薄毛は、年齢を重ねるほど全体に対しての割合が高くなる症状で、基本的には老化現象の一種と考えられています。ただし、老人になったからといって全員がハゲてしまうというわけではなく、80歳を超えていてもフサフサの人もいます。

逆に、若いからといって薄毛とは全く無関係というわけにもいきません。10代で進行しているケースも実際にあるからです。頭髪は健康とは直接関係はないので、ハゲているからといって病気になるわけではありませんが、精神的にはかなりのダメージを受けることになります。

これは、10代でハゲているというケースは、非常に少ないために、必要以上に目立ってしまうからです。そこで、これから10代で悩みを抱えている人のために、ハゲてしまう原因と改善する方法について説明していくことにします。

若ハゲドットコム・人気育毛剤ランキングTOP3
チャップアップ
日本で今もっとも売れている育毛剤

 

  • 編集部評価:98
  • 定期便価格:7,400円(税込)+送料無料
  • 成分:センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムジフェンヒドラミンHCL、その他天然成分55種類+アミノ酸15種類
  • 返金保証・特典:定期便は全てのコースで永久返金保証

 

数々の育毛剤ランキングで堂々の1位を獲得してきた、業界注目度No1の育毛剤。圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX
育毛成分リデンシルを驚異の5%配合

 

  • 編集部評価:94
  • 定期便価格:9,700円(税込)+送料無料
  • 成分:リデンシルペブプロミンα、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
編集部イチオシ!毛髪診断士・製薬会社・スカルプケアサロンの共同開発!育毛効果の高いリデンシルを製品許容量の限界である5%という最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!



※薬用プランテルEXは現在品薄状態で、次回の供給は11月下旬まで遅れるようです。現在、公式販売サイトでは予約注文のみの受付となっています。育毛を早めにしたい人は人気No1育毛剤のチャップアップもチェックしましょう!

フィンジア
スカルプケアの2大成分を豊富に配合

 

  • 編集部評価:90
  • 定期購入価格:9,980円(税込)+送料無料
  • 成分:キャピキシルピディオキシジルカプサイシン、パンテノール、ボタンなど
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
元K-1世界王者の魔裟斗氏が推薦していることでも人気の育毛剤「フィンジア」。スカルプケアの2大注目成分である「キャピシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しており、その効果の高さから楽天リサーチの調査ではスカルプ部門2冠に輝いています!また、角質層までしっかり届くので今までのスカルプケアより効果を実感できると評判です!

ハゲる仕組み

頭髪は、毛根内部の毛母細胞が分裂することにより、男性は3年から5年、女性は4年から6年の間、1か月に約1cmというペースで成長します。そして、その後毛母細胞の活動が低下する退行期、活動が完全に停止する休止期の順番に移行し、寿命を迎えて抜け落ちることになります。

毛根が健康的に機能している場合は、すぐに毛母細胞の活動が開始されるので、新しい頭髪の成長が再開されます。つまり、成長期、退行期、休止期を繰り返すということです。これは、毛周期(ヘアサイクル)と呼ばれており、正常なペースで移行している限り頭髪は健全な状態を保つことが出来ます。一方、これが乱れてしまうことが原因で発症するのが、脱毛症と呼ばれる症状です。

具体的には、成長期が極端に短くなり、休止期の状態が長くなるという内容です。つまり、頭髪が短い状態で抜けてしまう上に、生え変わりにも時間がかかることになります。すると、本数が不足してしまうので、全体的なボリュームが足りなくなってしまいます。

ちなみに、毛周期が狂わされてしまう原因は様々ですが、最も多いのが男性ホルモンが変化したDHTという物質によるものです。この物質が原因の脱毛症のことはAGAと呼ばれており、男性の薄毛の大部分を占めています。これは、10代の若ハゲでも同じであり、改善するためにはこの症状に対してのアプローチが基本となります。

10代のAGA対策の概要

AGAの原因物質DHTは、男性ホルモンのテストステロンが変化したもので、生え際から頭頂部にかけての毛根や前立腺など、特殊な部分にのみ存在している還元酵素5αリダクターゼが関与しています。このために、現在行われているAGA治療では、DHTの生産を抑制することを目的として、5αリダクターゼの活性を阻害するというアプローチが主流です。その中で最も広く知られているのが、飲む育毛剤とも呼ばれているAGA治療薬プロペシアです。

この内服薬は、日本だけではなく世界60か国以上で使用されており、現在のAGA治療における国際的なスタンダードとなっています。厚生労働省による臨床試験では、被験者の98%に不変以上の効果が表れたことが確認されており、AGAの進行を高確率で食い止めることが出来ます。

ところが、10代の場合は安全性について確認されていないという理由からプロペシアを使用することは禁止されており、どこの病院であっても処方されることはありません。このために、これ以外の方法でAGAへの対処が必要となります。これが、成人のAGA治療との一番の違いで、10代の薄毛の特殊性です。それでは、どのような方法で対処すればよいのでしょうか?次節以降、具体策について見ていくことにしましょう。

10代のAGA対策の方法

1.育毛剤

プロペシアを服用できない10代のAGAに対しては、副作用の危険がない育毛剤の使用が最も適当です。ただし、どれを選んでも良いというわけではなく、AGAに対して効果的な成分を配合している商品を選択しなくてはなりません。

具体的には、ヒオウギエキス、大豆エキス、オウゴンエキス、ビワ葉エキスなどの成分を配合している育毛剤が該当します。これらの成分にはDHTを抑制する作用があるので、薄毛の進行を食い止める効果を期待できます。また、これらはいずれも天然由来の植物原料から抽出しているので、プロペシアのように副作用が生じる心配はありません。

2.イソフラボン

AGA対策は、育毛剤だけではなく、食品やサプリの摂取による方法も可能です。基本的な仕組みは育毛剤と同じで、DHTの生産を抑制するという内容です。特におすすめなのが、納豆や豆腐などの大豆性食品に含まれているイソフラボンという成分を摂取するという取り組み方です。

また、唐辛子に含まれているカプサイシンと同時に摂取することにより、さらに有効性が高まるという理論も提唱されています。この理論を提唱した大学教授は他の論文の捏造が発覚して退職してしまったために、カプサイシンとイソフラボンの育毛効果についても疑問を持たれていますが、少なくとも身体に悪影響が生じるような危険性はないので、実践すること自体に問題はありません。

何よりもこの方法はお金がかからないということが魅力で、中学生や高校生など経済的に余裕がない人には特におすすめです。

3.たんぱく質

たんぱく質は、頭髪の材料として使用されている栄養素で、欠かすことが出来ない存在です。しかも頭髪のために利用されるのは一番最後であり、少しでも不足すると真っ先に悪影響が及ぶことになります。特に10代は筋肉や骨格の形成のために大量に消費されるので、かなり意識的に摂取することを心掛けなくてはなりません。

ちなみに、たんぱく質の具体的な摂取量はどの程度かというと、体重と同じ数字のグラム数が目安となります。つまり、体重が50キログラムの場合は50グラムで、60キログラムの場合は60グラムということです。ちなみに、食品だけでクリアするのが難しい場合は、プロテインサプリを利用するという方法が効果的です。

4.亜鉛

亜鉛はたんぱく質を合成する際に必要となるミネラルで、育毛には欠かすことが出来ない栄養素です。また、AGAの原因物質を阻害するという効果もあるので、発毛促進と脱毛防止の両方の効果を得られるということになります。

ちなみに、亜鉛を多く含んでいる食品としては、牡蛎、ビーフジャーキー、豚レバーなどがあります。反対に、インスタント食品などの加工食品やスナック菓子にはほとんど含まれていません。このために、これらが食生活の中心を占めているような場合は、亜鉛不足により薄毛に拍車がかかることになります。

なお、栄養素は複合的に作用するので、薄毛を何とかしたいからといって亜鉛だけを摂取するのは効果的ではありません。ミネラルの吸収率を高めるビタミンCやEなどの栄養素を同時に摂取するのが有効です。

5.シャンプー

10代は、テストステロンの分泌量が急激に増加するので、それに伴い皮脂腺の活動も活発になります。これが、この時期にニキビが大量に発生する原因です。具体的には、増加した皮脂を餌にしてアクネ菌などの常在細菌が増殖することにより、炎症を引き起こすという仕組みです。

AGAは、DHTの作用により皮脂の分泌量が過剰となるので、通常よりもさらにニキビが出来やすくなり、特に頭皮に集中して発生します。これにより毛穴が塞がれた状態になるので、薄毛や抜け毛の原因となります。これを改善するためには、毎日の頭皮ケアが重要であり、適切なシャンプーを選ばなくてはなりません。

ただし、洗浄力の強すぎるシャンプーを使用すると、皮脂の分泌量はますます過剰となります。これは、皮脂が不足していると感知することで誤作動を起こすからです。このために、頭皮環境を正常化するためには、アミノ酸系などの低刺激なシャンプーが適当ということになります。

AGA以外の若ハゲへの対策

薄毛の大部分はAGAですが、これ以外が原因というケースも存在しています。この節では、それらの内容と改善する方法についてを中心に紹介します。

円形脱毛症

AGAは広い範囲が薄毛になるのに対して、円形脱毛症は局所的に発症する症状です。10代での発症者数は10,000人~20,000人程度と考えられており、そのうちの大部分は1年未満で改善すます。ただし、治癒が難しい悪性の症状に発展するケースも0%ではありません。

このために、軽く考えるのではなく、すぐに医療機関で診察を受けなくてはなりません。また、この症状は自己免疫疾患と考えられており、自己流の治療で手に負える問題ではないので、専門家に任せるのが適当です。

神経性脱毛症

10代は青春真っ盛りということで、楽しいことばかりと思われがちですが、感受性が鋭い時期でもあり、強いストレスを受けるケースもあります。このストレスが原因で頭髪が抜けてしまう症状は、神経性脱毛症と呼ばれています。

この症状も円形脱毛症と同様に、専門医の診察を受けるという方法が最も適当です。医師に診てもらうということ自体が安心感につながり、ストレスが緩和されるからです。また、症状に対して正しい知識が身につくので、今後の予防という意味でもメリットを享受できます。

 

まとめ

10代は見た目が気になる年齢ということで、ハゲを受け入れるのは簡単ではありません。必要以上に人目を気にするようになった結果、行動範囲が極端に狭くなってしまうというケースも少なからず報告されています。これでは、将来にまで悪影響が及ぶことになるので、早急な対策が必要となります。

ただし、現在では薄毛に対しての様々な解決策が提示されており、諦めるしかなかった時代とは明確な違いがあります。このために、それほど深刻に悩まなくても良いということを、知っておくことが必要です。

最終的な結論として言いたいのは、10代のハゲは高確率で治せるということです。適切な知識に基づき、正確に行動することにしましょう。