【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
CHAP UP(チャップアップ) 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得するだけにとどまらず、科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり。
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%OFFキャンペーン中!

※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップ で購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

【割引あり!】チャップアップ公式サイトはこちら!

抜け毛とは

シャンプーのたびに抜け毛が気になる・・・。起床時に枕についた抜け毛にため息・・・。
「抜け毛」は目に見えてはっきりと分かる症状なので、薄毛を気にする人はどうしても『抜け毛の本数』が気になりますが、抜け落ちた毛の本数を数えていても「薄毛」は改善されません。
「抜け毛」の本数が気になりだしたら、『抜け毛の増減の変化』と『毛が抜け始めた原因』をしっかりと見極めて、抜け毛の原因そのものを改善していくことが大切です。

まずは簡単に、平均的な抜け毛の本数や、抜け毛が増えるタイミングを説明します。
抜け毛の本数は個人差がありますが、一般的に1日50~100本程度の抜け毛は『通常の範囲内』と言われているようです。
そして、抜け毛が増えるタイミングとして最も目立つのがシャンプー時であり、1日の抜け毛のうち、50~70%はシャンプー時に脱毛するようです。

一般的に抜け毛は、湿気が多く暑い季節に増えると言われています。
これは特に、皮脂性頭皮に見られる傾向なので、『夏場の抜け毛が特に気になる』場合は、『薄毛のリスク』について知っておいたほうが懸命でしょう。

上記で紹介したように、平均的な抜け毛の本数は1日100本未満と言われています。しかし、100本以上だったからと言って、すぐに「禿げる!」と考えるのは早すぎます。
抜け毛は、ヘアサイクルの中で起こる正常な現象です。人によって毛髪の総数やサイクルが違うので、1日に130本抜けたとしてもそれが「正常」という人もいます。
ですので、抜け毛の本数自体よりも、「今までより抜け毛が増えたかどうか」と「抜け毛の質」に注意を払うべきです。

抜け毛の増加にもっとも気づきやすいタイミングは、やはり「シャンプー時」と「起床時」です。これまで抜けていた本数に比べ、明らかに抜け毛が増えたと感じ、また抜け毛が減少する傾向がない場合は要注意です。
「急に抜け毛が増えた」ということは、「健康に育つはずだった髪が抜け始めた」という事です。

西洋医学的には、薄毛は「男性ホルモン」が多いとなりやすいと言われています。
遺伝や男性ホルモンの多い方で、胸や背中に毛が生えている方は、男性ホルモンが旺盛な証です。
髪の毛というのはほとんどが女性ホルモンなため、男性的な方はどうしても髪の毛が薄くなる傾向があります。
日本人男性の30%にこの傾向があり、500~1000万人くらいの人が治療を希望しているそうです。肉中心の欧米人はもっと多いと言われています。
ジュースなどの飲み物やお酒、甘いもの、揚げ物などの脂っこいもの、辛いもの、果物などを毎日食べ過ぎると、細胞が膨らんで「前頭部の髪の毛」が抜けてくると考えられています。
特に「辛いもの」をたくさん食べたり、大酒を飲んだ翌日は、驚くほど抜け毛が増えるので注意しましょう。
また、「前頭部の髪の毛」が薄くなるのは、心臓・循環器・腎臓機能に問題が出てきやすい傾向でもあると考えられています。

バランスの悪い食生活、例えば肉類や油ものの摂りすぎも薄毛・抜け毛の原因だといわれています。
髪を健康に保つためには、良質のたんぱく質や、ビタミン、ミネラルが欠かせません。
言うまでもなく髪の毛はタンパク質です。タンパク質と、タンパク質を運ぶための燃料(糖分)、そしてその代謝を助けるオイル(補酵素ビタミン、ミネラルなど)も必要ということです。
結局は毎日きちんとバランスよく食べること。
亜鉛は細胞分裂や再生に役立ちます。それは髪だって例外ではないようです。
亜鉛が不足すると髪の毛の成長が遅くなったり、細くなって、切れ毛や抜け毛を起こすことがあります。
亜鉛が不足すると、身体中で最初に影響が出るのが髪の毛なのです。
亜鉛を摂れていないとお感じの方は、薄毛・抜け毛予防のためにも亜鉛を含む食品や亜鉛含有サプリメントを摂ることをおすすめします。

ストレスなど、日々の生活で起こる抜け毛

ストレスも薄毛・抜け毛の原因です。
ストレスによる代謝の異常やストレスによって、筋肉が収縮して血管が細くなり、毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、髪が育たなくなるなどいろいろな説がありますが、現時点ではどのような仕組みで起きているのかはっきりとはわかっていません。

ストレスが原因で起こる脱毛症として円形脱毛症がありますが、それ以外の男性型脱毛症、脂漏性脱毛症、粃糠性脱毛症などさまざまな脱毛症の原因のひとつにストレスが関与しています。

自然に身体の機能を調整してくれる神経が自律神経で、昼間活動している時には活発に働く交感神経と、夜寝ている間に活発に働く副交感神経があります。
正常時はこの交感神経と副交感神経の2つがバランスよく活動しているのですが、過度のストレスを感じてしまうと、このバランスが乱れ、それが髪のボリュームダウンにつながってしまうのです。
特に円形脱毛症の一番の原因はストレスだと言われています。
不適切なヘアケアによる薄毛・抜け毛もありえます。
洗わないで不潔にしていることや逆に朝晩のシャンプーなどの過度の洗髪によって頭皮を痛めることも薄毛・抜け毛の原因になります。
自律神経は血圧のコントロールもおこなっていますが、それが乱れることで血圧上昇、血管収縮となり、血液の流れが悪くなるのです。髪の毛を作り出す毛母細胞には血液を通して栄養が運ばれますがめぐりが悪くなることで、毛母細胞に十分に栄養が行き届かなくなるため、髪の毛の発育が悪くなってしまいます。
自律神経の乱れは体のバランスの乱れを引き起こします。これにより皮脂が過剰分泌するようになるのです。またアドレナリンが過剰分泌されることで、皮脂を粘性の高い過酸化脂質に変えてしまいます。皮脂が大量に分泌され、しかも粘性が高くなるのでさらに頭皮が皮脂で詰まりやすくなり、それが原因で髪がボリュームダウンしてしまいます。
また、パーマやヘアダイ、ドライヤーの使いすぎも薄毛・抜け毛を促進する場合があります。
毎日シャンプーをしてもシャンプーの十分なすすぎを行なわないと薄毛・抜け毛につながることがあります。
市販のシャンプーの主成分の界面活性剤は、皮膚細胞内へ入り込み細胞を殺したり弱らせる作用があるといわれているため、十分にすすぎをしないと、薄毛・抜け毛の原因になります。
紫外線による薄毛・抜け毛も考えられます。
髪の毛のキューティクルは紫外線によってダメージを受けやすく、髪を長時間紫外線を浴び続けることも、薄毛・抜け毛の原因の一つと考えられます。
不規則な生活・睡眠不足による薄毛・抜け毛もありえます。
昼に受けた髪や皮膚のダメージは、寝ている間に働く免疫細胞やホルモンによって修復されるので、睡眠不足は髪にも良くありません。
髪の毛は夜間に成長し、昼間は成長しないのです。
不規則な生活・睡眠不足を解消して薄毛・抜け毛を予防しましょう。
タバコのニコチンは毛細血管を収縮させ毛母細胞に栄養が行きにくくなります。また、タバコの煙が血液中の酸素を欠乏させます。そしてタバコはコラーゲンの生成を助け、髪の発育に欠かせないビタミンCを大量に消費させる等、髪の毛とって悪いことばかり。いくらいい食事、頭皮ケアをしてもタバコを吸っていれば台無しです。身体のためにもタバコはやめましょう。
抜け毛防止のためには、原因となるストレスをなくすことです。とはいっても状況によってはストレスを排除することが不可能な場合があります。例えば、仕事で悩んでいる、職場の人間関係でストレスを感じているという場合、よほどのことでない限り仕事を辞めるというわけにはいかないでしょう。
また、ストレスはひとつだけとは限らないので、すべてのストレスを取り除くこともできません。それが簡単にできるようならストレスなど感じないでしょうから。
ストレスの原因となっていることを排除できない場合、それはそれで受け止め逆にそのストレスを発散することを考えるといいでしょう。

病気が原因で起こる抜け毛

結果的に抜け毛の症状が現れる病気の一つが鉄欠乏症貧血です。 体内の鉄分が不足して起こる貧血の代表的な病気です。 一見すると抜け毛と貧血は関係なさそうに見えるため見逃してしまうことが多いため、注意しましょう。
体内の鉄分が不足すると血液中のヘモグロビンが著しく減ってしまいます。 その結果、身体の各器官や細胞へ栄養を届けられなくなり不調が現れてしまうのです。 髪の毛の栄養も血液によって運ばれるため、貧血と同じメカニズムで抜け毛が起こってしまうのです。
大量の抜け毛で注意したいのが膠原病という病気です。 膠原病は円形脱毛症の原因にもなる自己免疫疾患の総称として使われています。 そのため、症状やメカニズムなども自己免疫疾患と同様のものです。
この自己免疫疾患には、関節リウマチやシェーグレン症候群、全身性エリテマトーデスなどの病気が含まれています。 どの病気も一筋縄ではいかない病気のため怪しいと思ったらすぐに医療機関で受診してくださいね。
・ 筋肉や関節の痛み ・ 微熱が続いている ・ リンパ線に違和感を覚えたり腫れていると感じる ・ 手足のしびれや不快感がある
上記のようなの症状が抜け毛と同じ時期に現れた場合は必ず病院へ受診するようにしましょう。
分かりやすい病気のサインが突然大量の髪の毛が抜けることです。 多かれ少なかれ一般的には毎日同じ量の髪の毛が抜けていきます。 そのため、前触れなく大量の髪の毛が抜けることがそれだけで異常事態なのです。
髪の毛の成長にはさまざまなことが関係してきます。 血液やホルモンバランス、頭皮の環境などが相互的に関わって抜け毛になる原因を作ってきます。 何か1つの要因だけで抜け毛が以上に進行することは滅多にないのです。
どんな場合でもひどい抜け毛を発見したら迷わず専門のクリニックへ行きましょう。 早い段館で医師に診てもらうことでいち早く治療を開始することができます。

【本日更新】編集部おすすめ厳選記事はこちら

【2018年】育毛剤おすすめ人気ランキングTOP3

順位 商品名 内容
チャップアップ 編集部イチオシ!日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は3種類の独自監修の成分配合!利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き
REDEN(リデン) 楽天リサーチで育毛剤部門3冠受賞!K1世界王座の小比類巻氏も推薦!利用者は平均で約1万本の増毛に成功。その秘密は新成分「リデンシル」!今なら送料無料&23%offキャンペーン中
THE SCALP5.0C 3年連続モンドセレクション金賞受賞!キャピキシルを5%も濃厚配合し、スカルプケア効果を最大化させる47成分で頭皮環境を整える高性能育毛剤。初回購入半額キャンペーン実施中!

 

おすすめの記事