WAKA

知らずに使うと怖い?WAKAの恐ろしい副作用

最近よく話題になるWAKAという育毛剤。

WAKAってどんな育毛剤なの?

WAKAという育毛剤の売りは、水を一切使用していない、100%生薬を使用、無添加ということだそうです。

そして、複数の要因で起こってしまう薄毛や抜け毛に有効的な生薬が使われています。
厳選された8種の生薬のこだわり成分だけを使用し、水を1滴も使わずその有効天然成分を100%そのままボトルにいれているということ。
育毛効果があると厚生労働省の認可した点も大きいのではないでしょうか。
無添加にこだわって鉱物油、合成保存料、着色料、防腐剤、合成ポリマー、合成界面活性剤は一切使用していないのと、育毛効果を追求した結果、業界最長の「90日間返金保証」付きという点も魅力の一つといえるでしょう。

5952-1377141027-3

出典http://youmouzai-men.info/cat54/

頭の髪の毛の悩みで気になるという悩みは多くあります。
抜け毛、薄毛、頭の髪の毛の悩みのいわゆる「薄毛・抜け毛・はげ頭の悩み」は年齢や遺伝的な要因だけが原因ではありません。
抜け毛や薄毛は男性に限ったことではありません。
女性も同じく抜け毛や薄毛の悩みも多いにもかかわらず、女性用の育毛剤は本当に少ないといえます。
育毛剤WAKAでは、男性も女性もどちらもご使用して頂ける生薬で作られた生薬育毛剤で安心して使えるというのもメリットの一つ。
はげや薄毛の悩みは、まだ20代前半でもどんどん薄毛や抜け毛が進行してしまい30代になる前に頭頂部や前頭部から薄毛になるはげの悩みに苦しんでいる若年若はげの方も急増しています。
髪の毛の抜け毛・はげの悩みは本人にしかわからない深く苦しく精神的にも辛い悩みを持ち続ける心の病気にもなります。
テレビや新聞でも有名な内服薬などがありますが、残念ながら副作用(インポテンツ、自律神経失調症、パニック障害、鬱病)などを低い可能性ですが残念ながら引き起こす恐れもあるようです。
実際に効果を実感しているよい口コミも多くみられます。
WAKAは生薬抽出原液のみを配合したってことで気になり購入しました。
値段はわたしの年代だと気にならないですが、効果は凄く期待してました。
育毛剤ってのは毛生え薬ではないので、フサフサってわけではありませんが、
抜け毛は減り、髪の毛は強くなった気がします。
効果が出て満足です。

コストに関して生薬WAKAは、通常購入すると11,000円と、ちょっと高めです。購入者の口コミでも、唯一値段が高いことがマイナス評価されています。

しかし、定期購入を選択すれば、8,800円で購入可能です。しかも初回は半額(4,400円)になっています。
内容量は120mlで約1ヶ月分なので、日割りしてみると141円になります。1日あたりペットボトルのお茶以下の値段で髪が生えてくると考えると、経済的ではないでしょうか。
2回目以降は1日あたり283円になりますが、それでも1日300円弱です。
育毛剤はある程度の期間使い続けなければ効果が得られないので、定期購入するのが得策だと言えます。実際に87%の人が定期購入を選んでいます。
いつでもやめられるので、もし使う場合は定期購入してみることをお薦めします。

WAKAの成分、効果効能は?

ごく一般的な育毛剤は原料を数倍に薄めて製品化しています。
しかしこの生薬育毛剤WAKAは、効果を高めるために、
育毛成分である生薬の抽出液を一切薄めることなく商品化することに成功しています。
要するに原料をそのままボトルに詰めて、一切薄めることなく完全密封している育毛剤になっています。

詳しい成分については、主に数種類の漢方薬と、日本でも江戸時代に大成した生薬です。

甘草(アマクサ、カンゾウ)、センブリ、オタネニンジン、
セイヨウハッカ、冬虫夏草、マンネンロウ、マンネンタケ、カワラヨモギ、といった8種類の生薬を厳選しています。
100%天然成分の発毛促進剤ということになります。

今までは原料を高濃度で配合するとコストが割に合いませんでしたが、この生薬育毛剤WAKAは、何とか市場に出せる価格帯で、原料を活かした育毛剤を提供できるようになった、ということです。
また生薬WAKAは無添加の天然成分のみなので、防腐剤や着色料は一切入っていないということになります。

そして厚生労働省にも認められた育毛剤であるというのもポイントです。

主成分には“生薬の王”といわれ古来から人々に愛されてきたカンゾウを採用。
食品にも用いられるなど、さまざまな分野で人気のある成分です。高い炎症作用を持っており殺菌作用もあるので、頭皮のフケやかゆみを抑制しながら発毛しやすい環境に整えます。
ほかに、独特のメントール臭がある「セイヨウハッカ」はタンニンや苦味質を含み、抗菌や鎮静効果で肌を清浄にととのえます。お茶として用いられることもある「カワラヨモギ」はタンニン・フラボノイド・精油などの成分を含み、消炎や抗菌作用があります。他にも保湿作用や収れん作用、抗アレルギー作用、細胞修復作用とたくさんの働きが見られます。
血流に働きかける効果は「マンネンロウ」「センブリ」が担っています。
西洋でローズマリーと呼ばれている「マンネンロウ」は、血行促進やメラニン生成抑制として知られており、抗菌、抗酸化、エイジングケア、肌荒れ、ニキビの化粧品に多く配合。頭皮の抗炎症や脱毛、フケのケアに用いられます。根から花まですべてが苦い「センブリ」は、皮膚の抹消血管の運動を高めて血行を促進、毛根の細胞活性化につなげます。
頭皮の保湿に効果を発揮するのは「マンネンタケ」「オタネニンジン」です。
薬用きのこの王者として古来中国で愛用されていた「マンネンタケ」は、苦味のある多糖類やアミノ酸、ビタミン類を含有。乾燥から肌を守る化粧品への配合が多く見られます。不老長寿によいとされてきている「オタネニンジン」は、サポニン配糖体成分による皮膚の保湿や毛髪へのアプローチが確認されています。
男性ホルモンの抑制には「冬虫夏草」が効果を発揮します。
チベットや中国の高原にわずかに生息している「冬虫夏草」は、男性ホルモンの抑制する働きや硬い頭皮をほぐす働き、水分を保持して保湿力を高める働きが見られます。他にも抗ウイルス作用や免疫力を高める働きもあるといわれているので、頭皮への多くの影響が期待できます。
天然成分だけで作られた無添加育毛剤です。
無添加にこだわって作られているので、合成保存料、着色料、香料、鉱物油、防腐剤、合成ポリマー、合成界面活性剤は不使用となっています。
頭皮にストレスを与えるような成分は一切いれず、せっかくの育毛成分を阻害するような成分も除去。まっすぐ頭皮に栄養が届きます。
waka_ikumouzai
大まかに効果をピックアップすると、頭皮環境の悪化頭皮の血行不良、毛根への栄養補給、を改善する効果があります。
発毛促進、脱毛の予防、育毛、薄毛、ふけ、かゆみ、病後の脱毛、養毛などへのアプローチに優れている商品といえるでしょう。

WAKAの副作用は?

WAKAは原液100%の漢方育毛剤ですがWAKAに副作用があるか、気になっている方も多いと思います。結論として「副作用がある」とも「副作用が無い」とも性質上どちらも言えないというのが正直なところでしょう。
ただWAKAの成分には、頭皮に悪影響を及ぼす可能性のある合成保存料、着色料、香料、鉱物油、防腐剤、合成ポリマー、合成界面活性剤などを一切加えていないため、副作用などのリスクはほとんど無いと言えます。
また、医薬部外品として厚生労働省から認可されており、人体に対する作用が穏やかなので、安全上は特に問題ないでしょう。
ただし、注意点は、皮膚への刺激性やアレルギー性の試験を行い安全性は確認されていますが、すべての方に刺激やアレルギーが起きないということではありません。刺激を感じたり、かぶれてしまう場合はすぐに使用を中止してください。また、頭皮に傷、湿疹あるいは炎症などがある部位には使用せず、完全に治癒してから使用してください。
WAKAを使用する上で他の育毛剤と併用しようと考えている方もいるかもしれませんが、併用はおすすめしません。なぜなら、『WAKA』に含まれる生薬が、ほかの育毛剤成分と混ざり、十分な育毛効果が得られないことがあるとのことです。
髪の毛を染めている方は、染めたばかりの髪の毛の場合、色素が落ちてしまう可能性もあるので、色素が落ち着くまで少し時間をあけ、適量を使用すると良いでしょう。
生薬育毛剤WAKAで育毛効果がない人は効果を実感できない可能性があります。
WAKAは頭皮の外側への作用が強い事から、内側からの作用である男性ホルモン型の脱毛症にはあまり効果が期待できません。
しかし全く効かないというわけではなく、また薄毛の原因が全てこの男性ホルモンが原因なわけではありません。現在この男性ホルモン型の脱毛症の人の割合は高くなっていますが、あまりにひどい脱毛症でなければ大丈夫なようです。
口コミも、
新しい生薬でできた育毛剤。育毛剤というか漢方みたいなものなのかな。育毛剤ランキングでは低下気味wでも私の髪の毛には合っていそうで、効果はあり。おかげで抜け毛が減ってきた気がします。天然パーマでハゲている人におすすめかな。
薄毛の進行が止まらず、抜け毛も多かったのですが、この製品を使い始めてからハゲの進行が止まったっぽい。頭がポカポカして血行が良くなっているのが分かる。個人的には超おすすめ。
などがあるように副作用については、使い方さえ間違えなければ大丈夫そうです。

WAKAの価格徹底比較!【プロペシアの種類・効果・価格まで】

育毛剤WAKAってどんな育毛剤なのか

最近になりWAKAという育毛剤の人気がとてもあがってきています。

このWAKAという育毛剤はどんなものでどういった効果があるのでしょうか。

一般的な育毛剤は原料を数倍に薄めて製品化しているため、効果が薄くなってしまう可能性があります。
ですが生薬育毛剤WAKAは、生薬の王様と呼ばれるカンゾウをはじめ、選びぬかれたこだわりの8つの生薬から抽出された成分を一切薄めることなく使用しているため、育毛促進に働きかけます。
主成分には“生薬の王”といわれ古来から人々に愛されてきたカンゾウを採用。
食品にも用いられるなど、さまざまな分野で人気のある成分です。高い炎症作用を持っており殺菌作用もあるので、頭皮のフケやかゆみを抑制しながら発毛しやすい環境に整えます。
ほかに、独特のメントール臭がある「セイヨウハッカ」はタンニンや苦味質を含み、抗菌や鎮静効果で肌を清浄にととのえます。お茶として用いられることもある「カワラヨモギ」はタンニン・フラボノイド・精油などの成分を含み、消炎や抗菌作用があります。他にも保湿作用や収れん作用、抗アレルギー作用、細胞修復作用とたくさんの働きが見られます。
img
血流に働きかける効果は「マンネンロウ」「センブリ」が担っています。
西洋でローズマリーと呼ばれている「マンネンロウ」は、血行促進やメラニン生成抑制として知られており、抗菌、抗酸化、エイジングケア、肌荒れ、ニキビの化粧品に多く配合。頭皮の抗炎症や脱毛、フケのケアに用いられます。根から花まですべてが苦い「センブリ」は、皮膚の抹消血管の運動を高めて血行を促進、毛根の細胞活性化につなげます。
頭皮の保湿に効果を発揮するのは「マンネンタケ」「オタネニンジン」です。
薬用きのこの王者として古来中国で愛用されていた「マンネンタケ」は、苦味のある多糖類やアミノ酸、ビタミン類を含有。乾燥から肌を守る化粧品への配合が多く見られます。不老長寿によいとされてきている「オタネニンジン」は、サポニン配糖体成分による皮膚の保湿や毛髪へのアプローチが確認されています。
男性ホルモンの抑制には「冬虫夏草」が効果を発揮します。
チベットや中国の高原にわずかに生息している「冬虫夏草」は、男性ホルモンの抑制する働きや硬い頭皮をほぐす働き、水分を保持して保湿力を高める働きが見られます。他にも抗ウイルス作用や免疫力を高める働きもあるといわれているので、頭皮への多くの影響が期待できます。
天然成分だけで作られた無添加育毛剤です。
無添加にこだわって作られているので、合成保存料、着色料、香料、鉱物油、防腐剤、合成ポリマー、合成界面活性剤は不使用となっています。
頭皮にストレスを与えるような成分は一切いれず、せっかくの育毛成分を阻害するような成分も除去。まっすぐ頭皮に栄養が届きます。

WAKAの価格は?

一人一回限りの定期コースというものがあります。
育毛実感の近道は続けること。次回からの注文手続きが不要で、自動的に届きます。87%の人が購入しているコースです。

初回のみ一本4400円(税抜・送料無料)
二回目から一本8800円(税抜・送料無料)

ちなみに1回限りの購入の場合、一本11000円(税抜・送料無料)となっていて、少し割高感が感じられます。

だいたい一本で1か月分になり、90日間は返金保証がついています。

プロペシアはどんな育毛剤なの?

プロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。

日本では、MSD株式会社が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年10月11日に製造販売承認を取得し2005年12月14日より国内にて発売開始されております。「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1.0mg」の2種類があります。剤形は円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフィルムコーティング剤です。

プロペシア

出典http://www.fpkrr.org/

ファイザー株式会社のプロペシアのジェネリック(後発医薬品)は2015年2月19日に男性型脱毛症(AGA)治療薬として『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』の商品名にて厚労省から製造販売承認を取得しています。

剤形は先発品であるプロペシアと同じで水で服用するお薬で、色や形もプロペシアと同じくベージュで丸型ですので、見た目も限りなくプロペシアに近いので違和感なく使用できるのではないでしょうか。

製造元は大手製薬会社のファイザー株式会社。

錠剤の表にファイザーをアルファベットで「pfizer」と刻印、裏面には「SU 0.2」(フィナステリド0.2mg含有)又は、「SU 1」(フィナステリド1mg含有)と刻印が入っています。
包装の規格は「0.2mg」はPTPシートの28錠入りのみ、「1mg」はPTPシートが28錠、140錠入りの2種類、90錠入りはボトルにバラで入っています。先発品プロペシアと同様のようです。

finasteride

出典https://www.hama1-cl.jp/propeciageneric/pfizer.html

フィナステリド「サワイ」とはプロペシアジェネリックであり、主成分はフィナステリドです。そのため、効果や副作用に関してはプロペシアと同じですが、コーティング剤などが若干異なります。
販売会社の沢井製薬は大阪市淀川区宮原に本社を置く医薬品製造企業で、ジェネリック医薬品の製造販売を主に行っています。

フィナステリド錠「サワイ」は、1箱28錠のものしかありませんのでご注意ください。プロペシアと違い、1箱90錠や140錠のものはありません。

a818d4d4eb6b9bd0b20c95fa7c82d1fc

出典http://www.united-ikebukuro.com/column/8834/

『フィナステリド「 クラシエ」』はクラシエホールディングス株式会社のグループ会社である、クラシエ薬品株式会社から販売予定の薬です。用量としては、0.2㎎と1㎎があります。
クラシエの漢方や「甘栗むいちゃいました」「フリスク」などなど、様々な商品を販売しているので、クラシエという名前をご存知の方も多いのではないでしょうか。
そのクラシエがプロペシアのジェネリック医薬品(後発品)として作ったのが『フィナステリド「 クラシエ」』です。
プロペシアジェネリックですので効果や副作用は同じです。プロペシアとフィナステリド「サワイ」の違いを比較してもコーティングなどに若干の違いが見られるのみです。
『フィナステリド「 クラシエ」』はプロペシアと同様に14錠が1シートになっており、1箱に2シート、計28日分になっています。
fn_1_ptp
また、個人輸入代行サービスであれば日本未発売ジェネリック薬もスムーズに購入できます。
個人輸入の魅力ですが、通常購入するときと比較して安いという所も見逃せません。
ミノキシジルタブレットを国内で購入した場合と個人輸入した場合とで比較していきます。
フィンペシアは、フィナステリドを有効成分とする、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬として有名な「プロペシア」のジェネリック薬です。
フィナステリド1mg(「プロペシア」と同一成分です)
フィナステリドは、AGAを引き起こす原因である5αリダクターゼ(還元酵素)がジヒドロテストステロン(DHT)に変換される活動を阻害する働きを持っています。
00finpecia
そのほかにも、フィンペシアにキノリンイエローが使用されていた時期に日本限定バージョンとしてシプラ社が販売していたのが、エフペシアでした。
エフペシアにはキノリンイエローが使用されていません。
00fpecia
そして、フィナロなどもあります。
フィナロはインド、Intas Pharmaceuticals社が販売するプロペシア・ジェネリック。
フィナステリド1mg配合。
フィンペシアよりも値段が格安です。
00finalo

フィナステリドジェネリックの価格は?

気になるフィステナリドの価格はどうでしょうか?

プロペシア・・・1錠あたり270円前後

フィナステリド錠ファイザー・・・1錠あたり230円前後

フィナステリド錠サワイ・・・1錠あたり180円前後

フィナステリド錠クラシエ・・・1錠あたり180円前後

フィンペシア・・・1錠あたり30円前後

エフぺシア・・・1錠あたり30円前後

フィナロ・・・1錠あたり25円前後

以上のように個人輸入のプロペシアの価格はかなり低くなっています。

これは、プロペシア、ファイザー、サワイ、クラシエなどは国内で手に入れる場合、必ず医師の処方箋が必要になるからです。

一方個人輸入の場合は個人で購入可能なので、医師の処方箋はいりません。

しかし、安く購入できるのが個人輸入の強みですが、どこから購入するかは注意を払う必要があります。
中には悪徳な業者もあって、偽の薬をつかませるような所もあるようです。
効果がないどころか、不純物が混ざっているとか劣悪な環境の中で製造されているので副作用の心配が高まります。
中には実際にこのような偽の薬を服用することで健康被害や死亡事故も起きています。
ですから安易に購入するのはお勧めできません。
しかしきちんと販売元を確認して信頼できる所であれば、お得に購入できるということも頭の中に入れておきましょう。

WAKAって本当にハゲに効くの?気になる効果・副作用・注意点を紹介

最近広告などで見かけるようになった育毛剤にWAKAというものがあるのをご存じでしょうか?

果たしてWAKAとはどんな育毛剤なのか、また、どれほど効果があるのか。

今回はその辺に関して深堀していこうと思います。

WAKAってどんな育毛剤なのか

WAKAが生まれるエピソードとして、育毛のための薬を考えたところ、特定の症状をターゲットにする西洋薬ではなく自然の恵みを健康維持のために役立てる東洋薬に絞られました。

通りもの組み合わせにより効果を発揮していく生薬は日本人の体質にも合っている医学といえるでしょう。

複数の要因を合わせ持つ薄毛や抜け毛には、こうした複数の症状に働きを見せる漢方が最適と考えられるのです。

数千通りある育毛成分の組み合わせから選び抜いた8種類の生薬でできています。

8つの生薬の原液を水で薄めず、そのまま配合というキャッチフレーズで売られています。
漢方系の育毛剤ということで、アピールされている配合成分全てが生薬で構成されています。その8つの成分が以下のようになります。
①カンゾウ
②マンネンロウ
③マンネンタケ
④センブリ
⑤オタネニンジン
⑥冬虫夏草
⑦カワラヨモギ
これらの成分は通常だと水やアルコールで薄めて配合されるのですが、生薬WAKAについては、一切薄めることなく、高い濃度のままで配合しているのだそうです。
濃度が濃ければ当然成分の有効性も高まるというわけですからこれはいいことなのではないでしょうか。
ただ、内容成分の中に「無水エタノール・1,3-ブチレングリコール、精製水」と書いてあり、100%原液というわけではないようです。
有効成分に関してはほかの育毛剤のように何十種類もはいっているわけではなく、総数でも8種類と少なめです。
その中で有効成分と表示されているのが、カンゾウとセンブリだそうです。
この2つの成分については、どの育毛剤にも配合されている成分だともいえるので、有効成分自体に他の育毛剤との差異は特段ないというわけです。
あとはアピールポイントである、原液抽出ならではの高濃度であること、また他の成分の有効性に期待するとなるわけで、ここからは実際に使い続けてみないとわからない部分になってきます。
5952-1377141027-3
WAKAがほかの育毛剤よりも親切なところは、使用中でも可能な全額返金制度です。
おそらくどの育毛剤よりも長い90日間の期間をとってくれています。
もともとWAKAの内容量は120mlで一ヶ月間分なのですが、それよりもさらに半月以上余分にとっていますね。
実際に育毛剤を使いはじめると、毎日定期量を測ることができず、だいたい規定の1ヶ月を超えて余らすことが多いという声はよく聞かれます。
その点も考慮してくれたのか、WAKAは最初の段階でじっくり試すことが出来ます。この配慮はとても感心できます。
もちろん、自己負担額は返品時の送料と振込手数料だけです。
また一本で購入した場合は11,000円なのですが、定期購入で買った場合は初回が4400円と3分の1くらいで購入できます。
ただしこれは3回の購入は必須なようで2回め、3回めは8,800円かかるため、トータルの投資は22,000円となります。
ただ、育毛剤で効果を出そうとすると続けなければいけないので、本気で続けられるとならば定期購入にしておいたほうが良いと考えられます。
仮に90日間試して自分に合わなかったとしても、返金制度は適用されるそうです。
成分ごとに効果を見ていくと、頭皮の清潔を維持、抗炎症作用があるのは「カンゾウ」「カワラヨモギ」です。
主成分には“生薬の王”といわれ古来から人々に愛されてきたカンゾウを採用。
食品にも用いられるなど、さまざまな分野で人気のある成分です。高い炎症作用を持っており殺菌作用もあるので、頭皮のフケやかゆみを抑制しながら発毛しやすい環境に整えます。
お茶として用いられることもある「カワラヨモギ」はタンニン・フラボノイド・精油などの成分を含み、消炎や抗菌作用があります。他にも保湿作用や収れん作用、抗アレルギー作用、細胞修復作用とたくさんの働きが見られます。
血流に働きかける効果のある成分は「マンネンロウ」「センブリ」です。
西洋でローズマリーと呼ばれている「マンネンロウ」は、血行促進やメラニン生成抑制として知られており、抗菌、抗酸化、エイジングケア、肌荒れ、ニキビの化粧品に多く配合。頭皮の抗炎症や脱毛、フケのケアに用いられます。根から花まですべてが苦い「センブリ」は、皮膚の抹消血管の運動を高めて血行を促進、毛根の細胞活性化につなげます。
頭皮の保湿に効果があるのは「マンネンタケ」「オタネニンジン」です。
薬用きのこの王者として古来中国で愛用されていた「マンネンタケ」は、苦味のある多糖類やアミノ酸、ビタミン類を含有。乾燥から肌を守る化粧品への配合が多く見られます。不老長寿によいとされてきている「オタネニンジン」は、サポニン配糖体成分による皮膚の保湿や毛髪へのアプローチが確認されています。
男性ホルモンの抑制には「冬虫夏草」が効果を発揮。
チベットや中国の高原にわずかに生息している「冬虫夏草」は、男性ホルモンの抑制する働きや硬い頭皮をほぐす働き、水分を保持して保湿力を高める働きが見られます。他にも抗ウイルス作用や免疫力を高める働きもあるといわれているので、頭皮への多くの影響が期待できます。
140211Image2
無添加で安心して使えるというのが高ポイント。
わざわざ生薬にこだわっているのだから、無添加を貫いているのは好評価ではないでしょうか。
もちろん香料や着色料も使用していないとのこと。無添加の育毛剤だからこそ多くの人が安心して使える仕上がりになっていると考えられます。

効果を実感した人の口コミ

今まで何種類か育毛剤を試したのですが、頭皮がかゆくなり続けることが出来ませんでした。ワックスをつけた状態でままお風呂に入らず、翌日になるだけで頭皮がかゆくなる体質なのでおそらく刺激が強すぎたのだと思います。そこで化学成分を一切除外した生薬100パーセントという言葉に惹かれてWAKAを購入することにしました。無香料なので生薬の匂いが若干しますが、敏感肌の私が使用しても頭皮がかゆくなることはありませんでした。ようやく継続して使用出来る育毛剤に出会えて本当に嬉しかったです。

引用http://www.sherwoodgrowthzone.org/

WAKAを購入し利用し始めてから3カ月が経ちました。生薬なんて本当に効果があるのか疑問でしたが使い始めてすぐに劇的に抜け毛が減ったのでこれは信頼出来ると思って使い続けました。最近ではしっかりと産毛が生えてきていることも実感出来、本当に嬉しいです。育毛剤のことを今まではただの気休めで精神を安定させる程度のものだと思っていたのですが、育毛剤に対する考え方が180度変わりました。まだあまり認知度がそこまで高くない育毛剤かもしれませんがWAKAはおすすめですよ。

引用http://www.sherwoodgrowthzone.org/

 

30代前半くらいから徐々に薄毛が進行していたのですが、何の対策もせずに放置していました。ある日、娘に「なぜパパは友達のパパより髪の毛が少ないの」と言われてショックで育毛対策をしようと決意しました。そんな時知り合ったのがWAKAです。90日間もの期間返金保証があるという理由で、効果がなかったら即解約しようと疑いながら購入しました。使用してすぐに抜け毛が少なくなり、3カ月くらいから少しづつ髪の毛が増えていることを実感出来たので今でもWAKAを使用しています。

引用http://www.sherwoodgrowthzone.org/

このように、実感されている人の声がよくあります。

無添加、生薬という部分でいうと、アレルギー体質の人や肌が弱い人にとっては継続していくうえでかなり重要なポイントになってきます。

WAKAは合成保存料・着色料・香料・鉱物油・防腐剤・合成ポリマー・合成界面活性剤も使用しておらず、無添加の育毛剤となっています。

育毛有用成分のバランスはとても養毛剤です。良い成分の効能的にも、男性ホルモン抑制、血行促進、栄養、保湿、消炎、抗酸化のほぼすべての効能をカバーしています。配合成分は、完全無添加で、厚生省の認可付きなので、副作用もなく安心です。

ただ、残念ながらよくない口コミもあります。

薬用WAKAを使ってみた感想ですが、ちょっとインパクトに欠ける感じです。
天然成分を豊富に含んだうえで、無添加にこだわっているのは大きなメリットだと思います。
頭皮への刺激も少ないため、不安を残すことなく育毛に取り組めるでしょう。
その一方で、漢方薬を主体とした育毛剤なので医学的根拠が不足しているイメージです。
誤解を恐れずに言ってしまえば、現在の育毛剤の主流からは少し離れた感じですね。

引用http://osusume-ikumouzai.com/review/waka.html

止めたいのですがとりあえず3か月(3本分)を消化し変化が見られなかったら返金請求させてもらいもらいます。

引用http://xn--y8ja3oq74kdmak95j8q4a.biz/syouyakuikumouzai_waka_kansou_kouka.html

と、いうように実感できなかった人も多数。

育毛剤WAKAの「生薬100%」という特徴が、 人によって効果に差があるという現状に 影響しているのかもしれませんね。

内容成分的にいうと、AGAの進行が進んでいる人などはあまり効果が期待できないようです。

そして、水で薄めない処方で100%生薬なことから、内容量は120mlと他の育毛剤と比べて少ないようです。

今のところ副作用などは報告されてませんので、副作用に関しては心配なさそうですが、先ほど言ったように、AGAの進行が進んでいる人は避けたほうが無難かもしれません。

ただし、皮膚が弱い人などに関してはおすすめできるので、選択肢の1つにくわえてもいいと考えられます。