植毛

既に結構やばいかも?生え際のはげ進行度チェック!

日本人の薄毛進行は、生え際より、つむじ、頭頂部の薄くなる確率が高いのが特徴と言えます。これは諸外国のM字型の薄毛から始まるのと、少々違っています。薄毛が気になってきたら、男性型脱毛症(AGA)の服用がいいでしょう。しかし、このAGAにもどこまで進行したのかによって、その段階が決められています。それは高島分類法と、ノーウッド進行度分類が日本にはあります。そこで日本で一般的に使われていますノーウッドAGA 進行分類に焦点を当て、AGAのメカニズムとその進行度についてチェックしてみました。

脱毛の原因 男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

薄毛、抜け毛は、若い年代から中高年の人たちまで、男性に限らず女性にも、たいへん幅広い層の人たちが関わっている、トラブルと言えましょう。
そのような薄毛、抜け毛の悩みを改善して行くために、「進行する脱毛」と、「一時的な脱毛」を分けて考えた方がいいでしょう。
ここでは、一時的な脱毛は、おいといて、進行するAGAについてそのメカニズムを考察していきます。
そして進行する脱毛であるAGAと、フィナステリドの関係について考察してみましょう。

AGAによる「硬毛の軟毛化」

AGAは、ヘアサイクルの成長期が短縮し、太く硬い毛がだんだんと成長して、細く短い毛に置き換わっていくことで始まります。
通常は5年くらい伸びる髪の毛が、成長期が1年、あるいはもっと短くなり、抜けてしまいます。
髪の毛が十分に成長しないので、毛根もあまり太くならない内に、休止期に入ってしまいます。
その萎縮した毛根から3ヵ月位後に、新しい毛が生えてきて、それが1年もたたないうちに、また抜けてしまいます。
こうした状態を繰り返していきます。
そうやって毛根は、細く短く色素も少ない、柔らかな毛が増えて行き、産毛状態になってきます。
それがさらに進むと、休止期から成長期に移行しない、つまり新しい毛を生やさない毛根が増え、結果的に、細くやわらかい毛まで減ってしまいます。

AGAの主な原因はジヒドロテストステロン(GHT)

DHTは、男性ホルモンのテストステロンが、5α―リダクターゼという還元酸素によって変換されてできる、体内物質です。
男性は、思春期を迎えると、体が筋肉質となり、声変わりして、髭や陰毛が生え、ペニスが大きくなって、射精するようになります。
男性ホルモンのテストステロンは、こういった男性の、「男らしさ」を表現している物質で、おもに睾丸で作られます。
このようなテストステロンは、特に男性の心身にとって大きな役割を果たします。
このテストステロンから、酵素5α―リダクターゼの働きによって、DHTが作られると、毛乳頭が委縮し、毛母細胞の成長が抑制されます。

DHTを抑えるフィナステリド(プロペシア)登場

酵素5α―リダクテーゼには、1型と2型の二つのタイプがあります。
1型は、全身の皮脂腺が、広く分布するのに対して、2型は、前頭部、頭頂部の毛乳頭細胞、毛母細胞と前立腺にだけ、存在することが解っています。
飲み薬のプロペシアは、この5α―リダクテーゼの2型のみをブロックし、その働きを抑制する薬です。
そうすることで、前頭部や頭頂部で、「硬毛の軟毛化を促進するDHTの増加を防ぎ、AGAによる薄毛、脱毛の進行を食い止める」のです。
AGAによって成長期が短縮してしまった、髪の毛が育っていけば、髪がだんだん太くなり、毛根もたくましく育ちます。

AGAの進行度を知るにはハミルトン・ノーウッド分類法を

AGAに、初めて男性ホルモンの関与を、科学的に立証しましたのが、ハミルトンというアメリカの研究者です。
ハミルトンの実証以来、現在では、研究の科学レベルの進展とともに、AGAの遺伝について、詳しくわかるようになりました。
そしてアメリカの皮膚科医ノーウッド博士が、ハミルトンのAGAの型分類を整理し、ノーウッド分類法を完成させたのです。
この分類法は、二人の名前を取って、「ハミルトン・ノーウッド分類」と呼ばれ、現在では世界的に、AGA薄毛の進行度として使用されています。
自分が今どこまでAGAが進行しているか、一目で分かります。

AGAと男性ホルモンの関連について

1942年ホルモン学を専攻した、アメリカのハミルトンは、AGAに男性ホルモンが関与していることを科学的に証明したのです。
それは、詳細な臨床的観察から、AGAが起きて来る現象に、男性ホルモンの関与を明らかにしたのです。
1思春期以降に発症
2思春期以前に睾丸除去すると発症しない
3思春期に睾丸除去すると進行が止まる。
4テストステロンを投与すると、再び進行し始める。
ハミルトンはこうした、臨床結果を踏まえ、AGAに男性ホルモンが深くかかわっていることを実証したのです。

男性型脱毛症の診断基準

男性型脱毛症は、病気ではありませんが、特有の病態であるため、医学的な診断を下さなければなりませ。
ではどの程度髪が抜ければ、男性型脱毛症と診断されるのでしょうか。
男性型脱毛症は、髪が抜ける部位が、前頭部と、頭頂部に限られていますのが、大きな特徴です。
この発症に、男性型ホルモンが関わっている、ことを突き止めたハミルトンは、前頭部と、頭頂部における、脱毛の進行度を1~7段階に分類し、診断の指針としたのです。
AGAの診断を下す基準については、額の生え際から頭頂部までの距離で診断されます。ハミルトンは、「額の生え際の先端が 頭頂部の前方3センチを超えて後退を示す」を定義とし、後にこれを植毛外科医のノーウッドが「2センチ」に改定したのです。

AGAのハミルトン・ノーウッド分類

額の生え際から頭頂船まで、2センチという数字をAGAの臨界点としました。
欧米では、現在でも、「ハミルトン・ノーウッド分類」に、多少修正を加えたものをAGAの診断に使われているようです。
ハミルトン・ノーウッド分類は、日本にも輸入されましたが、日本人のAGAは、ハミルトンたちの分類とは少し異なっています。
それは、欧米の男性は、前頭部が薄くなる人が多いのに対して、日本人の場合は、前頭部の髪の毛が比較的保たれ、てっぺんの髪が少なる傾向が顕著になっていることです。
ちなみに、AGAの発症率は、欧米人と日本人とでは違います。
欧米では約50%の人がAGAになります。

ハミルトン・ノーウッド分類を日本人の脱毛パターンに合わして修正

日本では、ハミルトン・ノーウッド分類を、日本の脱毛パターンに合わせて修正したものを使う、皮膚科医師たちも多いようです。
その分類法を提唱しましたのが、以前札幌病院の皮膚科医高島巌氏です。
この高島分類では、額の生え際が臨界点に達していないのに、頭頂部は、薄くなっている2を加えたものです。
現在もAGAの人を診察する際には、この高島分類を使用するのが一般的となりました。ただし、AGAの進行過程を見るとき、人種によって、また個人差によって変わることもありますので注意が必要です。
自己判断の基準は、額の後退や、頭頂部の薄毛ですが、必ずしもパターンにとらわれず、気になったらすぐに皮膚科を受診することが肝心です。

ハミルトン・ノーウッド分類法の簡単な見方

ハミルトン・ノーウッド分類表は、AGAの進行度や症状によって、1~7の段階に分類されています。
この数字が大きくなるにつれ、薄毛の進行が進んでいると言うことです。

1型

髪の毛は健康な状態です。薄毛は始まってなく、髪も良好な状態です。

2型

生え際から少し薄毛が進行している状態で、周りが気付かない程度の薄毛です。

3型

生え際から完全に薄毛と分かる状態を言います。
この段階からは、早急に育毛対策が必要となります。
回復の見込みは十分あります。
この段階で、「プロペシア」の服用を考ええた方がいいでしょう。

4型

生え際から、頭頂部にかけて薄毛の進行がはっきり見られる状態です。
周りの人からも指摘されるように目立ってきます。
20代の若い人であれば完全な「若ハゲ」状態と言えましょう。
本格的な育毛対策に乗り出せば、回復の余地はあります。
この段階で本格的な「プロペシア」の服用が必要になってきます。

5型

この段階に来ますと、生え際から、頭頂部にかけて、薄毛の進行が顕著になってきます。ここでは育毛剤を使用しても、薄毛は進行し続けるでしょう。
ここまで来ると薄毛は、誰の目にも明らか、隠し切れない状態となります。
しかし本気になって育毛に務めれば、回復の余地はまだ残されていると言っていいでしょう。

6型

生え際から頭頂部にかけて、はっきりハゲが目立つようになります。
50歳以上の男性にはこのタイプが大勢います。
ここまで来ますと、育毛しても回復の望みは低いものと言えましょう。

7型

薄毛の進行は大きく、回復の可能性は完全に断たれます。
育毛しても望みはないので、かつらか、自毛植毛を行った方がいいでしょう。
ハミルトン・ノーウッド分類をわかり易く解説しましたが、こうした分類は、個人差があることは確かです。
人によって、症状によっても変わってきます。

AGAの日本での発症率は30%

ある製薬会社の調査で、日本人のAGAの発生率は20歳以上の男性で、約30%と発表されました。
それに比べて欧米人は約50%と高い数字を示しています。
その内、自分が薄毛と認識しています男性は、1260万人だそうです。
AGAは進行性の症状です。
薄毛にいったんスイッチが入ると、止めようがありません。
小さな点から広い範囲に渡って急速に広がっていきます。
それだけに1日も早く、その対策が必要になって来るのです。
今のところ最善の策として推奨されるのは、AGAの治療法を大きく変えた、飲む発毛剤プロペシアの服用が有力視されているようです。
このプロペシアは、5α還元酵素の活性化を阻害し、発毛を促進するフィナステリドと言う成分が含まれているのです。
ただし続けなければ効果が消えることになります。

自毛植毛の失敗例・リスクから改善策まで徹底解説!

20代以降、薄毛に悩まされている男性は少なくはないのではないでしょうか?

そこで気になるのが薄毛改善のための治療法など。

育毛剤に頼るのも一つですがコストもかかるし、一度始めだすとやめれないのが現実です。

そこで今回は「自毛植毛」というものについて調べてみました。

自毛植毛とは

薄毛な悩む男性の原因は90%以上AGA(男性型脱毛症)だと考えられます。

自毛植毛ではAGAで薄毛が気になる場合以外にも、生まれつきおでこが広いのでかいぜんしたいという理由や、けがややけど、手術で髪の毛が生えなくなった場合などにも効果的だといわれています。

では自毛植毛とはどういうものなのでしょうか?

top_exp_img

出典http://www.yokobikai.or.jp/

世間一般のイメージでの植毛は、髪の毛に似せた人工毛を頭部に一本一本植えていくというものというのが多いのではないでしょうか?

確かに、そういう植毛もあるのも間違いありません。

しかし、もう一方で「自毛植毛」という方法は少し勝手が違うようです。

簡単に言うと「薄毛になりにくい後頭部・側頭部の毛を、薄くなってしまった部分に医師が外科手術で移植する」施術のことだそうです。

とは言っても、髪の毛を一気に抜き、それを一気に植えて盛る、という大味なものではないです。

どちらかと言うと、「毛根を1つずつ移植する」という表現の方が適切でしょう。

詳しく言うと、まず、毛根を含めた『毛包』単位で移植するとのこと。

一つの毛穴からは通常2〜3本程度の髪の毛が生えていますが、毛包の移植となる為、一本ずつ切り離すことなく2~3本程度の毛の束ごと移植する形になります。

これは、今までの先入観とは少し違いますね。

一旦移植毛が生着すれば、自分の髪の毛として生え続けることができるそうです。

例え自然に抜けたしたとしてもまた同じように生えてきます。移植した毛髪の生着率は95%以上と非常に高いものになっているようです。

images

出典http://www.asiax.biz/biz/1302/

生え続ける理由は、簡単です。もともと後頭部・側頭部の毛髪だから。男性ホルモンの影響を受けない性質を引き継いだまま移植できるので、移植された毛は生え続けます。

不自然にブワッと髪が増えるわけではなく、健康な毛根によって、自然に髪の毛が生えてくるということです。

と、いうことは、術後、生えてくるまでは待たないといけません。

通常5~6ヵ月たてばドンドン生えてくるようです。

この頃になると、自分自身の実感だけでなく人からでも効果を感じることができます。

その後は自力となるわけなので、毛をはやす力を取り戻した頭部から、当たり前のように生え続けることができます。

ここまでくるといいこと尽くしな気がしますが、やはり医者による手術なので、リスクもあるのは当然のことです。

そして自毛植毛には方法が何種類かあるようです。

代表的な方法としては、まず、「FUT法」と呼ばれるもの。

これは「メスを使って切る」施術法です。

採取方法の違いとご説明しましたが、薄毛部分へ植毛するために毛髪を後頭部や側頭部から採取します。

特にこの部分は男性脱毛症の影響を受けにくい箇所のためです。

採取方法は後頭部にメスを入れ、幅1センチ程度×長さ十数センチの帯状の皮膚片(植本数により幅、長さは異なります)を切り取ります。

その後に帯状に切り取った皮膚の部分を上下縫合するため、後頭部に細長く傷が残ってしまう例が多く挙がっています。

引用http://xn--z3vu3ddymyry.asia/syokumou_kizu_kasabuta.html

そしてもうひとつは「FUE法」と呼ばれるもの。

こちらはFUT法とは逆に「メスを使わない、切らない」施術法になります。

植毛するための毛髪はFUT法と同じく後頭部や側頭部から採取するのはかわりません。

そのあと専用の機械をつかって毛髪ごと吸引するためメスは使わない、すなわち切らずに採取ができるというわけです。

そして吸引した毛髪部分の毛穴痕は数日でふさがり、ほとんど目立たなくなります。

 引用http://xn--z3vu3ddymyry.asia/syokumou_kizu_kasabuta.html

植毛の方法はクリニックによって変わるそうなのでしっかり調べるなどしたほうがいいでしょう。

自毛植毛によるリスクとは

リスクやトラブルなどの危険性が全くないわけではありません。
良いことだけを宣伝しているクリニックも多いのですがしっかりリスクを理解しましょう。

①手術後の吐き気やむくみ

植毛の場合、手術による麻酔の影響が考えられます。症状は、吐き気という術後のリスクが考えられます。
個人差がかなりあるとのことですが、麻酔が強かった場合などにそのような副作用が起こる可能性が高くなります。
患部のむくみや腫れが出る場合も考えられます。

②頭皮が変形してしまう

自毛植毛は手術法によって違うようですが、後頭部の髪の毛の採取の時に傷跡ができてしまうことがあるようです。

その傷跡がでこぼこしてしまうことが稀にあります。

この場合、目立つこともあるので、失敗のケースとしてはかなり深刻なものになってしまいます。

この頭皮がでこぼこしてしまうことを「ピットスカー」といいます。

イメージとしてはみかんの皮の形にちかいようです。

mikan01

出典http://www.kochi-marugoto.pref.kochi.lg.jp/kensanpin/mikan/

これは、植毛時に技術力などに問題があるケースが多いようで、

医師やクリニック選びが重要になるとのこと。

ただ、人工毛の移植に比べ、自毛植毛は自分の毛を移植するので、拒絶反応が起こることはほとんどないようです。
そのため自毛植毛に限り、ピットスカーのリスクは少ないのだそう。

しかし自毛植毛であっても、“機械式植毛手術”や“くり抜き式植毛手術”という方法に関しては比較的リスクが高めなので、移植方法の選択という部分も考える必要がありそうです。

③手術が成功したにもかかわらず生えてこない

髪を植えても生えてこないことがあったり、植えるのには成功したけどすぐ抜けてしまうなどのこともあるようです。

④ショックロス

ショックロスとは自毛植毛の手術後に、その周辺の地毛が一時的に抜け落ちる現象のことをいいます。

約10%の人に起こる可能性があるといわれています。

これは一時的なものだそうで、ヘアサイクルが戻れば普通に生えてくるのだそうですが、ショックはかなり大きいでしょう。

⑤合併症

これはかなり確率が低く1%以下の人に起こるそうですが、知っておいたほうがいいでしょう。

手術中に不整脈、心臓発作などのかのうせいがあるようです。

また、術後では、感染症、しびれ、視覚障害、顔面のむくみなども可能性としてはあるようです。

1%の可能性とはいえかなり怖い状態なのは間違いありません。

⑥生え際など、太さ細さが不自然

ほんらい髪の毛はいろいろな太さの髪の毛があって、そのあつまりが髪型になります。

増やすことだけを考えた医者の場合、生え際の本来細くあるべきところにしっかりとした太い髪の毛を移植してしまうことで、なんとも不自然に仕上がってしまうこともあるようです。

この場合、直すのはとても大変な労力が必要となるでしょう。

失敗例の紹介

では実際に失敗例を紹介します。

20130925_172793

出典http://blog.mega-hage.com/?eid=3

この写真は植毛手術後の頭皮の写真だそうです。

しかし頭が傷だらけです。

その傷痕というのも、表面が血で真っ赤に染まっており、ブツブツな跡が残ってしまっています。
これは現在では主流ではない方式の植毛手術とのことですが、かなりひどい事例といえるでしょう。

術後3か月ほどでかさぶたも傷の赤みも取れてくるころです。

しかし皮膚が敏感な人や、 術後傷口に感染してしまった場合は、 植毛した場所の傷が残ってしまったり、 炎症を起こしてしまったりする場合があるようです。

そのほかにこんあな事例も。

after1-5

出典http://blog-imgs-18-origin.fc2.com/m/i/l/militarou/after1-5.jpg

髪が生えてきているところといないところがあるように見えます。 全体的に太さのむらがあって、 自然にできるような生え際になっていません。

手術中、植え込む際に毛の生える向きなどを調整しないと、 生えてるけど不自然な状態になってしまいます。

これもせっかく手術したのに残念な結果となってしまっていう一例です。

o0272021013088443582

出典http://ameblo.jp/shokumou-yokobi/theme2-10072014525.html

この写真は大きな株をヘアラインの前列に植えつけているのが原因で不自然に見えてしまっています。
生え際というものは少し薄く見えて奥にいくにつれて徐々に濃くなっていきます。

特に女性の場合には産毛からそうなっていく方がに多いと思いでしょう

自然に見える状態を再現するために生え際には細い毛をつかうべきですが担当医はこのルールを知らなかったのか大きな株を最前列に植えつけられています。

濃くできても不自然であれば良い植毛とはいえないでしょう。

失敗してしまった時の改善方法は?

まずは頭皮が荒れてしまった場合の対策方法です。

やはり頭皮に出血を伴うものになりますので、ケアはとても大切です。

頭皮を不潔にしてしまうと直りが悪かったり感染症の原因にもなってしまうので、丁寧にシャンプーをして、頭皮をしっかり清潔な状態に保つように心がけましょう。

ダウンロード

出典http://www.labadiepark.com/

なによりも頭皮を傷つけないように丁寧に洗うのがポイントです。

そして、不自然な生え際になってしまった場合はどういうほうほうがあるのでしょうか?

それは、もったいない話ですが移植毛を一度脱毛して男性型の生え際にする方法があげられます。

その場合には針脱毛ないしレーザー脱毛を用いるなどでくり抜いて再利用します。

そのあと、こめかみの生え際にも移植毛を植えつけます。額の生え際との境界をぼかします。

そして前回手術した範囲に再度植毛を行って密度を上げていきます。

さらに最前列の大きな株の根元を脱毛して1本毛にしたり産毛のようにします。

この方法で自然に見えるように持って行かないといけません。

o0333022713088443584

出典http://ameblo.jp/shokumou-yokobi/theme2-10072014525.html

 

なにかとデメリットも多い自毛植毛、される場合はしっかりと医者と相談してすすめましょう。