供給は11月下旬まで遅れるようです。現在、公式販売サイトでは予約注文のみの受付となっています。育毛を早めにしたい人は人気No1育毛剤のチャップアップもチェックしましょう!

フィンジア
スカルプケアの2大成分を豊富に配合

 

  • 編集部評価:90
  • 定期購入価格:9,980円(税込)+送料無料
  • 成分:キャピキシルピディオキシジルカプサイシン、パンテノール、ボタンなど
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
元K-1世界王者の魔裟斗氏が推薦していることでも人気の育毛剤「フィンジア」。スカルプケアの2大注目成分である「キャピシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しており、その効果の高さから楽天リサーチの調査ではスカルプ部門2冠に輝いています!また、角質層までしっかり届くので今までのスカルプケアより効果を実感できると評判です!

M字ハゲとは!?

やけに抜け毛が多くなってきた!
と感じたら、もしかしたらM字ハゲかもしれません。

厳密に言いますとそれはM字ハゲではありません。
ハゲというのは髪の毛が全くなくなった状態です。
医学的には脱毛症といいます。
M字ハゲを引き起こすのは主に、男性型脱毛症です。

脱毛症にはいくつか種類があります。
若い女性やお子さんが丸く脱毛すれば、円形脱毛症の可能性があります。

閉経に伴って髪の毛を守っているエストロゲンが少なくなると起きるびまん性脱毛症は髪の全体が薄くなります。
そして、結んだところが抜けていくのは引っ張りによる牽引性脱毛症の可能性があります。

後は薬による薬剤性脱毛症、皮脂が増え細菌が異常繁殖する脂漏性脱毛症、
ふけが出てうろこ状になるひこう性脱毛症などがあります。

M字ハゲの原因

①血流が悪い
もともと頭皮には筋肉がないので、血流が悪くなりやすい部分です。
運動不足など、何らかの理由で体の血流が悪くなると、頭皮まで栄養を運びにくくなります。
血は心臓から送られているので、心臓からの距離が遠いほど血の流れが滞りやすいです。
手や足も心臓から距離があるので、冷えやすい理由の一つになります。
血行不良になるのは、喫煙や運動不足・ストレスなどにも関わりがあるので、いつの間にか症状が悪化していることもあります。
頭皮の症状は固く張りがあるので、さわって確かめられてください。

②皮脂が多すぎる

必要以上に皮脂が分泌されると頭皮の毛穴が詰まるので、髪の成長が悪くなります。
毛根から出るはずの汗も毛穴の中に留まり、ダメージが蓄積され、抜け毛が増えてしまいます。
頭皮が皮脂でコーティングされた状態になると、臭いが出るようになります。
いわゆるオヤジ臭というやつですね。。
髪は抜ける上に、頭皮は臭くなる、、、このような状態になったら早めの対策が必要です!

③男性型脱毛症(AGA)

M字ハゲは、典型的な男性型脱毛症(AGA)の一つです。
一番可能性が高いのは、コレですね^^;
体内で生成される5αリダクターゼが、男性型脱毛症(AGA)の原因となるDHT(ジヒドロテストステロン)を生み出すことで、薄毛・抜け毛が進行してM字ハゲになります。
悪化すると、M字だけでなく頭頂部からも薄毛が始まり、最終的には側頭部だけ髪が残ります。
男性型脱毛症は、放置していても治るものではないので、早急な対策が必要になります。

AGAには要注意

生え際から薄毛になるのは、男性型脱毛症(AGA)の典型的な症状のひとつです。
原因は、大きくわけて5つあります。
1:男性ホルモン
「テストステロン」という男性ホルモンと「5α-リダクターゼ」という還元酵素が体内で化学反応を起こすと、発毛に悪影響を与える「DHT(ジヒドロテストステロン)」が発生します。毛根を萎縮させてしまうため、髪の成長を抑制し脱毛しやすくなります。
2:遺伝
最近、AGAの人は男性ホルモン(アンドロゲン)の受容体遺伝子に特徴があるということがわかってきました。この遺伝子は、X染色体という性染色体で母親から受け継がれるため、母方のおじいちゃんが薄毛だと薄毛になる可能性があるかもしれません。
3:ストレス
過度なストレスは発毛に影響します。
4:生活習慣の乱れ
栄養バランスの悪い食事や喫煙習慣、睡眠不足など乱れた生活習慣も薄毛の原因に。
5:間違ったケア
「洗いすぎ」などの間違ったシャンプーなどのヘア
毛髪は、大きく分けて成長期、退行期、休止期というヘアサイクル(毛周期)を繰り返しています。そして毛根への刺激などにより、このヘアサイクルの成長期が短くなると、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまうのです。
男性ホルモン「テストステロン」と頭皮に存在する酵素の一種「Ⅱ型5αリダクターゼ」が結合すると、「5α-DHT」というM型薄毛の原因となる男性ホルモンに変換されます。薄毛の原因は、その変換された「5α-DHT」という、毛髪を生み出す毛母細胞を萎縮させるより強力な男性ホルモンが毛根を刺激して、ヘアサイクルの成長期を短縮させてしまうことによるものが大きいといわれています。
M字型薄毛の対策では、男性ホルモンのバランスを保ちヘアサイクルを正常に整えること、それから血行をよくすることが肝心です。
男性ホルモンのバランスを保つためには、牡蠣やレバーに多く含まれる「亜鉛」や、大豆食品に多く含まれる「イソフラボン」などを毎日の食事に積極的に摂り入れることが大切です。また、ストレスをためないように心がけ、質の高い睡眠をとるなど生活習慣を改善することも重要。さらに、血行をよくするために、頭皮マッサージやヘッドスパ、運動なども取り入れましょう。
育毛剤を使用する際には、自分の薄毛タイプに合った有効成分の入った育毛剤を選び、必要な栄養を補うようにしてください。

M字ハゲの対策!

①M字ハゲ専用の育毛剤を使う

薬用プランテルは、M字型に悩む方におすすめする育毛剤です。
メインとなるセンブリエキス、セファランチン、グリチルリチン酸2Kの3種類の育毛成分が脱毛を防止、血流促進・発毛促進をさせて、乱れたヘアサイクルに働きかけます。
ヒオウギエキスや牡丹エキスをはじめとした7種類の自然由来の成分を配合しており、着色力や香料は使用していません。そのため、頭皮や毛髪にダメージを与えることなく成分をしっかり届けます。
また、育毛剤だけではなく、内面からも環境を整えるためにプランテルサプリを販売しており、中からも外からも髪に働きかけてくれます。
シュッと吹きかけるスプレータイプなのでおでこ周辺に使いやすいです。髪から離して使うと頭皮ではなく髪に液体がかかってしまうので地肌になるべく近づけて使うのがポイントです。
毛髪を育てる土壌である頭皮を、過剰な化学物質で汚染する事はできません。育毛とは短期的に生えれば良いというものではなく、長く安定的に育くんでいけることが重要だと考えるからです。
だからこそプランテルシリーズでは安心してしっかり使える植物由来成分を厳選して配合。
自然との親和性こそが、確かな結果を残します。

②AGA対策用の薬の服用

AGA対策の手段として服用するタイプの育毛剤も存在します。

主にプロペシアなどが有名です。

プロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年10月11日に製造販売承認を取得し2005年12月14日より国内にて発売開始されております。「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があります。剤形は円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフィルムコーティング剤です。

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」です。 この成分は5α還元酵素阻害薬という分類のお薬で同じ分類のお薬としてプロスカー(フィナステリド 5mg)の前立腺肥大のお薬がございます。これらのお薬は、アメリカテキサス州~メキシコに自生するノコギリヤシという植物の薬効成分を研究してできた化学合成品です。

国内の臨床試験ではプロペシア1mgの1年間投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が認められています。
またプロペシア1mgの1年間投与により40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が認められております。改善効果及び維持効果を合算すると、プロペシア1mgは98%以上の方に効果のあるデータがあります。

ただし、20歳未満での安全性及び有効性は確立されていないことから、未成年に対してプロペシアの処方はできません。
女性に対する適用はありませんので、女性に対してプロペシアの処方はできません。
妊婦、妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性はプロペシアを服用しないでください。

3ヶ月の連続投与により効果が発現する場合もありますが、効果が確認できるまで通常6ヶ月以上の連続してのプロペシア服用が必要である。
効果を持続させるためにはプロペシアを継続的に服用する。つまり服用し続けた結果、効果があっても服用を中止すると効果は無くなり症状が進行します。

③病院で植毛する

「植毛」とは、頭皮に毛髪を植え込む施術法で、外科手術を行う医療行為に当たります。合成繊維で作られた人工毛を植え込む「人工毛植毛」と、自分の髪を移植する「自毛植毛」がありますが、ここでは自毛植毛についてのみ解説していきます。
「男性型脱毛症(AGA)」の原因は男性ホルモンの影響ですが、後頭部や側頭部の髪は、この男性ホルモンの影響を受けにくいため、薄毛になりにくいという性質があります。この性質を利用し、自毛植毛では、後頭部などの毛髪を頭皮ごと切り取り、細かく株分けしてから、髪が薄くなっている部分に移植することで増毛をはかります。
移植した髪が定着すれば、他の髪と同じように伸び、たとえ抜けてもまた生えてくるようになります。そのため、一度自毛植毛をすれば、その後のメンテナンスは必要ありません。また、自分の髪を使うので、仕上がりも自然になります。
ただし、メスを使う自毛植毛(FUT法)の場合は、頭皮に傷跡が残ってしまいます。また、自分の頭髪を使うため、一度に植毛できる量には限りがあり、何度も施術を受けなければならない場合もあります。さらに、移植された髪は、一旦抜け落ちてから生えてくるため、生え揃うまでには6か月〜9か月程度かかります。
それぞれのメリット、デメリットをしっかり知ったうえで対策するようにしましょう。