【本日更新】おすすめ育毛剤 人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント

CHAP UP(チャップアップ)
日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き

薬用プランテルEX
編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発!育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!

FINJIA(フィンジア)
楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり

※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!


【割引あり!】チャップアップ公式サイトはこちら!

薄毛改善の根本的治療として薄毛で悩んでいる人なら知っているであろう植毛。
その高い効果には多くの人が喜びの声を上げています。
その反面、失敗した事例も多く聞こえてくるのも現実です。
今回はそんな植毛の失敗事例の紹介やリスク、改善策まで徹底解説していきます。

■えっ!?失敗するの?

「入念に下調べをして高い費用を払い医師にお願いするのだから、失敗なんてする訳がない。」
植毛手術をするまでは誰もが思うでしょう。
某連続ドラマのセリフで「失敗しないので」という医者がいましたが、全員が失敗しない訳ではありません。
そして、自分がまさかその失敗をされるとは思わないものです。
では、失敗とはどんな失敗なのか。
よくある失敗事例それに対する改善策もご紹介していきます。

○定着率が悪い

自毛植毛で気になるのが定着率。
ほとんどの人は植毛後、髪が少しづつ生えてきて定着しているようですが、時々生えてこなかったりすることあるそうです。

現在の自毛植毛はFUT法と呼ばれるメスを使って切る方法と、FUE法と言ってメスを使わず毛根をくり抜く切らない方法があります。
定着率に関しては現在どちらも90%近くが一般的になっています。
採取したドナーは新鮮なうちに移植する必要がありますので、採取し移植するまでに時間が掛かるとドナーが死んでしまいます。
これが定着率に大きくかかわってくるそう。
ただ、最近は技術が進歩し移植するまでの保存期間が短いことで定着率を高くすることに成功しています。
医師の技術にも大きく左右されてしまいますので、正確で素早い技術が医師には求められます。
また、サポートするスタッフも少ないと速さに関して命取りになります。
その辺は事前に確認できるのであれば確認しておきましょう。

このように定着不足の心配はありますが、自毛植毛は一度定着すると半永久的に生えると言われていますので、定着すれば死ぬまで毛が生え続けるでしょう。
しかし、1度の植毛手術では定着率は勿論、植毛本数にも限界がありますので一度だけではなく2度3度行う場合もあります。
一度で失敗と決めつけず経過を観察しながら医師と相談して今後の計画を考えましょう。

参考までに下記は定着しなかった例です。

うーん・・・前回と比べて、少なくとも良くなってるようには見えませんね・・・
個人的には悪くなっているようにすら見えます。
もうすぐ術後半年なのにもかかわらず、手術前と変わり映えがありません。
大きな変化もない現在、正直、治療を続けるモチベーションを維持するのが難しいです。
感情的になってもいけませんから、今日はこのくらいにしておきましょう。


 

半年経過と言うことですが正直半年ではあまりわからない場合もあります。
しかし、ブログを追って1年経過状況を確認すると…

 

この1年、失ったものはあまりに大きいです。
髪の毛と手術のお金。
髪の毛はもう戻ってきません。
術前より圧倒的に悪くなりました。医療ミスかと疑いたくなるレベル。
お金は・・・
何が何でも返金してもらうつもりです。
相手の対応が不誠実と判断した場合、訴訟も辞しません。

かなりお怒りの様子。
1年経過しても変化がないどころか余計ハゲたなんて可哀想過ぎます。
ごくまれにこう言ったケースもあるようです。

○傷跡が残る

もしかしたら、定着率よりも一番問題にされることが多いのかもしれません。

自毛植毛の場合移植するためにドナーが必要になり、そのドナーは自分自身の毛根から採取します。
特に採取する際にメスを使って切り取る場合は、後頭部に数ミリから数センチの線上の傷跡ができます。
しかし、手術後半年から1年経過すると薄くなってきますので、気づかれないことが多いです。
また、ある程度の髪の長さがあると十分に隠せますので、坊主にしない限り周囲から気づかれません。
正直わざわざ植毛するくらいですから、坊主にする人はあまりいないでしょう。

もう一つ、メスを使わず毛根をくり抜く方法の場合も線上に傷跡は残りませんが、小さい斑点状の傷が残ります。
メスを使う方法よりも傷跡が小さく、こちらも時間が経過すると傷跡が薄くなってきますので気づかれないことが多いです。

自毛植毛は目に見える傷跡で残ってしまうので失敗に思いがちですが、余程の下手くそな医者でない限り傷跡は薄くなっていく人がほとんどです。
自然に治癒するのを待つことも改善策の一つです。

以下は体験者の声です。

自毛植毛には「毛が生える」という
薄毛者にとっては何物にも変えがたい
強大なメリットが有りますが、
それに伴うこまごまとした「デメリット」があります。

その中の一つに
「後頭部ドナーの巨大な傷跡」があります。
巨大と言っても
太さは1~2cm程度で
長さは任意で決めることになります。
(長くて35cm程度)

これは時間とともに傷跡が薄くなり
目立たなくなりますが
(参考前回手術跡。術後4~5ヶ月位の状態)
完全に消えてしまうわけでは有りません。
特に手術直後はまだ赤く腫れていて目立ちます。


 

このように術後は傷跡が残るようです。
しかし、体験者も傷跡が目立たなくなってくることは理解しており、きちんと医師とのカウンセリングを行って納得した上で手術に挑んだようです。
植毛手術の際はいかに医師とのカウンセリングが重要かが分かりますね。

○植毛部分が不自然

これも良くある失敗例で、主に生え際の仕上がりが不自然になってしまいます。

生え際は毛流れが激しく、密度が濃すぎても薄すぎても不自然に見えがちです。
ですから、周りの毛の密度に近づけることが重要になってきます
また、密度を揃えても生え際が真っすぐ一直線だと不自然に見えてしまいます。
すこし、生え方をばらつかせることも重要のようです。
更に、ばらつかせ過ぎると不自然になります。
要は医師の技術と髪の生え方の知識は勿論センスも重要になってきます。

失敗例の画像です。


このようなことが起こるかもしれませんので、事前のカウンセリングの段階で担当医師の症例写真などがあれば見せてもらい、色々と質問してみましょう。
症例写真が不自然に見えたり、質問に対して的を得ない答えであればそのクリニックでの手術は見送りましょう。

もうひとつの失敗例として、植毛部分の髪質が違っている場合があります。

 


移植毛は硬くてゴワゴワしていてクセも強いです。この短さだと髪が垂れることなく上向いてますが、そのへんの感覚も含めてぶっちゃけ陰毛に近いです…。質は今後改善されるんでしょうか。。

こんな感じである意味ボリュームのある前髪になったので、既存の前髪を下ろしていると前髪が今までになかったように持ち上がります。髪型を決める上では若干障害になっています。

髪質が違っています。
理由ははっきりとはわかりませんが、失敗例としてあるようですので参考にして頂ければと思います。

このような時クリニックによっては再手術などの保証内容が充実している場合があります。
この辺は事前に確認しておくことが大切です。

■そのほかの植毛のリスク

○頭皮が赤く炎症を起こした

植毛後に現れる症状の一つです。
数週間から遅くても1ケ月くらいで炎症が治まることがほとんどです。
気になって植毛部分を触り過ぎると炎症が治まるのが遅くなるので植毛箇所に触れないようにと、強く擦ったり引っ掻いたりしないようにしましょう。
また、就寝時に後頭部を枕につけられなくなりますので、この辺も踏まえ医師に確認しておきましょう。

○ショックロス

ショックロスとは自毛植毛の手術後に時々みられる、元々あった植毛箇所の周りの毛が一時的に抜ける症状です。
この脱毛症状は通常のヘアサイクルの退行期にあたります。
ですから、あくまで一時的で、成長期にまた生えてきます。
驚いて失敗したと思う人もいるでしょうが、この症状の時は一応担当医に相談してみてください。

○ピットスカー


頭皮がぼこぼことへこんだ状態のことです。
分かりやすく言うとみかんの皮みたいな状態です。
人工植毛で多く見られる例ですが、自毛植毛でもなってしまうことがあります。
移植する際に毛根に深く押し込んでしまうケースや、ドナーと移植先の毛根のサイズがあわない場合に起きてしまうのだそうです。
単純に体質の問題の場合もあります。
この辺も事前のカウンセリングで症例写真などで確認しておきたいですね。

○ツッパリ感や違和感

主にFUT法で起きる症状です。
FUT法は皮膚ごと切除し結合しますので、術後は後頭部の皮膚がツッパていると感じることがあります。
しかし、人間の皮膚は伸びますので、ツッパリ感が続くことはないでしょう。

○合併症

自毛植毛の手術の際に不整脈や心臓発作、感染症などの合併症が起こる可能性があります。
手術中は不整脈・心臓発作・しゃっくりなど。
術後は血腫・侵襲部位の感染症・痺れ・知覚過敏・顔面のむくみなどです。
ただし、全てが1%以下と確率が低いですのであまり神経質にならなくても良いかと思います。
アレルギーなどがある人は事前に関係なさそうでも医師に伝えておきましょう。

○痛みや痒み

植毛手術はメスを使ったり、毛根をくり抜いたりしますのでそれ相応の痛みを覚悟した方が良いでしょう。

術中は麻酔などかけているので痛みなどがほとんど感じません。
クリニックによってはテレビや雑誌を見ながらする場合もあるのでリラックスして行うことができます。

問題は術後です、
術後は痒みや炎症を起こし熱を持つことがあります。
また、痛みが出る場合もありますのでクリニックから痛み止めをもらいます。
2~3日で治まることがほとんどで、一か月もするとかさぶたが取れて傷口も塞がってきます。
長く続くようであれば、医師に相談しましょう。

■失敗しないためには

ここまで植毛の失敗例を紹介してきて怖くなった人もいるかと思います。
しかし、必ずしも失敗するわけでもありません。
ただ、闇雲にクリニックを選び治療をしたい一心で手術を行うと失敗する確率は高まります。
そのために、失敗しないためのポイントがいくつかあります。

○事前の下調べをしっかり行う

現在はホームページを開設しているクリニックを多く見受けられます。
その情報量も非常に大切です。
① 植毛専門クリニックかどうか。
② 手術の症例を公開しているか。
③ 電話対応はどうか。

最低でもこの3点は確認しておきましょう。
また、わかる範囲で構いませんので自分なりに植毛についての知識を深めておきましょう。

○不安なことはカウンセリングでしっかり解消する

まずカウンセリングは専門スタッフではなくきちんと担当医師が行うかどうかを確認してください。
そして手術の詳しい内容、リスク、費用、自分の体質的問題(アレルギーや持病)など少しでも不安な所は必ず解消してください。
高い費用を払いますので少しうざいくらいで丁度良いです。

○クリニックの保証内容などを確認する

これは術後何かあった時に備える保険の様なものです。
最初にも述べましたが、「まさか自分が」という状況になる確率があります。
再手術は可能か、満足いかない場合は全額返金してくれるのかこの辺の保証は絶対確認しておきましょう。
この辺が充実していると多少不安も和らぐでしょう。

■まとめ

植毛の失敗例をご紹介してきましたがいかがでしたか?
恐ろしくなった人もいるでしょうが、ほとんどの患者さんは喜びの声を上げています。
しかし、一部で失敗もあるのでこの点は頭に入れておくことが大切です。

散々脅しを申してきましたが、大切なのは植毛に関する知識です。
事前に勉強しておきましょう。

そして、医師とのコミュニケーションが大切になりますのでしっかり医師に相談できる関係を築いていきましょう。

編集部おすすめ厳選記事はこちら

・コスパ最強!市販で購入できるおすすめ育毛剤(発毛剤)ランキング!口コミでわかる効果のある育毛剤を徹底比較!

・0か100の極端な結果?チャップアップの効果徹底検証!

【2018年】育毛剤おすすめ人気ランキングTOP3

順位 商品名 イチオシのポイント

CHAP UP(チャップアップ)
日本で一番売れている育毛剤!圧倒的育毛力の秘密は、独自監修による3種類の配合成分。利用者の約90%が効果を実感した男女ともに人気の育毛剤。永久返金保証付き

薬用プランテルEX
編集部イチオシ!毛髪診断士と製薬会社の共同開発育毛効果の高いリデンシルを最高濃度で配合しながら、頭皮にダメージが少ない無添加成分を使用の育毛剤の決定版!全額返金保証付き!

FINJIA(フィンジア)
楽天リサーチ【スカルプケア商品・支持率No1】を獲得!科学研究の専門紙でも話題になっている、2018年大注目のヘアトニック。 全額返金保証制度あり
おすすめの記事