※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

Real Madrid C.F.さん(@realmadrid)がシェアした投稿 -

野球と比較するとハゲが少ないと言われているサッカーですが、それは国内に限定した話に過ぎません。海外には、若くして薄毛が進行している一流プレーヤーも少なくはないからです。そこで、そんな薄毛のサッカー選手を1チームの人数である11人集めてみることにしました。

ハゲてるサッカー選手

ヴェスレイ・スナイデル

Bayram Yamanさん(@bayko_1905)がシェアした投稿 -


ご覧のように生え際が後退するタイプの薄毛で、俗にいうM字ハゲと呼ばれる状態です。発症したのは、かなり早い時期で、20代には既にきてました。


こちらは、スナイデルが26歳の時の写真ですが、かなり薄毛が進行しているのがわかります。ただし、ハゲていてもかっこいいことには変わらないようです。ちなみに、これは結婚式の時の写真で、隣の女性は新婦のスーパーモデルです。

ラファエル・ファン・デル・ファールト

スナイデルと同じオランダ代表のファンデルファールトも、生え際が後退するタイプのAGAです。ただし、こちらは丸坊主ではなく、ソフトモヒカンでカバーしています。

OnsOranjeさん(@onsoranje)がシェアした投稿 -

このように、かなり薄毛は進行していますが、それほど違和感を受けることはありません。生え際のハゲに悩んでいる人にとっては、参考に出来そうな髪型です。

アリエン・ロッベン

Arjen Robbenさん(@arjen_robben10_)がシェアした投稿 -


薄毛のサッカー選手として必ず名前が挙がるロッペンも、オランダ代表です。一部では、20歳の時に患ったがんの影響とも噂されていますが、薄毛の進行具合を見るとAGAの様で、生え際から頭頂部の部分に集中しています。

Mats Hummels Fanpageさん(@team_hummels5)がシェアした投稿 -


このように、横と後ろの頭髪は残っていますよね。また、ロッペンは抗ガン剤による治療を受けていないので、放射線により薄毛になるということはありません。

ゴラン・パンデフ


濃い顔立ちが印象的なゴラン・パンデフは、ハゲている部分と残っている部分とのコントラストが明確なAGAです。


このタイプはモヒカンでカバーしやすいのが特徴で、目力が強いパンデフはかなりサマになっています。

パブロ・サバレタ

FutbolArenaさん(@futbolarena)がシェアした投稿 -


これまで紹介してきた選手は生え際部分に集中していましたが、パブロ・サバレタは頭頂部も薄毛が進行しています。

@premier_league_transfernews__がシェアした投稿 -


これは、M字ハゲとO字ハゲが同時に進行したタイプのAGAです。

bizmate5621さん(@bizmate5621)がシェアした投稿 -


これは2,008年当時のパブロ・サバレタで、やや薄くなっているかなあという程度です。その後、急激に進行して現在の姿に変わっています。

エステバン・カンビアッソ


これまでの選手は、いずれもAGAという症状とみて間違いありませんでしたが、エステバン・カンビアッソの場合は少し微妙です。それは、耳の上の部分の髪の毛まで薄毛となっているからです。調べてもわかりませんでしたが、ストレスやアレルギーが関係しているのかもしれません。

@parrottfootyがシェアした投稿 -


これは、21~22歳ごろの画像ですが、この時点で既に薄毛が進行した状態になっています。AGAは思春期以降に徐々に進行するので、この時期に発症したとしても不思議ではありませんが、それほど高い頻度でみられるわけではありません。また、カンビアッソの場合は、横の部分まで薄くなっていることも他の選手との違いです。


このように髪の毛があった時代と比較すると、急激に変化したことが良く分かります。ただし、ハゲたからといってアスリートとしての能力が損なわれてしまうということは、全くなかったようです。つまり、病気による脱毛症ではないということになります。

ハビエル・ピノラ

Javier Pinolaさん(@javierpinola25)がシェアした投稿 -


カンビアッソと同じアルゼンチン代表のハビエル・ピノラも、かなり広い範囲がはげているサッカープレイヤーです。ただし、こちらの場合は典型的なAGAで、額から頭頂部にかけての部分に集中しており、病的な要素は全くありません。

Javier Pinolaさん(@javierpinola25)がシェアした投稿 -


このように、後頭部の頭髪はかなり残っていることが分かります。これは、この部分の毛根はAGAの原因物質DHTの影響を受けにくいからです。この仕組みを利用して行う薄毛治療が、自毛植毛と呼ばれている外科手術です。イングランドプロサッカーリーグのマンチェスター・ユナイテッドに所属しているウェイン・ルーニーをはじめとして、複数のサッカー選手が治療を受けたことが明らかとなっています。

bizmate5621さん(@bizmate5621)がシェアした投稿 -


ちなみに、これは25歳の時の画像で、この頃からAGAが進行していったのだと考えられます。

ホセ・マヌエル・レイナ


サッカー選手がハゲる原因として良く挙げられるのが、ヘディングによる頭皮へのダメージです。つまり、毛根が衝撃を受けたことにより、機能を喪失したというような内容です。しかし、ヘディングを行う機会がほとんどないゴールキーパーの中にもハゲている選手はいます。その代表が、スペイン出身のサッカー選手ホセ・マヌエル・レイナです。

bizmate5621さん(@bizmate5621)がシェアした投稿 -


これは、20代前半の頃の画像ですが、既に薄毛になっていることが分かります。その後、スキンヘッドにしてしまったので、現在の進行具合は不明です。いずれにせよ、ヘディングだけがサッカー選手のハゲの理由ではないということを示している存在です。

岡崎慎司


日本を含むアジアのサッカー選手の中にハゲている人はほとんど見かけませんが、唯一例外的存在と言えるのが岡崎慎司です。ただし、ヨーロッパや南米の選手と比較すると、かなり控えめなハゲ方にとどまっています。

YUIさん(@dh_cy_yui)がシェアした投稿 -


このように、プレイ中にはハゲている部分が露出しますが、


前髪を下ろしさえすれば、完全に隠すことが出来ます。

bizmate5621さん(@bizmate5621)がシェアした投稿 -


ちなみに、上の画像は北京オリンピックの選手紹介の写真で、22歳の時のものです。この頃から額の広さは際立っており、

장승진さん(@jangbong84)がシェアした投稿 -


現在と比較しても対して変わりはありません。また、頭頂部などの生え際以外の部分は薄くなっていないので、実はハゲではなく額が広いだけだったという可能性もあります。

田中 マルクス闘莉王


日本のJリーグの選手の中では、田中 マルクス闘莉王が薄毛の代表的な存在です。ただし、岡崎慎司と同様に、欧米のサッカー選手のように頭皮が完全に露出している状態にまでは進行していません。

堀 亨さん(@tooooru0916)がシェアした投稿 -


確かに額は広く全体的なボリュームは不足しているように見えますが、この程度でハゲというのは言い過ぎのような気がします。ただし、彼以外には薄毛の選手が見当たらないので、Jリーグの中ではナンバーワンということになっています。

ハリー・ケイン

kickerさん(@kicker)がシェアした投稿 -


次世代を担うスーパースター候補の中にも、ハゲそうな選手がいます。弱冠23歳にしてイングランド代表に選出されているハリー・ケインが、その筆頭とも呼べる存在です。

Markbawelさん(@markbawel)がシェアした投稿 -


このように、生え際が斜めに向かってかなり後退しており、M字ハゲの初期の状態と推測されます。

bizmate5621さん(@bizmate5621)がシェアした投稿 -


ちなみに、こちらはハリー・ケインと同じイングランド代表で活躍しているウェイン・ルーニーの23歳の時の画像です。ここから急激にハゲてしまい、その後自毛植毛により回復したことは広く知られています。果たして、ハリー・ケインの場合はどのような将来が待ち受けているのでしょうか?

海外のサッカー選手にハゲが多い理由

このように、海外のサッカー選手には日本とは比較にならないほどハゲている人が多いということがお分かりいただけたと思います。果たして、その原因とは何なのでしょうか?

遺伝

男性の薄毛は大部分がAGAという症状で、今回紹介したのもほとんどが該当します。この症状は、現在では治療の対象として取り扱われていますが、基本的には病気ではなく体質で、遺伝により受け継ぐと考えられています。

また、発症率には国や地域、人種による差異があり、日本を含むアジアよりも欧米はかなり高い数値を記録しています。これが、海外のサッカー選手に薄毛が多い理由です。

薄毛治療が出来ない

現在は、AGAに対して効果的なプロペシアという治療薬が開発されており、世界60か国以上で利用されています。ところが、この治療薬は、アスリートは使用することを禁止されていました。これは、ドーピング検査において禁止薬物に指定されていたからです。実際に、ブラジルを代表するサッカー選手のロマーリオ・ジ・ソウザ・ファリアは、プロペシアを服用したことが原因でドーピング検査で陽性反応が出てしまい、2,007年に120日間の出場停止処分を受けています。

現在では、除外されていますが、男性ホルモンを抑制する作用があるので、競技能力に悪影響を及ぼす可能性があります。このために、あえて使用していないというケースが考えられます。つまり、海外のサッカー選手の薄毛が急速に進行しているのは、治療薬を使用していないことが原因のようです。

まとめ

今回紹介したサッカー選手は、いずれも国を代表するようなスーパースターばかりで、絶大な人気を集めています。これは、実力が高いということが一番の理由ですが、ハゲているにも関わらずカッコ良さが失われていないということも関係しています。

その秘密はヘアスタイルを工夫しているということで、丸坊主とソフトモヒカンを選択しているケースが多く見られています。これは、薄毛に悩んでいる人にとっても参考になる部分で、サッカー選手のヘアスタイルを参考にしてみてはいかがでしょうか?

【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。

編集部おすすめ厳選記事はこちら

おすすめの記事