若ハゲドットコム・人気育毛剤ランキングTOP3
チャップアップ
日本で今もっとも売れている育毛剤

 

  • 編集部評価:98
  • 定期便価格:7,400円(税込)+送料無料
  • 成分:センブリエキスグリチルリチン酸ジカリウムジフェンヒドラミンHCL、その他天然成分55種類+アミノ酸15種類
  • 返金保証・特典:定期便は全てのコースで永久返金保証

 

数々の育毛剤ランキングで堂々の1位を獲得してきた、業界注目度No1の育毛剤。圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き!
薬用プランテルEX
育毛成分リデンシルを驚異の5%配合

 

  • 編集部評価:94
  • 定期便価格:9,700円(税込)+送料無料
  • 成分:リデンシルペブプロミンα、センブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミン塩酸塩など
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
編集部イチオシ!毛髪診断士・製薬会社・スカルプケアサロンの共同開発!育毛効果の高いリデンシルを製品許容量の限界である5%という最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!



※薬用プランテルEXは現在品薄状態で、次回の供給は11月下旬まで遅れるようです。現在、公式販売サイトでは予約注文のみの受付となっています。育毛を早めにしたい人は人気No1育毛剤のチャップアップもチェックしましょう!

フィンジア
スカルプケアの2大成分を豊富に配合

 

  • 編集部評価:90
  • 定期購入価格:9,980円(税込)+送料無料
  • 成分:キャピキシルピディオキシジルカプサイシン、パンテノール、ボタンなど
  • 返金保証・特典:30日間全額返金保証付き
元K-1世界王者の魔裟斗氏が推薦していることでも人気の育毛剤「フィンジア」。スカルプケアの2大注目成分である「キャピシル」と「ピディオキシジル」を豊富に配合しており、その効果の高さから楽天リサーチの調査ではスカルプ部門2冠に輝いています!また、角質層までしっかり届くので今までのスカルプケアより効果を実感できると評判です!

ハゲに悩んでいませんか?

20代を超えてから、ハゲや育毛、抜け毛や薄毛という言葉に敏感になった人も多いのではないでしょうか?

おでこが広くなって来たり、頭頂部が薄くなって来たり、シャンプーあとの抜け毛が・・・ハゲてきている・・・?

幼少期にはハゲてる人をみて、あのようになりたくないと思っていた人も多いでしょう。

しかしながら、男性であれば多くの人がハゲや育毛、抜け毛について悩んでいます。

この、ハゲや、抜け毛というもの、実は深く掘り下げると、とても深いのです。

ハゲ方や抜け毛に関しては個人差があるので、一概に同じような症状になるわけではないですが、ハゲには名前がついています。

ハゲとはいったい何なのか?

20代を越え、ハゲてきた、抜け毛、薄毛が気になる・・・

そんな症状のことを「男性型脱毛症(AGA)」といいます。

AGA(ハゲ)とは、Androgenetic Alopeciaの略で「男性型脱毛症」の意味です。

成人男性によくみられる抜け毛が増え、髪が薄くなる状態のことをいいます。

思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から抜け毛が増えてきます。

一般的に遺伝や男性ホルモンの影響などが主な原因と考えられています。

抜け毛が進行し、薄毛やハゲ、抜け毛が目立つようになります。

AGAの典型的な経過では抜け毛、ハゲ、薄毛はこめかみの上から始まり、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなります。

また、頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛やハゲ(AGA)となります。

 

女性の場合には「女性男性型脱毛症」と呼ばれるようになり、男性のパターンとは異なり生え際のラインは変わらずに頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の抜け毛が増え、毛髪が細くなる。

完全なハゲや薄毛になることは稀だそうです。

AGAには遺伝的、環境的な種々の要素が関わっていようで、多くの研究者がAGAのリスクとなる要素を研究しているが、その多くはいまだ不明だそう。

リスクの一つとして特定されたものに男性ホルモン、特にジヒドロテストステロン( DHT)が作用するといわれています。

男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持っているそうです。

また、 AGAは、前立腺癌と深く関連しているといわれています。

AGAの脱毛部にはDHT(ジヒドロテストステロン)が高濃度にみられ、これがヘアサイクルの成長期を短くし、抜け毛を増やす原因物質と考えられています。

成長期が短くなることにより、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。

十分に育たない、細く短い髪の毛が多くなると全体として薄毛が目立つようになります。

抜け毛、AGAの原因であるDHTは5α-還元酵素という酵素によってテストステロンからつくられます。

なので、AGAを改善して抜け毛、薄毛を減らし育毛していくにはDHTの抑制頭皮環境の正常化がポイントとなってきます。

今のところ、この、DHTの正常化に一番効果を発揮するのが育毛剤の使用なのではないでしょうか。

ここで、育毛剤を紹介したいと思います。

育毛剤ナノアクションDとは?


薬用 ナノアクションD  90ml

「ナノアクションD」は、成分が届きにくい皮脂腺の多い頭皮のために作られた育毛剤。

どんなに頭皮や毛穴に有効な成分を配合している育毛剤でも、皮脂バリアを通過できなければ毎日の育毛ケアも無駄な努力に終わってしまいかねません。

かといって、通過できない皮脂を取りすぎることは頭皮にダメージを与えます。

そのため、頭皮に潤いを保つ程度の皮脂を残しながら、育毛成分を頭皮の奥に届けることが大切です。

せっかくの育毛ケアも、頭皮や毛穴の皮脂が邪魔して、成分が届かないと、その力を発揮できません

だから、“成分”だけでなく“浸透力”まで考えたケアが大切です。

 

『ナノアクションD』は先進のナノテクノロジーにより、髪に有効な成分を必要な場所へと送り届けることを可能にしました。

毛穴と頭皮への2つのアプローチで届ける“W(ダブル)ナノ浸透”で、皮脂を突破して太く、強く、発毛を促進します。

 

毎日、育毛ケアを続けているのになかなか実を結ばない・・・。

そんなことはありませんか?
それは、髪に大切な成分が、頭皮や毛穴の皮脂に邪魔をされて届いていないからかもしれません。

頭皮にある皮脂腺の数は、顔の額部分に比べ約2~3倍も多いと言われており、毛穴に溜まりやすく、また取り除きにくいとも言われています。

だからこそ、頭皮ケアにおいては、成分の種類や配合量だけでなく、その成分をきちんと必要な場所へ送り届けることが重要です。

 

「ナノアクションD」は、育毛ケアを阻む“皮脂”を突破するために 「PLGAナノ粒子」と「PCTナノエマルジョン」の2つのナノテクノロジーを採用。

ナノ化された超極小の有効成分が皮脂を突破。

毛穴と頭皮からそれぞれ浸透し、発毛を促進します。

そのサイズは、それぞれ直径約160ナノメートル。

毛穴のわずか1000分の1の小ささです。

だからこそ、毛穴に詰まった皮脂も、頭皮を覆う皮脂もラクラクと突破でき、 血行促進成分などの髪に必要な成分をしっかりと送り届けます。

頭皮にたまった余分な皮脂が酸化して硬くなり、それが毛穴をふさいで、髪に大切な成分の浸透を妨げていました。

「PLGAナノ粒子」は毛穴の1000分の1の小ささのため、この皮脂をラクラク突破。

約2兆個ものPLGAナノ粒子が毛穴全体を覆うように深く届き、発毛を促進します。

人の毛穴の数は約4万個とも言われていますので、一つひとつの毛穴に対して約5000万個ものPLGAナノ粒子が到達する計算になります。

せっかくの成分が到達しても、毛穴に留まる時間が短ければ、その力は十分に発揮されません。

「ナノアクションD」の場合、毛穴に到達したPLGAナノ粒子が頭皮の水分でゆっくりと10時間にわたり分解され、内包した成分を放出し続けます。

このため朝晩1回ずつ計2回の塗布で、ほぼ1日中成分が毛穴に溶けだし、育毛を力強く促進し続けることになります。

 

抜け毛の一因とされているのが、頭皮の血行不良です。

頭皮が血行不良になると、硬くなり髪へ栄養が行きづらくなり、脱毛を起こしやすくなります。

「PCTナノエマルジョン」は頭皮になじみやすい構造で、皮脂を突破し頭皮(角層)に深く浸透。

そして内包した血行促進成分「酢酸DL-α-トコフェロール」を浸透させることで、頭皮の血行を良くし、抜けにくい髪を育てます。

 

ナノテクノロジーはナノメートル(10億分の1メートル)の寸法単位で活用される技術です。

近年、さまざまな領域で活用されており、特に医療分野ではナノテクノロジーで成分をきちんと届ける技術が脚光を浴びています。

この考え方が『ナノアクションD』にも活かされています。

 

1回分の使用量・約1.5mlが使い切りになっています。

業界初のロータリーポンプ式スプレーボトルなので、手軽に噴射できて使いやすい容器です。

時計回りに半回転すると、1回分の使用量がポンプにたまり、1回の育毛ケアでポンプ内の使用量をすべて使い切ります。

そのため、使いすぎてしまったり一度の使用量に満たないといった心配はありません。

口コミでも使いやすいとの口コミが多数あります。

育毛剤ナノアクションDの効果

ナノアクションDは、頭皮と毛穴への浸透力にこだわり開発されました。

育毛に必要な有効成分を封じ込めた極小サイズのPLGAナノ粒子は、皮脂に覆われた毛穴を突き抜けて、全体を覆うように深く浸透します。

そして、この粒子が少しずつ溶け出すことによって、毛根まで成分が届きやすくなり、長時間、効果を促進します。

また、PCTナノエマルジョン(浮遊型乳化物)に包まれた血行促進成分である酢酸DL-a-トコフェロールが育毛を促進させます。

使用する成分にもこだわり、血行促進成分、育毛促進成分であるセンブリ抽出液や保湿成分のセイヨウアカマツ球果エキスを配合しています。

 

ナノアクションDはおしゃれなデザインで、一見育毛剤とはわからない見た目をしています。

この育毛剤は大手メーカーであるサントリーから販売されており、公式通販でしか購入することができません。

ナノアクションDは、毛穴の1000分の1の極小サイズである"PLGAナノ粒子"、"PCTナノエマルジョン"を採用しており、この2つの技術によって皮脂を突破し、地肌に育毛成分が浸透します。

このナノテクノロジーによって、高い育毛効果が期待できます。

朝と晩、時間をおいて2回使用すると、有効成分の放出が1日中続くため効果的です。

 

最先端の技術で皮脂を突破し、有効成分を頭皮と毛穴に届けることが特徴。

PLGAナノ粒子という発毛に大切な物質は毛穴の1000分の1の大きさなので、
簡単に毛穴まで届き髪の成長に働きかけ、
植物由来の髪に大事な成分40種類をきちんと髪に届けることができます。

サントリー系列の会社の為に安心や信頼が持ちやすいので、
抵抗なく買うことができ人気の育毛剤の1つです。

 

頭皮の皮脂は、頭皮や髪、毛穴を保護する役割を持っていますが、同時に育毛剤などの頭皮や髪にとって有用な成分の浸透も阻害してしまいます。

しかし、ナノアクションDは頭皮の皮脂を突破できるようにナノ化された成分を使っています。

そのため、皮脂が多くて育毛剤の効果が薄かった人にも育毛効果を十分に実感できます。

どんなに頭皮や毛穴に有効な成分を配合している育毛剤でも、皮脂バリアを通過できなければ毎日の育毛ケアも無駄な努力に終わってしまいかねません。

かといって、通過できない皮脂を取りすぎることは頭皮にダメージを与えます。

そのため、頭皮に潤いを保つ程度の皮脂を残しながら、育毛成分を頭皮の奥に届けることが大切です。

 

「ナノアクションD」に配合されている2つのナノサイズ成分は、頭皮を覆う皮脂膜を突破する極小サイズで、直径約160ナノメートル。

皮脂膜が頭皮の潤いを保ちながら、毛穴や頭皮にアプローチできる大きさなのです。

ひとつめのナノ成分は「PLGAナノ粒子」といい、毛穴の1000分の1という極小サイズ。

額の2~3倍と皮脂腺の多い頭皮の皮脂膜を余裕で通過します。

約2兆個ものPLGAナノ粒子が約4万個もの毛穴に入り込んでいきます。

そのため、ひとつの毛穴に対して約5000万個という数のPLGAナノ粒子が行き届くことになるわけです。

 

毛穴の一つひとつにPLGAナノ粒子は行き届きますが、このナノ粒子のすごいところは、行き届くだけで終わらないこと。

毛穴の毛母細胞にまでPLGAナノ粒子が浸透すると、頭皮の水分を利用して徐々に成分が分解されて溶け出します。

育毛成分のヒノキチオールをPLGAナノ粒子内に閉じ込めて塗布した場合、成分が10時間以上に渡って毛根へと届けられるのです(もしヒノキチオールのみを塗布するだけだと、成分は毛根まで達しにくいため働きへの期待は薄くなってしまいます)。

朝と晩とで1日2回の育毛ケアを行えば、日中の仕事をしている間も成分は持続、就寝中の夜中中も頭皮ケアを続けられるため、ほぼ1日じゅう有効成分が毛穴に溶け出して育毛ケアが行えます


薬用 ナノアクションD  90ml

 

「ナノアクションD」は、成分が届きにくい皮脂腺の多い頭皮のために作られた育毛剤。

頭皮になじみやすい構造をしている「PCTナノエマルジョン」も、皮脂バリアを通過した先にある頭皮の角層細胞の隙間から奥深くまで浸透していきます。

そして、内包している酢酸DL-a-トコフェロールが頭皮の血行を促して、毛髪の抜けにくい頭皮ケアを行います。

 

浸透しやすいナノサイズなのはもちろん、配合成分にもこだわりを見せています。

全部で40種類もの育毛ケアに大切な植物由来エキスを配合しています。

頭皮を潤す湿潤剤の成分として用いられているのが、冬虫夏草エキスやニンジンエキス、ローズマリー葉エキスなど。

抗酸化剤としてヒノキチオールが含まれています。

すべりをよくする潤滑剤には、セイヨウアカマツ球果エキス、キナノキ樹皮エキス、クララ根エキスなどが入っています。

血行を促進する”酢酸DL-αトコフェロール”は、何でできているのかというと、植物油から直接抽出したビタミンE誘導体のひとつで、科学的に反応させて人工的に製造した成分。

ビタミンEは酸化しやすいうえに水に溶けにくいため、誘導体の形にしてなじみやすい状態としています。

若返りのビタミン”とも言われており、血行促進以外にも酸化を抑える抗酸化作用や自律神経に働きかける毛細血管の拡張作用が期待できます。

育毛有効成分として配合されているセンブリエキスには、血行促進や血管の増強、細胞分裂を促す働きがあります。

他成分との組み合わせによっては、相乗効果で毛髪の発毛促進へとアプローチもできるのです。

ただし、効果が出るまでには時間がかかるため、センブリエキスの働きを実感するには気長に使用を続ける必要があるでしょう。

 

ナノアクションDのポイントとしては、血流改善成分が毛根を活性化します。

薄毛対策で重要なのが血行促進です。

血流量を改善することで栄養分が毛乳頭に行き渡り、髪の毛は成長します。

サントリーの育毛剤「ナノアクションD」には血流量を増やす有効成分「酢酸トコフェロール」、「センブリエキス」を配合。

サントリーの独自のナノ化技術で頭皮の奥まで浸透し、育毛をサポートします。

 

また、抗炎症成分が毛穴づまり防止します。

男性の薄毛の一つに脂漏症皮膚炎があります。

男性ホルモンやストレス、シャンプーなどで皮脂が過剰に分泌し、湿疹や炎症を引き起こします。

その結果、毛穴がつまり、髪の毛の成長力が低下します。

育毛剤ナノアクションDには炎症を抑制するグリチルリチン酸、ビワ葉エキス、ボタンエキスなど植物エキスをたっぷり配合。

毛穴づまりを抑制し、抜け毛を予防します。

 

そして、頭皮にうるおいを補給して乾燥予防
サントリーの育毛剤「ナノアクションD」には 保湿作用のあるセラミド、トレハロース、コメヌカエキスなどを配合。

さらにクララエキスをナノカプセル化して毛穴の奥までしっかり届け、10時間以上保湿効果を持続。

乾燥によるフケや頭皮が固くなるのを防止し、育毛をしっかりサポートします。

 

「ナノアクションD」にはダブルのナノテクノロジーに加え、
育毛剤の中でもトップレベルの植物由来エキス配合量を誇っています。

今や売れている育毛剤には欠かせない育毛成分「センブリエキス」を筆頭に、
脱毛ホルモン抑制効果のある「ヒオウギエキス」や頭皮を潤す「冬虫夏草」など、育毛に必要不可欠なあらゆる植物由来エキスを配合しています。

ナノアクションDに含まれる男性型脱毛症対策になる成分例

  • オウゴンエキス
  • チョウジエキス
  • ビワ葉エキス
  • ヒオウギエキス

ナノアクションDは、男性に特化している育毛剤といっても良いかもしれません。

男性特有の脱毛症に対応できる成分がたくさん含まれているのです。

具体的な効果としては、酵素の5αリダクターゼの活性度の抑制です。

5αリダクターゼの活性度合いを抑制できれば、男性型脱毛症の主原因であるジヒドロテストステロンの発生を防げます

ナノアクションDに含まれる頭皮環境改善作用のある成分例

  • アルニカエキス
  • オドリコソウエキス
  • チンピエキス
  • ローマカシツレエキス
  • トレハロース
  • ローズマリーエキス
  • ヒノキチオール
  • 天然ビタミンE

頭皮が乾燥していたり、炎症が起きていると、どうしても髪の毛が成長に成長しづらくなってしまいます。

そこでナノアクションDに含まれる頭皮環境改善作用のある成分が重要になるのです。

保湿作用があったり、抗菌作用があったり、抗炎症作用があったりする成分が複数含まれているのです。

より高い育毛効果が期待できますよ。

ナノアクションDに含まれるびまん性脱毛症改善作用のある成分

  • センブリエキス
  • オウゴンエキス
  • ジオウエキス
  • 冬虫夏草エキス
  • ゴボウエキス
  • ニンニクエキス
  • ボタンエキス

びまん性脱毛症とは、血行不良によって引き起こされてしまう薄毛のことを指しています。

ナノアクションDには、血行を促進させる成分が多数含まれているので、びまん性脱毛症に大きな効果が期待できるのです。

びまん性脱毛症は男性だけでなく女性にも起こり得るものなので、ナノアクションDに関しては女性が利用しても効果が期待できる育毛剤、といえます。

ナノアクションDの副作用

ナノアクションDには、「ミノキシジル」や「プロペシア」などの副作用報告のある成分は配合されていません。

配合されている成分のほとんどが植物由来の天然成分なので、目立ったアレルギー症状などの発症例はありません。

ただし、個人の体質によっては頭皮の赤み、腫れ、痒み、刺激などの症状が表れることがあります(本品の使用上の注意に記載)。

しかしながら、それはどの育毛剤においても同様のことが言えるのでデメリットとはなり得ません

 

先ほどの「ヒノキチオール」「酢酸DL-αトコフェロール」以外には、「セイヨウアカマツ球果エキス」「冬虫夏草エキス」「ニンジンエキス」「ローズマリー葉エキス」「クララ根エキス」「キナノキ樹皮エキス」等が血行と発毛を促進させる成分です。

「セイヨウアカマツ」「クララ根エキス」には副作用の報告はされていません。

「冬虫夏草エキス」には、食欲不振や嘔吐感で、食品として摂取した場合です。

「ニンジンエキス」「ローズマリー葉エキス」に関しても過剰摂取した場合ですので、ナノアクションDの場合は心配する必要は有りません。

「キナノキ樹皮エキス」の場合に限り、頭皮環境によっては、アレルギー反応等の副作用が出てしまう可能性も有りますので、ナノアクションDを初めて使う場合は、肌の目立たない場所で「パッチテスト」を行う方が良いと思います。

 

ナノアクションDには、約40種類もの天然成分が入っていて、それがPLGAナノ粒子とPCTナノエマルジョンの、「W(ダブル)ナノ浸透」というナノサイズの粒子にまとめ上げられています。

もちろん、自然のものでもアレルギーなどの副作用が起こる可能性は存在します。

使っていて、おかしいと思ったら即、使用を中止するのが賢明です。

そこまで重症化せずとも、一般的なシャンプーや育毛剤であっても、軽く赤みやかゆみが出ることは、ありえないことではありません。

これは副作用というものではなく、いわゆる「肌に合わなかった」レベルと言えるでしょう。

ナノアクションDの口コミ

「ナノアクションD」はまだ発売されて間もない育毛剤の為、
人気の「チャップアップ」や「ポリピュア」に比べると、評価や口コミの数が圧倒的に少ないという事がわかりました。

その数少ない口コミの中には、「抜け毛は減ってきている気がする」、「髪質がしっかりしてきた

などの高評価もある反面、「初期脱毛が激しい!」、「価格の割にあまり効果がない」といった悪評も何件かみつかりました。

 

口コミ件数が少ないので評価には偏り生じているとはおもいますが、
「初期脱毛」についての意見が多く見受けられました。

初期脱毛」自体は育毛にとって悪いことではなく、正常なヘアサイクルや新しい発毛にとってはいい事なのですが、あまりにも激しいとさすがに不安になってしまいますよね?
「このまま毛が生えなかったらどうしよう」、「以前より髪が減った」と今後も「ナノアクションD」を使用することにためらう方もいる様です。

口コミ1

1回の使用量がわかりやすく、便利です。

焼酎のようなアルコール臭がするので、出かける前には使えないですね。

泡の感触が気持ちよく、つけながら頭皮マッサージをするのが日課です。

お陰様で、生え際に太い毛がたくさん生えてきています

引用http://reviews-growth.com/item/tonic/nanoaction.html

口コミ2

ちょっと容器が大きすぎる邪魔ですが、中身にはそれなりの効果を感じています。

使いだして3週間目には抜け毛がずいぶん減りましたし、頭皮の硬さがなくなったような感じです。

敏感肌の割にトラブルを感じたこともないし、普通に使いやすいですね

引用http://reviews-growth.com/item/tonic/nanoaction.html

口コミ3

育毛剤の独特の香りもなく、癖もありません。

使いやすい育毛剤です。

成分がナノ化されているということで、使用感としては育毛剤をつけた直後は頭皮にしみこんでいくような感じがします。

効果としては3ヶ月を過ぎた辺りで抜け毛が減り、頭皮トラブルが無くなったので実感しています。

これからも使い続けたい育毛剤だと思っています。

引用http://ikumozai-expert.net/domestic_ranking/nanoaction/

口コミ4

この育毛剤はポンプを捻ることで1回分の使用量が自動で決めることが出来るので楽チンです。

勢い良く液剤が噴出されて頭皮に塗ることが出来るのでとても爽快感と清涼感を感じれます。

価格は1万ちょっとで約1ヶ月利用できます。

コスパはちょっと高めですが、とても楽に使えるのでいいですね。

後、使った直後に頭皮に吸い込まれるような感じがするので気に入っています。

引用http://ikumozai-expert.net/domestic_ranking/nanoaction/

口コミ5

もともと評判をきいていて頭皮乾燥しやすい人には合わないのかなって考えていましたが、実際使ってみると無臭でスッと頭皮になじむ感じがお気に入りです。

フケが出ている人は結構いいかもしれないですね。

一応保湿成分などが入っていますし、ビワ葉エキスやローズマリー葉エキスが入っているので予防できると思いましたけど、 ちょっと炎症が起きたのでその点だけが不満です。

抜け毛はかなり減ったので満足しています

引用http://ikumozai-expert.net/domestic_ranking/nanoaction/

口コミ6

植物性の成分の中でも、センブリ抽出液、ローズマリー葉エキスなどが入っているので、保湿と髪の毛の発毛を促してくれる。

セイヨウアカマツ球果エキス、冬虫夏草エキスという血行促進成分が配合されているというのが魅力的だと思います。

また、ナノテクノロジーにより成分をきちんと届ける技術が活かされているのだと思う。

使っていくことに髪の毛が増えるという変化を感じるのでかなり効果があると思う。

引用http://ikumozai-expert.net/domestic_ranking/nanoaction/

口コミ7

薬用成分、保湿成分、発毛促進成分のセンブリ抽出液、和漢植物成分のオウゴンエキスなどが配合されているので効果は大満足です。

たださかさまに使うとノズルから液漏れするのが難点ですね。

噴射しにくい場所や、鏡をみながらだとついつい逆さまにしてしまうのでこの点だけなんとかしてほしいですね。

それ以外は良いと思います。

引用http://ikumozai-expert.net/domestic_ranking/nanoaction/

口コミ8

10000円を超える育毛剤ということで最初は躊躇しましたが、サントリーなら間違いないと信頼して購入。

ちなみに育毛剤を購入する決め手は浸透率でした。

結局の所、いくら頭皮環境が良くなっても 有効成分が浸透されなければ意味がないので。

私が述べたいのは使用感ですが、何より使った直後に凄く頭皮に馴染む感じがしました。

他の育毛剤とは違って、それほどべたつきもないですね。

使ってから1ヶ月前後で調子がよくなったので驚きました。

抜け毛の量が減っているのでこれからも使っていきたいです。

引用http://ikumozai-expert.net/domestic_ranking/nanoaction/

このようにポジティブな口コミは数多く存在します。

ネガティブな口コミも存在しますが、効果の実感がないといった内容で、あわなかった可能性が高いです。

また、副作用の口コミは見つけることができませんでした。

育毛剤ナノアクションDのまとめ

ほぼ無臭に近いほどなので、育毛剤特有の香りが苦手という人にも安心して使ってもらえる育毛剤だと思います。

使い方はスプレーをワンプッシュするだけですが、シャワーのような広範囲へのスプレータイプではなく、ちょうど良い感じの圧と噴射範囲なので、塗付したい部分にダイレクトな噴射を実現してくれます。

この使い心地の良さもナノアクションDの魅力と言って良いでしょうね。

副作用が気になる方は一度試してみてはいかがでしょうか。


薬用 ナノアクションD  90ml