シャンプー

コラージュフルフルシャンプーは育毛効果があるのか?口コミまとめ

ふけや痒みに対しての改善効果には定評があるコラージュフルフルシャンプーは、果たして薄毛に対しても同様に有効なのでしょうか?利用した人のレビューを紹介しながら、実態に迫っていきたいと思います。


(出典:http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/joz/20160426/20160426183000.jpg

コラージュフルフルとは?

コラージュフルフルシャンプーは、1999年に日本で初となるミコナゾール硝酸塩配合のシャンプーとして提供された商品で、現在はネクストというブランドが販売されています。提供元の持田ヘルスケア株式会社は、グループとして創業してから100年以上の歴史を積み重ねている由緒ある企業で、「絶えず先見的特色ある製品を開発し、医療の世界に積極的に参加し、もって人類の健康・福祉に貢献する」という企業理念に基づき、独創的な医薬品の研究開発活動を行っています。

なお、コラージュフルフルシリーズはシャンプーの他に、リンス、育毛ローション、育毛スプレーなどの複数のアイテムを用意しているシリーズで、菌によるふけや痒み、ニオイなどのトラブルを改善することを目的としています。また、いずれも低刺激で肌に優しいという点もこだわっており、デリケートなタイプの人でも安心して利用できます。


(出典:http://www.collage-shop.jp/bkage/images/top_bt03_off.jpg

コラージュフルフルシャンプーの特徴

コラージュフルフルシャンプーは、頭皮のカビの増殖を抑制するミコナゾール硝酸塩と頭皮のにおいを防ぐオクトピロックス®という独自の抗酸化成分を配合していることが特徴で、雑菌由来の頭皮トラブルを包括的に改善します。また、肌への優しさとすすぎ落ちの良さにもこだわっており、香料や着色料は一切使用していません。このために、頭皮がかぶれやすい人でも問題なく利用できます。

なお、このシャンプーが開発されたきっかけは、市場調査によりふけや痒みに悩む人が予想以上に多いことが判明したからです。また、研究からフケや痒みの原因菌が真菌の一種であることと、ミコナゾール硝酸塩という成分がこれらの増殖を抑える働きがあると分かったために、この成分を配合することで効果的にふけや痒みを防止するシャンプーができるという考えに到達します。

そして、頭皮トラブルで悩む人を対象に、 ミコナゾール硝酸塩配合シャンプーと基剤シャンプーを比較するなど様々な種類の臨床試験を行い、ベストの商品が完成することになります。ちなみに、オイリーなタイプ向けと乾燥肌向けの2種類が用意されており、頭皮の状態に合わせて選択することが出来ます。


(出典:http://www.kenjoy.jp/images/collage/collage_09.jpg

コラージュフルフルシャンプーの利用者の感想

コラージュフルフルシャンプーを実際に利用した人は、どのような効果を実感したのでしょうか?この節では、利用者のレビューを紹介していくことにします。

ポジティブな口コミ

まずは、何らかの効果を体感したというポジティブな内容が記されている口コミから見ていくことにしましょう。

頭皮の湿疹や、顔の赤み(多分脂漏性皮膚炎)に悩んでいたのですが、これを使い始めてから症状がほとんどなくなりました。
価格が高いのがネックですが、その価値はあります。

引用:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AB-%E3%83%8D%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC-%E3%81%99%E3%81%A3%E3%81%8D%E3%82%8A%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%95%E3%82%89%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-400mL-%E5%8C%BB%E8%96%AC%E9%83%A8%E5%A4%96%E5%93%81/dp/B002TEXCGO/ref=sr_1_1/354-7386469-8790827?ie=UTF8&qid=1477481611&sr=8-1&keywords=%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A5+%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC

頭皮湿疹で皮膚科に行ったら、3種類の薬(殺菌など)をくれた。1か月この薬を使ってもそれほど良くならなかった。再度皮膚科に行ったらこのシャンプーを教えてくれた。さっそく買って使ってみるとかなり改善され、病院の薬は使っていないもっと早く教えてくれよ先生。(1回目通院した時にシャンプーを教えてくれと言ったのに普通のものを使えと言ったのに)

引用:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B002TEXCGO/ref=cm_cr_arp_d_paging_btm_2?ie=UTF8&filterByStar=five_star&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=0&pageNumber=2

驚きました。学生の時からフケが出ていて、自分で調べるとどうも脂漏性皮膚炎っぽいなと思い、レビューを見て多くの方がフケが治まったと回答しており、こちらの商品を購入。購入後1週間と少しで、風呂あがりに髪を乾かしてすぐ出ていたフケが、気が付くと全く出なくなりました。それだけでなく、日頃よく頭皮が痒くなっていましたが、それも改善されました。洗髪後も髪がゴワゴワするなどのデメリットもなく、いいこと尽くめです。400mLで約3,000円と安くはない商品ではありますが、私的には価格以上の価値を感じます。ただ唯一の後悔は、もっと早く購入すれば良かったということだけです。

引用:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B002TEXCGO/ref=cm_cr_getr_d_paging_btm_5?ie=UTF8&filterByStar=five_star&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=0&pageNumber=5
このように、ふけや痒み、湿疹などの頭皮トラブルに対しては絶大な効果を発揮しており、いずれも絶賛している内容となっています。コラージュフルフルシャンプーは、一定以上の医学的効果が見込める医薬部外品に指定されているので、一般的なシャンプーよりも有効性を発揮するのは当然かもしれませんが、利用者の口コミは明らかにその範疇を超えた内容が記されており、雑菌由来の頭皮トラブルに悩んでいる場合は、かなりの確率での改善が期待できるようです。


(出典: http://hatumouseikou.com/wp-content/uploads/2016/10/f28aa4c5b080c3dd8b339714ab08528c.jpg

ネガティブな口コミ

体質や感受性は一人ひとりに違いがあるので、同じ商品を使用しても感想は様々です。このために、コラージュフルフルシャンプーを使用した人の全てが、効果を体感できるというわけではありません。続いては、残念な結果に終わってしまった人のレビューをご紹介します。

頭皮の痒み対策として買いましたが、全く効果はありませんでした。それどころか悪化したようにも感じます。また、洗い終わった後に普通のシャンプーと比べて髪がごわごわします。唯一良かった所は泡立ちやすいことです。それでも期待はずれの商品でした。

引用:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B002TEXCGO/ref=cm_cr_getr_d_paging_btm_1?ie=UTF8&filterByStar=one_star&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=0&pageNumber=1

去年の冬から頭皮全体のフケ、痒み、赤み、湿疹が酷くなり脂漏性皮膚炎・フケ症も患っていることからコラージュフルフルうるおいなめらかタイプを購入しました。1日おきに約3週間使用しましたが全く効果はありませんでした。洗った直後もフケは出るし痒みもあり枕カバーにもフケがびっしりついてしまい、僕には合いませんでした。皮膚科の専門医が勧めているようですが万人に効果があるわけではないようです。

引用:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B002TEZ8U2/ref=cm_cr_dp_hist_one?ie=UTF8&filterByStar=one_star&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=0

痒みや、黴菌、カビに効果があるということで、ソープといっしょに購入しました。事実を書きますが、私の場合洗って数日たつ頭がとても痒くなります。、他のシャンプーよりずっと痒いというのは予想外でした。髪のさらさら感はあるものの、頭皮は次の日からなんとなくざわざわ感があります。

引用:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B002TEXCGO/ref=cm_cr_arp_d_paging_btm_2?ie=UTF8&filterByStar=one_star&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=0&pageNumber=2
このように、効果がないどころか悪化してしまったという感想も寄せられています。これだけの文字数だけで原因を探るのは簡単ではありませんが、雑菌由来ではない頭皮トラブルに使ってしまったのが、このような不具合につながっているのかもしれません。つまり、本来とは異なる目的で利用した場合は、逆効果が生じる危険があるということになります。


(出典: https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/lonestartx/20160816/20160816221333.gif

コラージュフルフルシャンプーの育毛効果

コラージュフルフルシャンプーと同様に、雑菌由来のふけや痒みを抑制する効果が期待できるニゾラールシャンプーは、男性の薄毛の大部分を占めているAGA(男性ホルモン型脱毛症)に対して改善効果を期待できます。これは、有効成分のケトコナゾールに、AGAの原因物質DHTを抑制する作用があるからです。

一方、コラージュフルフルシャンプーに配合されているミコナゾール硝酸塩とオクトピロックス®には、どのような育毛効果を期待できるのでしょうか?この節では、これらの成分について検証することにします。

ミコナゾール硝酸塩の育毛効果

ミコナゾール硝酸塩は、1969年にベルギーの製薬メーカーのヤンセン ファーマ株式会社に開発されたアゾール系抗真菌薬の一種で、粘膜や皮膚の真菌症に適用されます。クリーム以外に経口剤や注射剤としても投与されており、カンジダ症に対して特に効果的です。

なお、この成分には、抜け毛予防や発毛促進といった直接的な髪の毛や頭皮への作用はありません。また、ケトコナゾールのようにDHTに対しての抑制効果もないので、育毛という観点からはあまり有効ではないようです。ただし、雑菌の繁殖により頭皮が荒れているような場合は、これを正常化する効果は期待できます。


(出典:http://www.ekouhou.net/%E6%8A%97%E7%9C%9F%E8%8F%8C%E5%89%A4%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B3%E6%8A%97%E7%B4%B0%E8%8F%8C%E5%89%A4%E9%85%8D%E5%90%88%E6%B4%97%E6%B5%84%E7%94%A8%E7%B5%84%E6%88%90%E7%89%A9/A1,2004028502_000002.jpg

オクトピロックス®の育毛効果

オクトピロックス®は、ピロクトンオラミン(Piroctone olamine)という成分の商品名です。この成分は、育毛シャンプーとして大ヒットを記録しているスカルプDに有効成分として配合されています。具体的に期待できる効果は、抗菌や殺菌、ふけと痒みの防止、活性酸素の働きを抑制する抗酸化作用です。

こちらの成分も、ダイレクトに発毛促進や脱毛防止に働きかけるのではなく、頭皮環境を正常化することによる緩やかな育毛効果を発揮するという内容です。なお、副作用としては善玉菌と呼ばれているものに対しても殺菌作用を発揮するので、頭皮のバリア機能を低下させてしまいます。このために、長期的な利用は適当ではありません。


(出典:http://phoenix-hair.com/effect/img/shampoo/0123.jpg

まとめ

コラージュフルフルシャンプーには、直接的な育毛効果を発揮する成分は配合されていないので、薄毛を改善するためだけに使用するのは適当ではありません。特に、頭皮トラブルを全く感じていない状態で使用すると、状況が悪化してしまう危険があります。これは、殺菌作用により雑菌由来のトラブルを改善するということを目的としているからで、違う用途で使用した場合は不具合が起きる可能性は高くなります。

なお、多くの男性が悩んでいるAGAは、根本的な原因はDHTという男性ホルモンです。この物質には皮脂の分泌量を過剰化する作用があるので、頭皮環境は悪化してしまいます。この状況を改善するために、コラージュフルフルシャンプーを利用すると一時的に頭皮の状態は良化しますが、原因物質が生産されている限り劇的な変化は起こり得ません。それどころか、長期利用により善玉菌を殺してしまう危険があるので、頭皮の防御機能を低下させてしまい、薄毛を進行させる危険があります。

このためにAGAに対しては、コラージュフルフルシャンプーを利用するのは適当ではないという結論となります。本来の目的以外では、使用しないようにしましょう。

 

安くても効果あり!コスパ最高の育毛シャンプー5選【厳選】

店頭には、どれを選んでよいのか迷うほど、多種多様なシャンプーが並んでいます。その中で、育毛に効果のあるシャンプーを探すのは容易ではありません。どの商品も使えばすぐ毛が生えて来るようなキャッチフレーズが氾濫しています。シャンプー剤を使えば毛が生えて来ることは先ずありません。シャンプーは頭皮を清潔にし、毛穴のつまりを防ぐためにあるものですから。そして値段が高いほど効果があるとは限りません。3000円以下でも優れた性能を持ったシャンプーも、数多く市販されています。
やはりシャンプーを購入するにはコスパ(コストパフォーマンス)を考慮した、皮膚と相性の良い弱酸性のタイプのシャンプーを選ぶといいでしょう。ここでは厳選しましたコスパ育毛シャンプーを5点選び紹介していきます。

正しいシャンプー剤の選び方

シャンプー剤の選び方としては、先ず自分の髪質をよく知ることから始めなければなりません。
乾燥肌の人は、シャンプーを薄めるか、日を開けて洗うのが基本です。
選び方は、刺激成分の少ないものを選ぶといいでしょう。
脂質の人は、油性でなかなか汚れが落ちにくい人は、毎日二度洗いするか、洗浄力の強めのタイプを使うといいでしょう。
どちらも共通して言えることは、皮膚への刺激が少ない、シャンプーの弱酸性タイプを選び、自分の髪質を見るための目安としても使えます。
乾燥肌の人は「弱酸性タイプ」「ダメージケアタイプ」脂質の人は「フケ取りタイプ」「育毛タイプ」を。その中間肌の人は「炭タイプ」「石鹸タイプ」を選ぶことが大切です。
また忙しい朝の洗髪や、旅行時には1本二役をこなす「リンスインシャンプー」を選びましょう。

頭皮をマッサージすると血流が良くなる

頭皮をマッサージしますと、血流が良くなります。
毛髪に栄養を送り込んでいますのが、頭皮内の毛細血管です。
頭皮が硬く緊張した状態が続くと、その血行は悪化しがちになり、毛髪の生育を妨げになります。
毛髪の悩みを解決するためには、頭皮の血行を良くすることが何よりも重要太なるのです。そこでぜひ続けたいのが、頭皮の正しいマッサージです。
マッサージは、ゆったりした気分で、丁寧にマッサージしなければなりません。
直接的な刺激と、気持ちが良いと言うリラックス感も、また血行を促してくれます。薄毛が気になる人は、育毛剤や、オイルなどを付けてから行えばさらに効果的です。

皮膚と相性の良い弱酸性を

皮膚と相性の良い弱酸性を使うのが基本となります。
現在市販されていますシャンプー剤は、大半が弱酸性の物と言っていいでしょう。
洗浄力が強いものは、頭皮への刺激が強く、一般には勧められませんが、
脂性肌の人で、皮脂がこびりついている場合は、こうしたものを使わないと汚れを落とせない場合もあります。
こうしたほうが適切かどうか迷った時は、行きつけのヘアサロンで、理・美容師に相談品しょう。
適切なアドバイスをしてくれます。

リンス・トリートメント剤は髪に付ける

シャンプーノ後に使うリンスやトリートメント剤は、髪を保護するためのものです。
頭皮に付けず、髪の表面に付けることが肝心です。
ダメージに合わせて使い分けるのが、上手な利用方法です。
頭皮の汚れを落とすためには欠かせないシャンプーですが、髪自体に負担をかけてしまうことがあります。
そこで必要なのが、リンスとトリートメントです。
シャンプ―後の処理に使います。
頭皮のためというより、髪のダメージをふせいだり、リカバーするのが主な目的です。
リンス剤には頭髪の表面を、滑らかにする成分が含まれているのです。一方トリートメント剤は、表面だけでなく、毛髪の中にまで浸透し、髪の潤いを保持する成分が使われています。
シャンプー同様、表示を目安に、頭皮のタイプ髪質などに合わせて選ぶことが、大切と言えましょう。

リンス剤とトリートメント剤の違い

リンス剤とトリートメントの違いは、一言で言うならば、成分粒子の大きさです。
リンス剤の粒子は大きめで、毛髪の表面を覆うキューティクルの隙間から、内部に入り込むことはできません。
これに対して、微細な粒子をもち、わずかな隙間を通り、毛髪の内部に作用するものがトリートメント剤です。
ヘアコンディショナー、ヘアパックなどと表示されているのもあります。
毎回リンスをしていても、時々トリートメントを併用しますと、髪の傷みはさらに防ぎやすくなります。

コスパの育毛シャンプー5選3,000以下の価格で、良いシャンプーは数多くある

コスパとは、コストパフォーマンスの略で、価格を費用と効果で対比させた度合いのことを言います。
したがってコスパが良い商品と言えばコスパが高い、逆にコスパが悪いと言えば、コストパフォーマンスが低いこと言います。
一般的にコスパが高い商品は、
1有効成分が入っている
2頭皮の環境が整っている
3自分の頭皮の肌質と会っている
の3つの条件がそろっている場合を指します。
つまり、価格が安い割には良い成分を含んでおり、自分の髪の肌質にあっている商品である場合、コスパが高い商品と言えそうです。

コスパ最高の育毛シャンプー5選

1バタリズム

発毛剤のミノキシジルに近い製品です。ミノキシジルの含有成分「ヒロミジロール」が配合されています。アミノ酸系シャンプーで、頭皮の乾燥している人にお勧めの製品です。コラーゲンや、植物ps成分配合で、頭皮に柔軟性を与える優れものです。
1本1850円。

2コラージユフルスカルプシャンプー

爽やかな香りのシャンプーです。
皮脂と菌を洗い流すことを目的として製薬会社が作ったシャンプーです。ミコナゾール硝酸塩を配合したフケ、かゆみの予防の効果を発揮します。低刺激性のアミノ酸系洗浄成分で、敏感肌の人、頭皮にトラブルを抱えた人、頭皮に臭いのある人にオススメの商品です。
1本2700円です。

3U・OS(ウルオス)

日本のドラックストアでも購入できます。この商品のリピート率は高いもの画あります。
清涼感の欲しい人など最適商品です。
1本2400円。

4極匠のスカルプシャンプー

スカルプとは、日本語に直せば、頭皮の事です。
これまでは、スカルプケアとは、男性用的な言葉で使われていましたが、ダメージヘアが増えた今、性差を超えたスタンダードなヘアケアとなっています。
頭皮と髪、肌は同じ構造との発想で、打だされましたのがこのシャンプーです。
頭皮の毛穴をより清潔にし、新しく生まれてくる新毛をサポートする働きがあります。
ヒアルロン酸,ヒドロキシプロヒルトリモコウム配合で、頭皮を柔らかな状態にします。整髪剤を頼らない人、敏感肌あの人にオススメです。
1本2759円。

5マイナチユレシャンプー

薄毛、抜け毛に悩む、女性のためのシャンプーです。
天然成分29種を配合、ハリやコシある髪をサポートします。
無添加で安心なシャンプーです。
営業などで外に出る機会の多い人、洗い上がりを妥協しない人、向きのシャンプーです。

シャンプー剤の選び方

今シャンプー市場には、どれを使ったらいいのか、消費者が迷うほど、多種多様なシャンプー類が出回っています。
シャンプーを選ぶときは、表示を目安に頭皮の状態、髪質に合わせて選ぶことが重要です。先ず選ぶ基準となるのが、自分の頭皮の状態や、髪質に合わせたものを選ぶことが大切です。特に皮膚の酸性度に合ったものを選ぶことが肝心です。
一般に言えることは、弱酸性タイプを選ぶといいでしょう。
この基本は、自分の頭皮や、髪質に合ったものがベターだと言うことです。
この基本を押さえた上で、自分の髪質や、頭皮をの状態を知り、それに合ったものを、フケや、かゆみを防止するもの、育毛効果を得られるもの、など様々なタイプがあることを認識して、選ぶことが重要と言えましょう。

頭皮の健康は皮脂の量で判断する

毛根のあるところ皮脂腺あり、ここから分泌される皮脂は、皮膚の表面を覆い、保護する託割を担っています。
この皮脂の分泌量の差が、頭皮のタイプを決める最大のポイントとなります。
そのタイプは、皮脂の分泌が多すぎた場合「脂症肌」少なすぎ江おタイプを「乾燥肌」と呼んでいます。
健康な頭皮を保つためには、この肌質を見極めることが大事です。
それによってシャンプーの選び方も変わってきます。
このタイプを知る判断の目安は、顔の皮膚や、髪の毛を見れば、ある程度は自分で判断できますが、専門医の判断に任せた方だいいでしょう。

脂性肌と乾燥肌の違い

毛根に付随する皮脂線から文ピされる皮脂腺の差が、頭皮の状態を左右します。
多すぎても、少なすぎても不健康で、それぞれ脂生肌、乾燥肌になります。

脂生肌

皮脂の分泌が多すぎるぎらぎらタイプです。表皮を被うバリア機能が強すぎて育毛剤の浸透をふせいでしまいます。
また皮脂は、適量を超えますと固まってしまって、過酸化脂質となり、炎症の原因となります。ずっとシャンプーしないでいますと、余分な脂が溜まり、炎症が起きて、赤く膨れることもあります。それを「脂漏性湿疹」または「脂漏性皮膚炎」と言います。

乾燥肌

皮脂の分泌量が少ない、カサカサタイプの人を言います。
皮膚が乾燥すると、角質細胞がはがれ、表面のバリア機能が落ちます。
細菌や整髪料が真皮に入り、その刺激で炎症が起きることもありますので、注意が肝心です。
シャンプー剤などの刺激で、かゆくなり、頭皮をかいてばかりいますと、そこがかぶれて「乾燥性湿疹」または「乾燥性皮膚炎」となる可能性もありますので、注意しましょう。

乾燥肌も、脂性肌も一度専門医に行き、診断を受け、シャンプーの選び方など、指導してもらう方がいいでしょう。
間違ったシャンプー選びを行った場合、症状を悪化させる危険性がある可能性を秘めています。自分の肌質を知ることは、シャンプー選びのためだけでなく、あらゆる場面で役に立ちますので、早めに相談に行くことをオススメします。

ちゃんとシャンプーしないと薄毛になるって本当?【正しいシャンプー方法で薄毛を回避】

シャンプーは、髪の毛と地肌を清潔にするために非常に重要な役割を担っているアイテムですが、いい加減に使用していると薄毛になってしまう危険もあります。そこで、今回は正しいシャンプーの利用法について検証するとともに、抜け毛や薄毛に悩んでいる人にオススメの商品を紹介したいと思います。


(出典:http://aga-clinic-experience.jp/img/thum/smp000.jpg

シャンプーと薄毛

髪の毛や頭皮の汚れを除去するために使用するシャンプーは、最も一般的なヘアケア商品として多くの人に愛用されています。それだけ便利で使い勝手が良いということですが、ベストの商品を正しく使用している割合はそれほど多くはないようです。

このために、シャンプーが原因で、抜けが増加するという残念なケースも多数報告されています。この節では、それらを紹介しながらシャンプーと薄毛の関係について説明していくことにします。


(出典:https://hagelabo.jp/uploads/picture/image/317/thumbnail_imasia_1596422_M.jpg

合わないシャンプーを使った場合

現在、日本国内で販売されているシャンプーは1,000種類を超えているといわれており、内容は非常に多様です。このために、目的に合わせて選択することが可能ですが、合わない商品をつかんでしまうというケースも少なくはありません。もったいないからといって我慢して使い続けた場合は、抜け毛が増加するという不幸な事態に直面することとなります。

シャンプーによって抜け毛が増えるという事はあるでしょうか?
なかなかお気に入りのシャンプーに出会えず、シャンプーの分析サイトなどを参考にサロン専売品などのシャンプーを購入し、使ってみているのですが、洗髪の時にびっくりするほど抜け毛が増える物に時々出会います。気のせいかと思い、違う物に一旦変えると減り、戻すとやはり増えるので間違いないと思うのですが、そんなことってありますか?

(出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11137340401

このように、より良い商品を見つけるために専門サイトを利用するなどの工夫をした結果、かえって良くない状況に見舞われるという残念なケースもあります。合わないと感じた場合は、すぐに使用を中断するようにしましょう。


(出典: http://xn--aga-uj4bpa45akcb7179dzm3c.com/wp-content/uploads/2015/12/ikumou04-300×250.jpg

洗い過ぎ

汚れや痒みがひどい場合は、ついついゴシゴシと必要以上に洗ってしまいがちです。また、1日に2回以上シャンプーするという人もいるのではないでしょうか?しかし、このような洗い過ぎは、トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

今まで強力な洗浄力のあるシャンプーを2回洗いしていました。その時は頭皮は爽快になっていましたが時間が経つに連れて頭皮が痒くなり、抜け毛・切れ毛が目立ち、皮脂の臭いがすごかったです。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14163952984

女子高校生です。薄毛に困ってます。夏からよく朝シャンしていて、野外野球を見に行き、それから一円玉サイズ程のフケみたいのが出てきて前髪から抜け毛が激しくなりました。よくポニーテールをしていたのでボブにしておろしていたけどやっぱり前髪や分け目が薄くなってきました。なるべく湯シャンをするようにはしてますが、まだ抜け毛が激しいです。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13140341458
このように、頭皮の皮脂を取り過ぎた結果、無防備な状態になると異常が生じやすくなります。皮脂は、痒みや汚れの原因と考えられがちですが、実は頭皮を保護するという役割も担っているので、適量を残すということを心掛けなくてはなりません。特に、大量生産型のシャンプーには石油系界面活性剤が配合されているので、薄めて使用するなどの注意が必要です。


(出典:http://www.syampoo-kaikae.info/image/sisugi.jpg

洗わな過ぎ

一方、極端にシャンプーの回数を減らすというやり方も、残念な結果を招いてしまいます。例えば、シャンプーを使わずにお湯だけで洗う湯シャンという方法を実践している人も増えているようですが、全ての人が上手くいくわけではないようです。

湯シャンが抜け毛に良いという情報から、早速チャレンジしてみたのですが、一日でフケが出て、ベタベタの髪になり、本当に不潔な感じになってしまいました。

(出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1053031440

湯シャンをはじめて2ヶ月弱になります。最初の皮脂のべったりした感じはほぼ無くなったのですが、細かいフケが無数に出るようになりました。よく見ないとわからないよ
うな細かいものですが、たくさんあります。濃い色の服を着てブラッシングをすると細かい細かい白いものが膝の上にたくさん落ちるのがわかります。

(出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10161652320

湯シャン(お湯だけで洗髪)というのを初めて2ヶ月くらいなんですけど、髪を乾かした時、手に垢がつきます。
ネチネチ?したやつです。

(出典:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10102228405
頭皮を活性化する効果があるということで、有名芸能人も実践している湯シャンですが、乾燥肌以外の人には向いていないとも言われています。また、ムースやスプレーなどの整髪料をつけている場合は、お湯だけでは落とせないので頭皮や髪の毛に付着したままとなります。このために、ふけや抜け毛などのトラブルが起きやすい状態となるのです。


(出典:https://i.ytimg.com/vi/equZGhrkoqE/hqdefault.jpg

正しいシャンプーのやり方

洗い過ぎも洗わな過ぎも良くないということが、お分かりいただけたと思います。この節では、正しいシャンプーの仕方についてご説明します。

予洗い

シャンプー剤を頭皮につける前に、お湯である程度汚れを落としておくと、少量でしっかりと泡立たせることが出来ます。また、頭皮への負担も少なくなるので、トラブルに見舞われる危険も低くなります。ちなみに、予洗いの時間は、数分程度で十分です。ひと手間加えるだけで、薄毛予防の効果を享受できます。


(出典:http://www.hairshampoozyutu.net/images/yoarai.jpg

手の平で泡立てる

シャンプー剤は頭皮に直接振りかけると刺激が強すぎてトラブルを引き起こす危険があるので、まずは手の平で泡立ててから使用するようにしましょう。既に予洗いで汚れはある程度落ちているので、少量でも大丈夫です。一応、500円玉程度の分量が目安となります。


(出典:http://aga-ikumo.com/wp-content/uploads/2016/05/the-correct-shampoo-way-003.png

指の腹で全体を洗う

痒いからといって爪を立てて洗うと、頭皮に傷がついてしまいます。このために、指の腹の部分を使って毛根を傷めないようにしなければなりません。また、側頭部や後頭部はどうしてもおろそかになってしまうので、これらの部分も含めて全体を洗うようにしましょう。


(出典: http://100kami.com/wp-content/uploads/2016/09/%E6%8C%87%E3%81%AE%E8%85%B9-1-300×205.jpg

しっかりとすすぐ

シャンプー剤が頭皮に残っていると、毛穴が塞がれてしまうので抜け毛が増える原因となります。このために、時間をかけてしっかりとすすぐようにしましょう。湯シャンをするように丁寧に行うのが効果的です。


(出典:https://t.pimg.jp/001/000/627/1/1000627.jpg

オススメのシャンプー

薄毛を予防するためには、自分の頭皮の状態と合致したシャンプーを使用しなければなりません。この節では、タイプごとにオススメの商品を紹介いたします。

アデノゲン スカルプケアシャンプー (オイリータイプ)

皮脂の分泌量が多めのアブラギッシュな人には、資生堂が提供しているアデノゲン スカルプケアシャンプー(オイリータイプ)がオススメです。有効成分のアデノシンを配合しており、育毛効果も期待できます。また、男女問わず利用できる柔軟性の高さも魅力的です。

最近,髪のコシが不安になってきたので使ってみます.まだ数日なのでなんとも言えませんが,よく泡立つし,洗い上がりに適度な,ほんとに適度な潤いがあって,いい感じです.パサパサになったりはしません.しかも,オイリータイプですが,特段べたついたりもしないので,快適です.

引用:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00TWRX068/ref=cm_cr_arp_d_paging_btm_next_2?ie=UTF8&filterByStar=five_star&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=0&pageNumber=2

スッキリ系の洗い心地です。柑橘系の香りでいかにも爽やかな印象です。トニックシャンプーほどのスッキリ感はありませんがかなりいいです。基本的にオイリー体質なので髪の毛の匂いや抜け毛が気になる人には良いかと思います。

引用:https://www.amazon.co.jp/product-reviews/B00TWRX068/ref=cm_cr_getr_d_paging_btm_2?ie=UTF8&filterByStar=four_star&reviewerType=all_reviews&showViewpoints=0&pageNumber=2
香りや使用感についても高く評価されており、快適に利用できそうです。値段は若干高めですが、それに見合うだけの値打ちがあるシャンプーです。


(出典:http://item.shopping.c.yimg.jp/i/l/makita-ph_4901872664658_1

アルガン&ホホバシャンプー03

頭皮が乾燥しがちな人は、潤い成分が配合されているシャンプーを選択するのが適当です。アルガン&ホホバシャンプー03は、アルガンやホホバなどの天然由来の良質なオーガニックオイルを配合しており、頭皮をしっとりとした状態へと誘います。また、石油系合成界面活性剤、シリコン類、石油系鉱物油、香料や着色料、シリコン、パラベンなどの頭皮に悪影響を及ぼす危険な成分は一切使っていないので、敏感でかぶれやすいタイプの人でも安心して利用することが出来ます。

今まで色々な系統のシャンプーを使いました。
自分は敏感肌で合わないシャンプーではデコにニキビや頭皮に酷い痒み抜け毛に悩まされました。
石鹸シャンプーもダメ、アミノ系にノンシリコン果てにはベビーシャンプーでも自分に合うシャンプーはこの世には無いのかと思いました。(笑)使用して2週間、問題のニキビや痒み抜け毛がすぐに治まりました。(やっとか~…)嬉しいです。10年目でやっと出会えました本当に感謝でいっぱいです。

引用:https://www.amazon.co.jp/ORIENS%E2%80%99TELLA-ORIENSTELLA-%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3-%E3%83%9B%E3%83%9B%E3%83%90%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC03/dp/B00FALNXM6%3FSubscriptionId%3DAKIAIUIOYUY2BDUMMEDQ%26tag%3Ddenapalette_jooy-22%26linkCode%3Dxm2%26camp%3D2025%26creative%3D165953%26creativeASIN%3DB00FALNXM6
こちらの商品もワンランク上のシャンプーということで値段はそれなりですが、大量生産型のシャンプーとは別次元の洗い心地と快適さを実感することが出来ます。洗浄成分にはコラーゲンを配合しているので、パサつくことなく瑞々しい潤いが長続きします。


(出典:http://amasiastore.jp/upload/save_image/344_l.jpg

まとめ

間違ったシャンプーの使い方や選び方は、抜け毛を増やし薄毛の進行を早めてしまいます。逆に、この部分を改善することにより、適切な育毛を実践することが出来ます。自分の状態を充分に把握して適当なシャンプーを選んだ後に、頭皮の健康を損ねないように丁寧に使用するようにしましょう。その際に、今回の記事を参考にしていただければ幸いです。

あなたは本当に大丈夫?ハゲの5つの前兆

人生の転機や災害など今思えばあれが前兆だったのかと感じることがあると思います。
それは、ハゲでもあります。
今思えばあれがハゲる前兆だったのかと思う前に対策を行いたいものです。
今回はハゲの前兆とその対策についてまとめました。

ハゲの前兆

「最近抜け毛が多い」や「排水溝に溜まる抜け毛が増えた気がする」など”気”がすると感じたことはありませんか?
それ、実は気がするではなく本当に抜け毛が増えていて、その前には様々なハゲになる前兆があったかもしれません。
ハゲになる前兆をしっかり見極めたいと思いますが、前兆いくつかあります。

見逃せないハゲの前兆

頭皮が硬くなってきた

hard_scalp

(出典: http://scalpcare-navi.net/guide/%E5%9B%BA%E3%81%84%E9%A0%AD%E7%9A%AE/
絶対ではありませんが、頭皮が硬いのはハゲの前兆です。

硬い頭皮は、血液循環が悪く栄養不足になっているため、つっぱり感や触ると痛みを感じます。
毛穴が詰まりやすく、頭皮環境を悪化させ、頭皮だけではなく顔のたるみにも繋がります。

逆に柔らかい頭皮は、血液循環が良く栄養が行き届いているため、手で動かすと頭皮が動きます。
毛穴の汚れが溜まりにくく、顔もハリと弾力があります。

頭皮が硬くなる原因は血行が悪いからだと言われています。
血行が悪くなると、髪の成長に必要な栄養が届きにくくなり、ヘアサイクルが乱れることで薄毛になります。

血行が悪くなる原因は日常生活の中にあります。

デスクワーク

0810010

(出典: http://menzine.jp/lifestyle/tenomukumimassaaji1254/
デスクワークに限らず、長時間同じ姿勢を続けていると首や肩の血行が悪くなります。
その影響で頭皮への血行も悪くなります。
また、目を酷使することでも目が疲労し血行を悪くします。

体の冷え

men-feel-the-cold8845

(出典: http://health-to-you.jp/sensitivitytocold/danseihiesyouedgenin8845/
体が冷えることも血行を悪くする原因となります。
体が冷えると血液やリンパ液の循環が上手くいかないため、頭皮への血行が悪くなります。
自宅はもちろん職場や電車内の冷房は体を冷やしますし、冷たい飲み物を摂り過ぎても体は冷えてしまいます。

シャンプー剤

1437284304800

(出典: http://u-note.me/note/47502888
頭皮を柔らかく保つには適度な皮脂が必要になります。
乾燥しすぎて皮脂がない状態だと頭皮はどんどん硬くなります。
逆に皮脂が多すぎても毛穴を詰まらせて頭皮環境を悪化させてしまいます。

原因は使用しているシャンプー剤がほとんどです。
自分の頭皮に対して洗浄力が強かったり、または弱かったりなど合わないシャンプー剤を使用すると、皮脂の分泌が適度にされません。
また、酸性石鹸やアミノ酸系など刺激の少ないシャンプー剤を使うことでも頭皮の硬さを改善することができます。

偏った食生活・睡眠不足

バランスの悪い食事や慢性的な睡眠不足は頭皮を硬くする原因となります。
腸内環境を悪化させ、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、老廃物が蓄積されることで頭皮を硬くしてしまいます。

髪質が変わった

髪質が以前と変わってしまったと感じたならハゲの前兆です。

元々は硬い髪質だったのに、柔らかくなってきたと感じているならそれは髪に十分な栄養が行き届いていない可能性があります。
また、直毛だったのにクセ毛になったのであれば、皮脂分泌が低下による毛髪の水分バランスの乱れや、頭皮の弾力低下によるたるみです。
髪質が変化はハゲの前兆となりますので放っておくと危険です。

フケ・かゆみが出る

フケが前よりも多くなったと感じた場合もハゲの前兆です。
フケには乾性フケと脂性フケがあります。

乾性フケの原因は
・洗浄力の強いシャンプー剤で皮脂を取りすぎている
・パーマ、カラーによる頭皮への刺激
・フケ原因菌の増加
・頭皮を不潔にしているため

脂性フケの原因は
・洗髪不足
・男性は男性ホルモンにより皮脂が分泌されるため
・頭皮の皮脂を栄養とする菌の発生

などです。
共通する原因は
・ストレス
・運動不足
・偏った食生活
・睡眠不足

などです。
フケが多く発生すると毛穴につまりやすく、炎症が起き頭皮環境が悪化してしまいます。
その結果、薄毛の原因となります。

毛根が細い

通常抜け毛は毛根部がマッチ棒の様になっており膨らんでいます。
これは正常なヘアサイクルで成長期を終えた健康な抜け毛です。
一方、毛根部が細く抜け毛が一直線になっている抜け毛は危険です。
毛母細胞の細胞分裂が、正常に行われず毛根が根をはれなかったために抜けてしまったと考えられます。
薄毛の症状が出始めていますので要注意です。

産毛の様な抜け毛がある

産毛の様に細くて柔らかい抜け毛はありませんか?
これは、とりあえず発毛したけど成長しきれずにけてしまった毛です。
完全なる発毛不足の症状で、ヘアサイクルが乱れていると思われます。

ハゲる原因は?

ハゲるには前兆がありそれは普段から気にしていないと見逃しがちになりますが、そもそもハゲる根本的な原因は何なのか?
髪にはヘアサイクルという、髪の一生の工程があります。

img03
(出典: http://www.hair-abc.com/aga/
成長期は毛髪が成長する時期で約4〜7年程です。
退行期は成長した髪が脱毛する時期で約2〜3週間です。
休止期は毛乳頭の活動が休止する時期で数ヶ月です。

ハゲてしまうのは、このヘアサイクルの成長期が短くなってしまい、成長しきれずに短いまま脱毛してしまうことが原因です。
先程紹介した前兆の先には、このヘアサイクルの乱れが関係してきます。
他にも男性ホルモンや遺伝の影響なども関係してきます。

前兆を察知し対策を

見逃したくない前兆ですが、この前兆を見逃さずにしっかりと対策をすることでハゲを防げる可能性があります。
その対策を紹介していきます。

バランスのとれた食事

normal

(出典: https://cafy.jp/images/89714
まずは栄養バランスのとれた食事を摂ることが大切です。

脂っこいものや自分の好きなものだけ食べていませんか?
または、カップラーメンやお菓子を毎日のように食べていませんか?
栄養が偏っている状態だと確実に抜け毛が増えます。

髪にとってバランスのとれた栄養を摂ると言うことは非常に大切です。
その中でも「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は髪の成長にとって積極的に摂りたい栄養素です。

毛髪はタンパク質でできており、毛髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚の他にも、大豆製品や卵などからも摂取することができます。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物、黄色野菜、植物性の油、レバーなどからも摂取できます。
野菜が嫌いな人や果物を食べる習慣がない人は多いと思いますが、薄毛予防のために食べる習慣をつけましょう。
これらは肌のハリやツヤにも影響しますので、摂取すると良い事だらけです。

ミネラルのうち亜鉛は髪にとって大切な栄養素となります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収されますが、再びタンパク質として合成されます。
その合成を助けるのが亜鉛で、効率よく毛髪を成長させるのには必要な栄養素です。
牡蠣に多く配合されており、豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

上記の様な栄養素をバランス良く食べる事で薄毛予防になりますので、バランスを考えて食事をするように心掛けましょう。

十分な睡眠時間

583bca4d203b5d9fd4b9c2586b5cc9e8

(出典: http://smaclub.jp/archives/37367
慢性的な睡眠不足は抜け毛の原因となります。
遅くまで仕事をしていたり、ダラダラテレビやネットを見ている人は多いと思います。

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届きにくくなります。
また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

忙しい人が削ることといえば睡眠になるかもしれませんが、睡眠は仕事や勉強のパフォーマンス向上にもなります。
睡眠もスケジュールの内に入れてしっかりと取りましょう。

頭皮のケア

way-of-scalp-massage_01

(出典: https://greenbuildingsbc.com/hair-growth-for-man/way-of-scalp-massage/
凝り固まった頭皮をほぐしたり、頭皮の環境を整えることは薄毛を予防する上では大切です。
具体的に言うと、育毛剤や育毛シャンプーやマッサージをしましょう。

育毛剤や育毛シャンプーは薄毛の人専用ではなく、抜け毛予防のためも使います。
血行促進作用の他にも、フケ・かゆみ・炎症を抑え、発毛に効果的な成分も配合されています。
血行を良くすることで頭皮に栄養が届きやすくなり、フケかゆみ・炎症を抑えることは毛穴を綺麗に保つことができるので頭皮の状態を良くすることができます。
シャンプーの洗浄力も自分の頭皮にあったものを選びましょう。
皮脂分泌の多い人が洗浄力の弱いものを使っていると、汚れや皮脂が残ってしまい毛穴をつまらせますし、逆に乾燥肌の人が洗浄力の強いものを使っていると、必要な皮脂を取りすぎて逆に過剰に皮脂を分泌しようとします。
結果的に毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させる原因となります。
頭皮環境を整えるということは抜け毛予防にとって大切なことです。

そして、お風呂上がりに頭皮のマッサージを習慣化しましょう。
頭皮に刺激を与えることで、血液の流れが良くなり血行が促進されます
そうすることで、髪に栄養が届きやすくなり成長も促進することができます。
凝り固まった頭皮をほぐすことができます。
マッサージを続けることで、しっかりと太い髪が育ち、ハゲ予防となります。

たばことお酒は適度に

10827-1

(出典: http://www.skincare-univ.com/article/010827/
中々止められないと言う人は多いと思いますが、、お酒とたばこは適度な量に抑えましょう。

たばこが体に与える悪影響は大きく、抜け毛を増やしてしまいます。
たばこは血管を収縮させ、全身の血行が悪くなります。
頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したり、男性ホルモンの分泌を増加させる作用もあります。

お酒は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールは体内に入ると肝臓で分解されますが、飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
肝機能が弱くなると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなり、髪に必要なタンパク質が足らずに髪が成長できない状態になります。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

このようにたばことお酒は体だけではなく髪にとっても悪影響ですので、極力量は控えましょう。

ストレスを溜めない

髪の成長に必要な栄養素として亜鉛があると先述しましたが、亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
実はストレスを感じると大量に髪の成長にとって必要な亜鉛が消費され、抜け毛の原因となります。
また、ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなり髪に必要な栄養素が頭皮に運ばれにくくなります。

そのため、ストレスは溜めずにこまめに発散しましょう。
人によって発散方法は違うと思いますが、間違っても喫煙、飲酒、暴飲暴食にならないようにしましょう。
それだと、ストレスは発散していますが、結局抜け毛の原因を作ってしまうので、本末転倒になってしまいます。
適切な発散方法でこまめに発散しましょう。

前兆を感じたなら根気よく

もし、あなたが前兆を感じ取れたのならその後の対策は根気よく続けましょう。
1〜2週間続けて効果がなかったからといって止めてしまわずに、根気よく続けてください。
期間は決めずに続けることで、今後の薄毛対策になります。
薄毛対策をすることで健康的な体にもなりますので、前兆に気付いたらすぐに始めましょう!

市販シャンプー「パンテーン」で抜け毛が増えるという噂を検証

ドラマやバラエティー番組の間に流れるCMですが、シャンプーのCMも数多く流れています。
あなたは「パンテーン」と言う商品のCMを見たことがありますか?
見ているだけだとサラサラでツヤツヤな髪になるのかと思う、とても効果的なCMです。
そんなパンテーンですが、抜け毛が増えると言う噂があります。
今回はパンテーンの気になる噂を徹底解説していきます。

シャンプーを選ぶ基準は香り?手触り?容器デザイン?

シャンプーは何をお使いですか?
そのシャンプーを選んだ理由は何ですか?

「香りが好きで選びました」
「お試しで使ってみて手触りが良かったので使っています」
「容器のデザインが可愛くて使ってます」

人それぞれ選ぶ基準は違うと思います。
しかし、それだけで選ぶのは少々危険かもしれません。
成分によって合う合わないということがあります。
シャンプーによっては
「フケ、かゆみがひどくなった」
「抜け毛が増えた気がする」
などといった事が起きてしまうかもしれません。

パンテーンとは?

パンテーンはP&Gから発売されているヘアケアシリーズです。
・ダメージ用の「エクストラダメージケア」

edc-top
(出典: http://pantene.jp/ja-jp/shop-products/browse-by-collection/extra-damage

・乾燥やパサツキ髪用の「モイストスムースケア」

msc-top
(出典: http://pantene.jp/ja-jp/shop-products/browse-by-collection/moist-smooth

・ボリュームアップさせる「エクストラボリュームケア」

ev-top
(出典: http://pantene.jp/ja-jp/shop-products/browse-by-collection/extra-volume

の3シリーズからブランド形成されています。
髪質で選べるので女性にとっては嬉しいシリーズです。

特徴は髪質によって選べるだけではなく、「プロビタミン処方」を配合しています。
プロビタミン処方とは、パンテーンという名前の由来になった髪の中でビタミンB5に変化する「パンテノール」と呼ばれる成分が含まれた処方のことです。
パンテーンは全ての製品にこのプロビタミン処方を配合しています。
パンテーンのプロビタミン処方は固いキューティクルを超えて浸透し、内側からしっかり補修するよう処方されています。

とても、髪に良さそうな感じがしますね。
しかし、口コミを見ると意外な反応があります。

皆さん抜け毛が酷いと言っていますね。
神髪や頭皮をケアするはずのシャンプーがなぜなのでしょう?

なぜ抜け毛が酷くなるの?

口コミを見ると口を揃えて抜け毛がひどいと言っています。
なぜなのでしょうか?
シャンプーの成分から見ていきましょう。

原因①界面活性剤

界面活性剤とは洗浄成分のことです。
シャンプーには必ず配合されているもので、種類は何種類もありそれぞれで洗浄力が違います。
この洗浄力の強さこそ抜け毛が増える原因と思われます。
パンテーンには「ラウレス硫酸」や「ラウリル硫酸」などの高級アルコール系の界面活性剤が配合されています。
これらは泡立ちが良くスッキリさっぱりした洗い上がりなのですが、洗浄力が強く必要な皮脂まで洗い落とすことがあります。
刺激が強く、頭皮を乾燥させますのでフケかゆみが出たり、逆に乾燥することで皮脂を多く分泌させる可能性があります。
それが抜け毛の原因となります。

では、なぜ使うのでしょうか?
それは安価だからです。
市販のシャンプーの様に価格を抑えなければならないものに、配合されている事が多いです。

原因②シリコーン

シリコーンは調理器具などにも使われる安全な成分です。
効果はシャンプー時の摩擦を防いだり、しっとりさせツヤツヤな仕上がりにする効果があります。
よく耳にするのが、シリコーンは毛穴をつまらせ抜け毛を増やす言ったことが聞かれます。
また、コンディショナーやトリートメントに配合されているシリコーンはコーティング作用があるのでパーマやカラーも薬剤が反応しなくなるとも聞きます。
ハッキリいいましょう!
そんなことはないです。
シャンプーに配合されているシリコーンは粒子が細かく毛髪に過剰に付着することはありません。
また、一度のシャンプーにより洗い流されてしまうので蓄積されることもありません。
よって、シリコーンの影響で抜け毛が増えるというのはあり得ません。

原因③防腐剤

商品の腐敗防止のために配合される防腐剤。
パンテーンには「メチルイソチアゾリノン」と言う防腐剤が配合されています。

欧州では2013年に使用を中止する方針を出しています。
理由は化粧品のパッチテストを行い、メチルイソチアゾリノンでアレルギー反応を起こした患者が急激に増えたからだそうです。
日本では「粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗いながすものおよび粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗い流さないものにおいて100g中の最大配合量として0.01gまで配合できる」(厚生労働省告示第393号)
と定められています。

化粧品の成分は刺激性と感作性(アレルギー性)がありこの2つは別物とされています。
メチルイソチアゾリノンは感作性の方で抜け毛の直接の原因とは確信できませんが、少なくとも頭皮への負担になっていると思われます。

原因はパンテーンだけではない!!

成分から見て抜け毛の可能性があるパンテーンですが、もしかすると原因はパンテーンを使ったからだけではないかもしれません。

間違ったシャンプー方法が原因

予洗いは念入りに

実はシャンプーする前の予洗いはとても大切なのです。
この工程は濡らすだけになっている人がほとんどだと思います。

最初の予洗いで汚れのほとんどを落とすことができます。
ここである程度の汚れを落としておけば、その後のシャンプーの泡立ちが良くなり頭皮や髪同士の摩擦が少なくなります。

予洗いがしっかりされていないと洗浄力に頼ったり、無駄に何回かシャンプーすることになり頭皮への負担が大きくなります。

すすぎはしっかりと

シャンプーのすすぎについても作業になっている人が多いと思います。
このすすぎをおろそかにすると、洗浄力の強いシャンプー剤が頭皮に残ったままになってしまいます。
考えただけで恐くありませんか?

通常シャンプーは1日1回行うと思いますので、すすぎ残しがあると24時間シャンプー剤が残っていることになります。
そうすると、炎症・フケ・かゆみの原因となります。
これが毎日だと頭皮へのダメージが蓄積され、頭皮環境が悪化するのも仕方ありません。

自然乾燥が原因

乾かすのが面倒くさくてつい自然乾燥をしている人は結構いるのではないでしょうか?
でも、それは抜け毛の原因となります。

濡れたまま放置していると、頭皮が蒸れた状態になっており、雑菌が繁殖しやすい環境になります。
雑菌が繁殖すると臭いの元となったり、頭皮の炎症やフケ・かゆみの原因となり、抜け毛へと繋がっていきます。

また、寒い季節に放置しておくと頭皮の温度が下がっていき血行が悪くなります。
血行が悪くなることで、頭皮への栄養が届きにくくなりますので抜け毛が増えてしまいます。

やはり、これも毎日だと思うとゾッとしませんか?

どういうシャンプーを選べば良いの?

原因はパンテーンを使用したからだけではないと思いますが、では一体どういうシャンプー剤を選べば良いのか疑問が出ると思います。
ここで、シャンプー選びのポイントをお伝えします。

低刺激洗浄成分

まず第一ポイントであり、絶対外せないポイントとて低刺激な洗浄成分を配合しているかどうかです。
日本の化粧品は安全のために全成分表示が義務付けられています。
パッケージの裏を見れば全ての成分が表示されているのです。
表示順が配合量順となっているのですが、どのシャンプーも洗浄成分は始めの方に記載されています。
アミノ酸系洗浄成分が良いと聞いたことがある方は多いと思いますが、他にも低刺激で肌に優しい洗浄成分が存在します。
下記の表を参考してみてください。

%e7%95%8c%e9%9d%a2%e6%b4%bb%e6%80%a7%e5%89%a4%e3%81%ae%e5%88%86%e9%a1%9e

保湿や抗炎症作用がある

頭皮を保湿することは抜け毛予防にとって大切なこととなります。
いくら低刺激なシャンプーを使っているからといえ、皮脂を落とすことには変わりはありません。
また、頭皮が乾燥するとフケ・かゆみの元となります。

そこで、保湿作用のあるものが必要になります。
保湿作用のあるものは植物エキス、ヒアルロン酸、植物オイル、などなど他にも数多く存在します。
また、グリチルリチン酸ジカリウムなどは抗炎症作用がありますので、頭皮トラブルを抱えている場合はとても効果的でしょう。

低刺激な洗浄成分で汚れを落としながら、保湿作用があるものが配合されているととても質の高いシャンプーだと思います。

それでも抜け毛が減らない場合は?

シャンプーも変えたし、予洗いやすすぎもしっかりしているのになぜか抜け毛が減る気配がない。
そう焦り始めたなら、それは他の要因で抜け毛か増えているのかもしれません。

① 乱れた食生活をしている
② 睡眠不足が続いている
③ ストレスが溜まっている
④ ヘビースモーカーである
⑤ 遺伝的要素
⑥ ホルモンバランスの影響

などが考えられます。

髪を成長させるには栄養が必要です。
そのためにはバランスのとれた食事する必要があります。
脂っこいものや好きなものばかり食べていては、たとえシャンプーを変えたとしても効果が出てきません。
色々な食材をとり、様々な栄養素を摂る様に心掛けましょう!

また、睡眠不足が続いていたり、ストレスが溜まり続けている事は血行を悪くする要因の一つです。
もちろん、たばこも血行を悪くしますので、いきなり止めることは難しいでしょうが少しずつ本数を減らしましょう!
たばこは髪だけではなく健康も損ないますので気を付けなければなりません。

遺伝的要素やホルモンバランスの影響はどうにもならないことの様に感じますが、育毛剤を使ったり薬を服用することで抑制することはできます。

このように、必ずしもシャンプーだけが原因ではありませんので、もう一度生活習慣などをこの機会に見直してみましょう!

合う・合わないがあります

今回はパンテーンにより抜け毛が増えるという噂について検証してきました。
口コミや成分から見ると抜け毛が増える可能性はありますが、100人中100人が抜け毛が増えるわけではなく、全然平気な方もいらっしゃいます。
恐らく、体質的に合う・合わないがあると思いますので、パンテーンだけではなく他のシャンプーの場合も使い始めは気にしてみてください。
何か異常があった場合は使用を中止し、ひどい場合は皮膚科専門医へご相談ください。

塗り方次第で効果倍増?ミノキシジルの正しい塗り方を解説

薄毛治療として育毛効果が認められているミノキシジル。
しかし、正しい方法で使用しないと効果が得られない可能性があります。
飲み薬と塗り薬がありますが、今回はミノキシジルの塗り薬の正しい使用方法について解説していきます。

薬に正しい塗り方なんてあるの?

塗り薬と言うからには当たり前ですが、直接患部に塗っていきます。
何の工夫の必要もないように思いますが、少しの工夫で効果が上がる可能性があります。
その逆もあり間違った塗り方をすることで効果が半減してしまう恐れもあります。
そこで、まずは正しい使用方法を知るのが大切となります。

ミノキシジルとは?

そもそも先程から当たり前の様に「ミノキシジル」と言っていますが、この記事をご覧の方の中にはミノキシジルを知らない方もいらっしゃるでしょう。

ミノキシジルとは、元々は血管拡張薬で高血圧や心不全などの治療薬として開発されました。
しかし、服用する患者の毛髪が濃くなったことで、発毛に効果があると発見され発毛薬として使われるようになりました。

効果は元々血管拡張薬ですので、血管を拡張し血流を良くすることで毛髪に必要な栄養素を届けやすくする効果があります。
また、毛母細胞に働きかけて活性化させる効果もあります。

ミノキシジルは塗り薬と飲み薬があり、日本では塗り薬として「リアップ」が有名です。

2015100501
(出典: http://www.taisho.co.jp/company/release/2015/2015100501.html
他にも海外品では「ロゲイン」などは有名です。

飲み薬はクリニックで処方して貰うか、個人輸入で血管拡張剤として入手する方法がありますが、副作用の心配がありますので服用には十分な注意が必要です。
塗り薬の副作用として頭皮のかゆみやニキビなどの軽い症状があります。
飲み薬ですと低血圧や多毛症、排尿機能の低下、性欲み減退、手足のしびれなどの重い症状などもあります。
高濃度の服用により死亡例もあるようですので、必ず医師の診断の上で服用し用法用量は必ず守りましょう。

ミノキシジルの正しい塗り方

では、早速ミノキシジルの正しい塗り方を解説していきます。

シャンプーする

shutterstock_1793182791-689x460

(出典: https://smartlog.jp/38517
何事も準備が大切ですが、ミノキシジルを塗る場合の準備はシャンプーをすることです。
なぜシャンプーするかというとミノキシジルの浸透を高めるためです。
スタイリング剤やホコリなどが付いたままですと、皮脂や汚れが邪魔をして浸透しにくくなってしまいます。
毛穴の汚れを取り除き、ミノキシジルが浸透しやすい環境を整えてあげましょう。
その際に汚れがよく取れそうだからといって、爪を立てたりゴシゴシ強く洗わないようにしましょう。
頭皮を傷つけ環境を悪化させることで薄毛になりかねません。

乾かす

man-who-dries-hair

(出典: http://b-steady.com/wp-content/uploads/2015/07/man-who-dries-hair.jpg
「シャンプーも終わったし、いよいよミノキシジルを塗ろう!」
と思っているあなた。
ちょっと待ってください!
その前に髪と頭皮を乾かしましょう!
「えっ!?乾かすの?」と思った方は多いでしょう。
通常この手の育毛剤などはお風呂上がりに髪が濡れた状態で塗るイメージですが、濡れたまま塗ると水分で薄まって効果が減ってしまう恐れがあります。
でも、短いからと言って自然乾燥すると、頭皮に雑菌が溜まり頭皮環境を乱す原因となります。
きちんとタオルドライした後にドライヤーを使用しましょう!

ミノキシジルを塗布

????????????????????????????????????

(出典: http://xn--navi-z63cmda43atn4a93dydb0690j32td3x7c.com/entry65.html
いよいよミノキシジルを塗布していきます。
使用量は製品ごとに決められているのでそれに従い守りましょう。
ちなみに「リアップ」の場合は1回1mLです。

塗る範囲ですが頭皮全体に塗る必要はありません。
薄毛の気になる部分にだけで構わないそうです。
薄毛の範囲が狭い場合は1mLで足りそうですが、広い場合1mLで足りるのか不安になると思いますが、塗り広げられるように設計されています。
あくまでリアップの例ですので、必ず記載されている使用量は確認し守りましょう!

頭皮をマッサージする

top_cont

(出典: http://identity-uk.com/
ミノキシジルを塗布したあとは、マッサージをしましょう。
マッサージは頭皮の血行を促進する効果もあるので、ミノキシジル効果をより引き出すことができます。
ただ、強くマッサージすると頭皮が傷つくことがあるので、気持ちいいと感じる程度のマッサージをしましょう。

浸透させる

最後に浸透させる時間を設けましょう。
と言っても塗ってから放置すれば良いだけなのですが、その時に汗をかいたり洗い流さない様にしましょう。
せっかく塗ったのに汗や水で流れてしまっては意味がありません。
最低でも1時間は浸透させるための時間を設けましょう。

ミノキシジルを使う注意点

塗る回数

製品ごとに決められているとは思いますが、基本的に1日2回とされていることが多いです。
頭皮が清潔で乾いた状態で塗るのが望ましいので、朝・晩の2回がベストでしょう。
夜にシャンプーして乾かした後の清潔な状態でミノキシジルを塗り、朝はそのまま塗るという方法がいいです。

塗る量

たくさん塗った方が効果が出るのではないかという考えで、決められた量より多く塗ると副作用のリスクが高まります。
また、朝塗り忘れたから夜は朝の分まで多めに塗って置くというのも副作用のリスクが高まります。
必ず製品ごとに決められた量を塗りましょう。

ミノキシジルの濃度について

実は全てのミノキシジル製品の濃度は同じではありません。
日本だけでなく海外製品もあり、製品によってミノキシジル濃度は違います。
1〜16%まであるようで、日本国内の場合5%以上のものは医師の診断と処方が必要になってきます。

この濃度ですが、濃ければ濃いほど効果も上がるようです。
大正製薬の「リアップ」はミノキシジル濃度を1%から5%のものを発売するために、厚生労働省に承認申請を行った際の実験データでは5%の方が発毛した本数が多かったそうです。
やはり濃いほうは効果が出やすいみたいです。
ただ、濃い方が副作用は出やすいみたいですので、最初は1%位のものを使い、様子を見ながら徐々に濃度の濃いものに変えるほうが良いかもしれません。

正しく塗っても副作用は出てしまう

正しい塗り方をして注意事項も気を付けているはずなのに、副作用が出てしまったなんてことがあります。
そういう方は体質的に合わないですので、すぐに使用を中止して皮膚科専門医に相談しましょう。

また、はっきりとした症状が出ていなくても、少しでも異常を感じたら医師に相談してください。

副作用の出る場合、育毛剤が使えないと不安になると思いますが、そういう人はミノキシジルが入っていない育毛剤を使いましょう。
ミノキシジルの様に効果の高い成分は配合されてはいませんが、ミノキシジル以外の育毛に効果的な成分やフケかゆみを抑えたり、保湿作用、抗炎症作用など頭皮環境を整える成分が配合されています。
どうしても合わない場合は検討しましょう。

そして、飲み薬になりますが、「フィナステリド」と言われる育毛に効果的な薬もあります。
どうしても薄毛が気になる人は飲み薬も検討してみても良いでしょう。

ミノキシジルを塗るだけではダメ

ミノキシジルはとても効果的ですが、そればかりに頼ってしまうのもよくありません。
それ以外にも気を付けるべきことがあります。

育毛シャンプー・育毛サプリを併用する

育毛シャンプーは育毛成分が配合されていたり、頭皮の環境を整えたりする効果があります。

育毛シャンプーで頭皮環境を整えた後、ミノキシジルの育毛剤で発毛を促進することで、より効果を感じやすくなります。

また、育毛サプリでは体の内側から薄毛に働きかける様な成分が配合されています。
発毛シャンプーで頭皮環境を整えながら育毛サプリで発毛を促進することで発毛の実感が得やすくなります。

食生活や生活習慣を正す

食生活や生活習慣を直さないというだけで一向に薄毛改善が見られないということがあります。
食事からは発毛促進のための栄養素を摂ることができます。
タンパク質やビタミン、ミネラルなどバランス良く摂る必要があります。
脂質も適度に肌を潤すために必要ですが、偏ってしまうと脂っぽくなり毛穴を詰まらせてしまいます。
また、タバコやお酒も摂りすぎると血行を悪くする事になりますし、睡眠も少ないと頭皮によくありません。
ミノキシジルを使い育毛しようとしているのに、他の要因が原因で薄毛の改善が見られないことがあります。
ミノキシジルだけに頼り過ぎず、日常の行動などを振り返ってみるのも薄毛改善にはとても重要になります。

ストレスを溜めない

ストレスは自律神経を乱れさせ血流を悪くします。
血流が悪くなることで髪に必要な栄養が届きにくくなり薄毛になってしまいます。

また、ストレスを感じると大量の亜鉛が消費されてしまいます。
亜鉛は髪の成長に必要なタンパク質を体内で合成されるときに必要になります。
その亜鉛がないということはタンパク質がうまく合成されずに薄毛になってしまいます。

ストレスは気づかないうちに溜まっていることがあります。
習慣的に発散させる様に発散方法を見つけておきましょう。

夜に必ずシャンプーする

仕事で疲れてしまいお風呂に入らずに寝ることはありませんか?
帰りが遅くなり、お風呂も入らずにスタイリング剤が付いたまま寝てしまうのは良くありがちです。
その場合朝シャンプーするでしょうが、スタイリング剤はほぼ24時間ついたままという事になります。
スタイリング剤の油分が毛穴を詰まらせ炎症やかゆみなどの症状として現れます。
せっかくミノキシジルなどを使っているのに意味がありません。
必ず夜にシャンプーして、正しい塗り方でミノキシジルを塗り髪と頭皮を休める時間を作ってあげましょう。
そして、シャンプーの際はしっかりすすぎ、指の腹でマッサージするなどのような正しい方法でシャンプーしましょう。

正しい塗り方で正しく使う

ミノキシジルは育毛に効果が高く、薄毛に悩んでいる人にとっては心強い味方になります。
しかし、塗り方を間違ってしまうと効果が半減され敵にもなります。
必ず、用法用量を守って正しく使いましょう。
そして、続けることで効果を実感しやすくなりますので、根気強く使いましょう。

抜け毛予防の極意。毛根のない抜け毛に気づいていますか?

20110712-234250

(出典: https://noxidil.files.wordpress.com/2011/07/20110712-234250.jpg
あなたは自分の抜けた毛を見たことがありますか?
その時に毛根がありましたか?
毛根が無かったり、細かったりしていませんでしたか?
今回は毛根のない抜け毛から見る、抜け毛の予防策をご紹介していきます。

抜け毛の種類があるの知っていますか?

人生で一度は自分の抜け毛を確認したことがあるはずですが、一日にどのくらい抜けるかご存知でしょうか?
人間の髪は毎日100本前後抜けると言われています。
「えっ!?そんなに抜けるの?」と思われた方。
確かに驚くと思いますが、抜ける毛もあれば新たに生えてくる毛もあります。
心配しないでください。
薄毛になる人はこれ以上に抜けて、さらに生えてきてもまた直ぐに抜けることで薄毛になっていくです。

この抜け毛ですが、種類があるのをご存知でしたか?
毛根の形が違うらしく、形によって健康状態までわかってしまうと言うことです。

抜け毛の種類

o0280035212617275053

(出典: http://ameblo.jp/agoraluludi/entry-11577172200.html

①健康な毛根

毛根が丸くきれいな楕円形でマッチ棒の様になっています。
必要な栄養素が頭皮に届いていることを表しています。

②男性型脱毛の毛根

AGAと呼ばれる脱毛症のことです。
ストレス、食生活、遺伝などで起こると言われています。
ジヒドロテストステロン(DHT)といわれる強力な男性ホルモンによって毛髪の成長を抑制されて起こる場合もあります。
毛根も先ほどの健康な物と比べ、痩せています。

③脂漏性脱毛の毛根

皮脂の異常分泌によって引き起こされる脱毛症で、皮脂が出過ぎて毛穴を塞いでしまい脱毛してしまうそうです。
毛穴に雑菌や細菌が繁殖して炎症を起こし抜け毛が増えてしまうとのこと。
毛根に白い皮脂がついているのが特徴です。

④粃糠性(ひこうせい)脱毛の毛根

この脱毛症は糠のように溜まってしまった角質が毛穴を塞ぎ脱毛してしまう症状です。
つまりフケが溜まってしまうのです。
古い角質が溜まっていってしまうことで、毛穴を防ぎ炎症を起こし脱毛してしまうのだそうです。
毛根もやせ細ったようになります。

⑤良質円形脱毛の毛根

血行不良により毛根が育たずに脱毛してしまうことで、抜け毛の全般はこれになるそうです。
血行不良の原因は様々で、タバコ、ストレス、体のこり、体質などがあります。
毛根が小さいのが特徴です。

⑥びまん性脱毛の毛根

別名「女性型脱毛症(FAGA)」と言い、毛髪全体が薄くなる脱毛症。
毛根が枝の様になっており切れた感じの毛根や、波打っていたり、左右非対称になっていたりと様々です。

毛根がない抜け毛!?

毛根に種類があり、さらにそれによって症状が違うのをご理解いただけましたか?
紹介した抜け毛の種類毛根がありますが、実は毛根がない抜け毛が存在するのです。

nukegehikaku

(出典: http://ikumouzai-shampoo-review.com/wp_ikumouzai-shampoo-review/wp-content/uploads/2015/07/nukegehikaku.jpg

上記の図の様に毛根がない抜け毛があると注意が必要です。
毛根がないという事は必要な栄養素が髪に届いていない証拠です。
栄養が届かないことで髪が細くなったり、髪自体の成長が止まってしまいます。
結果抜け毛が増えて、薄毛になる可能性が高まります。
毛根は頭皮の状態を見る指標になります。

予防法

では、こうなる前に予防しておきたいですよね?
ここからは予防法をご紹介します。

バランスの良い食事を摂取する

外食で脂っこいもの食べていませんか?
または、昼食や夜食でカップラーメンを毎日のように食べていませんか?
栄養が偏っている状態ですので、確実に抜け毛が増えます。
髪にとって栄養素は非常に大事なものとなります。
その中でも髪の毛に必要な3大栄養素の「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は積極的に取りたいですね。

毛髪はほとんどがタンパク質でできています。
毛髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚からも摂取できます。
肉や魚があまり好きではない場合は、大豆製品や卵などもタンパク質が多いですので活用してください。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物から摂取できるイメージですが、緑黄色野菜や植物性の油、レバーなどからも摂取できます。
野菜不足や果物を食べる習慣がない人は多いと思いますが、食べる習慣をつけましょう。
髪だけではなく、肌のハリや艶にも影響しますので摂取しといて損はありません。

ミネラルのうち亜鉛は毛髪にとって重要な栄養素となります。
亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収されますが、再びタンパク質として合成されます。
その合成を助けるのが亜鉛なのです。
効率よく毛髪を成長させるのには必要なのです。
牡蠣に多く配合されているのは有名ですが、他にも豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

このような栄養素をバランス良く食べる事で抜け毛の予防に繋がります。
食事から摂るのが難しい時は、サプリメントでも摂れますので上手く活用しましょう!

睡眠をしっかり取る

夜更かししていませんか?
ダラダラテレビを見たり、ネットに夢中になったりなど様々だと思います。
慢性的な睡眠不足は抜け毛の原因となります。

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届かないので抜け毛が増えます。
そして、皮脂が過剰に分泌され毛穴をを防ぐことで頭皮環境も悪化します。
皮膚には常在菌という菌が存在しているのですが、睡眠不足が続くと常在菌が増え皮膚に刺激が加わります。
それにより頭皮環境が乱れますので、抜け毛の原因となります。

また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

現代人は忙しく24時間では足りないかもしれませんが、睡眠は仕事や勉強のパフォーマンス向上にもなります。
睡眠もきちんと予定に組み込みましょう!

育毛シャンプーを使う

育毛シャンプーは何も薄毛の人専用ではありません。
抜け毛予防のために使う場合もあります。
育毛シャンプーには、血行促進作用、フケかゆみを抑える、炎症を抑えたり、発毛に効果的な成分も配合されています。
血行を良くすることで頭皮に栄養が届きやすくなり、フケかゆみ・炎症を抑えることは毛穴を綺麗に保つことができるので頭皮の状態を良くすることができます。

そして、シャンプーの洗浄力も自分の頭皮にあったものを選ぶのが大切です。
皮脂分泌の多い人が洗浄力の弱いものを使っていると、汚れや皮脂が残ってしまい毛穴をつまらせますし、逆に乾燥肌の人が洗浄力の強いものを使っていると、必要な皮脂を取りすぎて逆に過剰に皮脂を分泌しようとします。
結果的に毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させる原因となります。
頭皮環境を整えるということは抜け毛予防にとって大切なことです。

また、正しい方法でシャンプーするのもとても大切です。
どんなに良いシャンプーを使用しても使用方法が間違っていると効果を最大限に感じられません。
シャンプー時に行うマッサージはとても大事ですが、きちんとすすぐことはもっと大事です。
毎日のことで作業になりがちなので意識をしないことが多いと思いますが、シャンプー剤やトリートメント剤はすすぎ残しがあると頭皮が炎症を起こすことがあります。
特に朝に髪を洗う場合は急いでいるのもあって雑になりがちです。
すすぎ時は泡をしっかり流し、頭皮に残らないようにしっかりすすぎましょう!

飲酒や喫煙を控える

お酒とタバコは中々止められないと思いますが、抜け毛と大きく関係してきます。

タバコが頭皮に与える影響は大きいです。
血管を収縮させますので全身の血行が悪くなります。
それはもちろん頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したり、男性ホルモンの分泌を増加させる作用もあります。
とにかく、タバコは百害あって一利なしなのです。

お酒の場合は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールが体内に入ると肝臓で分解されます。
飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
肝機能が弱くなると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなります。
そうなると髪に必要なタンパク質が足らずに髪が成長できません。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

このようにお酒は体だけではなく髪にとっても悪影響を及ぼしますので、飲み過ぎには注意しましょう!

ストレスを溜めない

髪の成長に必要な栄養素として亜鉛があります。
先程も解説したと思いますが、牡蠣などから摂取できタンパク質の合成を助ける役割があります。
ストレスを感じると大量に亜鉛が消費されます。
そうすると髪の成長に必要な亜鉛が消費され抜け毛の原因となります。
また、ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、髪に必要な栄養素が頭皮に運ばれにくくなります。
結果が抜毛という症状として現れます。

ですから、ストレス発散方法を必ず見つけておきましょう。
発散方法はそれぞれあると思います。
買い物、スポーツ、音楽鑑賞、映画鑑賞、カラオケなとなど。
間違っても喫煙、飲酒、暴飲暴食にならないようにしましょう。
ストレスは発散してますが、結局抜け毛の原因を作ってしまうので、本末転倒になってしまいます。
適切な発散方法でこまめに発散していきましょう!

こまめに抜け毛をチェック

抜け毛予防を紹介してきました。
基本的なことばかりですが、意外とできていないことが多いと思います。
生活リズムや習慣などいきなり変えるのが難しいこともあると思いますが、一つずつでも良いと思いますので実践してみてください。
数年後の頭皮の状態は違ってくるはずです。

また、抜け毛はこまめにチェックしておきましょう。
本数を毎日数えるのは大変ですから、せめて毛根だけでもチェックしておけば頭皮の健康状態の指標となります。
毛根のない抜け毛がないように、日頃の生活を見直しましょう!

つむじはげで悩む10代に朗報!!若ハゲの治し方まとめ

「はげ」と聞くとはげ親父の頭を想像しませんか?
でも、最近は食生活などの変化により若い世代でもつむじはげに悩んでいたりします。
そんなつむじはげに悩む10代のために薄毛対策をまとめました。

もはや他人事では片付けられない。若い世代のつむじはげ

まだ若いからはげる訳がないと思っている人は多いと思います。
でも、そう思っていると取り返しの付かないことになるかもしれません。
特につむじは自分ではあまり確認しないところで、はげているというのは人から指摘されないと気づきにくい場所でもあります。
また、徐々に薄くなるので余計に気づきにくいのかもしれません。
他人事ではありませんので、早め早めの対策を行うべきです。

なぜ10代がつむじはげに!?

では、まだ若いのになぜハゲるのか?
様々な理由があり、遺伝・食生活・ホルモン・生活習慣など挙げられます。
特に食生活は豊かになった一方で、食の欧米化などで脂質を摂る機会が多いのも理由の一つです。
また、遺伝も深く関係していますが、早いうちから対策をすることでハゲを防げる可能性はあります。
正しい知識と方法により薄毛対策は効果的なものとなります。

10代のつむじはげの原因

つむじはげとはその名前の通り、つむじ周辺が薄くなっている状態を指します。
単純に生えている本数が少ないこともあれば一本一本が細くなっているのもはげに入ります。
その原因はいくつかあり、若い世代ならではのものとなっています。

食生活

fast food collection on on white background

fast food collection on on white background

(出典: http://blog.goo.ne.jp/withmac/e/3d5267a227b20ab4537d16bcbcd0a804
友達と学校帰りなどにファーストフード店やファミレスに行き脂っぽいものばかり食べていませんか?
また、家で食事する際も野菜は食べずに好きなものだけ食べていませんか?
食生活は髪にとって影響のあるものですが、若い内は健康のことなど気にせず食べたいものを食べがちです。
脂質の多いものばかり食べていると皮脂分泌量が増えることで、薄毛の原因となります。

睡眠不足

shutterstock_137656484

(出典: http://josei-bigaku.jp/akubinaze3252/
寝る子は育つといいますがあれはあながち間違いではありません。
現に筆者も若い頃は寝ることが好きでよく寝ていました。
そのおかげで身長は180cmを超えています。

睡眠は身長だけではなく髪の成長にも大きく関係します。
今の10代はもしかすると社会人より忙しい人もいます。
学校、部活に塾にその他習い事など、帰りが0時近くなる人も少なくないようです。
睡眠不足が続くと、はげる原因となります。

間違ったヘアケア

忙しさのあまり間違った方法でシャンプーしていませんか?
爪を立ててゴシゴシと洗ったり、すすぎを適当に行ったりなど。
そうすると頭皮に炎症が出たり、傷つけたりするので薄毛に着々と近づいていってしまいます。

また、おしゃれが盛んな年頃ですので髪型も余念がありません。
毎日、WAXにジェル、スプレーなど整髪料を使い髪をセットすることが多いでしょう。
セットするのは問題ないのですが、夜に髪を洗わずに寝ていませんか?
そのまま寝てしまうと、整髪料の成分が頭皮につき毛穴を塞いだり、炎症を起こしたりします。
頭皮環境の悪化は薄毛の原因となりますので注意が必要です。

男性ホルモン

成長期の10代は体に様々な変化が現れ始めます。
髭が生えたりと、体毛が濃くなったりなど。
これは男性ホルモンが増えていることで起こり、徐々に大人の体へと変わっていっています。
男性ホルモンのテストステロンは、還元酵素5αリダクターゼによってジヒドロテストステロン(DHT)と言われる強力な男性ホルモンに変換されます。
このジヒドロテストステロンが毛髪の成長を抑制し薄毛の原因となります。
これは男性型脱毛症(AGA)の原因とも言われています。

ストレス

人間関係、勉強、バイト、部活、その他にもストレスがかかることが多いと思います。
本人は充実していると思っていますが、体がついていっていないこともあります。
ストレスは交感神経を興奮させ血管を萎縮させるので血行不良を招きます。
血行が悪くなることで、頭皮に栄養が届きにくくなり、薄毛になってしまいます。
関係ないように見えて、頭皮にとってはとても影響のあることです。

つむじはげの10代のための対策方法

10代でもつむじはげになる可能性があることはご理解頂けましたか?
では、どうすればいいのか?
そんな人のために対策方法をご紹介していきたいと思います。

バランスの良い食生活にする

normal

(出典: https://cafy.jp/images/89714
まずは食生活から見直していきましょう。
脂質の多いものばかり摂取することで、皮脂分泌が増え毛穴を詰まらせたりして薄毛を招きます。
具体的には、タンパク質・ビタミン・ミネラルなども摂るように心掛けましょう。
髪の成長を促すためには必要な栄養素ですので、この辺は積極的に摂りましょう。
タンパク質は肉や魚、大豆製品からも摂れます。
ビタミンは緑黄色野菜や果物植物性の油、レビーなどから摂れ、ミネラルは牡蠣や豚レバー、チーズ、小麦胚芽などからも摂取できます。

要は好きなものばかり食べずに、色々な種類の食べ物を摂りましょうと言うことです。
食事から摂るのが難しいときは、サプリメントに頼ることも必要です。

正しいシャンプー方法を知る

正しいシャンプー方法ってご存知ですか?
シャンプーのやり方なんて、誰かに教わるものでもなく、小さい頃親と一緒にお風呂に入って見様見真似で覚えると思います。
毎日のことなので作業になりがちですが、きちんとシャンプーすることで薄毛対策となります。

①ブラッシングする


絡まりがあるとシャンプーの際に無理な力が加わり抜け毛や切れ毛の原因となりますので、濡らす前に必ずやった方が良いです。
ホコリなどを取ることができますので、その後の工程がスムーズになります。

②すすぐ

1200_shampoo_main

(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
すすぐと表記しましたが、予洗いと言ったほうが良いかもしれません。
お湯は熱過ぎず、ぬる過ぎず38℃位のお湯で頭皮から濡らしてから、指の腹でマッサージしながら予洗いしていきます。
ここの行程をしっかり行うと皮脂汚れやホコリなどがほとんど落ちます。
ただ、濡らすだけの作業にならないように丁寧に、最低2〜3分行いましょう。

③シャンプー剤をつける

20160426-00010000-eipub-001-1-view

(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
シャンプー剤は手に取ってすぐ付けずに、まずは手の平で泡立てましょう。
直付するとシャンプー剤が集中的に付いてしまうので、その後のすすぎ残しの原因となり、炎症やかゆみなどの症状となって現れます。
一番洗わなければならないのは頭皮ですから髪と言うよりも、頭皮を中心に付けていきましょう。

④マッサージする

20160426-00010000-eipub-002-1-view 20160426-00010000-eipub-003-1-view 20160426-00010000-eipub-004-1-view

(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
汚れがよく落ちそうや爪を立てたほうが気持ちいいという人もいますが、頭皮を傷付け皮脂の分泌が余計に出てしまう可能性など頭皮環境の悪化に繋がりますので、爪は立てずに指の腹を使ってマッサージしていきます。
バスケットボールの様な大きいボールを持つようにして、サイドからトップ、襟足からトップに向かってマッサージしていきます。
この時ジグザグに動かしたり、円を描いたりしながら行うと全体にまんべんなく、リズミカルにすると気持ちのいいマッサージとなります。
血行促進にもなりますので、シャンプー剤をつけてすぐ流さずにマッサージは必ず行いましょう!

⑤すすぐ

シャンプー後のすすぎも非常に重要となります。
基本的には最初のすすぎと同じですが、シャンプーのすすぎ残しが無いように少々面倒でも、少し時間をかけてすすぎましょう。
シャンプー剤のすすぎ残しにより、炎症やかゆみとなりそれが、薄毛の原因となります。
少しの工夫ですが、ハゲ対策となりますので、最後まで気を抜かずに丁寧に行いましょう。
その後は必要であればトリートメントをつけてください。

毎日行うものなので、最初は面倒に感じるかもしれませんが慣れるとそうでもありません。
早速、今日から意識してみてください!

よく眠る

睡眠時間足りてますか?
毎日寝るのは深夜ではありませんか?
人間にとって睡眠は成長ホルモンを分泌させる大切な事です。
成長ホルモンを分泌させることは、髪の成長にも大きく影響します。
特に22時から2時の4時間は成長ホルモンが最も多く分泌されると言われています。
なるべくこの時間にはベッドに入っていたいところです。
この時間帯に寝ることが難しいのであれば、睡眠時間は最低6時間は確保しましょう
本当はもっと寝たほうが良いですが、中々難しい場合が多いので最低でも6時間は確保してください。
睡眠時間が減ると、ストレスやパフォーマンスの低下となりますので眠ると言うことを大切にしましょう!

ストレスを発散する

liquor_pig_campaign_7

(出典: http://headphones-earphones.com/%E7%94%B7%E5%AD%90-%E7%95%B0%E6%80%A7-%EF%BD%B6%EF%BE%97%EF%BD%B5%EF%BD%B9-%E6%9B%B2-348
ストレスは交感神経を興奮させて血行不良を招きます。
髪の栄養は血管を通り運ばれますので、その際に血行が悪いと栄養が届きにくくなります。
必ず自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。
特に好きなことをしているときはリラックスしていますので、趣味などがあると良いと思います。
カラオケ、スポーツ、音楽ライブ、友人とのおしゃべり、買い物など、様々な発散方法があります。
無理のない範囲でストレスを発散しましょう!

育毛剤を使う

育毛剤には血行を促進する成分や男性ホルモンを抑制する成分が配合されています。
また、フケかゆみを抑えたり、抗炎症作用のある成分も配合されています。
頭皮環境を整えることは薄毛対策ので一番重要なことです。
そして、育毛剤は親父の使うものという認識もあるかもしれませんが、そんなことはありません。
容器のデザインも最近のものはスタイリッシュなものが多く、手に取りやすくなっています。
少々値ははるかもしれませんが、効果は期待できるかもしれません。

薄毛専門クリニックを受診する

これは色々な対策を行っても効果がなかった場合の最終手段です。
いわゆる、AGA専門クリニックのことです。
医学は進歩しており、薄毛は治療できる世の中になっています。
男性ホルモンを抑える薬や血行を促進する薬、成長因子を頭皮に直接注射し成長を促したりと様々な治療法があります。
一人で悩んでいるよりも医師に相談した方が気も晴れるでしょう。
費用は正直安いとは言えませんが、効果はかなり高いようです。
検討する価値はあるでしょう!

若いつむじはげは薄毛対策を!!

つむじはげで悩んでいる、又はこれからなるのではないかと心配している10代の皆さん。
まだ、若いから大丈夫と思わず若いからこそ早め早めの対策が必要です。
早めの対策が5年後、10年後の頭皮の状態を決めます。
悩んでいるのなら、諦めずに紹介した対策方法を実践してみましょう!

若ハゲにオススメの市販シャンプー7選~手軽に買える~

男性は20代、30代になると、髪の将来が気になり始めるころです。自分の親の頭を見て、「自分の髪、何時まで持ちかな」と不安を募らせたことはありませんか。薄毛は、年取った人だけのものではありません。最近は10代の内から薄毛に悩まされている男性が数多くいます。病気やストレス性の場合を除いて、年齢と共に薄くなり、ハゲてくる大半は、男性型脱毛症(AGA)という薄毛タイプと言っていいでしょう。薄くなったリ、ハゲて来る前にしなければならないことがあります。それは日常の正しい頭髪ケアです。間違った頭髪ケア、間違ったシャンプー選びなどは、薄毛の進行を促進することになります。
若ハゲ対策を速めに行いましょう。

押さえておきたい基本のヘアケア

若い男性にとって、「薄毛」は自信喪失につながり、悩みの種となります。
こうした髪の毛でのことで、悩んでいる若い男性は意外と多いのです。
抜け毛、頭皮のべたつきや髪の痛みなど、その悩みは尽きません。
これらの悩みを解決するのが「基本のヘアケア」と言えましょう。
この基本のヘアケアで、もっとも重要なのがシャンプーの仕方です。
毎日のシャンプーで、頭皮と髪の汚れを優しく、しっかり落とすことが、美髪への第一歩となります。
正しいシャンプーの仕方を身に付け、トラブルのない頭皮と髪を目指す、ことが大切です。自分ではどうすることもできない、遺伝や、ホルモンなどに関する医療部門は、専門医の力を借りなければなりません。
不幸にもハゲて来た場合は、そのハゲを進行させないためには「やってはいけないこと」「どのようにすれば改善できるか」などを学び、実践することが重要です。
それだけ頭髪ケアは大切なのです。

指のどこを使ってシャンプーするかが問題

頭髪ケアの基本中の基本は「シャンプーする時は、爪を立てて洗ってはいけない」ということです。
これは、頭髪ケアに少しでも関心のある人は、誰でも知っていることです。
確かに、爪の先で洗いますと、頭皮を傷つけてしまうため、お勧めできません。
爪で傷つけないように、指の腹で洗うのも正解ではありません。
なぜなら指の腹でコスルことで、「新生毛」も一緒に引き抜いてしまうからです。
新生毛とは、生えたばかりの細い毛で、これから育って太くなっていく毛のことです。
通常髪の毛には、ヘアサイクル(毛周期)という、毛が生えてから抜けるまでの周期があるのです。
新生毛の生え始めは、古い毛が抜けた大きな毛穴に、耳たぶに生えているような細い状態で生えて来るため、頭皮にしっかり、根付いていないと言う特徴があるのです。

正しいシャンプーの仕方

正しいシャンプーの仕方は、指の腹ではなくて、指頭(ピアノやパソコンのキーボードを押す部位、爪先と指頭の中間部分)をしっかり頭皮に当てて、頭皮をこするのではなく、指を当てたまま頭皮ごと動かすように洗うことが大切です。日本ではシャンプーのことを「洗髪」と言い、髪を洗って汚れを落とし、清潔にする技術としてこれまで定着してきました。シャンプーの語源は、ヒンズー語の「チャンプ―」です。オイルを使って東部のマッサージをして血行を良くし、体調を整え、健康に役立てる「マッサージ」の技術を意味します。本来は、髪を洗うrというよりも、頭を洗う問う意味なのです。頭皮の汚れには身体から分泌されます皮脂、汗、フケ、等や老廃物質、外部からの頭髪用化粧品などの油脂類、コレラが混然と混ざり合って、付着しています。こうした不潔になりやすい頭皮、頭髪を清潔に保ち、マッサージを行い皮膚の生理機能を高め、新陳代謝を盛ん医師、健康で美しくするのがシャンプーノ役割です。

スカルプケアで頭皮のべたつきを、臭いを摂ろう

女性の目から見て、脂ぎった男性に不快感を感じると言う意見は多いようです。男性の頭は、脂っこく、なりがちなので、何時も頭皮を清潔に保つよう心掛けることが重要です。しかし毎日髪を洗っているのに、頭皮のべたつきや臭いが改善されないと言う紐も意外に多いものです。毎日のシャンプーに加え、毛穴クレンジングも定期的に行って毛穴の汚れを落とすようにすることが大切です。男性がやってはいけない頭皮ケアは女性用のしっとり系のシャンプーは使わないことです。そして頭皮をごしごしとこすり洗ってはいけないと言うことです。シャンプー前に、蒸しタオルで頭を包みますと、毛穴の汚れが落ちやすくなります。正しいシャンプーをして、毛穴に汚れを溜めないことが重要なのです。

男性の市販されているヘアケアシャンプー7選

自分にぴったりのシャンプーを選ぶことが肝心です。そして自分の悩みの逢わせてチョイスしましょう。市販されている男性向けのシャンプーです。

ノーマルな髪質の人向けシャンプー

髪と汚れをしっかり落し、健康な髪の成長を助けます。
1整髪料もスッキリ落ちる「モッズ・ヘアクレンジングシャンプー」
2頭皮の健康と清潔を保つ「dhc薬用ヘッドシャンプー」
3クセ毛が扱いやすくなる「エレンス2001ツインズキャルプシャンプー」

気になる抜け毛を予防するシャンプー

頭皮の毛穴に残っている皮脂や汚れもスッキリ取り除きます。
4髪にハリと腰を与える「専用アテノゲンシャンプー」
5汚れを一掃して爽やかな髪に「ルシード皮脂クリア薬用シャンプー」
6神と頭皮を優しく洗浄「カモカモイルドシャンプー」

フケ防止のシャンプー

7頭皮の血行を促して地肌もスッキリするシャンプーです。新陳代謝を促し、フケを防ぐ「アロメディケア薬用シャンプー」

女性のための頭皮ケア スカルプケアを

現在頭皮ケアを中心に考えた商品は、多岐に渡ってあります。
髪だけでなく頭皮まできれいになりますので、一石二鳥の効果が生まれます。
女性にとって髪のシャンプーは、毎日欠かせない行事です。
それだけにシャンプー選びは、男性に比べて真剣そのものです。
それだけにスカルプケアが最近増加傾向を示しているのでしょう。
スカルプケアとは、日本語で頭皮のケアということです。
髪を育てる土壌である、頭皮をケアすると言うことです。
健康な髪を維持してゆくためには、このスカルプケアは不可欠なものとして捉えられています。
これは女性だけのものではありません。
男性にとっても頭皮のケアは大切なものです。
男性もスカルプケアを始めましょう。

女性のための市販されているシャンプー7選び

男性と違って、女性のためのシャンプー剤の氾濫は、驚くばかりの品種が市販されています。
どのシャンプーを使うか、迷っている女性は多いでしょう。
そこは自分の体調、髪の質などを考えて選ぶことが大切です。
ここでは頭皮ケアを中心としたシャンプーを選んでみました。

頭皮クレンジング・シャンプー

基本的には、頭皮をきれいにするシャンプーです。
洗浄力の強い石鹸ベースや、毛穴の汚れに効く、クレイ成分を配合したものなど、皮脂や汚れを取るクレンジング・シャンプー剤で、すきっとした爽快感が特徴です
1頭皮の頑固な皮脂や、脂汚れを除去し、清潔に「コリュ―ムレストケア スキャルプクレンジング」
2頭皮を保護しながら老廃物を除去し、健やかに保つ天然クレイ配合「プロテイクリカバリースキャルプクリーナー」
3シャンプーだけでは落ちにくい、毛穴に詰まった古い皮脂をきれいにする「ISL-皮脂取りジェル200mlA6」

頭皮ケアシャンプー

頭皮の状態を正常に導き、ツヤが潤いある髪に。頭皮を清潔にすると同時に、髪に潤いを与えるシャンプーです。

4 クレイが毛穴の老廃物を除去し、頭皮と髪のモイスチャーバランスを整える天然ミネラルクレイ配合「マリーングレイスクレイヘアシャンプー」
5 髪と頭皮に優しいアミノ酸ベースのシャンプー「グラングリーンナチョラルシャンプー」
6髪と地肌に優しいアミノ酸系洗浄成分を配合、スベリヒユエキス配合「ナチョラルミークレンジングシャンプー」
7 頭皮の潤いや、軟らかさを高め、頭皮をリラック・天然クレイ配合「クレイエステシャンプーEX330mlM3」

薬用シャンプーを使い始めるベストタイミング

薬用シャンプーは、育毛成分が配合されていると言うよりも、フケ止め成分の殺菌剤が使われていますから、環境ホルモン、発がん性などの危険性が指摘されているようなものもあります。
これらの製品を使う是非については、考える必要があるでしょう。
シャンプー剤の場合は、合成洗剤使用の是非にも論議が発展することになりますが、すでにネットなどでも一部騒がれているようです。
シャンプー剤の場合、実際の使用状態では、使用した後すぐに洗い流すことで使われているようです。
界面活性剤をいろいろ濃度を薄めて、一時間セミクローズドバッジテストをした実験結果から、ノーマルな頭皮に対しては、皮膚刺激性を起こすことも極めて少ないと言う結果も出ています。

毎日のケア方法に間違いありませんか?あなたのケアがダメージを作る

乾燥、バさつき、毎日の心がけが髪の痛みを減らせるのです。
シャンプー後に、髪を乾かして寝るのが面倒と思ってはいませんか。
まだ髪が傷んでいますので、わざわざ寝る前にドライヤーをかけるのも気が引けると言う向きもありますが、これは間違いです。
髪が濡れたまま寝ますと、髪を傷めることになります。
またドライヤーの熱が髪を傷めていることも確かです。
したがって、ドライヤーは髪に近づけすぎないことが大切です。
そして毛先から頭皮にかけて、トリートメント剤をなじませることも重要なへエケアなのです。

抜け毛が怖くてしっかりシャンプーしないとどうなるか?

シャンプーすると髪が抜ける。したがって、抜け毛を見るのが怖くてソフトに洗う。
こうしたことを繰り返しているのは良くない現象です。
新しい髪の毛は、古い毛が抜けないと生えてこないのです。
なぜなら毛根の外側を鞘の様に包んでいる毛包(毛の皮膚の下の構造全体)の数は、生まれた時から決まっていて、その後に生えることはないからです。
多く抜けた後は、その次に少なく抜けると言うように、一定期間に抜ける毛の総量はほとんど変わらないのです。

30代女性の薄毛予防!ハゲの5つの原因と改善策

男女問わず、年齢と共に髪にハリコシがなくなり、量も減っていくことがあります。
特に40代、50代はその変化が著しく感じ、薄毛になってからでは改善するのにも一苦労します。
早いと30代から薄毛に悩まされたりします。
そこで、早いうちから薄毛予防が必要になります。
今回はハゲの原因から考える30代女性の薄毛予防を紹介していきます。

薄毛に悩む女性たち

「薄毛」と聞くとつい男性のハゲ頭を想像してしまいませんか?
実は近年女性も薄毛に悩まされている人が多くなっています。
しかし、男性の薄毛と違い完全にハゲるケースは少なく、薄くなるとかハリコシがないとかそういう悩みが多いのが特徴です。
また、薄くなると2度と生えなくなるのではと心配する声もありますが、女性の薄毛には原因に沿った対処法があり、またそれを予防する方法もあります。

では、一体なぜ薄毛になってしまうのか?
そこには女性ならではの原因がありました。

女性の薄毛の原因

①加齢

女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始めます。
加齢に伴いエストロゲンは減少すると体調など様々な所に支障をきたします。
更年期障害もその一つで、最近はプレ更年期と言われる30代からの更年期に似た症状が表れる人もいます。
このエストロゲンは減少すると、ヘアサイクル乱れさせ薄毛になると言われています。

また、女性は妊娠・出産をします。
出産は薄毛の原因とされており、これもエストロゲンが関係しています。
妊娠中は赤ちゃんに栄養を取られますが、エストロゲンなどの女性ホルモンで髪の成長期を維持します。
しかし、出産すると一気に女性ホルモンが減ることがあり、髪は休止期に入るのだそうです。
その結果、ヘアサイクルが乱れ薄毛になっていくと言われています。

②栄養不足

xdiet-jpg-pagespeed-ic-qpn5bfply5

(出典: http://bi-plus.net/diet/super-light-eater-method/
日本の女性は痩せすぎと言われるように、少し栄養失調気味な所があります。
その原因は多くの女性が経験するダイエットです。
痩せたいからと言う思いで、「野菜だけ摂ればいいや」とか極端に食事の量と回数を減らす人がいます。
これはかなり間違っていて一時的に体重が落とせたとしてもすぐにリバウンドしてしまうのと、薄毛の原因になります。
栄養を取るためには、必ず食べたり飲んだりしなければなりません。
食べなければ髪にも栄養が届きません。
間違った食事は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルを乱れさせ薄毛になる可能性があります。
無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。

③ストレス

wysiwyg_339f6364e557c414bcc7

(出典: https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/11889/images?page=1
現代の女性は仕事・育児・家事・介護・人間関係などやることが多くストレスが多いのは事実です。
ストレスは自律神経系交感神経を緊張させ血管を萎縮させます。
そうすると、頭皮への血行が悪くなり髪に必要な栄養が送れなくなることでヘアサイクルが乱れ薄毛になります。
ストレスは長く続くことが多くためこまめに発散も必要です。
薄毛の原因として見逃せないものの一つです。

④ヘアスタイル

女性は髪型によって気分が左右されると言ってもおかしくはありません。
少しの白髪やプリン状態(根元が黒く毛先が明るい状態)、ボリュームがないだけで気になって仕方ありません。
パーマやカラーをしている人は多いと思いますが、過度にやり過ぎることで髪のダメージになり細く見えたりします。
2~3ケ月周期で行うならまだマシですが、2~3週間のペースで行う人もいます。
薬剤に配合されているアルカリ剤や酸化剤などの刺激が頭皮に加わることで薄毛の原因になりかねません。

そして、長く伸ばしていると縛ることが多いと思いますが、これも毎日続けると頭皮に負担がかかり薄毛になってしまいます。
生えぎなどがハゲて見えたりしますので、注意が必要です。

⑤ヘアケア

1c7979a20bb4dbf0d529588ce2c7a0fe

(出典: http://josei-bigaku.jp/shitehaikenaiheakea97589/
昔から「髪は女の命」と言われるように女性は髪をとても大事にします。
髪を大事に扱うことはとても良い事ですが、1日に何度もシャンプーしたり、合わないシャンプーを使っていることでフケ・カユミの原因や皮脂のバランスが崩れ薄毛になることがあります。
必要以上に皮脂が多かったり、逆に乾燥しすぎることで頭皮の環境が崩れ薄毛の原因になります。

また、正しいシャンプーをしている人はどのくらいいるでしょうか?
シャンプーのやり方も間違っていると薄毛の原因になります。

薄毛の予防策

女性の薄毛の原因をご理解頂けましたか?
では、予防策はどうしたらいいのでしょうか。
それは、原因となることを改善してあげればいいのです。
では、予防策を紹介していきます。

バランスの良い食事をする

まずは最重要で見直すことは食事です。
確かに太り過ぎは体に良くないこともありますので、ダイエットが必要でしょう。
しかし、あなたの体よく見てください。
本当にダイエットの必要がありますか?
意外と必要ないのに痩せようとする人は多いです。
痩せすぎは反って異性からすると魅力的に感じません。

バランスの良い食事とは「炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラル」をバランス良く摂ることです。
全て人間にとって必要な栄養素です。
巷では炭水化物抜きダイエットが流行っていますが、炭水化物は筋肉を動かすために必要で筋肉は代謝を上げてくれます。
代謝が上がる事で太りにくい体になります。
筋トレなどを行うとより効果的になります。
人間にとって適度な炭水化物も必要なのです。

また、タンパク質は毛髪の元になる成分ですし、脂質は肌や毛髪のツヤには必要です。
ビタミン・ミネラルは毛髪が成長する助けとなります。

このようにそれぞれの栄養素は毛髪に対して効果的な働きをしてくれます。
30代女性は仕事や育児などとても忙しく中々バランスの良い食事を摂るのが難しい人もいます。
しかし、予防法としてまずは食事を見直しましょう!

ストレスを発散する

ストレスと思って甘く見てはいけません。
今やストレスは薄毛以外にも様々な病気を引き起こすことが分かっています。
ストレスにより重篤な病気にもかかる可能性があります。
30代女性は仕事と家事と育児を両立している人も珍しくありませんが、充実している一方で知らずにストレスを感じていることが多いです。
自分ではストレスに感じていないことも実はかなりのストレスになっていることもあり、知らず知らず蓄積されます。
そうなる前に自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。

映画を見る、音楽を聴く、カラオケに行く、ショッピング、友人とのおしゃべり等。
人によって様々だと思いますが、薄毛だけではあなく体のためにも必ず発散方法を確立しておきましょう。

パーマ・カラーの頻度を見直す

こんな女性がいました。
「白髪が少しでも生えると気になってしょうがない」
そのため、2週間に一回白髪染めをするのだそうです。
これは50代女性ですが、30代女性も白髪がちらほら目立ってくる年齢です。
おしゃれのためにマメにパーマをかけたりします。

高頻度のパーマやカラーは髪と頭皮にとって良くありません。
薬剤の刺激が確実に薄毛の原因となります。
年齢と共に白髪が出てくる人もいるでしょう。
ボリュームが減ってペタンとする人もいるでしょう。
その際のパーマやカラーは改善方法として手っ取り早く効果的ですが頻度には注意です。
カラーは早くても1か月おき、パーマは2か月くらいが良いです。
パーマの場合は取れてきてもボリュームが出るようにカットやスタイリングが可能です。
カラーは2か月もすると白髪や黒い部分が目立ちますので、せいぜい我慢できて1ケ月と言ったところでしょう。

頭皮や髪にためにも一度頻度を見直しましょう!

正しいシャンプーをする

シャンプーの仕方は自信満々に正しいと言えますか?
意外と間違ったシャンプーをしがちで、それが薄毛の原因となります。
毎日のことで作業になりがちなシャンプーですが、正しいシャンプーの方法をご紹介します。

① ブラッシングをする

濡らす前に必ずやった方が良い事で、絡まりがあるとシャンプーの際に無理な力が加わり抜け毛や切れ毛の原因となりますので髪を整えておきましょう。
ホコリを取ることができますので、その後の工程がスムーズになります。

② ぬるま湯で素洗いする

単に濡らす作業になっている場合が多いですが、ここでは濡らすと言うより、素洗いと言ったほうが良いかもしれません。
お湯は熱過ぎず、ぬる過ぎず38℃位のお湯を頭皮から濡らし、指の腹でマッサージしながら洗っていきます。
ここをしっかり行うと皮脂汚れやホコリなどがほとんど落ちますので、その後のシャンプーの泡立ちも良くなります。
濡らすだけの作業にならないように丁寧に、最低2〜3分行いましょう。

③ シャンプー剤をつける

軽く水気を切ってから、いよいよシャンプーです。
まずは手の平で泡立ててから、頭皮につけていきましょう。
直付するとシャンプー剤が集中的に塗布されてしまうので、その後のすすぎ残しの原因となり、炎症やかゆみなどの症状となって現れます。
一番洗わなければならないのは頭皮ですから頭皮を中心に付けていきましょう。

④ マッサージする

爪は立てずに指の腹を使ってマッサージしていきます。
爪を立てたほうが気持ちいいという人や汚れが良く落ちそうと勘違いする人がいますが、それは頭皮を傷付け皮脂の分泌が余計に出てしまう可能性などがあります
結果的に頭皮環境の悪化に繋がります。
手はバスケットボールなどの大きなボールを持つようにして、ジグザグに動かしたり、円を描いたりしながら行うとリズミカルにマッサージしていきます。
全体にまんべんなく行い必ず洗い残しのないようにしましょう。

気持ちよさのあまり2〜3分行う人もいますがマッサージは1分位で構いません。

⑤ すすぐ

シャンプー後のすすぎですが、ここも非常に重要となります。
基本的には最初のすすぎと同じですが、シャンプー剤のすすぎ残しが無いように時間をかけてすすぎましょう。
すすぎ残しがあると頭皮の炎症やかゆみとなりそれが毎日蓄積されることで、抜け毛の原因となります。
そして、指すすぎ時に指の腹を使ってマッサージすることで血行促進や毛穴の汚れやシャンプー剤のすすぎ残しもなくなります。

⑥ トリートメントを付ける

男性だとトリートメントを付けない人もいますが、女性の場合ある程度の長さがあると思いますのでトリートメントを付けましょう。
トリートメントには毛髪保護成分や補修効果のある成分が豊富に配合されています。
頭皮というより毛髪にとっては大切なもので、きしみや指通りも良くなります。
頭皮など根本は健康的な髪だと思いますので、付けるのは傷んでいる中間から毛先を中心につけましょう。
根本につけると逆にボリュームダウンさせて仕上がりがペタッと潰れて仕上がる可能性があります。

⑦ すすぐ

これで最後のすすぎです。
トリートメントのすすぎも気を抜かずにすすぎましょう!
ただ、流しすぎるとトリートメントで得られる指通りを感じなくなるので、シャンプーのすすぎほど時間はかけなくても適度にすすぎましょう。
根本についていないので頭皮に残ることはほとんどないですが、体の方にすすぎ時にトリートメントが残ることがあるので体の方も注意しましょう!

髪を下ろす日を作る

髪をアップなど上げてばかりいるとそれがハゲの原因となります。
これは牽引性脱毛症と言う症状で上げたり縛ったりすることで頭皮に負担がかかりハゲてしまうそうです。
長くて邪魔だとつい上げたりしてしまいがちですが、時々下ろすようにしましょう。

今から予防を!

「薄毛になるわけがない」や「まだまだ先の話だし」なんて言っていたら、気付いたときにはもう遅いかもしれません。
毎年インフルエンザが流行りますが、流行の前に予防接種する人もいると思います。
全くかからないわけではないですが、軽度で済む場合が多いそうです。
薄毛も今のうちから予防しておけば、薄毛になる確率を抑えられたり進行が遅くなるかもしれません。
予防しておいて安心しながら歳を重ねたいものです。

【早めのハゲ予防】高校生でも簡単、若ハゲ改善法

「ハゲ」と聞くとハゲ散らかったオヤジの頭を想像しませんか?
しかし、最近では高校生などかなり若い世代もハゲに悩んでいたりします。
髪型でお洒落を楽しみたい年頃なのに、自分がハゲだと言う現実を知ったときはかなりのショックでしょう。
また、今はハゲではなくても今後すぐにハゲる可能性もあります。
間違った習慣や行動により更にその可能性は高くなります。
でもご安心を!
そうならないために今から予防が大事です。
今回は高校生でも簡単にできるハゲ予防〜薄毛改善法までをご紹介します。

高校生の薄毛

本当にそんな若いうちからハゲるの!?と疑いたくなりますが、現実なのです。
人間の髪は一日100本前後は抜けるのですが、それ以上に抜けて生えてこなくなると薄毛になります。
高校生でもその可能性はあり、「最近額が広くなってきたような気がする」「寝起きの枕についた抜け毛が増えている」「毎朝かっこよくスタイリングしていても、トップのボリュームが出にくい」など様々なところで薄毛を疑いたくなる事が起きます。
薄毛になるメカニズムは年齢問わず変わりませんが、その原因は高校生ならではのものかもしれません。

高校生の薄毛の原因

では、そんなに若く成長期のはずの高校生がなぜハゲるのか?
原因を見ていきましょう!

ホルモンの影響

pp03_illust

(出典: http://jcrgh.com/shikkan/ppuberty_kikuchi/ppuberty3.html
高校生などの思春期は体毛が濃くなったり髭が生えたりと体に変化が起こります。
これは男性ホルモンが増えているため起こることで、大人の体へと変わっていきます。
この男性ホルモンはテストステロンと呼ばれるもので、これが5αリダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロン(DHT)という強力な男性ホルモンに変換されます。
このDHTが毛乳頭細胞と結合してしまうと、毛髪を作るための細胞分裂が少なくなります。
これにより、毛髪の成長を抑制させ成長途中で脱毛したり、細い毛が生えてきて薄毛になります。
よく言われるヘアサイクルが乱れることになります。

遺伝

遺伝と言われると元も子もないと思ってしまいますが、遺伝もハゲる可能性としては十分あり得ます。
父方の家系に薄毛の人が多くいるよりも、母方の家系に多くいる方がハゲになる確率は高くなるそうです。
あなたの家系はどうですか?
ただ、遺伝だからといって打つ手がないわけではありませんのであまり悲観的にならないようにしてください。

極度のストレス

社会人から見ると学生は大したストレスを抱えているようには見えないことがあります。
しかし、今の高校生も社会人並みにストレスを感じていることが多いのです。
・塾などで勉強漬けになる
・キツイ部活動
・学校での人間関係
・通学時間が長い
・アルバイト

など。
この他にも個人個人ストレスを感じるところが違い、学校が終わってからの予定もぎっしり詰まっています。
かなりタイトなスケジュールの人もいて、忙しさのあまり知らぬ間にストレスが体を蝕んでいきます。
交感神経を興奮させ、血管を萎縮させますので血行が悪くなり、それが薄毛の原因へと繋がります。
ストレスも見逃せない原因の一つなのです。

ヘアスタイリング

とにかくオシャレをするのが好きなお年頃です。
服装はもちろん髪も入念にキメます。
ワックスやジェル、スプレーなどを巧みに使い一番いい状態を作り上げます。
ここまでは特に問題はありません。
そのスタイリング剤を落とさないで寝るのは問題があります。
スタイリング剤のほとんどは油分を中心に処方されています。
洗い落とさずに寝てしまうと、油分が毛穴に詰まり炎症やかゆみなどを引き起こし頭皮環境を悪化させます。
それが毎日だと抜け毛が増えハゲになってしまいます。
使うことは問題ありませんが、使用したらその日の内に洗い流すようにしましょう。

食生活

食べ盛りの高校生は質より量を求めます。
とにかくお腹が減っています。

放課後、友達同士でファミレスやファーストフード店に行ったり、小腹がすいたからコンビニで揚げ物を買ったり、家で勉強する際の夜食にカップラーメンばかり食べたり。
思い当たる節が結構あるのではないでしょうか?

上記のような食事は炭水化物と脂質が中心の食事になります。
特に脂質が多いと皮脂分泌が多くなり、頭皮の毛穴をつまらせる原因になります。
また、コレステロール値も上がりますので、ドロドロな血液になり流血が悪くなります。
結果、頭皮に栄養が行き渡りにくくなり、抜け毛が増えて薄毛へとなっていきます。

社会人だけでなく、高校生でも友達や先輩との付き合いがありこのような食事になりがちです。
時々なら良いでしょうが、しょっちゅう食べている人は将来のために一度食事を見直した方が良いかもしれません。

睡眠不足

夜更かししている高校生は本当に多いそうです。
夜遅くまで好きなテレビ番組や深夜のアニメを見たり、塾で遅くなり寝る時間が遅くなったりなど。
様々な理由で睡眠時間が削られています。
慢性的な睡眠不足は血行を悪くし、成長ホルモンの分泌も妨げてしまいます。
つまり、毛髪が成長しにくい状態になってしまうのです。
しっかり寝ないと、髪だけではなく疲労が蓄積されイライラすることで他のことにも悪影響が出ますので、睡眠時間はしっかり確保しましょう。

高校生のハゲ予防

高校生の薄毛の原因を見てきましたがどうでしたか?
では、原因がわかったところで予防策を見ていきましょう。
始めるなら今からです!

食生活を見直す

image-preview30

(出典: http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/treatment/diet01.html
バランスの悪い食生活から今日で卒業しましょう!
カップラーメン、コンビニ食、ファーストフードなど、脂質ばかり摂っていては髪はもちろん体にもよくありません。
バランスの良い食事をしましょう。
具体的には、緑黄色野菜や果物からビタミンやミネラルを、肉魚などからタンパク質を摂取しましょう。
髪のもとになるタンパク質は成長を促進する上で大事になります。
また、ビタミンやミネラルはそれを助ける効果や血行を促進する作用があります。

学生だと自宅に帰るとご飯を作っていてくれるはずです。
恐らく栄養を考えて作っていると思いますので、まずは自宅でご飯を食べて、間食などのカップラーメンやファーストフードは止めましょう!

よく寝る

676

(出典: https://sokkadayo.jp/676/
寝る子は育つと言われるように成長のためには寝ないといけません。
塾で帰りが遅くなったり、いつまでもTVを見たりゲームをして夜更かししていませんか?
体の成長もそうですが、髪の成長も十分な睡眠の上で成り立ちます。
成長ホルモンが最も多く分泌されるのが、22時から2時の4時間の間です。
遅くてもこの時間内にベッドに入るようにしましょう。
髪の成長のためはもちろんですが、十分な睡眠により疲れが取れ体も軽く、勉強などがはかどったりもします。
パフォーマンス向上のためにも睡眠はとても重要なのです。

夜に必ずシャンプーする

1352147

(出典: http://healthil.jp/images/1352147
疲れてしまいお風呂に入るのを翌朝にしていませんか?
勉強に部活に遊びに、高校生は意外と忙しいものです。
帰りが遅くなり、疲れからお風呂も入らずにスタイリング剤が付いたまま寝てしまうのは良くありがちです。
学校があり、一応匂いは気になるので朝シャンをして行きます。
しかし、それはかなり危険なのです!
朝シャンプーして、一度髪をリセットしていますが、スタイリング剤はほぼ24時間ついたままになっています。
スタイリング剤の油分が毛穴を詰まらせ炎症やかゆみなどの症状として現れます。
これを何年も繰り返していると確実にハゲ街道まっしぐらです。
スタイリング剤でセットするのは良いのですが、必ず夜にシャンプーしてリセットし、髪と頭皮を休める時間を作ってあげましょう。
そして、シャンプーの際はしっかりすすぎ、指の腹でマッサージするなどのような正しい方法でシャンプーしましょう。

以上の3つがハゲの予防策となります。
今からでも始められることですので、未来の自分のために今すぐ始めましょう!

既にハゲが気になっている人は?

予防策はわかりましたが、既にハゲが気になってきている場合はどうすれば良いの?
あくまでこれまでは予防であって、改善ではありません。
では、既にハゲている人はどうするかというと、次の3つを参考にしてみてください。

クリニック治療を行う

これは育毛メソセラピーやHARG治療法などの注射をしてもらうことです。
これは成長因子を直接頭皮に注射して、発毛を促進するという方法です。
費用は学生にとって安いものではありませんが、一定の効果があるそうです。
ただ、頭皮に注射するので苦手な人は難しいでしょう。

薬による治療を行う

クリニックで処方してもらったりネットなどで販売していることがあります。
主に内服薬で、最近TVで「AGA治療」などという言葉を耳にする機会が多いと思いますが、まさにそれです。
育毛を促進させる内服薬を処方してもらい育毛を体の中から促進させます。
血行促進作用や薄毛の原因となるものを抑制させる効果があります。
飲んですぐに効果は現れませんが、早くて1、2ヶ月後には発毛を実感することができます。
しかし、未成年は服用できないものもありますので、ネットや店頭などで購入せずに必ず医師や薬剤師に処方してもらったものを飲みましょう。

自毛植毛する

最終手段と言っても過言ではありません。
自分の毛が生えている後頭部から移植して植毛する方法です。
かなり高い効果があり、自分の毛を使うので拒絶反応もなく自然に仕上がります。
一度生えてくると生涯生えてくると一方で、傷跡が残ったりの後遺症や、費用が高いことが懸念材料です。
学生の場合はお金もないのと、植毛手術には親の承諾書が必要になります。
まずは、親に悩んでいることを打ち明けてからの話となりそうです。

育毛剤を使う

これまでに紹介した3つの改善方法はちょっと敷居が高く感じるでしょう。
そんな人のためには育毛剤を使うという方法があります。
高校生なのにもう育毛剤を使うの!?と感じるかもしれませんが、育毛剤に頼るのはとても賢い選択です。
育毛剤には毛髪の成長を促進する成分が含まれており、また薄毛の原因となるものを抑制する成分が含まれています。
薄毛になってしまってからより、なり始めた頃に使ったほうが効果を感じやすいのだそうです。
最近は男女問わず使用していますし、年齢も若い人も使っていたりします。
恥ずかしからず育毛剤という選択肢を選んでみてはいかがですか?

今から早めの対策を!!

今回は高校生のハゲ予防と薄毛改善法について解説してきました。

予防法と改善法は即効性のものではなく、根気強く行うと結果がついてくるものです。
コツコツ積み重ねた行動が何十年後に現れ始めます。
薄毛になってからでは改善も大変になるので、若い今だからこそやる必要があります。
何かと忙しいでしょうが、面倒臭がらずに根気よく続けましょう!

女性にお勧めの薄毛対策シャンプーランキングTOP10

最近は女性でも薄毛に悩まされている人も少なくなく、その背景にはストレス、や生活習慣の乱れ、などが大きく関係してしますがシャンプーの影響を非常に大きいです。なぜならシャンプーは私たちは慣れてしまっているので何気なく使っていますが、実は「髪の毛の薬」と言われるほど髪の毛に影響を及ぼします。これは、毎日使っているためです。

みなさんは、普段どんなシャンプー剤を使っているでしょうか?シャンプー選びの基本は、自分の頭皮の状態に合わせたものを選ぶこと!今回は女性にお勧めの薄毛対策シャンプーをランキング形式で10選お届けします。まずは自分が気にいったシャンプーから使ってみて、自分の頭皮に合うようなシャンプーを見つけてください!

第10位【CA101シャンプー】

457

出典:http://jisin.kokode.jp/products/detail.php?product_id=457
「CA101シャンプー」は、リピート率96%の人気育毛シャンプーです。その魅力は、頭皮の老化を徹底的にケアできる点で、酵素の力を利用して頭皮のターンオーバーを整えて健康的な頭皮を作る手伝いをしてくれます。

さらに頭皮だけではなく、髪の毛がダメ―ジを受けてキューティクルが逆立ってしまっているような毛のダメージ補修効果や、バラの香りを中心とした女性らしいフレグランスで、魅力的な香りを放つ髪の毛に仕上げてくれます。

また、ホホバ油やブドウ葉エキスなどの多くの天然成分も配合されていて、髪や頭皮に潤いを与え、健やかな髪が育つような環境をつくるサポートをしてくれます。

みなさんの中にはアトピーをお持ちの人もいるでしょう。アトピーをお持ちの人は、育毛シャンプーは結構何を使っても肌が荒れるという人も多いと思います。そうです、育毛シャンプーは基本的には通常のシャンプーよりも刺激強め。でもこちらのシャンプーは低刺激なので、アトピーをお持ちの方でも、比較的安全に使うことができるでしょう。

第9位【オレンジシャンプー】

3_1

出典:http://www.orange-shampoo.jp/fs/shampoo/haircare/wb2
オレンジシャンプーはその名の通り、オレンジを使ったシャンプーです。では、オレンジが髪の毛や頭皮とどのような関係があるのか。実はオレンジの成分中に含まれている「リモネン」という天然成分は皮膚につくことで、皮膚を柔らかくする働きがあり、柔らかくなった皮膚からはゴッソリと汚れや皮脂を落とすことができます。そのためオイリー肌で毛穴が詰まっている人や、乾燥肌でフケが毛穴を塞いでしまっている人にとてもおすすめのシャンプーです。

さらに、オレンジシャンプーは米ぬかに含まれているイノシトールという抗酸化成分を多く含んでいて、頭皮の酸化を抑えて健康的な頭皮み導いてくれます。また、こちらも天然成分やオーガニック成分で作られているシャンプー剤なので、敏感肌で普通のシャンプーを使うと荒れてしまうという人でも比較的安全に使用することができます。

何度も言いますが、シャンプーは毎日使うもので髪の毛に大きな影響を与える要素の一つです。選ぶならこちらのような天然成分やオーガニック成分が豊富に含まれている安全な製品を選んでいくというのも大切です。

第8位【スカルプD ボーテ シャンプー】

btspn000a1_1

出典:http://sd-beaute.angfa-store.jp/ad/beaute/?utm_source=google&utm_medium=sdb_ls&utm_campaign=sdb_lsgoogle_X&re_adpcnt=13s_ElHX
女性の薄毛というのは、男性とは違い女性ホルモンの影響を受けて薄毛に鳴ってしまっている可能性も考えられますが、「スカルプD ボーテ シャンプー」は女性ホルモンの乱れに重点を置いて開発されたシャンプーで、一般的なシャンプー剤には、配合されていることが少ない豆乳発酵液であるトリプルイソフラボンが配合されています。

トリプルイソフラボンは女性ホルモンの減少で引き起る薄毛にとても有効な成分で、女性ホルモンの減少が原因で起こる髪の毛が細くなる、ハリやコシがなくなるといった状態にアプローチをかけ、トリプルイソフラボンの力で、しっかりと保湿をして、健康的な頭皮になるサポートをしてくれる商品です。

さらに、こちらのシャンプー剤はアミノ酸系のシャンプーのため、髪の毛自体となるケラチンを含み、外側から髪の毛の深部に栄養を届けます。

加齢により、頭皮が乾燥してしまって、フケや痒みが出てしまっている人や薄毛というよりは、髪の毛自体にハリやコシがなくなり、細くなってしまったという人におすすめのシャンプーです。

第7位【LABOMOスカルプアロマシャンプー】

56426

出典:http://ec.artnature.co.jp/shop/g/g56426/#landbuy
LABOMOスカルプアロマシャンプーは、あのアートネイチャーが開発したシャンプー剤で、「青のLABOMO」と「赤のLABOMO」の2種類のスカルプアロマシリーズに分かれていて、それぞれで成分と効果が異なります。「青のLABOMO」は髪の毛にハリやコシを付けて太い髪の毛を育てるためのサポートをしてくれる働きがあります。一方、「赤のLABOMO」は乾燥した頭皮に潤いを与え、ふんわりとした柔らかさのある女性らしい髪の毛になるサポートをしてくれます。

どちらのシャンプーにも天然成分が豊富に配合されていて「青のLABOMO」にはコーヒーエキスやラベンダー油、ポップエキスなどが配合されています。「赤のLABOMO」はシャクヤクエキスや大豆エキス、プラセンタエキスなどが配合されていて、自分に合った有効成分で頭皮や髪の毛にアプローチできます。

第6位【ピュアナチュラルシャンプー】

r29227

出典:http://purenatural.info/product/

ピュアナチュラル」シャンプーは美容師さんの手荒れを改善するために作られたシャンプーで肌にとにかく優しいシャンプーです。成分には、合成香料や着色料、紫外線吸収剤などの添加物などを一切使っていないので、かなり低刺激!敏感な女性の肌とてもよく合うシャンプーです。天然成分として配合されているのは、強い保湿効果のあるローマカミツレ、抗酸化作用のあるセージ、血行促進効果のあるマロニエなど、さまざまな育毛成分が配合されています。

さらに、うれしいのはその香り。香り成分には合成香料の代わりにラベンダーやローズマリーなどが配合されていて、とても爽やかな香りで女性人気がとても高いです。このように、とても肌のことを考えて作られているので、敏感肌の人には特におすすめです!

第5位【リマーユシャンプー】

rimayuhair_pdc01

出典:http://www.libatape.jp/store/product/remayuhair.html
みなさんは、頭皮が乾燥してフケや痒みなどが出てしまっていることはありませんか?そんな人には、リマーユシャンプーがおすすめ!リマーユシャンプーは天然の馬油が含まれているシャンプーで非常に高い保湿効果があります。馬油は馬のたてがみからとれる精製度の高いものを使用しているので、臭いがあまり気になりません。さらに、こちらのシャンプーはアミノ酸系シャンプーで、肌への負担も少ないため、頭皮や髪の毛も優しいシャンプーです。

第4位【アデノバイタルシャンプー】

img_item_01

出典:https://www.pro.shiseido.co.jp/haircare/adenovital.html
アデノバイタルシャンプーは、アデノシンが配合されている育毛剤であるアデノバイタルのシャンプー版です。育毛剤もシャンプー剤も特に男性から人気を集めている商品ですが、もちろん女性からも人気も非常に高く、ろくにアデノバイタルと併用して使用することで育毛剤の効果がグンとアップします。

薄毛に悩んでいる人で育毛剤を使用している場合は、ぜひアデノバイタル+アデノバイタルシャンプーを使ってみてください!

第3位【マイナチュレ・シャンプー】

thumb_03-1

出典:http://www.my-nature.jp/products/shampoo
本当に敏感肌の人の場合は、合わないシャンプーを使ってしまうことで、肌が荒れたり、頭皮だけではなく体に負担がかかってしまうことも良くあります。そこでとても敏感肌の人にお勧めしたいのが、マイナチュレ・シャンプーです。
こちらのシャンプーはモンドセレクションで3年連続で金賞銀賞を受賞している良質なシャンプーです。成分は化学合成された添加物などを一切使用していないので、完全に無添加!さらにヒアルロン酸やカブリトイルヅリシン、ワイン酵母エキスなどの頭皮環境を整えてくれる効果を持っている育毛有効成分が29種類も配合されています。

香りはシトラスのすっきりとした爽やかさのあり、洗い上がりも泡切れもよく日本人好みの清涼感のある洗い心地です。さらに、無添加シャンプーは基本的に泡立ちが良くないものが多いですが、こちらの商品はしっかりとした濃密泡が立つので、とても洗いやすいです。また、アデノバイタル同様に、育毛剤も出していて、育毛剤も無添加!とにかく肌のことを考えてくれています。

敏感肌で色々なシャンプーを試したけど、いまいち自分には合わなかった。そんな人は、一度こちらのシャンプーを使用してみてはいかがでしょうか?また、

第2位【ボタニスト】

13113825_1656840154536693_152846650_n

出典:https://www.instagram.com/p/BFoSnjxIs31/
可愛らしいボトルに詰まったこちらのシャンプーは「ボタニスト」というシャンプーで、植物由来の天然成分で作られているオーガニックシャンプーです。洗浄成分として配合されているのは「コカミドプロピルベタイン」という天然素材で子供用のシャンプー剤などに配合されていることが多い低刺激成分です。

保湿成分には、コラーゲンやセラミドなどの成分が配合されていて、効率的に頭皮や髪の毛に潤いを与えることができます。また、こちらのシャンプー剤はシリコン剤を一切使用していないノンシリコン、さらに合成着色料や硫酸塩もフリーなので、肌に非常に優しいシャンプーです。

そしてノンシリコンシャンプーの特徴の泡立ちの悪さは、完全に改善されていて、フワフワで心地の良い泡が立ちます。洗いにくくてノンシリコンシャンプーの良さがいまいち分からなかったという人はぜひ、こちらのシャンプーをお使いください。

第1位【チャップアップシャンプー】

2

出典:http://www.rifondazionepuglia.org/chapshampooa.html
そして、栄えある第1位に輝いたのは、大人気商品「チャップアップシャンプー」です。こちらはアミノ酸系の洗浄成分をたっぷりと配合した低刺激シャンプーで、その他にも、頭皮の保湿成分や髪の毛自体の保湿成分がたくさん配合されている贅沢なシャンプーです。

さらに、チャップアップはミノキシジルという育毛成分が含まれている育毛剤も出しておりこちらと併用することで、より健康的な頭皮環境を保つことができるため、かなりおすすめです。

洗い心地は若干サラサラとした洗い心地でそこほど、泡立ちは良くありませんが、確かに薄毛には効果的なシャンプー剤ですので、薄毛でお悩みの人は試してみてはいかがでしょうか?

女性におすすめなのは保湿成分がたくさん含まれたシャンプー

女性は男性に比べると、皮脂の量が少ないため頭皮が乾燥してしまい、乾燥から薄毛に繋がってしまうケースが非常に多いのです。そのため、薄毛対策シャンプーとして大切なのは、いかに優れた保湿成分が配合されているかという点になります。通常のシャンプー剤は洗浄力が強すぎて、かえって乾燥してしまうこともあるので、このような育毛シャンプーを積極的に取り入れていくことも非常に大切になります。この中から自分に合ったシャンプーを見つけて効率的に育毛できるようにしてみてください。

円形脱毛症に効く!シャンプーTOP7

円形脱毛症に効く!シャンプーTOP7

■何故円形脱毛症は起きるのか?

円形脱毛症が発症する確率はおよそ1%から2%ほどであり、100人に1人は円形脱毛症に悩まされる可能性があります。

実は円形脱毛症は古く平安時代からあったと言われており、その頃は「鬼が舐めた跡」などと呼ばれていました。

流石に現代でそんなことを言えば笑われてしまうかもしれませんが、実は円形脱毛症の原因については、いまだ解明されていない部分も数多く残っているんです。

■円形脱毛症の主な原因

解明されていない部分が多いとはいえ、円形脱毛症に関係しているであろう事柄はいくつか存在します。

1.心因性ストレス

円形脱毛症にかかわらず、ストレスは頭皮や髪の大きな敵となります。

人間はストレスを感じると交感神経が働き、それを防御しようとします。ちなみに、交感神経は内臓器官の働きや血行の流れを管理する神経です。

しかし、過剰にストレスを感じてしまったり、長期間に渡ってストレスを感じると、交感神経の働きが鈍くなったり、異常をきたしてしまい、本来の交感神経の働きが悪くなってしまいます。

結果、血行の巡りが悪くなってしまい、頭皮に十分な栄養素が回りづらくなり、円形脱毛症に繋がるといわれています。

ただ、実は「ストレス自体が円形脱毛症の直接的な原因ではない」と考える方も多いようです。

実際、アメリカと日本では円形脱毛症に悩まされる患者数の割合があまり変わらないといった研究結果が出ています。確かに、国も環境も違うにもかかわらず患者数が増減していないということは、精神的な部分の影響は少ないのかもしれません。

ですが、ストレスが頭皮や髪に良くないのは事実ですから、やはり注意せねばなりません。

2.遺伝

円形脱毛症が発症してしまった方のおよそ2割は、親族にも同様に円形脱毛症を発症した人がいるという研究結果が出ています。

つまり、身内に円形脱毛症の方がいる場合は、自分も発症する可能性が高まるということですね。

3.ホルモンバランス

特に女性に多い理由なのがホルモンバランスの乱れです。

女性の体内で妊娠、出産などの変化が起きると、合わせて女性ホルモンであるエストロゲンが増減します。

エストロゲンは肌や髪にとって重要なホルモンです。多い状態から少ない状態に一気に状況が変われば、頭皮にも影響が現れます。

無論、男性もこのエストロゲンが減少すれば、薄毛や抜け毛に繋がってくる訳です。

4.免疫の誤作用

円形脱毛症に限ったことではないのですが、人間の体は時々免疫の誤作用によって本来あるべき、守られるべき細胞が破壊されてしまうことがあります。

円形脱毛症も、この免疫のご作用によって引き起こされることがあります。

5.アトピー性皮膚炎

はっきりと解明されているわけではありませんが、円形脱毛症が発症する方の4割以上がアトピー性皮膚炎の方とのこと。

確かに、アトピーも円形脱毛症も治療に使われる薬品がステロイドであることから考えれば、何か関連性があるのかもしれません。

■円形脱毛症はどうやって治す?

実際、円形脱毛症は自然治癒がまったく不可能なものではありません。大体3か月から1年ほどすれば元のように髪が生えてくることもあります。

ストレスが起因となっている場合は、そのストレスの対象を取り除けばいい訳ですから自然と髪もまた成長をし始めてくれるということです。

ですが、多くの方の場合は「円形脱毛症になってしまった」という事実がよりストレスを感じさせる要因となってしまい、中々いい方向には向かいにくいことのほうが多いようです。

また、アトピー性のものや免疫の誤作用によるものだと、なかなか自分自身の力のみで完治させることは難しいでしょう。そういった場合は、しっかり専門医に相談する必要性があります。

■自分で出来ることって何かないの!?

通院して治療するのももちろんですが、やはり「自分自身でも何かできることはないか?」と、思いますよね。

実際「自分でも髪を成長させている、治している」と、感じることができればストレスの軽減にもつながりますし、本当にいいことをしている訳ですから効果も実感できます。

そこでオススメなのが、円形脱毛症に効くシャンプー選び!

シャンプーは多くの方が毎日するヘアケア活動の一種です。そこで使用するものを円形脱毛症に効果的なものに変えるだけでも、治療に向けた大きな一歩となります。

■シャンプーを選ぶ上で…

とはいえ、今やシャンプーの種類はとんでもない数が存在し、その中には頭皮のケアや髪のケアなどに有効な商品も多数存在しますが、どれを選べばいいのかすごくわかりづらいですよね。

だからと言っていろんな種類のシャンプーを試す訳にもいきません。コストもかかりますし、今以上に頭皮の状態が悪化してしまったりする可能性もあります。

何より、薄毛や抜け毛の改善には時間がかかります。自分の状態に合わないシャンプーを使い続けて気づいたらもう半年…。なんて自体は避けたいところです。

まずはどういったシャンプーが薄毛や抜け毛に良いかをご説明した上で、オススメのシャンプーをお伝えさせていただきます!

■円形脱毛症にはアミノ酸シャンプー!

髪の毛がタンパク質から作られていることはご存知の方も多いと思いますが、髪を構成するタンパク質(ケラチン)を生成する役割を果たすのがアミノ酸です。

経口タイプのサプリメントなどでも、人気の高いアミノ酸ですがシャンプーとしても非常に頭皮にやさしいものになっています。

特徴としては以下のものがあります。

頭皮にやさしい
アミノ酸を含むシャンプーは基本的に洗浄力が抑えられており、シャンプーを使うことによって頭皮や髪にかかる負担が非常に抑えられます。

うるおいがでる
先ほども紹介したようにアミノ酸は髪を生成しているタンパク質の元となります。そのため、頭皮や髪に直接栄養を与えることができるため、しっとりと元気な髪に育ちやすくなります

乾燥しづらい
頭皮が乾燥しやすく、フケやかゆみが悩みの方は、洗浄力が強いシャンプーを使ってしまっており、カサカサになってしまっている場合があります。そういった際にはアミノ酸シャンプーがオススメでしょう。

基本的には「洗浄力が抑えめ」で「頭皮に潤いを持たせる効果がある」のが特徴と考えてください。

ですから、敢えて洗浄力の強いシャンプーを使っている方には向いていません。また、お値段も少々高めということは頭に入れておきましょう。

■“アミノ酸”と書いてあるだけではダメ!

アミノ酸シャンプーを早速購入する際、気を付けなければいけないことがあります。

それが、購入を考えているものが「アミノ酸シャンプー」なのか「アミノ酸“配合”シャンプー」なのかという点です。

アミノ酸“配合”シャンプーの場合は、違う洗浄成分のシャンプーの中にアミノ酸が少し含まれているだけであり、アミノ酸シャンプーとは全くの別物です。

「アミノ酸」という言葉が入っていた場合でも、洗浄成分が硫酸系(ラウリル硫酸など)やスルホン酸系(オレフィン・スルホン酸)と、表記されていた場合には、それはアミノ酸シャンプーではありませんので注意してください。

アミノ酸シャンプーを選ぶ際は「ココイルグルタミン酸」「ココイルアラニン」「ラウロイルメチルアラニン」などの洗浄成分が表記されているものがオススメです。

■オススメシャンプー7選!

ここでは、オススメのアミノ酸シャンプーをご紹介します!

・アロマのやさしさ

03
出典:http://www.t-tree.net/shampoo/index.html
3024円/500ml

公式サイトをご覧いただければわかるように、アミノ酸、そして天然由来の成分に強いこだわりを持って作られているシャンプーです。

洗浄力があまり強くないため「二度洗い」を推奨しているところから考えるに、相当頭皮や髪に優しいシャンプーであるといえます。

価格もこの金額なら、決して高くはありません。まずは公式サイトをしっかりと呼んでみることをオススメします。

・スカルプDオイリー

sdoly000ae_1
出典:http://www.angfa-store.jp/ITEM/SDOLY000A1
3900円/350ml

頭皮や髪でお悩みの方ならその名を知らないほど有名なスカルプシリーズ。

独自で配合した「アミノウォッシュ+」など、アミノ酸系シャンプーとしてかなり効果が期待できることにくわえ、豆の成分を配合するなど、老舗メーカーだからこその研究開発の努力が伺えます。

先ほどのアロマのやさしさと見比べると価格的には少し割高感を感じるかもしれませんが、このスカルプDがアミノ酸シャンプーにおける価格の平均値くらいと考えていただくとよいでしょう。

・ウーマシャンプー

exhibit-2-50-ex
出典:http://cart.u-ma.co.jp/category/30
3800円/300ml

旅館などに宿泊すると、大浴場に「馬油シャンプー」が置いてあったりしませんか?

馬油には高い保湿成分としてシャンプーによく用いられることがありますが、その馬油が配合されているのがウーマシャンプーです。

また、有効成分のグリチルリチン酸2Kは、ステロイド様作用の成分であり、アトピー性皮膚炎に悩んでいる方が利用を検討するのもよいかもしれません。

30日間の返金保証サービスも嬉しいポイントです。

・ありがとうシャンプー

sha320
出典:http://aspiral.jp/shampoo.html
2300円/400ml

アミノ酸シャンプーの良さと石鹸シャンプーの良さを混ぜ合わせたのがこのありがとうシャンプーです。

無添加なのはもちろんのこと、アミノ酸シャンプーにとって弱点である「洗浄力の弱さ」を、石鹸シャンプーの部分で補っています。

公式サイトにて「自然派スカルプ」とうたっているように石鹸シャンプーは他の洗浄成分に比べて安全性が高いため、アミノ酸シャンプーを使用しつつ、ある程度の洗浄力が欲しい方にオススメしたいシャンプーです。

・レパオスカルプシャンプー

181669_xl
出典:http://www.e-goodsmile.co.jp/shopdetail/000000000117
3000円/400ml

頭皮にやさしい「ボリュームアップシャンプー」との見出しが心強いレパオスカルプシャンプー。

泡立ちもよくしっかりとした洗い心地が特徴で、ローヤルゼリーなども配合されており、非常に栄養素の多いシャンプーです。

公式サイトでセールをしていることがあり、2000円以下で購入できるチャンスもあります。

・モンゴ流シャンプー

sha-new4size
出典:http://www.mongoryu.com/mongoryu01/
4980円/400ml

「モンゴリアンは何故ふさふさなのか?」と、中々センセーショナルな考えから作られたのがモンゴ流シャンプーです。

モンゴリアンの方々が昔から洗髪の際に使用していた成分(モンゴロイド3大伝承成分)を中心に、30種類の天然植物成分を配合したスカルプシャンプーとなっています。

やはり多くの成分が含まれているだけあって、他のシャンプーに比べると少々割高感です。

・ちふれアミノシャンプー

2528
出典:http://www.chifure.co.jp/products/haircare/2528.html
540円/200ml

化粧品を主に販売しているメーカー、ちふれのアミノ酸シャンプーです。

最大の特徴はその価格。200ml入りとはいえほぼワンコインで購入することが可能であり、そこが大きな魅力といえるでしょう。

ただし、サイト上の成分表を見ていただいてもわかるようにあくまで「アミノ酸シャンプー」であり、他のシャンプーのように「育毛・発毛」にかかわる成分までは含まれていないことに注意が必要です。

また、洗浄力に物足りなさを感じる方も多いようです。

それでも、お財布に余裕のない方は現在使用しているシャンプーと見比べて、まずはアミノ酸シャンプーであるちふれに乗り換えてみるのも手でしょう。

■シャンプーひとつで大きな違い

シャンプーは日常生活の中でほぼ毎日行うヘアケア活動です。ただし、場合によってはさらに薄毛を進行させてしまう可能性もあります。

そうならない為にも、まずはシャンプーの見直しをはかりましょう。

また、アトピー性の円形脱毛症であると医師から診断された方は、必ずシャンプーを購入して使用する前に、医師に相談してみるとよいでしょう。

女性のハゲ・薄毛改善法まとめ7選〜女性のハゲを救う〜

薄毛と聞くと男性を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?
実は女性も薄毛に悩まされているのです。
今回はそんな薄毛に悩んでいる女性必見の改善方法をご紹介します。

男女で違う薄毛の原因

同じ人間だから薄毛になる理由は男女で同じと思う人は多いでしょう。
しかし、実は薄毛となる原因は男女で違うのです。
同じ人間でも体のつくりやホルモンバランスなど違うように薄毛の原因も違います。

男性の薄毛の原因

①男性ホルモン
男性ホルモンのテストステロンを5αリダクターゼ(還元酵素)と呼ばれる物質が変換させ強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)になり、毛細血管を収縮させます。
それにより毛髪の成長を抑制させることにより薄毛になると言われています。

②遺伝
薄毛遺伝子といわれる「アンドロゲンレセプター」の感受性が薄毛に影響すると言われています。
隔世遺伝すると言われ特に男性に強く表れることが多く、父方の家系に薄毛の人が多くいることよりも、母方の家系に多くいることの方が薄毛になる確率が高いと言われています。

③食生活
食生活は毛髪に与える影響は大きく、脂質が多い食事など偏った食事で薄毛になる場合もあります。
毛髪の成長にはタンパク質やミネラル、ビタミンも必要になります。
食生活が偏ると血行が悪くなり、毛母細胞に栄養が行かず、毛髪の成長を妨げることになります。

④睡眠・ストレス・タバコなど生活習慣
睡眠・ストレス・タバコは血行を悪くする要因の一つです。
血行不良より、毛母細胞に栄養を送ることができなくなり毛髪の成長を妨げることになります。

以上が男性の薄毛の原因と言われています。

女性の薄毛の原因

①女性ホルモン
女性ホルモン「エストロゲン」は、30代で減少を始めます。
このエストロゲンが減ることにより、女性は体調など様々な所に支障をきたします。
よく聞く更年期障害もその影響の一つで、髪も例外ではありません。
エストロゲンの減少によりヘアサイクルが乱れ薄毛になると言われています。

そして、女性しか経験することができない出産も薄毛の原因とされており、これもエストロゲンが関係しています。
妊娠中は赤ちゃんに栄養を取られますので、エストロゲンなどの女性ホルモンで髪の成長期を維持しますが、出産すると一気に女性ホルモンが減ることがあり、髪は休止期に入るのだそうです。
その結果、ヘアサイクルが乱れ薄毛になっていくと言われています。

②ストレス
これは男性同様で、ストレスは自律神経系交感神経を緊張させ血管を萎縮させます。
そうすると、頭皮への血行が悪くなり髪に必要な栄養が送れなくなることでヘアサイクルが乱れ薄毛になります。
現代の女性は育児・仕事・プライベートな人間関係などストレスが多いのは事実です。
ストレスは薄毛の原因として見逃せないものの一つです。

③無理なダイエット
大半の女性が経験するダイエット。
実はこれも、間違ったダイエットをしてしまうと薄毛の原因になります。
人間が栄養を取るためには、食べたり飲んだりしなければなりません。
食べなければ髪にも栄養が届きません。
極端な食事制限は体だけではなく髪にも十分な栄養が行き渡りませんので、へサイクルが乱れ、薄毛になる可能性があります。
無理なダイエットはホルモンバランスにも影響しますので注意です。

それと、男性同様に脂質中心の食事ですとそれもまた薄毛の原因となります。
タンパク質、ミネラル、ビタミンなど髪に良いとされる栄養素をバランスよく摂らないと薄毛の原因となります。

④生活習慣
これも男性と同じですが、睡眠が足りないと薄毛の原因となります。
成長ホルモンは午後10時から午前2時の間に大量に分泌されますので、この時間帯になるべく眠りにつけるように調整したいものです。
睡眠をきちんと取らないと髪の成長を妨げることになります。

⑤ヘアスタイル
基本的に女性は髪に気を使いおしゃれにしています。
パーマやカラーを毎月している人もいるようですが、過度にやり過ぎることで髪やのダメージになり細く見えたりします。
また、頭皮にも刺激が加わることで薄毛の原因になりかねません。

そして、長いと縛ることが多いと思いますが、これも毎日続けると頭皮に負担がかかり薄毛になってしまいます。

⑥ヘアケア
髪を大事に扱うことはとてもいいですが、日に何度もシャンプーしたり、合わないシャンプーを使っていることで皮脂のバランスが崩れ薄毛になることがあります。
必要以上に皮脂が多かったり、逆に乾燥しすぎることで薄毛の原因になります。

男性と女性で微妙に原因が違うのをお分かりいただけましたか?
次は女性の薄毛症状について解説致します。

女性の薄毛症状

①脂漏(しろう)性脱毛症
髪を洗う頻度が少なかったり、頭皮に合わないシャンプーを使っていたりすると皮脂が必要以上に分泌されることで起こる脱毛症状。

②粃糠(ひこう)性脱毛症
脂漏性とは逆で頭皮の乾燥により起こる症状。一日に何度もシャンプーしたり、シャンプーが合わなかったりするとフケかゆみの原因になります。
このフケが毛穴を防ぐことで脱毛の原因になります。

③分娩後脱毛症
産後の脱毛症状。
ホルモンバランスの乱れにより起こります。

④牽引(けんいん)性脱毛症
長時間継続してポニーテールやアップスタイルなど髪を引っ張る様なスタイルにしている場合に起こる症状。
頭皮に負担がかかり薄毛の原因になります。

⑤瀰漫(びまん)性脱毛症
頭髪全体の髪が脱毛する症状。
原因は加齢やストレスダイエット等様々で全体が均一に脱毛するので、境界線がはっきりわからないのも特徴です。

以上が女性の薄毛症状となります。
原因を理解していると、症状と繋がっていることが分かるはずです。

それって私かも!?こんな人は要注意!

では、具体的にどんな人が薄毛になる可能性があるのか。
下記表に一つでも当てはまる人は注意です。

1 職場でのストレスが多い。
2 出産直後だ。
3 育児が大変と感じる。
4 ほぼ毎日髪を結ぶ。
5 年齢は30代より上。
6 人間関係があまり上手くいっていない。
7 パーマ・カラーの頻度は2~3週間に1回。
8 毎日2~3回髪を洗う。
9 シャンプーしたのにかゆい。

又は、べとべとしている。

10 夜は眠れず夜更かしすることが多い。
11 最近急激なダイエットをした。
12 揚げ物など脂っこいものを毎日食べる。

あなたはいかがですか?
もしかすると、ほとんどの人が一つ当てはまったかもしれません。
では、具体的に何をすれば良いのか、改善策をご紹介していきます。

女性の薄毛改善法7選

①バランスの良い食生活

illust6

(出典: http://www.tmch.or.jp/kensin/overview/letters/metabolic3.html
食生活は髪にも大きく影響しますので、バランスと摂れた食生活を心がけましょう。
おいしいからと言って炭水化物と脂質の多い食事になりがちですが、タンパク質を中心にビタミンとミネラルなどの栄養素も積極的に摂っていきましょう。

また、女性ホルモンを増やすことで薄毛改善になりますので、大豆製品や卵はお勧めです。
大豆製品には「大豆イソフラボン」と呼ばれる栄養素があり、女性ホルモンに似た働きをしてくれます。
卵もコレステロールという悪いイメージがありますが、コレステロールは女性ホルモンの大切な材料となります。
最低でも1日1個食べる習慣をつけましょう。

②ヘアスタイルを見直す

ヘアスタイルを見直すことはとても重要です。
頻度の多いパーマやカラーは本当に必要なのか?
実はもっと周期を遅くしても問題ないことがあります。
いつもより1週間周期を遅らせるだけで頭皮にかかる負担は減ります。

また、ほぼ毎日長時間アップスタイルをしている人。
たまには頭皮を休める意味でも、髪を下ろしてみませんか?
楽なのはわかりますが、自分自身も周囲の人も新鮮に感じ印象が柔らかくなる可能性もあります。

③ヘアケア剤と頻度を見直す

jyosham

(出典: http://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/s1shampoo.html
シャンプーしたのに直後からかゆかったり、べとべとしていたり…。
それ実はヘアケア剤が合っていない可能性があります。
頭皮の一番いい状態は、皮脂があり過ぎてもなさ過ぎてもダメです。
シャンプーにより、皮脂を奪い過ぎてフケかゆみになったり、洗浄力が弱すぎてべとべとしているなど、シャンプーが合わないせいで様々なことが起こります。
自分の頭皮の状態を知り、それに合ったヘアケア剤を選びましょう。
もし、何を選んでいいかわからない場合は、行きつけの美容室の美容師さんに聞いてみましょう。

そして、頻度ですが1日1回に抑えましょう。
日に何度も洗うと必要な皮脂がなくなってしまいフケ、かゆみの原因となります。
夏場などどうしても2回洗いたい場合は、2回のうち1回はお湯で流すだけにするか、洗浄力が弱いシャンプーで洗うと良いかもしれません。
そして、必ず夜寝る前のシャンプーをお勧めします。
成長ホルモンが出る時間に頭皮環境が整っていると髪も成長しやすいですので、スタイリングが付いたまま寝ないように必ず夜寝る前にシャンプーしましょう。

④規則正しい生活を送る

t001-b

(出典: http://www.tukare-kaifuku.net/karada/23/
ついつい夜更かししていませんか?
先述しましたが、成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
この時間に睡眠についていると成長ホルモンも出やすくなります。
髪の成長もその時間に合わせたいですので、遅くても0時には寝るようにしましょう。

⑤ストレスを解消する

仕事・育児・介護・家事・近所との人間関係・家族関係…。
数えればきりがありませんが、日々私たちはストレスを感じています。
小さいストレスと思ってあなどってはいけません。
それが蓄積されることでも体には悪い影響を及ぼします。
自分なりのストレス発散方法を身につけ小出しに発散しましょう。
一人の時間を作るのも意外とストレス発散になりますよ。

⑥筋トレを行う

5504cb23-5557-4d9b-ac26-1a6af78c40d4

(出典: https://kaumo.jp/image/3797325
過度なダイエットをする人は食事制限だけで痩せようとする傾向にあります。
運動など辛いことは極力したくありませんよね。
しかし、食事制限だけですと筋肉が落ち代謝が落ちます。
筋トレなど運動をすることで代謝があがり血行も良くなります。
結果的に、頭皮にも影響するかもしれませんので筋トレは女性にもお勧めです。

⑦育毛剤を使用する

上記の改善策を行った上で育毛剤を使うことはとても効果的です。
育毛剤にはその名のとおり育毛のための成分がふんだんに配合されています。
本気で薄毛を改善したい人は育毛剤をお勧めします。

女性の薄毛の場合、男性の薄毛と違い完全にハゲになることは少ないです。
ですから、こういった育毛剤である程度改善する余地があります。
また、原因も自分の意志によって改善できることが多いですので、育毛剤と他の改善方法を併用することで薄毛改善を実感できる場合が多いです。

最近は女性用の育毛剤もたくさん発売されています。
男性用と女性用育毛剤では有効成分が違い、女性が男性用育毛剤を使うと副作用が出ることがありますので、必ず女性用育毛剤を使いましょう。

今すぐ隠したい人は

上記の改善方法はすぐに目に見えてわかるものではありませんが、効果を実感できる可能性は大いにあります。
しかし、今すぐ隠したい人もいるでしょう。
そんな人は、

①増毛スプレー、パウダーを使う。
②ウィッグを被る。
③普段の分け目を変える。

等もあります。
最終手段として覚えておいても良いと思います。

しかし、一番良いのは紹介した7つの改善方法です。
まずはできることから1つずつ始めてみませんか?

髪と頭皮に優しいシャンプーはどれなのか?特徴とオススメのシャンプー20選

皆さんはシャンプーはどんなものを使っていますか?今ドラッグストアではかなり多くの種類のシャンプーが販売されています。しかしながらシャンプーの種類が多すぎてどのシャンプーを使っていいのかわからなくなっている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は髪の毛と頭皮にやさしいシャンプーをまとめてみました。

優しいシャンプーって、どんなシャンプー?

ではやさしいシャンプーとは一体どのようなシャンプーのことを言うのでしょうか。それはシャンプーは使われている材料によって大きく分類されるのです。まず1つ目はアルコール系のシャンプーでしょう。アルコール系のシャンプーは強い洗浄力を持っています。中には天然由来の成分を配合したシャンプーも多く存在しますが、市販の者の多くが石油由来のアルコール系のシャンプーといっても過言ではありません。
2つ目は石鹸系のシャンプーです。石鹸は天然由来の原料から作られることが多く石鹸系のシャンプーは安心安全自然志向の方から好まれることが多いようです。アルカリ性にできているので洗浄力も期待でき毛穴の汚れもしっかりと落としてくれるでしょう。しかし洗浄力が強いので正しく使わないと頭皮の皮脂を取りすぎてしまう可能性もあります。
3つ目に紹介するのはアミノ酸系のシャンプーです。先ほど挙げた2種類のシャンプーと比べると頭皮に優しい天然由来のアミノ酸を使って作られていることが多いです。肌の弱い方や乾燥しやすい頭皮の人などにもオススメです。美容室のシャンプーはこのアミノ酸系シャンプーが多く使われています。しかし洗浄力がとても強いわけでは無いのでしっかりと洗いたい方、皮脂が多く分泌する方などにはあまり向いていないかもしれません。
以上のように3種類のシャンプーを紹介しましたが頭皮や髪に優しいと言うシャンプーはアミノ酸系シャンプーが1番かもしれません。しかしながら本当に大切なのは自分の髪や頭皮に合ったシャンプーを選ぶということを忘れてはいけません。

おすすめシャンプー20選!

①ボタニカルシャンプー

ボタニカル_アプリコット_01

出典http://www.kareishu-taisaku.info/touhi/matome-botanist

ボタニカルシャンプーの特徴はシャンプーの香りが良いと言われています。さらにしっかりとした泡で洗えるので洗い上がりが好評だそうです。シャンプー自体の香りはアプリコットとジャスミンの香りだそうです。

②凛恋

凛恋_ユズ&ジンジャー_01

出典http://www.kareishu-taisaku.info/touhi/shihan-ranking

オーガニック系のシャンプーです。髪の毛や頭皮にやさしく女性に人気の香りだそうです。ただオーガニック系なので泡立ちが良いとは言えません。しかし優しさを考えると仕方がないかもしれませんね。

③リマーユ

リマーユ 口コミ

出典http://msgold.net/new_remayu

老舗製薬会社が馬油とアミノ酸で作り出したシャンプーです。頭皮や髪の毛のケアに優れた成分が入っていて洗いあがりもスッキリとなるようです。

④リッチリペアシャンプー

リッチリペア シャンプー/トリートメント

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10071762/top

11種類のアミノ酸と美容成分を配合したシャンプーです。髪の毛と頭皮の保湿性を高める効果があります。髪の毛自体にハリコシのある髪の毛をもたらしてくれます。匂いも好評です。

⑤スカルプスパシャンプー

スカルプスパシャンプー

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10055841/top

泥の成分によって頭皮の汚れや皮脂を除去することができるのんシリコンのシャンプーとなっています。頭皮を柔らかくする成分も入っていますので頭皮に対して良い効果を見込めるでしょう。

⑥ウルオス

ウルオス(UL・OS/ウル・オス)薬用スカルプシャンプー

出典http://item.rakuten.co.jp/soukai/4987035520016/?scid=af_pc_etc&sc2id=347967771

男性のこのシャンプー。薬用スカルプケアシャンプーとなっています。製薬会社が発売しているので男性の気になるニオイ等を抑える効果もあります。

⑥スカルプD

出典http://item.rakuten.co.jp/angfa/648226/?scid=af_pc_etc&sc2id=347967771

CMでも有名なアンファーの商品です。頭皮ケア成分が豊富に含まれているので、頭皮にやさしいシャンプーと言えるでしょう。このシャンプーの人気はかなり高くなっています。

⑦カウブランド無添加シャンプー

カウブランド 無添加シャンプーポンプ 550ml

出典https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E7%84%A1%E6%B7%BB%E5%8A%A0-%E7%84%A1%E6%B7%BB%E5%8A%A0%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97-550ml/dp/B000FQN8P8?SubscriptionId=AKIAIUIOYUY2BDUMMEDQ&tag=denapalette_jooy-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B000FQN8P8

頭皮への刺激が少ないから物由来のアミノ酸系シャンプーです。無香料となっていますのでユニセックスで使えるでしょう。

⑧ベルーガシャンプー

アミノダメージケア シャンプー/トリートメント

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10099754/top

18種類のアミノ酸系美容成分が含まれているリペア効果の高いシャンプーになっています。嫌いなの皮脂や汚れを洗い上げ健康的な地肌へ導くことができます。

⑨モーガンズノンシリコンシャンプー

mogans(モーガンズ)/ノンシリコンアミノ酸シャンプー(リッチ&フローラル)

出典http://item.rakuten.co.jp/cosmecomonline/1000024712/

ノンシリコンでアミノ酸系のシャンプーです。19種類のアミノ酸成分と5種類のオイル成分を配合しています。なめらかな泡立ちが特徴です。

⑩S-1シャンプー

S-1無添加シャンプー 口コミ情報

出典http://xn--tckuex38i1ibw94dcbay422a56x.net/s-1/

シルクアミノ酸を配合しているシャンプーです。頭皮と髪の上に作られたものなので18種類のアミノ酸が含まれていて頭皮環境を整える効果が高いと言えるでしょう。

⑪ラックス

ラックス_ルミニーク_ダメージリペア01

出典http://www.kareishu-taisaku.info/touhi/shihan-ranking

洗浄力が強いので皮脂が多い方やニオイが気になる方にはオススメのシャンプーです。泡立ちもよく洗いやすくなっています。

⑫いち髪

いち髪 濃厚W保湿ケア02

出典http://www.kareishu-taisaku.info/touhi/shihan-ranking

こちらもアミノ酸系のシャンプーです。頭皮への刺激が少なく髪の毛を洗いあげることができます。

⑬ちふれアミノシャンプー

ちふれ アミノシャンプーN 200ml

出典https://www.amazon.co.jp/%E3%81%A1%E3%81%B5%E3%82%8C-CHIFURE-%E3%81%A1%E3%81%B5%E3%82%8C-%E3%82%A2%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BCN-200ml/dp/B00YR2BZYM?SubscriptionId=AKIAJ44OC44LS63SQOIA&tag=making10270b-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00YR2BZYM

アミノ酸と絹から生まれたシャンプーです。洗い上がりも好評なようです。

⑭ジュレームシャンプー

「ジュレーム」の画像検索結果

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10088584/top

しっとりとまとまりのある髪にしてくれます。アミノ酸系でのんシリコンのシャンプーなので髪と頭皮に優しい作りになっています。

⑮スティーブンノル

「スティーブンノル」の画像検索結果

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10098209/top

香りが好評のシャンプーです。泡立ちがよくツヤと潤いが特徴的です。アミノ酸系のシャンプーになっています。

⑯ミノンシャンプー

「ミノン」の画像検索結果

出典http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon/

赤ちゃんも使えるほど低刺激のシャンプーになっています。さらに臭いのケアをしてくれるのが特徴のシャンプーです。

⑰ノズシャンプー

BEASHOW プレミアムモイストシャンプー/トリートメント

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10057983/top

4種類の天然由来成分で頭皮を日してくれるのが特徴のシャンプーです。さらにダメージケアにも効果が期待できます。

⑱アミノレスキュー

シャンプー/トリートメント

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10100357/top

アミノ酸系の弾力のある泡が特徴のシャンプーです。毛穴の余分な皮脂や汚れを洗いあげることができます。

⑲プレイバックオーガニックシャンプー

プレイバックオーガニック シャンプー/トリートメント

出典http://www.cosme.net/product/product_id/10099780/top

8種類のオーガニック植物エキス配合のシャンプーです。オーガニックシャンプーになっているので頭皮と髪に優しくなっています。

⑳ナノアミノシャンプー

ナノアミノ シャンプー RM(しっとり・やわらかタイプ) ボトル 1000ml

出典https://jooy.jp/12258

ナノサイズのアミノ酸が配合されているシャンプーです。

 

気になるシャンプーは見つかりましたでしょうか?

 

いくつ当てはまる?薄毛の原因20選!

いくつ当てはまる?薄毛の原因20選!

■薄毛の原因は本当に様々!

あなたは、何故自分が薄毛に悩むようになったのか、その原因をしっかりとつかんでいますか?

自信をもって「これが原因です!」と言える方はかなり少ないのではないでしょうか?それほど、薄毛の原因は様々です。

本来の原因を知らぬまま、闇雲に発毛や育毛を試したところで、良い効果は得られません。自らの薄毛の原因を把握して、最良の薄毛対策をしたいところですね!

また、ここでご紹介している原因に該当することを避ければ、薄毛のリスクが軽減できるということにもつながります。

薄毛が気になってきた方も、いま薄毛で悩んでいる方も、しっかりと原因を把握しておくことは重要です。

■1.ストレス

もはや現代病といっても過言ではないストレス。ストレスが原因で様々な症状が体に起きるといわれていますが、薄毛もその中の一つとされています。

ストレスが溜まると、内臓器官の機能が低下し髪に必要な栄養素が生成されにくくなることや、自律神経がおかしくなってしまい、血の巡りが悪くなってしまいます。

更に、ストレスは男性ホルモンを過剰分泌させてしまいます。

そして薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を生成してしまうことに。AGAについてお悩みの方や、発毛剤に興味のある方はご存知の成分です。

DHTが生成されると非常に困るのが、せっかくDHTを抑える発毛剤などを服用しているにもかかわらず、ストレスによってDHTが生成されてしまうので思ったよりも効果が上がらない点。

発毛剤や育毛剤を使用したり、食生活を変えてみたり、薄毛に対して試行錯誤をしているにもかかわらずあまり効果が表れない場合は、ひょっとするとストレスが原因かもしれません。

それほど、ストレスは薄毛にとって天敵なのです。

■2.食生活の乱れ

薄毛の原因の中でも「わかっているけど触れたくない」のが食生活についてではないでしょうか?ストレスと並び薄毛の大きな原因のひとつとされています。

油っぽいものを食べれば、摂取しすぎた油を体外に排出しようとします。その結果頭皮からも皮脂が多く排出され、炎症や毛穴詰まりの原因となります。

また、寝る前に食べるのも良くありません。体内の血液が胃の中の消化を助けるために集中してしまい、頭皮に血が巡りにくくなってしまいます。同じ理由で、暴食もよくありません。

ただやはり「食事くらいは好きにしたい!」というのが人の性。非常に気持ちはわかります。

勘違いしてはならないのは「食事制限をしましょう!」とお伝えしたいのではありません。むしろ、髪に良いとされる食べ物はかなり種類が豊富です。それこそ多少でも意識をもって食事を選ぶだけでも大きな変化につながります。

もちろん、本気で取り組めば食べられるものはかなり制限されます。自分の出来る範囲で心がけることが重要です。

■3.眼精疲労

眼精疲労は目付近の血液の巡りが悪くなることが主な原因です。
そしてその血管は頭皮につながっています。

つまり、目の疲れはダイレクトに髪の毛にも反映されるということです。特にM字ハゲや側頭部の薄毛の原因として眼精疲労が挙げられることが多いです。

現代では、パソコンやスマートフォンが普及していることに加えて、こういった機器を使用するのは若者が多いため、20代、30代で薄毛に悩んでいる方は、眼精疲労を取り除く努力をしてみるのも良いかもしれません。

■4.ダイエット

暴飲暴食や肥満体型も髪にとって良くないことではありますが、ダイエットも仕方によっては注意が必要です。

特に食事制限によるダイエットは、必要なカロリーや栄養素が不足しがちであり、結果髪や頭皮に栄養がいきわたらなくなってしまい、抜け毛の原因になることがあります。

人間の体には栄養素を行きわたらせる優先順位が決まっていますが、その中でも直接生命活動にかかわらない髪や頭皮は後回しにされてしまいます。

食事制限によるダイエットを実践している中で、抜け毛や薄毛が気になってきた場合は食事メニューの見直しやサプリメントによるビタミン補助が必要でしょう。

■5.ホルモンバランスの変化

髪にとって重要と言われているのが「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンです。そしてこのエストロゲンが減少し、男性ホルモンが増えてしまうと、薄毛につながってきます。

とはいえ、サプリメントなどでエストロゲンだけを多量に摂取していればいい訳ではなく、あくまでバランスが重要です。

■6.頭蓋骨のズレ

頭皮は頭蓋骨の上に被さっている訳ですから、当然頭蓋骨が変化すれば頭皮にも変化が訪れます。

頭蓋骨がズレてしまうと頭皮が引っ張られてしまい、血管を圧迫。血流の流れが悪くなってしまい、薄毛の原因につながります。

■7.生活習慣

忙しい方は特に乱れがちなのが生活習慣。食事などは気を付けることはできても、仕事の都合上でどうしても生活習慣だけは如何ともしがたいケースもあります。

生活習慣の一つで怖いのが「朝シャン」です。夜に入浴する時間がないといっていわゆる「朝シャン」が日常化してしまうと、皮脂の過剰分泌などのトラブルを引き起こし、薄毛の原因につながります。

■8.頭皮の汚れ

人間の頭皮や髪は、非常に汚れが付着しやすい箇所であるといえます。その為、そのままにしておくと非常に不衛生です。

場合によってはそれが炎症のもとになってしまったり、汚れた皮脂が毛穴に詰まってしまい、発毛や育毛の妨げとなり、薄毛や抜け毛の原因となる可能性があります。

■9.シャンプーの仕方

力強くシャンプーをすると汚れが落ちている気がしますし、何よりも気持ちいいと感じる方も多いのではないでしょうか?ここがシャンプーの仕方に関する落とし穴です。

力強くゴシゴシと擦るようなシャンプーの仕方は頭皮を傷つけてしまい、炎症の原因になるほか、皮脂が落ちすぎてしまい過剰分泌に繋がる可能性があります。

優しく、指の腹で揉むように洗うのがベストとされているのですが、良いシャンプーの仕方を幼少期や少年期から覚えて実践できている方は、意外と少ないのではないでしょうか。

■10.シャンプーの種類

「シャンプーは髪によくない」そんな言葉をよく耳にすると思いますが「“自分自身に合わない”シャンプーはよくない」が、正解に最も近いでしょう。

洗浄能力の強いものがよいのか弱いものがよいのか?
保湿成分が高いものがよいのか低いものがよいのか?
どんな成分の入っているものがよいのか?

一概に「高ければいい」「髪に良さそうであればいい」というものでもありません。大事なのは「自分自身の頭皮や髪の状態にマッチングしているか」といった部分です。

そして自らに合わないシャンプーを使い続けていると、薄毛の原因に成り得る訳です。

■11.タバコ

体に悪いとされるタバコ。実は髪にも大きな影響が生じます。

タバコに含まれるニコチンは栄養の吸収を助けるビタミンCを破壊してしまいます。そしてビタミンCが破壊されると、血流の流れをよくするビタミンEにまで影響が及んでしまいます。

また、ストレスの項でもご紹介した男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン(DHT)」が、喫煙することによって増加傾向にあることがわかっています。

食生活の乱れやストレスと並ぶ、薄毛の大きな原因といえるでしょう。

■12.ヘアスタイリング

ワックスは頭皮や髪にとって刺激物です。適量を守ってスタイリングしないと悪影響を及ぼします。

また、長期間にわたって同じ髪の分け目にしていたり、ドレッドやポニーテールなど、頭皮を引っ張るようなヘアスタイルを続けていると、生え際から薄毛が進行していく原因になります。

■13.乾燥肌

皮脂が多すぎるのも良くないですが、かと言ってすべて洗い流してしまうのもNGです。

潤いが足りなくなってしまえば頭皮もカサカサになってしまい、髪をとどめておくことが難しくなります。シャンプーをかなり長時間する方などは、乾燥肌になっていないか要注意です。

■14.睡眠不足

髪にとって「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間があることをご存知ですか?

それが午後10時~午前2時の間。この時間にしっかりと睡眠をとれているか否かも大きな差が産まれると言われています。

また、眠っている間は体内活動も比較的穏やかです。その為、普段は後回しにされがちな頭皮にも十分に血液と栄養が配分されることになりますので、やはり十分な睡眠は頭皮や髪にとって必要不可欠と言えます。

■15.カルシウム不足

意外に思う方も多いかもしれませんが、カルシウム不足も薄毛の原因の一つとなります。

よく「カルシウムが不足するとイライラする」なんて言葉を聞きませんか?

これは脳の神経細胞の働きが低下してしまうためと言われています。そして脳の働きが悪くなれば、その上にある頭皮や髪の毛にも影響が及びます。

筋肉や骨のように、髪の毛はカルシウムで出来ているわけではありませんがとても重要な栄養素のひとつです。

また、年齢を重ねるとだんだんとカルシウムは吸収しにくくなっていくので、高齢で薄毛に悩む方は積極的に摂取するとよいでしょう。

■16.運動不足

髪に限ったことではないですが、運動不足はやはり身体にとって良いものではありません。

運動不足に陥ると筋肉の働きが低下します。血液は筋肉の働きによって循環されますから、運動不足の場合、血の巡りが悪くなります。

血の巡りが悪くなれば、頭皮に栄養素が上手く運ばれなくなり、結果的に薄毛につながってしまうわけです。

また、汗をかくことで体は老廃物を外に出します。毛穴に詰まった汚れも、汗をかくことによって浮き出てきますので、適度に汗をかくことはやはり基本にして重要です。

■17.加齢

40歳~50歳辺りから、体は徐々に衰えていきますが、髪や頭皮も例外ではありません。

体の細胞が老朽化し、栄養素を取り入れきれないことや、動脈硬化によって血流の流れが悪くなってきてしまうのが原因と言われています。

また、60歳を超えたあたりから、人間の体は自然と毛が抜けやすくなります。これを「老人性脱毛症」と言います。

ただし、歳をとっても元気な髪の毛をしている方がいることも事実です。そういった方々は日頃から適度な運動や食事生活に気を付けている方がほとんどです。

なにより、加齢とともに薄毛にならないためには若いうちからの心掛けが重要です。

■18.飲酒

お酒が大好きな方は要注意です。飲みすぎてしまうと肝臓がアルコールを早く分解しようとするために、髪に必要なタンパク質の元である“アミノ酸”を消化してしまうことになります。

また、アルコールを分解する際に、一度アセトアルデヒドという有害な成分に変化するのですが、あまりにも一度にアルコールを摂取しすぎるとこのアセトアルデヒドがうまく分解されずに血液中に巡ってしまいます。

そしてこのアセトアルデヒドは、薄毛の原因となる「ジヒドロテストステロン(DHT)」を増加させる働きを持っています。お酒が大好きで薄毛が気になってきた方は、少し控えめにしてみるとよいでしょう。

■19.遺伝

「ハゲは遺伝する」とはよく言いますが、実はまだ正確には解明されていません。もしも親族に薄毛が多く、気になるようであれば「AGA遺伝子検査」を受けてみるのもよいでしょう。

■20.肥満

ダイエットの項でもお伝えしましたが、肥満も髪や頭皮にとって天敵です。

肥満体系の方は血液中の脂質が多く、血の巡りが悪いため、その分頭皮や髪にも栄養素が行きわたりにくくなります。

また、汗をかきやすいため頭皮に汚れが付着しやすく。その汗の種類もサラサラとした良い汗ではなくベトついた悪い汗のであることが多いため、頭皮の炎症を引き起こす原因となりえます。

痩せすぎもよくはありませんが、太りすぎも髪や頭皮にとっては良くない要素と言えます。

■原因を知ることが発毛への近道!

薄毛の原因20選と聞くと、非常に多いと思われがちですが、ご紹介した内容のほとんどは日常生活に大いにかかわるものだったことがおわかりいただけたでしょう。

逆に言えば、薄毛の原因の多くは日常生活の中で気に掛けることが出来るということです。

今、薄毛に悩んでいる方の原因究明はもちろん。薄毛になりたくない方も、原因を知ることによって事前に予防ができる訳です。

自分が該当しそうな項目は、今一度見直してみるといいでしょう。

ブリーチハゲの元凶?ハゲる仕組みとケア方法解説!

ファッションメイクを楽しむように、髪のカラーリングのオシャレも今では、日常的になりました。その分ダメージをどう軽減させるかが、カラーリング剤の課題も生まれました。カラーリングは、安定した髪の構造を変えて行うものです。
頭皮へのダメージは、それぞれ異なるものの、長く続ければ、何らかの影響は出てきます。そのカラーリング剤の一つ、「ブリーチ」が今注目さています。
「ブリーチを使うとハゲになる」ということです。
確かにブリーチは強力な薬剤ですが、果たしてそうなのか、ハゲになると言うメカニズムを徹底解剖、そして頭皮のケアなど検証してみました。

すっかり進化したヘアカラ―リング

ヘアカラーリングとは、端的に言えば、髪の色を染料により変化させることです。
ヘアカラーは、永久染毛剤です。
毛髪のメラニン色素を脱色させて、毛髪の内部に浸透し、その化学反応で、色素を作ります。
そのため、化学反応によるアレルギーに注意が必要になります。
気持ちがよく、黒い髪でも様々な色に染めることができますが、髪のダメージも大きく、トリートメントなどのケアが必須となります。
今や髪の色は「白か黒か」というのは過ぎ、市販のカラーリング剤を使って、自分で染めて、ヘアファッションを楽しむ時代が来たと言えましょう。

カラーリング剤は多種多様

髪の色を染めるカラーリング剤は、大きく分けて3つに分類することができます。
洗髪すればすぐに落ちてしまう「一時染毛剤」長時間色落ちしない「永久染毛剤」その中間的な「半永久染毛剤」です。
そして、毛髪中に含まれるメラニンを分解する脱毛剤「ブリーチ」です。
このブリーチは、髪色を明るく見せる効能はあっても、色を付ける効果はありません。
この髪の毛の色を抜くブリーチも、ヘアカラーの一種なのです。
しかし、髪や頭皮にかかる負担は、他のカラーリングと大きく違って、さらに大きいものがありますので、頻繁な使用は避けた方がいいでしょう。

ブリーチでハゲル その本当の理由

ヘアカラーと呼ばれる、半永久染毛剤は、髪の毛の内部から着色しますので、毛髪を傷めます。
毛髪の入れ替わり時期に頻繁に繰り返しますと、髪の毛の傷みが蓄積されて、ツヤやハリが失われ、切れ毛や抜け毛が増える原因にもつながります。
それは髪の毛だけではなく、頭皮に薬剤が付着することによって、頭皮に大きなダメージを与えることになります。
「ブリーチ剤を使うとハゲる」と良く聞きますが、それは根本的に違うと言えましょう。確かに、ブリーチは、他のカラーリング剤と比較して、確かに強力な刺激を伴う薬剤です。ブリーチは他のカラーリングが髪を傷めるように、髪への影響は大きいものがあります。果たしてそれがブリーチ剤そのものに要因があるのでしょうか。

ブリーチでハゲる そのメカニズム

ブリーチは、毛髪の中にある色素が入っている穴を、無理にこじ開けて、色素を分解して脱色します。
したがってブリーチ剤は、髪の毛に大きな悪影響を与えるのは事実です。
しかし、ブリーチを使うと、直接髪の毛にダメージを与えているのではありません。
他のカラーリング剤と同様、毛穴を塞ぎ、毛の成長を妨げているのです。
その結果ハゲル可能性は十分考えられます。
それを防ぐには、ブリーチ剤を頻繁に使うことを避けることでしょう、
ブリーチ剤は、非常に刺激の強い薬剤であることを認識することが重要と言えましょう。

ブリーチが髪の毛を脱色する仕組み

その一つに、ブリーチは、頭皮を傷つける可能性があることです。
それは、ブリーチが髪の毛の色素を分解し、脱色することです。
カラーリングの時、ブリーチ剤を髪の毛の表面に塗布しますと、髪の毛の大部分を占める「コルテックス」に浸透します。
そしてコルテックス内にあるメラニン色素を分解することで、髪の毛を明るい色に変化させるのです。
その際キューティクルをこじ開け、キューティクルに守られているコルテックスにまで、影響を及ぼすのです。
ブリーチ剤を塗布する時に、頭皮や毛穴に津着してしまうと、毛の成長を妨げ、ハゲる可能性があると言うことです。

毛髪の傷みでハゲに見える

ブリーチは強力な刺激を持つ薬剤です。
それは当然髪の毛を傷つけることもあり、頭皮を傷つけることもあります。
そのダメージでハゲになると言うものはありません。
ダメージそのものはハゲの原因ではなく、あくまでブリーチ剤が、頭皮や、毛穴に津着して、髪の毛を細くしたりする可能性は高くなりますが、髪の毛の本数自体は変わることはありません。
しかし毛が細くなれば、確かにっスカスカの薄毛になり、地肌が見えるのでハゲに見られることもあります。
「ブリーチを使うとハゲになる」というのはこうした要因によるものと考えられます。

ブリーチでハゲㇽ可能性がある人はこんな人

先ず、ヘアカラーやパーマなど、頻繁に行っている人は、ブリーチでハゲル可能性が高い人です。
特にパーマにおいては、髪へのダメージは大きく、それを繰り返せば、必ず髪の毛に影響を与えるでしょう。
そうしたことも併せて、髪の毛が痛み、ブリーチ剤の強力な刺激で、薄毛になることは十分考えられます。
ブリーチを使用する時は、その前にシャンプーを使わないと言うことも大事なことです。これは、シャンプーすると、毛穴が開き、皮脂まで洗い流し、その結果、ブリーチ剤が体内に浸透しやすくなります。こうした点も注意しましょう。

ブリーチハゲを最小限に抑えるのが頭皮ケア

洗髪と並んで、きっちりしておきたいのが、頭皮ケアです。
ブリーチで痛めた頭皮を回復し、血流を良くすることにつながるのが、徹底した頭皮ケアです。
しかし間違った頭皮ケアを行うと、逆に頭皮を痛めることになりますので、正しい頭皮ケアをすることが肝心です。
頭皮が健康であれば、健康な髪が生えてきます。
頭皮ケアを行うことは、頭皮のみならず、体を保護することにつながり、大事なことです。ブリーチでふさがれた、毛穴を塞がれると、毛穴から十分な酸素が供給されません。
したがって毛髪が生えにくくなり、生えても硬さが十分でない、細い毛となり薄毛が進行することになります。

抜け毛の予防には、頭皮環境を整えることから

生き生きとした髪を育てるために大切なのは、頭皮環境を整えることから始めましょう。髪も細胞からなり、必要な栄養素や酸素をたっぷり、行き渡るようにしなければなりません。
それがなければ、細胞分裂は滞り、髪は、育ちません。
細胞に栄養素や、酸素を運んでくれるのが血液です。
つまり血行を良くすることこそ、頭皮環境を整えるが第一歩なのです。
血行を良くするにはどうしたらいいのでしょう。
頭皮の血行促進を助けてくれるのが、正しい頭皮マッサージといえましょう。
毎日続けていれば、頭皮健康になり、髪も健康になります。
まさに頭皮マッサージは、健康への近道なのです。

頭皮マッサージのススメ

頭皮マッサージにより、血行を促進し、髪を育てることができるのです。
頭皮マッサージは、いつ行っても構いませんが、洗髪後、すっきりした状態でのマッサージが効果も期待できますので、理想的と言えましょう。
頭皮の色が悪いのなら、手早くできるマッサージをオススメします。
頭皮には、足裏の数倍のツボが存在します。
東洋医学的に言いますと、ツボを押すことは、体の中にたまっています、電位を清浄にし、体調を整えるのに効果的とされています。
またツボを押す際に、マッサージを加えれば、頭に通っている静脈・動脈の血管を刺激できます。
頭皮マッサージによって血流がアップし、効果的と言えましょう、

頭皮マッサージの正しい方法

頭皮マッサージの基本としまして、指の腹で、気持ちいいくらいの力で、下から上に押し上げます。
頭頂部の場合は、指を4本重ね、中心から前頭部に向って、ゆっくり、押し上げ、指の腹で気持ち良いくらいの強さでマッサージします。
頭皮にはたくさんのツボがあります。
自分のトラブルに合わせたツボを押すことで、健康的な体つくりに効果的と言えましょう。息を吐きながら、ツボを5秒間3回ずつを1セットとし、毎日2セット以上マッサージするのが理想的と言えましょう。
また地肌のツボには、頭の後ろに向って押し込んでいくように刺激します。
これはツボを指で捉えやすくするためです。

ブリーチハゲを最小限に抑えるためのトリートメント

シャンプー剤の後に使うトリートメント剤は、髪を保護するためのものです。
頭皮に付けず髪の表面に付けることが大切です。
髪のダメージに合わせて使い分けるのが、トリートメントの上手な利用法と言えましょう、頭皮の汚れを落とすためには、シャンプーですが、髪自体に負担をかけてしまうこともあります。
そこで必要なのがトリートメントです。
トリートメントは頭皮のためというより、髪のダメージを防ぎ、カバーするのが主な目的です。
トリートメント剤には、表面だけでなく、毛髪の中にまで、浸透し油分や水分、アミノ酸などを補給します。
このような髪の毛の潤いを保持する成分が使われているのです。

ブリーチを最小限に抑えるための髪に優しいシャンプー

シャンプーは、頭皮の状態に合わせて選びます。
薄毛や、抜け毛が気になり始めた時は、大半の人が最初に取り組むのがシャンプー選びと言えましょう。
そのシャンプー剤には大きく分けて3つのタイプがあります。
アミノ酸系、高級アルコール系、石鹸系です。
いずれにしても、自分の頭皮に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。
いくら髪の毛の指通りよくするシャンプーを使っても、頭皮の状態が悪くなれば、変える方がいいでしょう。
初めてのシャンプーを使う場合は、小さいボトルを購入して、自分の頭皮に合うか確認することが大切です。
頭皮に合っているかを知るのは、シャンプー後に、頭皮が乾燥にもオイリーにも傾かない状態を保てるかどうかで判断します。
いずれにしても頭皮に優しいシャンプーを選ぶことが重要です。

シャンプーでハゲる?なんと辞めたら髪が増えた?

現在、日本人の1900万人もの人が、薄毛に悩んでいるそうです。確かに、電車に乗った時、座っている人を上から見ると、薄毛の人が多くなっているようです。
若い男性も、中年の女性においても、スカスカの薄毛で、地肌が見えている現象は顕著になっているような感がします。
薄毛がこうして増えているのは、ストレスの多い社会であることや、食生活の変化といった理由もあるでしょうが、シャンプーのせいもあるのではないでしょうか。
その理由として、いくつか考えられますが、最近のシャンプーには50種類に近い、化学物質が含まれているのはそう珍しい事ではありません。その化学物質の影響がないのでしょうか。そこでシャンプーを徹底解剖し,薄毛に与える影響を検証してみます。

シャンプーでハゲル理由

今シャンプー剤は、多種多様な商品が市場に出回っております。
どれを購入したらいいのか、店頭で迷ってしまう人は多いと言うのが実情でしょう。
それも、弱酸性タイプ、植物性タイプ、炭タイプ、ふけ取りタイプ、石鹸タイプ、ダメージケアタイプ、育毛タイプなど各タイプに分かれ、市場を席巻しています。
こうした商品には多かれ少なかれ、化学物質が含まれているものが多いのは確かです。
その化学物質が髪の毛の促進に、どう影響を与えているのか徹底検証します。

シャンプーのし過ぎは皮脂腺の発達を招き、薄毛に

朝シャンを含め、毎日シャンプーを行っている人は大勢いるでしょう。
シャンプーのし過ぎは、皮脂腺が大きく発達し、発達した皮脂腺から皮脂がジュクジュク出てくるようになります。
これをシャンプーですっかり洗い流してしまいますと、皮脂が不足してきます。
そのため、皮脂を大量に補っていく必要があり、皮脂腺が大いに発達します。
皮脂腺が発達し過ぎると、毛髪にとってマイナス面が数多く出てきます。
毛に供給されます、栄養の多くが皮脂腺に行ってしまい、そのため、毛は栄養不足の状態に陥ってしまいます。
そうなれば髪が十分に成長出来なくなると言うのは言うまでもありません。
太くて長い毛が減って、細く短い毛が増えることになります。

シャンプーのし過ぎは頭皮を薄くする

シャンプーのし過ぎで、頭皮が薄くなる、その理由は何でしょうか。
それは、シャンプーの一部は、強力な洗浄効果を持った、海面活性剤でできていると言うことです。
これによって頭皮のバリアを壊して、頭皮の新陳代謝を衰えさせるためです。
頭皮を含め、皮膚の表面には、外部からの異物の侵入を食い止め、皮膚内部の成分である水分の蒸発を防ぐ「バリア機能」があります。
このバリア機能を構成しているのは、アミノ酸を主成分としました、水溶性の天然保湿因子を含む、角質細胞と、その細胞同士を接着させている、セラミドは、主成分の脂溶性の細胞間脂質です。
この二つが交互に付き重ねられて、レンガとモルタルでできました壁のように、強固なバリアを形作っているのです。

強固なバリア機能を破壊するのが海面活性剤

強固なバリア機能を破壊しますのが、シャンプーに含まれています、海面活性剤です。
このバリア機能が失われれば、保湿できなくなり、水分が蒸発して行って、頭皮は乾燥し、細胞の再生ができなくなります。
失われたバリア機能を再生するには、健康な皮膚で、3~4日はかかります。
日本人女性の大半が毎日シャンプーしています。
人によっては朝晩2回もシャンプーしている人もおります。
このような状況が続きますと、ようやく再生しかけたそばから、シャンプーの洗浄力で、破壊していくことになり、頭皮は益々乾燥が激化し、干からびてしまい、潤う暇がなくなる、と言った状態となります。
頭皮が薄くなれば、産毛の様な髪しか生えてこなくなり、薄毛への道をたどることになります。

シャンプーに含まれている防腐剤が常在筋を殺す

シャンプーが、頭皮や毛根に与える影響は、他にもあります。
防腐材が頭皮の常在菌を殺すことです。
頭皮には数多くの常在菌が住み着いていて、この常在菌が皮脂や汗を食べて、酸性の物質を代謝しているのです。
そのおかげで、頭皮は、弱酸性に保たれ、雑菌やカビなどの侵入から守られています。
その常在菌は、私たちの頭皮を病原菌から守り、健康に、そして清潔にい保っているかけがえのない同志なのです。
シャンプーには、パラベンなどの強力な防腐剤が入っているものもあります。
シャンプーに含まれる、この防腐剤は当然頭皮の常在菌を殺します。
このため、常在菌が減ってしまった頭皮は、髪の成長を著しく阻害することになります。

脱シャンプー髪へ6つのメリット

シャンプーは、薄毛やハゲをつくる要因の一つ、との捉え方もあるのは確かです。
シャンプーを辞めて、水洗髪に切り替え、髪の毛が増えたと言う例も数多くあります。シャンプーを辞めて、これまで頼りなかった細い髪の毛が、1本1本が太くなり、しっかりしてきたと言う報告もあります。
確かに指で触れると、力強い腰や、弾力がはっきりと感じされます。
水だけで洗っている分には、適量の皮脂が髪に残りますので、それが、毛髪をコーティングするようになると考えられます。
髪には本来整髪力が備わっているのです。
そこでシャンプーを中止した場合、髪へのメリットを検証してみます。

皮脂腺が縮むため髪へ十分な栄養が行き届く

シャンプーすると、皮脂表面の皮脂を根こそぎ取り除き、大量の皮脂を分泌させます。
それをシャンプーによって、繰り返しますと、皮脂腺はさらにたくさんの皮脂を分泌しなければなりません。
その結果、皮脂腺を大きく発達させ、本来髪へ行くべきはずの栄養のほとんどが、大きくなった皮脂線に行き、髪は栄養失調状態となり、うぶ毛のような細い毛となります。
シャンプーを辞めれば、髪に栄養が行くようになり、毛も太く、しっかり育っていきます。

毛細血管が元気になる

シャンプーを辞めれば、毛根幹細胞が、界面活性剤の細菌毒性にさらされずに済み、毛根幹細胞は本来の機能を取り戻し、毛母細胞へさらに働きかけられます。
当然太い毛が育ち健康な髪になっていくでしょう。

頭皮が薄くなるので、毛根にいい影響を与える

シャンプーを辞めれば表皮のバリア機能が維持されますので、頭皮は次第に、潤いを取り戻し、基底層の新陳代謝が盛んになって頭皮はふっくらと厚くなります。そして毛は深く根を張って太く長く育つことになります。

常在菌が増え、頭皮が清潔になる

シャンプーを辞めれば、常在菌を殺さずに済み、頭皮は健康で、清潔な状態が保たれ、髪の成長にとって良好な環境は保たれます。

皮脂が髪に残って整髪力が付く

シャンプーを辞めれば薄毛の予防に役立つだけではありません。かみじたいに「整髪力」がよみがえることになります。適度な皮脂が髪の毛に野kルことにより、それが髪の整髪力を付けることに役立つのです。

嫌なべとつきと、臭いが髪から消える

シャンプーを辞め、水洗髪に還ることで、皮脂腺が縮ンダおかげで、皮脂の分泌自体が減り、それに伴い、臭いの基となる皮脂が参加して、出来る過酸化脂質の量も大幅に減ることになります。

今からでも遅くはない 水洗髪のススメ!

水洗髪は、髪もきれいになり、目も健康になり、これまで、シャンプーやリンスでは、お金もかかり、浴室のシャンプーや、リンスなどの多くのボトルも消え、スッキリします。
その水洗髪を始めるタイミングは、夏や梅雨など、皮脂が増える季節では難しいかもしれません。
その他の季節がいいかもしれません。
例えば仕事のない週末などは水洗髪にして,その機会を増やしていく方法が良いかもしれません。

水洗髪への移行は無理は禁物

シャンプーを辞めて、直ぐに4~5日は1階の水洗髪に切り替えるなどという過激な行為はタブーと言えましょう。
大量の皮脂が出ている段階では、1日1回、酸化下皮脂だけは流しておかなければなりません。
大量の皮脂が溜まって酸化して、過酸化脂質になり、頭皮を刺激すれば、脂漏性皮膚炎を起こして、フケが粉の様に落ちてくることになる可能性があります。
それだけでなく、水洗髪をしばらく続け、皮脂の量が少なくなれば、この間隔でも臭いやべたつきもなくなります。

髪がサラサラなびくのは干からびているから

風になびくサラサラの髪を、人は美しいと感じるようになったのは、昭和40年代のテレビコマーシャルからと考えられます。
そこからシャンプーの使用量が増え、各メーカーも多くのシャンプーやリンス剤を市販を始めました。
昔から言い伝えられている言葉に、美人の条件として「烏の濡れ羽色」の髪というのがあります。
烏の濡れた羽は艶やかに光、漆黒をして、光線によってはその一部が玉虫色に変化したりするさまが美しいと言う事でした。
この日本古来の黒髪の美を求めるならば、むしろシャンプーを使わない方が美しい髪を、手に入れることが出来るのではないでしょうか。

男のスキンケアは、不必要

最近の傾向として、化粧品コーナーに行くと目立つのが、男性が多いことです。
これはトレンドとはいえ、いかがなものでしょうか。
女性の専売特許と言えます、スキンケアをする男性が増えていると言うことです。
昭和の時代には絶対に考えられなかった現象と言えましょう。
男性の毛穴の大きさは、女性の倍以上もあります。
その毛穴が大きい分、化粧品に含まれる化学物質の害を受けることになります。
日本で使っています、ケミカルヒーリングの薬剤は、弱いものですが、アメリカでは、皮膚がズリ向けるほど強いものを用いていますので、やけどやかぶれなどのトラブルも多発しています。

頭皮の健康は、皮脂の量で判断

生き生きとした毛髪を作るために欠かせないのが、頭皮の健康です。
頭皮の状態は人それぞれ違いますが、毛根から分泌される皮脂の量によって、脂肌と乾燥肌に分けられています。
この頭皮のタイプによって、ケア法も変わってくるのです。
シャンプーすると言うことは、この皮脂の分泌に大きな影響を与えると言うことです。

発毛シャンプーだけでは効果は薄い!?正しい使い方

薄毛の人にとって救世主とも言える「発毛シャンプー」。
使ったことがある人は多いのではないでしょうか?
でも、正しい使い方をしていますか?
実は発毛シャンプーを普通に使うだけでは効果が薄くなるかもしれません。
そこで、今回は発毛シャンプーの正しい使い方を紹介していきます。

そもそも薄毛の原因とは?

そもそも薄毛の原因ってご存知ですか?
根本的な原因は「ヘアサイクルの乱れ」です。
通常私達の毛髪は、「成長期」「退行期」「休止期」という風にサイクルが流れていき、最終的に「脱毛」してまた「成長期」「退行期」「休止期」とサイクルが流れていきます。

heasaikuruheasaikuru2
(出典: http://mens-ikumou.com/heasaikuru
薄毛の人はこのヘアサイクルが乱れることで薄毛になります。
特に成長期が短くなることで薄毛になります。
生える早さより、抜ける早さが早くなるということは、すぐには目に見えませんが薄毛になるのは時間の問題です。
徐々に薄毛が進行し気づいたときには遅かったと言うこともあります。
このヘアサイクルの乱れる原因こそが薄毛の直接的な原因となります。
それは大きく分けると5つあります。

① 男性ホルモン説
男性ホルモンのテストステロンを5αリダクターゼ(還元酵素)と呼ばれる物質が変換させ強力な男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)になり、毛乳頭を含める毛包周囲にある毛細血管を収縮させます。
それにより毛髪の成長を抑制させることにより薄毛になると言われています。

② 遺伝説
昔から言われている説で、様々な研究機関が研究し薄毛遺伝子といわれる「アンドロゲンレセプター」の感受性が薄毛に影響すると言われています。
隔世遺伝すると言われ特に男性に強く表れることが多く、父方の家系に薄毛の人が多くいることよりも、母方の家系に多くいることの方が薄毛になる確率が高いと言われています。
先ほどのDHTがアンドロゲンレセプターに作用することによりヘアサイクルの異常を引き起こし薄毛になると言われています。

③ 睡眠不足説
人間は寝ている間に成長ホルモンを分泌し、毛髪を成長させます。
睡眠が不足すると頭皮の血行が悪くなりヘアサイクルが乱れ毛髪の成長を妨げます。
毛髪の成長は血行が悪くなることでも大きく影響するそうです。

④ 食生活
食生活は毛髪にも大きく影響します。
食生活が偏ると髪の成長に必要なタンパク質やビタミンが不足したり、脂質を多く取りすぎて皮脂の分泌が多くなり頭皮環境が悪化することで毛母細胞に栄養を送ることができなくなり毛髪の成長を妨げることになります。

⑤ ストレス・たばこ説
ストレスやたばこは血行を悪くする原因の一つです。
ストレスは自律神経系交感神経を興奮させ血管を萎縮させ血行を悪くします。
また、たばこも血管を収縮してしまうので毛母細胞に栄養を送ることができなくなり毛髪の成長を妨げることになります。

 

以上大きく分けると5つの原因があると考えられます。
発毛または脱毛にはこの5つの原因を少しでも改善することで効果が現れます。
それには発毛シャンプーはとても手軽で効果的なのです

発毛シャンプーの効果効能

では、発毛シャンプーにはどの様な効果効能があるのでしょうか。
① 5αリダクターゼの抑制
原因でもあったようにこれが作用することで薄毛の大きな原因となります。
これを抑制することでヘアサイクルの乱れを改善していきます。

② 血行促進作用
血行が悪くなることで毛髪の成長に必要な栄養素が届きにくくなります。
血行を改善することで毛髪の成長に必要な栄養素を届きやすくし、ヘアサイクルの乱れを改善します。

③ 皮脂の調整
皮脂はありすぎても頭皮環境を悪化させますが、なさ過ぎて乾燥していても悪化させます。
発毛シャンプーでは、洗浄成分にこだわったものが多い傾向にあります。
ある程度の洗浄力がありながら、必要な皮脂は取りすぎないものがあります。
また、かなりのオイリー肌の人のために、逆に洗浄力がしっかりあるものもあります。
自分の頭皮の状態と相談して選べるようになっています。

④ 殺菌作用、抗炎症作用、保湿や柔軟作用、フケ・かゆみを抑制することにより頭皮環境を整える
雑菌や炎症は頭皮環境を悪化させ、確実にヘアサイクルを乱れさせます。
また、血行が悪くなっているときは頭皮が乾燥しすぎていたり固くなったり、フケ・かゆみがあったりします。
頭皮環境を整えることでヘアサイクルを通常の状態にしていきます。

以上の様な効果があります。
この全部の効果効能が一本の発毛シャンプーにあるわけではなく、各メーカーが工夫していくつかの効果効能を謳って販売しています。

発毛シャンプーの正しい使い方

Man washing hair in bath

(出典: https://jooy.jp/images/200577
現在発毛シャンプーを使っている人や、これから発毛シャンプーを使おうか迷っている人もいるかと思いますが、いつも通りの使い方をしていませんか?
毎日のことですので、作業になりがちですが正しいシャンプーの方法があります。

① ブラッシングをする。
この習慣はまずない人がほとんどでしょう。
でも、濡らす前に必ずやった方が良いです。
絡まりがあるとシャンプーの際に無理な力が加わり抜け毛や切れ毛の原因となります。
ホコリなどを取ることができますので、その後の工程がスムーズになります。

② すすぐ
1200_shampoo_main
(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
ここの工程は濡らす作業になっているひとが多いです。
これを読んでいるあなたももしかしてそうなっていませんか?
ここではすすぐと言うより、予洗いと言ったほうが良いかもしれません。
お湯は熱過ぎず、ぬる過ぎず38℃位のお湯で頭皮から濡らしてから、指の腹でマッサージしながら予洗いしていきます。
実はここをしっかり行うと皮脂汚れやホコリなどがほとんど落ちます。
濡らすだけの作業にならないように丁寧に、最低2〜3分行いましょう。

③ シャンプー剤をつける
20160426-00010000-eipub-001-1-view
(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
軽く水気を切ってから、いよいよシャンプーです。
手に取ってすぐ付けずにまずは手の平で泡立てましょう。
直付するとシャンプー剤が集中的に塗布されてしまうので、その後のすすぎ残しの原因となり、炎症やかゆみなどの症状となって現れます。
一番洗わなければならないのは頭皮ですから頭皮を中心に付けていきましょう。

④ マッサージする。

20160426-00010000-eipub-002-1-view20160426-00010000-eipub-004-1-view20160426-00010000-eipub-003-1-view
(出典: http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00010000-eipub-life
よく言われると思いますが、爪は立てずに指の腹を使ってマッサージしていきます。
汚れがよく落ちそうや爪を立てたほうが気持ちいいという人もいますが、頭皮を傷付け皮脂の分泌が余計に出てしまう可能性など頭皮環境の悪化に繋がります。
手はバスケットボールなどの大きなボールを持つようにして、サイドからトップ、襟足からトップに向かってマッサージしていきます。
この時ジグザグに動かしたり、円を描いたりしながら行うとリズミカルになり気持ちのいいマッサージとなります。
全体にまんべんなく行い必ず洗い残しのないようにしましょう。
そして、気持ちよさのあまり2〜3分行う人もいますが1分以内に収めましょう。
発毛シャンプーの洗浄成分は安全なものも多いですが、あくまでも皮脂を取り除く洗浄成分です。
長時間触れていると頭皮と髪に負担がかかります。
顔を洗うときにも言われると思いますが、頭皮と顔の皮は一枚で繋がっていますので同じことが言えます。

⑤ すすぐ
シャンプー後のすすぎですが、ここも非常に重要となります。
基本的には最初のすすぎと同じですが、シャンプーのすすぎ残しが無いようにもう少し時間をかけてすすぎましょう。
少々面倒臭いですが、すすぎ残しにより炎症やかゆみとなりそれが毎日蓄積されることで、抜け毛の原因となります。
そして、指の腹を使ってマッサージすることで血行促進や毛穴の汚れやシャンプー剤のすすぎ残しもなくなります。
少しの工夫で大きなハゲ対策となりますので、ここも気を抜かずに丁寧に行いましょう。

発毛シャンプーに効果的なシャンプー方法として紹介しましたが、何も発毛シャンプーに限らず普段お使いのシャンプーにも当てはまる事です。
それだけシャンプーというのは薄毛対策にとって重要なことになるのです。

発毛シャンプーだけでは効果は薄い!?

何も考えずに発毛シャンプーを使うのは効果的でないことを分かって頂けたと思いますが、更に効果的なことがあります。

育毛剤・育毛サプリを併用する

発毛シャンプーは多少の発毛が見られる場合もありますが、効果を実感できないことが多いようです。
その場合に、育毛剤や育毛サプリを活用しましょう。

発毛シャンプーで頭皮環境を整えた後、育毛剤で外から栄養を与えます。
育毛剤にも5αリダクターゼを抑制する成分や、血行促進のための植物エキス、抗炎症作用のものなど育毛に特化した成分が凝縮されています。

また、育毛サプリでは体の内側から薄毛に働きかける様な成分が配合されています。
発毛シャンプーで頭皮環境を整えながら育毛剤と育毛サプリで発毛を促進することで発毛の実感が得やすくなります。

クリニックに通い薄毛治療を行う

これは既に薄毛が悪化した人の場合ですが、クリニックに通い薄毛の治療や処方薬を出してもらい服用する方法です。
スカルプシャンプーのCMに出ているお笑い芸人の宮迫博之さんも、スカルプシャンプーを使いながらクリニックに通っていたそうです。
これは公式にスカルプDのホームページで公表されています。
やはり、発毛シャンプーだけでは発毛を実感するのが難しいのでしょう。
そう考えるとやはり、発毛シャンプープラス他の薄毛対策を行うのは自然なことだと感じます。
クリニックでの薄毛治療はとても効果的で、費用もそんなに高くありません。
最近ではGACKTさんがCMに出演していたりして、とても敷居の低いものになってきています。

食生活や生活習慣を正す

せっかく発毛シャンプーを使い頭皮環境を整えているのに、食生活や生活習慣を直さないというだけで一向に改善が見られないということがあります。
食事からは発毛促進のための栄養素を摂ることができます。
タンパク質やビタミン、ミネラルなどバランス良く摂る必要があります。
脂質も適度に肌を潤すために必要ですが、偏ってしまうと脂っぽくなり毛穴を詰まらせてしまいます。
また、タバコやお酒も摂りすぎると血行を悪くする事になりますし、睡眠も少ないと頭皮によくありません。
せっかく発毛シャンプーで頭皮環境を整えているのに、他の要因が原因で薄毛の改善が見られないことがあります。
発毛シャンプーだけに頼り過ぎず、日常の行動などを振り返ってみるのも薄毛改善にはとても重要になります。

まとめ

発毛シャンプーは薄毛にとって非常に効果的ですが、そればっかりに頼っても効果を実感しにくいかもしれません。
そんな時は、他の方法と併用して使うことをお勧めします。
そして、正しい使い方で使用することで効果を実感しやすくなるでしょう。
発毛シャンプーを現在使っている人も、これから使おうと検討している人も薄毛改善の参考になればと思います。

長髪はハゲになりやすいって知ってた!?ハゲ対策には短髪がおすすめな理由

突然ですがあなたの髪の長さはどのくらいですか?
さっぱり爽やかな短髪の人もいれば、長めにしてパーマなどでおしゃれにしている人もいるでしょう。
でも実は髪の長さによってハゲになりやすいって知っていますか?
今回は長髪と短髪の薄毛に対する違いについて解説していきます。

長髪がもたらす変化

①抜け毛が増える

746629238e808400d1e7c186c7611691

(出典: http://www.kamiyutaka.com/wp-content/uploads/2014/10/746629238e808400d1e7c186c7611691.jpg
これは半分本当で半分誤解です。

誤解の部分を説明すると「抜毛が増えた気がする」です。
その理由は、長ければ長いほど抜け落ちた髪が目立つからです。
短い時も同じくらい抜けていたはずですが、短いのよりも長いほうがより目立ちます。
その結果、排水口・枕・カーペットなど至るところに抜けた髪の毛が落ちているのが目につくため「抜毛が増えた気がする」様です。
元々髪の毛は一日に100本前後抜けます。
抜け毛が増えたと感じても意外と平均的な脱毛本数かもしれません。

本当の部分は長髪にすると髪の重みが増えるので、その重みで髪が引っ張られる状態になります。
また、長くすると手入れか難しくどうしても傷んできます。
絡まったり、毛先が引っかかったりして無意識に髪を引っ張ってしまいます。
そして、長髪は邪魔だと結んだりオールバックにしたりします。
その時もやはり強く引っ張ります。
いずれの場合も強く引っ張られることで毛根に大きな影響が出てしまい、結果的に抜け毛へと繋がります。

以上のことから抜け毛が増えるのは半分本当で半分誤解なのです。

②頭皮が蒸れる

これは単純に通気性の問題です。
人間の髪は平均約10万本生えています。
かなりの本数プラス、長い毛で覆われると風通しも良くありませんよね。
風通しが良くないと体温や外気からの熱がこもり、蒸れてきます。
そうすると雑菌が繁殖してくるわけで、結果的に頭皮環境の悪化に繋がります。

③シャンプーがやりにくい

長髪だとすすぐ際と洗う際に絡みやすくなりシャンプーが非常にやりにくくなります。
洗い残しがあると皮脂汚れや塵・埃が落ちきらずに溜まっていきます。
また、シャンプー剤のすすぎ残しがあると頭皮に残ってしまい炎症を起こしたりします。
時間をかけてしっかりすすげば問題ないのですが、中々面倒臭かったりします。

しっかり洗い、しっかりすすがないと抜け毛の原因になります。
シャンプー一つでも頭皮環境が悪化するのです。

④乾かすのに時間がかかる

lgf01a201501070100

(出典: http://grooming-lounge.xyz/tkblog/wp-content/uploads/2015/01/lgf01a201501070100.jpg
長髪ですと、単純に量が多くなり髪を乾かす時間が長くなります。
そして、面倒だから乾かさず自然乾燥をする人がいます。
濡れたまま頭皮を放置しておくと雑菌が繁殖します。
菌は濡れた湿気があるところを好みます。
雑菌が増えると衛生面で頭皮環境が悪化します。
また、臭いも発生する場合があります。
乾かすときは頭皮の方から乾かして、必ず乾かし残しがないようにしないといけません。

短髪の勧め

長髪にしていると頭皮環境に悪く、ハゲやすくなることはお分かりいただけましたか?
「でも短髪にするとそんなに違うの?」と思うかもしれません。
ここで、ハゲ対策のために短髪がおすすめな理由をご紹介していきます。

①抜け毛が減る

これも半分本当で半分誤解です。

誤解の部分は、短い方が確実に抜け毛に気づきにくいという事です。
床やカーペットに抜け毛が落ちていても、長髪よりも存在感がありません。
また、排水溝などでは溜まらずにそのまま流れていくこともあります。
溜まった髪が目に触れることが少なくなります。

本当の部分は、髪に軽さが出ますので重みで引っ張られたり、結んで引っ張られることがありません。
毛根に対する影響は少なくなります。

しかし、一つ注意したいのはスタイリング剤を付けることが多くなることです。
長髪の時は、スタイリング剤など付けなくても何となくスタイルが作れることがありますが、短髪ですとワックスやジェルなどを付けないとスタイルが完成しないことがあります。
それを付けることは何も問題ありませんが、夜スタイリング剤を落とさずに寝てしまうと問題があります。
頭皮にスタイリング剤が残ってしまい毛穴を塞いでしまう可能性があります。
そうすると頭皮環境の悪化で抜け毛に繋がってきますので、そこは注意をして頂きたいです。

②通気性が良くなる

単純に風通しは良くなります。
汗はどうしてもかくでしょうが、蒸れたりすることは少なくなるでしょう。
風通しが良くなるおかげで、雑菌が繁殖しにくい環境になり、結果的に頭皮環境が整うという良い循環となっていきます。

③シャンプーしやすい

b5da23c6597f80a2f379edded246c8f6-e1456285322519

(出典: http://hadalove.jp/man-shampoo-recommended-42189
これは、すすぎやすいのはもちろんですが、洗う際に絡みにくくなるおかげで、シャンプーがしやすくなります。
それと同時に洗い残しも少なくなり、すすぎ残しも減ります。
汚れとシャンプー剤をしっかり流すことにより頭皮トラブルの原因を少なくでき、抜け毛の心配も少なくなります。

④乾かしやすい

man-who-dries-hair

(出典: https://monostudio.jp/496
短いとドライヤーで乾かす時間が短くなります。
短い人は分かると思いますが、本当にあっという間に終わります。
また、頭皮を乾燥させることで雑菌の繁殖も防げるので頭皮環境を整えることができます。

気をつけたいのが、短いから自然乾燥でもすぐ乾くからと言ってドライヤーですぐ乾かさないと言う場合。
長いと面倒くさいけど、短いと短いで乾かさなくなる事もあるようです。
確かに短いとすぐ乾きますが、長髪同様放置しておくと雑菌は繁殖します。
短くてもドライヤーをかける習慣をつけましょう。

どうしても長髪が良いと言う人は

短髪のメリットをお伝えしてきましたが、それでも長髪が良い!!
という人は結構いるかもしれません。
基本的にハゲ対策としては短髪をおすすめしますが、どうしても長髪が良いという人のために対策を紹介します。

シャンプーは丁寧に行う

よく洗いよくすすぐ事が必要です。
正しいシャンプーの仕方は下記を参考にしてください。

① ブラッシングをする。

MB34A-004
(出典: http://beauty-men.jp/587
濡らす前に必ずやった方が良いです。
絡まりやホコリなどを取ることができますので、その後のすすぎや洗髪がスムーズになります。

② 予洗い
では、いつも通り濡らしてシャンプーして…。
と、一連の作業になりがちですが、ここでは濡らすと言うより、予洗いと言ったほうが良いかもしれません
38℃位のお湯で頭皮から濡らしてから、指の腹でマッサージしながら予洗いしていきます。
実はここをしっかり行うと皮脂汚れやホコリなどがほとんど落ちます。
ただ濡らす作業にならないように丁寧に、最低2〜3分行いましょう。

③ 水気を切る
濡らしてから水気を切らずにそのままシャンプー剤をつけていませんか。
髪に水がたっぷりついている状態ですと、お湯と一緒にシャンプー剤が流れて言ってしまいます。
軽く絞るなりして水気を切りましょう。

④ シャンプー剤をつける
いよいよシャンプーです。
手に取ってすぐ付けずにまずは手の平で泡立てましょう。
直付するとシャンプー剤が偏って塗布されてしまうので、その後のすすぎ残しの原因となり、炎症やかゆみなどの症状となって現れます。
長髪に限らず短髪の人でも面倒くさがらずに必ず泡立てましょう。
その後は、頭皮から泡を付けます。
一番洗わなければならないのは頭皮ですから髪から付けずに必ず頭皮を中心に付けていきます。
頭皮に行き渡ったら髪に揉み込みながら付けていきましょう。

⑤ マッサージする
MB34A-005MB34A-006
(出典: http://beauty-men.jp/587
爪は立てずに指の腹を使ってマッサージしていきます。
手はバスケットボールなどの大きなボールを持つようにして、サイドからトップ、襟足からトップに向かってマッサージしていきます。
この時ジグザグに動かしたり、円を描いたりしながら行うとリズミカルになり気持ちのいいマッサージとなります。
全体にまんべんなく行い必ず洗い残しのないようにしましょう。
毛先は手で挟んで擦り洗いする人がいますが、そうすると髪同志の摩擦が激しくなり痛む原因となります。
軽く揉み洗い程度で充分汚れは落ちますので、擦り洗いは止めましょう。

⑥ すすぐ
そして、最後のすすぎです。
終わりよければすべて良しではありませんが、ここも気を抜かずに丁寧に行いましょう。
基本的には最初のすすき(予洗い)と同じですが、シャンプーのすすぎ残しが無いようにもう少し時間をかけてすすぎましょう。
少々面倒臭いですが、すすぎ残しにより炎症やかゆみとなりそれが毎日蓄積されることで、抜け毛の原因となります。
少しのことですがハゲ対策と思い丁寧に行いましょう。

長髪の人向けにお伝えしていますが、短髪の人にも当てはまることは多いと思いますので、日頃の作業になりがちなシャンプーを見直してみてはいかがですか?

毛量が多い場合は毛量調整を行う

長髪で毛量が多いと確実に蒸れて、通気性が悪いですので雑菌が繁殖してしまいます。
少しでも良くするためには、美容室や理容室で毛量調整をしてもらいましょう。
いわゆる「すく」ということです。
これにより通気性だけではなく、シャンプーや乾かすのも楽になります。
重いスタイルが好きな人もいますが、多少すくだけでも違いますので調整してみてください。

ドライヤーは必ず使用する

MB34A-009

(出典: http://beauty-men.jp/587
女性は当たり前のようにドライヤーを使いますが、男性だとまだまだ乾かさない人が多いようです。
「夏は暑いから使いたくない」や「冬は部屋が暖かいからすぐ乾く」など言い分はあるでしょう。
しかし、確実に雑菌は繁殖します。
必ずドライヤーを使用し、頭皮を中心に乾かして、最後に髪を乾かすようにしてください。
髪も濡れたまま放置しておくと、髪同志の摩擦で傷みます。
そういった面でも必ずドライヤーで乾かすようにしましょう。

やっぱり短髪の方が良い

長髪のための手入れを紹介してきましたが、それでも長髪にしますか?
手入れの面から考えると、短髪のほうが乾きも早いですしシャンプーもしやすいです。
そして何よりハゲ対策にはとても有効的です。
ハゲ予防や進行を止めたい場合など困っているのであれば短髪をお勧めします。
また、見た目の印象も爽やかになりますしハゲ隠しにも短髪はとても有効的なのです。
短髪に抵抗のある人は一度思い切ってカットしてみてください。
意外としっくりきて、周りの人の評価も良いかもしれませんよ。