【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり

※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤である「薬用プランテルEX」 を購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

薬用プランテルEX公式サイトはこちら!

頭髪が通常よりも不足した状態を示す薄毛は、遺伝や男性ホルモンが関係している症状です。このために、圧倒的に男性に多くみられるのが特徴ですが、女性は無関係というわけではありません。近年は、特に増加していると考えられており、女性向けの薄毛ケアサービスも開発されています。

ただし、女性の薄毛を対象としたサービスは、男性向けのものと比較すると質量ともに不足しており、万全な状況とは言えません。これは、女性の薄毛は原因が単純ではないので、簡単に改善できないということも関係しています。原因がわからない状態でアプローチすると、状況は逆に悪化してしまうケースがあります。特に現在の薄毛ケア商品は、効果が期待できる半面、副作用の危険があるものも少なくはありません。

そこで、オススメなのが、ヘアスタイルを工夫するという方法です。これならば、副作用により身体を壊すという心配もないからです。今回は、特に前髪の薄毛に悩んでいる女性を対象としたオススメのヘアスタイルを紹介していくことにします。


前髪の薄毛の仕組み

生え際部分の薄毛は、男性に多くみられるのが特徴で、M字ハゲなどと呼ばれています。このタイプの薄毛は、男性ホルモンのテストステロン由来のDHTという物質が発症や進行に関与しています。ちなみに、この物質がヘアサイクルを狂わせるということが根本的な原因です。具体的には、通常であれば1か月に1cm前後のペースで数年間は成長を続けるのですが、これが数か月程度しか続かなくなってしまうのです。このために、頭髪の大部分が短い段階で抜けてしまうので、前髪が伸びなくなるという状況になってしまいます。

なお、この様なタイプの薄毛は、AGA(男性ホルモン型脱毛症)と呼ばれています。なんと、最終的には生え際から頭頂部にかけての頭髪が全てなくなるという状態になります。日本人男性の場合は約3割に見られる症状で、20代の後半から30代の前半にかけて発症するケースが大部分を占めています。ちなみに、現在ではプロペシアという専用の治療薬が開発されており、病院での治療もスタートしています。

一方、女性でも似たようなタイプの薄毛が発症するケースが報告されており、こちらは女性型AGAと呼ばれています。このタイプは、ホルモンバランスの崩れが原因と推測されていますが、ストレスや栄養不良なども関係している可能性があります。このために、悩んで暗くなっていては、ますます状況が悪くなってしまうかもしれません。

また、AGA治療薬のプロペシアは副作用の危険があるので、女性は使用することが出来ません。そこで、まずは安全な方法でのアプローチが必要であり、ヘアスタイルを工夫して様子を見るというのは適当な対策です。これにより、ストレスが解消された結果、根本的な問題を改善できる可能性もゼロではないからです。それでは、早速どんなヘアスタイルがあるのかを見ていくことにしましょう。


ショートカット



髪の毛の成長が阻害されているにも関わらず、無理に伸ばしていても状況は改善しません。全体的に、重苦しくなるので、イメージをかなり悪化させてしまいます。このために、まずは短くするショートカットがオススメです。これにより、頭皮への負担が軽くなるので、根元の部分にボリュームを出しやすくなります。また、無理に分け目を作らなくても自然に魅せられるので、ヘアケアによるダメージも少なくなります。

ショートボブ



薄毛を隠すために無理に分け目を作ると、徐々に広がってしまうということが起こりがちです。これは、牽引性脱毛症と呼ばれる症状で、三つ編みやポニーテールなどにより同じ部分が負担を受けてしまったということが原因です。その点このショートボブは、分け目を自由に作ることが出来るので、頭皮へのダメージを最低限にとどめられます。つまり、薄毛の部分を隠しやすいというだけではなく、進行を防ぐ効果も得られるということになります。

フレンチショート



このスタイルは頭髪に勢いを出すために短くするという内容で、自然にボリュームがアップします。これにより、前髪の薄毛が気にならなくなると共に、軽やかさや明るさのアピールにつなげることが出来ます。

ベリーショート



前髪の長さを必要としないベリーショートであれば、薄毛は全く問題にはなりません。さらに、手入れが簡単でセットがしやすいいということも、このスタイルにすることで得られる大きなメリットです。ロングからの切り替えは、少し勇気が必要ですが、チャレンジするだけの値打ちは充分にあります。

ミディアム前髪なし



どうしても短くする勇気が出ないという場合は、前髪なし×ミディアムヘアーという選択がオススメです。少しだけ緩めにパーマをかけることにより、ふんわりとしたボリュームを出すことが出来ます。また、この髪型であれば前髪の薄毛によりイメージを損なうという心配もありません。

シースルーバンク



このスタイルは、あえておでこが透けて見えるような状態にするので、前髪が薄いということは全くマイナスにはなりません。あまり、冒険したくないという人には、オススメの髪型です。アジア発のスタイルということで、かなり取り上げられる機会が増えており、近い将来には一時的なブームを引き起こす可能性があります。

フルバング



フルバングは、ネーミングからもわかるように前髪を全部おろしてしまうという髪型です。頭頂部から前髪を多めに作ることにより、ボリュームを簡単にアップすることが出来ます。このために、特に生え際部分の薄毛に悩んでいる場合には、上手く隠すことが出来るのでオススメです。

ハーフアップ



前髪から頭頂部にかけての薄毛に悩んでいる人にオススメの髪型で、全体的に緩く見せるために、軽くカールした後に無造作にアップさせます。これに加えて、少し大きめのリボンで留めると、目線をそちらに集中できるので、さらに薄毛を目立たなくさせらることが可能です。

ナチュラルウェーブ



サイドにボリュームを持たせて視線を集めるのが狙いで、生え際からセンターにかけての薄毛を目立たなくさせる効果があります。さらにスタイリングも簡単にできるという点もメリットであり、忙しい毎日を過ごしている人にもオススメできます。

ポイントパーマ



前髪がスカスカで物足りない場合は、ポイントパーマをかけるだけでふわっとした仕上がりに変身できます。また、このスタイルは、出かける前のセットの時間を大幅に短縮できるのも魅力的です。ただし、パーマは残念なことに頭皮や頭髪にかなりのダメージを与えてしまうので、なるべく緩めにかけるように心掛けなくてはなりません。

マッシュ



厚みとボリュームを持たせやすいので、額から頭頂部にかけての薄毛の悩みに対応できるスタイルです。特に、ショートマッシュは最近人気を集めているので、おしゃれとしても楽しむことが出来ます。

ウルフ



このスタイルは、男性向けというイメージが持たれがちですが、女性にも対応することが可能です。具体的には、トップと襟足でバランスをとることで、前髪のボリュームの不足をカバーするというスタイルです。全体的に、軽めでシャープな印象を与えるので、前髪の薄毛が逆に武器になるような感じです。また、カラーリングとの相性が良いということもメリットと言えます。

エアリーボブ



毛先に少しだけパーマをかけることで、動きが出てボリュームがアップします。柔らかさと透明感をアピールするスタイルであり、前髪が多少不足気味でも問題は全くありません。

ポンパドール



トップを盛り上げることで薄毛を隠すというスタイルで、生え際から頭頂部にかけての頭髪に悩んでいる人に向いた内容です。ただし、きっちりとまとめすぎると薄毛を逆に強調することになるので、ルーズな感じでザックリとまとめるのがポイントとなります。

ショートレイヤー



前髪を下ろしたい人には特に、オススメのスタイルで、生え際が高くなるタイプの薄毛の人に向いています。なお、頭頂部の頭髪が、ある程度残っていることが条件であり、薄毛が広い範囲に拡大しているようなタイプの人には適当ではありません。なぜならトップの頭髪を利用して、前髪を作らなくてはならないからです。

まとめ

このように、前髪の薄毛をカバーできる髪型は、かなり色々な種類が用意されています。また、これらにヘアクリップやカチューシャによるひと工夫を加えることも可能で、バリエーションを広げることが出来ます。さらに、ウィッグも部分的に使用できるものが多数開発されており、抵抗感なく利用できる状況となっています。このために、前髪の薄毛でそれほど深刻に悩む必要は、全くありません。

なお、実践するうえでの注意点としては、途中でも述べたように同じ部分で分け目を作るなどで頭皮に負担をかけないということです。これは、今回紹介した全てのヘアスタイルにも共通していることで、同じ部分にダメージを受け続けると、そこだけが薄毛になるという状況になってしまうからです。薄毛を何とかするために深刻な状態に発展したのでは、何の意味も持たなくなります。

それでは、これらについて注意したうえで、色々なヘアスタイルにチャレンジしてみると良いでしょう。今回紹介した髪型を実践することにより、前髪に関する見た目の悩みが解消されることを願っています。

【本日更新】編集部おすすめ厳選記事はこちら

【2018年】育毛剤おすすめ人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント
薬用プランテルEX 編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!
CHAP UP(チャップアップ) 日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き
FINJIA(フィンジア) 楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり
おすすめの記事