若ハゲドットコム・人気育毛剤ランキングTOP3
チャップアップ
日本で今もっとも売れている育毛剤

 

  • 編集部評価:98
  • 定期便価格:7,400円(税込)+送料無料
  • 成分:センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムジフェンヒドラミンHCL、その他天然成分55種類+アミノ酸15種類
  • 返金保証・特典:定期便は全てのコースで永久返金保証

 

数々の育毛剤ランキングで堂々の1位を獲得してきた、業界注目度No1の育毛剤。圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX
育毛成分リデンシルを驚異の5%配合

 

  • 編集部評価:94
  • 定期便価格:9,700円(税込)+送料無料
  • 成分:リデンシルペブプロミンα、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
編集部イチオシ!毛髪診断士・製薬会社・スカルプケアサロンの共同開発!育毛効果の高いリデンシルを製品許容量の限界である5%という最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!



※薬用プランテルEXは現在品薄状態で、次回の供給は11月下旬まで遅れるようです。現在、公式販売サイトでは予約注文のみの受付となっています。育毛を早めにしたい人は人気No1育毛剤のチャップアップもチェックしましょう!

フィンジア
スカルプケアの2大成分を豊富に配合

 

  • 編集部評価:90
  • 定期購入価格:9,980円(税込)+送料無料
  • 成分:キャピキシルピディオキシジルカプサイシン、パンテノール、ボタンなど
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
元K-1世界王者の魔裟斗氏が推薦していることでも人気の育毛剤「フィンジア」。スカルプケアの2大注目成分である「キャピシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しており、その効果の高さから楽天リサーチの調査ではスカルプ部門2冠に輝いています!また、角質層までしっかり届くので今までのスカルプケアより効果を実感できると評判です!

富士額って?

小さな頃からクラスメートに“デコピン”され続けてきたあなた…広いおでこがコンプレックスではありませんか?!しかし、そのおデコ、実は日本人の美の象徴である「富士額」と呼ばれるものなのです。幼い頃のあだ名は「デコ!」でも、大人になったらその広いおデコを活かして、イケメン&美女になることができちゃいます。ここではあなたの富士額を武器に、かっこよくなれる髪型を研究しましょう!

富士額とは、書いて字のごとく“富士山のような台形の形をしたおデコ”のこと。女性への褒め言葉として「あなた、キレイな富士額ね」なんていう年配の方はいらっしゃいますが、男性ではなかなか言われない&自覚のない部分でもあります。

そもそも富士額が認識され始めたのは、遠い昔・江戸時代。古いおとぎ話や浮世絵を見ていると、美しいとされる人物は皆、富士額であることが見てとれます。はるか昔から受け継がれてきた日本の美、そんな美しさを持って生まれたのであればイケメンになれるポテンシャルは無限大!昨日までは「デコ」呼ばわりされていたあなたも、今日からはイケメンへの仲間入りを果たすことができるのです。

富士額とM字ハゲは同じものなのか?

富士額は決して“M字ハゲ”のことではありません。M字ハゲはおデコの両サイド・“剃り込み部分”の毛が後退&薄くなっていく症状です。前から見るとM字に見えることから、「M字ハゲ」と呼ばれています。

富士山のような美しい台形おデコも、一見M字ハゲの予兆のように思えてしまうかもしれません。しかし、あなたの富士額が生まれつきな場合、決してハゲ易いというわけではないのです。「おデコの広い人=ハゲる」という都市伝説は、化学的に証明されているものではないからです。

富士額は遺伝などから受け継ぐ生まれつきなもの、そしてM字ハゲは後天的に髪の毛が薄くなる“男性型脱毛症(AGA)”の症状です。もちろんハゲてしまうのは遺伝的な物もありますが、中にはストレスや間違ったケアなどその理由は人それぞれであります。

富士額に似合う髪型20選!

ここからは、富士額の男性に似合うヘアスタイルの特徴を挙げていきます。真っ先におすすめしたいのが、チャームポイントであるおデコを出してしまう“かき上げスタイル”です。髪の毛がショート~長めな男性向け!

“かき上げスタイル”は前髪が決め手。スッキリと上げておデコをしっかりと見せたり、前髪をあらゆる方向に流して表情に変化をつけることもできます。

おすすめはかきあげスタイル!

前髪をザックリとセンターパーツで分けて、中央部分を上にかき上げたスタイルです。後頭部から前方に向かってウルフのように立たせることで、富士額がキレイに見えます。両サイドの前髪が下りているので、広いおデコを視覚効果で狭く見せてくれます。

短めでも毛流れを作ってあげればこなれたオシャレができます☆
まとまりすぎない前髪の動きがポイントです^^
耳まわりはもちろんスッキリさせましょう!
クセがない直毛さんはパーマをかけてあげないと毛が流れにくいかもしれません…。
多少クセがあればカットだけで流れるように仕上げることができます!

続いてはセンターパーツと呼ばれるスタイル。

広いおデコにかかる前髪はとってもセクシー。自分に一番似合うポイントで前髪を分けて、「富士額×顔にかかる前髪×大人っぽい表情」を手に入れちゃいましょう。
「大人っぽい雰囲気を出したい!」「子供っぽい表情がコンプレックス」という男性は、あえて髪の毛を長めに伸ばしてアダルティーな雰囲気を手に入れることができます。前髪をパックリと真ん中で分ける従来のセンターパーツは古臭いですが、自分の表情が活きるポイントを探すことで個性的&イマドキなスタイルになりますよ。

前髪を耳から前下がりになるようにカット。サイドの内側は毛量に合わせて短めにカットしてボリュームを調整します。バックは四角く残ったシルエットが男らしさを強調してくれます。
前髪をセンターパートで分けて、ジェルワックスをもみ込むだけ。コーミングして整えるとよりモード感が出ます。

続いては、厚め前髪のスタイル!

「どうしてもおデコを見せたくない!」という富士額の男性は、あえて厚めバングな前髪を作りましょう。広いおデコを隠すことが目的で前髪を作ると、中途半端なお粗末スタイルになってしまうので,ガッツリと重め&厚めな前髪にするのがイマドキ風に見せるポイントです。
富士額な広いおデコで前髪を作ると、生えグセがついているとスタイリングが難しくて、せっかくヘアスタイルを変えても途中で手に負えなくてギブアップしていまいます。そんな人には、予め厚めな前髪を作っておくことで、髪の毛の重たさで自然におデコに降りてくる重力を利用しましょう。

このくらいしっかりと前髪を作ってしまうと、「おデコ隠してます感」がなくなって、オシャレな重めバングスタイルになります。前髪の量や重たい感じが気になる人は、軽めのカラーを入れたりポイントパーマをかけて毛先が遊ぶようにクセづけると、顔の表情が華やぎます。

そして、ベリーショートも捨てがたいスタイルになってます。

スッキリ&キリっとした顔つきの男性は、おデコの広さを気にせずに潔くベリーショートにすると男前度があります。特に髪の毛のケアやセッティングが苦手な不器用さんは、ベリーショートにすることで、あらゆる悩みを一気に解決!
ベリーショートと聞くと「坊主頭?」なんて想像してしまいますが、このように分け目を付けるとお仕事スタイルにだってマッチング!柔らかい毛質の人なら、ベリーショートでもワックスやジェルで毛流れを作ることができます。髪の長さは全体を同一の長さにするのではなく、前髪からトップの髪の長さは長めにキープしておくと、あらゆるスタイルを楽しめます。プライベートで遊ぶ時には、いつもは寝かせている前髪を立てたりかき上げたりしてイメチェンすることもできます。

髪質が硬かったり剛毛な人は、お手入れいらずなどんぐりヘアがおすすめ!サイドとバックを刈り上げて、上にいくにつれてとんがるフォルムを作ります。この髪型は伸びてしまうとキマらないので、こまめな美容院通いorセルフバリカンケアが必要。剛毛な毛質な人は、このフォルムにしてもらうだけで、朝起きたらこの形になっているため、余計な前髪のスタイリングなども必要なし!あまりに顔がスッキリと出過ぎていて物足りないと思ったら、オシャレヒゲを生やしてセクシーな雰囲気を手に入れましょう。

おでことは一般的に、前髪の生え際から眉毛の上までの部分のことを言うのだそうです。小鼻や唇などと違って普段からお手入れも手を抜きがちなおでこですが、おでこは顔の面積の約1/3を占めており、印象を左右するとっても重要なパーツなのだそうです。

例えば生え際から眉上までの距離が4cmだとしましょう。この4cmという長さは広いでしょうか、それとも狭いでしょうか?
まず生え際から顎までの長さが16cmの人の場合。この場合、顔の縦の長さに対しておでこの占める割合は1/4になりますね。では生え際から顎までの長さが12cmの人の場合はどうでしょう?この場合はおでこの割合が1/3となり、両者では大きく印象が変わるのが分かると思います。

一般的にですが、おでこの占める割合が顔全体の1/3のときが最もバランスが良く美人顔だと言われています。おでこの広さでお悩みの方は一度鏡で顔全体を見て、おでこが大体どの程度占めているかチェックしてみましょう。