薄毛のチェック

円形脱毛症で爪が凹む?「爪甲縦条」「爪甲横溝」〜原因と対策〜

■「爪がなんだかおかしい」は円形脱毛症の前触れ!?

「爪と髪なんて全く関係ないんじゃないか?」と思うかもしれませんが、実は爪と髪は構成されている成分がほぼ同じなんです!

つまり、爪に異常が発生すれば髪にも異常が発生している可能性が高いということですね!

とはいえ、実は爪の凹みってほぼ100%の方がなってしまう症状とも言われているんです。

ただそういった爪の凹みにも種類がいくつか分かれています。そしてそのすべてが円形脱毛症に直接繋がっているわけではありません。是非とも、ここから先はご自分の爪を見つめながら、読み進めてみてください!

■爪の凹みにもいろいろな種類が!

ひとくちに「爪の凹み」といっても実はいろいろと症状に種類があります。中には、爪の凹みと言っても別段体に異常がないとされているものもありますので、ご紹介しておきましょう。

・爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)

tsume8
出典:http://trendpride.com/archives/3266.html

爪に縦線が入っている状態が爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)です。爪甲縦条になっている方は割と多いのではないでしょうか?

というのも、この爪甲縦条は加齢とともに誰しもがなってしまう爪の凹みの一種であり、40代以上ではほぼ100%の方が爪甲縦条になってしまうので、そういった意味ではあまり重要な症状ではありません。また、冬などに空気が乾燥した際にも表れやすいです。

ただ、若い内からあまりにも爪甲縦条がひどい場合は要注意が必要です。

というのも爪甲縦条になってしまう主な原因が「爪に十分な栄養が行きわたっていなかったり、必要な栄養素が足りていないと起きてしまう」というものだからです。

冒頭でもご紹介しましたが、爪と髪の成分構成はほぼ同じです。つまり爪の状態が悪ければ頭皮や髪にも栄養がいきわたっていない可能性が高いということです。

「まだ20代~30代なのにやたら線が濃くはっきりしてる…。」という方は生活が乱れていないか一度しっかり振り返ってみましょう!

・爪甲横溝

yokomizo
出典: https://allabout.co.jp/gm/gc/45118

横に白く線が入ってしまっていたり、凹んでしまっている場合は爪甲横溝の可能性が高いです。この場合は気管支炎や気管支疾患、神経系疾患、排尿系疾患の可能性など、体の表面上に出てこないトラブルが多くなります。

また、皮膚炎や皮膚疾患の可能性もありますので、頭皮にも何かしらの影響が及ぼされている可能性もあります。

ドアで指を挟んでしまったり、何か重いものを爪の上に落してしまったりした際も、この爪甲横溝になってしまう可能性があります。直近でそういった出来事があった場合は、そちらが原因であると考えたほうがいいでしょう。

・爪甲点状陥凹

9118
出典:http://yoshikoclinic.yoka-yoka.jp

ポツポツと凸凹ができてしまうのが爪甲点状陥凹です。皮膚疾患や円形脱毛症になってしまうと、爪にぽつぽつとデコボコができてしまう可能性があります。

画像のように爪全体に症状が現れることもあれば、一部にポツンと凹んでいるだけで目立ちにくい場合もあります。

もっとも円形脱毛症に関連性のある爪の症状と言われており、もし爪甲点状陥凹を見つけた際は、必ず頭皮も確認することをオススメします。

■爪が凹む時ってどんな時?

代表的な爪の凹みの症状についてご説明しましたが、そもそも何故爪の凹みが出来てしまうのでしょうか?

その原因を紐解いていくと「爪の凹み=円形脱毛症」の関係性も見えてきます。

・栄養不足

爪や髪にとって必要な栄養素が不足してしまうと、やはり表面上に影響が出てしまいます。

タンパク質、ビタミンB、ミネラル等々、必要な成分は多岐にわたりますが、特に爪や髪にとって不足しがちになってしまうのが、鉄分や亜鉛といったミネラル系の成分です。

特に亜鉛は、髪の毛や爪の主成分であるタンパク質の合成に必要不可欠なものであるにもかかわらず、日本人は非常に不足しがちです。

亜鉛は過熱してしまうと成分の多くが失われてしまうため、なかなか普段の食生活で補うのは難しい成分でもあります。

・ストレス

髪の毛にとっても天敵のストレスですが、爪もストレスによって凹んでしまったり薄くなってしまったりします。

ストレスを感じると、人間は自律神経が狂い始めてきてしまい、結構の流れが悪くなったり細胞の生成に悪影響が及ぶことがあります。髪や爪は特に栄養素が流れ行きづらい箇所なので、ストレスによって影響を受けやすいです。

・睡眠不足

人間の成長ホルモンは睡眠を摂っている時に分泌されます。すなわち、睡眠時間は人間にとって体の“メンテナンス”を行う時間です。

極端な話ですが髪や爪と心臓や脳であれば、どちらが生きていく上で重要かといえばもちろん心臓や脳ですよね? ということは、メンテナンスを行う優先順位は高いということです。

つまり、睡眠時間が短いと生命維持活動に必要な器官のメンテナンスで体が手いっぱいになってしまい、爪や髪にまで成長ホルモンが行きわたらなくなってしまいます。

睡眠不足は本当に百害あって一利なしというようなものなんですね。

爪の凹みの原因をご覧いただいてわかるのは、どれも“薄毛の原因にもつながる”ということ!

爪と髪に因果関係があること、だいぶ理解できて来たのではないでしょうか?

■爪の凹みの“位置”や“どの指か”にも注目を!

爪の凹みを見つけた際、すぐに「円形脱毛症かもしれない!」と結びつけるのではなく、どの指に凹みができているかにも注目してみましょう。

実はどの指に凹みが出来てしまっているかによって、体に起きている異変がどういったものなのかがわかります。

親指:過労や精神的ストレス
人差指:湿疹や皮膚炎などの慢性的皮膚疾患
中指:排尿系
薬指:気管支炎など気管支
小指:神経痛などの神経系

円形脱毛症に深く関係がありそうなのは親指人差し指だと言えるでしょう。

ただ、冒頭でも述べた通り爪と髪は構成されている成分がほぼ同じであるため、そもそも爪に何らかの異常が発生した場合は「もしかしたら髪もまずいかも?」と考えるべきでしょう。

■爪の凹みをみつけたらどうすればいいの?

・必要な栄養素を摂る!

偏った食生活をしている方は、しっかりと爪や髪の生成に必要な成分を摂るように心がけましょう。

また、亜鉛などのミネラル分に関しては、普段の食事で摂取することが難しいのでサプリメントなどを活用するのもいいでしょう!

・生活環境の見直し

ストレスを感じてしまう環境や睡眠不足など、生活環境を見直せる部分は見直すべきでしょう。

どうしても改善が難しい場合は、軽い運動やストレッチなどを行い「体の血行をよくする」などをして、少しでも状況の改善をはかりましょう。

・病院で治療を受ける

あまりにも症状が長引く場合や、爪の凹みがひどい場合は必ず病院へ行くことをお勧めします。爪の凹みは円形脱毛症だけではなく、糖尿病や器官系の病気の可能性もあります。

■“円形脱毛症を治す”だけではダメ!

例えば、細胞などが誤作動を起こしてしまい、結果として爪の凹みと円形脱毛症が発症しているケースならまだしも、両方が発症しているのに「円形脱毛症だけ治療を行う」のは、あまり良いとは言えません。

例えば、育毛剤を使って頭皮に有効成分を塗布したり、通院して円形脱毛症の治療だけを行えば、確かに円形脱毛症の症状は改善するかもしれません。

それで爪の凹みも一緒に改善されればいいのですが、もし凹みはそのまま残ってしまっている場合は、何か根本的な部分が解決していないということになります。

冒頭でもご紹介しましたが、爪の成分と髪の成分は非常に似ているものである為、爪がそのままなら髪にもまたすぐに影響が出てしまう可能性があります。

■爪を治すと円形脱毛症が治る!?

爪の凹みとともに円形脱毛症になってしまっているのであれば「爪の凹みの原因=円形脱毛症の原因」である可能性が非常に高いといえます。

つまりは、爪の凹みを解消すれば円形脱毛症も回復に向かうと考えられそうです。

そこでオススメしたいのが「爪もみ」と呼ばれるマッサージ方法です!

■円形脱毛症にも効果アリ「爪もみ」とは!

爪もみとは、爪の根元を挟んでマッサージすることで円形脱毛症を治療する一種の方法です。

爪の根元には神経が集中しており、ここをマッサージすることによってストレスなどで狂ってしまった自律神経を正常な状態に戻したり、副交感神経の緊張をほぐして免疫能力を正常に戻すなど、非常に効果が高いです。

ただし、神経が集中している分、やり方を間違えてしまうと体に悪影響が及んでしまう可能性もありますので、しっかりと説明させていただきます!

・「爪もみ」の基本的なやり方

tumesetumei
出典:http://homepage3.nifty.com/harima-p/tumemomi.html

参考画像のあたりを、片方の手でぎゅっと揉むのが爪もみです。強さとしては「少し痛いかな?」くらいの強さで1日2~3セットずつ揉みましょう。指の腹で揉むよりも指先で揉むとより効果的です。

「早く治療したい」「効果がないからもっと多くやりたい」という場合は、多少もむ時間を長くするくらいにしてください。一日に何回も爪もみを行うことは避けましょう。

・円形脱毛症には「親指」が効果的!

爪もみをする際に意識したいのが、揉む指によって効果のある個所が違うということです。特に円形脱毛症の場合に効果があるのは「親指」だといわれています。

爪もみを行う際に、一番治したいと思う症状に対応した指は少し長めに押すのがよいとされていますので、ほかの指は10秒ずつ。親指だけは20秒爪もみをするという形にするのが、円形脱毛症の治療ではベストといえます。

・薬指は要注意!

基本的に、爪もみは治療したい部位以外の爪もマッサージしなくてはなりませんが、薬指の爪の根元には交感神経が集中しているため、爪もみをしてしまうと不眠に陥ってしまったり、免疫力が低下する可能性があります。

特に、睡眠前に爪もみをする場合は、薬指だけは避けるようにしましょう。

■いち早く「頭皮の異変」に気づくために「爪をみる」!

朝起きた後や、夜寝る前に必ず「爪をみる」そんな習慣を身に着けておくだけで、円形脱毛症をはじめとした頭皮のトラブルを未然に予防したり、早期発見につなげることができるということですね!

お手軽だけど効果抜群な「爪もみ」もぜひ、試してみることをオススメします!

ハゲの最新治療法まとめ~円形脱毛症にはこれ~

ハゲの治療法は、育毛、羊毛を主体とした保存療法を行うか、植毛を行う手術療法を用いるか、大きく治療法を分けるとするならばこの二者一択となります。単にハゲの外観だけを見て決めることはできません。頭のハゲテいる部分の皮膚の一部を採り、毛の根っこがあるかどうかをまず詳しく検査しなければなりません。男性脱毛型(AGA)では、プロペシアやリアップの投与が一般的です。円形脱毛症においては、その種類によって、薬の投与を気お付けなければなりません。一口にハゲの治療と言いましても多岐に渡った治療法があると言うことです。そこでここではハゲの治療法についてまとめてみました。特に円形脱毛症については、最新の治療法より最適な治療法を追求してみました。

多岐に渡ってある最新ハゲの治療の流れ

一般的な、ハゲの治療の流れを追って見ます。
ハゲの治療をするには、先ず頭皮の検査は欠かせません。
その検査結果によって、先ず局所麻酔薬を注射します。
これは一般的な予防注射よりも、もっと少ない量なので、痛いのはホンの一瞬です。
局部麻酔後約5~6分後痛みを感じなくなってから2~3㎜大の小さい皮膚片を切り採り、その傷を見えなくするためにキズを縫います。
採った皮膚は、毛の根元を調べるために、特殊検査の染色法を行います。
約1週間後に、その結果が出ます。
顕微鏡を使用して、毛の根元が活動状況か、冬眠状態化、または既に退化して消え失せてしまったのかを良く調べます。
もし活動状態、冬眠状態の毛の根っこが多い場合は、育毛,養毛を主とした保存療法を選択し、毛の根元が既に退化し、消えてしまった人には植毛、または手術治療を行うと言う訳です。
こうした過程を踏んで、本格的治療に進みます。
こうした方針決定は、大変重要なことです。そして次に進むための戦略を建てます。

手術をしない治療法 保存療法

保存療法の最大の条件は、毛の根っこが残っているかどうかということです。
この状態は、外側から観察しただけでは全く分かりません。
したがって、詳しい検査が必要なのです。
保存療法で行けるとなりますと次の治療に進みます。

血行を増やす治療

血行を増やす治療としては、頭の皮膚を温めること、マッサージをすること、血行を良くするために、近赤外線や、特殊レーザー光線を掛けます。
そして薬を服用するなどがあります。
特殊なものとしましては、男性ホルモン抑制剤入り、クリームを付けること等があります。

近赤外線の照射

赤外線には波長により、近・中・遠と言う3つの異なった赤外線があります。
これらの内特に、皮膚の透過性も良いため,照射すると頭皮の温度が適宜に広がり、血行が良くなってきます。
この方法は、医師の指揮下で行うことが重要です。
良いからと言って、あまり長い時間照射しますと、かえって火傷などの傷害を受けることもあります。

マッサージ

頭皮のマッサージを行います。
マッサージと言っても軽く、叩くように行った方がいいでしょう。

薬の服用

特に高齢の人は、薬の服用がいいでしょう。
米国製のミノキシジルという養毛薬は、頭皮の血行を増加させるために使われます。
心臓病その他の血管の障害がある人には用いられません。
その他2~3の特殊薬剤がありますが、それらも医師の処方下で、医師の指導の下に服用することが肝心です。
自分でむやみに飲んだりしますと、副作用のためにいろいろな障害を起こす可能性があります。

手術療法

薬を服用することや、塗ることで症状が治りにくい場合は、手術療法を行います。
この治療法は、薄毛部分の毛根に発毛する力がなくなっている場合、毛を埋め込んみ、皮膚を移植する植毛手術によって、毛髪を蘇らせるのです。
もちろん専門医の手で行います。

植毛手術

植え付けは、人口毛では移植部分への定着が難しく、急性炎症を起こすこともあり、定着しても、精々1~2年で植え替えが必要になります。
そこで一般的に普及していますのが、自分の毛を毛根ごと、移植する「自毛植毛」です。そして大量の毛を移植したい時には、頭皮を移植する手術があります。
これは薄毛部分を頭皮ごと切り開き、そこに移植する「有茎弁種皮手術」もあります。
手術も、術後のケアも時間がかかりますが、植えつけの定着率が良い方法です。

同種植毛

他人の毛を移植する方法です。
心臓移植、肝臓移植と同様に、永久に生着することは現在では望めません。
特に毛髪は、免疫拒絶反応が強いため、他人の皮膚の移植と同様に3週間程度の生着しか望めませんので、実用不可能と言われています。

その他の手術療法

切除縫合法

ハゲの部分を切り取り、毛のある部分で縫い合わせます。
比較的小さいハゲの治療に使います。
幅の広いハゲの場合、その部分の皮膚は一般に退化している場合が多く、一度に切除することができません。

エクスパンダ―法

ハゲに近接した、毛の生えている部分の皮膚の下に、風船のようなものを挿入し、これを徐々に膨らませて延ばした、皮膚を利用する方法です。
丁度妊婦のおなかが臨月に近づくにつれ、膨らむことと同じことです。
おなかの赤ちゃんが、徐々に大きくなるにつれ、お腹の筋肉、皮膚は次第に拡張されていきます。
この原理を応用して、風船のようなものをゆっくりと皮膚の下で、膨らませて行きますと、毛の生えている皮膚も徐々に伸ばされます。
この伸びた部分を利用して、ハゲの部分を被うと言う方法です。

エクステンダー法

エクステンダーとは拡張器という意味です。
こちらは金属で作った、ギザギザの熊手の様なものを直接キズの下、またはハゲの中に入れ、少しずつ中央に向って引っ張る方法です。
原理はエクスパンダ―もエクステンダーも同じで、皮膚を延長する方法です。

毛髪剤

毛髪剤を大きく分けますと、皮膚面上に露出している、毛の部分(毛幹)は作用する薬剤と、皮膚の下に埋もれている外部から見えない部分の毛根、毛母と言われる部分に作用するものとがあります。
毛幹部に作用する毛髪剤は、シャンプー、リンスなどがあります。
毛根に作用するものとしては、育毛剤、養毛剤等があります。

円形脱毛症の一般的治療法

円形脱毛症は文字通り、コインのように円形の脱毛が起きる病気です。
最初は1cmほどの小さなものから、数センチのものまで様々です。
1ヵ所だけでなく、多発することもあり、髪の毛だけでなく、眉毛、腋毛など全身の毛が抜ける場合もあります。
最初の単発の内は放っておいてもすぐに治るのが一般的ですが、放置しておくと前頭に広がり、恐ろしい結果になります。
種類としては「単発型」「多発型」「全島型」「汎発型」「蛇行型」「逆蛇行型」など多岐に渡ってあります。
治療法としましては「局所免疫療法」「ステロイド局所注射」「ステロイドパルス療法」「ステロイド内服療法」「塩化カルプロ二ウム」「セファランチン」「グリチルリチン」「抗ヒスタミン薬」「紫外線療法」等があります。
治療としてはステロイドを使用することが一般的です。

比較的よく用いられる薬剤・治療法

比較的一般的に用いられます薬剤と治療法は、塩化かルプロ二ウム(フロジン液)、グリチㇽチン、ステロイド、セファランチン、ミノキシジル、ドライアイス圧抵療法、液体窒素療法、紫外線療法、局所免疫療法、免疫抑制剤、低出力レーザー、等があります。
円形脱毛症の場合は、特にどのような治療法が効果的かは、人によってさまざまです。
また治療にかなりの時間がかかるケースもあります。
医師と相談しながら根気よく治療を続ける覚悟が必要となりましょう。

ここまで来た円形脱毛症の最新治療

円形脱毛症の病態が徐々に解明されてきた現在、2014年以降、最も注目されていますのがJAK阻害薬による治療方法です。
円形脱毛症の病態の中心となります、インターフェロンというサイトカインは、細胞上の受容体に結合しますと、細胞内のサイトカイン受容体に結合していますJAKが活性化します。
受容体のチロシン残基自己リン酸化が起こり、STAT分子のSH2ドメインとの結合部位になります。
このJAK阻害薬「ルキソリチ二ブ」「トファシチ二ブ」によるマウス,ヒトの円形脱毛症の治療効果について検討した結果が報告されています。
円形脱毛症モデルマウスで、アルミ発症マウスに、円形脱毛症を発症していますマウスの皮膚を移植することで円形脱毛症を誘導することができるとしています。
この現象を利用して、移植マウスに、たいして「ルキソリチ二プ」や「ファシチ二ブ」を投与しますと、非投与群では16週後に99%のマウスが発症しましたが、薬剤投与群では、それぞれ100%、0%の発症率でした。
これらの薬剤が、円形脱毛症を抑えた、との結果が公表され話題を呼びました。

円形脱毛症の今後の課題

円形脱毛症の病態は解明されつつも、まだまだ既存の治療法による、対応を迫られていると言えましょう。
病気の上で、つまり、急性期なのか、慢性期なのかを適切に判断し、必要性があれば皮膚組織を採取して、毛包の状態を確認し、より良い治療選択をすべきです。
しかし、なかなかそこまで踏み込んで検査や治療をしてくれる、クリニックや病院は少ないと言うのが現状です。
残念なことに、脱毛症疾患への関心や、患者の脱毛症状に対する深い悩みを共有してくれる、医療機関ばかりではありません。
安全性が高く、効果のある治療の一つであります局所免疫治療法を、行っている医療機関もまだまだ少ないのです。
さらには、社会における脱毛症に対する理解が進んでいない、と言う面もあります。
学校の教師が、脱毛症の生徒にウイッグや帽子の着用を認めない、ケースすらあるのです。「髪の毛ぐらい」といった風潮があるのは事実であり、テレビ番組においても薄毛を笑いの対称にしているのをよく目にします。
患者の心の痛みを共有し、社会全体で優しくサポートする時代が来るよう、一人一人がこの病気を理解して行かなければ、根本的な問題は解決しないでしょう。

あなたは本当に大丈夫?ハゲの5つの前兆

hard_scalp

人生の転機や災害など今思えばあれが前兆だったのかと感じることがあると思います。
それは、ハゲでもあります。
今思えばあれがハゲる前兆だったのかと思う前に対策を行いたいものです。
今回はハゲの前兆とその対策についてまとめました。

ハゲの前兆

「最近抜け毛が多い」や「排水溝に溜まる抜け毛が増えた気がする」など”気”がすると感じたことはありませんか?
それ、実は気がするではなく本当に抜け毛が増えていて、その前には様々なハゲになる前兆があったかもしれません。
ハゲになる前兆をしっかり見極めたいと思いますが、前兆いくつかあります。

見逃せないハゲの前兆

頭皮が硬くなってきた

hard_scalp

(出典: http://scalpcare-navi.net/guide/%E5%9B%BA%E3%81%84%E9%A0%AD%E7%9A%AE/
絶対ではありませんが、頭皮が硬いのはハゲの前兆です。

硬い頭皮は、血液循環が悪く栄養不足になっているため、つっぱり感や触ると痛みを感じます。
毛穴が詰まりやすく、頭皮環境を悪化させ、頭皮だけではなく顔のたるみにも繋がります。

逆に柔らかい頭皮は、血液循環が良く栄養が行き届いているため、手で動かすと頭皮が動きます。
毛穴の汚れが溜まりにくく、顔もハリと弾力があります。

頭皮が硬くなる原因は血行が悪いからだと言われています。
血行が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が届きにくくなり、ヘアサイクルが乱れることで薄毛になります。

血行が悪くなる原因は日常生活の中にあります。

デスクワーク

0810010

(出典: http://menzine.jp/lifestyle/tenomukumimassaaji1254/
デスクワークに限らず、長時間同じ姿勢を続けていると首や肩の血行が悪くなります。
その影響で頭皮への血行も悪くなります。
また、目を酷使することでも目が疲労し血行を悪くします。

体の冷え

men-feel-the-cold8845

(出典: http://health-to-you.jp/sensitivitytocold/danseihiesyouedgenin8845/
体が冷えることも血行を悪くする原因となります。
体が冷えると血液やリンパ液の循環が上手くいかないため、頭皮への血行が悪くなります。
自宅はもちろん職場や電車内の冷房は体を冷やしますし、冷たい飲み物を摂り過ぎても体は冷えてしまいます。

シャンプー剤

1437284304800

(出典: http://u-note.me/note/47502888
頭皮を柔らかく保つには適度な皮脂が必要になります。
乾燥しすぎて皮脂がない状態だと頭皮はどんどん硬くなります。
逆に皮脂が多すぎても毛穴を詰まらせて頭皮環境を悪化させてしまいます。

原因は使用しているシャンプー剤がほとんどです。
自分の頭皮に対して洗浄力が強かったり、または弱かったりなど合わないシャンプー剤を使用すると、皮脂の分泌が適度にされません。
また、酸性石鹸やアミノ酸系など刺激の少ないシャンプー剤を使うことでも頭皮の硬さを改善することができます。

偏った食生活・睡眠不足

バランスの悪い食事や慢性的な睡眠不足は頭皮を硬くする原因となります。
腸内環境を悪化させ、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、老廃物が蓄積されることで頭皮を硬くしてしまいます。

髪質が変わった

髪質が以前と変わってしまったと感じたならハゲの前兆です。

元々は硬い髪質だったのに、柔らかくなってきたと感じているならそれは髪に十分な栄養が行き届いていない可能性があります。
また、直毛だったのにクセ毛になったのであれば、皮脂分泌が低下による毛髪の水分バランスの乱れや、頭皮の弾力低下によるたるみです。
髪質が変化はハゲの前兆となりますので放っておくと危険です。

フケ・かゆみが出る

フケが前よりも多くなったと感じた場合もハゲの前兆です。
フケには乾性フケと脂性フケがあります。

乾性フケの原因は
・洗浄力の強いシャンプー剤で皮脂を取りすぎている
・パーマ、カラーによる頭皮への刺激
・フケ原因菌の増加
・頭皮を不潔にしているため

脂性フケの原因は
・洗髪不足
・男性は男性ホルモンにより皮脂が分泌されるため
・頭皮の皮脂を栄養とする菌の発生

などです。
共通する原因は
・ストレス
・運動不足
・偏った食生活
・睡眠不足

などです。
フケが多く発生すると毛穴につまりやすく、炎症が起き頭皮環境が悪化してしまいます。
その結果、薄毛の原因となります。

毛根が細い

通常抜け毛は毛根部がマッチ棒の様になっており膨らんでいます。
これは正常なヘアサイクルで成長期を終えた健康な抜け毛です。
一方、毛根部が細く抜け毛が一直線になっている抜け毛は危険です。
毛母細胞の細胞分裂が、正常に行われず毛根が根をはれなかったために抜けてしまったと考えられます。
薄毛の症状が出始めていますので要注意です。

産毛の様な抜け毛がある

産毛の様に細くて柔らかい抜け毛はありませんか?
これは、とりあえず発毛したけど成長しきれずにけてしまった毛です。
完全なる発毛不足の症状で、ヘアサイクルが乱れていると思われます。

ハゲる原因は?

ハゲるには前兆がありそれは普段から気にしていないと見逃しがちになりますが、そもそもハゲる根本的な原因は何なのか?
髪にはヘアサイクルという、髪の一生の工程があります。

img03
(出典: http://www.hair-abc.com/aga/
成長期は毛髪が成長する時期で約4〜7年程です。
退行期は成長した髪が脱毛する時期で約2〜3週間です。
休止期は毛乳頭の活動が休止する時期で数ヶ月です。

ハゲてしまうのは、このヘアサイクルの成長期が短くなってしまい、成長しきれずに短いまま脱毛してしまうことが原因です。
先程紹介した前兆の先には、このヘアサイクルの乱れが関係してきます。
他にも男性ホルモンや遺伝の影響なども関係してきます。

前兆を察知し対策を

見逃したくない前兆ですが、この前兆を見逃さずにしっかりと対策をすることでハゲを防げる可能性があります。
その対策を紹介していきます。

バランスのとれた食事

normal

(出典: https://cafy.jp/images/89714
まずは栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。

脂っこいものや自分の好きなものだけ食べていませんか?
または、カップラーメンやお菓子を毎日のように食べていませんか?
栄養が偏っている状態だと確実に抜け毛が増えます。

髪にとってバランスのとれた栄養を摂ると言うことは非常に大切です。
その中でも「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は髪の成長にとって積極的に摂りたい栄養素です。

毛髪はタンパク質でできており、毛髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚の他にも、大豆製品や卵などからも摂取することができます。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物、黄色野菜、植物性の油、レバーなどからも摂取できます。
野菜が嫌いな人や果物を食べる習慣がない人は多いと思いますが、薄毛予防のために食べる習慣をつけましょう。
これらは肌のハリやツヤにも影響しますので、摂取すると良い事だらけです。

ミネラルのうち亜鉛は髪にとって大切な栄養素となります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収されますが、再びタンパク質として合成されます。
その合成を助けるのが亜鉛で、効率よく毛髪を成長させるのには必要な栄養素です。
牡蠣に多く配合されており、豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

上記の様な栄養素をバランス良く食べる事で薄毛予防になりますので、バランスを考えて食事をするように心掛けましょう。

十分な睡眠時間

583bca4d203b5d9fd4b9c2586b5cc9e8

(出典: http://smaclub.jp/archives/37367
慢性的な睡眠不足は抜け毛の原因となります。
遅くまで仕事をしていたり、ダラダラテレビやネットを見ている人は多いと思います。

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届きにくくなります。
また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

忙しい人が削ることといえば睡眠になるかもしれませんが、睡眠は仕事や勉強のパフォーマンス向上にもなります。
睡眠もスケジュールの内に入れてしっかりと取りましょう。

頭皮のケア

way-of-scalp-massage_01

(出典: https://greenbuildingsbc.com/hair-growth-for-man/way-of-scalp-massage/
凝り固まった頭皮をほぐしたり、頭皮の環境を整えることは薄毛を予防する上では大切です。
具体的に言うと、育毛剤や育毛シャンプーやマッサージをしましょう。

育毛剤や育毛シャンプーは薄毛の人専用ではなく、抜け毛予防のためも使います。
血行促進作用の他にも、フケ・かゆみ・炎症を抑え、発毛に効果的な成分も配合されています。
血行を良くすることで頭皮に栄養が届きやすくなり、フケかゆみ・炎症を抑えることは毛穴を綺麗に保つことができるので頭皮の状態を良くすることができます。
シャンプーの洗浄力も自分の頭皮にあったものを選びましょう。
皮脂分泌の多い人が洗浄力の弱いものを使っていると、汚れや皮脂が残ってしまい毛穴をつまらせますし、逆に乾燥肌の人が洗浄力の強いものを使っていると、必要な皮脂を取りすぎて逆に過剰に皮脂を分泌しようとします。
結果的に毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させる原因となります。
頭皮環境を整えるということは抜け毛予防にとって大切なことです。

そして、お風呂上がりに頭皮のマッサージを習慣化しましょう。
頭皮に刺激を与えることで、血液の流れが良くなり血行が促進されます
そうすることで、髪に栄養が届きやすくなり成長も促進することができます。
凝り固まった頭皮をほぐすことができます。
マッサージを続けることで、しっかりと太い髪が育ち、ハゲ予防となります。

たばことお酒は適度に

10827-1

(出典: http://www.skincare-univ.com/article/010827/
中々止められないと言う人は多いと思いますが、、お酒とたばこは適度な量に抑えましょう。

たばこが体に与える悪影響は大きく、抜け毛を増やしてしまいます。
たばこは血管を収縮させ、全身の血行が悪くなります。
頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したり、男性ホルモンの分泌を増加させる作用もあります。

お酒は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールは体内に入ると肝臓で分解されますが、飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
肝機能が弱くなると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなり、髪に必要なタンパク質が足らずに髪が成長できない状態になります。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

このようにたばことお酒は体だけではなく髪にとっても悪影響ですので、極力量は控えましょう。

ストレスを溜めない

髪の成長に必要な栄養素として亜鉛があると先述しましたが、亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
実はストレスを感じると大量に髪の成長にとって必要な亜鉛が消費され、抜け毛の原因となります。
また、ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなり髪に必要な栄養素が頭皮に運ばれにくくなります。

そのため、ストレスは溜めずにこまめに発散しましょう。
人によって発散方法は違うと思いますが、間違っても喫煙、飲酒、暴飲暴食にならないようにしましょう。
それだと、ストレスは発散していますが、結局抜け毛の原因を作ってしまうので、本末転倒になってしまいます。
適切な発散方法でこまめに発散しましょう。

前兆を感じたなら根気よく

もし、あなたが前兆を感じ取れたのならその後の対策は根気よく続けましょう。
1〜2週間続けて効果がなかったからといって止めてしまわずに、根気よく続けてください。
期間は決めずに続けることで、今後の薄毛対策になります。
薄毛対策をすることで健康的な体にもなりますので、前兆に気付いたらすぐに始めましょう!

抜け毛予防の極意。毛根のない抜け毛に気づいていますか?

20110712-234250

20110712-234250

(出典: https://noxidil.files.wordpress.com/2011/07/20110712-234250.jpg
あなたは自分の抜けた毛を見たことがありますか?
その時に毛根がありましたか?
毛根が無かったり、細かったりしていませんでしたか?
今回は毛根のない抜け毛から見る、抜け毛の予防策をご紹介していきます。

抜け毛の種類があるの知っていますか?

人生で一度は自分の抜け毛を確認したことがあるはずですが、一日にどのくらい抜けるかご存知でしょうか?
人間の髪は毎日100本前後抜けると言われています。
「えっ!?そんなに抜けるの?」と思われた方。
確かに驚くと思いますが、抜ける毛もあれば新たに生えてくる毛もあります。
心配しないでください。
薄毛になる人はこれ以上に抜けて、さらに生えてきてもまた直ぐに抜けることで薄毛になっていくです。

この抜け毛ですが、種類があるのをご存知でしたか?
毛根の形が違うらしく、形によって健康状態までわかってしまうと言うことです。

抜け毛の種類

o0280035212617275053

(出典: http://ameblo.jp/agoraluludi/entry-11577172200.html

①健康な毛根

毛根が丸くきれいな楕円形でマッチ棒の様になっています。
必要な栄養素が頭皮に届いていることを表しています。

②男性型脱毛の毛根

AGAと呼ばれる脱毛症のことです。
ストレス、食生活、遺伝などで起こると言われています。
ジヒドロテストステロン(DHT)といわれる強力な男性ホルモンによって毛髪の成長を抑制されて起こる場合もあります。
毛根も先ほどの健康な物と比べ、痩せています。

③脂漏性脱毛の毛根

皮脂の異常分泌によって引き起こされる脱毛症で、皮脂が出過ぎて毛穴を塞いでしまい脱毛してしまうそうです。
毛穴に雑菌や細菌が繁殖して炎症を起こし抜け毛が増えてしまうとのこと。
毛根に白い皮脂がついているのが特徴です。

④粃糠性(ひこうせい)脱毛の毛根

この脱毛症は糠のように溜まってしまった角質が毛穴を塞ぎ脱毛してしまう症状です。
つまりフケが溜まってしまうのです。
古い角質が溜まっていってしまうことで、毛穴を防ぎ炎症を起こし脱毛してしまうのだそうです。
毛根もやせ細ったようになります。

⑤良質円形脱毛の毛根

血行不良により毛根が育たずに脱毛してしまうことで、抜け毛の全般はこれになるそうです。
血行不良の原因は様々で、タバコ、ストレス、体のこり、体質などがあります。
毛根が小さいのが特徴です。

⑥びまん性脱毛の毛根

別名「女性型脱毛症(FAGA)」と言い、毛髪全体が薄くなる脱毛症。
毛根が枝の様になっており切れた感じの毛根や、波打っていたり、左右非対称になっていたりと様々です。

毛根がない抜け毛!?

毛根に種類があり、さらにそれによって症状が違うのをご理解いただけましたか?
紹介した抜け毛の種類毛根がありますが、実は毛根がない抜け毛が存在するのです。

nukegehikaku

(出典: http://ikumouzai-shampoo-review.com/wp_ikumouzai-shampoo-review/wp-content/uploads/2015/07/nukegehikaku.jpg

上記の図の様に毛根がない抜け毛があると注意が必要です。
毛根がないという事は必要な栄養素が髪に届いていない証拠です。
栄養が届かないことで髪が細くなったり、髪自体の成長が止まってしまいます。
結果抜け毛が増えて、薄毛になる可能性が高まります。
毛根は頭皮の状態を見る指標になります。

予防法

では、こうなる前に予防しておきたいですよね?
ここからは予防法をご紹介します。

バランスの良い食事を摂取する

外食で脂っこいもの食べていませんか?
または、昼食や夜食でカップラーメンを毎日のように食べていませんか?
栄養が偏っている状態ですので、確実に抜け毛が増えます。
髪にとって栄養素は非常に大事なものとなります。
その中でも髪の毛に必要な3大栄養素の「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は積極的に取りたいですね。

毛髪はほとんどがタンパク質でできています。
毛髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚からも摂取できます。
肉や魚があまり好きではない場合は、大豆製品や卵などもタンパク質が多いですので活用してください。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物から摂取できるイメージですが、緑黄色野菜や植物性の油、レバーなどからも摂取できます。
野菜不足や果物を食べる習慣がない人は多いと思いますが、食べる習慣をつけましょう。
髪だけではなく、肌のハリや艶にも影響しますので摂取しといて損はありません。

ミネラルのうち亜鉛は毛髪にとって重要な栄養素となります。
亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収されますが、再びタンパク質として合成されます。
その合成を助けるのが亜鉛なのです。
効率よく毛髪を成長させるのには必要なのです。
牡蠣に多く配合されているのは有名ですが、他にも豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

このような栄養素をバランス良く食べる事で抜け毛の予防に繋がります。
食事から摂るのが難しい時は、サプリメントでも摂れますので上手く活用しましょう!

睡眠をしっかり取る

夜更かししていませんか?
ダラダラテレビを見たり、ネットに夢中になったりなど様々だと思います。
慢性的な睡眠不足は抜け毛の原因となります。

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届かないので抜け毛が増えます。
そして、皮脂が過剰に分泌され毛穴をを防ぐことで頭皮環境も悪化します。
皮膚には常在菌という菌が存在しているのですが、睡眠不足が続くと常在菌が増え皮膚に刺激が加わります。
それにより頭皮環境が乱れますので、抜け毛の原因となります。

また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

現代人は忙しく24時間では足りないかもしれませんが、睡眠は仕事や勉強のパフォーマンス向上にもなります。
睡眠もきちんと予定に組み込みましょう!

育毛シャンプーを使う

育毛シャンプーは何も薄毛の人専用ではありません。
抜け毛予防のために使う場合もあります。
育毛シャンプーには、血行促進作用、フケかゆみを抑える、炎症を抑えたり、発毛に効果的な成分も配合されています。
血行を良くすることで頭皮に栄養が届きやすくなり、フケかゆみ・炎症を抑えることは毛穴を綺麗に保つことができるので頭皮の状態を良くすることができます。

そして、シャンプーの洗浄力も自分の頭皮にあったものを選ぶのが大切です。
皮脂分泌の多い人が洗浄力の弱いものを使っていると、汚れや皮脂が残ってしまい毛穴をつまらせますし、逆に乾燥肌の人が洗浄力の強いものを使っていると、必要な皮脂を取りすぎて逆に過剰に皮脂を分泌しようとします。
結果的に毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させる原因となります。
頭皮環境を整えるということは抜け毛予防にとって大切なことです。

また、正しい方法でシャンプーするのもとても大切です。
どんなに良いシャンプーを使用しても使用方法が間違っていると効果を最大限に感じられません。
シャンプー時に行うマッサージはとても大事ですが、きちんとすすぐことはもっと大事です。
毎日のことで作業になりがちなので意識をしないことが多いと思いますが、シャンプー剤やトリートメント剤はすすぎ残しがあると頭皮が炎症を起こすことがあります。
特に朝に髪を洗う場合は急いでいるのもあって雑になりがちです。
すすぎ時は泡をしっかり流し、頭皮に残らないようにしっかりすすぎましょう!

飲酒や喫煙を控える

お酒とタバコは中々止められないと思いますが、抜け毛と大きく関係してきます。

タバコが頭皮に与える影響は大きいです。
血管を収縮させますので全身の血行が悪くなります。
それはもちろん頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したり、男性ホルモンの分泌を増加させる作用もあります。
とにかく、タバコは百害あって一利なしなのです。

お酒の場合は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールが体内に入ると肝臓で分解されます。
飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
肝機能が弱くなると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなります。
そうなると髪に必要なタンパク質が足らずに髪が成長できません。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

このようにお酒は体だけではなく髪にとっても悪影響を及ぼしますので、飲み過ぎには注意しましょう!

ストレスを溜めない

髪の成長に必要な栄養素として亜鉛があります。
先程も解説したと思いますが、牡蠣などから摂取できタンパク質の合成を助ける役割があります。
ストレスを感じると大量に亜鉛が消費されます。
そうすると髪の成長に必要な亜鉛が消費され抜け毛の原因となります。
また、ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、髪に必要な栄養素が頭皮に運ばれにくくなります。
結果が抜毛という症状として現れます。

ですから、ストレス発散方法を必ず見つけておきましょう。
発散方法はそれぞれあると思います。
買い物、スポーツ、音楽鑑賞、映画鑑賞、カラオケなとなど。
間違っても喫煙、飲酒、暴飲暴食にならないようにしましょう。
ストレスは発散してますが、結局抜け毛の原因を作ってしまうので、本末転倒になってしまいます。
適切な発散方法でこまめに発散していきましょう!

こまめに抜け毛をチェック

抜け毛予防を紹介してきました。
基本的なことばかりですが、意外とできていないことが多いと思います。
生活リズムや習慣などいきなり変えるのが難しいこともあると思いますが、一つずつでも良いと思いますので実践してみてください。
数年後の頭皮の状態は違ってくるはずです。

また、抜け毛はこまめにチェックしておきましょう。
本数を毎日数えるのは大変ですから、せめて毛根だけでもチェックしておけば頭皮の健康状態の指標となります。
毛根のない抜け毛がないように、日頃の生活を見直しましょう!

女性のハゲ・薄毛改善法まとめ7選〜女性のハゲを救う〜

illust6

薄毛と聞くと男性を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?
実は女性も薄毛に悩まされているのです。
今回はそんな薄毛に悩んでいる女性必見の改善方法をご紹介します。

男女で違う薄毛の原因

同じ人間だから薄毛になる理由は男女で同じと思う人は多いでしょう。
しかし、実は薄毛となる原因は男女で違うのです。
同じ人間でも体のつくりやホルモンバランスなど違うように薄毛の原因も違います。

男性の薄毛の原因

①男性ホルモン
男性ホルモンのテストステロンを5αリダクターゼ(還元酵素)と呼ばれる物質が変換させ強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)になり、毛細血管を収縮させます。
それにより毛髪の成長を抑制させることにより薄毛になると言われています。

②遺伝
薄毛遺伝子といわれる「アンドロゲンレセプター」の感受性が薄毛に影響すると言われています。
隔世遺伝すると言われ特に男性に強く表れることが多く、父方の家系に薄毛の人が多くいることよりも、母方の家系に多くいることの方が薄毛になる確率が高いと言われています。

③食生活
食生活は毛髪に与える影響は大きく、脂質が多い食事など偏った食事で薄毛になる場合もあります。
毛髪の成長にはタンパク質やミネラル、ビタミンも必要になります。
食生活が偏ると血行が悪くなり、毛母細胞に栄養が行かず、毛髪の成長を妨げることになります。

④睡眠・ストレス・タバコなど生活習慣
睡眠・ストレス・タバコは血行を悪くする要因の一つです。
血行不良より、毛母細胞に栄養を送ることができなくなり毛髪の成長を妨げることになります。

以上が男性の薄毛の原因と言われています。

女性の薄毛の原因

①女性ホルモン
女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始めます。
このエストロゲンが減ることにより、女性は体調など様々な所に支障をきたします。
よく聞く更年期障害もその影響の一つで、髪も例外ではありません。
エストロゲンの減少によりヘアサイクルが乱れ薄毛になると言われています。

そして、女性しか経験することができない出産も薄毛の原因とされており、これもエストロゲンが関係しています。
妊娠中は赤ちゃんに栄養を取られますので、エストロゲンなどの女性ホルモンで髪の成長期を維持しますが、出産すると一気に女性ホルモンが減ることがあり、髪は休止期に入るのだそうです。
その結果、ヘアサイクルが乱れ薄毛になっていくと言われています。

②ストレス
これは男性同様で、ストレスは自律神経系交感神経を緊張させ血管を萎縮させます。
そうすると、頭皮への血行が悪くなり髪に必要な栄養が送れなくなることでヘアサイクルが乱れ薄毛になります。
現代の女性は育児・仕事・プライベートな人間関係などストレスが多いのは事実です。
ストレスは薄毛の原因として見逃せないものの一つです。

③無理なダイエット
大半の女性が経験するダイエット。
実はこれも、間違ったダイエットをしてしまうと薄毛の原因になります。
人間が栄養を取るためには、食べたり飲んだりしなければなりません。
食べなければ髪にも栄養が届きません。
極端な食事制限は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルが乱れ、薄毛になる可能性があります。
無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。

それと、男性同様に脂質中心の食事ですとそれもまた薄毛の原因となります。
タンパク質、ミネラル、ビタミンなど髪に良いとされる栄養素をバランスよく摂らないと薄毛の原因となります。

④生活習慣
これも男性と同じですが、睡眠が足りないと薄毛の原因となります。
成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に大量に分泌されますので、この時間帯になるべく眠りにつけるように調整したいものです。
睡眠をきちんと取らないと髪の成長を妨げることになります。

⑤ヘアスタイル
基本的に女性は髪に気を使いおしゃれにしています。
パーマやカラーを毎月している人もいるようですが、過度にやり過ぎることで髪やのダメージになり細く見えたりします。
また、頭皮にも刺激が加わることで薄毛の原因になりかねません。

そして、長いと縛ることが多いと思いますが、これも毎日続けると頭皮に負担がかかり薄毛になってしまいます。

⑥ヘアケア
髪を大事に扱うことはとてもいいですが、日に何度もシャンプーしたり、合わないシャンプーを使っていることで皮脂のバランスが崩れ薄毛になることがあります。
必要以上に皮脂が多かったり、逆に乾燥しすぎることで薄毛の原因になります。

男性と女性で微妙に原因が違うのをお分かりいただけましたか?
次は女性の薄毛症状について解説致します。

女性の薄毛症状

①脂漏(しろう)性脱毛症
髪を洗う頻度が少なかったり、頭皮に合わないシャンプーを使っていたりすると皮脂が必要以上に分泌されることで起こる脱毛症状。

②粃糠(ひこう)性脱毛症
脂漏性とは逆で頭皮の乾燥により起こる症状。一日に何度もシャンプーしたり、シャンプーが合わなかったりするとフケかゆみの原因になります。
このフケが毛穴を防ぐことで脱毛の原因になります。

③分娩後脱毛症
産後の脱毛症状。
ホルモンバランスの乱れにより起こります。

④牽引(けんいん)性脱毛症
長時間継続してポニーテールやアップスタイルなど髪を引っ張る様なスタイルにしている場合に起こる症状。
頭皮に負担がかかり薄毛の原因になります。

⑤瀰漫(びまん)性脱毛症
頭髪全体の髪が脱毛する症状。
原因は加齢やストレスダイエット等様々で全体が均一に脱毛するので、境界線がはっきりわからないのも特徴です。

以上が女性の薄毛症状となります。
原因を理解していると、症状と繋がっていることが分かるはずです。

それって私かも!?こんな人は要注意!

では、具体的にどんな人が薄毛になる可能性があるのか。
下記表に一つでも当てはまる人は注意です。

1 職場でのストレスが多い。
2 出産直後だ。
3 育児が大変と感じる。
4 ほぼ毎日髪を結ぶ。
5 年齢は30代より上。
6 人間関係があまり上手くいっていない。
7 パーマ・カラーの頻度は2~3週間に1回。
8 毎日2~3回髪を洗う。
9 シャンプーしたのにかゆい。

又は、べとべとしている。

10 夜は眠れず夜更かしすることが多い。
11 最近急激なダイエットをした。
12 揚げ物など脂っこいものを毎日食べる。

あなたはいかがですか?
もしかすると、ほとんどの人が一つ当てはまったかもしれません。
では、具体的に何をすれば良いのか、改善策をご紹介していきます。

女性の薄毛改善法7選

①バランスの良い食生活

illust6

(出典: http://www.tmch.or.jp/kensin/overview/letters/metabolic3.html
食生活は髪にも大きく影響しますので、バランスと摂れた食生活を心がけましょう。
おいしいからと言って炭水化物と脂質の多い食事になりがちですが、タンパク質を中心にビタミンとミネラルなどの栄養素も積極的に摂っていきましょう。

また、女性ホルモンを増やすことで薄毛改善になりますので、大豆製品や卵はお勧めです。
大豆製品には「大豆イソフラボン」と呼ばれる栄養素があり、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
卵もコレステロールという悪いイメージがありますが、コレステロールは女性ホルモンの大切な材料となります。
最低でも1日1個食べる習慣をつけましょう。

②ヘアスタイルを見直す

ヘアスタイルを見直すことはとても重要です。
頻度の多いパーマやカラーは本当に必要なのか?
実はもっと周期を遅くしても問題ないことがあります。
いつもより1週間周期を遅らせるだけで頭皮にかかる負担は減ります。

また、ほぼ毎日長時間アップスタイルをしている人。
たまには頭皮を休める意味でも、髪を下ろしてみませんか?
楽なのはわかりますが、自分自身も周囲の人も新鮮に感じ印象が柔らかくなる可能性もあります。

③ヘアケア剤と頻度を見直す

jyosham

(出典: http://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/s1shampoo.html
シャンプーしたのに直後からかゆかったり、べとべとしていたり…。
それ実はヘアケア剤が合っていない可能性があります。
頭皮の一番いい状態は、皮脂があり過ぎてもなさ過ぎてもダメです。
シャンプーにより、皮脂を奪い過ぎてフケかゆみになったり、洗浄力が弱すぎてべとべとしているなど、シャンプーが合わないせいで様々なことが起こります。
自分の頭皮の状態を知り、それに合ったヘアケア剤を選びましょう。
もし、何を選んでいいかわからない場合は、行きつけの美容室の美容師さんに聞いてみましょう。

そして、頻度ですが1日1回に抑えましょう。
日に何度も洗うと必要な皮脂がなくなってしまいフケ、かゆみの原因となります。
夏場などどうしても2回洗いたい場合は、2回のうち1回はお湯で流すだけにするか、洗浄力が弱いシャンプーで洗うと良いかもしれません。
そして、必ず夜寝る前のシャンプーをお勧めします。
成長ホルモンが出る時間に頭皮環境が整っていると髪も成長しやすいですので、スタイリングが付いたまま寝ないように必ず夜寝る前にシャンプーしましょう。

④規則正しい生活を送る

t001-b

(出典: http://www.tukare-kaifuku.net/karada/23/
ついつい夜更かししていませんか?
先述しましたが、成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
この時間に睡眠についていると成長ホルモンも出やすくなります。
髪の成長もその時間に合わせたいですので、遅くても0時には寝るようにしましょう。

⑤ストレスを解消する

仕事・育児・介護・家事・近所との人間関係・家族関係…。
数えればきりがありませんが、日々私たちはストレスを感じています。
小さいストレスと思ってあなどってはいけません。
それが蓄積されることでも体には悪い影響を及ぼします。
自分なりのストレス発散方法を身につけ小出しに発散しましょう。
一人の時間を作るのも意外とストレス発散になりますよ。

⑥筋トレを行う

5504cb23-5557-4d9b-ac26-1a6af78c40d4

(出典: https://kaumo.jp/image/3797325
過度なダイエットをする人は食事制限だけで痩せようとする傾向にあります。
運動など辛いことは極力したくありませんよね。
しかし、食事制限だけですと筋肉が落ち代謝が落ちます。
筋トレなど運動をすることで代謝があがり血行も良くなります。
結果的に、頭皮にも影響するかもしれませんので筋トレは女性にもお勧めです。

⑦育毛剤を使用する

上記の改善策を行った上で育毛剤を使うことはとても効果的です。
育毛剤にはその名のとおり育毛のための成分がふんだんに配合されています。
本気で薄毛を改善したい人は育毛剤をお勧めします。

女性の薄毛の場合、男性の薄毛と違い完全にハゲになることは少ないです。
ですから、こういった育毛剤である程度改善する余地があります。
また、原因も自分の意志によって改善できることが多いですので、育毛剤と他の改善方法を併用することで薄毛改善を実感できる場合が多いです。

最近は女性用の育毛剤もたくさん発売されています。
男性用と女性用育毛剤では有効成分が違い、女性が男性用育毛剤を使うと副作用が出ることがありますので、必ず女性用育毛剤を使いましょう。

今すぐ隠したい人は

上記の改善方法はすぐに目に見えてわかるものではありませんが、効果を実感できる可能性は大いにあります。
しかし、今すぐ隠したい人もいるでしょう。
そんな人は、

①増毛スプレー、パウダーを使う。
②ウィッグを被る。
③普段の分け目を変える。

等もあります。
最終手段として覚えておいても良いと思います。

しかし、一番良いのは紹介した7つの改善方法です。
まずはできることから1つずつ始めてみませんか?

シャンプーは薄毛を増長させる?やたらと髪が抜けるのはなぜ?

シャンプーで洗いたいのは、髪より地肌 シャンプーの正しい方法

シャンプーは日常的な事であり「それが発毛につながるなら、どんな効果的なのか嬉しい限りです」との考えを持つのは当然なことと言えましょう。
「シャンプーで、発毛」というイメージは、頭皮の毛穴から皮脂を落とし、きれいにすれば、なんとなく毛も生えてくるのではないか、と思うところから来ているようです。
一般の雑誌やテレビの広告を見ても、スコープで頭皮を拡大し、「こんなに皮脂が汚れているのですよ」と、イメージ付けしているのが一般的です。
それらを良く見てください。どれ一つ見ても「頭皮が汚れていることが薄毛の腹因」とはっきり言っているものはありません。
医学的見地から言っても、頭皮の毛穴にある汚れが、薄毛の直接の原因になっていると言うことはありません。
現実的には、シャンプー自体で、発毛効果は、期待できないと言うことです。

シャンプーの効果とは

シャンプーで、毎日髪を洗う習慣ができたのは、昭和30年代からです。
それ以前は、髪を洗うのは、月に数回で、特にシャンプーは使っておりませんでしたと言うのが一般的でした。
もしシャンプーでしか落とせないような頭皮の汚れや、皮脂の汚れが薄毛を引き起こすなら、シャンプーで髪を洗ってないアマゾンの民族や、ホームレスの人たちは、みんな薄毛になっているはずです。
現実はそうはなっていません。
これは余談ですが、あの著名な作家、五木寛之氏は、”シャンプー嫌い“で有名です。
年4回しか髪を洗わずブラッシングもせず、「髪の毛を指で溶かす程度」と公言しています。しかし80歳以上になっても髪の毛はふさふさです。
少なくとも頭皮の汚れや皮脂は、直接、薄毛の原因ではないと言うことです。
皮脂は、髪や頭皮を紫外線から守る目的で、毛根の一つ一つにある皮脂腺から分泌されるのです。
つまりその役目は、むしろ守り手であり、頭皮にとって悪いものではないのです。
シャンプーはあくまで髪の汚れや皮脂を落とすものです。
期待できると言えば、塗布するタイプの育毛剤を使う前に、頭をきれいにして、より、毛穴に育毛剤が浸透するようにする効果は期待できると言うものです。

シャンプーで毛が抜けて薄毛に気付く

お風呂場で、シャンプーをしている時、多くの毛が抜けて、排水溝にたまっているのを見て、シックを受けた人は多いでしょう。
自分が薄毛の領域に入ったと感じる瞬間です。
すぐに、シャンプーを変えたり、市販の薄毛トニックを購入するなどしても、抜け毛の効果はありません。
こうした薄毛の悩みは誰でも一度は通る出来事です。
薄毛はどんな理由で起きるのでしょうか。
薄毛は、円形脱毛症を除き、徐々に進行します。
最初から、抜け毛に気付くことはほとんどありません。
やはり見た目に変化が起きてから気付くのが一般的と言えましよう。
薄毛になる前の毛の密度を100%としますと、60%くらい減っても頭皮はそこまで目立ちませんから、本人も周囲の人も気付かないでしょう。
目安として、60%切ると、この時点で、毛の密度はほぼ半分になっていることになります。40%を着ると明らかに頭皮が目立ち、薄毛になったことを自分も認めざるを得ないでしょう。

薄毛が進行しているポイントは「ヘアサイクル」

薄毛が進行している頭には、いったい何が起こっているのでしょう。
毛髪には、1本ごとに寿命があります。
伸びる(最長期)、抜ける(進行期)、生える(休止期)というサイクルの事です。
このサイクルが約3~6年間で繰り返しているのです。
この内成長期が一番長く、通常2~5年間続きます。健全な毛髪も、進行期になれば、自然に抜け落ち、新しい毛髪へと生え駆るのです。
これをヘアサイクルと言います。
つまり平均的な毛髪は、2~5年で成長が止まり、6年立つと抜け落ちることになります。ヘアサイクルが正常であれば、おおよそ、90%の毛髪が、成長期の段階にあるため、退行期の髪が抜けても薄毛の心配はありません。
ところが時としてヘアサイクルに異常が起き、硬い髪に成長する前の、軟毛の状態で成長が止まる場合があります。
それは休止期に入って抜け落ち、育たないうちになくなってしまいます。
その結果薄毛が目立つようになります。
これがAGAの薄毛の原因となっている症状と言えましょう。
いずれにしても、全ての薄毛の症状は、ヘアサイクルの乱れによって引き起こると言えるでしょう。

抜け毛の本数だけで、危険は見抜けない

シャンプーで、多くの髪の毛が抜け落ちた時の不安は、尋常ではありません。
薄毛が心配な時、まずその抜けた本数が気になるのは人の常です。
しかし本数にばかり、気を取られていますと、薄毛対策の遅れを招くことになります。
そこは落ち着いて、1本ずつ細かに観察してみることをオススメします。
それは、「危ない抜け毛かどうかは、毛の根元を見ればおおよその見当がつきます」
抜け毛は、根元が丸く膨らんでいます。
髪の毛の本数は、平均して、10万本と言われています。
1日に50~60本程度の抜け毛は、正常な範囲と言われています。
そこで髪の毛をよく見ると、根元のふくらみが、ギザギザしていたり、髪全体が、細くなっていたら、注意しましょう。
薄毛を招く脱毛の心配があると思わなければなりません。
ただし落ちた毛は、抜け毛ではない毛も混ざっていることもあります。
比較的多いのが「折れ毛」です。
毛が折れ曲がり、切れた状態のもので、根元が直線的な特徴を持っています。

薄毛の始まりの現象

徐々に進んでいく薄毛「薄毛の始まり」を早く見つけ、対策をとることが現状維持のための重要な要素と言えましょう。
そのためには、抜け毛の本数のチックよりも、抜け毛が増加するサインを見逃さないことの方がより重要です。
それには、フケの増加、頭皮のべたつきなどが考えられます。
また頭皮が硬くなっているかどうかも、ポイントの一つです。
これらの現象は放っておくと、抜け毛がさらに進行する危険信号と言わねばなりません。毛が細くやわらかになってきた、と言うのも重要なサインの一つです。
これは髪に栄養が届いていない証拠でもあるのです。
そのままにしておくと、抜け毛の進行度は高まり、本格的なハゲを迎えることになる可能性が高いものです。

髪の健康を知るには自分で触って調べの髪の毛を触ってみよう

眼に見える抜け毛以上に、大切なのが髪や頭皮の手触りです。
硬さや、脂っぽさを手で確かめることが本当の診断につながることとなります。
「頭髪の毛が細い」
側頭部や後頭部は、血行が良く、髪に栄養が、行き届きやすい部分で、脱毛が起こりにくい部分です。
この部分の髪の毛が多いからと言って油断は禁物です。
「髪がべたつく」
毎日洗髪,ブラッシングしてもサラサラにならないのは、皮脂の分泌が多い「脂性肌」です。
過剰な皮脂は、脱毛を促す原因となります。
「フケが多い」
フケは、古くなった頭皮の細胞が、角質化して剥がれ落ちたものです。
このフケが増加する要因は、過剰な皮脂による刺激、または洗髪のし過ぎによる乾燥などが考えられます。
いずれも脱毛につながります。
特にフケで注意が必要なのは、湿っぽく、かゆみを伴う時は要注意です。
「髪を引っ張ると簡単に切れる」
充分な栄養が届いていない場合は、毛の成育が悪くなり、毛が細くなります。
したがって少しの力が加わっただけでも毛が切れてしまいます。
「頭皮が動きにくい」
頭皮を手でつかみ、前後に動かしてみましょう。
動きが悪いのは、頭皮が硬くなっている証拠です。
血行の悪さから髪の成育が妨げられる危険があります。

シャンプーで洗いたいのは髪より地肌

シャンプーの目的は、髪の毛の汚れを落とすことだと思っていませんか?
こう思っている人は、大いなる誤解です。
シャンプーの目的をしっかり把握することが大切です。
髪に付いたほこりや、臭いだけなら、お湯洗いで、充分に洗い流すことは出来ます。
しかし毛穴の周りの、過剰な皮脂、整髪料などはお湯で流しただけでは取れません。
そこで必要なのがシャンプーなのです。
正しい手順で、しっかり頭皮を洗うことが肝心です。
頭皮のタイプによってシャンプー剤の使い分けをしましょう。
また気を付けたいのは、髪のダメージを防ぐために使うリンス剤や、トリートメント剤の使い方も重要になってきます。
頭皮にまでべったり付けると、せっかくきれいにした、毛穴を防いでしまう可能性もあります。
痛みの強い毛先だけに、気お付けるよう注意が肝心でしょう。

シャンプーの選び方皮膚と相性の良い弱酸性を

シャンプー剤と言えば、多岐に渡ったブランドが市販されています。
どれを購入すればよいのか迷ってしまいます。
そこで表示を目安に、頭皮の状態や、髪質に合わせて選ぶのが基本と言えましょう。
頭皮の酸性度はph4~6の弱酸性です。
したがってシャンプー剤も、弱酸性の物を使うと、髪や頭皮に余計な負担がかかりません。この基本を押さえた上で、自分の頭皮や、髪質の状態を知り、それにあった表示の物を選ぶといいでしょう。
シャンプー剤には、髪質に合わせたもの、フケを防止するもの、育毛効果をうたったものなど様々なタイプがあります。

茶繻多様化するシャンプー剤

皮膚への刺激が少ない弱酸性タイプのシャンプーとしては、「弱酸性メリット」(花王) 「植物物語」(ライオン) 「ヘア&スカルプシャンプーAD」(資生堂)等が人気商品として注目されています。
他に植物性タイプとして「ナイーブ」(カネボウ) ダメージタイプとして「エッセンシャルダメージケア」(花王) フケ取りタイプの「オクト」(ライオン) 石鹸タイプの「ナチュロン」(太陽油脂) 炭タイプの「クライファー」(イクスバンド・フィット) 育毛タイプの「サクセス薬用シャンプー」(花王)等が売れているようです。
シャンプーは、刺激の少ないものを選ぶことが重要です。
実際のシャンプーでは、2度洗いが効果的と言われています。
シャンプーが残ると、頭皮に、負担がかかりますので、ゆっくりと充分にすすぐようにしてください。

頭頂部が薄くなった?早期の対策が解決の鍵!!改善法を徹底解説

hairloss

「最近頭頂部が薄くなった気がする。」と自分で気づいたり、「頭頂部が薄くなった?」と人から言われて気づくことが多い頭頂部の薄毛。早めに対策することで改善することも難しくはないです。今回はチェック方法から対策まで徹底解説していきます。

頭頂部の薄毛チェック

まずは今の状態を把握する必要があります。段階別に分けていますので自分がどの程度進行しているか確認してみてください。

hairloss
(出典: http://mens-ikumou.com/hagesyurui 

【危険度1★☆☆】

□セットする際、頭頂部のセットに時間がかかったり中々上手くできなくなった。

□以前は寝癖を直すのが大変だったのに、最近は簡単に直る、または寝癖がつかない。

□頭皮が固くなってきている気がする。

レベル1ではまずハリコシがあるかどうかが問題になってくる。ハリコシがなくなったせいで上手く立ち上がらなくなってきます。
また、寝癖もハリコシがあると中々治らないがハリコシがなくなると簡単に直ったり、そもそもつかなくなってきたりします。わかりやすく判断しやすい項目の一つですので寝起きに一度チェックしてみてください。
更に頭皮が固くなってきていると血行が悪くなってきている可能性があります。栄養が届きにくくなっていますので頭皮を定期的に触って確認してみてください。

【危険度2★★☆】

□朝起きると枕に抜け毛が多い。

□ブラッシングやお風呂場の排水溝の抜け毛が多くなった。

□抜け毛の長さがバラバラで短いものが目立つ。

□同じヘアスタイルにしているのに「髪型変えた?」と聞かれる。

レベル2では抜け毛が増えてきているかどうかが重要になってきます。寝起きの際やお風呂に入った際など一度チェックしてみてください。また、その中で本来の長さよりも短い毛があると要注意です。完全にヘアサイクルが乱れてきています。
更に、いつも同じような髪型なのに「髪型変えた?」と聞かれるのはボリュームがなくなってきている可能性があります。自分では気づかないうちに進行しているので重要な目安の一つです。

ヘアサイクル

【危険度マックス★★★】

□鏡で見て明らかにハゲている。

□人と話す際に目線が上に感じる。

□正直カツラか植毛を検討している。

レベル3では危険度が最高レベルになります。この段階ですと自分だけではなく人からも分かるレベル。ハリコシやボリューム以前に毛がない状態です。この段階になると対策方法も限られてきます。

頭頂部ハゲの原因

ご自分がどの段階まで進行しているか確認できましたか?
次は頭頂部ハゲの原因について説明していきます。

1.AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性男性型脱毛症)

いずれもホルモンバランスが影響しています。
AGAは男性ホルモンのテストステロンを5αリダクターゼ(還元酵素)と呼ばれる物質が変換させ強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)にを生成することで発症します。これにより毛乳頭を含める毛包周囲にある毛細血管を収縮させ、毛髪の成長を抑制させることにより薄毛になると言われています。この5αリダクターゼはⅠ型とⅡ型があり、てっぺんハゲはⅡ型が影響していると言われています。また、薄毛遺伝子のアンドロゲンレセプターにDHTが作用することで薄毛になるとも言われていますので遺伝的にも薄毛になる可能性があります。
FAGAは女性がホルモンバランスを崩すことやストレス、生活習慣の影響でDHTが活発に働き薄毛を進行させると言われています。男女問わずてっぺんハゲになる可能性はあるようです。

DHTについて

2.生活習慣

やはり生活習慣も大きく影響していきます。たばこや睡眠時間、運動不足や食生活の乱れなどが挙げられます。何が悪いかと言うとこれらのことが乱れてくると頭皮の血行が悪くなり髪の毛に栄養がいかなくなりますので、ヘアサイクルが乱れて抜け毛が増えてきます。結果的に薄毛になりますので、日頃の生活習慣は大切になってきます。

3.ストレス

ストレスは自律神経系交感神経を興奮させ血管を萎縮させます。そうすると血行が悪くなり頭皮に栄養がいかなくなる可能性があります。現代社会ではどうしてもストレスが多くかかりますが、原因の一つとして挙げられます。

日常生活でできる頭頂部ハゲの対策

原因はご理解頂けましたか?
原因が分かったところできちんと対策をしていくことが大切になってきます。
いくつか対策を挙げていきます。参考にして頂ければと思います。

ストレスを発散する

ストレスは薄毛にとって非常に重要な要素の一つでもあります。現代社会でストレスなくす方が困難ですので、ストレスは受けるものだと考え必ず発散しましょう。発散方法は人それぞれだと思います。お酒を飲んだり、友人と話す・ゲームやドライブ、カラオケ、音楽を聴いたり買い物をしたりと人それぞれ違うと思います。自分にあったストレス解消方法で確実に発散しましょう。

食生活などの生活習慣を見直す

健康は口にするもので大きく変わってきます。もちろんそれは髪にも言えます。暴飲暴食や脂っこいものばかり食べていると血行が悪くなりヘアサイクルが乱れてきます。また、睡眠不足やたばこなども大きく影響してきます。急にガラッと変えることは難しいでしょうが、どれか一つずつでも変えていくことが対策の一つとなります。

頭皮マッサージやヘアサロンでヘッドスパを行う

massage00

(出典: http://mens-ikumou.com/hagesyurui 

これは頭皮に直接的に働きかけ、血行を改善していくということです。頭皮が固いということは血行が悪くなっている可能性があります。お風呂場やお風呂から上がった際に自分でマッサージしてみてください。その際は指の腹を使い優しく揉むように行ってください。爪を立ててしまうと頭皮が傷つきますのでご注意ください。
また、時々ヘアサロンでヘッドスパを行うこともお勧めします。気持ちいいのはもちろんなのですが、マイクロスコープなどのカメラを使用し頭皮の状態を診断してくれるサロンもあります。今の状態がどうなのか知るチャンスでもありますのでひとまず1度だけでも行くことをお勧めします。その際、頭皮のアドバイスなどもしてくれると思いますので行く価値はあると思います。

育毛剤や育毛サプリを使用する

先述したようにAGAは5αリダクターゼやDHTが大きく影響してきます。育毛剤やサプリにはこれらの生成を抑制する有効成分が配合されており、薄毛の改善が期待できます。主な成分としてはオウゴンエキス、チョウジエキス、ヒオウギ抽出液、ビワ葉エキスなどが有効だそうです。育毛剤やサプリは種類が多いですので事前に有効成分などをお調べいただき検討してみてはいかがでしょうか?

クリニックを受診する

最終手段はやはりクリニックです。最近はAGA治療の専門クリニックが増えてきています。これまでに紹介した対策は危険度2までの方には有効でしょう。クリニックの受診は危険度マックスの方が有効になってきます。もちろん事前の予防や少し薄毛になって気になる方も受診して早めの対策をするのも有効手段の一つです。
クリニックでは飲み薬や直接注入する育毛メソセラピーという方法を行い薄毛の治療を行います。コストはクリニックにより違い検査などを除けば、飲み薬であれば6000~7000円で、育毛メソセラピーは20000円前後が相場のようです。飲み薬だけであればコストはそこまでかからないので一度ホームページなどで調べ、受診してみるのが良いのではないでしょうか。日々医療は進歩していますのでその進歩をうまく活用しましょう。

まとめ

今回は頭頂部の薄毛についてお送りしてきました。薄毛になる原因は過去の生活習慣などが大きく左右します。まずは自分の悪い習慣を見直すことから始めましょう。数年前の薄毛対策は育毛剤やカツラをかぶるとかが多かったですが現在はクリニックなどが主流になりつつあります。遺伝的なものなどは防ぎようがないと思いますので、クリニックなどの専門医療機関を検討しましょう。保険適用外ではありますが、薄毛のためと思えば惜しくはないはず。効果が感じられないものなどにお金を使い続けるよりは期待が出来ます。
また、現在薄毛があまり進行してない人も早め早めの対策が今後を左右しますので心配であれば今から生活習慣を見直したり育毛剤やサプリ、クリニック受診も視野に入れておきましょう。今の行動が数年後の自分に必ず返ってきます!

抜け毛対策はシャンプーから!正しい洗髪法からシャンプー選びまで

istock_000016018381xsmall

 

日本人であるならば、毎日の入浴習慣はお馴染みだと思います。

そして入浴した際は、シャンプーで頭を洗うのが一般的です。

そのため、毎日直接濡れた頭皮に触れる、最もデリケートなシャンプーのやり方は日本人にとって、とても重要なものなので、一度改めて正しいやり方を見てみましょう。

 

 

TAKEBE160224090I9A0695_TP_V

今回は普段よく使われているシャンプーに注目してみます!!

シャンプーは外的刺激から守ることを考えましょう!

ハゲという観点をさらにミクロなプロセスで考えると、「抜け毛」自体は体内の原因以外にも、本数は少ないにしろ外部からの刺激によっても起こってしまいます。髪を手で触る「洗髪」は、この刺激に遭遇する機会が格段に増えると考えています。
このリスクを減らして、抜け毛を極力少なくし、髪の毛の寿命を長く保ちましょうという考え方です。
これは自分のやり方次第で簡単にできることですし、毎日の抜け毛量を洗髪後にカウントすることで効果も見えやすくなりますね。

引用http://www.lmbia.org/counter_4.html

洗う時の刺激、普段の日常生活など、様々なところに外的要因は潜んでいます。

その中でもとくにシャンプーの時間は一番強い刺激があるといえます。

濡れてキューティクルがはがれてるまま、髪同士をこすり合わせるわけですから、それも納得ですよね。

というわけで、適切なシャンプーの仕方と、あまりしないほうがいいことをまとめてみました。

eea-yw0488_04

出典http://plaza.rakuten.co.jp/yamasaku/diary/201302120000/

シャンプーの仕方はこれ!

①まずはしっかりお湯で予洗い

まずはシャンプー前にしっかりお湯洗いをしましょう。
ほんの数十秒で終わる「髪を濡らす」感覚ではなく、あくまでも「洗い流すという」感覚で行います。
その後のシャンプーが髪によくなじむようにする必要があるからです。たとえ短髪であってもこれを2~3分間程度念入りに行います。私はさらにシャワーしながら手にも湯を含ませてやさしくかけ湯しています。こうすることで潤いが増えてベターです。
くれぐれもちょっとだけ濡らしていきなりシャンプーをつけるということはやめましょう。

また、温度はちょっとぬるめの38℃くらいがベター。だいたいシャワー時の温度は40-42℃くらいですが、熱ければ熱いほど、乾燥も早くなるので、しっとり感をなるべく維持することと、ぬるめの温度でじっくりとあたためることで毛穴を開けさせる効果にもつながります。

引用http://www.lmbia.org/counter_4.html

シャンプーの前にお湯で落ちる汚れはしっかり落とす意識でお湯で流すのがポイントです。

温度も適切な温度があるのでコントロールできる家では設定を見直してみてもいいかもしれません。

そして地肌を傷めないためにも、爪先ではなく指の腹を使って、優しく洗い流すことも重要です。

意外と頭皮は傷つきやすいため、お湯洗いの時から優しくマッサージしている意識を忘れないようにしましょう。

G05-08-402.TIFF

出典

http://www.sunrefre.jp/faucet/bathroom/shower_head/

②シャンプー剤はそのままではなく、手で泡立てる!

髪につける時、直接頭皮につけてはいけません。
どのシャンプーでも、濃度の濃いままつけると、中にある化学物質の刺激をモロに頭皮に伝えてしまうからです。まずシャンプーを両手に取ってから泡立てることが肝心です。最近のシャンプーは大体は30秒ぐらいで泡もよくたつのでそれほど時間もかからないと思います。ただ想像するようにモコモコとたてる必要はないのでほどほどに。がんばってもたぶんそこまでは立ちません。
「泡立てずぬるま湯に薄める」という意見もありますが、手にとって水を混ぜる過程でシャンプーが脱落してもったいないですし、なによりシャンプー中に一定の水の量を混ぜるという芸当は到底難しいです。薄くなりすぎて逆に洗浄が不十分にならないためにもお湯は混ぜないほうが良いと思います。

引用http://www.lmbia.org/counter_4.html

薄めずにしっかり手で泡立ててから髪の毛全体になじませ、頭皮を優しく洗うのがポイントです。

しっかり泡立てる意識をもちましょう。

その一手間で、頭皮に対する刺激は大きく変わってきます。

この時マッサージを!という意見も見られますが、私はおすすめしません。
なぜなら、実際にやってみると、意外とその時に刺激のせいかどうか抜け毛が発生してしまいます。ただでさえ濡れ髪+シャンプーという刺激がある中でさらにマッサージをすると、余計な刺激がかかるようで、マッサージ後の手に細かな抜け毛がしばしばつくことがありました。時間をかけるよりもさっさと洗って髪を保護してあげたほうがいいと考えます。

引用http://www.lmbia.org/counter_4.html

お湯で流しても取れない汚れを泡で優しく包むイメージです。

無理なマッサージは頭皮を傷つける可能性があるので注意しましょう!

上でも述べた通り、爪を使ったマッサージは特に厳禁です。

 

 

しかし、指の腹で頭のツボを押すマッサージは、頭皮だけでなく、体全体の健康に良い影響を与えるので、時間のある時は上手に取り入れてみてください。

③自宅で簡単にできるマッサージ

毎日のシャンプーのときにマッサージをするのもよいのですが、仕事で一息つきたいときや、家でテレビを見ているときなど、日常生活のほんの少しの時間の中に、少しだけマッサージを取り入れてみるのもおすすめです。ここでは、いつでもできる簡単な頭皮マッサージを紹介しましょう。

(1)円を描くようにこめかみ付近からマッサージ

まずはこめかみから耳の上方にかけて両手の親指以外の四本の指をあて、耳を包み込むように親指を後頭部において固定させます。そしてそのまま親指を固定した状態で、残りの四本の指で円を描くようにマッサージしていきます。

このとき決して爪を立てず、指の腹を使って押さえる様にマッサージしましょう。

(2)指をずらして下から上へ

しばらく続けたら、そのまま全ての指を少しだけ上方にずらしてマッサージする場所を変えていきます。頭皮の血行は下から上へ流れていますので、マッサージも血流に沿って下から上へと行うのが効果的です。

ただ、マッサージのやりすぎは頭皮に負担をかけてしまうので、1日5分程度が目安ですが、これだけでもすっきりとするような感覚があるのではないかと思います。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/000264/

 

 

istock_000016018381xsmall

出典http://women-nukege.com/category1/entry13.html

④シャンプーを流してコンディショナーを!

付け方は泡たてが不要なこと以外はシャンプーと同じです。特定部分に集中させることはせず指の腹を使って、縦方向に手を動かして頭全体になじませましょう。かといって頭皮にまで浸透させる必要はありません。あくまで髪を保護するものなので、皮膚まで意識することないと思います。

髪の毛のすべりをよくすることで外的な刺激を和らげてくれます。

リンスよりもコンディショナーがベターです。

トリートメントの場合は、髪を健康にする成分が含まれているので、しばらく時間を置く必要がありますが、コンディショナーは単純に髪を保護するだけなので時間を置く必要はありません。

⑤コンディショナーの正しい使い方

1.シャンプーをした後の髪に使用。
2.髪の水分を軽く切ります。
3.基本的に毛先から使用し2回にわけて使うと、髪になじみむらなく髪にいきわたります。ダメージを受けやすい毛先中心につかうことで、外部刺激から保護する役割を果たします。
4.髪になじませたあとは、しっかりとすすぎます。
毛穴を詰まらせる原因になるので、頭皮には使いません。
また、コンディショナーをつけて、時間をおいてもあまり意味はありません。コンディショナーは、使用した後、すぐにすすぎます。

引用:http://www.atama-bijin.jp/hair_care/beautiful_hair/conditioner/

 

 

20140805_mdn_img2

出典http://microdiet.net/beauty/000437.html

⑥しっかり流す

最も重要視すべきは、コンディショナー後のすすぎです。
最もいけないのは、洗髪後の頭皮にシャンプーやコンディショナーが、
頭皮に残っている事です。
ただ泡をなくすことではなく、全て洗い流す勢いでかなり入念に行いましょう。

流し残しはとても危険です!

⑦乾かし方にもこだわる

乾かし過ぎは絶対にダメ

ドライヤーの使い方で一番多いのがこれ。ついつい乾かし過ぎてしまう、というもの。
特に髪の長い方は、地肌から毛先まで完璧に乾かそうとして、過乾燥になっているケースが多くあります。過乾燥になると、ただでさえも傷みがちな毛先が余計にパサパサになってしまい、せっかくのドライヤーの効果が半減してしまいます。

ドライヤーで髪を乾かす時に大事なのは、完全に乾ききってしまう直前で乾かすのを止める、ということ。
これ、タイミングがかなり難しいのですが、ドライヤーの風を当てながら、「もうちょっとかな」と思うくらいがちょうどいいタイミング。そこで止める感覚を掴みましょう。

地肌に風を当てすぎない

地肌をしっかりと乾かす事は大事なことなのですが、地肌は顔のお肌と同様に、乾燥しすぎると絶対によくありません。
これを防ぐ為に、多少手は疲れますが、常にドライヤーを揺らして、一カ所に熱が当たらないようにすること。小刻みにドライヤーを動かして、満遍なく風を送るようにしましょう。

引用:http://www.bibeaute.com/article/35402

頭皮に負担をかけないように、とにかく短時間でほどよい乾燥具合で終わるように努力することが大事です。冷風や温風を切り替えながら素早く乾かしましょう。

髪は濡れている時キューティクルが開いた状態になっているので、一番傷つきやすいです。

髪の毛が短いからといってさぼってはいけません。

くしを使って整えながら、ヘアオイルなどで髪の表面を保護し、なるべく早く乾かすことを意識してください。

 

 

朝シャンは極力避けるのがベター

今や3人に1人は朝シャンをしているそうですが、実は、朝シャンが抜け毛の原因の1つになっているとも言われています!

朝は時間がないため、すすぎが不十分で汚れが残ってしまったり、シャンプーのすすぎ残しが頭皮を傷める原因になるそうです!さらに、朝は毛穴が開いた状態にあり、そもそも朝のシャンプーは毛穴にダメージを与えるとも言われています。

夜と朝の両方シャンプーをするのはまだ大丈夫かもしれませんが、朝だけの方は特に注意が必要です!

なぜなら、髪の毛が育つ夜の時間帯に毛穴に皮脂がたまったままになるので、髪の毛の回復と成長を阻害するからです。

抜け毛の対策のためにも朝シャンはできるだけ避けて、夜にしっかりとシャンプーをするようにしましょう。

引用http://r-yakuzaishi.net/blog/10個の抜け毛対策/

流し残しや皮脂の関係により、朝シャンは避けたほうが無難です。

oka2-M0063

出典http://okasanta.co.uk/site-detail/i0000/de0063.html

適切な時間と方法を守ってしっかり髪の毛をまもっていきましょう!

 

 

 

【高校生でハゲないために】明日からできる薄毛・抜け毛の対策

YOTA82_atamakakaeru15123152_TP_V

薄毛の悩みは30代を超えた男性の悩みの種と言っては過言ではありません。

が、しかし、30代に満たない人でも薄毛は起きているんです!

YOTA82_atamakakaeru15123152_TP_V

 

なぜ高校生にして薄毛に悩まなきゃならんのだ

引用:https://twitter.com/fcwgd267/status/714867799156371458

高校生の頃から頭頂部に不安を抱えて生きてきたのだが(薄毛的な意味で)

シャンプー・コンディショナーにフルボ酸を混ぜるようになってから
少しマシになってきた気がする(気のせい)

引用:https://twitter.com/koitosaku/status/700274416047902720

 

最近では高校生であっても薄毛が発症する可能性があることがわかりました。

高校生でもハゲる!?

高校生でシャンプーの後や、朝起きた時の枕に多くの髪の毛が抜け落ちてる・・・。 最近つむじが広がってきたような・・・。 おでこが広がってきたような・・・。 ちょっとでも髪に触れれば抜けてしまう!

そんな悩みを持つ人が増えています!

201406232319500fe

出典http://agahagenaosu.blog.fc2.com/blog-date-201406.html

もちろん代謝の盛んな10代ですので、毎日髪の毛が生え変わりますが、

抜けたあとが問題です。

一度抜けて次に生えてくるまでの期間があきすぎると、髪の毛のサイクルが異常になってしまっている可能性があります。

untitled

出典

http://blogs.yahoo.co.jp/annpannmann0212/7087849.html

 

特に高校生特有のライフスタイルが影響していることもあるので、薄くなってきたと感じる高校生は要注意です!

薄毛の原因はこれ!

髪の毛が薄くなる原因をいくつかあげていきましょう。

遺伝

高校生で髪が抜けて薄毛であるなら、遺伝の可能性があるかもしれません。

母方の祖父が薄毛だと自分も高い確率で薄毛になると言われています。

たしかに遺伝は薄毛の原因のひとつであることは間違いなく、 実際に遺伝の影響をうけて完全にハゲてしまう人は少なからず存在します。

ただ、遺伝による薄毛を対策できないないわけではありません。

遺伝はあくまでここにあげる薄毛の原因の1つでしかないのです。

遺伝だから何をしても無駄!と薄毛を放置していると、改善できるはずの薄毛でも手遅れになってしまいます。

i320

出典https://hagelabo.jp/articles/1618

男性ホルモンの影響

高校生の10代後半の抜け毛は男性ホルモンが影響している場合があります。

高校生にもなると髭が生えたり体毛が濃くなったりしますが、これは男性ホルモンの増加によるものです。

テストステロンという男性ホルモンが、5αリダクターゼという還元酵素によって、薄毛の原因となるジヒドロテストステロンに変化されます。

これは男性型脱毛症の一番の原因と言われており、強力な脱毛作用を持っています。

こんな状態を放置すると将来はほぼ確実にはげてしまうかもしれません。

thumbnail_imasia_605925_L

出典https://hagelabo.jp/articles/1264

ストレス

高校生はもしかしたら社会人よりもストレスを感じている可能性があります。

  • 学校での勉強
  • 放課後や休日の塾や習い事
  • 友人や先輩との付き合い
  • キツイ部活動
  • 家族関係

などなど・・・

自分では楽しいと思っていたり、ストレスに感じていないとしても、知らないところで身体に疲れが溜まっています。

知らず知らずに貯まったストレスは頭皮の育毛環境を悪化させて髪の毛が細くなり、抜け毛を増やす可能性があります。

改善するにはこれを意識して!

改善するにあたっていくつか方法があるので紹介します。

睡眠をしっかりとる

睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、髪や体の成長・修復を促します。

高校生は若いので成長ホルモンの分泌は盛んですが、夜更かしが続くとその分泌はどんどん減少して抜け毛が増え、髪の毛が生えにくくなってしまいます。

高校生は大学受験が控えていたり、アルバイトで帰りが遅くなったりで一日24時間では足りないくらい忙しいと思います。

それでもしっかり睡眠時間は確保しておきましょう。

引用https://hagelabo.jp/articles/2240

このように、特に思春期においては睡眠が非常に重要です。

夜更かしをしたくなるのもこの年頃だと思いますが、自分の将来の頭のためにも、24:00-2:00の間は熟睡できるといいですね!

成長ホルモンは髪の毛だけでなく、体の成長にも重要な働きをしてくれますので、まさに一石二鳥でモテる大人の男へと変化を遂げることができます。

薄毛の大きな原因のひとつである”ストレス”を軽減する効果もあるので、薄毛対策として睡眠は侮れません。

ワックスなどスタイリング剤を使いすぎない

高校生はお洒落のためにヘアワックスやスプレーを使い始めるお年頃。 身なりに気を遣うことはとても良いことです!

でも、がっちりセットできる整髪料であるほど頭皮や毛髪にかかる負担は大きいのです。 使用するなら必ずその日のうちにしっかり洗い流しましょう。

そのまま寝てしまうと頭皮がべたついたり毛穴が詰まったりして抜け毛が増え、髪の成長を邪魔します。

かといって力を入れすぎると頭皮を傷付けてしまうので注意が必要です。

美容院で美容師さんが洗ってくれる方法をお手本にして、マッサージするように優しくしっかり洗いましょうね。

引用https://hagelabo.jp/articles/2240

つけすぎには注意です!

しっかり美容師さんにスタイリングアドバイスと使用量を聞いて使いましょう!

上記にもある通り、ベタベタにワックスをつけて、夜お風呂に入らずそのまま寝てしまうパターンが最も髪に負担をかけます。

眠りもしないで徹夜する場合なんかはさらに最悪です!

頭皮も髪の毛も両方大きなダメージを受けるので、その日のワックスはその日のうちに落とすということを徹底してみてくださいね。

食生活に注意する

高校生は成長期であり常に腹ぺこで、放課後はコンビニファミレスに寄り道するのが当たり前になっていませんか?

塾やバイトに行く人は夜ご飯をファストフードで済ませることが多いかも知れません。

家にいても夜にお菓子やカップラーメンを食べたりなんてこともあるんじゃないでしょうか。

日常的にこのような脂っこいものを食べていると皮脂が多く分泌されて毛穴がつまり、抜け毛の原因になります。

しかもコレステロールが高いので血液がドロドロになり、毛細血管が詰まりやすくなります。

髪の成長に必要な栄養は血液によって運ばれるので、ドロドロ血になってしまうと髪は栄養不足に陥ってしまい、抜けやすく育ちにくい頭皮環境が出来上がってしまいます。

少しでも思い当たる節がある高校生は、必ず生活習慣を見直すようにしてくださいね。

引用https://hagelabo.jp/articles/2240

体の健康が保たれていない場合、本来髪にいくはずの栄養分は体に使われてしまいます。

そのため、適切な栄養を摂っていない人は、髪に内側から栄養分が到達することがなくなってしまうのです!

これは恐ろしいですね。

髪にいいからといって、ワカメさえ食べていればOKというわけではなく、きちんとバランスよく体の健康を整えた上で、海藻類やたんぱく質など、髪の健康に良いとされる食材を摂取することが重要です。

薄毛対策に効果的な食材について

薄毛対策に良いとされている食べ物を並べると見えてくることは

髪そのものとなる栄養素を含んでいるということと

髪が抜けにくい頭皮の環境を作ってくれる栄養素が含まれている

ということです。

この2点のいずれか、もしくは両方を満たしている食べ物を使った食事が、薄毛対策に適した食事と言えそうです。

毎日の食事であまり意識していなかったかもしれませんが、今後は以下の共通点を踏まえた食べ物を積極的に取り入れたメニューを考えてみてはいかがでしょうか。

①共通点1 髪の主成分である「タンパク質」を含む
②共通点2 タンパク質が髪になるのを助ける「亜鉛」を含む
③共通点3 頭皮の新陳代謝を高める「ビタミンB群」を含む
④共通点4 頭皮の健康を保つなどの「ビタミンA,C、E」を含む

引用:https://hagelabo.jp/articles/608

薄毛対策にはこのような栄養素を強化することが効果的です。

具体的には、納豆、生牡蠣、レバー、緑黄色野菜などに豊富に含まれています。

しかし普段の生活で日々、これらの栄養素を意識し続けるのは至難の技ですよね。

だからこそ、上手くサプリメントなどを使いこなし、楽をしながら継続できる薄毛対策を行っていきましょう!

日本のサプリメントは効果がないものも販売されていますので、サプリメントの基準の厳しいアメリカ製品がオススメですが、日本で販売されているものにも効果的なものはありますので、あまり安すぎない商品を試して自分に合うものを選択してみてください。

 

まとめ

薄毛は30代以降の問題ではありません。

しかし、年代が違うと対処法が変わる場合があります。

しっかり適切な解消法を見つけて改善していきましょう!

Q.「汗かくと毛穴の汚れが取れるって言うから毎週サウナに行っています!なのになんだか髪が少なくなったような・・・なぜ!?」

サウナ

Q.「汗かくと毛穴の汚れが取れるって言うから毎週サウナに行っています!なのになんだか髪が少なくなったような・・・なぜ!?」

サウナ
(出典:https://medley.life/news/item/5559ddc959747e1501e63315)

 

A.「汚れは落ちますが、毛穴が開いてしまう為に細い毛が抜けやすくなります」

毎週のようにサウナに行ったり、毎日過度な運動をしている人なんかは毛穴の奥まで汚れがきれいに流れてると思います。
実際、臭くないですし(笑)
しかし毛穴が開きすぎたら、細い髪の毛根も開ききってしまうからか、そういう人は細い毛がなく頭皮も通常であればみっちりしてるんですけどテカテカしてますね・・・。
予想ですがあれはきっと毛穴が開きすぎて細い毛が持たなくなって落ちてるんだと思います。
肌でいうならば、きめ細かい肌じゃなく、キメがなくつるんとした肌です。のっぺりとした質感ですね。
同じように週に何度も頭皮クレンジングといってオイルで頭皮をマッサージしている人もそんな頭皮でした。

どれも汚れが落ちて、気持ちがいいとは思うのですが過度に頭皮にあれこれしない方がいいと思いますよ。
人間の髪の毛って、産毛のような細い毛としっかりした毛と両方あってこその髪の毛なんです。
細い毛が落ちだすと、太い毛が落ちてしまうのも近いと思ってサウナや過度な運動は控えめにしておいた方がいいかもしれません。
もちろん適度には大丈夫ですよ!人間何事もバランスが大切です。