はげ・薄毛の内服薬治療法
スポンサーリンク

飲み薬代表薬:プロペシア(処方箋医薬品)

効果

男性ホルモンの働きを抑制し、発毛を促す効果があります。薄毛治療の内服薬では世界的に有名でありもっとも代表的な薬です。

メリット

臨床試験効果が認められており、その発毛効果が高いと立証されていることです。また処方箋が必要な“薬品“であることから医師や薬剤師の指導のもとで正しい使用方法を教えてもらえるのでより安心して服用することが出来ます。

デメリット

肝機能障害が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止するなどの処置が必要になります。
またプロペシアは男性限定の薬になり、女性と子供は服用しては絶対に服用してはいけません。男の子を妊娠している女性の体内にプロペシアの有効成分が入ると(口から入った場合や皮膚に付着して吸収された場合など)内々の男の子の生殖器に異常を起こすおそれがあります。

費用

医療保険が使えず、自由診療になるため医療機関によってかなりの値段の違いが発生することがあるので、事前に調べておく必要があります。

治療を受けられる場所

美容クリニックや皮膚科などで受けられます。医師の診断のもと院内処方もしくは処方箋が必要となる薬なので必ず病院へ行くことが必要です。

スポンサーリンク