※時間がなくて記事は読めない、でも育毛はしたい!そんな方へ。当サイトのイチオシ育毛剤であるチャップアップを購入しましょう!(在庫が少なくなっているようなのでご購入はお早めに!

誰もが知る育毛剤にリアップというものがあるのですが、ご存知でしょうか?

リアップの主成分はミノキシジルという成分になります。

このミノキシジルという成分、育毛効果があると認められているのですが、とんでもない裏側があるようです。

今回はその裏側について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ミノキシジルとは

リアップの主成分でもあるミノキシジル(minoxidil)は、1960年代にアメリカで血管拡張剤として開発された成分だそうです。

本来は血圧降下剤として高血圧患者に処方されていた経口薬でした。

その中で服用していた患者たちから続々と毛髪が増加したとの報告がなされ、発毛効果に注目が集まったそうです。

そして、そこから本格的な発毛成分としての研究が始まり、およそ20年後の1980年代、アメリカの「アップジョン社」という会社の手によってミノキシジル2%配合の発毛剤「ロゲイン」が販売されます。

ミノキシジルという成分が一躍認知度を高めたのも、ちょうどその頃だそうです。

ミノキシジルの効果は血管を拡張させ、一時的に血流を増加させることです。

なぜ血流を増加させると発毛を促せるのかというと、毛髪の根っこにあたる毛根の中心部には、毛乳頭と呼ばれる部位が存在します。

正常なヘアサイクルの場合、この毛乳頭が発毛に必要な酸素や栄養素を血液から取り込んでくれていいます。

逆にヘアサイクルが正常でない場合の原因の一つとして血行不良のため、栄養が行き届かず、髪の毛がうまく育たないという現象が現れます。

そのため、頭皮の血行の流れは、発毛に深く関わるというわけです。

つまり、以下のようになります。

ミノキシジルを摂取→血管拡張→血流増加→毛乳頭が効果的に栄養を摂取→発毛促進

更に、毛乳頭という場所は、毛髪を生やす司令塔という部分になります。

栄養を取り込むと同時に髪を生やすため、他の組織に対して様々な命令を出す場所と言われています。

その命令の総称がFGF-10と言われる発毛因子と呼ばれるものです。

ミノキシジルは血流の増加とともにこの発毛因子の発生自体も促しているのではないかといわれていますが、発毛因子が具体的にどのように発生するのか詳しいメカニズムがはっきりしていない部分もあるので、あくまでも可能性のレベルだそうです。


そして、ミノキシジルの濃度が高ければ高いほど効果は高まると言われています。

リアップでは、当初1%のリアップが販売されていましたが現在ではリアップX5という5%の高濃度のミノキシジルを配合した商品も販売されています。

これにより従来効果が現れ始めるのが6ヶ月となっていたものが4ヶ月に短縮されたといわれています。

海外ではさらに高濃度の商品が販売されていて中には濃度15%といったものも存在するようです。

ただしそれだけ副作用のリスクは強力になることはいうまでもありません。

そのことを考慮してか、日本では濃度5%のリアップX5が最高濃度として販売されています。

今では、ミノキシジルは経口薬だけでなく、塗布型の物も使われており、日本では塗布型の物だけが使われています。

ただ、個人輸入などにより、外国から経口薬のミノキシジル(ミノキシジルタブレット、いわゆる、ミノタブ)も入手することが出来ます。

ミノキシジルの恐い副作用


当然ながらミノキシジルにも副作用があります。

塗布するタイプよりも経口のもののほうが副作用が出やすいということですが、しっかりリスクのほうにも目を向けるべきでしょう。

では、ミノキシジルの副作用とはどんなものがあるのでしょうか?

①排尿機能の低下

ミノキシジルの副作用に排尿機能の低下があげられます。

ミノキシジルの服用によって、塩分と水が増えて利尿機能が低下してしまうのです。

排尿機能が低下すると、水分を外に排出できないので体内にたまってしまいます。

その後、水は胸に溜まるようになり胸水に陥るそうです。

胸水は呼吸困難や胸痛、動悸、痒み、顔のむくみ、心臓機能の低下などにつながる怖い症状なのです。

こういった症状を緩和するために利尿作用のある薬を併用し、塩分摂取量をコントロールしなければなりません。


また、毎日体重測定を行い、体重が増えるようであれば病院で医師に相談する必要があります。

本来これだけシビアに経過観察が必要な薬でありながら、併用薬や危険度の説明がないまま使われているのが現状だそうです。

なんとなくむくんだなぁでは済まされない症状なのです。

上に挙げたような徹底した管理下で状況を把握していかなければならず、副作用も強いので海外の数か国ではミノキシジルを育毛剤として利用することを控えています。

それでも育毛効果を期待して服用するのであれば、とにかく体重やむくみには気をつけて変だと思ったらすぐに病院に行くようにしましょう。

②低血圧


ミノキシジルは高血圧の人の血圧を下げる薬として開発されていましたので、健常人や低血圧の人が利用するとかなり低血圧になってしまうことがあるそうです。

では高血圧の人は問題ないかというとそういうことではありません。

狭心症や高血圧の方は使用を控えるように書かれている育毛剤もあるくらいです。

もとは血圧を下げる薬なので、発症率は非常に高いといわれています。

また低血圧が引き起こす症状も多岐にわたっているので、多くの人にさまざまな症状で発症するそうです。

特に多いのが頭痛、倦怠感、動悸などで、クラクラすることもあるので車を運転するときなどは服用を避けたほうがいいといわれています。

循環器系の副作用は危険なこともあるので注意が必要です。

全身に起こる症状として疲労感、悪寒、発汗などがありますが、とにかく調子が悪いという症状になり、風邪を引いたような、やる気が出ないような感じになります。

循環器では動悸、徐脈(脈が遅くなる)、不整脈、四肢冷感(血液が手足の先に届かない)

などの症状がみられます。

消化器では食欲不振、胃部重圧感、便秘、下痢、腹痛などの症状がでます。

上記のような症状が出た場合もすぐに医師に相談するようにしましょう。

③多毛症


ミノキシジルにより生える場所は頭皮だけではありません。

体中の毛が生えやすくなるといわれています。

個人差があるので、どこの毛が濃くなるかはその人次第ですが、ほっぺたあたりから毛が生えてきたり、手の甲や指に濃い毛が生えてきたりすることがあるようです。

特に見てすぐにわかる部分に毛が異常に生えていると恥ずかしい思いをしてしまいます。

もともとミノキシジルは血圧の薬として開発されていましたが、体毛が濃くなる副作用がありました。

その副作用に目をつけて育毛剤として開発したのが、最近のミノキシジルの使われ方ということです。

血管が膨らみ、あちこちの毛細血管に血液が流れるようになる効果によって、栄養素が皮膚に運ばれます。

その結果、毛が育つようになります。

毛が抜けた頭皮のように血流が悪くなっている部分ではなく、もっと他の血流がよい部分のほうが毛が生えやすくなることもあるそうです。

体毛が薄い人や女性の方は結構気になる副作用なのではないでしょうか。

頭以外の毛が濃くなることをあらかじめ想定しておくほうがいいと思います。

スポンサーリンク

ミノキシジルにより犬が死亡したって本当?


ではあの怖いうわさ、犬がミノキシジルによって死亡したというのは本当なのでしょうか?

結論から言うと、本当です。

調べたところ、犬に3mg/Kgの容量のミノキシジルを飲ませたところ心臓破裂が起きたと記載されています。

これはミノキシジルが心臓の細胞死を抑制した結果、新筋肥大により破裂したと考えられています。

犬に対して3mg/Kgというのはかなり高容量です。

8kgの犬だとしたら24mgのミノキシジルを飲ませたことになります。

60kgの人間に180mgのミノキシジルを飲ませたようなものです。

毒性の強いミノキシジルを飲ませると、これほど深刻な副作用が出る可能性があるということです。

もちろんこの場合は、高容量で飲ませたということで副作用が出る可能性が高くなっている実験なので、普段の服用には死んでしまうほどの量を飲むことはないでしょう。

しかし、1度の症例ですが、薬物の解毒能力には個人差がありますのでミノタブ位の容量でも深刻な副作用がでないとは言い切れません。

実際、20000年にミノキシジルを含む育毛剤を利用した人の死亡例があります。

件数は3件だそうです。

育毛剤との因果関係は完全には特定されていませんが、個人差があるので危険な人には少量でも危険なのです。


ミノキシジルの内服(ミノタブ)は本来重度の高血圧患者に使われるものとして開発されました。

今すぐにでも血圧を下げないと血管が破裂してしまう可能性がある緊急な患者に対して一時的に血圧を下げるために使われるような薬です。

このような緊急性のある患者に対して、副作用があるけど一時的に使用するというためのの薬なので、育毛効果を期待して長期にわたって服用するべきではないと考えられます。

もちろん薄毛であることが深刻な精神疾患をもたらすような場合には、自己責任で使用するのはしょうがないことだと思いますが、なんとなくミノキシジルが育毛に効果があるからという理由で利用しないほうがよいでしょう。

上記のようにミノキシジルには恐ろしい副作用があります。

もし使われる場合でもしっかり理解してなにかあればすぐ医師にそうだんするようにしましょう。