スポンサーリンク

「最近頭のてっぺんが薄くなってきた」「額が後退してきたかな」このようなことを中高年の男女からよく聞きます。

髪は年齢を重ねるにしたがって、細くなり、弾力が衰えたりするものです。

髪質が変化したら、それに合わせて、ヘアスタイルを変えて行けば、気になる薄毛を目立たないように出来ます。

そのコツは?

髪質に合わせて、ヘアスタイルを変えてみよう

中高年になりますと、髪の痛みもさることながら、何よりも、気になるのは薄毛の悩みというのが本音と言えましょう。

「髪の毛と言いますのは、ある時は何にも思わないものですが、いざ薄くなったら本当に気になります」といった人がいますが,正にその通りです。

気にし始めると仕事の時も、会議でも、飲み会の時もあらゆる場面で、気にするのが人間です。

こうして髪のボリュームが減り始めて来ますと、これまで長年培ってきた自分のヘアスタイルが「薄くなってきた」ことで、終始気になることはありませんか。

そのような時は、思い切って髪型を変えて、心機一転、ストレスの基を退けるのもいいかもしれません。

男性の場合髪の量を減らす方向でカバーしよう


髪のボリュームが少なくなってきますと、薄毛が気になる反面、いや気になるからこそ長い髪に、憧れを感じるようになるのです。

20代、30代の若い人のふさふさの髪を見て、「おれも若い頃はあんなだったのになー」とため息をついた経験も多いはずです。

しかし、薄毛を目立なくするのは長い髪型ではありません。

むしろ短いスタイルがいいのです。

少ない髪ですが、思い切ってカットしてみてください。

きっと、少し短めにカットすることで、薄毛部分の印象が大きく変わるのです。

もちろん個人差がありますが、側頭部や、後頭部を短めにするのがコツです。

スポンサーリンク

男性の髪を目立させないポイント


1全体の髪の毛の量を減らして、すっきりとしたスタイルにまとめる事
2両サイドの髪の毛を伸ばして、全体の髪の毛の量を多く見せる
3重要なのは、両サイドの髪の毛のふくらみです。

髪の毛のふくらみが大きいと、部位による髪の量の差が、際立ってしまうとマイナスイメージとなりかえって目立ってしまいます。

これで、○○歳は若返って見えること間違いなしです。

大げさに言えば自分の人生が、今から変わってくるような気持ちになり、仕事も、家庭でも自信を持った行動ができること請け合いです。

女性の場合はカットとスタイリングを併用


出典:ホットペッパービューティー
男性の場合の加齢による薄毛に対しては、一般常識として捉えられていますので、そこまで気にすることはありませんが、女性の場合は深刻です。

薄毛の捉え方、心理面は大きいものがあるでしょう。

髪型においては、女性の場合も、男性と同じように、ショートヘアがオススメと言えそうです。

先ず短めにカットして、軽くすると、上の方に膨らみが出るようになります。

スタイリング剤で、髪を立ち上げ、全体にボリュームを付けるスタイルがいいでしょう。

そして肝心なのは、髪の分け目を大雑把にすることがポイントです。

髪をぴっちり分けてしまいますと、逆に、分け目が目立ってしまいますので注意することが大切です。

整髪料の使い方(スタイリング)

乾燥肌の人


出典:ホットペッパービューティー
油分が足りなくて、がさついた髪の人は、ブラッシングするだけでもダメージが残る可能性がありますので注意しましょう。

乾燥肌の人は、うるおい成分の入った整髪料(ヘアクリーム)などを使う方がいいでしょう。

そうすればくし通りがよくなり、摩擦による髪の損傷を防ぐことになります。

脂性肌の人


出典:ホットペッパービューティー
脂性肌の人は、毛穴が詰まり、安いので、スタイリング剤全般を避けたいものです。

特にジェルやムースは、固まって残りやすく、頭皮を痛める可能性があります。

使う場合は、地肌を避け、髪だけに付けるよう心掛けたいものです。

洗髪時にしっかりと洗い流すことが大切です。

その他の肌の人


出典:ホットペッパービューティー
椿油やホホバオイルなど、天然の油でも、スタイリングできます。

毛先に付けますと、ブラッシングしやすくなります。

刺激成分が含まれていないので安全して使えます。

スタイリング剤は、数多く発売されていますが、薄毛予防に役立つものはほとんどないと言うのが実情です。

髪型は、慎重にまとめ、使った整髪料は、必ず洗い落とすことが重要です。

女性のパーマは髪を傷めるのが宿命


出典:ホットペッパービューティー
パーマでウェーブを付けたヘアスタイルは、根強い人気を持っています。

しかし気になるのは髪の痛みと言えましょう。

その傷みを防ぐことを知ることが大切です。

パーマは、毛髪の内部に、薬品をしみこませて起こす現象です。

そのためには、キューティクルを広げて、隙間を作る過程が必要です。

程度の差はあれ、髪が傷むのはパーマの宿命と言えましょう。

もちろんキューティクルを補修するトリートメントを行い、パーマ液自体、髪へのダメージの少ないものが、開発され、使用されています。

しかし毛髪の傷みを最小限に抑える工夫がなされているのも確かです。

いずれにしても髪を度々薬品にさらすのは髪にとって好ましくない、と言うのも確かです。

そのため、パーマをかける感覚は、2ヵ月以上を目安にすることも重要です。

パーマの仕組み

化学薬品(パーマ液)を使い、髪を構成するアミノ酸のつながりの、一部を結び変えて、ウェーブを付けます。

パーマ前の毛髪は、らせん状につながったアミノ酸の鎖を、シスチン(アミノ酸の一種)が束ねている状態です。

シスチンどうしの結び付きを「シスチン結合」と言います。

パーマ中は、パーマ液によって、いったんシスチン結合を切断した後に、元の結合からずれた状態で再結合させます。

パーマのかかり易さは個人差がある

パーマをかけても髪にウx-ブがつかない場合があります。

しかし元々、キューティクルの密度には個人差があり、パーマがかかりにくい人もいるのです。

気になる人は理・美容師に自分の髪質を見てもらうといいでしょう。

パーマの欠点として、かかり方に個人差がある、髪が傷みやすい、頭皮が傷みやすいなどありますので、注意することが重要です。

パーマ液、カラーリング剤が引き起こす頭皮のトラブル

施術中のかゆみ

刺激成分による一時的なかゆみは、誰にでも起こることです。

そのかゆみが1時間以上続くようなら、年のため、皮膚科の専門医を訪れる方がいいでしょう。

施術後のかぶれ,発診

赤くかぶれた場合、放置すると悪化して化膿することがあります。

すぐに洗い流して、以後原因となった液剤の使用を中止するようにしてください。

数日後のかぶれ、発疹

施術時は、異常がなくても数日後に、突然かぶれることもあります。

アレルギー性の「接触皮膚炎」の可能性も高いので、皮膚科の専門医に受診して下さい。

バッチテストをしておけば、そうしたことは予防できます。

女性のためのヘアカラー


出典:ホットペッパービューティー
今や髪の色は、「白か黒か」という時代は終わりました。

いわゆる「白髪染め」だけでなく、カラーリング剤が多岐に渡ってあります。

上手に活用して、薄毛の悩みを解消しましょう。

髪の色を染めるカラーリング剤は、洗髪すれば落ちます「一時染毛剤」
長期化に色落ちしない「永久染毛剤」、
中間的な「半永久染毛剤」の3つに分類することができます。

色持ちの良いものは、それだけ、毛髪への負担が大きいと考えた方がいいでしょう。

白髪の割合が少ない一時的に髪の色を変えて楽しみたい、などといった場合には、毛髪を傷めにくい一時染毛剤や半永久染毛剤を使う方がいいでしょう。

カラーリング材の強度

髪の色を変えるためのカラーリング剤には様々な種類があります。

髪に与える負担もまちまちと言えましょう。

色の付き方の仕組み、特徴は

カラースプレー

髪の表面に染料を吹き付けて染めるものです。

洗髪すると、色は落ちます。

マスカラ,スティック城、ムースタイプなどあります。

カラーリンスヘアマニキュア(半永久染毛剤)

カラーリンスは、リンス効果のある染毛剤です。

シャンプー後に、使います。

使い続けますと、徐々に色がついてきます。

ヘアマニキュアは、毛髪の表面を色つきの皮膚材で覆ったものです。

いずれもヘアカラーほどしっかり色がつきませんが、髪の傷みは少ないと言う特徴があり、

ヘアカラー(永久染毛剤・半永久染毛剤)

ヘアダイなど「永久染毛剤」とヘアカラーなど「半永久染毛剤」があります。

どちらかと言いますと、ヘアダイの方が強力です。

白髪染めの多くはヘアダイで、酸化剤によって、キューティクルを広げ、染毛剤を髪の内側に、浸透させます。

ヘアカラーの色は、自分の髪色より明るめの物を

ヘアカラーの色は、各メーカーとも何種類かに分けて用意されています。

色選びのポイントは、先の自分の髪色や、眉の色より、少し明るめのものにすることをオススメします。

初めに濃い色で、染めてしまいますと、明るい色にしたくても、変えにくくなってしまいますので、毛のボリュームの少ない人は、濃い色に染めることで、薄毛が目立ってしまうこともありますので注意しましょう。

色選びに失敗してしまい、染め直す時には、最低でも1ヵ月の間隔を開けましょう。

黒髪用で、白髪は染まりにくい


ヘアカラーには、黒髪用と、白髪用があります。

いずれも脱色効果と毛髪の内部に染料を浸透させ、染める効果の二つを合わせたものが多いようです。

黒髪用は、脱色作用が主で、白髪用は、色を付けるのが主な目的となっています。

白髪を染めたい時は、白髪用ヘアカラーを使うのが正解と言えましょう。

カラ-リングテクニック
市販のヘアカラーを使って自分でカラーリングするときに注意したいポイント

初めての時

染毛剤に触れている時間が長いほど染まりやすいので、白髪の目立つ部分から染毛剤を付けて、全体にむらなく染めることが大切です。

2回目からは、

白髪が目立つ髪の根元を中心に、染毛剤をつけ、洗い流す5分ほど前に、全体に伸ばすとむらなく染まります。

スポンサーリンク