スポンサーリンク

50代の最大の悩みと言えば『髪型』。

白髪が目立ち始めた方や少し髪が薄くなった方、50代には髪に関する悩みがたくさんあります。

50代になったら、男の渋味はピークに達する年代です。

若い時はロングヘアをチャラチャラと振り乱すのが受けたかもしれませんが、50代になったらそうは行きません。

ショートヘアにして、さっぱりとする事が家族からも女性からも受ける髪型です。

また、部下からも威厳を感じやすい上司となります。

オシャレな50代のビジネスシーンの在り方とはどういったものなのでしょうか?服装だけがいくらオシャレでも髪型が野暮ったければ、せっかくのビジネススーツの魅力も半減してしまいます。

髪型と服装をオシャレにし中身も伴う素敵なモテダンディーを目指しましょう。

まだまだ働き盛りの50代の男性軍、生活の中での仕事の割合は高く、当然仕事にまで支障のある髪型は避けるはず。

仕事が出来プライベートシーンでもしっくりくるそんなヘアスタイルが50代男性にはお似合いです。

日々仕事に追われ忙しい中でも、セットが簡単でかっこよくキマるビジネスヘアスタイルは50代男性にとっては必須アイテム。

清潔感を重視して仕事の成績もモテ度もアップしていきましょう。

ビジネススーツに身を包み、清潔にスタイリングされたヘアスタイルの男性は、一般受けがよいものです。

その中でも若い男性にはまだ表現できない大人の魅力を漂わせることができるのも50代男性の特権です。

「オヤジ」というと悪く言えば”おっさん臭い”というイメージがありますが、「ちょい悪オヤジ」というと印象がガラリと変わり、とてもオシャレでセクシーなイメージを彷彿させます。

この「ちょい悪オヤジ※正しくは悪ではなく不良でワル」を流行らせたのはLEON創刊時の編集長岸田一郎氏によるもの。

雑誌の対象年齢は30代〜50代としていますが、その多くは30代後半からの様です。

男性としての渋さや落ち着き、余裕などが見えるちょい悪オヤジスタイルは、若い女性にも人気があり、若い世代にはない「モテ」を持っています。

本当に悪(ワル)な格好なのか?といえば、本来のちょい悪は「不良がかった中高年のファッション(もしくはそれを範とする男性)」としていますが、本当の不良というものではなく、どこか外しを効かせた着こなし方や、遊びを入れるなど。

例えばスーツなどでもきちっと着こなしてるのに、足元はソックス無しにシューズなど。

一言でまとめてしまえば「小粋なオシャレが出来る男性」それが、ちょい悪おやじだと言えます。

ちょい悪オヤジデビューにコーデなど以外に大事なのが「髪型」オシャレでセクシーなちょい悪オヤジスタイルは、髪型で印象をグッと変えるもの。

ただ短くすればいいのか?といえばそうではなく、悩みをうまくカバーしつつオシャレであることがポイントになります。

襟足やもみあげ部分、長さを持たせるよりはすっきりとさせて、トップの髪にニュアンスをもたせたりすることでオシャレ度がアップします。

チョイ悪オヤジは基本は「ショート」今では男性でも髪を伸ばす時代ではありますが、ちょい悪オヤジは思い切ってショートスタイルでコンパクトにまとめた髪型が粋を感じさせます。

清潔感が漂うショートはビジネスシーンにもうってつけ。

しかし、スポーツ刈りじゃオシャレを感じられません。

そんなときにはチャレンジしやすいツーブロックがおすすめ。

ツーブロックは両サイドの髪を短く刈り込み、トップは好みによって多少長さの違いでニュアンスを出して楽しめるヘアースタイルです。

頭頂部を短くカットしてもよいですが、薄毛を隠す場合は多少長さを残してニュアンスでカバーが出来るというメリットがあります。

ハゲていてもかっこよくきまる髪型10選

①ナチュラルなベリーショート

耳、襟足、おでこをはっきりと出したメンズのモテるベリーショートヘアです。

全体的にすいてもらいながらトップのみ長さを残しましょう。

ナチュラルな仕上がりにするために、サイドは刈り上げず短めにカットするのみでOKです。

パーマが必要ないため、直毛の方におすすめなモテるヘアスタイルです。

②トップにボリュームを集めたショート


出典:ホットペッパービューティー

おでこを出すことで好印象を持たれやすいモテる男のメンズショートヘアです。

トップにいくにつれて少しずつ長くし、ボリュームを落とさずに凛々しく仕上げましょう。

前髪を切りすぎてしまうと立ち上げを作ることが困難になるので、立ち上がる程度に長さを調整します。

サイドとバックは刈り上げず、短めなカットにします。

③頭の丸みを活かしたショート


出典:ホットペッパービューティー

爽やか、小顔効果、清潔感を兼ね備えたモテる男のショートヘアです。

カットではラウンドショートをベースにして、レイアーを入れて無造作な動きを可能にします。

耳近くは短めに部分を上から覆い隠すスタイルにすることで、動く幅を広げフェイスラインに小顔ポイントを作り出すことができます。

④無造作感を活かしたショート


出典:ホットペッパービューティー

アウトラインをはっきりとさせたモテる男のモヒカンショートヘアです。

チョップカットを使うことで、全体的に軽くしていき動きのある束感を作ることができます。

基本的にパーマもカラーもなしでスタイリングできますが、直毛の方はゆるめのパーマをかけることでスタイリングもしやすく軟らかい仕上がりにすることができます。

⑤くせ毛さん必見、クセを活かしたショート

耳周りはすっきりとさせ、軟らかいパーマをベースとしたクシャクシャとザクザクの必ずモテるくせ毛のショートヘアです。

ヘタってしまうことを防ぐために全体的にセイムレイアーカットを行って毛先を軽くしましょう。

直毛の方は平巻き逆巻きのパーマをかけることで軟らかい仕上がりにすることできます。

くせっ毛の方は自分の髪に合わせてパーマをかけましょう。

⑥スーツに似合うツーブロック

スーツに似合う爽やか系のモテるメンズのショートヘアです。

爽やかな印象になるようにサイドを刈り上げ、2ブロックを取り入れます。

トップは残しすぎないようにカットし、チョップカットを用いて動きのあるヘアスタイルに。

パーマもカラーも必要がないモテる男のビジネススタイルです。

⑦動きがあるツーブロック

風で吹き上がったようなエアリーな動きがあるモテるショートヘアです。

サイドを刈り上げてトップへ視線を注目させ、トップでは動きをつけます。

トップは重たすぎてしまうとヘタってしまうため、できるだけすいてもらいましょう。

ゆるめのパーマをかけることでスタイリングもしやすく、理想なモテる髪型に仕上げることができます。

⑧ツーブックとソフトモヒカンの組み合わせ

短すぎないショートとパーマを組み合わせたモテるショートヘアです。

サイドから襟足にかけて刈り上げツーブロックを作ります。

上からかぶせるような形でマッドショートをカットすることで、重たすぎない印象のパーマスタイルを作れます。

直毛の方はややしっかりめにパーマをかけるのがおすすめ!

⑨ツーブロックを活かしたショート

 

野生感あふれる大人かっこいいメンズショートヘアです。

全体的にカットを施し、しっかりとシルエットを出しサイドは刈り上げてトップのパーマに注目させましょう。

カラーリングはあえてせず、黒髪で野生感をさらに強調します。

⑩潔くスキンヘッド

「何か怖そう。

」と思われやすいスキンヘッドですが、やり方次第でかなりオシャレになりますよ。

髪型は外見の中で重要な点の1つであり、異性からも評価を受けやすいポイントになります。

最近では男性の中でもロングヘアの人が増えてきましたが、今も昔も女性からの好感度が高いモテる髪型は“ショート”です。

清潔感たっぷりかつ、ウルフカットのような男らしい攻撃的ヘアスタイルは女性の本能をくすぐり、多くの女性を魅了すること間違いなし。

特に清潔感はモテるための大切な要素です。

メンズのモテる髪型であること以外にも
・ビジネスでも使える
・セットも簡単で朝の時間を奪わない
・ワックスをあまり使わなくて良い
・お風呂が楽ちん
・ドライヤーも楽ちん
などとメリットたくさん。

薄毛になった途端に髪を伸ばし始める人って本当に多いんです。

さらに、頭皮が見えないようにハードスプレーで髪を固めたり……。

でも、これは逆効果。

長髪だと地肌が見えるとかえって目立ってしまうので、ここは思い切って短髪にするほうが得策です。

スポンサーリンク