ハゲの予防

脂漏性脱毛症を治すには?〜治療法おすすめ〜薬・病院・皮膚科・AGAクリニックの前に食生活を見直そう。

■誰でもなってしまう可能性がある脂漏性脱毛症とは!

脂漏性脱毛症とは、皮膚の病気である脂漏性皮膚炎が頭皮にも発症してしまった結果、脱毛につながってしまう症状です。

脂漏性脱毛症の怖い点が

「髪に良かれと思ってやっていたことが逆効果」
「日常生活の中で誰でも発症する可能性がある」

などなど…、どんな人にも起こり得てしまう脱毛症なんです。

特に、間違ったヘアケアをしていた結果、脂漏性脱毛症になってしまう方も少なくはありません。

今回はそんな脂漏性脱毛症を徹底解説するとともに、その治療方法をお伝えします!

■そもそも脂漏性脱毛症とは?

頭皮や、髪の生え際などは皮膚の中でも非常に皮脂が出やすい箇所になります。そしてあまりにも過剰に分泌されてしまうと、元々皮膚に存在する菌であるマラセチア真菌と呼ばれる菌が大量に繁殖してしまいます。

このマラセチア真菌が皮脂を分解することによって、皮膚炎症を起こしてしまう状態が「脂漏性皮膚炎」です。そこから脱毛につながることを「脂漏性脱毛症」と言います。

■脂漏性脱毛症になるとどんな症状が?

脂漏性皮膚炎、そして脂漏性脱毛症になってしまうと、まず発症した部分が赤くなんてしまい、かゆみを伴うことになります。

m_img_0839-thumbnail2
出典:http://sukoyakajihada120.blog.so-net.ne.jp/index/2

ここからさらに悪化すると…

・フケの大量発生
・かさぶたや皮脂のかたまりが発生
・膿んでしまいグズグズする

など、症状が悪化していくと見た目にもキツイ状態になります。

最終的には髪や頭皮の毛穴に皮脂が過剰分泌され、取り除いてもまたすぐに皮脂がたまってしまうというかなりの悪循環に陥ってしまいます。

そしてさらに悪化すると脱毛が発生。これが「脂漏性脱毛症」です。

■注意!「頭ニキビ」とは別物です!

脂漏性皮膚炎及び脂漏性脱毛症は、頭に出来物であったり炎症が起こるといった症状から「ニキビ」と勘違いしてしまうケースが非常に多いようです。

頭皮にも「頭ニキビ」と呼ばれるニキビが出来てしまうことがあるので、勘違いしてしまうかもしれません。

「頭ニキビも脂漏性脱毛症も同じじゃないの?」と、思われる方もいるかもしれませんが実はまったくの別物です

ニキビの原因となってしまう菌は「アクネ菌」と呼ばれる菌なのに対し、脂漏性脱毛症の原因となってしまう菌は先ほどもご紹介した「マラセチア真菌」です。

有効な成分なども変わってきますので、自己判断で治療をしようとするとさらに悪化してしまう可能性もありますので、頭皮の状態が良くないなと感じたら医師へ相談することも視野に入れましょう。

■脂漏性脱毛症の原因における3大要素!

脂漏性脱毛症の原因は「皮脂の過剰分泌」が主な原因とされていますが、その皮脂の過剰分泌が起きてしまう原因が何なのかをご紹介していきたいと思います。

ちなみに、大きく分類すると以下の3つのようになります。

・ストレス性
・食生活の乱れ
・間違ったヘアケア

どれも、日常生活と密接に関係しているものになりますので、しっかりと詳細を把握しておきましょう!

■ストレスは皮脂の分泌を加速させる!

皮脂が過剰に分泌されてしまう原因のひとつとして挙げられるのがストレスです。

ストレスを感じると、交感神経が過剰に作用してしまい男性ホルモンが過剰に分泌されます。男性ホルモンは皮脂を分泌させる効果があるので、男性ホルモンが増えた分だけ皮脂が余計に増えてしまうのです。

また、人間はストレスを感じるとそのことを感じさせないために興奮成分であるアドレナリンが分泌され、それによって活性酸素が増えて皮脂の分泌量を増やしてしまうという原因も考えられているそうです。

皮脂の過剰分泌が原因とされる脂漏性脱毛症にとって、ストレスほど大きな原因はないといってもよさそうですね。

■“食生活”が大きなカギを握る!?

AGAや円形脱毛症などにももちろん食べ物は大きなかかわりを持っていますが、脂漏性脱毛症の場合は食生活が原因として直結している可能性も高いとされています。

では実際、どんな食生活が脂漏性脱毛症を引き起こすのかをご紹介しましょう。

★中性脂肪

中性「脂肪」というくらいですから、やはり脂肪となって体についたり、皮脂として肌や皮膚に浮き上がってきます。

わかりやすい例を挙げるなら、焼き肉を食べた後や次の日の朝なんかに、皮膚がベトベトすることがありませんか?これは、肉に含まれる動物性脂肪分が浮き出てきているのも原因のひとつと言えるでしょう。

主な食材:バター・生クリーム・チーズ・肉の脂身・砂糖・果糖など

★高GI食品(血糖値が高いもの)

血糖値が上がることによって分泌されるインスリンには、皮脂の分泌を促進させる効果があるため、脂漏性脱毛症の原因につながります。

「糖を取りすぎるのはいけない」という認識が一番わかりやすいかもしれません。

主な食材:白米・パン・麺類・砂糖・お菓子・ジャガイモなど

★アルコール

アルコールを摂取しすぎると、脂漏性脱毛症の原因につながるのはもちろんのこと、そもそも頭皮や髪自体に非常によくない効果が多いとされています。

アルコールを飲むと、のどが渇きませんか?アルコールには脱水作用があり、飲みすぎると体が水分を欲するようになり、皮膚や頭皮も乾燥してしまいます。

また、肝臓は髪の生成に必要な亜鉛などを消費してアルコールを分解しようとするので、頭皮だけでなく髪自体にも悪影響が及ぶことや、ストレスの項でご紹介した「活性酸素」も分泌されてしまいます。

飲むお酒の種類にもよりますが、穀物から作られているお酒には脂肪分や糖類が多く含まれているものもあります。ビールなどは麦から作られていますから、その分糖類が多いです。

ちなみに、最も糖類が多く含まれているお酒は何だと思いますか?

答えは「梅酒」なんです。梅酒は約20%が糖類で作られており、米から作られる日本酒の約4倍。ビールの約5倍もの量が含まれています。

飲みやすいからと言ってぐいぐい行けてしまうお酒だけに、注意が必要です。

また、アルコールを肝臓で分解すると発生するアセトアルデヒドは、処理しきれなくなるとDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれるAGAの原因となるホルモンを生成します。

飲みすぎは頭皮や髪にとって百害あって一利なし…。ということですね!

■シャンプーをすると皮脂が増える!?

「皮脂が増えてしまう=不潔な状態」と考えて、シャンプーを洗浄力の高いものであったり、ゴシゴシと強くこすって皮脂を落とそうとする方、いらっしゃると思います。

確かに、そうすると皮脂がきれいに落ち、頭もさっぱりし、正常な状態に戻ったと“錯覚”するかもしれません。しかしこれが大きな落とし穴なのです!

そもそも、人間の頭皮において皮脂は頭皮に潤いを与え、紫外線やほこりから守る役目をしています。

つまり、シャンプーによって過度に皮脂を取ってしまうと、頭皮はカサカサになり、外的要因から守ってくれるものがなくなるため、頭皮にとってあまりいい状態ではなくなってしまいます。

そして皮脂があまりにも少ないと体が感じると、皮脂をこれまで以上に多く分泌させようと皮脂腺が働き、結果的に皮脂の過剰分泌へつながってしまう可能性があります。

■脂漏性脱毛症を治すために出来ること4選!

脂漏性脱毛症につながる原因を3つほどご紹介しました。結構心当たりのある方も多いのではないでしょうか?

逆に言えば日常生活が大いにかかわっている脱毛症のため、治療する方法や手段も様々に存在しますが、ひとつ大前提があります。

それは「脂漏性皮膚炎」の治療をしっかりと行ってから発毛に取り組むという点です。

皮膚炎の状態で発毛や育毛をしても効果はほとんどありません。病気の土に作物が育たないのと同じことですね!

また、皮膚炎が治癒した時点で髪がまた生えてくることもあるそうです。

そういった前提をお知らせしたうえで、治療のための4つの方法をご紹介します!

1.食生活の改善

中性脂肪・糖類・高コレステロールこういったものを控えるだけでも、皮脂の分泌量はかなり変わってくるといえます。

また、大食いや夜中の食事などは非常に内臓器官に負担をかけてしまい、結果として体全体の働きが悪くなり、頭皮や髪にも栄養が行き渡りづらくなってしまいます。

脂肪や糖をなるべく控えること、やりすぎてしまうと今度は栄養が少なすぎて髪がやせ細ってしまいますので、何事もほどほどが大切です。

2.シャンプーの改善

シャンプーの仕方やシャンプーそのものを変えるのもおススメします。

皆さんは、きちんとしたシャンプーの仕方をご存知ですか?きちんとシャンプーをしようとすると、時間にして約15分前後かかることとなります。

ポイントを簡単に抑えておくと…

・お湯の温度はぬるま湯(38度前後)にすること
・シャンプーで洗う前に、ぬるま湯だけで最低でも5分ほど流す
・シャンプーは手で軽く泡立てる
・指の先ではなく指の腹で揉むように洗う
・必ず自然乾燥ではなくドライヤーで乾かす

これらが、きちんとしたシャンプーの仕方において重要なポイントです。

また、シャンプー自体は頭皮にとって「刺激物である」という認識を持っておかねばなりません。皮脂が過剰に分泌されてしまう方は、洗浄力が弱い「アミノ酸シャンプー」を使ってみることをお勧めします!

3.飲むお酒を変える

「食生活は改善できるけど、お酒はやめられない!」という方に是非おススメしたいのが、飲むお酒の種類を変えるという方法です。

砂糖が大量に使われている梅酒はもちろんのこと、ビールや日本酒はそれぞれ麦や米が原料のため、比較的糖が多く含まれています。

逆に蒸留酒であるウイスキー・ウォッカ・ブランデー・焼酎にはほとんど糖が含まれていないため、お酒を飲む際もこれらを選ぶとよいでしょう。

ただ、注意しなくてはならないのがいくら蒸留酒であったとしてもジュースなどで割ってしまっては意味がないという点です。

飲む際はロックや水割りなどにし、何よりも飲みすぎないようにしましょう。

4.メソセラピー治療

メソセラピー治療とは、発毛部分に超音波やレーザーをあてることによって発毛成分を直接頭皮に注入していく方法になります。ここ最近、新たな発毛方法として注目されつつあります。
photo002
出典:https://www.rs-clinic.com/menu/aga_meso.html

効果は画像をご覧いただくとわかるように、かなりのものが期待できるといえるでしょう。また、最短で半年ほど、最長でも1年前後で治療が終わるというのもかなりうれしい点です。

ただし、内服薬との併用を行うことなどから、1回の治療費が1万円強~3万円ほどとかなり高額になってしまうことがデメリットです。

また、頭皮の状態を正常に戻してからでないと効果が薄いため、まずは皮膚炎の状態を治療してからメソセラピー治療を行うようにしましょう。

■今からできることばかりです!

脂漏性脱毛症に関しては今からできる予防や改善策が非常に多いです。

たった少し日常生活で気を付けるだけでも、状況が劇的に改善することも少なくありませんので、しっかりと意識付けすることが大切ですね!

また、あまりにも脂漏性皮膚炎、脂漏性脱毛症がひどい場合は必ず医師へ相談しましょう、場合によっては頭皮や髪だけの問題では済まなくなってしまいます!

後頭部・側頭部はなぜかハゲない!〜そのメカニズム〜

■後頭部や側頭部だけハゲてる人ってあまり見かけないですよね?

「おでこが気になってきた」「つむじのあたりが気になってきた」こんな髪の悩みはよく耳にしますが「最近耳の上が…」「後頭部がなんだか薄くなんてきて…」なんて話は、あまり聞きませんよね?

実際、薄毛に関する悩みの約90%以上は前頭部や頭頂部から始まるものと言われているため、後頭部や側頭部のハゲはかなり珍しいものと言えますが、実はこのことにはちゃんとした理由があります。

■そもそも「ハゲるメカニズム」って?

まずはしっかりと、ハゲるメカニズムについてご説明しておきましょう。

いわゆる、現代でいうハゲは男性型脱毛症(AGA)と呼ばれているものに分類されるものがほとんどです。

AGAになってしまう原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンが増えてしまうことによっておきます。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンのテストステロンが、酵素の5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンへと代謝されることによって生成されてしまいます。

そしてこのジヒドロテストステロンがホルモンレセプター(受容体)と結びつくことによって髪の成長や生え変わりを阻害してしまいます。

結果として、髪がすぐに抜けてしまったり、生え変わるはずの部分の発育がうまくいかずそのままになってしまったりします。

■ジヒドロテストステロン(DHT)が作られてしまう原因

では肝心の、ジヒドロテストステロンが生成されてしまう原因についてご説明しましょう。

・遺伝的理由

テストロテンをジヒドロテストロテンに変えてしまう5αリダクターゼの量は、遺伝的要因によって決まるとされています。

「親がハゲてるから子どももハゲる」などとよく言われるのには、ちゃんと理由があるということです。

ちなみにこのハゲる遺伝子については母方の遺伝子が密接に関係しているのではないかとされています。

・ホルモンバランスの乱れ

ジヒドロテストステロンの大元は男性ホルモンです。その為、何らかの要因でホルモンバランスが乱れてしまうと過剰に生成されてしまう可能性があります。

ストレスが薄毛の原因になってしまうと言われる由縁はこのホルモンバランスの乱れにあります。ストレスを感じてしまうと交感神経に狂いが生じてしまい、ホルモン生成がうまく行かなくなってしまうためです。

ストレスを感じることが多い方、溜め込んでいる方は要注意です。

・血行の悪化

髪の成長が阻害されてしまう原因の一つが、血管の血行が悪く、頭皮や毛根に十分な栄養素がいきわたらないケースです。

油っぽい食べ物を好んで食べていると血液がドロドロになってしまいますし、ストレスを感じれば血管が縮小してしまい、血液の流れが悪くなってしまうなど、結構の悪化を引き起こす原因もさまざまあります。

ここで特に気を付けたいのがタバコを吸っている方。タバコはホルモンバランスの乱れを誘発するだけでなく、吸いすぎてしまうと血管が固くなり血の巡りが悪くなってしまいます。

動脈硬化の原因とされているタバコですが、AGAとの関係も非常に強いようです。

■では何故、後頭部や側頭部はハゲないのか?

AGAの原因を見てみると、ジヒドロテストステロンの他には遺伝的理由やストレス、遺伝的な理由など、別段「前頭部や頭頂部だから」という限定的な理由にはならなそうですよね?

「前頭部と後頭部」「側頭部と後頭部」何故これだけハゲやすさに違いが出るかというと、秘密はホルモンレセプターの数の違いにあります。

つまり、ホルモンレセプターが後頭部や側頭部には非常に少なく、前頭部や頭頂部には多いため、ジヒドロテストステロンが生成されてしまった場合に影響を受けてしまう割合が大きいということなんです。

これが、前頭部と頭頂部ばかりがハゲてしまうメカニズムとなっています。

■とはいえ“絶対にハゲない”訳ではありません!

後頭部と側頭部はあくまで「AGAによってハゲる可能性が低い」だけであって、決して脱毛や薄毛のリスクが無い訳ではありません。

では、後頭部や側頭部がハゲてしまう原因にはどういったものがあるのか、ご紹介しましょう。

・円形脱毛症

円形脱毛症に関しては、発症しやすい場所というものがある訳ではありません。頭皮のどこにでも発症する可能性があります。

そもそも、円形脱毛症には主に3種類の症状が存在します。

単発型:いわゆる十円ハゲがポツンとできてしまう症状。円形脱毛症の大半は単発型だといわれています。
多発型:単発型が何個もできてしまう形。
蛇行型:側頭部から後頭部にかけての脱毛症。時には円形ではなく帯状にぐるりと脱毛する可能性もあります。

もちろん「単発型」や「多発型」が側頭部に発生する可能性もありますが、側頭部の薄毛でもっとも気にしなくてはならないのが蛇行型円形脱毛症です。

image3-300x240
出典:http://www.ijdvl.com/

側頭部から後頭部までがぐるりと毛が抜け落ちてしまい、症状がひどい場合は全治まで数年を要することもあります。

円形脱毛症の主な原因は「自己免疫疾患」と言われていますが、実はちゃんとした原因はわかっていません。アトピー性皮膚炎が関係しているということや、遺伝なども原因として考えられています。

何より、今や円形脱毛症に悩む人の割合は100人に1人~2人であり、誰でもなってしまう可能性があります。

・脂漏性脱毛症

m_img_0839-thumbnail2
出典:http://sukoyakajihada120.blog.so-net.ne.jp/index/2

脂漏性脱毛症の場合、ホルモンバランスの異常によって皮脂が過剰分泌をしてしまうケースもありますが、頭皮を不潔にしている場合や、ストレスによる場合、そして油分の多い食べ物を多く摂りすぎたりしている場合でも発症することがあります。

症状があまりにも進行した場合、上記でお伝えした症状に加えて頭皮にカビが発生したり、化膿してしまうケースもあります。

脂漏性脱毛症に対して有効な手段としては、生活環境の改善はもちろんのことヘアケアの方法を見直すという手があります。

これは一例ですが、脂漏性脱毛症を誘発する原因の一つとして「朝シャン」があります。

なんとなく、髪を洗って清潔に保った気分になるかもしれませんがそもそも頭皮や髪にとって「洗いすぎ」は厳禁です。

「皮脂は少ないほうがベトベトしなくていいんじゃないか?」と考えがちですが、実際はある程度頭皮に皮脂がある状態でなければなりません。

皮脂の役割の一つに、頭皮を紫外線から守る役割があります。紫外線は頭皮にとってあまりいい影響を与えるものではありません。

朝シャンによって皮脂を流されてしまえば、頭皮がモロに紫外線を浴びてしまうことになります。

また、皮脂はあまりにも少なくなりすぎるとそれを異常と感じ、生成する量を増やします。すると本来の適切な皮脂量以上に過剰分泌されてしまい、フケやかゆみ、そして脂漏性脱毛症の原因に繋がります。

「なんだか頭が脂っぽいな?」と感じる方は、もしかするとその脂っぽさを気にするあまり「洗いすぎ」なのかもしれませんよ!

・牽引性脱毛症

髪を一方向へずっと強い力で引っ張り続けていると、やはり毛根は緩くなってしまい抜けてしまいます。これをけん引性脱毛症といいます。

長い髪を後ろで束ねる、いわゆる「ポニーテール」などをずっとしていると、おでこや側頭部の生え際、要は束ねている部分から遠い位置の一番負荷がかかるポイントがだんだんとハゲて来てしまいます。

男性の場合はドレッドヘアにしていたり、場合によってはずっと同じ分け目で「七三分け」をしている場合などでも、頭皮が弱っている場合は牽引性脱毛症になる可能性があります。

予防する方法としてはやはり長時間の間、頭皮や髪に負担がかかるような髪型にはしないことが重要でしょう。

■現代の病ともいえる「眼精疲労」に要注意!

円形脱毛症や脂漏性脱毛症などとはまた違う原因で側頭部のハゲが起きてしまうことがあります。それが「眼精疲労が原因によるハゲ」です。

パソコンやスマートフォンを頻繁に使用する現代では、眼精疲労に悩んでいる方は非常に多いかと思います。

眼精疲労が起きてしまう原因は、目を酷使しすぎて緊張してしまい血管が細くなり血の巡りが悪くなってしまうことが原因です。

目の欠陥はおでこや側頭部の頭皮の血管とつながっています。つまり眼精疲労によって目の血行が悪くなってしまえば、必要な栄養素が頭皮にも行きわたりづらくなってしまう訳です。

誰しもが陥ってしまうハゲの原因にして、気付きづらい部分でもある眼精疲労。「目が疲れたな」と思ったその時は無理をせず目を休め、頭皮にも栄養が行き渡るようにしましょう。

■ハゲる前にしておく!後頭部や側頭部ハゲへの予防策!

後頭部や側頭部が何故ハゲないのか、そのメカニズムはお分かりいただけたと思います。そして同時に「ハゲにくいだけであってハゲてしまう可能性はある」ということも、覚えておかねばなりません。

そこで覚えておきたい後頭部や側頭部のハゲ予防策をお教えします!

・睡眠をしっかりとる

これは脱毛の悩みにおいてすべてに言えることでもあるのですが、特に円形脱毛症や、眼精疲労によるハゲに対してはしっかりと睡眠を摂るということが非常に重要です。

睡眠不足に陥ってしまうと、髪を生やすための成長ホルモンの生成が阻害されてしまうため、円形脱毛症の悪化やなりやすい可能性が出てしまいます。

眼精疲労も同じです。起きている間はどうしても目を休めることが難しい為、睡眠はかなり重要です。

・食生活の改善

脂漏性脱毛症の主な原因のひとつに数えられるのが食生活です。脂っぽいものやアルコールを好んで食べていれば、頭皮で分泌される皮脂や汗もかなり質の悪いものになり、脂漏性脱毛症の危険性が高まります。

また、髪に良い食べ物とされている「亜鉛」「タンパク質」「イソフラボン」といったものが多く含まれている食材を意識的に食べることも重要です。

これらの栄養素をいい具合に摂取できるのが魚介類です。肉類中心の生活をしている方は、魚中心のメニューに変えるだけでも、髪にとっては良いといえるでしょう。

■ハゲにくい=ハゲるとヤバイ!と考えましょう!

後頭部や側頭部がハゲにくいメカニズム。そして「油断していると危ない」ということをお伝えしました。

後頭部や側頭部がハゲにくいのは事実なのですが、その分この辺りがハゲてしまった場合はかなり「ヤバイ状態に陥っている」と考えたほうが良いとも言えます。

日頃の予防策は少し意識すれば実践できるものばかりです。後頭部や側頭部のハゲにならないためにも、しっかりと日頃から予防をしていきましょう!

円形脱毛症はこれで悪化する?原因10選!

円形脱毛症で、ハゲタ部分の頭皮温度を測ってみますと、育毛部(髪の毛がある部分)の頭皮温度に比較して、脱毛部は、2~3度低くなっているのが解ります。中には5度近くも低下していることもあります。この場合ヒヤッとして、吸い付く感じになっておることが多いものです。患部の皮膚温度を上げてやり、肩こりや首筋のこりをほぐして、血流循環を良くしておくことが改善につながります。このように円形脱毛症はちょっとした気遣いで、すぐに回復することが度々あると言うことです。円形脱毛症をそれ以上悪化させないためには、日常生活を改善することから始めるのがいいでしょう。円形脱毛症を悪化させないための十選を中心に、悪化させる原因を追求していきます。

薄毛の現れ方を知ることが対策の第一歩

同じ「髪が薄い」という悩みでも、いくつかのタイプに分かれます。
「髪が薄くなってきた」と感じた時、まずは冷静に、どこからどういう風に、薄くなってきたのか、注意深く観察することが大事です。
壮年男性に多い薄毛は、生え際から後退する「M型」や頭頂部から薄くなっていく「O型」、この場合は、血行障害や男性ホルモンの影響と考えなければなりません。
頭部全体が薄くなる「びまん型」一部がごっそり抜け落ちる「円形脱毛症」等はそれぞれ独自の原因があります。
そうした原因を知ることにより、悪化させないための行動が必要になります。
このように現れ方の違いによって、原因も対策も変わってくる者なのです。
一口に薄毛と言いましても、このように現れ方も様々と言えましょう。
どのように始まるかによって、薄毛の対策が決められます。
円形脱毛症は、慢性化したストレス、自己免疫疾患末梢神経の障害、自律神経失調などが指摘されています。
円形脱毛症を悪化させないための10の対策を述べて行きます

1ストレス

現在の社会生活を営む上で、ストレスを感じていない人は皆無と言えましょう。
人それぞれ個人差はありますが、大なり少なり、年齢、男女差別なく降りかかってくる問題と言えましょう。
小・中・高、大学生活、社会人その立場によって悩みも違って来るでしょうが、インターネットの普及で、ストレスは増加傾向にあると言うのが現実です。
そのストレスが、円形脱毛症の要因の一つになっているのは周知のとおりです。
先ずこのストレスを溜めない工夫をすることから始めることが肝心です。
学校や、職場での人間関係の悩みは、年々急速に増加傾向にあります。
それが要因となって「うつ病」になる人が増えているのが実情です。
そして家庭でのストレス、等々数え上げればキリがないほどあります。
それが円形脱毛症を促進することは確かなのです。
「気にしすぎない」ことが育毛アップにつながります。

2食生活の偏り

食生活の欧米化は年々顕著になっています。
これまでのコメを中心とした食生活が、肉中心の食生活に変わり、これが髪に多大な影響を与えています。
毛髪は、たんぱく質から出来ていることから、そのたんぱく質を作っているアミノ酸が豊富な食品を摂らなければなりません。
亜鉛は、たんぱく質の合成などに関与していることから、毛の成長を促します。
また亜鉛イオンは、5α―リゼクタ-ゼ1型を阻害すること等から、亜鉛不足が起こりますと脱毛の抑制と毛髪再生に影響が出ます。
男性の場合は、前立腺に多く、1回の射精で、1~7㎎、大量の汗で、1~4㎎失われると言われていますので、亜鉛と銅のバランスを取りながら、常に補給しておくことが必要になります。

3不眠症

睡眠不足は、心身にとってだけでなく、髪にとっても大敵となります。
睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と、浅い眠りのレム睡眠があります。
睡眠中はそれが交互にやって来るのです。
レム睡眠は、体は休んでいるものの、脳は寝ていない状態です。
一方のノンレム睡眠は、脳は急速状態にあります。
これらの相互の移行がスムーズで、体も脳もしっかり休めるのが、質のいい睡眠なのです。髪にとって大切な睡眠の中でも重要なのは、ノンレム睡眠なのです。
最初にやって来るノンレム睡眠の時に、髪の成長に必要な成長ホルモンが最も多く分泌させます。
髪の毛は夜につくられるのです。
ちなみに、髪に関係する成長ホルモンは、若い頃にはたくさん分泌されていますが、加齢に伴って減っていきます。
したがって年齢を重ねるほど、睡眠の質にこだわることが、円形脱毛症の予防にもつながると言えましょう。

4アルコールの過剰な摂取

いくらヘアケアに力を入れましても、生活習慣が乱れていては、体が不調になります。
毛髪は体の一部、体の不調は毛髪にとっても良い事ではありません。
アルコールは、毛髪には直接影響はしませんが、度を超した飲酒は、生活習慣に悪影響を与えます。
アルコールは肝臓によって分解され、肝臓は毛髪の生育に欠かせないタンパク性を作り、全身に供給します。
したがって、肝臓に負担がかかり、充分にたんぱく質が摂れず、発毛を妨げることになります。
しかし一方では、お酒は、血行を盛んにし、ストレス解消にもつながるましので、ビール1本位はいいでしょう。
アルコールを過剰に摂り過ぎますと、アルコールはビタミンB1の消費を高め、毛髪の生育を妨げてしまうことになります。
円形脱毛症の予防対策には、過剰なアルコールの摂取は控えた方がいいでしょう。

5喫煙

たばこのニコチンは、血管を収縮させ、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合し、全身的な酸欠を起こします。
そして1本毎に、ビタミンCを25㎎消耗し、血管が弱ってしまい、血行不良となります。
また発毛に必要な、亜鉛の吸収率を高める破壊をしますので、喫煙はやめて方がいいでしょう。
しかし、たばこと脱毛との関係は、たばこを吸ったからと言って、ハゲになると言うものではありません。
むしろハゲの問題よりも、「健康」に害を及ぼすと言った方がいいかもしれません。
確かにたばこを吸っている人の中には、毛がふさふさという人もいます。
しかし「百害あって一利なし」と言います。
体に良くないとわかっているたばこを吸うことはないでしょう。

6間違ったシャンプーの選び方

薄毛や抜け毛が気になり始めた人は、大半の人が最初に取り組むのがシャンプー選びです。ここで注意したいのは、シャンプーは、発毛を促すことは期待できません。
テレビコマーシャルや、雑誌広告などで、「髪のボリュームが気になる人へ」とか「髪のコシやハリを蘇らせる」などのキャッチコピーに騙されないことです。
シャンプーは、大きく分けて3つのタイプがあります。
「アミノ酸系」「高級アルコール系」「石鹸系」です。
シャンプーノ選び方のポイントは、自分の頭皮に合った物を選ぶと言うことです。
そして初めてシャンプーを選ぶときは、小さいボトルを購入し、頭皮に合うかどうかを確認することが大切です。
それを確かめるには、シャンプー後に、頭皮にかゆみが出た、フケが多くなったと言う人がいれば、頭皮に負担をかけているサインです。

7シャンプーの回数が減る

シャンプーは、髪の毛の汚れだけを落とすことだけではなく、地肌を守るために行うものです。
つまり髪を洗うのではなく、頭皮を洗うのです。
頭皮は、新陳代謝が盛んで、皮脂分泌や、アセ腺の働きも活発です。
頭皮の汚れや、皮脂を落として清潔に保つ、これがシャンプー本来の目的なのです。
抜け毛が怖くて、シャンプーを減らす人をよく見受けられますが、これは間違っております。
最低でも、週2~3回は洗髪する必要があるでしょう。
そして脂性肌の人は2度洗いを慣行するようにしましょう。
毎日洗いたい人は、洗浄力の強いシャンプーは避けるとともに、使用量の調節が必要です。乾燥しやすい冬は、量を少なく、夏は多くするなどの工夫が大切です。

8髪をすぐに乾かさない

髪を洗った後は濡れっぱなし、というのは頭皮の環境を乱すもととなります。
余分な水分は素早く取り除くことが大切と言えましょう。
洗髪後はタオルドライした後、ドライヤーを使って頭皮までしっかり乾かします。
この時60度以上の温風は、髪のたんぱく質の分解を促し、傷める結果になるので注意が必要です。
ドライヤーで乾かすのは面倒だからと言って、自然乾燥にするのは髪にとってはマイナスと言えそうです。
髪は濡らしたらすぐに乾かすことを習慣化することは、髪にとって重要なことなのです。円形脱毛症防止には、こうした細かいことを習慣化することが、悪化させない秘訣と言えましょう。

9髪に紫外線を浴びる

頭皮の状態は季節によって変化するものです。
もともと頭皮の色は青白いのですが、特に夏は日焼けして頭皮は乾燥に傾きがちです。
紫外線を浴びることによって、皮膚にできるシミやシワ、これには体内で、発生する活性酸素が関係しているとピ割れてしまいます。
活性酸素とは、普通の酸素が体に悪さをするように変化したものです。
髪の毛は紫外線によって痛みつけられ、ちょっとこするだけで、キューティクルがはがれるようになってしまいます。
紫外線を浴びると、毛髪の構成アミノ酸の中の、シスチンが分解されます。
擦ると頭髪の引っ張り強度が低下し、水分を保持する毛髪中のたんぱく質が破壊されるため、バさつきが起こります。
過剰の紫外線を受けると、フリーラジカルの作用により、メラニンが細分化され、髪が茶色になったり、キューティクルの損傷や、切れ毛に発展しやすくなります。

10間違った頭皮ケア

毎日の頭皮ケアの中で、無意味なことや、髪の毛を虐待するようなことを平気で繰り返している人が多くいます。
またインターネットなどの過剰情報に振り回され、何を信じて実行したらいいのか分からなくなっている人も良く見かけます。
正しい方法を教わらないままに大人になり、髪が薄くなり出してからあわてて雑誌などでヘアケアのやり方を研究しているのが現状です。
円形脱毛症の場合は、抜けるとしばらく生えて来ませんが、生えて来るとなると一気に太くなってきます。
常に髪の毛が、良好に育つような環境や体調にしておくことが解決につながります。

眼精疲労が薄毛の原因となるらしい~その改善法とは~

最近のIT関連の普及は、目覚ましいもの画あります。今や完全にユビキタス時代、どこでも、だれでも、いつでもインターネットの恩恵を受ける時代と成りました。そして若い人たちを中心とした、スマートフォンの急伸で、眼精疲労の症状が激増しています。パソコンや、携帯電話で、一日中、目を酷使していれば、必ず体に支障をきたすのは当然と言えましょう。目の疲れで、肩こりや、首筋の異常が、抜け毛や薄毛に大きく関わっています。眼精疲労と抜け毛、薄毛のかかわりについて、そしてその改善策はあるのでしょうか。それには毛髪の科学的構造、そのものを知らなければなりません。そうしたことを総合的に検証して行きます。

毛根が髪を生み出す元になる 発毛の仕組み

しっかりした毛髪を育てようとするならば、目に見える部分のことだけを考えていてはだめで、毛髪を生み出す「毛根」を大切に扱うことが重要と言えましょう。
毛髪は、目に見える部分を「毛幹」、頭皮にうずもれた、目に見えない部分を「毛根」と呼ばれ、この2つに分けられています。
根のない植物が育たないように、「毛根なくして毛幹なし」ここを傷めてしまいますと、発毛しなくなってしまいます。
この毛根のもっとも奥にある,毛球部には、毛根の組織を生み出す、毛母、毛髪の原料となります、血液中のアミノ酸やミネラル分を受け取る毛乳頭など、様々な組織が毛髪を作りだすために活躍しています。
一般的に、目に見える毛幹の部分だけ目を奪われがちですが、しっかりした毛髪を育て上げるためには、毛根にダメージを与えないようにすることが重要といえましょう。

毛根を傷めていないでしょうか?

見た目重視で続けていることが、実は知らず知らずに、毛根にダメージを与えている場合も多いのです。毛根に悪いことは、
1髪の洗い方が乱暴。
2月に何度もパーマや染毛をする。
3いつも帽子を被っている。
4整髪料をたっぷり使う。
5睡眠時間が不規則。
6長時間ドライヤーをかける。
7紫外線を頭に浴びる。
等が考えられます。

抜けても3ヵ月で髪が生えて来るのが正常なサイクル

毛髪は放っておいてもどこまでも伸びることはありません。
毛の1本1本に寿命があるのです。
ただしその寿命が尽きた後には、必ず新たな毛髪が誕生するのです。
毛髪の寿命には限りがあります。
寿命が尽きた毛は、自然に抜けて行きます。
しかしその後3ヵ月も過ぎますと、新たな毛が再生されます。
この繰り返しを「ヘアサイクル」と言います。
ヘアサイクルがスムーズに言っていると、毛髪の量は一定に保たれます。
しかし脱毛の後、新たな発毛が起こるまでの間が長くなりますと、生えそろっている髪の量は減ってしまいます。
つまり「髪が薄くなる」ということにつながるわけです。
ヘアサイクルの周期には、男女差、個人差があり、さらにそれぞれの健康状態や、日常のヘアケアによって変化がみられるのです。

健康なヘアサイクルは約5年

ヘアサイクルは、「成長期」「休止期」「移行期」に分けられます。

成長期

毛母が細胞分裂を繰り返す期間です。
細胞のたんぱく質が変化し、硬い毛髪として伸びていきます。
成長期の終わりには、毛根は皮下組織にまでしっかり根を下ろし、毛幹も太くなります。女性ホルモンに髪の成長を促す作用があるため、男性よりも女性の方が、成長期が長くなります。
男性は3~5年、女性は4~6年です。

休止期

古い毛髪が表皮にまで上がり、抜け落ちていく期間です。
同時期に毛根部では、新しい毛母と、毛乳頭が一体となり、新たな発毛が始まります。
男女とも3ヵ月です。
休止期の毛が抜けるのは当たり前の現象です。
しかし栄養不足、男性ホルモンの影響などで、ヘアサイクルが乱れますと、休止期を迎える毛髪が増えてしまい、新たな発毛が起こるまでの期間は長くなります。
そこで必要なのが育毛なのです。
養毛剤を使うとしても、休止毛を刺激し、新たな発毛を促すことが「養毛」なのです。

移行期

毛髪の成長が止まり、毛球部が硬く小さくなり始める期間です。
毛母細胞が毛乳頭と離れ、頭皮表面に近いところまで上昇して行きます。
男女とも2週間くらいです。

眼精疲労と薄毛の関係

最近眼科業界に異変が起こっています。
眼の病気が急増していることです。
それも男女は問わず、比較的若い人が、眼精疲労で眼科を受診することです。
インターネットや携帯電話などで、長時間ゲームをし、眼精疲労の症状が増えていると言うことです。
眼精疲労は、これまで、老眼などの加齢による異常が原因で起こる病気、特に女性に多く見られる現象で、コンタクトレンズを長時間使用した場合に、起る病気として知られていました。
この二つに加えて、ITの発展により、新しい要因が加わったと言えましょう。
この眼精疲労という病気は、目だけの問題だけでなく、あらゆる病気の根源となるのです。そうです。毛髪の成長促進を妨げるだけでなく、抜け毛、薄毛にも大きく影響してくるのです。
これはドライアイとストレスが大きな原因となると考えられています。

眼精疲労のメカニズム

人の目は、年を重ねると共に焦点を合わせる「調整力」が低下してきます。
特に遠視の人、メガネのコンタクトレンズの過矯生の人、老眼の人などに見られる現象です。
そういった人たちは、近くの物を見るために、ピントを合わせるのに苦労しがちです。
このピント合わせを行っているのが、レンズの役割をする水晶体の厚みを調節する「網様体」という筋肉です。
長時間、目を酷使します作業によって、この網様体筋が、酷使されますと、疲労が大きく蓄積されるのです。
そして眼精疲労が発症します。
その症状として表れるのは、目が疲れる,眼がかわく、視力が落ちる、目が充血する、目が痛い、肩こり、頭痛、吐き気、目のケイレン,眼のカスミ、食欲不振などの症状が出ます。
こうした現象が出ましたら、速やかに眼科を受診することが大切です。

眼精疲労が急増した原因はIT関連の急速な発展

眼精疲労が急速に広がったのは、若者を中心としたIT関連の広がりが原因と考えられます。パソコンなどの長時間使用で、マバタキの回数が減り、涙の量が減ることで、眼球に十分な水分補給が出来なくなり、ドライアイが進行し、ストレスが、抜け毛や薄毛に大きな影響を与えた結果、脱毛につながって行ったと考えられます。
眼精疲労によって、目の周辺、首筋、肩こりを起こし、血行不良となり、リンパ液の循環が悪化することになります。
血液や、リンパ液の循環が悪くなりますと、筋肉が硬くなり、肩こりが起こり、首が痛くなります。
このような症状が出た時は、頭皮が硬くなり、血液やリンパの循環が悪くなりますので、頭皮が益々固くなり、毛穴が詰まると言う悪循環を起こすことになります。

眼精疲労は頭皮の新陳代謝を阻害する要因

頭皮には常に栄養素の供給が必要なのです。
眼精疲労は、頭皮の新陳代謝を阻害する要因となりますので、頭皮の必要な栄養素が十分に供給されない場合は、頭皮が不健康になり、脱毛につながると言う訳です。
頭皮の新陳代謝がスムーズに行われないと、薄毛、抜け毛が進行し、それを放置しておきますと、若ハゲにつながると言うことです。
最近の傾向としまして、若者だけでなく、子どもの眼精疲労も出始めているという報告もあります。
これは一日中、スマートフォンによるゲームを楽しんでいることで、目の疲れがひどく、これがいつの日か、薄毛や抜け毛に影響してくる可能性があります。
必ず、ゲームを一時中断して、目を休めさせる習慣を、今の内からつけておく必要があるでしょう。

眼精疲労の改善策は?

眼精疲労の改善策は、一言で言いますと、目を疲れさせないと言うことです。
それには次のことが改善策として考えられます。

1生活習慣の改善

朝起きた時から、パソコンや、携帯電話のゲームに飛びつき、学校の行き帰り、休み時間、家に帰っても夜寝る前まで、ゲームをやっている子どもや、学生の日常の生活習慣を改めることから始めなければなりません。
こうした日常が習慣になっている以上、目が疲れない方が不思議です。
そうした日常の生活習慣を改善することが重要と言えましょう。

2目の周りのツボを押す。

顔には疲れを治すツボが多岐に渡ってあります。
パソコンのゲームや、スマートフォンのゲームをやった後、目が疲れるようでしたら、目の周りのツボを指でしっかり押してください。一時的には回復します。
眼精疲労の恐ろしさは、目の症状だけにとどまらず。薄毛、脱毛その他の病気にも影響を与えます。
速い内に改善策を講じる必要があります。

眼精疲労はシスティン不足による毛髪の栄養不足を起こす

毛髪を構成しています主成分は、ケラチンというたんぱく質です。
このケラチンが不足しますと、毛髪の生成時に、十分な栄養供給が行われず、細く弱い髪の毛になります。
ケラチンは、システィンと呼ばれる物質によって合成されています。
目の疲労回復のために消化されるビタミンB群や、L一システィンという栄養素は、健康な髪が育つためには欠かせない栄養素なのです。
眼の疲労回復のために大量に消費されることで、髪にまでこれらの栄養素がいきわたれなくなってしまいます。
髪に充分な栄養素が生き渡れないと、抜け毛が増えたり、薄毛になる可能性は大きいと思わなければなりません。
システィン不足は、髪の成育に大きな影響を与えることを認識しましょう。

薄毛の状態は自分では確認できないから不安になる

「第一印象に2度目はない」と良く聞く言葉ですが、初対面の人と会った時の印象を、大きく左右する要素は頭髪です。
男性でも女性でも、頭髪のボリューム、ヘアスタイル、色合いなどは、他人の印象に強く残ります。
だからこそ女性たちは、イメージチェンジをしたい時、長かった髪をバッサリ切ったり、茶初にしたり、黒髪に戻したりするのです。
十人十色というように、顔かたちは一人一人違います。
ですから頭髪が薄いのも個性の範疇のはずですが。
日本ではそうはいかないところに苦労があるのです。

あなたは本当に大丈夫?ハゲの5つの前兆

人生の転機や災害など今思えばあれが前兆だったのかと感じることがあると思います。
それは、ハゲでもあります。
今思えばあれがハゲる前兆だったのかと思う前に対策を行いたいものです。
今回はハゲの前兆とその対策についてまとめました。

ハゲの前兆

「最近抜け毛が多い」や「排水溝に溜まる抜け毛が増えた気がする」など”気”がすると感じたことはありませんか?
それ、実は気がするではなく本当に抜け毛が増えていて、その前には様々なハゲになる前兆があったかもしれません。
ハゲになる前兆をしっかり見極めたいと思いますが、前兆いくつかあります。

見逃せないハゲの前兆

頭皮が硬くなってきた

hard_scalp

(出典: http://scalpcare-navi.net/guide/%E5%9B%BA%E3%81%84%E9%A0%AD%E7%9A%AE/
絶対ではありませんが、頭皮が硬いのはハゲの前兆です。

硬い頭皮は、血液循環が悪く栄養不足になっているため、つっぱり感や触ると痛みを感じます。
毛穴が詰まりやすく、頭皮環境を悪化させ、頭皮だけではなく顔のたるみにも繋がります。

逆に柔らかい頭皮は、血液循環が良く栄養が行き届いているため、手で動かすと頭皮が動きます。
毛穴の汚れが溜まりにくく、顔もハリと弾力があります。

頭皮が硬くなる原因は血行が悪いからだと言われています。
血行が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が届きにくくなり、ヘアサイクルが乱れることで薄毛になります。

血行が悪くなる原因は日常生活の中にあります。

デスクワーク

0810010

(出典: http://menzine.jp/lifestyle/tenomukumimassaaji1254/
デスクワークに限らず、長時間同じ姿勢を続けていると首や肩の血行が悪くなります。
その影響で頭皮への血行も悪くなります。
また、目を酷使することでも目が疲労し血行を悪くします。

体の冷え

men-feel-the-cold8845

(出典: http://health-to-you.jp/sensitivitytocold/danseihiesyouedgenin8845/
体が冷えることも血行を悪くする原因となります。
体が冷えると血液やリンパ液の循環が上手くいかないため、頭皮への血行が悪くなります。
自宅はもちろん職場や電車内の冷房は体を冷やしますし、冷たい飲み物を摂り過ぎても体は冷えてしまいます。

シャンプー剤

1437284304800

(出典: http://u-note.me/note/47502888
頭皮を柔らかく保つには適度な皮脂が必要になります。
乾燥しすぎて皮脂がない状態だと頭皮はどんどん硬くなります。
逆に皮脂が多すぎても毛穴を詰まらせて頭皮環境を悪化させてしまいます。

原因は使用しているシャンプー剤がほとんどです。
自分の頭皮に対して洗浄力が強かったり、または弱かったりなど合わないシャンプー剤を使用すると、皮脂の分泌が適度にされません。
また、酸性石鹸やアミノ酸系など刺激の少ないシャンプー剤を使うことでも頭皮の硬さを改善することができます。

偏った食生活・睡眠不足

バランスの悪い食事や慢性的な睡眠不足は頭皮を硬くする原因となります。
腸内環境を悪化させ、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、老廃物が蓄積されることで頭皮を硬くしてしまいます。

髪質が変わった

髪質が以前と変わってしまったと感じたならハゲの前兆です。

元々は硬い髪質だったのに、柔らかくなってきたと感じているならそれは髪に十分な栄養が行き届いていない可能性があります。
また、直毛だったのにクセ毛になったのであれば、皮脂分泌が低下による毛髪の水分バランスの乱れや、頭皮の弾力低下によるたるみです。
髪質が変化はハゲの前兆となりますので放っておくと危険です。

フケ・かゆみが出る

フケが前よりも多くなったと感じた場合もハゲの前兆です。
フケには乾性フケと脂性フケがあります。

乾性フケの原因は
・洗浄力の強いシャンプー剤で皮脂を取りすぎている
・パーマ、カラーによる頭皮への刺激
・フケ原因菌の増加
・頭皮を不潔にしているため

脂性フケの原因は
・洗髪不足
・男性は男性ホルモンにより皮脂が分泌されるため
・頭皮の皮脂を栄養とする菌の発生

などです。
共通する原因は
・ストレス
・運動不足
・偏った食生活
・睡眠不足

などです。
フケが多く発生すると毛穴につまりやすく、炎症が起き頭皮環境が悪化してしまいます。
その結果、薄毛の原因となります。

毛根が細い

通常抜け毛は毛根部がマッチ棒の様になっており膨らんでいます。
これは正常なヘアサイクルで成長期を終えた健康な抜け毛です。
一方、毛根部が細く抜け毛が一直線になっている抜け毛は危険です。
毛母細胞の細胞分裂が、正常に行われず毛根が根をはれなかったために抜けてしまったと考えられます。
薄毛の症状が出始めていますので要注意です。

産毛の様な抜け毛がある

産毛の様に細くて柔らかい抜け毛はありませんか?
これは、とりあえず発毛したけど成長しきれずにけてしまった毛です。
完全なる発毛不足の症状で、ヘアサイクルが乱れていると思われます。

ハゲる原因は?

ハゲるには前兆がありそれは普段から気にしていないと見逃しがちになりますが、そもそもハゲる根本的な原因は何なのか?
髪にはヘアサイクルという、髪の一生の工程があります。

img03
(出典: http://www.hair-abc.com/aga/
成長期は毛髪が成長する時期で約4〜7年程です。
退行期は成長した髪が脱毛する時期で約2〜3週間です。
休止期は毛乳頭の活動が休止する時期で数ヶ月です。

ハゲてしまうのは、このヘアサイクルの成長期が短くなってしまい、成長しきれずに短いまま脱毛してしまうことが原因です。
先程紹介した前兆の先には、このヘアサイクルの乱れが関係してきます。
他にも男性ホルモンや遺伝の影響なども関係してきます。

前兆を察知し対策を

見逃したくない前兆ですが、この前兆を見逃さずにしっかりと対策をすることでハゲを防げる可能性があります。
その対策を紹介していきます。

バランスのとれた食事

normal

(出典: https://cafy.jp/images/89714
まずは栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。

脂っこいものや自分の好きなものだけ食べていませんか?
または、カップラーメンやお菓子を毎日のように食べていませんか?
栄養が偏っている状態だと確実に抜け毛が増えます。

髪にとってバランスのとれた栄養を摂ると言うことは非常に大切です。
その中でも「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は髪の成長にとって積極的に摂りたい栄養素です。

毛髪はタンパク質でできており、毛髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚の他にも、大豆製品や卵などからも摂取することができます。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物、黄色野菜、植物性の油、レバーなどからも摂取できます。
野菜が嫌いな人や果物を食べる習慣がない人は多いと思いますが、薄毛予防のために食べる習慣をつけましょう。
これらは肌のハリやツヤにも影響しますので、摂取すると良い事だらけです。

ミネラルのうち亜鉛は髪にとって大切な栄養素となります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収されますが、再びタンパク質として合成されます。
その合成を助けるのが亜鉛で、効率よく毛髪を成長させるのには必要な栄養素です。
牡蠣に多く配合されており、豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

上記の様な栄養素をバランス良く食べる事で薄毛予防になりますので、バランスを考えて食事をするように心掛けましょう。

十分な睡眠時間

583bca4d203b5d9fd4b9c2586b5cc9e8

(出典: http://smaclub.jp/archives/37367
慢性的な睡眠不足は抜け毛の原因となります。
遅くまで仕事をしていたり、ダラダラテレビやネットを見ている人は多いと思います。

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届きにくくなります。
また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

忙しい人が削ることといえば睡眠になるかもしれませんが、睡眠は仕事や勉強のパフォーマンス向上にもなります。
睡眠もスケジュールの内に入れてしっかりと取りましょう。

頭皮のケア

way-of-scalp-massage_01

(出典: https://greenbuildingsbc.com/hair-growth-for-man/way-of-scalp-massage/
凝り固まった頭皮をほぐしたり、頭皮の環境を整えることは薄毛を予防する上では大切です。
具体的に言うと、育毛剤や育毛シャンプーやマッサージをしましょう。

育毛剤や育毛シャンプーは薄毛の人専用ではなく、抜け毛予防のためも使います。
血行促進作用の他にも、フケ・かゆみ・炎症を抑え、発毛に効果的な成分も配合されています。
血行を良くすることで頭皮に栄養が届きやすくなり、フケかゆみ・炎症を抑えることは毛穴を綺麗に保つことができるので頭皮の状態を良くすることができます。
シャンプーの洗浄力も自分の頭皮にあったものを選びましょう。
皮脂分泌の多い人が洗浄力の弱いものを使っていると、汚れや皮脂が残ってしまい毛穴をつまらせますし、逆に乾燥肌の人が洗浄力の強いものを使っていると、必要な皮脂を取りすぎて逆に過剰に皮脂を分泌しようとします。
結果的に毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させる原因となります。
頭皮環境を整えるということは抜け毛予防にとって大切なことです。

そして、お風呂上がりに頭皮のマッサージを習慣化しましょう。
頭皮に刺激を与えることで、血液の流れが良くなり血行が促進されます
そうすることで、髪に栄養が届きやすくなり成長も促進することができます。
凝り固まった頭皮をほぐすことができます。
マッサージを続けることで、しっかりと太い髪が育ち、ハゲ予防となります。

たばことお酒は適度に

10827-1

(出典: http://www.skincare-univ.com/article/010827/
中々止められないと言う人は多いと思いますが、、お酒とたばこは適度な量に抑えましょう。

たばこが体に与える悪影響は大きく、抜け毛を増やしてしまいます。
たばこは血管を収縮させ、全身の血行が悪くなります。
頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したり、男性ホルモンの分泌を増加させる作用もあります。

お酒は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールは体内に入ると肝臓で分解されますが、飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
肝機能が弱くなると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなり、髪に必要なタンパク質が足らずに髪が成長できない状態になります。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

このようにたばことお酒は体だけではなく髪にとっても悪影響ですので、極力量は控えましょう。

ストレスを溜めない

髪の成長に必要な栄養素として亜鉛があると先述しましたが、亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
実はストレスを感じると大量に髪の成長にとって必要な亜鉛が消費され、抜け毛の原因となります。
また、ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなり髪に必要な栄養素が頭皮に運ばれにくくなります。

そのため、ストレスは溜めずにこまめに発散しましょう。
人によって発散方法は違うと思いますが、間違っても喫煙、飲酒、暴飲暴食にならないようにしましょう。
それだと、ストレスは発散していますが、結局抜け毛の原因を作ってしまうので、本末転倒になってしまいます。
適切な発散方法でこまめに発散しましょう。

前兆を感じたなら根気よく

もし、あなたが前兆を感じ取れたのならその後の対策は根気よく続けましょう。
1〜2週間続けて効果がなかったからといって止めてしまわずに、根気よく続けてください。
期間は決めずに続けることで、今後の薄毛対策になります。
薄毛対策をすることで健康的な体にもなりますので、前兆に気付いたらすぐに始めましょう!

【高校生向け】薄毛対策入門。若ハゲの対策をしよう

高校生と言えば、勉強やスポーツなど色々なことを頑張らなくてはならない大変な時期です。こんな時に、薄毛になってしまったら、かなりのダメージを受けてしまいます。そんな人のために、高校生でも出来る薄毛対策を紹介いたします。


(出典:http://www.sanspo.com/geino/images/100829/gnj1008290510016-p2.jpg

高校生の薄毛の仕組み

薄毛が、男女で発症頻度に大きな違いがあるのは、性ホルモンの作用が関係しています。女性ホルモンのエストロゲンが髪の毛に潤いを与えるコラーゲンの生成を促す作用があるのに対して、男性ホルモンのテストステロンが変化したジヒドロテストステロンはヘアサイクルを狂わせる作用があります。このジヒドロテストステロンが原因で進行する薄毛が、テレビのコマーシャルでもおなじみのAGA(男性型脱毛症)です。

このために、男性の薄毛は、テストステロンの分泌量が顕著に増加する思春期以降に発症するということになります。これが、高校生でも薄毛になる仕組みで、生え際の後退やつむじ周辺が薄くなっている場合は、ほぼAGAとみて間違いありません。


(出典:http://aga-log.com/wp-content/uploads/2016/02/Whats-AGA.jpg

AGAとは?

AGAは、男性の約30%に見られる症状で、時間をかけて進行するのが特徴です。ちなみに、基本的には生理的な現象にすぎないので、身体的な部分に悪影響が及ぶような危険はありませんが、見た目はかなり変化するために精神的には打撃を受けてしまいます。なお、疾患としての概念は次のような内容です。

毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり,休止期にとどまる毛包が多くなることを病態基盤とし,臨床的には前頭部と頭頂部の頭髪が,軟毛化して細く短くなり,最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象である。休止期脱毛と異なり,パターン化した脱毛が特徴である.日本人の場合には 20 歳代後半から 30 歳代にかけて著明となり,徐々に進行して 40 歳代以後に完成される。

引用:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf

これは、皮膚科学の国内最大の社団法人日本皮膚科学会が2,010年に発表した男性型脱毛症診療ガイドラインから抜粋した文章です。このガイドラインは、国内におけるAGAの標準治療試案として作成されており、これを反映した治療が医療機関で実施されています。


(出典:http://www.aga-clinic.com/wp-content/themes/AGAclinic-pc/images/top/top-img06.png

AGA治療の内容

男性型脱毛症診療ガイドラインは、様々な種類の治療法を科学的根拠に基づき推奨度を決定するという内容で、A、B、C1、C2、Dの5段階に分類しています。ちなみに、最高ランクのAという評価を受けたのは、フィナステリド内服とミノキシジルの外用で、それぞれを内服療法と外用療法における第一選択薬に用いるべきとしています。

ちなみに、フィナステリドの内服とはプロペシアのことで、ミノキシジルの外用とはリアップのことです。前者は、AGAの原因物質DHTの生産を抑制することによる抜け毛予防、後者は毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化することによる発毛促進効果を発揮します。このように、両者は作用機序が違っているので、併用することにより育毛効果を高めることが出来ます。

フィナステリドとミノキシジルを併用する治療のことはミノフィナ療法と呼ばれており、現在のAGA治療の主流です。ところが、安全性が確立されていないという理由により、未成年者は適用外となっています。このために、高校生の薄毛対策は、フィナステリドとミノキシジル以外の方法で行わなければなりません。


(出典: http://ikumouclear.com/wp-content/uploads/2015/12/30750dbffe6dafa46437e6eef1cd6a09.png

高校生の薄毛対策

高校生の薄毛対策は、AGA治療の主流として用いられているミノフィナ療法が使えないということで、大人とは違う内容となります。この節では、具体的な方法を紹介することにします。

テストステロンを増やす


(出典:http://image.healthil.jp/item/image/normal/825982.jpg?time=
AGAの年代ごとの発症頻度は、20代で約10%、30 代20%、40 代30%、50 代以降40%超と年齢を重ねるにつれて高くなります。これは、加齢により分泌量が低下したテストステロンをサポートするために、ジヒドロテストステロンの生産量が増加するからです。

このために、テストステロンを増やすことにより、ジヒドロテストステロンの生成を抑制できる可能性があります。ジヒドロテストステロンの生産量が減少した場合は、AGAの根本的な原因が改善されるので、薄毛の進行も緩和されます。また、テストステロンには成長を促進させるという作用があるので、発育途上にある高校生の時点で意識的に摂取することは、育毛以外の観点からも有効です。

ちなみに、テストステロンを増やす方法としては、筋トレやウォーキングなどの運動、良質な睡眠、栄養素の摂取の3種類が基本です。逆に、ストレスやアルコール、喫煙、負担が強すぎる運動は生成を抑制してしまいます。

なお、テストステロンを増やす栄養素は、亜鉛、ビタミンD、タマネギアイリンで、牡蛎や魚介類、玉ねぎなどの食品がオススメです。逆に、ご飯や砂糖などの糖質を過剰摂取するとテストステロンの分泌量を下げてしまうので、食べ過ぎないように注意しなくてはなりません。

育毛剤の利用

薄毛対策の最もポピュラーな方法は、育毛剤を利用することです。現在では様々な種類の商品が販売されており、高校生が使用できるものも少なくはありません。その中で、AGAに対して効果が期待できるのは塩化カルプロニウム、アデノシン、t-フラバノン、 サイトプリン・ペンタデカンのいずれかを主成分として配合している育毛剤です。

これらは、男性型脱毛症診療ガイドラインの中で、用いても良いという意味のC1に分類されており、一定以上の科学的根拠が認められています。また、副作用の危険がないということも共通しており、成長途上にある高校生でも安心して利用できます。

ちなみに、具体的な商品名は、カロヤンガッシュ(塩化カルプロニウム)、アデノバイタル(アデノシン)、サクセス(t-フラバノン)、毛髪力INNOVATE(サイトプリン・ペンタデカン)で、これらの中から選択するのが無難です。ミノキシジル配合のリアップほどの顕著な効果は期待できませんが、進行を食い止めるという程度であれば充分に可能です。


(出典:http://image1.shopserve.jp/dream-square.net/pic-labo/limg/4524120169592.jpg?t=20110318151004

サプリメントの服用

薄毛対策として育毛剤と共に人気を集めているのが、育毛サプリと呼ばれている健康食品です。身体の内側の状態を改善することにより、髪の毛の健やかな成長をサポートするという仕組みで、栄養不良が原因の薄毛に対しては顕著な効果を期待できます。

なお、若ハゲに悩む高校生にオススメなのは、ノコギリヤシやナツシロギクを配合した育毛サプリです。これらは、AGAの原因物質ジヒドロテストステロンの生産を抑制する作用があるので、ヘアサイクルの乱れによる薄毛の進行を防止します。

つまり、プロペシアと似た作用を期待できるということで、生え際や頭頂部が薄くなっている場合の利用に向いています。しかも、天然ハーブから抽出した成分ということで、副作用に見舞われるような心配はありません。もちろん、プロペシアと同レベルの効果を期待できるというわけではありませんが、20歳になるまでの代替品としては充分に優秀です。


(出典:http://wonderful-days.sakura.ne.jp/man/img/feverfew.JPG

高校生の薄毛治療

個人での薄毛対策には限度があるので、深刻な状態の場合は専門家に診てもらうのが適当です。テレビのコマーシャルなどメディアで盛んに宣伝されているように、現在では医療機関で薄毛を治せる時代となっており、未成年者に有効な方法も考案されています。この節では、高校生でも受けられる薄毛治療を紹介します。

フロジン外用液

フロジン外用液は、副交感神経から放出される神経伝達物質のアセチルコリンと類似した作用を行う成分を配合しており、頭皮に塗布することにより血管を拡張して血液循環を活性化する効果を発揮します。

ちなみに、フロジン外用液の主成分は、カロヤンシリーズに配合されている塩化カルプロニウムです。ただし、濃度には違いがあり、カロヤンシリーズの最高が2%なのに対して、フロジン外用液は倍以上の5%配合しています。これは、医師の処方を必要とするためです。

なお、フロジン外用液と同様の5%塩化カルプロニウム外用は、左右比較試験において6例中4例で発毛促進或いは脱毛防止効果が現れたことが確認されています。これは、プラセボを明確に上回っており、未成年者のAGAに対しては第一選択薬として用いられる根拠となっています。また、アロビックス外用液というジェネリックも用意されており、コストパフォーマンスという点でも魅力的です。


(出典: http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mikipon444/20150921/20150921061533.jpg

グロースファクター再生療法

グロースファクター再生療法は、成長因子を頭皮に補い、髪の毛の成長シグナルを正常な状態に回復させるという薄毛治療です。特定の脱毛症だけを対象とした治療ではないので、性別を問わず様々な原因の薄毛に対して有効です。具体的には、64%に発毛効果があり、抜け毛の減少や現状維持などの不変以上の効果は実に97%に達しています。

ちなみに、グロースファクター再生療法は高校生でも受けることが可能で、副作用が発生する危険はありません。健康保険が適用されない自由診療に分類されているので、費用が掛かるということがデメリットですが、それに見合うだけの効果を期待できます。


(出典:http://glow-hair.info/wp-content/uploads/glowsfactor01.jpg

まとめ

高校生という多感な時期に薄毛になってしまうと、かなり不安になるのも無理はありませんが、現在では様々な改善策が用意されているので、それほど深刻に考えなくても大丈夫です。20歳を過ぎればミノキシジルやプロペシアを使用できるようになるだけではなく、harg療法や自毛植毛などの治療を受けることが出来ます。このために、かなり進行している状態からでも回復させることが可能です。

今回紹介したのは、あくまでも高校生でも行える薄毛対策で、仮に上手くいかなかったとしても問題はありません。本格的にスタートするのは20歳以降になるので、髪の毛よりも今しか出来ないことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

抜け毛予防の極意。毛根のない抜け毛に気づいていますか?

20110712-234250

(出典: https://noxidil.files.wordpress.com/2011/07/20110712-234250.jpg
あなたは自分の抜けた毛を見たことがありますか?
その時に毛根がありましたか?
毛根が無かったり、細かったりしていませんでしたか?
今回は毛根のない抜け毛から見る、抜け毛の予防策をご紹介していきます。

抜け毛の種類があるの知っていますか?

人生で一度は自分の抜け毛を確認したことがあるはずですが、一日にどのくらい抜けるかご存知でしょうか?
人間の髪は毎日100本前後抜けると言われています。
「えっ!?そんなに抜けるの?」と思われた方。
確かに驚くと思いますが、抜ける毛もあれば新たに生えてくる毛もあります。
心配しないでください。
薄毛になる人はこれ以上に抜けて、さらに生えてきてもまた直ぐに抜けることで薄毛になっていくです。

この抜け毛ですが、種類があるのをご存知でしたか?
毛根の形が違うらしく、形によって健康状態までわかってしまうと言うことです。

抜け毛の種類

o0280035212617275053

(出典: http://ameblo.jp/agoraluludi/entry-11577172200.html

①健康な毛根

毛根が丸くきれいな楕円形でマッチ棒の様になっています。
必要な栄養素が頭皮に届いていることを表しています。

②男性型脱毛の毛根

AGAと呼ばれる脱毛症のことです。
ストレス、食生活、遺伝などで起こると言われています。
ジヒドロテストステロン(DHT)といわれる強力な男性ホルモンによって毛髪の成長を抑制されて起こる場合もあります。
毛根も先ほどの健康な物と比べ、痩せています。

③脂漏性脱毛の毛根

皮脂の異常分泌によって引き起こされる脱毛症で、皮脂が出過ぎて毛穴を塞いでしまい脱毛してしまうそうです。
毛穴に雑菌や細菌が繁殖して炎症を起こし抜け毛が増えてしまうとのこと。
毛根に白い皮脂がついているのが特徴です。

④粃糠性(ひこうせい)脱毛の毛根

この脱毛症は糠のように溜まってしまった角質が毛穴を塞ぎ脱毛してしまう症状です。
つまりフケが溜まってしまうのです。
古い角質が溜まっていってしまうことで、毛穴を防ぎ炎症を起こし脱毛してしまうのだそうです。
毛根もやせ細ったようになります。

⑤良質円形脱毛の毛根

血行不良により毛根が育たずに脱毛してしまうことで、抜け毛の全般はこれになるそうです。
血行不良の原因は様々で、タバコ、ストレス、体のこり、体質などがあります。
毛根が小さいのが特徴です。

⑥びまん性脱毛の毛根

別名「女性型脱毛症(FAGA)」と言い、毛髪全体が薄くなる脱毛症。
毛根が枝の様になっており切れた感じの毛根や、波打っていたり、左右非対称になっていたりと様々です。

毛根がない抜け毛!?

毛根に種類があり、さらにそれによって症状が違うのをご理解いただけましたか?
紹介した抜け毛の種類毛根がありますが、実は毛根がない抜け毛が存在するのです。

nukegehikaku

(出典: http://ikumouzai-shampoo-review.com/wp_ikumouzai-shampoo-review/wp-content/uploads/2015/07/nukegehikaku.jpg

上記の図の様に毛根がない抜け毛があると注意が必要です。
毛根がないという事は必要な栄養素が髪に届いていない証拠です。
栄養が届かないことで髪が細くなったり、髪自体の成長が止まってしまいます。
結果抜け毛が増えて、薄毛になる可能性が高まります。
毛根は頭皮の状態を見る指標になります。

予防法

では、こうなる前に予防しておきたいですよね?
ここからは予防法をご紹介します。

バランスの良い食事を摂取する

外食で脂っこいもの食べていませんか?
または、昼食や夜食でカップラーメンを毎日のように食べていませんか?
栄養が偏っている状態ですので、確実に抜け毛が増えます。
髪にとって栄養素は非常に大事なものとなります。
その中でも髪の毛に必要な3大栄養素の「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は積極的に取りたいですね。

毛髪はほとんどがタンパク質でできています。
毛髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚からも摂取できます。
肉や魚があまり好きではない場合は、大豆製品や卵などもタンパク質が多いですので活用してください。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物から摂取できるイメージですが、緑黄色野菜や植物性の油、レバーなどからも摂取できます。
野菜不足や果物を食べる習慣がない人は多いと思いますが、食べる習慣をつけましょう。
髪だけではなく、肌のハリや艶にも影響しますので摂取しといて損はありません。

ミネラルのうち亜鉛は毛髪にとって重要な栄養素となります。
亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収されますが、再びタンパク質として合成されます。
その合成を助けるのが亜鉛なのです。
効率よく毛髪を成長させるのには必要なのです。
牡蠣に多く配合されているのは有名ですが、他にも豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

このような栄養素をバランス良く食べる事で抜け毛の予防に繋がります。
食事から摂るのが難しい時は、サプリメントでも摂れますので上手く活用しましょう!

睡眠をしっかり取る

夜更かししていませんか?
ダラダラテレビを見たり、ネットに夢中になったりなど様々だと思います。
慢性的な睡眠不足は抜け毛の原因となります。

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届かないので抜け毛が増えます。
そして、皮脂が過剰に分泌され毛穴をを防ぐことで頭皮環境も悪化します。
皮膚には常在菌という菌が存在しているのですが、睡眠不足が続くと常在菌が増え皮膚に刺激が加わります。
それにより頭皮環境が乱れますので、抜け毛の原因となります。

また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

現代人は忙しく24時間では足りないかもしれませんが、睡眠は仕事や勉強のパフォーマンス向上にもなります。
睡眠もきちんと予定に組み込みましょう!

育毛シャンプーを使う

育毛シャンプーは何も薄毛の人専用ではありません。
抜け毛予防のために使う場合もあります。
育毛シャンプーには、血行促進作用、フケかゆみを抑える、炎症を抑えたり、発毛に効果的な成分も配合されています。
血行を良くすることで頭皮に栄養が届きやすくなり、フケかゆみ・炎症を抑えることは毛穴を綺麗に保つことができるので頭皮の状態を良くすることができます。

そして、シャンプーの洗浄力も自分の頭皮にあったものを選ぶのが大切です。
皮脂分泌の多い人が洗浄力の弱いものを使っていると、汚れや皮脂が残ってしまい毛穴をつまらせますし、逆に乾燥肌の人が洗浄力の強いものを使っていると、必要な皮脂を取りすぎて逆に過剰に皮脂を分泌しようとします。
結果的に毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させる原因となります。
頭皮環境を整えるということは抜け毛予防にとって大切なことです。

また、正しい方法でシャンプーするのもとても大切です。
どんなに良いシャンプーを使用しても使用方法が間違っていると効果を最大限に感じられません。
シャンプー時に行うマッサージはとても大事ですが、きちんとすすぐことはもっと大事です。
毎日のことで作業になりがちなので意識をしないことが多いと思いますが、シャンプー剤やトリートメント剤はすすぎ残しがあると頭皮が炎症を起こすことがあります。
特に朝に髪を洗う場合は急いでいるのもあって雑になりがちです。
すすぎ時は泡をしっかり流し、頭皮に残らないようにしっかりすすぎましょう!

飲酒や喫煙を控える

お酒とタバコは中々止められないと思いますが、抜け毛と大きく関係してきます。

タバコが頭皮に与える影響は大きいです。
血管を収縮させますので全身の血行が悪くなります。
それはもちろん頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したり、男性ホルモンの分泌を増加させる作用もあります。
とにかく、タバコは百害あって一利なしなのです。

お酒の場合は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールが体内に入ると肝臓で分解されます。
飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
肝機能が弱くなると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなります。
そうなると髪に必要なタンパク質が足らずに髪が成長できません。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

このようにお酒は体だけではなく髪にとっても悪影響を及ぼしますので、飲み過ぎには注意しましょう!

ストレスを溜めない

髪の成長に必要な栄養素として亜鉛があります。
先程も解説したと思いますが、牡蠣などから摂取できタンパク質の合成を助ける役割があります。
ストレスを感じると大量に亜鉛が消費されます。
そうすると髪の成長に必要な亜鉛が消費され抜け毛の原因となります。
また、ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、髪に必要な栄養素が頭皮に運ばれにくくなります。
結果が抜毛という症状として現れます。

ですから、ストレス発散方法を必ず見つけておきましょう。
発散方法はそれぞれあると思います。
買い物、スポーツ、音楽鑑賞、映画鑑賞、カラオケなとなど。
間違っても喫煙、飲酒、暴飲暴食にならないようにしましょう。
ストレスは発散してますが、結局抜け毛の原因を作ってしまうので、本末転倒になってしまいます。
適切な発散方法でこまめに発散していきましょう!

こまめに抜け毛をチェック

抜け毛予防を紹介してきました。
基本的なことばかりですが、意外とできていないことが多いと思います。
生活リズムや習慣などいきなり変えるのが難しいこともあると思いますが、一つずつでも良いと思いますので実践してみてください。
数年後の頭皮の状態は違ってくるはずです。

また、抜け毛はこまめにチェックしておきましょう。
本数を毎日数えるのは大変ですから、せめて毛根だけでもチェックしておけば頭皮の健康状態の指標となります。
毛根のない抜け毛がないように、日頃の生活を見直しましょう!

つむじはげで悩む10代に朗報!!若ハゲの治し方まとめ

「はげ」と聞くとはげ親父の頭を想像しませんか?
でも、最近は食生活などの変化により若い世代でもつむじはげに悩んでいたりします。
そんなつむじはげに悩む10代のために薄毛対策をまとめました。

もはや他人事では片付けられない。若い世代のつむじはげ

まだ若いからはげる訳がないと思っている人は多いと思います。
でも、そう思っていると取り返しの付かないことになるかもしれません。
特につむじは自分ではあまり確認しないところで、はげているというのは人から指摘されないと気づきにくい場所でもあります。
また、徐々に薄くなるので余計に気づきにくいのかもしれません。
他人事ではありませんので、早め早めの対策を行うべきです。

なぜ10代がつむじはげに!?

では、まだ若いのになぜハゲるのか?
様々な理由があり、遺伝・食生活・ホルモン・生活習慣など挙げられます。
特に食生活は豊かになった一方で、食の欧米化などで脂質を摂る機会が多いのも理由の一つです。
また、遺伝も深く関係していますが、早いうちから対策をすることでハゲを防げる可能性はあります。
正しい知識と方法により薄毛対策は効果的なものとなります。

10代のつむじはげの原因

つむじはげとはその名前の通り、つむじ周辺が薄くなっている状態を指します。
単純に生えている本数が少ないこともあれば一本一本が細くなっているのもはげに入ります。
その原因はいくつかあり、若い世代ならではのものとなっています。

食生活

fast food collection on on white background

fast food collection on on white background

(出典: http://blog.goo.ne.jp/withmac/e/3d5267a227b20ab4537d16bcbcd0a804
友達と学校帰りなどにファーストフード店やファミレスに行き脂っぽいものばかり食べていませんか?
また、家で食事する際も野菜は食べずに好きなものだけ食べていませんか?
食生活は髪にとって影響のあるものですが、若い内は健康のことなど気にせず食べたいものを食べがちです。
脂質の多いものばかり食べていると皮脂分泌量が増えることで、薄毛の原因となります。

睡眠不足

shutterstock_137656484

(出典: http://josei-bigaku.jp/akubinaze3252/
寝る子は育つといいますがあれはあながち間違いではありません。
現に筆者も若い頃は寝ることが好きでよく寝ていました。
そのおかげで身長は180cmを超えています。

睡眠は身長だけではなく髪の成長にも大きく関係します。
今の10代はもしかすると社会人より忙しい人もいます。
学校、部活に塾にその他習い事など、帰りが0時近くなる人も少なくないようです。
睡眠不足が続くと、はげる原因となります。

間違ったヘアケア

忙しさのあまり間違った方法でシャンプーしていませんか?
爪を立ててゴシゴシと洗ったり、すすぎを適当に行ったりなど。
そうすると頭皮に炎症が出たり、傷つけたりするので薄毛に着々と近づいていってしまいます。

また、おしゃれが盛んな年頃ですので髪型も余念がありません。
毎日、WAXにジェル、スプレーなど整髪料を使い髪をセットすることが多いでしょう。
セットするのは問題ないのですが、夜に髪を洗わずに寝ていませんか?
そのまま寝てしまうと、整髪料の成分が頭皮につき毛穴を塞いだり、炎症を起こしたりします。
頭皮環境の悪化は薄毛の原因となりますので注意が必要です。

男性ホルモン

成長期の10代は体に様々な変化が現れ始めます。
髭が生えたりと、体毛が濃くなったりなど。
これは男性ホルモンが増えていることで起こり、徐々に大人の体へと変わっていっています。
男性ホルモンのテストステロンは、還元酵素5αリダクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)と言われる強力な男性ホルモンに変換されます。
このジヒドロテストステロンが毛髪の成長を抑制し薄毛の原因となります。
これは男性型脱毛症(AGA)の原因とも言われています。

ストレス

人間関係、勉強、バイト、部活、その他にもストレスがかかることが多いと思います。
本人は充実していると思っていますが、体がついていっていないこともあります。
ストレスは交感神経を興奮させ血管を萎縮させるので血行不良を招きます。
血行が悪くなることで、頭皮に栄養が届きにくくなり、薄毛になってしまいます。
関係ないように見えて、頭皮にとってはとても影響のあることです。

つむじはげの10代のための対策方法

10代でもつむじはげになる可能性があることはご理解頂けましたか?
では、どうすればいいのか?
そんな人のために対策方法をご紹介していきたいと思います。

バランスの良い食生活にする

normal

(出典: https://cafy.jp/images/89714
まずは食生活から見直していきましょう。
脂質の多いものばかり摂取することで、皮脂分泌が増え毛穴を詰まらせたりして薄毛を招きます。
具体的には、タンパク質・ビタミン・ミネラルなども摂るように心掛けましょう。
髪の成長を促すためには必要な栄養素ですので、この辺は積極的に摂りましょう。
タンパク質は肉や魚、大豆製品からも摂れます。
ビタミンは緑黄色野菜や果物植物性の油、レビーなどから摂れ、ミネラルは牡蠣や豚レバー、チーズ、小麦胚芽などからも摂取できます。

要は好きなものばかり食べずに、色々な種類の食べ物を摂りましょうと言うことです。
食事から摂るのが難しいときは、サプリメントに頼ることも必要です。

正しいシャンプー方法を知る

正しいシャンプー方法ってご存知ですか?
シャンプーのやり方なんて、誰かに教わるものでもなく、小さい頃親と一緒にお風呂に入って見様見真似で覚えると思います。
毎日のことなので作業になりがちですが、きちんとシャンプーすることで薄毛対策となります。

①ブラッシングする


絡まりがあるとシャンプーの際に無理な力が加わり抜け毛や切れ毛の原因となりますので、濡らす前に必ずやった方が良いです。
ホコリなどを取ることができますので、その後の工程がスムーズになります。

②すすぐ

1200_shampoo_main

(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
すすぐと表記しましたが、予洗いと言ったほうが良いかもしれません。
お湯は熱過ぎず、ぬる過ぎず38℃位のお湯で頭皮から濡らしてから、指の腹でマッサージしながら予洗いしていきます。
ここの行程をしっかり行うと皮脂汚れやホコリなどがほとんど落ちます。
ただ、濡らすだけの作業にならないように丁寧に、最低2〜3分行いましょう。

③シャンプー剤をつける

20160426-00010000-eipub-001-1-view

(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
シャンプー剤は手に取ってすぐ付けずに、まずは手の平で泡立てましょう。
直付するとシャンプー剤が集中的に付いてしまうので、その後のすすぎ残しの原因となり、炎症やかゆみなどの症状となって現れます。
一番洗わなければならないのは頭皮ですから髪と言うよりも、頭皮を中心に付けていきましょう。

④マッサージする

20160426-00010000-eipub-002-1-view 20160426-00010000-eipub-003-1-view 20160426-00010000-eipub-004-1-view

(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
汚れがよく落ちそうや爪を立てたほうが気持ちいいという人もいますが、頭皮を傷付け皮脂の分泌が余計に出てしまう可能性など頭皮環境の悪化に繋がりますので、爪は立てずに指の腹を使ってマッサージしていきます。
バスケットボールの様な大きいボールを持つようにして、サイドからトップ、襟足からトップに向かってマッサージしていきます。
この時ジグザグに動かしたり、円を描いたりしながら行うと全体にまんべんなく、リズミカルにすると気持ちのいいマッサージとなります。
血行促進にもなりますので、シャンプー剤をつけてすぐ流さずにマッサージは必ず行いましょう!

⑤すすぐ

シャンプー後のすすぎも非常に重要となります。
基本的には最初のすすぎと同じですが、シャンプーのすすぎ残しが無いように少々面倒でも、少し時間をかけてすすぎましょう。
シャンプー剤のすすぎ残しにより、炎症やかゆみとなりそれが、薄毛の原因となります。
少しの工夫ですが、ハゲ対策となりますので、最後まで気を抜かずに丁寧に行いましょう。
その後は必要であればトリートメントをつけてください。

毎日行うものなので、最初は面倒に感じるかもしれませんが慣れるとそうでもありません。
早速、今日から意識してみてください!

よく眠る

睡眠時間足りてますか?
毎日寝るのは深夜ではありませんか?
人間にとって睡眠は成長ホルモンを分泌させる大切な事です。
成長ホルモンを分泌させることは、髪の成長にも大きく影響します。
特に22時から2時の4時間は成長ホルモンが最も多く分泌されると言われています。
なるべくこの時間にはベッドに入っていたいところです。
この時間帯に寝ることが難しいのであれば、睡眠時間は最低6時間は確保しましょう
本当はもっと寝たほうが良いですが、中々難しい場合が多いので最低でも6時間は確保してください。
睡眠時間が減ると、ストレスやパフォーマンスの低下となりますので眠ると言うことを大切にしましょう!

ストレスを発散する

liquor_pig_campaign_7

(出典: http://headphones-earphones.com/%E7%94%B7%E5%AD%90-%E7%95%B0%E6%80%A7-%EF%BD%B6%EF%BE%97%EF%BD%B5%EF%BD%B9-%E6%9B%B2-348
ストレスは交感神経を興奮させて血行不良を招きます。
髪の栄養は血管を通り運ばれますので、その際に血行が悪いと栄養が届きにくくなります。
必ず自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。
特に好きなことをしているときはリラックスしていますので、趣味などがあると良いと思います。
カラオケ、スポーツ、音楽ライブ、友人とのおしゃべり、買い物など、様々な発散方法があります。
無理のない範囲でストレスを発散しましょう!

育毛剤を使う

育毛剤には血行を促進する成分や男性ホルモンを抑制する成分が配合されています。
また、フケかゆみを抑えたり、抗炎症作用のある成分も配合されています。
頭皮環境を整えることは薄毛対策ので一番重要なことです。
そして、育毛剤は親父の使うものという認識もあるかもしれませんが、そんなことはありません。
容器のデザインも最近のものはスタイリッシュなものが多く、手に取りやすくなっています。
少々値ははるかもしれませんが、効果は期待できるかもしれません。

薄毛専門クリニックを受診する

これは色々な対策を行っても効果がなかった場合の最終手段です。
いわゆる、AGA専門クリニックのことです。
医学は進歩しており、薄毛は治療できる世の中になっています。
男性ホルモンを抑える薬や血行を促進する薬、成長因子を頭皮に直接注射し成長を促したりと様々な治療法があります。
一人で悩んでいるよりも医師に相談した方が気も晴れるでしょう。
費用は正直安いとは言えませんが、効果はかなり高いようです。
検討する価値はあるでしょう!

若いつむじはげは薄毛対策を!!

つむじはげで悩んでいる、又はこれからなるのではないかと心配している10代の皆さん。
まだ、若いから大丈夫と思わず若いからこそ早め早めの対策が必要です。
早めの対策が5年後、10年後の頭皮の状態を決めます。
悩んでいるのなら、諦めずに紹介した対策方法を実践してみましょう!

若ハゲにオススメの市販シャンプー7選~手軽に買える~

男性は20代、30代になると、髪の将来が気になり始めるころです。自分の親の頭を見て、「自分の髪、何時まで持ちかな」と不安を募らせたことはありませんか。薄毛は、年取った人だけのものではありません。最近は10代の内から薄毛に悩まされている男性が数多くいます。病気やストレス性の場合を除いて、年齢と共に薄くなり、ハゲてくる大半は、男性型脱毛症(AGA)という薄毛タイプと言っていいでしょう。薄くなったリ、ハゲて来る前にしなければならないことがあります。それは日常の正しい頭髪ケアです。間違った頭髪ケア、間違ったシャンプー選びなどは、薄毛の進行を促進することになります。
若ハゲ対策を速めに行いましょう。

押さえておきたい基本のヘアケア

若い男性にとって、「薄毛」は自信喪失につながり、悩みの種となります。
こうした髪の毛でのことで、悩んでいる若い男性は意外と多いのです。
抜け毛、頭皮のべたつきや髪の痛みなど、その悩みは尽きません。
これらの悩みを解決するのが「基本のヘアケア」と言えましょう。
この基本のヘアケアで、もっとも重要なのがシャンプーの仕方です。
毎日のシャンプーで、頭皮と髪の汚れを優しく、しっかり落とすことが、美髪への第一歩となります。
正しいシャンプーの仕方を身に付け、トラブルのない頭皮と髪を目指す、ことが大切です。自分ではどうすることもできない、遺伝や、ホルモンなどに関する医療部門は、専門医の力を借りなければなりません。
不幸にもハゲて来た場合は、そのハゲを進行させないためには「やってはいけないこと」「どのようにすれば改善できるか」などを学び、実践することが重要です。
それだけ頭髪ケアは大切なのです。

指のどこを使ってシャンプーするかが問題

頭髪ケアの基本中の基本は「シャンプーする時は、爪を立てて洗ってはいけない」ということです。
これは、頭髪ケアに少しでも関心のある人は、誰でも知っていることです。
確かに、爪の先で洗いますと、頭皮を傷つけてしまうため、お勧めできません。
爪で傷つけないように、指の腹で洗うのも正解ではありません。
なぜなら指の腹でコスルことで、「新生毛」も一緒に引き抜いてしまうからです。
新生毛とは、生えたばかりの細い毛で、これから育って太くなっていく毛のことです。
通常髪の毛には、ヘアサイクル(毛周期)という、毛が生えてから抜けるまでの周期があるのです。
新生毛の生え始めは、古い毛が抜けた大きな毛穴に、耳たぶに生えているような細い状態で生えて来るため、頭皮にしっかり、根付いていないと言う特徴があるのです。

正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方は、指の腹ではなくて、指頭(ピアノやパソコンのキーボードを押す部位、爪先と指頭の中間部分)をしっかり頭皮に当てて、頭皮をこするのではなく、指を当てたまま頭皮ごと動かすように洗うことが大切です。日本ではシャンプーのことを「洗髪」と言い、髪を洗って汚れを落とし、清潔にする技術としてこれまで定着してきました。シャンプーの語源は、ヒンズー語の「チャンプ―」です。オイルを使って東部のマッサージをして血行を良くし、体調を整え、健康に役立てる「マッサージ」の技術を意味します。本来は、髪を洗うrというよりも、頭を洗う問う意味なのです。頭皮の汚れには身体から分泌されます皮脂、汗、フケ、等や老廃物質、外部からの頭髪用化粧品などの油脂類、コレラが混然と混ざり合って、付着しています。こうした不潔になりやすい頭皮、頭髪を清潔に保ち、マッサージを行い皮膚の生理機能を高め、新陳代謝を盛ん医師、健康で美しくするのがシャンプーノ役割です。

スカルプケアで頭皮のべたつきを、臭いを摂ろう

女性の目から見て、脂ぎった男性に不快感を感じると言う意見は多いようです。男性の頭は、脂っこく、なりがちなので、何時も頭皮を清潔に保つよう心掛けることが重要です。しかし毎日髪を洗っているのに、頭皮のべたつきや臭いが改善されないと言う紐も意外に多いものです。毎日のシャンプーに加え、毛穴クレンジングも定期的に行って毛穴の汚れを落とすようにすることが大切です。男性がやってはいけない頭皮ケアは女性用のしっとり系のシャンプーは使わないことです。そして頭皮をごしごしとこすり洗ってはいけないと言うことです。シャンプー前に、蒸しタオルで頭を包みますと、毛穴の汚れが落ちやすくなります。正しいシャンプーをして、毛穴に汚れを溜めないことが重要なのです。

男性の市販されているヘアケアシャンプー7選

自分にぴったりのシャンプーを選ぶことが肝心です。そして自分の悩みの逢わせてチョイスしましょう。市販されている男性向けのシャンプーです。

ノーマルな髪質の人向けシャンプー

髪と汚れをしっかり落し、健康な髪の成長を助けます。
1整髪料もスッキリ落ちる「モッズ・ヘアクレンジングシャンプー」
2頭皮の健康と清潔を保つ「dhc薬用ヘッドシャンプー」
3クセ毛が扱いやすくなる「エレンス2001ツインズキャルプシャンプー」

気になる抜け毛を予防するシャンプー

頭皮の毛穴に残っている皮脂や汚れもスッキリ取り除きます。
4髪にハリと腰を与える「専用アテノゲンシャンプー」
5汚れを一掃して爽やかな髪に「ルシード皮脂クリア薬用シャンプー」
6神と頭皮を優しく洗浄「カモカモイルドシャンプー」

フケ防止のシャンプー

7頭皮の血行を促して地肌もスッキリするシャンプーです。新陳代謝を促し、フケを防ぐ「アロメディケア薬用シャンプー」

女性のための頭皮ケア スカルプケアを

現在頭皮ケアを中心に考えた商品は、多岐に渡ってあります。
髪だけでなく頭皮まできれいになりますので、一石二鳥の効果が生まれます。
女性にとって髪のシャンプーは、毎日欠かせない行事です。
それだけにシャンプー選びは、男性に比べて真剣そのものです。
それだけにスカルプケアが最近増加傾向を示しているのでしょう。
スカルプケアとは、日本語で頭皮のケアということです。
髪を育てる土壌である、頭皮をケアすると言うことです。
健康な髪を維持してゆくためには、このスカルプケアは不可欠なものとして捉えられています。
これは女性だけのものではありません。
男性にとっても頭皮のケアは大切なものです。
男性もスカルプケアを始めましょう。

女性のための市販されているシャンプー7選び

男性と違って、女性のためのシャンプー剤の氾濫は、驚くばかりの品種が市販されています。
どのシャンプーを使うか、迷っている女性は多いでしょう。
そこは自分の体調、髪の質などを考えて選ぶことが大切です。
ここでは頭皮ケアを中心としたシャンプーを選んでみました。

頭皮クレンジング・シャンプー

基本的には、頭皮をきれいにするシャンプーです。
洗浄力の強い石鹸ベースや、毛穴の汚れに効く、クレイ成分を配合したものなど、皮脂や汚れを取るクレンジング・シャンプー剤で、すきっとした爽快感が特徴です
1頭皮の頑固な皮脂や、脂汚れを除去し、清潔に「コリュ―ムレストケア スキャルプクレンジング」
2頭皮を保護しながら老廃物を除去し、健やかに保つ天然クレイ配合「プロテイクリカバリースキャルプクリーナー」
3シャンプーだけでは落ちにくい、毛穴に詰まった古い皮脂をきれいにする「ISL-皮脂取りジェル200mlA6」

頭皮ケアシャンプー

頭皮の状態を正常に導き、ツヤが潤いある髪に。頭皮を清潔にすると同時に、髪に潤いを与えるシャンプーです。

4 クレイが毛穴の老廃物を除去し、頭皮と髪のモイスチャーバランスを整える天然ミネラルクレイ配合「マリーングレイスクレイヘアシャンプー」
5 髪と頭皮に優しいアミノ酸ベースのシャンプー「グラングリーンナチョラルシャンプー」
6髪と地肌に優しいアミノ酸系洗浄成分を配合、スベリヒユエキス配合「ナチョラルミークレンジングシャンプー」
7 頭皮の潤いや、軟らかさを高め、頭皮をリラック・天然クレイ配合「クレイエステシャンプーEX330mlM3」

薬用シャンプーを使い始めるベストタイミング

薬用シャンプーは、育毛成分が配合されていると言うよりも、フケ止め成分の殺菌剤が使われていますから、環境ホルモン、発がん性などの危険性が指摘されているようなものもあります。
これらの製品を使う是非については、考える必要があるでしょう。
シャンプー剤の場合は、合成洗剤使用の是非にも論議が発展することになりますが、すでにネットなどでも一部騒がれているようです。
シャンプー剤の場合、実際の使用状態では、使用した後すぐに洗い流すことで使われているようです。
界面活性剤をいろいろ濃度を薄めて、一時間セミクローズドバッジテストをした実験結果から、ノーマルな頭皮に対しては、皮膚刺激性を起こすことも極めて少ないと言う結果も出ています。

毎日のケア方法に間違いありませんか?あなたのケアがダメージを作る

乾燥、バさつき、毎日の心がけが髪の痛みを減らせるのです。
シャンプー後に、髪を乾かして寝るのが面倒と思ってはいませんか。
まだ髪が傷んでいますので、わざわざ寝る前にドライヤーをかけるのも気が引けると言う向きもありますが、これは間違いです。
髪が濡れたまま寝ますと、髪を傷めることになります。
またドライヤーの熱が髪を傷めていることも確かです。
したがって、ドライヤーは髪に近づけすぎないことが大切です。
そして毛先から頭皮にかけて、トリートメント剤をなじませることも重要なへエケアなのです。

抜け毛が怖くてしっかりシャンプーしないとどうなるか?

シャンプーすると髪が抜ける。したがって、抜け毛を見るのが怖くてソフトに洗う。
こうしたことを繰り返しているのは良くない現象です。
新しい髪の毛は、古い毛が抜けないと生えてこないのです。
なぜなら毛根の外側を鞘の様に包んでいる毛包(毛の皮膚の下の構造全体)の数は、生まれた時から決まっていて、その後に生えることはないからです。
多く抜けた後は、その次に少なく抜けると言うように、一定期間に抜ける毛の総量はほとんど変わらないのです。

何歳から若ハゲと呼ばれるのか~みんなの意見のまとめ~

結論から先に言いますと、若ハゲと呼ばれているのは、一般的に30歳以下の人をこれまで若ハゲと呼んでいたようです。しかし近年、時代が欧米化し、食生活、生活習慣、社会環境が大きく変化し、その影響が頭皮にも表れ、驚いたことに、10歳代で、すでに薄毛の人が見られるようになりました。原因は生まれつきか、または何かの頭皮のために起ったものだろうと考えられます。子どもの頃は、大人と違って、テストステロンの量が少なく、これまでハゲの心配はない、と見られていましたが。そこで、ハゲに悩む人たちの各世代の意見をまとめ、現代ハゲ事情を検証してみました。

10代から50歳代男女に さまざまな薄毛の悩みが

薄毛、脱毛と言いましても、人によってそのトラブルや悩みは様々あります。
「前頭部が薄くなり始め頭皮に発疹が出来、薄毛が進み、地肌が見えるようになりました」(20歳男性 学生)。
これは明らかに「男性型脱毛症(AGA)」の症状です。
頭髪治療の飲み薬、塗り薬の使用を中心として、治療を今でも続けています。
製薬会社の行ったAGA の発症率は、20歳以降の男性全体で、約30%という数字を示しています。
AGAは、遺伝や男性ホルモンと大きく関わっていることは分かっていますが、何か一つの原因で起こるわけではありません。
AGAは進行性の症状です。
いったんスイッチが入りますと、止まりませんので、薄毛を気にしている人は何らかのケアが必要ですし、そのケアが早ければ早いほど、効果的な改善につながると言えましょう。

若い女性にも薄毛の悩みが急増

薄毛の悩みは男性だけではありません。
最近は若い女性にも、薄毛の悩みを訴える人が多くなりました。
「20歳になったころから、自分の髪の毛が薄いなあと感じるようになり,放っておいたら地肌が透けて見えるようになり悩んでいます」(20歳女性 介護職)
老人ケアの仕事についていましたので、毎日いろいろな人と接し、髪の毛が薄いのを見られるのが嫌で、相当なストレスを感じているのでしょう。
治療は投薬で少しずつ改善して行き、今ではほとんど、周りが気付かないほど回復しているようです。
若い女性の薄毛、脱毛については、その原因については、まだよくわかってない部分もあるのは確かです。
ストレスの過剰(仕事の悩み、人間関係など)や、仕事の忙しさなどによる生活の乱れ(睡眠、食事)が、関わっているケースが多いようです。

髪の変化と女性ホルモンの関係

「ハリやコシがなくなったな」「髪の毛が細くなった」「髪に艶が亡くなった」「分け目がはっきりし出した」これ若い女性に共通した薄毛の悩みです。
女性の髪の加齢変化は、血流が悪くなることと併せて、女性ホルモンのバランスが崩れることが大きな要因とされています。
もちろん、これがすべてとは言えませんが、加齢に伴い髪の毛の状態が、どう変化するのかを知っておくことは、頭髪チェックにとって大事なことです。
女性ホルモンでよく知られていますのが、エストロゲンとプロゲステロンです。
女性らしい体つきを維持し、妊娠、出産に大きく関わって来るのがホルモンなのです。
髪の毛を保持するために、働くとされているのはエストロゲンの方です。

女性の髪のエイジング

女性ホルモンの分泌は、20歳代がピークなのです。
30歳を過ぎますと、徐々に減少し、45~55歳の更年期に、急激に下降を始めます。
それに伴い、ホルモンのバランスが崩れていくに連れて、様々な変化が現れてきます。
女性ホルモンとは、卵巣から分泌されるホルモンで、エストロゲントと、黄体ホルモンであるプロゲステロンの二つがあります。
その分泌量が30代を境に減少します。
この現象は誰も避けられない加齢の変化なのです。

20代

女性ホルモン分泌量の、ピークに向かう20代は、髪の状態も最高に良い時と言えるでしょう。
髪のハリ、コシ、量の多さはピークの時期です。
ただし量や質には個人差が有り、20代で、白髪が出る人が、希少ですがおります。

30代

徐々に髪の毛に、波打ったようなうねりが出てきます。
これは髪が乾燥しやすくなり、空気中の水分を含んでしまうためで、この時期から指通りの悪さを感じるようになります。

40~50代

更年期前後には髪質が低下、閉経後にはそれが顕著になり、薄毛が目立ってくることもあります。

60代以降

髪の加齢変化は顕著になり、頭皮の乾燥が加速します。
薄毛が気になり始める人もいますが、健常毛の状態をキープする人も、個人差が大きく出てきます。

データでみるAGA 年代別発症率

加齢と共に、男性型脱毛症の発症率は高くなります。
「前頭部がハゲて、かつらや植毛に頼らなければならない」(60歳男性 無職)や「結婚に影響を及ぼすので、薄毛を治したい」(30歳男性 会社)などの悩みは、世代を代表している悩みと言えましょう。
ある製薬会社の調査データを見てみますと、AGA のピークとみなされる年代は、60歳代43.4%をピークに、50歳代39.9%、40歳代32.5%、30歳代20。5%、20歳代12.5%と下降していきます。
このデータは、あくまで意識調査にのっとったデータで、あくまで薄毛に対して各世代、どのように意識しているのか、がテーマになっています。
このデータで興味を魅かれますのが、20代の薄毛に悩む人です。
20代で、薄毛、抜け毛を意識している人の内、75%の人が将来の毛髪状態に懸念を抱いていることです。
男性型脱毛症が、いかに精神的影響が大きいかを、浮き彫りにされているようです。

ハゲていたって、もてる男性は沢山いる

「ハゲいるので、女性にもてない」「仕事にも女性のも自信がない」(20歳男性 会社員)という声が、若い男性の薄毛の悩みのトップを占めていると言ってもいいでしょう。
男性にとって、薄毛の悩みは自信喪失につながり、悩みのタネとなるものです。
果たしてそうでしょうか。
実は女性は、男性が気にしているほど、薄毛の男性を気にしていないのです。
それはデータにもはっきり示されています。
「女性から見た男性の薄毛を、どう思う」とアンケートを実施したところ、何とトップの40%を占めたのは「知的に見える」でした。
次いで「落ち着いて見える」の23%、優しそう20%、セクシー17%でした。
そして「恋人が薄毛になったらどうしますか?」という質問では、「何らかのアドバイスをする」がトップの68%で、次いで「そっとしておく」の20%、「育毛剤を買ってあげる」7%でした。
薄毛だからと言って、女性に振られることはありません。
時にはプラスイメージを抱いてもらえることもあると言うことです。

ストレスから抜け毛が始まり、AGAに

大学時代は髪の毛がフサフサ、青春を思い切リ謳歌し、髪の毛のことなど一度も考えたことのなかったNさん(23歳男性 サラリーマン)でしたが、会社に入って1年目で「薄毛が目立ち始め、初来が不安になった」、とその悩みは深刻です。
大学生から社会人になった途端、周囲の環境ががらりと変わり、人間関係も複雑になり、毎日のストレスは溜まるばかりです。
これは男女の差なく起きる現象と言えましょう。
特に女性は、こうした精神的ストレスが溜まり、円形脱毛症の兆候が見られるようになります。
必ずしもストレスが直接の原因ではないのですが、ストレスが溜まることにより、生活のリズムが狂い、ホルモンのバランスが崩れ、こうした現象につながって来るのでしょう。ちなみにNさんは早目の治療が功を奏して、今ではすっかり元気を取り戻し、頑張っているようです。

■Mさん(24歳男性 アルバイター)
童顔の残る、見るからに好青年といったMさんが、深刻な顔して悩みを打ち明けました「頭頂部が薄くなり、それが前方に広がり始め、友人と飲みにもいけない、恋人と会うのもつらい、いつも帽子を被って隠している」と深刻そう。
これは完全にAGAの初期の症状と考えられます。
お父さんのことを聞くと「父は若いうちからハゲで、親戚の人もハゲの人が多い」とのこと。
これはAGA が進んでいると思われますので。専門医の受診を勧めました。
治療を開始始めて5ヵ月過ぎたころ。Mさんに会い、その顔を見て驚きました。
なんとも爽やかな顔で「ガールフレンドが、『毛が生えてきた感じね』と言われ何か自信が持てるようになりました」と嬉しそうに話していました。
薄毛の悩みは、早い内に治療すれば回復する好例でした。

AGAを自覚するきっかけ

学校や仕事、朝の忙しい時間帯で、顔や髪の変化を掴むことは容易ではないでしょう。
それでは、どんな時に薄毛を自覚したらいいのか?ということですが、AGA を自覚する5大きっかけを述べてみましょう。

1小雨の降り始めに傘がないとき

傘がないときに小雨が降ると、毛が多い時は多少頭皮が濡れても、冷たく感じません。

2風呂上り、プールを出た時

どちらも髪がペタンコなったなと感じる

3髪のセットが上手くいかない

髪にボリュームが亡くなるのでセットが難しくなる。

4昔の写真を見た時

若い時の写真を見比べて愕然とする

5他の人の指摘

同窓会などで「お前少しはげたな」と言われたときのシックは応えます。
このようなきっかけがあり、改善を希望するなら、プロペシアなどの薬剤を投与するのがいいでしょう。

様々な若ハゲの悩みのまとめ

1若ハゲは10代から起きている

2子どもの頃は、大人と違ってテストステロンの量が少なく、薄毛の心配はない、と言う神話が崩れつつある。

3思春期を迎える10代後半から、男性ホルモンの分泌が活発になり、大人とほとんど変わらなくなる。

4薄毛や脱毛は10代、20代から始まる。

5 20代前半の若ハゲは、他の外部からの要因(生活習慣や皮脂にある毛穴の詰まりなど)と男性ホルモンの分泌の異常が原因。

6対策としてはカロリーの高い脂っぽい食事は避ける。

710代、20代は、どちらも皮脂の分泌が多い。

8 30代後半は、ハゲが目立ってくる年齢、新陳代謝が衰え始め、自分で発毛・育毛する能力が低下、ここで発毛対策を取らなければ、毛根が死んでしまう可能性がある。

9一般的に言って、普段は毛根には2~3本の毛が付着していますが、毛根が弱っている場合は1本しかなく、また髪の毛も細くなっている。

薄毛には「ビタミン」が効く!それぞれのビタミン解説

髪の毛は、漢方医学で血餘(けつよ)と呼ばれているように、血の余りにより生成されています。このために、栄養状態に余裕がある場合は健やかに成長しますが、そうでない場合には抜け毛の増加などのトラブルが発生しやすくなります。つまり、薄毛の予防や改善のためには、食事による栄養補給は非常に重要ということです。

その中でも特に摂取を心掛けなくてはならないのが、様々な種類があるビタミンという栄養素です。そこで、今回は薄毛に効くビタミンをピックアップして紹介することにします。

(出典:http://xn--e-pi2bo28b76oh5l.com/wp-content/uploads/2015/11/vitamin-kami-1.jpg

薄毛に効くビタミン1.ビタミンA


(出典:http://blog-imgs-48.fc2.com/a/t/o/atokiku/800pxRetinolvg.png

ビタミンAの内容

ビタミンAは、脂溶性ビタミンの一種で、化学的にはレチノイド(retinoid)と呼ばれています。目や皮膚、粘膜の健康を維持する働きがあり、不足すると視力が低下したり、細菌やウィルスに感染しやすくなるなど不安定な状態となります。このために、これらの症状を改善するための治療薬としても使用されており、その中でもOTC医薬品のチョコラADとニキビ外用薬のディフェリンは広く知られています。

ちなみに、厚生労働省ではμg単位での年代ごとのビタミンAの食事摂取基準を作成しています。


(出典:https://hfnet.nih.go.jp/usr/wadai/vitaminA-8-2.jpg

ビタミンAの育毛効果

ビタミンAによる皮膚の健康を維持するという作用は、髪の毛に対しても発揮されます。これは、髪の毛も上皮組織の一種
だからで、丈夫な状態をキープするためには必要不可欠な栄養素です。さらに、頭皮の保湿や抗酸化作用などもあるので、薄毛や抜け毛を予防する効果を期待できます。

ただし、過剰摂取した場合には栄養障害を引き起こし頭皮が硬くなるので、抜け毛の増加や軟毛化といったトラブルを引き起こすことになります。このために、かなり取り扱いが難しいという一面も持っており、注意して摂取しなければなりません。

なお、ビタミンAを豊富に含んでいる食品は、肉類では豚や鳥のレバー、野菜類では人参やかぼちゃなどが代表的です。ちなみに、植物性食品に含まれているカロテンは、体内で必要な量だけビタミンAに変化するという性質があるので、過剰摂取になる心配はありません。このために、育毛を目的にビタミンAを摂取する場合は、緑黄色野菜を食べるのが安全でオススメです。

薄毛に効くビタミン2.ビタミンB群


(出典:https://nestle.jp/wellness/kids/CMS/Resources/kids/mama/images/check/details/v-b_img1.gif

ビタミンB群の内容

ビタミンB群は、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB3(ナイアシン)・ビタミンB5(パントテン酸)・ビタミンB6・ビタミンB7(ビオチン)・ビタミンB9(葉酸)・ビタミンB12の8種類の栄養素総称で、ビタミンB複合体とも呼ばれています。いずれも水溶性のビタミンで不要な分は尿として排出されるので、過剰摂取による副作用の危険はありません。ただし、その代わりに備蓄することもできないので、毎日摂取する必要があります。

ビタミンB群の育毛効果

ビタミンB群の内で育毛に効果的なのは、毛母細胞を活発化させて頭皮環境を正常化するビタミンB2、髪の毛の原料となるケラチンの形成をサポートするビタミンB6、コラーゲンの生成をサポートし髪の毛を太く成長させるビオチン、毛細血管を強化し頭皮環境を正常化するビタミンB12の4種類です。

ただし、ビタミンB群は、それぞれが助け合いながら作用するので、8種類すべてをバランスよく摂取するのが適当です。ちなみに、複数の種類のビタミンB群を含有している食品は、牛乳や卵、レバー、大豆、海草、野菜などがあります。

薄毛に効くビタミン3.ビタミンC


(出典:http://themeupgo.com/wordpress/wp-content/uploads/2015/11/vitaminc07.jpg

ビタミンCの内容

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で、化学的には L-アスコルビン酸のことです。生体内の活動において多様な場面で重要な役割を担っており、特に美白や美肌など見た目に関する様々な問題を改善する効果を発揮します。このために、美容のビタミンとも呼ばれており、美容液や化粧品などの色々なスキンケア商品に配合されています。

なお、ビタミンCが不足すると疲れやすくなるうえに免疫力が低下するので、貧血や感染症になりやすくなります。また、水溶性のビタミンということから大量に摂っても副作用の危険はないので、毎日積極的に摂取するのが適当です。ちなみに、摂取基準は以下の表のようになります。


(出典:http://chlostanin.co.jp/06Wa_news/2013/imgs2013/2013_07/p4_childwind02.jpg

ビタミンCの育毛効果

美容のビタミンとの異名をとるビタミンCは、育毛に関しても様々な効果を発揮します。具体的には、血行と細胞分裂を活性化する作用による発毛の促進、老化の原因物質活性酸素の働きを抑制することによる頭皮環境の正常化、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの潤い成分を増加する作用による髪の毛のサイズアップなどです。つまり、太くて長い髪の毛の成長をサポートすると共に、その土壌である頭皮の若々しさを保つということになります。

また、髪の毛に対しての直接的な作用ではありませんが、ビタミンCは神経伝達物質のドーパミンやアドレナリン、副腎皮質ホルモンの合成に関与しているので、ストレスを緩和する効果があります。このために、ストレスが原因の脱毛症に対しては、根本的な原因を改善する作用を発揮します。

なお、ビタミンCはレモンやオレンジなどの柑橘類のフルーツに豊富に含まれていることが広く知られていますが、熱に弱いなど壊れやすい性質を持っています。このために、高速回転のジューサーで絞ってジュースにするとほとんどなくなってしまい、十分な量を摂取することが出来ません。

また、酸っぱいのが苦手という人にとっては、丸ごと食べるのはかなりの苦痛を伴います。そこで、オススメなのがジャガイモやサツマイモなどのイモ類です。これらに含まれているビタミンCは、でんぷんにより守られているので、加熱しても損失しにくいという特徴があります。ちなみに、イモ類のビタミンCの含有量はオレンジとほぼ同レベルなので、必要摂取量を無理なく上回ることが可能です。

薄毛に効くビタミン4.ビタミンD


(出典:http://www5c.biglobe.ne.jp/~ecb/chem/pic/07_06_02.gif

ビタミンDの内容

ビタミンDには、きのこなど植物性食品に含まれるエルゴカルシフェロールと動物性食品に含まれているコレカルシフェロールに対しての総称で、脂溶性に分類されているビタミンの一種です。また、紫外線を浴びることで体内で合成できるという特徴があるので、太陽のビタミンとも呼ばれています。

なお、化学名をカルシフェロール(calciferol )と名付けられているように、カルシウムの働きに深く関与しています。ちなみに、この栄養素の食事摂取基準量は以下の表の通りです。

(出典:http://midorimushi-family.jp/blog/wp-content/uploads/2015/08/vitamin-d.jpg

ビタミンDの育毛効果

ビタミンDは、骨や歯を丈夫にする栄養素として知られていますが、これはカルシウムの吸収を高める作用によるものです。これにより、免疫力が向上するので、ストレスによる抜け毛を防止します。つまり、直接的に頭髪に働きかけるというわけではありませんが、薄毛に対しての予防的な効果を期待できるということになります。

薄毛に効くビタミン5.ビタミンE


(出典:http://vitamin.bod777y.net/wp-content/uploads/2015/04/151995725_%E3%83%93%E3%82%BF%E3%83%9F%E3%83%B3E.jpg

ビタミンEの内容

ビタミンEは、脂溶性ビタミンの一種で、化学名はトコフェロール(tocopherol)といいます。これは、ギリシア語で子供を産むという意味のTocosと、力を与えるという意味のpheroという言葉を合わせたもので、1922年にアメリカ合衆国の科学者により妊娠に効果的な物質として発見されたことが名前の由来となっています。

なお、ビタミンEは脂溶性なので体内に備蓄されるために、通常の食生活を送っている限りは欠乏症になることはほとんどありません。また、一方で食品から摂取している限りは過剰症にはなりにくいとも考えられています。ちなみに、厚生労働省による2,015年版でのビタミンEの食事摂取基準量は次の通りです。

(出典:http://www.vitamin-mineral-navi.info/img/e-6.jpg

ビタミンEの育毛効果

ビタミンEの最大の特徴は、活性酸素の働きを阻害する強力な抗酸化作用を発揮するということです。ちなみに、活性酸素は本来は外部から侵入してくる細菌やウィルスから防御するという役割を担っているのですが、この内の一部は正常な細胞にまで攻撃を加え酸化させます。これにより、病気や老化などのトラブルを引き起こす原因となります。頭皮や毛包内部の細胞組織が老化すると、髪の毛にも当然悪影響が及ぶことになります。

なお、薄毛は年齢を重ねるごとに発症頻度が増加する症状で、基本的には老化の一種と考えられています。このために、老化を防止するビタミンEは、根本的な問題を改善する効果を期待できます。このように、老化により発生する確率が高くなる問題を事前に予防することはアンチエイジングと呼ばれているので、ビタミンEによる薄毛の改善はエイジングケアの一種ということになります。

まとめ

このように、ビタミンには髪の毛に対して様々なメリットを見込めるので、食生活に取り入れることにより薄毛の危険を遠ざける効果を期待できます。ただし、過剰摂取により逆に薄毛の危険を高めるビタミンAのようなケースもあるので、正確な知識に基づいて実践しなくてはなりません。

また、ビタミンが髪の毛に良いからといって、それだけに偏るという食生活も適当ではありません。たんぱく質・炭水化物・脂肪の三大栄養素を不足しないように摂取したうえで、ビタミンも補給するというのが基本です。特に、たんぱく質は髪の毛の材料となる栄養素であり、十分に摂取しなくてはなりません。摂取量の一応の目安は体重と同じグラム量で、体重が60㎏の場合はたんぱく質60gが必要ということです。

このように、トータルの栄養バランスを考えた食生活を送ることにより、髪の毛だけではなく健康状態全体が改善することになります。ただし、短期間で見違えるような効果を得られるわけではないので、焦らずに続けていくようにしましょう。

女性の薄毛改善に効くおすすめサプリ7選!ハゲには栄養を。

美肌や健康のためにサプリメントを飲んでいる女性は多いと思います。
ビタミン、コラーゲンなど様々なサプリメントがあります。
薄毛改善に効果的なサプリメントがあるのをご存知ですか?
今回はそんな薄毛に悩む女性の救世主サプリメントを7つ紹介していきます。

そもそも女性の薄毛の原因は?

効果的なサプリは世の中に数多くありますが、そんなサプリも薄毛の原因によってそれぞれ効果を発揮するものです。
まずは女性の薄毛の主な原因について解説していきます。

◆女性ホルモン
女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始めます。
このエストロゲンが減ることにより、女性は体調など様々な所に支障をきたします。
よく聞く更年期障害もその影響の一つで、エストロゲンの減少によりヘアサイクルが乱れ薄毛になると言われています。

そして、出産も薄毛の原因とされており、これもエストロゲンが関係しています。
妊娠中は赤ちゃんに栄養を取られますので、エストロゲンなどの女性ホルモンで髪の成長期を維持しますが、出産すると一気に女性ホルモンが減ることがあり、髪は休止期に入るのだそうです。
その結果、ヘアサイクルが乱れ薄毛になると言われています。

◆食生活
健康的な体は食事から作られます。
しかし、多くの女性は間違ったダイエットをして栄養バランスを崩します。
実は間違ったダイエットをしてしまうと薄毛の原因になります。
人間が栄養を取るためには、食べたり飲んだりしなければなりません。
食べなければ髪にも栄養が届きません。
極端な食事制限やバランスの悪い食事は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルが乱れ、薄毛になる可能性があります。
無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。
また、脂質中心の食事ですとそれもまた薄毛の原因となります。
タンパク質、ミネラル、ビタミンなど髪に良いとされる栄養素をバランスよく摂らないと薄毛の原因となります。

女性の薄毛の原因は他にも「ストレス、生活習慣、ヘアスタイル、間違ったヘアケア」などがありますが、サプリメントで解消できそうな原因は上記の2つとなります。

女性の薄毛に効果的な成分

大豆イソフラボン

%e5%a4%a7%e8%b1%86

(出典: http://healthil.jp/32684
聞いたことがある人もいると思いますが、大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをすると言われています。
先程も説明した通りエストロゲンが減っていくことで薄毛になると言われています。
体毛は女性ホルモンで薄くなりますが、毛髪は男性ホルモンが多いと薄くなります。
大豆イソフラボンは男性ホルモンを抑える効果がありますので、薄毛を抑制することができます。

近年大豆イソフラボン単体では効果が低いとされ、唐辛子に含まれているカプサイシンと併用すると効果が上がると言われています。
カプサイシンはIGF-1というインスリン成長因子を増やし、毛乳頭を活性化して毛母細胞の成長を促進するそうです。
大豆イソフラボンはそのカプサイシンがIGF-1を増やすのに必要なCGRPという物質の増加を増やすのに必要なのだそうです。
大豆イソフラボンだけでもある程度の効果はありますが、カプサイシンと一緒に摂取した方が効果は高まるそうです。

ノコギリヤシ

220px-serenoa_repens_usda1

(出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%82%B3%E3%82%AE%E3%83%AA%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%83%E3%83%88
薄毛の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質が髪の成長を抑制しヘアサイクルが乱れることで起こります。
このDHTとは、5αリダクターゼと呼ばれる酵素によって男性ホルモンのテストステロンが変化した物質です。
ノコギリヤシには5αリダクターゼの働きを抑制し、DHTの過剰な生成を抑制します。
薄毛の根本的な原因を抑制できることから、ノコギリヤシが配合されているサプリは人気が高いです。
前立腺肥大症の治療にも用いられています。

亜鉛

毛髪の成長にはタンパク質を摂ることがとても大切です。
タンパク質は体内で一度アミノ酸に分解され、体内で分解されたアミノ酸をケラチンタンパクに再合成するために欠かせない成分が亜鉛になります。
亜鉛は薄毛の原因とされている5αリダクターゼを抑制する働きもあり、疲労回復効果もあり寝起きが良くなったという人もいます。
牡蠣などの食物からも摂取できますが、配合量の多いものは限られるため、気軽に摂取できる亜鉛入りのサプリは人気が高いです。

ビタミンB

ビタミンはいくつか種類がありますが、その中でもB2、B6、B7は育毛に効果的な栄養素になります。

①ビタミンB2
ビタミンB2は細胞の成長や、成長ホルモンの合成に欠かせないビタミンです。
皮脂の量を調整してくれたりもします。

②ビタミンB6
ビタミンB6はたんぱく質の吸収を促す効果があり必要不可欠な栄養素です。
ケラチンを再合成する亜鉛の働きをサポートする作用もあります。
育毛目的ではビタミンB2、ビタミンB6に注目が行きがちだが、ビタミンB1~12までバランスよく摂ることが望ましい。

③ビタミンB7(ビオチン)
ビタミB7は毛細血管を太くし、頭皮の血行促進など様々な作用があります。
身体の血行を良くして頭皮の新陳代謝を促進します。

ミレットエキス

ミレットと言われる雑穀のエキスで、昔からヨーロッパで髪に良いとされており、すり潰し頭皮に塗ったり、食べたりしていたそうです。
ミレットエキスには、シスチンとメチオニンが含まれており、これらは髪の毛の主成分であるケラチンを構成するアミノ酸で、体内で十分な量が生成されません。
2種類のアミノ酸をミレットエキスが補充してくれます。

おすすめサプリ7選

ダブルインパクト

%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%91%e3%82%af%e3%83%88

(出典: http://www.anadolurestaurant-haysim.com/doubleimpact.html

内容量 イソフラボン   90粒

カプサイシン  180粒

通常価格 上記の2品セット 10,800円(税込)
成分 カプサイシン、イソフラボン

イソフラボンとカプサイシンの育毛効果に着目したサプリ。
先程大豆イソフラボンについての説明でもあった様に、IGF-1と呼ばれる成長因子を増やし、発毛を促進するサプリです。
イソフラボンとカプサイシンを同時に摂ることで発毛率90%というから試す価値はありそうです。
大体3ケ月から半年ほどで効果が表れるとのことです。

マイナチュレ

sp_connect

(出典: http://www.my-nature.jp/af/supple/?ad_code=flm&utm_source=flm&utm_medium=aff&dmai=AF_00016

内容量 90粒
通常価格 5,695円(税別)
成分 亜鉛、ビタミン、ヒハツエキス、黒梅エキス

❝カラダの内側から「毛髪、頭皮」ケア習慣❞をコンセプトに毛髪・健康・美容・血行促進成分をバランスよく配合した、無添加オールインワンサプリです。
薄毛改善のために亜鉛やビタミンを配合しています。
また、インドのアーユルヴェーダで強力な薬草の一つとされているヒハツエキスと古来より万病の治療薬とされている黒梅エキスも配合することにより血行を促進します。
その他にも、女性に嬉しい「コラーゲン・ヒアルロン酸・ビタミンC」などの美容成分を配合している多機能オールインワンサプリです。

BOSTON For Ladies

img15_01

(出典: https://g-prj.com/product-buy-form/gp_boston_w

内容量 120粒
通常価格 8,900円(税別)
成分 亜鉛、大豆イソフラボン、ミロエステロール、ビタミン、ミレットエキス、ヒハツエキス、

元々あった男性用育毛サプリの女性用で、累計20万本売れているヒットサプリです。
亜鉛、大豆イソフラボンなど発毛を促進する基本的なものが配合されています。
注目はミロエステロールと呼ばれる成分です。
プエラリアと呼ばれる成分に含まれており、女性ホルモンと同じ働きをします。
大豆イソフラボンも同じような働きをしますが、それよりも高い効果があると言われています。

ヘア ドルーチェ

top01

(出典: http://www.sunprize.jp/adhd2/

内容量 120粒
通常価格 13,000円(税別)
成分 亜鉛、ビタミン、アミノ酸、大豆イソフラボン、カプサイシン

加齢とともに失われる「IGF-1」を増やすことで薄毛の悩みにアプローチすると言う理論を名古屋市立大学と共同研究で開発したサプリです。
アガリスクと言うキノコの1種を配合し、その中でも「キングアガリスク」と呼ばれる希少価値なものを配合しています。
アガリスクの中には、亜鉛などのミネラル・ビタミン・アミノ酸が豊富に含まれており、栄養素も豊富で脚光を浴びています。
その他にも、大豆イソフラボンと唐辛子も配合しているので薄毛改善を促進させます。

ぐんぐん

section04-img01

(出典: http://haemasu.com/op/

内容量 90粒
通常価格 5,980円(税込)
成分 ノコギリヤシ、カプサイシン、イソフラボン、高麗人参、菊芋、リジン

2015年と2016年のモンドセレクションを連続受賞したお墨付きサプリです。
薄毛に効果的とされているノコギリヤシ、カプサイシン、イソフラボンを配合し薄毛に働きかけます。
また、高麗人参を配合することで血行を促進し、菊芋によりビタミンやミネラルを補給します。
他にも、αリポ酸やリジンを配合し、体の中からヘアケアができるサプリとなっています。

はりつや美人

main-bg

(出典: http://www.kikkoman-karadaomoi.jp/products/detail.php?product_id=4

内容量 150粒
通常価格 5,460円(税込)
成分 亜鉛、ビオチン、メチルスルフォニルメタン、コラーゲンペプチド

あの醤油で有名なキッコーマンから発売しているサプリです。
薄毛改善に効果的な亜鉛やビタミンの1種ビオチンを配合しています。
また、女性の美容をサポートするメチルスルフォニルメタンとコラーゲンペプチドも配合。
タンパク質の働きを助けたり、細胞を活性化する効果がありますので薄毛改善にはとても重要な成分になります。
サプリメント先進国のアメリカの健康食品会社とキッコーマングループが開発したサプリですので、確かな安全と安心して使えるサプリです。

フェルサ

%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%82%b5

(出典: http://fuerza.info/lp/g/5/?ad_code=a8bi

内容量 60粒
通常価格 6,200円(税抜き)
成分 ノコギリヤシ、亜鉛、ビタミンB群、ミレットエキス

美容サロン1780店近くで取り扱っているサプリ。
育毛に良いとされる基本的な成分が配合されています。
髪の毛の主成分となる、この2種類のアミノ酸をミレットエキスが補充してくれます。
国内工場で製造されている品質の安全なサプリです。

まとめ

おすすめサプリを7つ紹介してきました。
気になるものはありましたか?

薄毛に効果的な成分はどのサプリも基本的に変わらず、各社工夫し他の薄毛改善成分を配合しているのが特徴的でした。
また、薄毛改善しながら美容にも気を使った成分を配合しているのは、女性ならではと感じました。

価格も各社違いますが安いから高いからと言って効果が左右されるものではありません。
価格が高くても体質的に合わないこともありますし、その逆もあります。

薄毛に悩んでいる女性はサプリという方法もあるのを覚えておきましょう!

30代女性の薄毛予防!ハゲの5つの原因と改善策

男女問わず、年齢と共に髪にハリコシがなくなり、量も減っていくことがあります。
特に40代、50代はその変化が著しく感じ、薄毛になってからでは改善するのにも一苦労します。
早いと30代から薄毛に悩まされたりします。
そこで、早いうちから薄毛予防が必要になります。
今回はハゲの原因から考える30代女性の薄毛予防を紹介していきます。

薄毛に悩む女性たち

「薄毛」と聞くとつい男性のハゲ頭を想像してしまいませんか?
実は近年女性も薄毛に悩まされている人が多くなっています。
しかし、男性の薄毛と違い完全にハゲるケースは少なく、薄くなるとかハリコシがないとかそういう悩みが多いのが特徴です。
また、薄くなると2度と生えなくなるのではと心配する声もありますが、女性の薄毛には原因に沿った対処法があり、またそれを予防する方法もあります。

では、一体なぜ薄毛になってしまうのか?
そこには女性ならではの原因がありました。

女性の薄毛の原因

①加齢

女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始めます。
加齢に伴いエストロゲンは減少すると体調など様々な所に支障をきたします。
更年期障害もその一つで、最近はプレ更年期と言われる30代からの更年期に似た症状が表れる人もいます。
このエストロゲンは減少すると、ヘアサイクル乱れさせ薄毛になると言われています。

また、女性は妊娠・出産をします。
出産は薄毛の原因とされており、これもエストロゲンが関係しています。
妊娠中は赤ちゃんに栄養を取られますが、エストロゲンなどの女性ホルモンで髪の成長期を維持します。
しかし、出産すると一気に女性ホルモンが減ることがあり、髪は休止期に入るのだそうです。
その結果、ヘアサイクルが乱れ薄毛になっていくと言われています。

②栄養不足

xdiet-jpg-pagespeed-ic-qpn5bfply5

(出典: http://bi-plus.net/diet/super-light-eater-method/
日本の女性は痩せすぎと言われるように、少し栄養失調気味な所があります。
その原因は多くの女性が経験するダイエットです。
痩せたいからと言う思いで、「野菜だけ摂ればいいや」とか極端に食事の量と回数を減らす人がいます。
これはかなり間違っていて一時的に体重が落とせたとしてもすぐにリバウンドしてしまうのと、薄毛の原因になります。
栄養を取るためには、必ず食べたり飲んだりしなければなりません。
食べなければ髪にも栄養が届きません。
間違った食事は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルを乱れさせ薄毛になる可能性があります。
無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。

③ストレス

wysiwyg_339f6364e557c414bcc7

(出典: https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/11889/images?page=1
現代の女性は仕事・育児・家事・介護・人間関係などやることが多くストレスが多いのは事実です。
ストレスは自律神経系交感神経を緊張させ血管を萎縮させます。
そうすると、頭皮への血行が悪くなり髪に必要な栄養が送れなくなることでヘアサイクルが乱れ薄毛になります。
ストレスは長く続くことが多くためこまめに発散も必要です。
薄毛の原因として見逃せないものの一つです。

④ヘアスタイル

女性は髪型によって気分が左右されると言ってもおかしくはありません。
少しの白髪やプリン状態(根元が黒く毛先が明るい状態)、ボリュームがないだけで気になって仕方ありません。
パーマやカラーをしている人は多いと思いますが、過度にやり過ぎることで髪のダメージになり細く見えたりします。
2~3ケ月周期で行うならまだマシですが、2~3週間のペースで行う人もいます。
薬剤に配合されているアルカリ剤や酸化剤などの刺激が頭皮に加わることで薄毛の原因になりかねません。

そして、長く伸ばしていると縛ることが多いと思いますが、これも毎日続けると頭皮に負担がかかり薄毛になってしまいます。
生えぎなどがハゲて見えたりしますので、注意が必要です。

⑤ヘアケア

1c7979a20bb4dbf0d529588ce2c7a0fe

(出典: http://josei-bigaku.jp/shitehaikenaiheakea97589/
昔から「髪は女の命」と言われるように女性は髪をとても大事にします。
髪を大事に扱うことはとても良い事ですが、1日に何度もシャンプーしたり、合わないシャンプーを使っていることでフケ・カユミの原因や皮脂のバランスが崩れ薄毛になることがあります。
必要以上に皮脂が多かったり、逆に乾燥しすぎることで頭皮の環境が崩れ薄毛の原因になります。

また、正しいシャンプーをしている人はどのくらいいるでしょうか?
シャンプーのやり方も間違っていると薄毛の原因になります。

薄毛の予防策

女性の薄毛の原因をご理解頂けましたか?
では、予防策はどうしたらいいのでしょうか。
それは、原因となることを改善してあげればいいのです。
では、予防策を紹介していきます。

バランスの良い食事をする

まずは最重要で見直すことは食事です。
確かに太り過ぎは体に良くないこともありますので、ダイエットが必要でしょう。
しかし、あなたの体よく見てください。
本当にダイエットの必要がありますか?
意外と必要ないのに痩せようとする人は多いです。
痩せすぎは反って異性からすると魅力的に感じません。

バランスの良い食事とは「炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル」をバランス良く摂ることです。
全て人間にとって必要な栄養素です。
巷では炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、炭水化物は筋肉を動かすために必要で筋肉は代謝を上げてくれます。
代謝が上がる事で太りにくい体になります。
筋トレなどを行うとより効果的になります。
人間にとって適度な炭水化物も必要なのです。

また、タンパク質は毛髪の元になる成分ですし、脂質は肌や毛髪のツヤには必要です。
ビタミン・ミネラルは毛髪が成長する助けとなります。

このようにそれぞれの栄養素は毛髪に対して効果的な働きをしてくれます。
30代女性は仕事や育児などとても忙しく中々バランスの良い食事を摂るのが難しい人もいます。
しかし、予防法としてまずは食事を見直しましょう!

ストレスを発散する

ストレスと思って甘く見てはいけません。
今やストレスは薄毛以外にも様々な病気を引き起こすことが分かっています。
ストレスにより重篤な病気にもかかる可能性があります。
30代女性は仕事と家事と育児を両立している人も珍しくありませんが、充実している一方で知らずにストレスを感じていることが多いです。
自分ではストレスに感じていないことも実はかなりのストレスになっていることもあり、知らず知らず蓄積されます。
そうなる前に自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。

映画を見る、音楽を聴く、カラオケに行く、ショッピング、友人とのおしゃべり等。
人によって様々だと思いますが、薄毛だけではあなく体のためにも必ず発散方法を確立しておきましょう。

パーマ・カラーの頻度を見直す

こんな女性がいました。
「白髪が少しでも生えると気になってしょうがない」
そのため、2週間に一回白髪染めをするのだそうです。
これは50代女性ですが、30代女性も白髪がちらほら目立ってくる年齢です。
おしゃれのためにマメにパーマをかけたりします。

高頻度のパーマやカラーは髪と頭皮にとって良くありません。
薬剤の刺激が確実に薄毛の原因となります。
年齢と共に白髪が出てくる人もいるでしょう。
ボリュームが減ってペタンとする人もいるでしょう。
その際のパーマやカラーは改善方法として手っ取り早く効果的ですが頻度には注意です。
カラーは早くても1か月おき、パーマは2か月くらいが良いです。
パーマの場合は取れてきてもボリュームが出るようにカットやスタイリングが可能です。
カラーは2か月もすると白髪や黒い部分が目立ちますので、せいぜい我慢できて1ケ月と言ったところでしょう。

頭皮や髪にためにも一度頻度を見直しましょう!

正しいシャンプーをする

シャンプーの仕方は自信満々に正しいと言えますか?
意外と間違ったシャンプーをしがちで、それが薄毛の原因となります。
毎日のことで作業になりがちなシャンプーですが、正しいシャンプーの方法をご紹介します。

① ブラッシングをする

濡らす前に必ずやった方が良い事で、絡まりがあるとシャンプーの際に無理な力が加わり抜け毛や切れ毛の原因となりますので髪を整えておきましょう。
ホコリを取ることができますので、その後の工程がスムーズになります。

② ぬるま湯で素洗いする

単に濡らす作業になっている場合が多いですが、ここでは濡らすと言うより、素洗いと言ったほうが良いかもしれません。
お湯は熱過ぎず、ぬる過ぎず38℃位のお湯を頭皮から濡らし、指の腹でマッサージしながら洗っていきます。
ここをしっかり行うと皮脂汚れやホコリなどがほとんど落ちますので、その後のシャンプーの泡立ちも良くなります。
濡らすだけの作業にならないように丁寧に、最低2〜3分行いましょう。

③ シャンプー剤をつける

軽く水気を切ってから、いよいよシャンプーです。
まずは手の平で泡立ててから、頭皮につけていきましょう。
直付するとシャンプー剤が集中的に塗布されてしまうので、その後のすすぎ残しの原因となり、炎症やかゆみなどの症状となって現れます。
一番洗わなければならないのは頭皮ですから頭皮を中心に付けていきましょう。

④ マッサージする

爪は立てずに指の腹を使ってマッサージしていきます。
爪を立てたほうが気持ちいいという人や汚れが良く落ちそうと勘違いする人がいますが、それは頭皮を傷付け皮脂の分泌が余計に出てしまう可能性などがあります
結果的に頭皮環境の悪化に繋がります。
手はバスケットボールなどの大きなボールを持つようにして、ジグザグに動かしたり、円を描いたりしながら行うとリズミカルにマッサージしていきます。
全体にまんべんなく行い必ず洗い残しのないようにしましょう。

気持ちよさのあまり2〜3分行う人もいますがマッサージは1分位で構いません。

⑤ すすぐ

シャンプー後のすすぎですが、ここも非常に重要となります。
基本的には最初のすすぎと同じですが、シャンプー剤のすすぎ残しが無いように時間をかけてすすぎましょう。
すすぎ残しがあると頭皮の炎症やかゆみとなりそれが毎日蓄積されることで、抜け毛の原因となります。
そして、指すすぎ時に指の腹を使ってマッサージすることで血行促進や毛穴の汚れやシャンプー剤のすすぎ残しもなくなります。

⑥ トリートメントを付ける

男性だとトリートメントを付けない人もいますが、女性の場合ある程度の長さがあると思いますのでトリートメントを付けましょう。
トリートメントには毛髪保護成分や補修効果のある成分が豊富に配合されています。
頭皮というより毛髪にとっては大切なもので、きしみや指通りも良くなります。
頭皮など根本は健康的な髪だと思いますので、付けるのは傷んでいる中間から毛先を中心につけましょう。
根本につけると逆にボリュームダウンさせて仕上がりがペタッと潰れて仕上がる可能性があります。

⑦ すすぐ

これで最後のすすぎです。
トリートメントのすすぎも気を抜かずにすすぎましょう!
ただ、流しすぎるとトリートメントで得られる指通りを感じなくなるので、シャンプーのすすぎほど時間はかけなくても適度にすすぎましょう。
根本についていないので頭皮に残ることはほとんどないですが、体の方にすすぎ時にトリートメントが残ることがあるので体の方も注意しましょう!

髪を下ろす日を作る

髪をアップなど上げてばかりいるとそれがハゲの原因となります。
これは牽引性脱毛症と言う症状で上げたり縛ったりすることで頭皮に負担がかかりハゲてしまうそうです。
長くて邪魔だとつい上げたりしてしまいがちですが、時々下ろすようにしましょう。

今から予防を!

「薄毛になるわけがない」や「まだまだ先の話だし」なんて言っていたら、気付いたときにはもう遅いかもしれません。
毎年インフルエンザが流行りますが、流行の前に予防接種する人もいると思います。
全くかからないわけではないですが、軽度で済む場合が多いそうです。
薄毛も今のうちから予防しておけば、薄毛になる確率を抑えられたり進行が遅くなるかもしれません。
予防しておいて安心しながら歳を重ねたいものです。

【早めのハゲ予防】高校生でも簡単、若ハゲ改善法

「ハゲ」と聞くとハゲ散らかったオヤジの頭を想像しませんか?
しかし、最近では高校生などかなり若い世代もハゲに悩んでいたりします。
髪型でお洒落を楽しみたい年頃なのに、自分がハゲだと言う現実を知ったときはかなりのショックでしょう。
また、今はハゲではなくても今後すぐにハゲる可能性もあります。
間違った習慣や行動により更にその可能性は高くなります。
でもご安心を!
そうならないために今から予防が大事です。
今回は高校生でも簡単にできるハゲ予防〜薄毛改善法までをご紹介します。

高校生の薄毛

本当にそんな若いうちからハゲるの!?と疑いたくなりますが、現実なのです。
人間の髪は一日100本前後は抜けるのですが、それ以上に抜けて生えてこなくなると薄毛になります。
高校生でもその可能性はあり、「最近額が広くなってきたような気がする」「寝起きの枕についた抜け毛が増えている」「毎朝かっこよくスタイリングしていても、トップのボリュームが出にくい」など様々なところで薄毛を疑いたくなる事が起きます。
薄毛になるメカニズムは年齢問わず変わりませんが、その原因は高校生ならではのものかもしれません。

高校生の薄毛の原因

では、そんなに若く成長期のはずの高校生がなぜハゲるのか?
原因を見ていきましょう!

ホルモンの影響

pp03_illust

(出典: http://jcrgh.com/shikkan/ppuberty_kikuchi/ppuberty3.html
高校生などの思春期は体毛が濃くなったり髭が生えたりと体に変化が起こります。
これは男性ホルモンが増えているため起こることで、大人の体へと変わっていきます。
この男性ホルモンはテストステロンと呼ばれるもので、これが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変換されます。
このDHTが毛乳頭細胞と結合してしまうと、毛髪を作るための細胞分裂が少なくなります。
これにより、毛髪の成長を抑制させ成長途中で脱毛したり、細い毛が生えてきて薄毛になります。
よく言われるヘアサイクルが乱れることになります。

遺伝

遺伝と言われると元も子もないと思ってしまいますが、遺伝もハゲる可能性としては十分あり得ます。
父方の家系に薄毛の人が多くいるよりも、母方の家系に多くいる方がハゲになる確率は高くなるそうです。
あなたの家系はどうですか?
ただ、遺伝だからといって打つ手がないわけではありませんのであまり悲観的にならないようにしてください。

極度のストレス

社会人から見ると学生は大したストレスを抱えているようには見えないことがあります。
しかし、今の高校生も社会人並みにストレスを感じていることが多いのです。
・塾などで勉強漬けになる
・キツイ部活動
・学校での人間関係
・通学時間が長い
・アルバイト

など。
この他にも個人個人ストレスを感じるところが違い、学校が終わってからの予定もぎっしり詰まっています。
かなりタイトなスケジュールの人もいて、忙しさのあまり知らぬ間にストレスが体を蝕んでいきます。
交感神経を興奮させ、血管を萎縮させますので血行が悪くなり、それが薄毛の原因へと繋がります。
ストレスも見逃せない原因の一つなのです。

ヘアスタイリング

とにかくオシャレをするのが好きなお年頃です。
服装はもちろん髪も入念にキメます。
ワックスやジェル、スプレーなどを巧みに使い一番いい状態を作り上げます。
ここまでは特に問題はありません。
そのスタイリング剤を落とさないで寝るのは問題があります。
スタイリング剤のほとんどは油分を中心に処方されています。
洗い落とさずに寝てしまうと、油分が毛穴に詰まり炎症やかゆみなどを引き起こし頭皮環境を悪化させます。
それが毎日だと抜け毛が増えハゲになってしまいます。
使うことは問題ありませんが、使用したらその日の内に洗い流すようにしましょう。

食生活

食べ盛りの高校生は質より量を求めます。
とにかくお腹が減っています。

放課後、友達同士でファミレスやファーストフード店に行ったり、小腹がすいたからコンビニで揚げ物を買ったり、家で勉強する際の夜食にカップラーメンばかり食べたり。
思い当たる節が結構あるのではないでしょうか?

上記のような食事は炭水化物と脂質が中心の食事になります。
特に脂質が多いと皮脂分泌が多くなり、頭皮の毛穴をつまらせる原因になります。
また、コレステロール値も上がりますので、ドロドロな血液になり流血が悪くなります。
結果、頭皮に栄養が行き渡りにくくなり、抜け毛が増えて薄毛へとなっていきます。

社会人だけでなく、高校生でも友達や先輩との付き合いがありこのような食事になりがちです。
時々なら良いでしょうが、しょっちゅう食べている人は将来のために一度食事を見直した方が良いかもしれません。

睡眠不足

夜更かししている高校生は本当に多いそうです。
夜遅くまで好きなテレビ番組や深夜のアニメを見たり、塾で遅くなり寝る時間が遅くなったりなど。
様々な理由で睡眠時間が削られています。
慢性的な睡眠不足は血行を悪くし、成長ホルモンの分泌も妨げてしまいます。
つまり、毛髪が成長しにくい状態になってしまうのです。
しっかり寝ないと、髪だけではなく疲労が蓄積されイライラすることで他のことにも悪影響が出ますので、睡眠時間はしっかり確保しましょう。

高校生のハゲ予防

高校生の薄毛の原因を見てきましたがどうでしたか?
では、原因がわかったところで予防策を見ていきましょう。
始めるなら今からです!

食生活を見直す

image-preview30

(出典: http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/treatment/diet01.html
バランスの悪い食生活から今日で卒業しましょう!
カップラーメン、コンビニ食、ファーストフードなど、脂質ばかり摂っていては髪はもちろん体にもよくありません。
バランスの良い食事をしましょう。
具体的には、緑黄色野菜や果物からビタミンやミネラルを、肉魚などからタンパク質を摂取しましょう。
髪のもとになるタンパク質は成長を促進する上で大事になります。
また、ビタミンやミネラルはそれを助ける効果や血行を促進する作用があります。

学生だと自宅に帰るとご飯を作っていてくれるはずです。
恐らく栄養を考えて作っていると思いますので、まずは自宅でご飯を食べて、間食などのカップラーメンやファーストフードは止めましょう!

よく寝る

676

(出典: https://sokkadayo.jp/676/
寝る子は育つと言われるように成長のためには寝ないといけません。
塾で帰りが遅くなったり、いつまでもTVを見たりゲームをして夜更かししていませんか?
体の成長もそうですが、髪の成長も十分な睡眠の上で成り立ちます。
成長ホルモンが最も多く分泌されるのが、22時から2時の4時間の間です。
遅くてもこの時間内にベッドに入るようにしましょう。
髪の成長のためはもちろんですが、十分な睡眠により疲れが取れ体も軽く、勉強などがはかどったりもします。
パフォーマンス向上のためにも睡眠はとても重要なのです。

夜に必ずシャンプーする

1352147

(出典: http://healthil.jp/images/1352147
疲れてしまいお風呂に入るのを翌朝にしていませんか?
勉強に部活に遊びに、高校生は意外と忙しいものです。
帰りが遅くなり、疲れからお風呂も入らずにスタイリング剤が付いたまま寝てしまうのは良くありがちです。
学校があり、一応匂いは気になるので朝シャンをして行きます。
しかし、それはかなり危険なのです!
朝シャンプーして、一度髪をリセットしていますが、スタイリング剤はほぼ24時間ついたままになっています。
スタイリング剤の油分が毛穴を詰まらせ炎症やかゆみなどの症状として現れます。
これを何年も繰り返していると確実にハゲ街道まっしぐらです。
スタイリング剤でセットするのは良いのですが、必ず夜にシャンプーしてリセットし、髪と頭皮を休める時間を作ってあげましょう。
そして、シャンプーの際はしっかりすすぎ、指の腹でマッサージするなどのような正しい方法でシャンプーしましょう。

以上の3つがハゲの予防策となります。
今からでも始められることですので、未来の自分のために今すぐ始めましょう!

既にハゲが気になっている人は?

予防策はわかりましたが、既にハゲが気になってきている場合はどうすれば良いの?
あくまでこれまでは予防であって、改善ではありません。
では、既にハゲている人はどうするかというと、次の3つを参考にしてみてください。

クリニック治療を行う

これは育毛メソセラピーやHARG治療法などの注射をしてもらうことです。
これは成長因子を直接頭皮に注射して、発毛を促進するという方法です。
費用は学生にとって安いものではありませんが、一定の効果があるそうです。
ただ、頭皮に注射するので苦手な人は難しいでしょう。

薬による治療を行う

クリニックで処方してもらったりネットなどで販売していることがあります。
主に内服薬で、最近TVで「AGA治療」などという言葉を耳にする機会が多いと思いますが、まさにそれです。
育毛を促進させる内服薬を処方してもらい育毛を体の中から促進させます。
血行促進作用や薄毛の原因となるものを抑制させる効果があります。
飲んですぐに効果は現れませんが、早くて1、2ヶ月後には発毛を実感することができます。
しかし、未成年は服用できないものもありますので、ネットや店頭などで購入せずに必ず医師や薬剤師に処方してもらったものを飲みましょう。

自毛植毛する

最終手段と言っても過言ではありません。
自分の毛が生えている後頭部から移植して植毛する方法です。
かなり高い効果があり、自分の毛を使うので拒絶反応もなく自然に仕上がります。
一度生えてくると生涯生えてくると一方で、傷跡が残ったりの後遺症や、費用が高いことが懸念材料です。
学生の場合はお金もないのと、植毛手術には親の承諾書が必要になります。
まずは、親に悩んでいることを打ち明けてからの話となりそうです。

育毛剤を使う

これまでに紹介した3つの改善方法はちょっと敷居が高く感じるでしょう。
そんな人のためには育毛剤を使うという方法があります。
高校生なのにもう育毛剤を使うの!?と感じるかもしれませんが、育毛剤に頼るのはとても賢い選択です。
育毛剤には毛髪の成長を促進する成分が含まれており、また薄毛の原因となるものを抑制する成分が含まれています。
薄毛になってしまってからより、なり始めた頃に使ったほうが効果を感じやすいのだそうです。
最近は男女問わず使用していますし、年齢も若い人も使っていたりします。
恥ずかしからず育毛剤という選択肢を選んでみてはいかがですか?

今から早めの対策を!!

今回は高校生のハゲ予防と薄毛改善法について解説してきました。

予防法と改善法は即効性のものではなく、根気強く行うと結果がついてくるものです。
コツコツ積み重ねた行動が何十年後に現れ始めます。
薄毛になってからでは改善も大変になるので、若い今だからこそやる必要があります。
何かと忙しいでしょうが、面倒臭がらずに根気よく続けましょう!

【若ハゲ必見】今なら間に合う!20代のハゲ対策まとめ

_main_mpb

出典:http://www.mensfitness.com/styleandgrooming/fashion/your-diabolical-follicles-treating-male-pattern-baldness

皆さんは「まだ20代だから大丈夫だ」そんな風に考えてはいませんか?このように考えている方はちょっと危険!30代から薄毛になり始める人が多い中、もしかしたら周りの人よりも早めに薄毛になってしまうかもしれません。そして30代からの薄毛にとても重要になってくるのが20代からの薄毛対策なのです。今回は、「まだ大丈夫だ」と考えている20代の方に向けて20代からの薄毛対策に大切さを解説していきます。皆さんもこちらを参考に、今からならまだ間に合うので、正しい薄毛対策をしてみませんか?

【20代から薄毛の進行が始まる人もいる!】

main-qimg-01af91a56b4f0a91c9cd76e34e50fd21-c

出典:https://www.quora.com/How-do-I-stop-baldness-at-age-20

男性が薄毛になる原因の一つに男性型脱毛症(AGA)という脱毛症があります。男性型脱毛症は、男性ホルモンに含まれる「テストステロン」の酵素により変化してできた、「ジヒドロテストステロン」という物質の働きによって引き起るものです。ここで、抑えていただきたいポイントは、ジヒドロテストステロンは思春期以降にすでに働き始めているという点です。そう、自分はまだ大丈夫だ。と高を括っている方は、すでに男性型脱毛症へのデスロードを直走っているのです。では、なぜジヒドロテストステロンの分泌が多くなってしまうのか。それにはハゲ遺伝子が大きく関わっているのです。ドイツ・ボン大学の研究チームによると、ハゲに直結する遺伝子である「ハゲ遺伝子」というものが存在していて、男性の場合はXとYの2つの染色体を持っていて、X染色体は母親からの遺伝子ですが、そのX染色体の中にハゲ遺伝子が含まれているのです。つまり、母方の祖父がハゲている場合、あなたもハゲる可能性が高いのです。いわゆる、遺伝と呼ばれるものですね。遺伝性で脱毛が出てしまった場合は、運命に逆らうことはとても難しく、セルフケアだけでは到底脱毛の症状を抑えることはできませんが、それ以外にもハゲる原因となりえる遺伝子があるということなので、それだけが直接的な原因ではない可能性もあります。

【男性型脱毛症(AGA)以外の脱毛症の原因】

male

出典:http://www.hairskinindia.com/hair-care/alopecia-male-female-pattern-dull/

もちろん、男性型脱毛症意外にも脱毛症はたくさんの種類があり、髪の毛というのは本当にさまざまな理由で、いとも簡単になくなってしまうものなのです。次は、男性脱毛症以外の脱毛症を解説していきます。

『円形脱毛症』
脱毛症の症状で最も多いのが、円形脱毛症です。特に働き盛りの20代後半から40代後半の男性に起こりやすいと言われています。その主な原因とされているのがストレス。円形脱毛症の症状が起こるのは、強い精神的ストレスを感じた時だと言われています。しかし、実際のところその根本的な原因はまだ解明されていません。さらに、円形脱毛症の症状が現れるのは、年齢を問わずストレスの影響を受けない赤ちゃんのどからも症状が確認されているため、一概にストレスのみで円形脱毛症を引き起こしてしまうといは言いにくいそうです。

『脂漏性脱毛症』
脂漏性脱毛症は、脱毛症の症状の中でも珍しい症状です。症状は毛穴の周辺で炎症が起こり、炎症の起きた個所の髪の毛が抜け落ちていくというもので、その原因は毛穴周辺に潜む常在菌の増殖です。常在菌は皮脂を栄養に増殖しますが、ホルモンバランスが乱れることで頭皮が皮脂を過剰に分泌してしまい、それを栄養に増殖が進みます。すると、常在菌は毛穴の深部まで進行し、炎症を起こします。炎症が酷くなることで、毛根の働きが弱くなり、髪の毛を頭皮にとどめておくことができなくなり抜け落ちてしまいます。

『ひこう性脱毛症』
ひこう性脱毛症は、脂漏性脱毛症とは真逆で乾燥が原因となる脱毛症です。こちらもホルモンバランスの乱れが原因となり進行していく脱毛症で、頭皮が乾燥することで大量に出たでフケが毛穴を塞いでしまい、育毛の障害になるだけではなく、毛細胞が皮膚呼吸をできなくなることで、脱毛の症状が現れることがあります。ひこう性脱毛症は、一度症状が出ると、セルフケアなどで改善しようとしても、かえって乾燥を悪化させてしまうことが多いことから、非常に治りづらい脱毛症だと言われています。

『老人性脱毛症』
老人性脱毛症は60代以降の方に引き起りやすい脱毛症の症状で、細胞分裂が深く関係してきます。通常私たち人間は若ければ若いほど細胞分裂が盛んに行われ、新しい細胞へと生まれ変わることができますが、彼と共にその能力は徐々に衰えてきます。髪の毛も同じで細胞分裂が盛んに行われれば行われるほど、太く健康的な髪の毛が次々に生えてくるのです。しかし60歳を過ぎると、細胞分裂が遅くなり、毛細胞を作ることも難しくなってきます。その結果、髪の毛全体が徐々に薄くなってくるような老人性脱毛症の症状が現れるのです。

【若ハゲになりやすい人の特徴】

 

では、次にハゲになりやすい人の特徴を解説していきます。皆さんは当てはまっていませんか?このような特徴がある方は脱毛の症状が現れやすいので、改善できるようにしましょう。

『睡眠不足』
20代後半から40代後半の働き盛りの方にハゲが進行しやすい理由の一つが睡眠不足です。こちらの年代の人は、仕事がとても忙しく帰りも遅く、必然的に睡眠に入る時間帯も遅くなります。すると、睡眠不足によりホルモンバランスが乱れ皮脂の分泌が多くなり、頭皮環境も良いものではなくなってしまいます。さらに、今までホルモンバランが頭皮環境のバランスを保っていましたが、それができなくなることで、頭皮の常在菌が増え、皮膚のトラブルへと進みます。

『乱れた食生活』
特に現代人は、食生活が乱れていることが多く、食生活の乱れも抜け毛が増えてしまう原因にもなります。特にお肉が大好きな男性は要注意!脂質が多いものを摂りすぎると、やはり頭皮も皮脂が多く出てしまいます。皮脂が多く出てしまうとその分毛穴もとてもつまりやすい状態になってしまうため、極力野菜中心の食生活に変えましょう。また、コンビニ弁当などを毎日食べているような人も、同じでコンビニのお弁当にはたくさんの油が使われています。そのため、なるべく控えたいところですね。

『過度のストレス』
さて、円形脱毛症の症状が出てしまいやすいストレスを抱えやすい人も要注意です!しかし、職場の人間関係、親との確執、夫婦関係、さまざまなことが原因でストレスというものは生まれます、中でもストレスを感じやすいという人にはある特徴があり、責任感が強く、問題を一人で抱え込みやすい人に多く、そのような人は円形脱毛症にもなりやすいのです。

『タバコの吸いすぎ』
タバコは体に悪影響を及ぼすとされていますが、もちろんそれは髪の毛にも言えることです。タバコを吸いすぎるとまず、血行が悪くなります。血行が悪くなると髪に正常に栄養が行き届かなくなり、髪の毛が徐々に細くなってしまいます。さらに、ニコチンが体内のビタミンを破壊することで毛髪に必要な栄養を運搬する力が弱くなり、薄毛に繋がります。

『紫外線』
太陽光を長時間浴びてしまうことで、薄毛になる原因にもなります。こちらはあまり一般的ではありませんが、いわゆる紫外線による脱毛というもので、紫外線が頭皮にあるコラーゲンを破壊することで引き起ります。コラーゲンは、私たちの髪の毛が健康的に生えてくるようなサポートをしてくれる成分で、毛包幹細胞という細胞を保護する役割を担っていますが、コラーゲンが減少することで、毛包幹細胞自体がなくなってしまい、放置しておくと毛穴も消えてしまいます。しかし、通常のコラーゲンを摂取しただけだと効果が全くなく、頭皮のコラーゲンを生成するためには育毛剤や発毛剤が必須なのだそうです。

【20代に適した育毛対策!】

hair-loss-problem

出典:http://fromdoctor.com/boost-your-immune-system-to-fight-hair-loss.html

20代前半の人はすでに社会人として働いている人もいて、後半になると、お金にも時間にも余裕が出て来て、髪の毛にもお金と時間がかけられるくらいの年になるはずです。そこで、20代に合った育毛対策をご提案します。ぜひ、こちらを参考に健やかな髪の毛を育ててみてください。

『育毛外来』
まず最も確実な方法が育毛外来に通うことです。育毛外来では、薄毛に効果的なお薬を使い育毛をしていきます。お薬は、内服薬や外用薬などで治療をしますが、その他にも生活習慣の指導なども行ってくれるため、総合的な薄毛治療が可能で、すでに薄毛の症状が出てき始めている人にはとても効果的です。さらに生活習慣を改善することができるため、健康にも良いです。治療費は薄毛の進行度によって変わりますが、初期の段階だと1か月に15,000~20,000円程度で、地肌が透けて見えてしまっている中期などでは1か月に70,000~100,000円と高額になることもあります。そのため、早めの治療を心掛けてください。

『育毛サロン』
育毛サロンでは、マイクロスコープなどを利用して頭皮の状態を調べ、マッサージや育毛剤の塗布などで血流を改善する方法がとられることが多いようです。しかし、この方法でホルモンが原因である男性型脱毛症の症状に直接的な育毛効果を発揮することはできないため、血流が悪くなって脱毛症の症状が進んでいる方にのみ有能な手段となります。しかし、マッサージなどを行うと、血流が良くなるだけでなく、頭皮環境なども整えることができるため、予防としては、とても良い方法です。

『育毛剤』
育毛剤でも予防をすることができます。特に「ミノキシジル」という成分が配合されている育毛剤はその効果の有効性が認められているため、比較的効率的に育毛ができます。さらにセルフマッサージなどで、毛穴の汚れを落としながら育毛剤を付けることによってさらに育毛効果を期待できるでしょう。

『運動』
運動は直接的な育毛効果などはないものの、運動をすることでストレスを解消することができ、さらに全身の血流も良くなるため、髪の毛に栄養が届きやすくなります。しかし、喫煙などにより結局血流を悪くしてしまう可能性もあるため、運動をする場合は一緒に禁煙することをおすすめします。

【いつまでも若くいられるように健康的な髪を生やしましょう!】

find-your-fight

出典:https://www.t-nation.com/powerful-words/find-your-fight

髪の毛というものは人の印象にとても大きな影響を与えるもので、やはりハゲているよりは、フサフサな髪の毛を持っている方が、良い印象を与えることができます。さらに日本人の場合は、顔が薄いという理由や、頭の形が良くないという理由から、あまりハゲが似合うという方も少ないので、確実にハゲるのは阻止したいところです。あなたもこちらを参考に、薄毛を予防して、フサフサな髪の毛を手にしてみてください。

 

実はハゲに効く!?ソンバーユの効果とは

実はハゲに効く!?ソンバーユの効果とは

img_s7kxf1swollavf
出典:https://www.yakushido.com/catalog/

■ソンバーユってそもそも何!?

中国最古の医学書といわれる「黄帝内径」にも記述があり、1000年以上も昔から人々に愛される馬油を原料とし、昭和63年にこの薬師堂が初めて日本でも化粧品原料として認められたのが、ソンバーユです。

「馬油」と聞くと、シャンプーなどを思い浮かべる方も多いかもしれませんが、このソンバーユは「馬油100%(香料入りのものは除く)」といった点が大きな売りです。

近年口コミを中心に人気を博しているソンバーユですが、いったいどのような物なのか、そして薄毛や抜け毛への効果やいかに!徹底解剖していきましょう。

■ソンバーユの主成分に迫る!

ソンバーユの成分100%を占める「馬油」。

馬油の原材料は読んで字がごとく「馬の脂」です。主に食用の馬を解体する際の腹や首の部位から採取されています。

特にソンバーユは、馬油生産日本一の熊本県の上級馬油だけを使用した、非常に純度の高いものになっています。

では一体どんな効果があるのか、馬油の中に含まれている成分をひとつひとつひも解いてみましょう!

・オレイン酸

オリーブオイルや椿オイルなどにも含まれる不飽和脂肪酸の一種であるオレイン酸。不飽和脂肪酸の中でもオレイン酸は最も酸化しにくいという特徴があります。

皮膚や頭皮は酸化してしまうことによって傷んでしまいますが、それを阻止する効果がある為、スキンケアには必須の成分ともいえます。

乾燥しすぎたり、皮脂が分泌しすぎたりを防ぐ、バランサーのような役目を果たします。また、オレイン酸は保湿力がとても高いので、髪や頭皮をしっとりと保つ効果もあります。

・パルミチン酸

抗酸化作用があります。

・パルミトレイン酸

不飽和脂肪酸の一種であるパルミトレイン酸には動脈硬化の予防や、高血圧の抑止に効果があり、何より皮膚の老化を防ぐという役割があります。

パルミトレイン酸が不足してしまうと、健康な肌を保てなくなってしまうということです。

・リノール酸

リノール酸はくるみなどに多く含まれている“必須脂肪酸”と呼ばれる脂肪酸の一種です。

悪玉コレステロールを減らす効果がありますが、現代の食生活ではこのリノール酸は少し過剰摂取気味と言われています。

しかしこのリノール酸が不足してしまうと、代謝組織に影響が出るとされており、主に皮膚にかかわる部分(傷の治りが遅くなる)や、場合によっては抜け毛を引き起こす可能性があります。

・リノレン酸

リノレン酸は体内に入ることでDHAやEPAに変換されます。このDHAやEPAは血液をサラサラにする効果があり、動脈硬化や血栓の生成を防いだり、脳細胞の動きを活性化させる働きがあります。

頭皮にとっては血流をよくすること、さらに脳の働きをよくすることは非常に重要な要素です。

また、主に、皮膚の老化やたるみを防ぐだけでなく、アレルギーを抑止する効果もあると言われています。

リノレン酸単体でも大きな働きをしてくれますが、最大のポイントは、先ほどご紹介したリノール酸と競合して打ち消してくれる効果がある点です。

なくてはならないものの、摂りすぎてしまうと逆に良くないリノール酸をしっかりとカバーしてくれるリノレン酸も、また重要な役割を果たしています。

ご紹介したように、馬油の成分は非常に体にとって良いものが多く、特に美容関連や皮膚に大きな効果を発揮します。

■馬油はどんな使われ方をしているのか?

主成分をご覧いただいただけでもなんとなく「馬油はすごい!」と、感じていただけたのではないでしょうか。

だからこそ、昔からやけど、切り傷、炎症、神経痛、肩こりなど「皮膚の上に表れる症状すべてにとりあえず馬油!」と言っても過言ではないほど、数多くの経皮治療に利用されてきました。

そして最近になりその美容効果にも注目が集まるようになりました。

しかし気になるのはやはり「薄毛や抜け毛に有効なのか?」という点。ここまでの説明を踏まえた上で見ていきましょう。

■実際ソンバーユで髪は生えてくる?

いかにも、頭皮にもよさそうな成分が多いソンバーユですが、実は公式サイトに薄毛についてソンバーユが有効か否かが掲載されています。

“馬油を頭の地肌に毎日すりこんで、タワシでマッサージしていると、一ヶ月くらいで発毛して来ますし、細い毛は太くなって来ます。”
出典:http://www.bahyu.com/baayu/1-20/usuge.html

とまぁ、中々に荒療治な方法がご紹介されていますが、これを見ているといかにも効果がありそうに思えてきますね!

実際、頭皮へソンバーユを使用するとどんな効果が期待できるのかをまとめてみましょう。

1.血行促進効果

ソンバーユに含まれているリノレン酸が働き、血液がドロドロになるのを防ぎ、血行の流れをよくします。

血行の流れがよくなれば、頭皮にも栄養が十分にいきわたりやすくなるので、発毛や育毛の大きな手助けになります。

2.頭皮を健康にする

ソンバーユには皮膚の参加を防いだり、活性化を図る成分が多く含まれています。つまり、皮膚の老朽化を防ぐ役割があることにつながりますが、これは頭皮にも有効です。

頭皮が柔らかく健康になれば、それだけ髪の毛がしっかりと生える“土壌”が出来る訳です。

3.髪に栄養を与える

オイルクレンジングやヘアオイルに使用されるほかのオイルと同じように、髪に良いとされているオレイン酸を含んでいることから、髪に栄養を与える効果もあります。

また、ソンバーユには保湿成分や髪を守る成分が含まれているため、髪の状態を保つ役割も持っています。

■更にここがスゴイ!ソンバーユの秘めたる力!

高い効果があることが分かったソンバーユですが、ソンバーユには秘めたる力があります。

ソンバーユは不飽和脂肪酸が多く含まれていることや、融解温度が人間の体温に近いため、非常に頭皮の中に浸透しやすいという特徴があります。

その為、ソンバーユが持つ効果をより一層毛穴の奥深くまで届けてくれるので、高い効果が期待できるということですね!

■スゴイからこそ気を付けなければいけない点が…

ソンバーユの大きな魅力である高い浸透率は、時に大きな欠点にもなりえます。

それが、シャンプーやヘアケアが甘い状態でソンバーユを利用してしまうと、本来吸収してほしくない汚れなどまで、毛穴奥深くに吸収してしまう可能性があるという点です。

その為、ソンバーユは頭皮に対して効果のある優れたオイルではあるのですがクレンジングオイルとしては向いていないそんな欠点もあります。

もちろん、ソンバーユも油ですから、頭皮の汚れを浮かせる効果はあります。ただ、それをそのまま吸収してしまい、結果として頭皮の状態が悪化する危険性もはらんでいるという訳です。

■ソンバーユを効果的な使い方!

では、ソンバーユの効果を最大限頭皮に活かすためにはどうすればよいのか?

オススメの使用方法をお教えします!

・オススメはお風呂上り!

ソンバーユはクレンジングに向いているオイルではないので、オススメはしっかりと清潔にした後、かつ温まって毛穴が開いているお風呂上がりです。ソンバーユがより浸透しやすくなります。

タオルやドライヤーである程度水気を切った“半乾き”の状態で使用するのが良いとされています。完全に乾燥させてからでは、毛穴が閉じきってしまう可能性があるからです。

・やさしく揉みこむように

先ほどご紹介した公式サイトでは「馬油を塗りこんだ後ブラシで叩くようにする」と記載されていましたが、この方法は場合によっては頭皮を傷つけてしまうことにつながります。

爪を立てずに、ゆっくりやさしく頭皮全体に揉み込んで行くようにしましょう。

■ソンバーユによる副作用は?

いいことづくめのように思えるソンバーユ。うまい話には裏があるように、ソンバーユにも何か大きな副作用があるのではないかと思われるかもしれません。

ただ基本的に、ソンバーユによる副作用は今現在ないとされています。

肌のごわつきや、ニキビが出来たなどの話を見かけますが、これはソンバーユが体内の老廃物を外に出そうとしている「好転作用」の表れともいわれています。

ただし、注意していただきたいのは、ソンバーユが動物性の油脂であるという点。

当然ですが、動物性のアレルギーを所持している方の場合は、ソンバーユによってアレルギー反応が引き起こされる可能性があります。

その為、動物性アレルギー持ちの方はソンバーユではなく、植物性のオイルを使用したほうが無難でしょう。

また、ソンバーユを使用した結果あまりにもひどい反応が出た場合も、何らかのアレルギー反応が出ている可能性があります。

ごわつきやニキビどころではなく、赤くかぶれてしまいかゆみを伴った場合などは、使用をいったん中断し、アレルギーテストなどを受けたほうが良いでしょう。

■ソンバーユって匂いは?

馬の油100%使用のソンバーユ。そうなると、気になるのは「匂い」じゃないでしょうか?

動物の獣臭さが多少残っているんじゃないか?と考えがちですが、現在のソンバーユをはじめとした馬油製品は、100%の純馬油をほぼ無香にする研究が進み、今では匂いは気にならないレベルになりました。

ただし、注意が必要なのが、ソンバーユを使い始めてからしばらく時間が経過し、ソンバーユ自体が酸化してきた際。

やはり獣臭さが出てしまうのと同時に、酸化した油は頭皮にとっても非常によくないので使用するのをやめましょう。

また、どうしても匂いが気になるという方であれば、ソンバーユには香り付きのものも発売しています。

香料も天然由来の成分から作られているものがほとんどなので、そちらを購入するのもよいでしょう。

■果たしてソンバーユはハゲに効くのか?

ここまで、ソンバーユの効果についてご説明してきました。

頭皮にも効果がありそうなことはわかりましたが、果たしてハゲに効くのか?という話になるとある条件が発生します。

例えば、抜け毛や毛の細さが気になり始めた方は、ソンバーユを使用することでよい効果が表れる可能性もあります。

ただ、ソンバーユにおいて注意しなくてはならないのが毛根が生きていない場合は効果が表れにくいという点です。

ソンバーユは結局のところ、頭皮や髪に栄養を与え、頭皮環境を整える効果があるものであり、眠ってしまっていた毛根をもう一度活性化させる働きが期待できるものです。

逆に言えば、ハゲてしまってから長時間経過してしまった頭皮には、頭皮環境を整える効果こそあれど、発毛や育毛効果をあまり実感できないかもしれません。

毛根が残っている期間は2~3年と言われています。ハゲや薄毛で悩んでソンバーユの使用を考えている方は、いつごろから自分が悩みだしたかを思い返してみると良いかもしれません。

女性のハゲ・薄毛改善法まとめ7選〜女性のハゲを救う〜

薄毛と聞くと男性を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?
実は女性も薄毛に悩まされているのです。
今回はそんな薄毛に悩んでいる女性必見の改善方法をご紹介します。

男女で違う薄毛の原因

同じ人間だから薄毛になる理由は男女で同じと思う人は多いでしょう。
しかし、実は薄毛となる原因は男女で違うのです。
同じ人間でも体のつくりやホルモンバランスなど違うように薄毛の原因も違います。

男性の薄毛の原因

①男性ホルモン
男性ホルモンのテストステロンを5αリダクターゼ(還元酵素)と呼ばれる物質が変換させ強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)になり、毛細血管を収縮させます。
それにより毛髪の成長を抑制させることにより薄毛になると言われています。

②遺伝
薄毛遺伝子といわれる「アンドロゲンレセプター」の感受性が薄毛に影響すると言われています。
隔世遺伝すると言われ特に男性に強く表れることが多く、父方の家系に薄毛の人が多くいることよりも、母方の家系に多くいることの方が薄毛になる確率が高いと言われています。

③食生活
食生活は毛髪に与える影響は大きく、脂質が多い食事など偏った食事で薄毛になる場合もあります。
毛髪の成長にはタンパク質やミネラル、ビタミンも必要になります。
食生活が偏ると血行が悪くなり、毛母細胞に栄養が行かず、毛髪の成長を妨げることになります。

④睡眠・ストレス・タバコなど生活習慣
睡眠・ストレス・タバコは血行を悪くする要因の一つです。
血行不良より、毛母細胞に栄養を送ることができなくなり毛髪の成長を妨げることになります。

以上が男性の薄毛の原因と言われています。

女性の薄毛の原因

①女性ホルモン
女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始めます。
このエストロゲンが減ることにより、女性は体調など様々な所に支障をきたします。
よく聞く更年期障害もその影響の一つで、髪も例外ではありません。
エストロゲンの減少によりヘアサイクルが乱れ薄毛になると言われています。

そして、女性しか経験することができない出産も薄毛の原因とされており、これもエストロゲンが関係しています。
妊娠中は赤ちゃんに栄養を取られますので、エストロゲンなどの女性ホルモンで髪の成長期を維持しますが、出産すると一気に女性ホルモンが減ることがあり、髪は休止期に入るのだそうです。
その結果、ヘアサイクルが乱れ薄毛になっていくと言われています。

②ストレス
これは男性同様で、ストレスは自律神経系交感神経を緊張させ血管を萎縮させます。
そうすると、頭皮への血行が悪くなり髪に必要な栄養が送れなくなることでヘアサイクルが乱れ薄毛になります。
現代の女性は育児・仕事・プライベートな人間関係などストレスが多いのは事実です。
ストレスは薄毛の原因として見逃せないものの一つです。

③無理なダイエット
大半の女性が経験するダイエット。
実はこれも、間違ったダイエットをしてしまうと薄毛の原因になります。
人間が栄養を取るためには、食べたり飲んだりしなければなりません。
食べなければ髪にも栄養が届きません。
極端な食事制限は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルが乱れ、薄毛になる可能性があります。
無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。

それと、男性同様に脂質中心の食事ですとそれもまた薄毛の原因となります。
タンパク質、ミネラル、ビタミンなど髪に良いとされる栄養素をバランスよく摂らないと薄毛の原因となります。

④生活習慣
これも男性と同じですが、睡眠が足りないと薄毛の原因となります。
成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に大量に分泌されますので、この時間帯になるべく眠りにつけるように調整したいものです。
睡眠をきちんと取らないと髪の成長を妨げることになります。

⑤ヘアスタイル
基本的に女性は髪に気を使いおしゃれにしています。
パーマやカラーを毎月している人もいるようですが、過度にやり過ぎることで髪やのダメージになり細く見えたりします。
また、頭皮にも刺激が加わることで薄毛の原因になりかねません。

そして、長いと縛ることが多いと思いますが、これも毎日続けると頭皮に負担がかかり薄毛になってしまいます。

⑥ヘアケア
髪を大事に扱うことはとてもいいですが、日に何度もシャンプーしたり、合わないシャンプーを使っていることで皮脂のバランスが崩れ薄毛になることがあります。
必要以上に皮脂が多かったり、逆に乾燥しすぎることで薄毛の原因になります。

男性と女性で微妙に原因が違うのをお分かりいただけましたか?
次は女性の薄毛症状について解説致します。

女性の薄毛症状

①脂漏(しろう)性脱毛症
髪を洗う頻度が少なかったり、頭皮に合わないシャンプーを使っていたりすると皮脂が必要以上に分泌されることで起こる脱毛症状。

②粃糠(ひこう)性脱毛症
脂漏性とは逆で頭皮の乾燥により起こる症状。一日に何度もシャンプーしたり、シャンプーが合わなかったりするとフケかゆみの原因になります。
このフケが毛穴を防ぐことで脱毛の原因になります。

③分娩後脱毛症
産後の脱毛症状。
ホルモンバランスの乱れにより起こります。

④牽引(けんいん)性脱毛症
長時間継続してポニーテールやアップスタイルなど髪を引っ張る様なスタイルにしている場合に起こる症状。
頭皮に負担がかかり薄毛の原因になります。

⑤瀰漫(びまん)性脱毛症
頭髪全体の髪が脱毛する症状。
原因は加齢やストレスダイエット等様々で全体が均一に脱毛するので、境界線がはっきりわからないのも特徴です。

以上が女性の薄毛症状となります。
原因を理解していると、症状と繋がっていることが分かるはずです。

それって私かも!?こんな人は要注意!

では、具体的にどんな人が薄毛になる可能性があるのか。
下記表に一つでも当てはまる人は注意です。

1 職場でのストレスが多い。
2 出産直後だ。
3 育児が大変と感じる。
4 ほぼ毎日髪を結ぶ。
5 年齢は30代より上。
6 人間関係があまり上手くいっていない。
7 パーマ・カラーの頻度は2~3週間に1回。
8 毎日2~3回髪を洗う。
9 シャンプーしたのにかゆい。

又は、べとべとしている。

10 夜は眠れず夜更かしすることが多い。
11 最近急激なダイエットをした。
12 揚げ物など脂っこいものを毎日食べる。

あなたはいかがですか?
もしかすると、ほとんどの人が一つ当てはまったかもしれません。
では、具体的に何をすれば良いのか、改善策をご紹介していきます。

女性の薄毛改善法7選

①バランスの良い食生活

illust6

(出典: http://www.tmch.or.jp/kensin/overview/letters/metabolic3.html
食生活は髪にも大きく影響しますので、バランスと摂れた食生活を心がけましょう。
おいしいからと言って炭水化物と脂質の多い食事になりがちですが、タンパク質を中心にビタミンとミネラルなどの栄養素も積極的に摂っていきましょう。

また、女性ホルモンを増やすことで薄毛改善になりますので、大豆製品や卵はお勧めです。
大豆製品には「大豆イソフラボン」と呼ばれる栄養素があり、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
卵もコレステロールという悪いイメージがありますが、コレステロールは女性ホルモンの大切な材料となります。
最低でも1日1個食べる習慣をつけましょう。

②ヘアスタイルを見直す

ヘアスタイルを見直すことはとても重要です。
頻度の多いパーマやカラーは本当に必要なのか?
実はもっと周期を遅くしても問題ないことがあります。
いつもより1週間周期を遅らせるだけで頭皮にかかる負担は減ります。

また、ほぼ毎日長時間アップスタイルをしている人。
たまには頭皮を休める意味でも、髪を下ろしてみませんか?
楽なのはわかりますが、自分自身も周囲の人も新鮮に感じ印象が柔らかくなる可能性もあります。

③ヘアケア剤と頻度を見直す

jyosham

(出典: http://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/s1shampoo.html
シャンプーしたのに直後からかゆかったり、べとべとしていたり…。
それ実はヘアケア剤が合っていない可能性があります。
頭皮の一番いい状態は、皮脂があり過ぎてもなさ過ぎてもダメです。
シャンプーにより、皮脂を奪い過ぎてフケかゆみになったり、洗浄力が弱すぎてべとべとしているなど、シャンプーが合わないせいで様々なことが起こります。
自分の頭皮の状態を知り、それに合ったヘアケア剤を選びましょう。
もし、何を選んでいいかわからない場合は、行きつけの美容室の美容師さんに聞いてみましょう。

そして、頻度ですが1日1回に抑えましょう。
日に何度も洗うと必要な皮脂がなくなってしまいフケ、かゆみの原因となります。
夏場などどうしても2回洗いたい場合は、2回のうち1回はお湯で流すだけにするか、洗浄力が弱いシャンプーで洗うと良いかもしれません。
そして、必ず夜寝る前のシャンプーをお勧めします。
成長ホルモンが出る時間に頭皮環境が整っていると髪も成長しやすいですので、スタイリングが付いたまま寝ないように必ず夜寝る前にシャンプーしましょう。

④規則正しい生活を送る

t001-b

(出典: http://www.tukare-kaifuku.net/karada/23/
ついつい夜更かししていませんか?
先述しましたが、成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
この時間に睡眠についていると成長ホルモンも出やすくなります。
髪の成長もその時間に合わせたいですので、遅くても0時には寝るようにしましょう。

⑤ストレスを解消する

仕事・育児・介護・家事・近所との人間関係・家族関係…。
数えればきりがありませんが、日々私たちはストレスを感じています。
小さいストレスと思ってあなどってはいけません。
それが蓄積されることでも体には悪い影響を及ぼします。
自分なりのストレス発散方法を身につけ小出しに発散しましょう。
一人の時間を作るのも意外とストレス発散になりますよ。

⑥筋トレを行う

5504cb23-5557-4d9b-ac26-1a6af78c40d4

(出典: https://kaumo.jp/image/3797325
過度なダイエットをする人は食事制限だけで痩せようとする傾向にあります。
運動など辛いことは極力したくありませんよね。
しかし、食事制限だけですと筋肉が落ち代謝が落ちます。
筋トレなど運動をすることで代謝があがり血行も良くなります。
結果的に、頭皮にも影響するかもしれませんので筋トレは女性にもお勧めです。

⑦育毛剤を使用する

上記の改善策を行った上で育毛剤を使うことはとても効果的です。
育毛剤にはその名のとおり育毛のための成分がふんだんに配合されています。
本気で薄毛を改善したい人は育毛剤をお勧めします。

女性の薄毛の場合、男性の薄毛と違い完全にハゲになることは少ないです。
ですから、こういった育毛剤である程度改善する余地があります。
また、原因も自分の意志によって改善できることが多いですので、育毛剤と他の改善方法を併用することで薄毛改善を実感できる場合が多いです。

最近は女性用の育毛剤もたくさん発売されています。
男性用と女性用育毛剤では有効成分が違い、女性が男性用育毛剤を使うと副作用が出ることがありますので、必ず女性用育毛剤を使いましょう。

今すぐ隠したい人は

上記の改善方法はすぐに目に見えてわかるものではありませんが、効果を実感できる可能性は大いにあります。
しかし、今すぐ隠したい人もいるでしょう。
そんな人は、

①増毛スプレー、パウダーを使う。
②ウィッグを被る。
③普段の分け目を変える。

等もあります。
最終手段として覚えておいても良いと思います。

しかし、一番良いのは紹介した7つの改善方法です。
まずはできることから1つずつ始めてみませんか?

そこが知りたい】前頭部(生え際)の薄毛の原因と対策

前頭部(生え際)の薄毛は、O字ハゲと呼ばれている頭頂部の薄毛よりも治りにくいと言われています。このために、早めにきっちりと対策しなければ、取り返しのつかない状態となってしまいます。そこで、今回はどのような原因でハゲてしまうのかと、適当な対策の内容について説明していくことにします。


(出典:http://konatoki.com/wp-content/uploads/2014/08/Fotolia_52320429_XS.jpg

前頭部の薄毛の原因

前頭部の薄毛の内で、生え際が後退するタイプのものは、M字ハゲと呼ばれており、ほぼ100%を男性が占めています。これは、このタイプの薄毛は、男性ホルモン由来の物質(DHT)が原因で進行するからです。このために、この生え際が後退するタイプの薄毛のことは、男性ホルモン型脱毛症(AGA)と呼ばれています。

なお、AGAの原因物質DHTは、男性ホルモンのテストステロンの一部が変化したもので、Ⅱ型5αリダクターゼという還元酵素と結合して生成されます。このDHTが、毛乳頭細胞の男性ホルモン受容体と結合することで、脱毛因子が誘導されて脱毛指令を発信するたんぱく質が作り出されます。これにより、髪の毛の成長期が短縮されてしまうので、すぐに寿命となり抜け落ちる状態となります。

ちなみに、髪の毛の成長期は3年間から5年間程度は続くのですが、AGAの場合は半年間から1年間程度と考えられています。このような状態が繰り返し続くことにより、該当する範囲の髪の毛は短毛化と呼ばれる状況となります。さらに、DHTには皮脂腺の活動を促進する作用もあるので、毛根は常に皮脂にされされた状態となり、毛包の機能が弱まり細い髪の毛しか生えなくなります。

つまり、弱々しい髪の毛しか生えないうえにすぐに抜けてしまうということで、ボリュームは著しく不足するようになり、最終的には生え際が後退して頭頂部までの髪の毛は全部なくなってしまいます。これが、前頭部(生え際)の薄毛の原因と大体の仕組みです。

(出典:http://hsclinic.jp/img/cont/map23.gif

AGAを改善する方法

AGAは、体内で生産されている物質が原因で発症して進行するので、栄養補給や血行促進などのアプローチだけでは不十分な効果しか得ることは出来ません。何故なら髪の毛は成長が阻害されている状況となっているので、そこに栄養を与えても直ぐに抜けてしまうからです。

このために、現在行われているAGA治療は、根本的な原因であるDHTの生産を抑制するというアプローチが主流となっています。具体的には、プロペシアという治療薬による内服療法で、かなりの高確率で進行を止めることが出来ます。ちなみに、世界60か国以上でAGA治療に利用されており、その効果については国際的に承認されています。

なお、プロペシアの作用機序は、DHTの生産に関与しているⅡ型5αリダクターゼの酵素活性を抑制するという内容です。髪の毛や毛根に対しての直接的な効果は何もありませんが、これによりヘアサイクルが改善されるので、脱毛症の進行はひとまず止まることになります。

(出典:http://marikinen.jp/beauty/aga/img/img_02.gif

それでも難しい前頭部の薄毛

AGAが原因の前頭部の薄毛は、先ほど述べたように原因がわかっているうえに改善する方法も確立されています。このために、一見すると心配いらないように思えるのですが、実際にはそれほど簡単というわけではありません。特に、難しいのがハゲる前の状態にまで回復させるということです。

例えば、プロペシアは90%以上の効果が期待できるなどと言われていますが、これは厚生労働省が承認する際に1年間かけて行った臨床試験の結果を根拠としたものです。具体的には、1日1mgの投与により98%の割合で不変以上の効果が確認されています。ただし、不変とは変わらないという意味であり、大部分が改善したという結果ではありません。

また、この臨床試験に引き続き行われた比ランダム化比較試験では、さらに詳細な記録が公表されています。これは、オープン試験としてトータルで3年間投与したもので、頭頂部の写真判定では軽度進行が2.1%、進行なしが20.2%、軽度改善が34.3%、中等度改善が37.4%、著名改善が6.1%で、前頭部の場合は軽度進行が3.0%、進行なしが25.3%、軽度改善が37.4%、中等度改善が32.3%、著名改善が2.0%という内容です。ちなみに、軽度改善、中等度改善、著名改善とは、それぞれ次のような状態をさします。

・軽度改善 明確な髪の毛の成長が見られるが、薄くなった領域を被うというまでではない
・中等度改善 薄くなった領域が新たな発毛により部分的には被われているが、薄くならなかった領域と比較するとその密度は低い
・著明改善 薄くなった領域がほぼ完全に被われており、その密度は薄毛化していない領域とほぼ同等

このことからプロペシアを3年もの間毎日服用しても、薄毛を完全に回復できたのは頭頂部で6.1%、前頭部に至ってはわずか2.0%しかいなかったということになります。

(出典:http://xn--aga-vb4b7a5iwjzd6a0pqc1619ejdwb3tckz5ce8qvr3b.com/wp-content/uploads/2016/02/dermatol005.png

それではどうすれば良いのか?

医学的根拠に基づいた最新の治療を行ったとしても、生え際の薄毛を完全に改善できるのは確率的にはわずか2%に過ぎません。このために、薄毛になってから対処したのでは遅いということで、早めに対策しなくてはならないということになります。そこで、この節では、具体的な対策について紹介いたします。


(出典:http://xn--m-cfu0du30p6cg12p.net/img/logo141223kotira.jpg

対策1.AGAドックの利用

AGAに関連しているテストステロンやDHT、5αリダクターゼといった物質は、全ての成人の体内に存在しています。ただし、全ての人がAGAになるわけではなく、50歳以降でも50%以上の人は発症しないことが判明しています。これは、これらの物質自体に問題があるわけではなく、個人々々の体質が関係しているからです。

特に、強く関係していると考えられているのが、毛乳頭細胞の内部に存在しているアンドロゲンレセプターという受容体のDHTに対する感受性です。これは、X染色体に存在している遺伝子に記されており、母方の祖父から受け継ぐことになります。ハゲは隔世遺伝などと言われるのは、この AR遺伝子が根拠となっています。

なお、このアンドロゲンレセプターの活動力についてはAGAドックと呼ばれている検査キットで調べることが出来ます。その内容は、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)という4種類の塩基配列を調査するというもので、C、A、Gが繰り返される特定の場所でのリピート数を調べるCAGリピート数調査と、GとCだけを繰り返す場所でのGGCリピート数調査により判定します。ちなみに、これらの数値が高ければAGAになりやすく、逆ならばなりにくいということです。

このAGAドックは、クリニックで診察を受けなくても自宅で利用することが出来ます。検査は非常に簡単で、両頬の内側を採取棒で強く20回ずつこすりつけて粘膜を採取するだけで、同封の書類と共に宅急便で返送すれば数週間後には結果が判明します。これにより、AGAになりやすいという結果が出た場合には、医療機関で治療を受けるきっかけとなります。早めの行動へとつながるので、薄毛の進行を防止します。

(出典:http://www.laminationcolony.com/wp-content/uploads/2014/12/agadog001.png

対策2.正確な現状把握

AGAは、DHTがアンドロゲンレセプターと結合したことにより、脱毛因子が誘導されて成長期が短縮するという症状です。具体的には、3年~5年は続く成長期が半年~1年程度にまで短くなってしまいます。髪の毛が長くなるペースは1か月に1cm前後なので、ザックリ言ってしまうと12cmが限界ということで、短い髪の毛ばかりになります。

また、DHTは頭皮の皮脂腺の活動を活性化する作用もあるので、皮脂が過剰な状態に変化します。これにより、毛根はダメージを受けてしまうので、サイズがミニチュア化して細い髪の毛しか生えなくなります。つまり、抜け毛の中で短い毛や細い毛が占める割合が多くなったらAGAが発症している確率が高いということで、この段階から治療をスタートするのが適当です。このように、早い段階で正確に現状把握をすることが、将来の薄毛を予防します。

(出典:http://www.bikesinside.com/wp-content/uploads/2016/01/tanshoumou1.png

対策3.育毛剤の利用

現在のAGA治療は、プロペシアの内服と共に、ミノキシジルという成分を配合した外用薬を併用するのが主流となっています。このミノキシジルは、アメリカで開発された成分で、元々は降圧剤として使用されていたものです。後に、脱毛症に対しての改善効果が確認されたことから、薄毛の治療薬に転用されるようになったという経緯をたどっています。

なお、日本では大正製薬のリアップという育毛剤に配合されており、壮年性脱毛症に対しての第一類医薬品に分類されています。この壮年性脱毛症とは、成人以降のAGAのことで、前頭部の薄毛も含まれています。プロペシアと併用することにより、抜け毛予防と発毛促進の両方の効果を得られるので、単体でそれぞれを利用するよりも大きなメリットを享受できます。進行の防止ではなく薄毛の改善を目的としている場合は、ミノキシジル系育毛剤の併用がオススメです。

(出典: http://www.fpkrr.org/wp-content/uploads/2016/03/%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97.jpg

まとめ

このように改善するのが困難と考えられている前頭部の薄毛に対しては、早め々々の対処が有効です。また、正確な知識に基づき行動するということも重要なポイントで、デマに振り回されないようにしなくてはなりません。例えば、お笑いタレントがコマーシャルに出演した後に薄毛を改善したということで人気を集めている育毛シャンプーと呼ばれている商品は、AGAに対しては全く何の効果もありません。

また、薄毛を改善する方法として必ずあげられる食生活の見直しや禁酒禁煙などの生活習慣の改善も、AGAに対しての根本的な解決策にはなりません。これは、AGAは病気ではなく体質であり、遺伝が深く関与しているからです。健康状態が改善したからといって、体質までは変化しないので、薄毛の進行を抑止することは出来ません。

あくまでもAGA治療の基本は、原因物質のDHTを抑制するということで、手遅れにならないうちに治療を開始するということが具体的な対策となります。方向性を見失わないように心掛けたうえで、薄毛の改善に取り組むようにしましょう。

高校生の抜け毛の原因と対策まとめ【徹底解説】〜10代の若ハゲを改善〜

抜け毛や薄毛といえば、40代以上の中年男性特有の症状と考えられていますが、実は若者や女性でも十分に起こり得ます。これは、高校生などの10代も例外ではありません。しかも、情報は十分に共有されていないうえに、必要以上に目立ってしまい、深刻な悩みへと発展するケースもあります。

そこで、このような悩みをどのようにして解消すれば良いのかを、これから詳しく説明していくことにします。


(出典:https://ikumouzai-seikatsu.com/system/articles/images/000/000/017/medium/3f06eb08-432f-49af-8ea1-025f9e215e72.jpg?1447388133

高校生の抜け毛の原因

薄毛になってしまうのを防ぐためには、抜け毛が増えてきたと気づいた段階で対応しなくてはなりません。ただし、高校生の抜け毛の原因は一つだけではないので、それぞれについての知識が必要です。これから、それらを一つ々々見ていくことにしましょう。


(出典:http://cm-tube.com/wp-content/uploads/2016/06/AGA01-580×327.jpg

AGA

AGAは、男性ホルモンのテストステロンが変換されたDHTという物質が原因で進行する薄毛のことで、男性型脱毛症とも呼ばれている症状です。男性の薄毛の大半がこれと考えられており、日本人男性における発症頻度は全体の30%程度です。なお、具体的な疾患概念は次の通りです。

男性型脱毛症とは、毛周期を繰り返す過程で成長期が短くなり。休止期にとどまる毛包が多くなることを病態基盤とし、臨床的には前頭部と頭頂部の頭髪が、軟毛化して細く短くなり、最終的には額の生え際が後退し頭頂部の頭髪がなくなってしまう現象である。

引用:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/guideline/1372913421_2.pdf
つまり、M字ハゲやO字ハゲと呼ばれているような薄毛は、ほぼAGAとみて間違いないということです。ちなみに、発症するのは20歳代後半から30歳代にかけてが多いのですが、全てが該当するわけではありません。つまり、これよりも早い高校生の段階で発症する場合もあるということです。

なお、この症状は以前は男性特有と考えられていましたが、現在では女性でも発症することが確認されています。これは、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量の低下により、テストステロン優位な状況となることが原因です。このために、女子高生であってもホルモンバランスが乱れてしまうと、AGAが発症するケースがあります。


(出典:http://xn--zdkza5911adjngisx4n.com/wp-content/uploads/2015/05/kamino-eiyou-tp.jpg

栄養不良

髪の毛は、体毛の一種であり、ムダ毛と呼ばれている脇やふくらはぎに生えているものと本質的には同じです。つまり、エステなどの脱毛サービスでムダ毛を除去しても病気にならないのと同じで、髪の毛を全てなくしたとしても健康に対して悪影響が生じることはありません。

言い換えれば、生きていくうえで必ずしも必要でない部分ということで、栄養素の残りの部分により構成されていると考えられています。このために、栄養不良のような状態が続くと髪の毛に回される分が不足するので、抜け毛が増加するという結果につながります。

なお、高校生で栄養不良になる原因として考えられるのは、スタイルを良くするためのダイエットです。プチ断食のようなごく短期的なものであれば問題はありませんが、期間が長くなる場合は薄毛になってしまう危険があります。


(出典:http://usuge-measures.com/img/sutoresu.jpg

ストレス

ストレスは、万病のもとといわれるほど様々なトラブルを引き起こす原因となります。これは、髪の毛に対しても同じで、強いストレスを受けると、髪の毛が白くなったり抜け毛が増加したりします。

具体的にどのような仕組みかというと、髪の毛の生成に必要となる亜鉛という栄養素を大量に消費してしまうのです。亜鉛は、たんぱく質の合成に関与しているミネラルで、この栄養素が不足するということは髪の毛の材料が供給できなくなるということです。このために、栄養不良と同じ状態となり、抜け毛が増加することになります。

さらに、ストレスはホルモンのバランスを狂わせてしまうので、過剰な男性ホルモン優位な状況を形成することによりAGAが進行するケースがあります。これは、男女問わず起こる可能性があり、高校生でも同様です。受験や部活、アルバイト、友人との関係などでストレスをため込み過ぎると、抜け毛が増加するのはこのような仕組みによるものです。


(出典:http://www.mueasa.com/img/header.png

高校生の抜け毛を改善する方法

それでは、これらの原因を改善する方法について説明していきます。

AGA対策の方法

テレビコマーシャルでも盛んに宣伝されているように、AGAは病院で治療を受けることが出来ます。これは、飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアという内服薬の処方が中心で、薄毛の進行を高確率で防止します。

なお、プロペシアがAGAの進行を防ぐ仕組みは、原因物質DHTの生産を抑制するという作用によるものです。具体的には、DHTの生産にかかわっているⅡ型5αリダクターゼという還元酵素を阻害するという作用を発揮します。これにより、短縮されていた成長期が元の状態に回復するので、髪の毛は短い状態で抜けなくなります。厚生労働省が実施した臨床試験によると、被験者の98%に不変以上の効果が確認されています。

ところが、この効果的な内服薬は、高校生のAGAに対しては使用することが出来ません。それは、国内の臨床試験は20歳以上の男性を対象に行われたので、未成年者に対しての安全性が確立していないからです。このために、AGA治療を行っている医療機関で診察を受けたとしても、高校生に対してプロペシアが処方されることはありません。

また、薄毛の予防や改善を目的として使用する育毛剤の中にも、成長期の使用を禁止しているようなものもあるので、高校生のAGA対策は大人よりもかなり制限された状況の中で行わなくてはなりません。しかも、お金をそれほどかけることもできないので、あくまでも一時的な対策と認識するのが適当です。

ちなみに、プロペシアは毛根を修復するような作用はないので、発症して5年以上経過した薄毛に関しては元の状態にまで回復させるのは難しいと言われていますが、逆に言うと5年未満であれば元に戻せるということになります。このために、15歳から発症したという特殊なケース以外は、仮に薄毛が進行したとしても成人からの治療で十分間に合うということです。

それでは、高校生によるAGA対策は何をすれば良いのかというと、食生活の改善です。特に、豆腐や納豆などの大豆性食品には、フラボノイドの一種であるイソフラボンを豊富に含んでいます。この栄養素は女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が類似しており、テストステロン優位な状況を改善します。つまり、ホルモンバランスを調整するので、AGAに対しての改善効果を期待できます。

もちろん、プロペシアと比較すると発揮される効果は微々たるものですが、一時的な対策としてはそれほど低レベルというわけではありません。また、お金をかけずに行えるということも、オススメできる理由です。


(出典:http://ikumousupplements.info/wp-content/uploads/2016/05/s_ahoS1D.jpg

栄養不良による抜け毛への対策

ダイエットにより抜け毛が増えた場合は、中止するのが適当です。髪の毛が抜けるようなダイエットは、栄養素が明らかに不足しているので、おそらくやり方が間違っていると考えられます。無理をして続けても良いことはないので、ひとまず適切な栄養補給を行い、計画を練り直さなくてはなりません。

なお、ダイエットによる栄養不良で失った髪の毛は、不足していた栄養素を補給することで取り戻すことが出来ます。具体的には、髪の毛の材料となるたんぱく質と、それをサポートするビタミンやミネラルなどです。肉や魚、緑黄色野菜をバランスよく食べることにより、数か月程度で元の状態に回復させることが出来ます。


(出典:http://kinntore-hosomaccho.com/wp-content/uploads/2016/01/c7616a8ff5200573c5062cd225a293ca_s.jpg

ストレスによる抜け毛への対策

ストレスとどのようにして付き合っていくのかは大人でも問われていることで、それほど簡単に解消することは出来ません。例えば適度な運動が効果的などと言われていますが、運動部に入っているような高校生でもストレスと無縁というわけにはいかないからです。

このために、ストレスによる抜け毛への対策は、根本的な原因を改善するというよりも対処療法のような内容となります。つまり、ストレスにより亜鉛が消費されることで抜け毛が増加するので、不足しないように補充するというやり方です。

なお、亜鉛は食品であれば牡蛎やビーフジャーキーに多く含まれているのですが、これらを日常的に摂取するのは簡単ではありません。それよりもサプリメントの方が手軽で、経済的な負担も少なくて済みます。ちなみに、お手頃価格のサプリメントであれば、1か月にかかる費用は200円から300円程度です。


(出典:http://pelolias.com/wp-content/uploads/25.jpg

まとめ

このように、高校生の抜け毛対策の基本は、栄養補給が中心です。これは、発育途上ということと経済状態を考慮したものです。お金をかけずに健康的に取り組めるということが、高校生でも出来る抜け毛対策の条件となります。

なお、これまで記述した以外では、普段のシャンプーを変えてみるという方法も効果を発揮する可能性があります。これは、大量生産型のシャンプーを使っているような場合は特に有効で、頭皮環境が正常化することによる抜け毛の減少を期待できます。ちなみに、ノンシリコンシャンプーなどの低刺激の商品も、1,000円未満の値段で販売されているものもあります。

ただし、これらの対策を実践したとしても、AGAの場合は劇的に改善させることは出来ません。あくまでも本格的な取り組みは20歳を過ぎてからになるので、高校生の段階で効果を体感できなくても何も問題はありません。ストレスにならないように、正確な知識を身につけておくのが適当です。

ちなみに、抜け毛が急激で10円玉のようなハゲが出来てしまった場合は、皮膚科で診察を受けなくてはなりません。それは、円形脱毛症と呼ばれている自己免疫疾患の一種で、通常の抜け毛とは原因が明確に違うからです。この疾患に対しては未成年者でも治療が受けられるうえに、健康保険が適用されるので、費用面でも心配する必要はありません。ほとんどは1年以内に治りますが、中には生涯治療が必要となるような悪性のものもあります。このために、早めに受信しなくてはなりません。

発毛シャンプーだけでは効果は薄い!?正しい使い方

薄毛の人にとって救世主とも言える「発毛シャンプー」。
使ったことがある人は多いのではないでしょうか?
でも、正しい使い方をしていますか?
実は発毛シャンプーを普通に使うだけでは効果が薄くなるかもしれません。
そこで、今回は発毛シャンプーの正しい使い方を紹介していきます。

そもそも薄毛の原因とは?

そもそも薄毛の原因ってご存知ですか?
根本的な原因は「ヘアサイクルの乱れ」です。
通常私達の毛髪は、「成長期」「退行期」「休止期」という風にサイクルが流れていき、最終的に「脱毛」してまた「成長期」「退行期」「休止期」とサイクルが流れていきます。

heasaikuruheasaikuru2
(出典: http://mens-ikumou.com/heasaikuru
薄毛の人はこのヘアサイクルが乱れることで薄毛になります。
特に成長期が短くなることで薄毛になります。
生える早さより、抜ける早さが早くなるということは、すぐには目に見えませんが薄毛になるのは時間の問題です。
徐々に薄毛が進行し気づいたときには遅かったと言うこともあります。
このヘアサイクルの乱れる原因こそが薄毛の直接的な原因となります。
それは大きく分けると5つあります。

① 男性ホルモン説
男性ホルモンのテストステロンを5αリダクターゼ(還元酵素)と呼ばれる物質が変換させ強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)になり、毛乳頭を含める毛包周囲にある毛細血管を収縮させます。
それにより毛髪の成長を抑制させることにより薄毛になると言われています。

② 遺伝説
昔から言われている説で、様々な研究機関が研究し薄毛遺伝子といわれる「アンドロゲンレセプター」の感受性が薄毛に影響すると言われています。
隔世遺伝すると言われ特に男性に強く表れることが多く、父方の家系に薄毛の人が多くいることよりも、母方の家系に多くいることの方が薄毛になる確率が高いと言われています。
先ほどのDHTがアンドロゲンレセプターに作用することによりヘアサイクルの異常を引き起こし薄毛になると言われています。

③ 睡眠不足説
人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌し、毛髪を成長させます。
睡眠が不足すると頭皮の血行が悪くなりヘアサイクルが乱れ毛髪の成長を妨げます。
毛髪の成長は血行が悪くなることでも大きく影響するそうです。

④ 食生活
食生活は毛髪にも大きく影響します。
食生活が偏ると髪の成長に必要なタンパク質やビタミンが不足したり、脂質を多く取りすぎて皮脂の分泌が多くなり頭皮環境が悪化することで毛母細胞に栄養を送ることができなくなり毛髪の成長を妨げることになります。

⑤ ストレス・たばこ説
ストレスやたばこは血行を悪くする原因の一つです。
ストレスは自律神経系交感神経を興奮させ血管を萎縮させ血行を悪くします。
また、たばこも血管を収縮してしまうので毛母細胞に栄養を送ることができなくなり毛髪の成長を妨げることになります。

 

以上大きく分けると5つの原因があると考えられます。
発毛または脱毛にはこの5つの原因を少しでも改善することで効果が現れます。
それには発毛シャンプーはとても手軽で効果的なのです

発毛シャンプーの効果効能

では、発毛シャンプーにはどの様な効果効能があるのでしょうか。
① 5αリダクターゼの抑制
原因でもあったようにこれが作用することで薄毛の大きな原因となります。
これを抑制することでヘアサイクルの乱れを改善していきます。

② 血行促進作用
血行が悪くなることで毛髪の成長に必要な栄養素が届きにくくなります。
血行を改善することで毛髪の成長に必要な栄養素を届きやすくし、ヘアサイクルの乱れを改善します。

③ 皮脂の調整
皮脂はありすぎても頭皮環境を悪化させますが、なさ過ぎて乾燥していても悪化させます。
発毛シャンプーでは、洗浄成分にこだわったものが多い傾向にあります。
ある程度の洗浄力がありながら、必要な皮脂は取りすぎないものがあります。
また、かなりのオイリー肌の人のために、逆に洗浄力がしっかりあるものもあります。
自分の頭皮の状態と相談して選べるようになっています。

④ 殺菌作用、抗炎症作用、保湿や柔軟作用、フケ・かゆみを抑制することにより頭皮環境を整える
雑菌や炎症は頭皮環境を悪化させ、確実にヘアサイクルを乱れさせます。
また、血行が悪くなっているときは頭皮が乾燥しすぎていたり固くなったり、フケ・かゆみがあったりします。
頭皮環境を整えることでヘアサイクルを通常の状態にしていきます。

以上の様な効果があります。
この全部の効果効能が一本の発毛シャンプーにあるわけではなく、各メーカーが工夫していくつかの効果効能を謳って販売しています。

発毛シャンプーの正しい使い方

Man washing hair in bath

(出典: https://jooy.jp/images/200577
現在発毛シャンプーを使っている人や、これから発毛シャンプーを使おうか迷っている人もいるかと思いますが、いつも通りの使い方をしていませんか?
毎日のことですので、作業になりがちですが正しいシャンプーの方法があります。

① ブラッシングをする。
この習慣はまずない人がほとんどでしょう。
でも、濡らす前に必ずやった方が良いです。
絡まりがあるとシャンプーの際に無理な力が加わり抜け毛や切れ毛の原因となります。
ホコリなどを取ることができますので、その後の工程がスムーズになります。

② すすぐ
1200_shampoo_main
(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
ここの工程は濡らす作業になっているひとが多いです。
これを読んでいるあなたももしかしてそうなっていませんか?
ここではすすぐと言うより、予洗いと言ったほうが良いかもしれません。
お湯は熱過ぎず、ぬる過ぎず38℃位のお湯で頭皮から濡らしてから、指の腹でマッサージしながら予洗いしていきます。
実はここをしっかり行うと皮脂汚れやホコリなどがほとんど落ちます。
濡らすだけの作業にならないように丁寧に、最低2〜3分行いましょう。

③ シャンプー剤をつける
20160426-00010000-eipub-001-1-view
(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
軽く水気を切ってから、いよいよシャンプーです。
手に取ってすぐ付けずにまずは手の平で泡立てましょう。
直付するとシャンプー剤が集中的に塗布されてしまうので、その後のすすぎ残しの原因となり、炎症やかゆみなどの症状となって現れます。
一番洗わなければならないのは頭皮ですから頭皮を中心に付けていきましょう。

④ マッサージする。

20160426-00010000-eipub-002-1-view20160426-00010000-eipub-004-1-view20160426-00010000-eipub-003-1-view
(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
よく言われると思いますが、爪は立てずに指の腹を使ってマッサージしていきます。
汚れがよく落ちそうや爪を立てたほうが気持ちいいという人もいますが、頭皮を傷付け皮脂の分泌が余計に出てしまう可能性など頭皮環境の悪化に繋がります。
手はバスケットボールなどの大きなボールを持つようにして、サイドからトップ、襟足からトップに向かってマッサージしていきます。
この時ジグザグに動かしたり、円を描いたりしながら行うとリズミカルになり気持ちのいいマッサージとなります。
全体にまんべんなく行い必ず洗い残しのないようにしましょう。
そして、気持ちよさのあまり2〜3分行う人もいますが1分以内に収めましょう。
発毛シャンプーの洗浄成分は安全なものも多いですが、あくまでも皮脂を取り除く洗浄成分です。
長時間触れていると頭皮と髪に負担がかかります。
顔を洗うときにも言われると思いますが、頭皮と顔の皮は一枚で繋がっていますので同じことが言えます。

⑤ すすぐ
シャンプー後のすすぎですが、ここも非常に重要となります。
基本的には最初のすすぎと同じですが、シャンプーのすすぎ残しが無いようにもう少し時間をかけてすすぎましょう。
少々面倒臭いですが、すすぎ残しにより炎症やかゆみとなりそれが毎日蓄積されることで、抜け毛の原因となります。
そして、指の腹を使ってマッサージすることで血行促進や毛穴の汚れやシャンプー剤のすすぎ残しもなくなります。
少しの工夫で大きなハゲ対策となりますので、ここも気を抜かずに丁寧に行いましょう。

発毛シャンプーに効果的なシャンプー方法として紹介しましたが、何も発毛シャンプーに限らず普段お使いのシャンプーにも当てはまる事です。
それだけシャンプーというのは薄毛対策にとって重要なことになるのです。

発毛シャンプーだけでは効果は薄い!?

何も考えずに発毛シャンプーを使うのは効果的でないことを分かって頂けたと思いますが、更に効果的なことがあります。

育毛剤・育毛サプリを併用する

発毛シャンプーは多少の発毛が見られる場合もありますが、効果を実感できないことが多いようです。
その場合に、育毛剤や育毛サプリを活用しましょう。

発毛シャンプーで頭皮環境を整えた後、育毛剤で外から栄養を与えます。
育毛剤にも5αリダクターゼを抑制する成分や、血行促進のための植物エキス、抗炎症作用のものなど育毛に特化した成分が凝縮されています。

また、育毛サプリでは体の内側から薄毛に働きかける様な成分が配合されています。
発毛シャンプーで頭皮環境を整えながら育毛剤と育毛サプリで発毛を促進することで発毛の実感が得やすくなります。

クリニックに通い薄毛治療を行う

これは既に薄毛が悪化した人の場合ですが、クリニックに通い薄毛の治療や処方薬を出してもらい服用する方法です。
スカルプシャンプーのCMに出ているお笑い芸人の宮迫博之さんも、スカルプシャンプーを使いながらクリニックに通っていたそうです。
これは公式にスカルプDのホームページで公表されています。
やはり、発毛シャンプーだけでは発毛を実感するのが難しいのでしょう。
そう考えるとやはり、発毛シャンプープラス他の薄毛対策を行うのは自然なことだと感じます。
クリニックでの薄毛治療はとても効果的で、費用もそんなに高くありません。
最近ではGACKTさんがCMに出演していたりして、とても敷居の低いものになってきています。

食生活や生活習慣を正す

せっかく発毛シャンプーを使い頭皮環境を整えているのに、食生活や生活習慣を直さないというだけで一向に改善が見られないということがあります。
食事からは発毛促進のための栄養素を摂ることができます。
タンパク質やビタミン、ミネラルなどバランス良く摂る必要があります。
脂質も適度に肌を潤すために必要ですが、偏ってしまうと脂っぽくなり毛穴を詰まらせてしまいます。
また、タバコやお酒も摂りすぎると血行を悪くする事になりますし、睡眠も少ないと頭皮によくありません。
せっかく発毛シャンプーで頭皮環境を整えているのに、他の要因が原因で薄毛の改善が見られないことがあります。
発毛シャンプーだけに頼り過ぎず、日常の行動などを振り返ってみるのも薄毛改善にはとても重要になります。

まとめ

発毛シャンプーは薄毛にとって非常に効果的ですが、そればっかりに頼っても効果を実感しにくいかもしれません。
そんな時は、他の方法と併用して使うことをお勧めします。
そして、正しい使い方で使用することで効果を実感しやすくなるでしょう。
発毛シャンプーを現在使っている人も、これから使おうと検討している人も薄毛改善の参考になればと思います。