かつら
スポンサーリンク

方法

人工的なカツラを作成し、薄毛部分に被せて薄毛を隠します。
毛の素材では人の毛を使った“人毛”や、化学繊維を染めて作られた“人工毛”、またこれらの2種類を混ぜ合わせて作られた“人毛・人工毛ミックス”などがあります。
人毛はよく一見かつらだということが分かりにくく、雨や水に濡れても不自然にならず静電気などもありませんが、価格はやや高くなる傾向にあります。
人工毛は化学繊維に染色をしているため、色あせや変色がほとんどありません。さらに、天候や手入れによる影響が少なくスタイルが一定に保てること、また価格が人毛のみよりは安く仕上げられることが利点です。

かつら装着のメリット

すぐに増毛することが可能なので地道に待つ必要はありません。また、薄毛になっている部分のみの着用も可能なので全体のかつらをつけるよりは蒸れやかゆみなどもありません。

かつら装着のデメリット

オーダーで作る場合かなりの費用が必要になるうえに、5.6年ほどで買い替えなければなりません。またかつらの装着後いきなり髪が増えるので、自らも不自然と感じたり、周りの視線が気になったりすることがあります。さらにはかつらの脱着を毎日しなければならないので、面倒に感じることが多いようです。

費用

全体では20~50万・部分では10万~15万となっているようです。こちらも専門店によって価格設定にバラつきがあるので事前にリサーチしておくことがひつようです。
治療を受けられる場所:アデランスなど大手かつらメーカーや、薄毛治療を行っている美容外科などでもアドバイスが受けられます。

有名かつらメーカーサンプル画像

アートネーチャー

アデランス

プロピア(“ヘアコンタクト”という使い切りタイプのかつらの装着例)

スポンサーリンク