抜け毛

頭皮のトリートメントが薄毛・ハゲの予防になる!_執筆完了_flog_uncle

1641

出典: https://bambooaesthetics.co.uk/treatments/hair-loss-solution/ 

薄毛やハゲを予防するためには、頭皮のケアがとても重要ですが、頭皮ケアというと、育毛剤やシャンプー剤を想像する方がほとんどだと思います。育毛剤の場合は、その栄養を髪の毛に直接届けたり、成分中に含まれる血流促進効果で血行を良くして育毛をするというもの。シャンプー剤の場合ですと、頭皮環境をしっかりと整えることで、育毛をするという方法などがあります。しかし、実は最近では頭皮用のトリートメントなるものが存在します。頭皮用トリートメントには、薄毛や抜け毛を予防して、丈夫な髪の毛が生えてくる環境を作ることができ、美容室を初め、育毛サロンなどでも用いられることの多いトリートメントです。今回は、そんな頭皮用トリートメントに迫ります。もしも、育毛剤やシャンプー剤を使用しても、効果がいまいちだった、という場合、頭皮用トリートメントを使用してみてはいかがでしょうか?

トリートメントには種類がある!

nioxinscalprecovery
出典: http://womenshair.about.com/od/problemhairadvice/fr/Nioxin-Scalp-Recovery-Dry-Itchy-Flaky-Scalp-Relief.htm 

頭皮用トリートメントの説明に生える前に、トリートメントの種類についてを解説していきます。トリートメントには主に2種類のトリートメントがあります。1つは先ほどご紹介した「頭皮用トリートメント」。そしてもう一つが「髪用トリートメント」です。みなさんが普段シャンプーをして後につけているトリートメントは、ほとんどが髪用トリートメントです。ちなみに、髪用トリートメントは、ドラッグストアや美容室などで販売されているトリートメントは、その名称が異なります。

例えば、一般的なトリートメントは主成分に「カチオン界面活性剤」や「油」、CMC「細胞膜複合体」などが配合されています。これらは、単にトリートメントと呼ばれることが多いですが、この内、内部補修力を強め、コンディショニング効果をより充実させたトリートメントなどは「ヘアパック」や「ヘアマスク」などと呼ばれることがありますが、成分的には、目立った違いはほとんどありません。

髪用TRと頭皮用TRの具体的な違いとは?

hot-oil-treatment
出典: http://www.hairlosslabs.com/blog/hot-oil-scalp-and-hair-treatment/#.WBa0HuOLRhE 

このように、髪用トリートメントと頭皮用トリートメントがありますが、それぞれどのような特徴を持っているのかを具体的に解説していきます。

髪用トリートメントの特徴

まず、髪用トリートメントの特徴ですが、先ほどご説明した通り、主成分は「カチオン界面活性剤」や「油」、「CMC(細胞膜複合体)」などが配合されています。カチオン界面活性剤は「陽イオン界面活性剤」とも呼ばれ、化粧水や乳液などの美容液などにも多く含まれている成分で、強力な殺菌効果があります。ヘアケア用品の場合は、髪の毛につけることで、強力な殺菌効果を発揮して、髪の毛にまとわりつく雑菌などを死滅させます。

「油」の成分はその成分により大きく異なりますが、一般的に多く使用されている成分は、椿油です。椿油には高いコーティング力があり、髪の表面を完璧にコーティングし、髪の毛の内部にある水分を閉じ込めます。また、ドライヤーの熱から髪の毛を守ったり、紫外線をカットしてくれる効果などもあります。

しかし、そのコーティング力ゆえに、カラーやパーマなどを行うと、薬剤がなかなか髪の内部に浸透せず、施術をしても満足のゆく結果に繋がらないというデメリットがあります。

最後にCMC(細胞膜複合体)ですが、こちらは簡単に言ってしまうと、髪の毛の接着剤のようなもの、カラーやパーマを繰り返し行った結果、毛表皮と細胞を接着している細胞膜複合体という物質が損傷することで、髪の毛が痛んでしまいますが、その細胞膜複合体を補充するための成分で、高価なトリートメントに含まれていることの多い、質の高い成分です。

このように、髪用トリートメントには全くと言っていいほどに、頭皮のメリットになるようなことはございません。そこで頭皮用トリートメントの出番です。

頭皮用トリートメントの特徴

頭皮用トリートメントは髪用のトリートメントと違い2種類が存在します。それぞれの効果を見ていきましょう。

オイル系トリートメント

まず女性が使用することが多い、オイル系頭皮トリートメントです。オイル系頭皮トリートメントは、製品により使用されているオイルは違いますが、最もポピュラーな成分が、ホホバ油やオリーブ油などの成分です。ホホバ油は、ヘアケア用品以外にも、クレンジング用品に良く使用されている成分で、高い保湿力があります。薄毛や抜け毛の原因の一つとして乾燥がありますが、乾燥を完璧に改善してくれる成分で、肌馴染みもとても良く、ごく自然な形で頭皮を潤すことができます。

オリーブ油は、その名の通り、料理でもおなじみのオリーブ油です。こちらは、皮脂や毛穴に詰まっている老廃物を浮かび上がらせる効果があり、健康的な頭皮を作るためのサポートをしてくれます。
同時にオリーブ油にも高い保湿力があり、乾燥した頭皮を潤いのある状態にしてくれます。

このように、オイル系頭皮トリートメントは、「保湿力」が高く乾燥している頭皮をしっかりと保湿することで、頭皮の環境を整えて、育毛に最適な頭皮環境をつくるという効果があります。

ちなみに、オリーブ油を使用する場合は、頭皮トリートメントとして販売されている製品をおすすめします。もちろん成分的には、食用のオリーブオイルとほとんど変わりはありませんが、食用のオリーブオイルを使用してしまうと、べたつきが残る恐れがあります。

スクラブ系トリートメント

スクラブ系頭皮トリートメントは、歯磨き粉などでおなじみのスクラブが大量に配合されている頭皮トリートメントです。こちらは、オイル系とは対照的で、皮脂の多い頭皮の人に効果的。スクラブ入りトリートメントを頭皮に塗布してマッサージをすることで、毛穴に詰まっている皮脂や汚れなどを掻きだしてくれるという効果があり、頭皮環境をしっかりと整えることができます。

また、商品によっては、スクラブの粒子が細かいものがあります。そのような商品の場合は、頭皮だけではなく、キューティクルの隙間にも入り込んでくれるので、キューティクル間の汚れなども除去してくれる効果を持つものもあります。

それぞれの使い方

頭皮用のトリートメントは髪用のトリートメントとは少し違い、使い方も異なりますので、次にそれぞれの使い方についてみていきましょう。

オイル系トリートメント
オイル系トリートメントは髪用トリートメントにとても良く似ています。髪用トリートメントは、髪の毛を保湿するために髪の毛に塗布して時間を置きますが、オイル系頭皮トリートメントの場合も、頭皮にオイルトリートメントをなじませ、軽くマッサージを行い10分程度放置します。

放置する際は、蒸しタオルなどを使用して、頭を包み込むようにしてあげる事で、毛穴が開き吸収率が上がるので、効率よくオイルが頭皮に浸透して保湿できます。しかし、オイル系トリートメントの場合は、主成分が油分なので、しっかり流さないと逆に頭皮がベタベタになり、汚れが付くと落ちにくくなってしまうこともあるので、髪用トリートメントのように、軽く流すということはせずに、しっかりと流してあげてください。

また、マッサージを行う際は、爪を立ててしまうと、頭皮に小さな傷が付きそこから細菌が入り込んで、頭皮ニキビを発生させる危険性もあるので、爪は立てずに優しくマッサージしてください。

スクラブ系トリートメント

スクラブ系トリートメントは、オイル系トリートメントと異なり、時間をおいて浸透させるということはしなくても大丈夫なものがほとんどです。その代りにスクラブ系の場合は頭皮マッサージがメインになります。スクラブトリートメントを頭皮全体にまんべんなくなじませたら、指の腹を使い、優しくマッサージを行いまうす。

するとスクラブが毛穴に入り込み、皮脂や汚れを掻きだしてくれます。また、マッサージを行うことで、頭皮の血行が良くなり、髪の毛にしっかりと栄養が行くようになるため、育毛効果を発揮します。

この場合もオイルトリートメント同様に、爪を立ててしまうと、頭皮に傷が付いてしまうので、必ず爪は立てず、指の腹をつかい優しくマッサージを行いましょう。

育毛剤と組み合わせて使うことでより効果を発揮!

yanagiya-hair-tonic-3
出典: http://www.takaski.com/product/yanagiya-hair-tonic-240ml/ 
このように、頭皮用トリートメントには、頭皮環境を整える効果があります。頭皮環境がしっかりと整うと育毛剤を使用した際に、その効果を最大限に発揮できるようになります。

例えば、オイル系トリートメントも、スクラブ系トリートメントも、毛穴の汚れを落とす効果がありますが、毛穴の汚れがなくなることで、育毛剤がしっかりと頭皮に浸透し、効率よく吸収することができるので、その分効果を発揮しやすいのです。

また、マッサージを併用して行うことで、頭皮の血行が良くなるので、髪の毛に血液が届くようになり、丈夫な髪の毛を生やすことができます。このような理由から、頭皮用トリートメントを使用するならば、併用して育毛剤も使用することをお勧めします。

自分の頭皮に合ったトリートメントで綺麗な頭皮に!

transplant-620x252
出典: http://www.regrowth.com/hair-transplant// 
いかがでしかた?今回は、頭皮のトリートメントについて解説をしてきました。私たちが普段使用している髪用のトリートメントというのは、基本的には、髪の毛を健康に保つためのもので、これから生えてくる髪の毛に関しては全くと言っていいほど関与していません。

そのため、頭皮用トリートメントのような、頭皮のケアができるようなトリートメントを取り入れることで、薄毛やハゲを予防することができます。また、頭皮用トリートメントを使うことで頭皮の環境が整うので、それだけで育毛剤が最大限の効果を発揮できるようになりますので、併用して育毛剤も使用したいところですね。

さいごに、頭皮用トリートメントですが、残念ながらドラッグストアなどで販売されているもののほとんどが髪用トリートメントなので、市販されていることが少なく、手に入れるのが難しいです。そのため、購入の際は、ネット、もしくは美容室などで購入することをお勧めします。

みなさんも頭皮のトリートメントを取り入れて、薄毛やハゲを予防してみてはいかがでしょうか?

蛇行性脱毛症の原因を探る!~治療法まとめ~

蛇行性脱毛症は、円形脱毛症の一つです。この円形脱毛症の、原因や病気が起きていく状態(病態)については、長い間不明でしたが、最近の研究の進歩もあり、徐々に解ってきました。そしてより病態に即した治療を開発して行く、気運が高まっているのが実情と言えましょう。円形脱毛症の一種、蛇行型脱毛症は、円形脱毛の種類が7つある内、最も重症と言われています。円形脱毛症の場合、単発型などは、ほっておいても自然に治る軽度なものですが、この蛇行性脱毛症は、放置しておきますと、どんどん進行して行き、怖い病気になります。ここでは、蛇行性脱毛症の原因を探ると共に、その治療法を解説して行きます。

円形脱毛症は7種類ある中で、蛇行性は重症な病気

円形脱毛症には,小脱毛症と言われています、
円形型のハゲが1個の「単発型」小脱毛症が2個以上多発する「多発型」、頭部全体に脱毛が及ぶ「全頭型」、全身の毛が脱毛する「汎発型」、生え際が帯状に脱毛する「蛇行型」、頭頂部が脱毛し、生え際が残っている「逆蛇行型」、急性に頭部全体に脱毛するが経過が良好な「Acute diffuse and total alopecia」の7種類があります。
この中でも蛇行性脱毛症は、早急に医師の診断が必要な、重症な病気と言えましょう。
単発型の様に、すぐに治る症状もありますので、円形脱毛症は、ほっておいても自然治癒すると、勘違いしている人も多いのは確かです。
単発型が見られた状態で、医師の相談をオススメします。
円形脱毛症は、繰り返し起こる可能性もありますので、そうした注意も大切です。

蛇行性脱毛症は女性や子供にも出てくる症状

蛇行性脱毛の性質として、女性や子どもにも多発しています。
おでこや、首筋、耳の周りなどの生え際から、蛇が蛇行するように、ハゲていくことからこの名が付けられました。
後ろから見ますと、耳の生え際から、一方の耳の生え際にかけて、頭頂部、後頭部がすべてハゲテ行きます。
逆蛇行型脱毛は、蛇行型と真逆で、頭頂部や、後頭部は髪の毛が残り、耳の生え際から首筋に書けてハゲテいく症状です。
いずれにしろ、ここまで来ますと治療も難しくなります。
このタイプに有効な治療法は、ステロイド薬の局所注射など、踏み込んだ治療が必須となります。

円形脱毛症 蛇行性脱毛症を起こす原因は?

ハゲの状態を医学的には、「脱毛症」と言います。
蛇行性脱毛症の原因となりますのは、ほぼ円形脱毛症と同じで、ストレスや他の治療疾患の影響、そして自己免疫疾患などが有力視されています。

1精神的ストレス

最近の社会環境から、ストレスは避けられない、と言うのが現実と言えましょう。
家庭でのストレス、学校や職場での人間関係など、精神的ストレスは溜まる一方です。
最近、職場でのサラリーマン、OL、そして病院の看護師、薬剤師などに、うつ病が慢性化している状況は事実です。
このストレスが要因となっているのは確かです。
生きるためには、いかにストレスを軽減して行くかが、今重要なファクターとなっています。

2自己免疫疾患

人間の体には、細菌やウイルスなどの外敵の侵入から、体を守る「免疫」機能があります。その働きをつかさどるのは、リンパ球です。
何らかの理由があって、リンパ球が自分の体の一部で、毛根を異物と間違えて、攻撃し、髪の毛の成長を止めてしまうことです。
円形脱毛症になる主な原因は、この免疫疾患が深く、関わっていると言うのが最近の研究で判明しました。

3婦人科疾患による影響

女性に円形脱毛症が多いのは、婦人科疾患の影響によるものと考えられます。
その第一に挙げられますのが、ホルモンバランスの崩れでしょう。
女性ホルモンの分泌は、20歳代をピークに、徐々に減少傾向を示し、50歳代の更年期を迎えますと、急激に下降し始めます。
そして加齢に伴い、ホルモンバランスが崩れていきます。
そこで、この女性ホルモンに有効とされる、エストロゲンで髪の保持をするのが効果的です。

蛇行型脱毛症の治療法はステロイド療法が一番有効

蛇行型脱毛に効果的とされています、ステロイド剤は、かゆみ止めや、炎症を抑える薬として、アトピー性皮膚炎など、アレルギー疾患の治療の際に必ずと言っていいほど使われている薬です。
正式な名称としましては、合成副腎皮質ステロイドホルモンと言いまして、体内の副腎から分泌されます、副腎皮質ホルモンに似た化学構造を持ち、より強力な消炎作用があるのです。
アトピー皮膚炎の疾患を持つ人が、蛇行性脱毛症になる人も多いデータも示されています。その治療薬がステロイドというのもうなずけます。
またステロイド剤は、過剰な免疫反応から起こります、炎症反応を抑えて、正常な細胞の破壊を防ぐ作用があります。
それは、血管収縮作用、抗炎症作用、免疫抑制作用、細胞増殖抑制作用などです。

ステロイド剤の作用

私たちの体で作られる、副腎皮質ステロイドホルモンは、多くの働きがあります。

1血管収縮作用

炎症が起こっている部位では、抗原処理のために白血球を、そこへ急いで移動させようとしまして、血管が拡張します。
赤く見えるのはこのせいですが、ステロイド剤は、血管の拡張を抑え、同時に赤みを取る働きがあります。

2抗炎症作用

炎症に拍車をかける、様々な化学伝達物質などの産出や、働きを抑制します。
またかゆみの元、ヒスタミンを作る細胞の増殖を、抑えてかゆみを摂ります。

3免疫抑制作用

抗体産出の、過剰な反応を起こすきっかけとなります、白血球の働きを抑制します。

4細胞増殖抑制作用

過剰な炎症反応の原因となる、細胞や白血球を自殺に追い込み、正常な細胞に被害が及ぶのを防ぎます。

円形脱毛症 蛇行脱毛症の治療方法

円形脱毛症の治療方法としては、多岐に渡ってあります。
局所免疫療法、ステロイド局所注射、ステロイドパルス療法、ステロイド内服療法、塩化カルプロ二ウム、セファランチン、グリチルリチン、抗ヒスタミン薬、などです。
他にスーパーライザ―療法があります。
この治療法は、体の奥まで届く、特殊な赤外線を照射、自立神経を刺激することが出来、全身の血流が良くなるの、ストレスの軽減や精神安定のために使われます。
重症の場合、ステロイド療法と併用すればより効果的になると考えられます。
蛇行型脱毛症に効果的な、ステロイド剤を使った治療法は次の3つが効果的と考えられています。

ステロイド局所注射治療法

副腎皮質ステロイド注射薬を用いたこの方法は、痛い注射療法となります。
注射できる量には制限があります。
1回の注射で、薬が行き渡る範囲は、せいぜい1㎡程度ですから、脱毛範囲が広ければ1回の診療所で何回も注射することになります。
また同じ場所には、月1回の頻度にすべきで、短期間に注射を繰り返すことで、皮膚が委縮してしまう可能性があります。
あまり強く萎縮すると、回復するには数ヵ月掛かることもありますので、その間は改善が見込めないことになります。
眉毛病変にも注射することは可能ですが、眼圧が高まる、緑内障を誘発することもあり、注意が必要です。

ステロイドパルス療法

広い範囲に脱毛が見られる場合、ステロイドパルス療法が効果的です。
メチルプレドニゾロンと言う、副腎皮質ステロイド薬を3日間連続して1日当たり、500㎎点滴する治療法です。
多くの場合、3~4日程度の入院で行いますが、外来で行う場合もあるようです。
まだ毛包が自己免疫反応によって、炎症を起こしている発症早期に、一気にその炎症を押さえこんでしまおうと言う考えです。
そのため、何年も経過した、慢性期の症例には有効性は期待できません。
もともとこのステロイドパルス方法は、全身状態が非常に悪化したような状況において、その状態を一気に改善させることを目的にするものです。
全身状態に大きな問題のない円形脱毛症患者に対して、行っても大きな副作用はほとんどありませんが、頭痛や吐き気、発熱、生理不順など軽度の副作用が一過性に見られることがあります。

ステロイド内服療法

一般的には連日内服します。
他の自己免疫疾患と同様に、ステロイド内服による自己免疫反応の抑制を目的としています。
抜け毛が続くような、活動性のある円形脱毛症に対して有効ですが、内服したからと言って急に、脱毛症が止まるわけではありません。
効果が見られたら徐々に減量して行きますが、あまり減量を急ぎますと、再発する可能性があります。
そのため、長期にわたり、リステロイド内服をせざるを得ない症例が多いのです。
定期的な血液検査、骨密度検査によって糖尿病や高脂血症、骨租しょう症などの確認が行われます。
しかしB型肝炎ウイルスのキャリアーや、すでに重度の糖尿病、緑内障、骨租しょう症があればプレドニゾロン内服の適応にはなりません。

蛇行性脱毛症荷はこういう人は気付けよう

蛇行性脱毛症になる人は、特に気付けたいのは、他の病に過去掛かった人、現在も治療を受けている人は注意が肝心です。
他の病気か影響して蛇行性脱毛症に掛かる人が多い病気なのです。
1これまで、大小にかかわらず、円形脱毛症にかかったことがある人は、要注意です。
2家庭で、学校で、職場で、ストレスを良く感じる人も注意が必要です。
3特に、アトピー性皮膚炎、免疫疾患などの皮膚の疾患にかかったことのある人、または現在進行中の人も、蛇行性脱毛に掛かる可能性が高いので、注意しましょう。

強力な消炎効果の裏に参加コレステロールの蓄積があるので注意しましょう。

ステロイド剤は、体内で、劇的な消炎作用を発揮します。
働きを終えたステロイドは、体内にとどまる内に酸化され、酸化コレステロールというカスになります。
この酸化の程度が進むと、酸化コレステロールが過剰になり、肝臓での処理が間に合わなくなり、排泄が困難となります。
つまり酸化コレステロールは皮下脂肪や、血管壁に蓄積されてしまうのです。
それが大きく蓄積されると、他の病気にも大きく影響してきます。

薄毛対策は10代のうちに!明日から試したい改善策まとめ

現在日本における薄毛率は、約5%と言われています。なんと4人に1人が、”上から目線”に悩んでいるのです。もし市販している育毛剤や、養毛剤、発毛促進剤等々が、キャッチフレーズのように、有効ならばこんなに多くの薄毛の人たちが、私たちの周りにいないでしょう。薄毛にさよならしたいならば、噂などに惑わされず、きちんとした科学的な理論に基づいた、育毛戦略が必要となりましょう。薄毛に悩む人が最近急激に増えてきたのは理由があります。それはOA機器の普及、パソコンや、スマートフォンなどによるゲームの氾濫です。当然眼を酷使しますので、眼精疲労になる人が後を絶ちません。その眼精疲労は、薄毛に大いに関係してくるのです。長時間パソコンやスマートフォンで肩こり、首筋のこり、などの症状を生み出し、それが抜け毛につながり、薄毛の人が急増していると言うのが現状です。しかし恐ろしいのは、これまで薄毛は40代、50代の現象とされてきましたのが20代30代の若ハゲと言われる現象を生み出しました。それが驚いたことに、ゲーム機の影響糸ともみられます、10代の薄毛の人が現れたのです。遺伝とか、他の病気、薬剤などは一切関連しないことから生まれたのです。もはや薄毛対策は10代から始めなければならない時代に来たと言えましょう。

毛と共に先細るデトックスパワー

毛髪が十分にある時人は「毛髪はなぜ必要か」と考える人は先ずいないでしょう。
健康と髪の毛は、失ってみて、初めてそのありがたさに気付くのです。
毛髪は、頭部の保温、皮膚の保護に加えて、外部の変化を察知するセンサー機能、さらには有害物質、特に重金属などの排泄、すなわち解毒(デトックス)などの役割を担っていると考えられています。毛髪の役割の中でも、デトックスは、特に健康維持のために重要と言えましょう。
貴金属中毒や薬物中毒の診断では、毛根に含まれている、これらの物質の濃度を減らすことからも、デトックスにおける毛髪の関与の、重要性が立証されています。
人の毛髪は、他の霊長類のそれと比べて、太く、長く、そしてより多くのメラニン色素を含んでいます。
これは人の進化の過程で獲得した特性です。
海岸で長く暮らしている人たちは、魚を主食としていました。
魚を食べることで、魚に含まれている重金属も一緒に体内で摂り込んでいます。
けれど毛髪を持つことで、摂り込んだ重金属を体外へ排出することができるのです。

デトックス機能の促進は健康維持に最重要

魚をたくさん食べる漁師は、デトックス機能が促進されているので、薄毛の人はあまり見かけません。
しかも漁師の人たちは、心筋梗塞、脳血管疾患、悪性腫瘍などによる、死亡率が一般の人たちと比べて、各段に低いとのデータも示されています。
デトックス機能を高めることは、薄毛の予防にもなり、他の病気への予防にもつながると言えましょう。
また果物を食べることも、薄毛予防には大いに役立つことになります。
ブドウなどの果物には、ポリフェノールという一群の物質が含まれています。
この代表的なものが赤ワインのレスベラトロールです。
これはブドウなどに紫外線が当たれば当たるほど、たくさん作られ、紫外線による障害を防ぐ効果を持つ、いわばブドウにとっての自己防衛物質なのです。

毛髪に含まれるメラニンの解毒作用

毛髪に含まれていますメラニンは、人の皮膚に紫外線が当たりますと、沢山作られます。そのため、メラニンは、人によってのポリフェノールであり、植物の場合と同様に、紫外線から肌を守るほか、酸化物質や重金属などの有害物質を結合し、体外へ排泄する作用を持っています。
皮膚が赤くはれるほどの日焼けは、問題ですが、小麦色の肌の人は健康的と言えそうです。このように毛髪に含まれています、メラニンの解毒作用や、生体防御作用などを考えますと、薄毛の人は、そうでない人に比べて、重金属などを体外へ排泄するデトックス能力が低下している可能性があります。
マグロなどの大型魚は、海の魚の食化連鎖の中で、上位にあり、貴金属が蓄積されやすくなっています。
しかし食べ過ぎは逆効果をもたらす場合もありますので注意が肝心です。

美しさを競い合う女性たち

現代はストレス社会です。
このストレスこそ、薄毛の大敵と言わねばなりません。
ストレスのために血行が悪くなり、ホルモンのバランスが崩れ、免疫力が落ち、その結果として抜け毛が起こり、薄毛になると言う訳です。
ただ総じて言えますのは、ストレスのある生活は、とりもなおさず体に悪い生活、ひいては髪にも良くない生活を送っていると言うことです。
「ストレスが溜まり、睡眠不足で疲れがたまり、生活が不規則で食事もろくに摂れない」となりますと、髪を丁寧にケアする時間などある訳はなく、髪の手入れも、おろそかになってしまいます。
その結果、若い内から薄毛に悩むことになるのです。
また若い女性は、美容に関心が高く、情報源も豊富で、少しでも不調を感じたら、すぐケアする方法は見つかるはずなのですが。
ある民間調査機関に調べで、働く20代、30代は、一番ストレスが強いと言う結果も出ています。
一つ言えることは、薄毛の女性が増えたと言うことは、裏を返せば、「薄毛のまま我慢する女性が少なくなった」ということかもしれません。

女性の薄毛の悩みは深刻

「ハゲは男性だけの問題」確かに街を歩いている人を見ても、髪が薄いのは圧倒的に男性ばかりと言えましょう。
女性の若い人はもとより、高齢者でも髪はふさふさしている人ばかりです。
ところがそれは女性にとって思い込みにすぎません。
女性は男性ほど顕著じゃないにしても、加齢とともに、髪が薄くなります。
長い間男性の薄毛の陰に隠れて、女性の薄毛は余り問題視されてきませんでした。
その結果「オンナはハゲないもの」という世間の思い込みが出来てしまいました。
そのためいざ薄くなった場合、「どうして私は女性なのに薄くなるの」と深刻に悩むことになるのです。
もちろん男性にとっても薄毛の悩みはあります。
若いのにハゲていたら女性にもてない、と悩む人は多いはずです。
それでも男性の場合、大半、本人が気にしなければ済んでしまいます。
しかし女性の場合はそうはいきません。
つまり女性の場合の薄毛は、存在が認められないのです。
地肌が透けて見えるほど、髪が薄いことが、外見上プラスになることはまずありません。女性の薄毛はより深刻なのです。

若い女性に薄毛が増加中

女性の薄毛は、本来ならば女性ホルモンが低下する、中年期以降に起るのが一般的なのです。
ところが、最近は、若い女性に薄毛現象が目立ってきています。
「まだ若いのになぜこんなに髪が薄いの」と悩んで売る人が急増しています。
その理由としていくつかありますが、やはり一番多いのが、食生活の乱れにより、髪への栄養不足と言えましょう。
食の欧米化で、これまでのご飯、味噌汁、卵、海苔、魚、野菜といった和食の生活から、パン、肉を中心とした欧米食に変わってきたことでしょう。
次に挙げられますのが、過度なダイエットでの栄養不足、生活習慣の乱れ、スマートフォン、パソコンなどの影響による眼精疲労、これが薄毛を増やす大きな要因となっています。男性も薄毛傾向は、年代が下がっていますが女性においても、その傾向は変わらないようです。

髪への一番の投資とは

テレビなどの情報番組で、薄毛の特集などをやっていますが、そこで「これさえ食べれば薄毛予防にはOK」という、体にいい食べ物を紹介していました。
もちろん、「これさえ食べれば薄毛にならない」まるで夢のような、そんな食べ物はありません。
「サプリメントを飲んでいるから栄養は十分に足りている」という人も野菜や、ヨーグルトなど、何か自然なものを摂ってる方が肌や髪には、絶対いいのです。
例えば市販されている野菜ジュースなどは「これ1本飲むだけでOK」などを謳っていますが、食物繊維、ビタミンC,カリウム、鉄、マグネシウムが1日に求められる摂取量より、大幅に下回るデータ報告されているのです。
一番効率がいいのは、緑黄色野菜を中心にジューサーで絞ってつくることです。
野菜や果物は、バランスよく摂取してこそ、その効果が発揮できるのです。
大切な栄養素は、ホルモンの分泌やコラーゲンの育成にもつながります。
コラーゲンは、体内でアミノ酸に変わってしまいます。
アミノ酸が不足しますと、抜け毛につながります。
ですから、むしろ良質なたんぱく質(アミノ酸)を摂ることが大切です。
これが髪への投資につながることはいうまでもありません。

薄毛で悩む人、薄くないのに悩む人

薄毛の度合いが、ハミルトン・ノーウッド分類で言えば、Ⅳ、Ⅴ、それ以上とかなり進んでいる人が悩むのは、比較的理解しやすいのですく、自然な気持ちと言えましょう。
「髪の毛が薄くなった」という現実の問題が、目の前にある訳ですから治療が進み、頭髪の状況が、それなりに改善して行けば気分も軽くなるsでしょう。
しかし客観的に見て、特に頭髪に問題がないけれど、悩みや憂鬱気分が強いと言う人は抜髪の毛の本数を気にし、フサフサ髪になりたいと悩んでいる人も多くなりました。
なぜ髪の毛がそんなに気になってしまうのか、それは遺伝的なことから、「親父の髪は前頭ハゲなので、自分もいつかそういう日が来る」と悩んでいる人もいます。
そうした日々の悩みがストレスとなり、本当に薄毛になった人もいます。

薄毛の対策は、10代から始めよう

これまで薄毛と言いますと、加齢に伴ってハゲて来ると言うのが一般的な考えでした。
今やそういった時代は完全に崩壊したのです。
10代からでも薄毛現象は表れてくる時代になったのです。
薄毛になる前に、正しい対策を施したならば、必ずハゲは防ぐことができます。
それには日常生活の改善、から始めなければなりません。パソコンや、スマートフォンでの長時間使用で、目の疲れ誘うことや、食生活の改善、適度な運動、正しいヘアケアをしっかりマスターするなど、すぐに出来ることは沢山あります。
ハゲにならないための予防策を、今から始めよう。

円形脱毛症の治療期間~治癒までどのくらいなのか~(体験談あり)

円形脱毛症は、見た目で判断することも多いのですが、中には他の疾患との区別がつきにくい症例もあります。円形脱毛症と鑑別しにくい脱毛症には「抜け毛癖」というのがあります。自信の毛髪を自分で抜いてしまう疾患です。一般的に思春期前後の女子に見られ、幼少時に現れます。その他には、FFA(永久脱毛)前頭部から側頭部の生え際に広がる永久脱毛です。これが円形脱毛の一種蛇行型脱毛と鑑別が難しいとされています。円形脱毛症は、毛孔が確認できますが、FFAは、毛孔が見つからないと言う違いがあります。円形脱毛症の治療期間は、相当長引くことが一般的です。しかし、100円ハゲと言われています、初期の円形脱毛症は1ヵ月ほどで自然治癒するのもありますが、本格的な施術や、注射となりますと1年以上長引くものもあります。したがって円形脱毛症の治療期間は、一概に言えませんが、完全治癒までは相当な期間がいることを覚悟しなければなりません。ここではそうした体験談を交えて、円形脱毛症の治癒法を考察して行きます。

円形脱毛症のメカニズムを探る

コイン型に脱毛する得円形脱毛症は、ストレスの代名詞的に捉われています。
確かにこのタイプの脱毛症は「仕事が忙しく、ストレスで円形のハゲができた」ということを良く聞くことがあります。
外部からは見えなくても、指で頭を触って、無毛部分を見つけた時は、驚いて相当ショックを受けるようです。
これは男、女に限らず、突然出現します。
このような小さな面積の円形脱毛症は、自然治癒することもあり、医療でも簡単に治せます。
円形脱毛症は、毛根の炎症が原因であるとされています。
前頭脱毛症や汎発性脱毛症も程度の差こそあれ、やはり毛根の炎症で起こるものと考えられます。
毛根で炎症が起きますと、リンパ球や他の白血球が、血管内から、毛根を攻撃するために組織へ出て行きます。
白血球が毛根の組織を出ていく際に、これらの武器で、血管を傷つけてしまいます。

円形脱毛症のメカニズム

知覚神経を刺激しますと、知覚神経からカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)という物質が放出され、コレラが血管を活性化し、そこでフロスタグランジンと言う物質を作らせ、プロスタブランジンとCCRPが協力して、近くの細胞にIGF-I(インスリン様成長因子―I)を作らせるのです。
したがって、白血球や、リンパ球により、血管が傷つけられ、炎症がおこった部分では、育毛が阻害されると考えられています。
円形脱毛症ではこのように毛根の炎症により、脱毛が起こります。
本来、体の外から侵入する異物と、戦う役割を持ったリンパ球が、なぜ自分の毛根を傷つけ、脱毛を起こしてしまうのです。
なぜこのようなことが起こるのか、その詳細なメカニズムは解明されていません。

円形脱毛症の原因は、自己免疫疾患説が有力

円形脱毛症と聞きますと、すぐにイメージするのが、ストレスとの関係です。
一般にはストレスの病気と思う人もいるでしょう。
しかし円形脱毛症とストレスの因果関係を、示す医学的なデータは、今のところ存在しません。
円形脱毛症に掛かる人は、几帳面でまじめな人が多い、と言うデータがあることからストレスは見逃せない要因の一つであることは確かでしょう。
最近では、円形脱毛症は、「自己免疫疾患」説が有力視されるようになりました。
人間の体には、細菌やウイルスなど、外敵からの侵入から自身守る「免疫」機構があり、主にリンパ球がその働きを担っています。
円形脱毛の患者さんは、脱毛部分の頭皮を観察しますと、毛根にリンパ球が集まり、毛根が委縮しております。
それが何らかの理由で、リンパ球が自分の体の一部である毛根を、「異物」と間違えて攻撃し、髪の毛の成長が止められるのです

円形脱毛症 日常生活で気お付けること

円形脱毛症のきっかけとして、ウイルス感染や、ストレスが原因となることが判明しました。
日常生活で、要因となることを、なるべく回避できるような生活をすることが望ましいと言うことは当然のことです。
そのためには、当たり前の対策ですが「規則正しい生活」を心がけると言うことでしょう。睡眠と休養を充分に取ることが、免疫力低下を回避し、風邪にかかりにくい体を作ることにつながります。
インフルエンザ対策として、ワクチン接種も一つの対策の一つと言えましょう。
また食生活も大切です。
速く治ると言う特別なものは残念ながら、まだありませんが、これを食べたら円形脱毛症になりにくい、と言ったものは数多くあります。
しかし髪の毛の成長にとって、亜鉛や鉄分が大切なものですから、これらの栄養素が不足しないような、食生活に気を配る必要があります。
亜鉛は、カキなど貝類に多く含まれ、鉄分は、肉類に多く含まれています。
こうした食品を摂るように心がけ、足りないものはサプリメントで補うようにしましょう。

防止やヘルメットを被ることの影響はない

「防止やヘルメットを被る」と、円形脱毛症を悪化させると良く聞きますが、それはありません。
そもそも円形脱毛症が起きている毛包範囲は、組織の中であり、100%組織液に充たされた状態です。
そのため、皮膚表面が蒸れていても、何ら問題はありません。
帽子を終日着帽したとしても、影響はないと言えましょう。
局所免疫療法に用いる薬剤は、頭皮を乾燥させてしまうものの、円形脱毛症自体は、改善するため、多少の頭皮の乾燥を、極度に心配する必要はないと考えられます。
しかし、皮膚の乾燥は皮膚バリア―機能が低下し、円形脱毛症に合併している、アトピー性皮膚炎を悪化させ、湿疹を誘発したりする危険性はあります。
こうした面から、不必要に頭皮を乾燥させないように、注意することは大切です。

円形脱毛症治療の体験談

円形脱毛症の治療については、10円玉くらいの円形のハゲに気付いた初期の段階、つまり単発型の円形脱毛症の場合は、ほっておいても1ヵ月程度で、自然治癒しますので無用な心配はありません。
それが円形脱毛症と考えている人が数多くいることが問題なのです。
本格的な施術を行う場合、半年や1年、長期間にわたる治療が必要な場合もあります。
以下は、円形脱毛症治療の体験談です。

Q円形脱毛症を発症して2ヵ月、当初はそのショックで、3分の2が抜けてしまいました。あわてて皮膚科を受診し、3ヵ月ほどで新しい毛が生えてきました。今では新しい毛も生えそろい完全に見えなくなりました。
♦単発型の円形脱毛症の場合は、おおよそ1ヵ月から2ヵ月で、新しい毛が生え揃い、自然治癒するのが一般的と言えましょう。

Q側頭部に、丁度500円玉位のハゲができ、軽微な薄毛と判断し、そのまま放置していましたが、その内その部分は全く毛がなくなりました。そして2ヵ月間そうした状況が続きました。医師の治療を受け、そして2ヵ月後にうぶ毛が生えてきました。
♦500円玉の薄毛を発見した時、医師の診断を受けたら、もっと早く治せたかもしれません。

Q若い頃ダイエットとストレスが原因で、500円玉位のハゲが見つかり、その時他にも小さなハゲが見つかりました。医師の治療を受け、2年間で完治しました。
♦単発型から多発型に移行省都した時に、見つかったものと思われます。このまま放置していましたら、全頭ハゲに移行していたかもしれません。

Q育児や家事に追われる毎日で、ストレスが溜まり、抜け毛が目立つようになりました。500円玉位の円形ハゲです。医師の診断で円形脱毛症との診断が下されました。その後、髪は抜け続け、3分の2程が抜け、ママ友の間で話題になりました。そこで施術に踏み切り、ステロイドパルス療法を行い、それから1年半で元に戻りました。
♦ステロイドパルス療法は、広い範囲に脱毛した場合行う療法です。今この方法を使う医療機関が増えているようです。もともとこの方法は、全身状態が悪化したような状況に行う療法で、その状況を一気に改善させる目的を持っています。したがって頭痛や発熱生理不順などの副作用を伴うこともあります。全身状態に何も異常がないときは、副作用がほとんどありません。

Q会社でのストレスが溜まり、思いがけなく頭頂部のハゲを発見しました。
ただのストレスの影響と思い、長い間放置していましたが、他の部位にも円形のハゲが次々と出てきました。これは大変だと思い医師と相談した結果、円形脱毛症と診断されました。そこで受けたのが局所免疫療法です。完治するまでは、長期間かかるとのこと、1年半ほどで、産毛が見られるようになりました。
♦局所免疫療法は、脱毛部位に、軽いかぶれを起こしながら治していく方法です。非常に高い確率で、接触性皮膚炎、つまりかぶれを起こす物質で、治療中に頭皮以外の部位にかぶれや、首のリンパ腺が腫れたりすることがあります。

円形脱毛症の治療法と薬剤

円形脱毛症の治療には、どういった患者さんに、どのような治療を行ったらいいのか、人さまざまです。
その貫地谷さんに適した治療法を医師が判断して行います。
その医師たちは、日本皮膚科学会のガイドラインに沿った、治療法を選択します。
このガイドラインは、あくまで標準的なもので、患者さんの状況に合わせて選択するものです。
一般的に比較的良く用いられているのが次の通りです。
♦塩化カルプロ二ウム(フロジン液)
塗薬で、末梢血管の拡張作用、育毛剤の「カロヤンガッシュ」などの主成分です。
♦グリチルリチン
飲み薬です。抗アレルギー作用、漢方薬として用いられるカンゾウから抽出した薬効成分です。
♦ステロイド
塗り薬、飲み薬両方あります。注射する時もあります。
♦セファランチン
塗薬、飲み薬があります。
タマサキッヅラフジと言う植物から抽出した、アルカロイド成分です。
♦ミノキシジル
塗り薬、飲み薬の両方有り、発毛促進作用があります。
♦ドライアイス圧抵療法
雪上のドライアイスを固めたもので、患部に刺激を与えます。
♦紫外線療法
長波長の紫外線A波UVAを患部に、照射してリンパ球の異常な動きを抑えます。
♦局所免疫療法
薬を使って局所に、人入為的にかぶれを起こし、その状態を維持しながら、発毛を促進させる。

【超厳選】抜け毛対策に効果的な漢方薬7選!

あなたは抜け毛対策として何かやっていますか?
食生活や生活習慣を正すのは当たり前でそれにプラスして、サプリや育毛剤など使っている人もいるでしょう。
漢方薬も効果的なのをご存知ですか?
体に良いとされる漢方薬ですが、今回は抜け毛対策に効果的な漢方薬をご紹介していきます。

漢方薬って何?

thum_871

(出典: https://doctors-me.com/doctor/column/871
漢方薬という言葉はよく聞きますが、実際に服用したことがないという人も多いと思います。
何かすごい薬のようでもあるし、本当に効果があるのかちょっと怪しかったりもします。

漢方薬とは?

伝統中国医学の一種ではありますが、日本で独自に発展した医学の一つです。
草、木の皮や根、実、種、動物の体の一部や貝殻、石(化石)などの「生薬」と呼ばれる自然の資源を漢方医学の考えに元づいて組み合わせたものです。
体質改善や慢性病の治療などゆっくり効くものと、風邪などの急性な病気などに素早く効くものがあります。

また、種類も「湯剤」「散剤」「丸剤」「軟膏」などがあります。
湯剤は刻んだ生薬を煮出して生薬カスを取り除いた液を飲む薬で、急性の病気に効果を発揮します。
散剤は生薬をすり潰し粉を混ぜて服用する粉状の薬で、進行がやや遅い病気に対応します。
丸剤は生薬の粉をハチミツと練り合わせ玉状にした薬で非常に進行が遅い病気に良いとされています。
軟膏はごま油を基材とした塗り薬で、アトピーなどの皮膚疾患の治療に使われます。

現在ある多くの医療用漢方は「エキス剤」と言われるものです。
エキス剤は、生薬を煎じた液からエキス成分を抽出したもので、あらかじめ煎じているので手間がかからず、携帯に便利です。
服用もしやすく香りも漢方独特の匂いが少なく保存もしやすいことから現代生活に丁度良い薬です。

漢方は抜け毛に効くの!?

最近AGA治療に使われる薬は西洋医学に基づいたもので、悪い部分にだけターゲットを絞って治療するので効果もすぐ表れる事が多いです。
対して漢方医学は自然に体の治癒力を高めることで体質改善を図るので長期の治療になることが多いです。

img_kanpo_01img_kanpo_02
(出典: http://www.m-kanpou.com/kampo/

漢方薬での治療は血行を促進し発毛を期待するというものです。
西洋医学では5αリダクターゼを抑制することで抜け毛などの薄毛治療を行っていきますが、漢方では血行を促進するなどの体質改善を行い抜け毛を防止します。

漢方から見る抜け毛の原因

血虚(血液不足)

髪の健康と血液には深い関係があると言われており、昔から髪は血の余りと考えられています。
血液が体中に行き渡った上で、余った血液から髪の毛が作られると考えられています。
つまり、血液が足りなかったり、血行が悪いと言うことは髪に栄養が届かず抜け毛の原因になると考えられています。

気虚(気の不足)

身体のエネルギーが足りずに元気がない状態のこと。
ストレスが加わり消化器や免疫機能が弱くなることで疲れやすくなったり、血行が悪くなったりすることで抜け毛が増えると考えられています。

腎虚(腎の低下)

腎と聞くと腎臓を思い浮かべますが、漢方での腎は腎臓の他、生殖器、ホルモン代謝、自律神経、免疫などに関わる機能のことを言うそうです。
腎が弱くなることで加齢現象が起こり、ホルモンのバランスが崩れるので抜け毛が増えると考えられています。

おすすめ漢方薬7選

四物湯(しもつとう)

%e5%9b%9b%e7%89%a9%e6%b9%af

(出典: http://www.nagae-ph.com/products/detail.php?product_id=66
名前の通り、当帰(とうき)・芍薬(しゃくやく)・川芎(せんきゅう)・地黄(じおう)という4つの生薬で作られています。
体を温めて貧血を改善する漢方薬のため、血液循環をよくして、体を温める効果の他に皮膚を潤したり、ホルモンのバランスを整える効果も期待できます。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

%e5%bd%93%e5%b8%b0%e8%8a%8d%e8%96%ac%e6%95%a3

(出典: http://www.kenko.com/product/item/itm_8451962072.html
全身に栄養を与え、血行を促進させるのと同時に利尿作用で余分な水分をとり除いて、冷え症や生理不順を改善します。
全身の血行を促進することで頭部の血行を促進し、栄養を届けやすくします。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

ph_4987045109386_200

(出典: http://www.kracie.co.jp/products/ph/1201949_2220.html
体力と気力を回復させる漢方薬で、元気をとりもどすのを助けます。
冷え症で貧血気味、顔色が悪く、疲労衰弱がひどいとき、または病中・病後、手術後などの体力と気力が弱っている時に回復させる効果があります。
ストレスの影響で疲労し、血行が悪くなっている時に効果を発揮します。

柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

%e6%9f%b4%e8%83%a1%e5%8a%a0%e7%ab%9c%e9%aa%a8%e7%89%a1%e8%9b%8e%e6%b9%af

(出典: https://www.tsumura.co.jp/products/ippan/021/index_50.shtml
興奮した神経を落ち着かせ心と体を穏やかにする効果がありますので、慢性的にストレスを感じているときに効果を発揮します。
中々ストレスを発散できない時に使われ、髪のトラブルで最も使われる漢方薬です。
高血圧や動脈硬化にともなう諸症状、神経症や不眠、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などにも用いられます。

桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)

%e6%a1%82%e6%9e%9d%e5%8a%a0%e7%ab%9c%e9%aa%a8%e7%89%a1%e8%9b%8e%e6%b9%af

(出典: http://www.kracie.co.jp/products/ph/1201487_2220.html
気持ちを落ち着け、体と心を穏やかにする漢方薬です。
神経症や不眠、夜尿症、また、精神面がかかわる動悸や性的機能の低下などにも用います。
神経質で細かいことが気になることでストレスが溜まりやすい人に向いています。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

%e5%85%ab%e5%91%b3%e5%9c%b0%e9%bb%84%e4%b8%b8

(出典: http://www.kracie.co.jp/products/ph/1202010_2220.html
体の弱った機能を補い、足腰の痛みや排尿異常に用いられます。
加齢により起こる抜け毛に効果があるとされており、具体的に夜間頻尿や足腰の痛みやしびれ、乾燥肌のカユミや湿疹などに用います。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

%e8%a3%9c%e4%b8%ad%e7%9b%8a%e6%b0%97%e6%b9%af

(出典: http://www.kracie.co.jp/products/ph/1202028_2220.html
食欲がないときなどの胃腸の働きを良くし元気をつける漢方薬です。
体の疲れ、食欲不振、胃弱体質、夏やせ、あるいは病中・病後、手術後などで体力が弱っているときに用います。
漢方では、胃が弱くなることで加齢現象が起こるとされており、それが抜け毛へと結びつくので、胃腸の働きを良くし抜け毛を改善します。

漢方薬を服用するときのポイント

食前又は食間に服用する

食前は食事の30分前で、食間は食後2時間後のことです。
つまり、胃の中に食物が入ってない空腹のときに飲むのが良いそうです。
空腹時は胃の中は酸性になっており、漢方は酸性側の方が吸収が速やかになります。
また、一部の効果の激しい成分は穏やかに作用されますので胃腸にとっての負担は酸性側の方が良いです。
ただし、飲み忘れて食後に飲んだとしても著しく効果が落ちるわけではありません。
漢方薬で胃に負担がかかる人は食後に飲んでいる場合もあります。

気を付けたいのが、飲むタイミングにこだわりすぎて漢方薬を飲むのが面倒になるよりは、自分の続けやすいタイミングで飲むのが一番良いかもしれません。

水か白湯で飲む

必ず水か白湯で飲んでください。
漢方薬によっては飲みにくく、味を誤魔化すのにお茶やジュース牛乳で飲む人がいます。
生薬成分と反応していまいますので、水か白湯で飲みましょう。
出来れば、1度沸騰させてカルキなどの不純物を飛ばし冷ました白湯で飲んだほうが吸収を助ける効果があります。
どうしても漢方薬が飲みにくいと言う時は、龍角散から発売している「漢方薬服用ゼリー」と言われる風味がついたゼリーがありますのでこういったものを使うのも手です。

飲み合わせには注意

食べ物やサプリなどでも食べ合わせ飲み合わせがあると言われていますが、漢方薬にも飲み合わせがあります。
医者や薬剤師などの専門家が飲み合わせて良いと言ったものなら構いませんが、自分の判断で市販の漢方薬を複数飲みのは止めましょう。

急いで効果を期待しない

漢方薬は比較的ゆっくり体質改善を行うものですので、1ケ月などの短期間で結果を期待しないようにしましょう。
人間の体は3ケ月の周期で細胞が入れ替わりますので、効き目もそれに合わせて出てきます。
効果は長い目で見て早くて3ケ月、出来れば半年から1年くらいは見ておいた方が良いかもしれません。

漢方に頼りすぎないないように

漢方薬に頼りすぎて他にしなければならない抜毛対策を疎かにしないようにしてください。

バランスの良い食事を摂取する

栄養素は非常に大事なものとなります。
その中でも髪の毛に必要な3大栄養素の「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は積極的に取りたいですね。

毛髪はほとんどがタンパク質でできており、髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚からも摂取できますが、肉や魚があまり好きではない場合は、大豆製品や卵などもタンパク質が多いですので活用してください。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物から摂取できるイメージですが、緑黄色野菜や植物性の油、レバーなどからも摂取できます。

ミネラルのうち亜鉛は毛髪にとって重要な栄養素となります。
亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収され、再びタンパク質として合成されますがその合成を助けるのが亜鉛なのです。
牡蠣に多く配合されていますが、他にも豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

睡眠をしっかり取る

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届かないので抜け毛が増えます。
そして、皮脂が過剰に分泌され毛穴をを防ぐことで頭皮環境も悪化します。
皮膚には常在菌という菌が存在しているのですが、睡眠不足が続くと常在菌が増え皮膚に刺激が加わります。
それにより頭皮環境が乱れますので、抜け毛の原因となります。

また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

タバコとアルコールを控える

タバコは血管を収縮させますので全身の血行が悪くなります。
それはもちろん頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したりもします。

アルコールは適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールが体内に入ると肝臓で分解されます。
飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
そうすると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなります、髪に必要なタンパク質が足りなくなり髪が成長できなくなります。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

ストレスを溜めない

漢方の考えとして、ストレスが加わり消化器や免疫機能が弱くなることで疲れやすくなったり、血行が悪くなったりすることで抜け毛が増えると考えられています。
ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなるので髪に必要な栄養が頭皮に届きにくくなります。
漢方には興奮した神経を落ち着かせるものもありますが、そればかりに頼りすぎずにこまめに発散をしておきましょう。

漢方薬で効果的な抜け毛対策を!

今回は抜け毛対策に効果的な漢方薬について解説してきました。
長い目で見た体質改善を目的に服用し、体の内側から抜け毛対策を行える漢方薬。
漢方薬は今までに服用したことがないという人もいると思いますが、体質を改善するので根本的な治療にもなる可能性があります。
色々と抜け毛対策をしても効果がなかった人、これから抜け毛対策をしようとしている人。
漢方薬で抜け毛対策をしてみてはいかがですか?

縮毛矯正で抜け毛が悪化する3つの理由【対策あり】

縮毛矯正で抜け毛が悪化する3つの理由【対策あり】
あなたの髪はくせ毛ですか?
小さい頃からくせ毛で髪がまとまらず学校に行くのが嫌だったり、梅雨の湿気が多き時もなんて外に出たくないなどくせ毛の人ならではの悩みがあると思います。
中学、高校性になりようやく縮毛矯正がかけられるようになって、初めてサラサラストレートヘアになった時の感動は今でも忘れられないという人は多いのではないでしょうか?
しかし、そんな夢を叶えてくれる縮毛矯正ですが、抜け毛が悪化すると噂されています。
今回は縮毛矯正と抜け毛の関係に迫ります。

縮毛矯正とは?

large_800955_1

(出典: https://4meee.s3.amazonaws.com/files/article/800955/large_800955_1.jpg
縮毛矯正とは字のとおり“縮毛”を“矯正”する。
つまりクセ毛をストレートにしていく施術方法です。
一般的に理美容室のメニューになっていますが、市販でも縮毛矯正剤が発売されており自宅で行う方もいます。
強い薬剤と高温のストレートアイロンを用いて施術を行っていきます。

縮毛矯正剤の成分

■1剤の成分

成分 働き
還元剤 毛髪のシスチン結合を切断する。
アルカリ剤 毛髪を膨潤・軟化。

還元剤を活発に働かせる。

コンディショニング成分

毛髪保護成分

補修成分

毛髪の手触り向上

毛髪補修・保護

その他 品質保持

■2剤の成分

成分 働き
酸化剤 切断したシスチン結合を再結合させる。
コンディショニング成分

毛髪保護成分

補修成分

毛髪の手触り向上

毛髪補修・保護

pH調整剤 薬剤のpH保持
その他 品質保持

パーマは1剤と2剤に分かれており、還元作用と酸化作用によってかかります。
1剤中の還元剤が毛髪のシスチン結合という比較的強い結合に水素を与えてシスチン結合を切断します。
1剤の中には還元剤とアルカリ剤が配合されており、特にこの二つは髪と頭皮に対して負担があります。
その後2剤中の酸化剤が還元剤と逆の作用の水素を奪うことでシスチン結合を再結合させます。
この1剤と2剤は混ぜて使用しないで、順番に塗布していきます。

縮毛矯正のプロセス

①シャンプーする

汚れや油分などがあると薬剤の浸透の邪魔をするのでシャンプーします。

②1剤塗布・放置

images

(出典: http://sloop-hms.net/wp-content/uploads/2015/04/DSCN0008.jpg
その後に、縮毛矯正剤の1剤を塗布後に時間を置きます。
塗布する際は頭皮につかない様に塗布します。

③テスト・水洗

dscn0074

(出典: http://sloop-hms.net/shukumou/
髪の毛を引っ張ったり、曲げたりして薬剤が反応しているか確認します。
OKであれば一度洗い流します。

④ドライ後アイロン操作

p1110150

(出典: http://ayase.pridehair.com/files/custom/theme/P1110150.jpg
ドライヤーでしっかり乾かします。
その後は薬剤を付けたところを中心にストレートアイロンでクセを伸ばしていきます。

⑤2剤塗布・放置

ストレートアイロンで伸ばしたクセを固定するために2剤を塗布し時間を置きます。

⑥水洗・仕上げ

2剤をしっかり洗い流し、トリートメントなどをつけて仕上げていきます。

以上が縮毛矯正の手順になります。
実はこの手順の中で抜け毛の原因となることがあります。

縮毛矯正すると抜け毛が悪化するの?

縮毛矯正をかけ慣れていると当たり前に感じる手順ですが、その中には抜け毛の原因となることがあります。

強い薬剤の影響

抜け毛が増える原因としてまず考えられるのは、薬剤による影響です。
強烈なクセを伸ばす力があるくらいですので、通常のパーマ剤やヘアカラー剤よりも還元剤やアルカリ剤の濃度が高く設定されているものがほとんどです。
特にアルカリ剤は毛髪のタンパク質を溶かす力があるので、タンパク質が溶け出て髪が細くなったりパサついたりしてしまいます。
タンパク質は毛髪内部とキューティクルにも存在しますので、毛髪に掛かる負担は大きく切れ毛なども引き起こす可能性があります。

高温アイロンで引っ張る影響

縮毛矯正は1剤を流して乾かしてから、ストレートアイロンを使いクセを伸ばしていきます。
その際の温度は大体180℃前後を設定していることが多いようです。

過度に熱を当てすぎると毛髪はタンパク変性と言ってタンパク質が硬化する現象を起こします。
私たちが普段口にする肉や魚もタンパク質でできており、熱を与えることで固くなっていくと思います。
更に熱が当たれば当たるほど焦げていくと思います。
毛髪も同じで熱を加えると固まり、当てれば当てるほど焦げていく炭化現象を起こします。
そうすると、紙は硬くしなやかさを失い抜けやすくなります
また、アイロンで強く引っ張ることで毛根にもダメージが出てしまい抜け毛の原因となります。

ブラッシングの影響

ストレートになりクセ毛の頃と同じ力でブラッシングしたりしていませんか?
ブラッシングは力を入れすぎると頭皮や髪の毛を傷めてしまうことがあります。
クセ毛の時はブラッシングしても引っかかってしまうので、力を入れてやっていたかもしれませんが、力任せにブラッシングすると切れ毛になってしまいます。
ストレートになるとある程度の力でスムーズにブラッシングできるはずです。
自分のブラッシングを確認してみてください。

こんな髪質は縮毛矯正の影響かも!?

縮毛矯正はどうしても抜け毛の原因を作ってしまいますが、必ずしも縮毛矯正が原因とは限りません。
しかし、こんな抜け毛は縮毛矯正が原因かもという例をご紹介していきます。

毛根がなく切れ毛になっている

毛根がない抜け毛は少し危険かもしれません。
縮毛矯正は髪と頭皮に負担がかかることはお伝えしましたが、ダメージが原因で髪の強度が弱くなり切れやすくなります。
毛根がなく明らかに途中で切れている毛は、ダメージによって何らかの力が加わり切れてしまっている可能性があります。

ハリコシがなく細くなっている

縮毛矯正をかけるとサラサラで指通りが良くなりますが、何だかハリコシがなく以前よりも細く感じているなら危険信号です。
薬剤により毛髪のタンパク質が溶け出て、毛髪の栄養素がなくなり細くなっている可能性があります。
ハリコシがなく細いと切れやすくなり抜け毛が増えてしまいます。

自分の髪質とは違い固く枝毛になっている

髪に指を通すとゴワゴワして固くなっていたら危険です。
今までとは逆で髪の強度が上がっているように感じますが、実は最も危険なのです。
これは先程、解説したタンパク変性が起こっている可能性があります。
あまり切れたりすることはありませんが、その後にパーマをかけたり、ヘアカラーをしても薬剤が反応せず思い通りにならないという事が起きます。
また、思い通りにならないので何度もかけたり染めたりすることで更なるダメージに繋がり、結果的に切れ毛や抜け毛の原因を作ってしまうこともあります。
これは縮毛矯正だけでななく、毎日ヘアアイロンを使用する人にも見られる現象ですので注意しましょう。

でも、縮毛矯正は止められない

縮毛矯正は抜け毛の悪化すると分かっていても、まとまらないクセ毛と毎日格闘するのはうんざりと言う人がほとんどでしょう。
どうしても縮毛矯正が止められない人は、次の解説する対策が必要になります。

ヘアケアをしっかり行う

縮毛矯正後の髪はしっかりヘアケアしてあげることが大事です。
具体的に言えばトリートメントをしてあげましょう。
トリートメントには縮毛矯正のダメージによって失われた「タンパク質」や、水分の通り道と言われる「CMC」、毛髪を覆っている脂質「18-MEA」などを補給する成分が配合されています。
また、「リピジュア」や「ヒアルロン酸」などの保湿作用もありますので、縮毛矯正で失ったものを戻してあげましょう。
そうすることで、髪に栄養が入り被膜ができることで切れ毛や抜け毛が少なくなります。

スカルプケアも行う

ヘアケアと同時にスカルプケアもしっかり行いましょう。
縮毛矯正によって頭皮もダメージを受けています。
血行が悪くなったり、引っ張られたことで毛根もダメージを受けているので頭皮環境を整える必要があります。
日常行える方法としては
① スカルプシャンプーでシャンプーする
② しっかり乾かす
③ 育毛剤などを使い頭皮を保湿したり、栄養を与える
④ 頭皮をマッサージする

もし、時間や費用に余裕があるのならヘアサロンに行きヘッドスパなどを行ってください。
ヘアサロンなら頭皮の状態も確認してくれ、丁寧なマッサージもしてくれるので頭皮環境を整えるにはとても効果的です。

頻度を下げる

縮毛矯正をやる頻度はどのくらいですか?
縮毛矯正は髪と頭皮に負担がかかるので、頻度が多いとそれだけ負担も増していきます。
頻度として1番良いのは年に2回くらいで、多くても年に4回が良いでしょう。
クセが気になって月1で根本の伸びてきたところだけやる人もいるようですが、かなり危険で正直やりすぎですので、頻度を考え直しましょう。

こんな人は縮毛矯正は止めましょう!

クセがありストレートにしたいので、抜け毛対策もバッチリする自信があるという人もいるかもしれません。
しかし、これから挙げる人は縮毛矯正は止めたほうが良いかもしれません。

既に毛髪が傷んでいる人

髪が既に傷んでいる場合は無理に縮毛矯正はかけないでください。
痛みが余計に進行してしまうのと、痛みすぎてかからないことがあるので余計に傷ませるだけになってしまいます。
また、縮毛矯正を繰り返し施術しているのでタンパク変性を起こしていることがあります。
そうなると薬剤が反応しないので、数ヶ月の間毛髪が安定するまで待ちましょう。

皮膚が弱く敏感肌の人

元々皮膚が弱く敏感肌な人は止めた方が良いです。
薬剤とアイロンによりかなりの負担になります。

妊娠中や生理中の場合

妊娠中や生理中の時はホルモンのバランスが崩れているので皮膚が敏感になっています。
急にかぶれたり、頭皮のトラブルが起きるかもしれません。

やっぱりストレートが良い

クセで悩んでいる人にとって、まさに救世主と言っても良いくらいの縮毛矯正。
髪と頭皮にとって負担はつきものでもあります。
クセよりもハゲる方が絶対辛いはずです。
しかし、対策を行えば多少のリスクは防ぐことができます。
これからは抜け毛のことも気にしながら、髪と頭皮を労った行動をを起こしましょう。

蛇行性脱毛症の原因を探る!~治療法まとめ~

蛇行性脱毛症は、円形脱毛症の一つです。この円形脱毛症の、原因や病気が起きていく状態(病態)については、長い間不明でしたが、最近の研究の進歩もあり、徐々に解ってきました。そしてより病態に即した治療を開発して行く、気運が高まっているのが実情と言えましょう。円形脱毛症の一種、蛇行型脱毛症は、円形脱毛の種類が7つある内、最も重症と言われています。円形脱毛症の場合、単発型などは、ほっておいても自然に治る軽度なものですが、この蛇行性脱毛症は、放置しておきますと、どんどん進行して行き、怖い病気になります。ここでは、蛇行性脱毛症の原因を探ると共に、その治療法を解説して行きます。

円形脱毛症は7種類ある中で、蛇行性は重症な病気

円形脱毛症には,小脱毛症と言われています、
円形型のハゲが1個の「単発型」小脱毛症が2個以上多発する「多発型」、頭部全体に脱毛が及ぶ「全頭型」、全身の毛が脱毛する「汎発型」、生え際が帯状に脱毛する「蛇行型」、頭頂部が脱毛し、生え際が残っている「逆蛇行型」、急性に頭部全体に脱毛するが経過が良好な「Acute diffuse and total alopecia」の7種類があります。
この中でも蛇行性脱毛症は、早急に医師の診断が必要な、重症な病気と言えましょう。
単発型の様に、すぐに治る症状もありますので、円形脱毛症は、ほっておいても自然治癒すると、勘違いしている人も多いのは確かです。
単発型が見られた状態で、医師の相談をオススメします。
円形脱毛症は、繰り返し起こる可能性もありますので、そうした注意も大切です。

蛇行性脱毛症は女性や子供にも出てくる症状

蛇行性脱毛の性質として、女性や子どもにも多発しています。
おでこや、首筋、耳の周りなどの生え際から、蛇が蛇行するように、ハゲていくことからこの名が付けられました。
後ろから見ますと、耳の生え際から、一方の耳の生え際にかけて、頭頂部、後頭部がすべてハゲテ行きます。
逆蛇行型脱毛は、蛇行型と真逆で、頭頂部や、後頭部は髪の毛が残り、耳の生え際から首筋に書けてハゲテいく症状です。
いずれにしろ、ここまで来ますと治療も難しくなります。
このタイプに有効な治療法は、ステロイド薬の局所注射など、踏み込んだ治療が必須となります。

円形脱毛症 蛇行性脱毛症を起こす原因は?

ハゲの状態を医学的には、「脱毛症」と言います。
蛇行性脱毛症の原因となりますのは、ほぼ円形脱毛症と同じで、ストレスや他の治療疾患の影響、そして自己免疫疾患などが有力視されています。

1精神的ストレス

最近の社会環境から、ストレスは避けられない、と言うのが現実と言えましょう。
家庭でのストレス、学校や職場での人間関係など、精神的ストレスは溜まる一方です。
最近、職場でのサラリーマン、OL、そして病院の看護師、薬剤師などに、うつ病が慢性化している状況は事実です。
このストレスが要因となっているのは確かです。
生きるためには、いかにストレスを軽減して行くかが、今重要なファクターとなっています。

2自己免疫疾患

人間の体には、細菌やウイルスなどの外敵の侵入から、体を守る「免疫」機能があります。その働きをつかさどるのは、リンパ球です。
何らかの理由があって、リンパ球が自分の体の一部で、毛根を異物と間違えて、攻撃し、髪の毛の成長を止めてしまうことです。
円形脱毛症になる主な原因は、この免疫疾患が深く、関わっていると言うのが最近の研究で判明しました。

3婦人科疾患による影響

女性に円形脱毛症が多いのは、婦人科疾患の影響によるものと考えられます。
その第一に挙げられますのが、ホルモンバランスの崩れでしょう。
女性ホルモンの分泌は、20歳代をピークに、徐々に減少傾向を示し、50歳代の更年期を迎えますと、急激に下降し始めます。
そして加齢に伴い、ホルモンバランスが崩れていきます。
そこで、この女性ホルモンに有効とされる、エストロゲンで髪の保持をするのが効果的です。

蛇行型脱毛症の治療法はステロイド療法が一番有効

蛇行型脱毛に効果的とされています、ステロイド剤は、かゆみ止めや、炎症を抑える薬として、アトピー性皮膚炎など、アレルギー疾患の治療の際に必ずと言っていいほど使われている薬です。
正式な名称としましては、合成副腎皮質ステロイドホルモンと言いまして、体内の副腎から分泌されます、副腎皮質ホルモンに似た化学構造を持ち、より強力な消炎作用があるのです。
アトピー皮膚炎の疾患を持つ人が、蛇行性脱毛症になる人も多いデータも示されています。その治療薬がステロイドというのもうなずけます。
またステロイド剤は、過剰な免疫反応から起こります、炎症反応を抑えて、正常な細胞の破壊を防ぐ作用があります。
それは、血管収縮作用、抗炎症作用、免疫抑制作用、細胞増殖抑制作用などです。

ステロイド剤の作用

私たちの体で作られる、副腎皮質ステロイドホルモンは、多くの働きがあります。

1血管収縮作用

炎症が起こっている部位では、抗原処理のために白血球を、そこへ急いで移動させようとしまして、血管が拡張します。
赤く見えるのはこのせいですが、ステロイド剤は、血管の拡張を抑え、同時に赤みを取る働きがあります。

2抗炎症作用

炎症に拍車をかける、様々な化学伝達物質などの産出や、働きを抑制します。
またかゆみの元、ヒスタミンを作る細胞の増殖を、抑えてかゆみを摂ります。

3免疫抑制作用

抗体産出の、過剰な反応を起こすきっかけとなります、白血球の働きを抑制します。

4細胞増殖抑制作用

過剰な炎症反応の原因となる、細胞や白血球を自殺に追い込み、正常な細胞に被害が及ぶのを防ぎます。

円形脱毛症 蛇行脱毛症の治療方法

円形脱毛症の治療方法としては、多岐に渡ってあります。
局所免疫療法、ステロイド局所注射、ステロイドパルス療法、ステロイド内服療法、塩化カルプロ二ウム、セファランチン、グリチルリチン、抗ヒスタミン薬、などです。
他にスーパーライザ―療法があります。
この治療法は、体の奥まで届く、特殊な赤外線を照射、自立神経を刺激することが出来、全身の血流が良くなるの、ストレスの軽減や精神安定のために使われます。
重症の場合、ステロイド療法と併用すればより効果的になると考えられます。
蛇行型脱毛症に効果的な、ステロイド剤を使った治療法は次の3つが効果的と考えられています。

ステロイド局所注射治療法

副腎皮質ステロイド注射薬を用いたこの方法は、痛い注射療法となります。
注射できる量には制限があります。
1回の注射で、薬が行き渡る範囲は、せいぜい1㎡程度ですから、脱毛範囲が広ければ1回の診療所で何回も注射することになります。
また同じ場所には、月1回の頻度にすべきで、短期間に注射を繰り返すことで、皮膚が委縮してしまう可能性があります。
あまり強く萎縮すると、回復するには数ヵ月掛かることもありますので、その間は改善が見込めないことになります。
眉毛病変にも注射することは可能ですが、眼圧が高まる、緑内障を誘発することもあり、注意が必要です。

ステロイドパルス療法

広い範囲に脱毛が見られる場合、ステロイドパルス療法が効果的です。
メチルプレドニゾロンと言う、副腎皮質ステロイド薬を3日間連続して1日当たり、500㎎点滴する治療法です。
多くの場合、3~4日程度の入院で行いますが、外来で行う場合もあるようです。
まだ毛包が自己免疫反応によって、炎症を起こしている発症早期に、一気にその炎症を押さえこんでしまおうと言う考えです。
そのため、何年も経過した、慢性期の症例には有効性は期待できません。
もともとこのステロイドパルス方法は、全身状態が非常に悪化したような状況において、その状態を一気に改善させることを目的にするものです。
全身状態に大きな問題のない円形脱毛症患者に対して、行っても大きな副作用はほとんどありませんが、頭痛や吐き気、発熱、生理不順など軽度の副作用が一過性に見られることがあります。

ステロイド内服療法

一般的には連日内服します。
他の自己免疫疾患と同様に、ステロイド内服による自己免疫反応の抑制を目的としています。
抜け毛が続くような、活動性のある円形脱毛症に対して有効ですが、内服したからと言って急に、脱毛症が止まるわけではありません。
効果が見られたら徐々に減量して行きますが、あまり減量を急ぎますと、再発する可能性があります。
そのため、長期にわたり、リステロイド内服をせざるを得ない症例が多いのです。
定期的な血液検査、骨密度検査によって糖尿病や高脂血症、骨租しょう症などの確認が行われます。
しかしB型肝炎ウイルスのキャリアーや、すでに重度の糖尿病、緑内障、骨租しょう症があればプレドニゾロン内服の適応にはなりません。

蛇行性脱毛症荷はこういう人は気付けよう

蛇行性脱毛症になる人は、特に気付けたいのは、他の病に過去掛かった人、現在も治療を受けている人は注意が肝心です。
他の病気か影響して蛇行性脱毛症に掛かる人が多い病気なのです。
1 これまで、大小にかかわらず、円形脱毛症にかかったことがある人は、要注意です。
2家庭で、学校で、職場で、ストレスを良く感じる人も注意が必要です。
3特に、アトピー性皮膚炎、免疫疾患などの皮膚の疾患にかかったことのある人、または現在進行中の人も、蛇行性脱毛に掛かる可能性が高いので、注意しましょう。

強力な消炎効果の裏に参加コレステロールの蓄積があるので注意しましょう。

ステロイド剤は、体内で、劇的な消炎作用を発揮します。
働きを終えたステロイドは、体内にとどまる内に酸化され、酸化コレステロールというカスになります。
この酸化の程度が進むと、酸化コレステロールが過剰になり、肝臓での処理が間に合わなくなり、排泄が困難となります。
つまり酸化コレステロールは皮下脂肪や、血管壁に蓄積されてしまうのです。
それが大きく蓄積されると、他の病気にも大きく影響してきます。

円形脱毛症はこれで悪化する?原因10選!

円形脱毛症で、ハゲタ部分の頭皮温度を測ってみますと、育毛部(髪の毛がある部分)の頭皮温度に比較して、脱毛部は、2~3度低くなっているのが解ります。中には5度近くも低下していることもあります。この場合ヒヤッとして、吸い付く感じになっておることが多いものです。患部の皮膚温度を上げてやり、肩こりや首筋のこりをほぐして、血流循環を良くしておくことが改善につながります。このように円形脱毛症はちょっとした気遣いで、すぐに回復することが度々あると言うことです。円形脱毛症をそれ以上悪化させないためには、日常生活を改善することから始めるのがいいでしょう。円形脱毛症を悪化させないための十選を中心に、悪化させる原因を追求していきます。

薄毛の現れ方を知ることが対策の第一歩

同じ「髪が薄い」という悩みでも、いくつかのタイプに分かれます。
「髪が薄くなってきた」と感じた時、まずは冷静に、どこからどういう風に、薄くなってきたのか、注意深く観察することが大事です。
壮年男性に多い薄毛は、生え際から後退する「M型」や頭頂部から薄くなっていく「O型」、この場合は、血行障害や男性ホルモンの影響と考えなければなりません。
頭部全体が薄くなる「びまん型」一部がごっそり抜け落ちる「円形脱毛症」等はそれぞれ独自の原因があります。
そうした原因を知ることにより、悪化させないための行動が必要になります。
このように現れ方の違いによって、原因も対策も変わってくる者なのです。
一口に薄毛と言いましても、このように現れ方も様々と言えましょう。
どのように始まるかによって、薄毛の対策が決められます。
円形脱毛症は、慢性化したストレス、自己免疫疾患末梢神経の障害、自律神経失調などが指摘されています。
円形脱毛症を悪化させないための10の対策を述べて行きます

1ストレス

現在の社会生活を営む上で、ストレスを感じていない人は皆無と言えましょう。
人それぞれ個人差はありますが、大なり少なり、年齢、男女差別なく降りかかってくる問題と言えましょう。
小・中・高、大学生活、社会人その立場によって悩みも違って来るでしょうが、インターネットの普及で、ストレスは増加傾向にあると言うのが現実です。
そのストレスが、円形脱毛症の要因の一つになっているのは周知のとおりです。
先ずこのストレスを溜めない工夫をすることから始めることが肝心です。
学校や、職場での人間関係の悩みは、年々急速に増加傾向にあります。
それが要因となって「うつ病」になる人が増えているのが実情です。
そして家庭でのストレス、等々数え上げればキリがないほどあります。
それが円形脱毛症を促進することは確かなのです。
「気にしすぎない」ことが育毛アップにつながります。

2食生活の偏り

食生活の欧米化は年々顕著になっています。
これまでのコメを中心とした食生活が、肉中心の食生活に変わり、これが髪に多大な影響を与えています。
毛髪は、たんぱく質から出来ていることから、そのたんぱく質を作っているアミノ酸が豊富な食品を摂らなければなりません。
亜鉛は、たんぱく質の合成などに関与していることから、毛の成長を促します。
また亜鉛イオンは、5α―リゼクタ-ゼ1型を阻害すること等から、亜鉛不足が起こりますと脱毛の抑制と毛髪再生に影響が出ます。
男性の場合は、前立腺に多く、1回の射精で、1~7㎎、大量の汗で、1~4㎎失われると言われていますので、亜鉛と銅のバランスを取りながら、常に補給しておくことが必要になります。

3不眠症

睡眠不足は、心身にとってだけでなく、髪にとっても大敵となります。
睡眠は、深い眠りのノンレム睡眠と、浅い眠りのレム睡眠があります。
睡眠中はそれが交互にやって来るのです。
レム睡眠は、体は休んでいるものの、脳は寝ていない状態です。
一方のノンレム睡眠は、脳は急速状態にあります。
これらの相互の移行がスムーズで、体も脳もしっかり休めるのが、質のいい睡眠なのです。髪にとって大切な睡眠の中でも重要なのは、ノンレム睡眠なのです。
最初にやって来るノンレム睡眠の時に、髪の成長に必要な成長ホルモンが最も多く分泌させます。
髪の毛は夜につくられるのです。
ちなみに、髪に関係する成長ホルモンは、若い頃にはたくさん分泌されていますが、加齢に伴って減っていきます。
したがって年齢を重ねるほど、睡眠の質にこだわることが、円形脱毛症の予防にもつながると言えましょう。

4アルコールの過剰な摂取

いくらヘアケアに力を入れましても、生活習慣が乱れていては、体が不調になります。
毛髪は体の一部、体の不調は毛髪にとっても良い事ではありません。
アルコールは、毛髪には直接影響はしませんが、度を超した飲酒は、生活習慣に悪影響を与えます。
アルコールは肝臓によって分解され、肝臓は毛髪の生育に欠かせないタンパク性を作り、全身に供給します。
したがって、肝臓に負担がかかり、充分にたんぱく質が摂れず、発毛を妨げることになります。
しかし一方では、お酒は、血行を盛んにし、ストレス解消にもつながるましので、ビール1本位はいいでしょう。
アルコールを過剰に摂り過ぎますと、アルコールはビタミンB1の消費を高め、毛髪の生育を妨げてしまうことになります。
円形脱毛症の予防対策には、過剰なアルコールの摂取は控えた方がいいでしょう。

5喫煙

たばこのニコチンは、血管を収縮させ、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結合し、全身的な酸欠を起こします。
そして1本毎に、ビタミンCを25㎎消耗し、血管が弱ってしまい、血行不良となります。
また発毛に必要な、亜鉛の吸収率を高める破壊をしますので、喫煙はやめて方がいいでしょう。
しかし、たばこと脱毛との関係は、たばこを吸ったからと言って、ハゲになると言うものではありません。
むしろハゲの問題よりも、「健康」に害を及ぼすと言った方がいいかもしれません。
確かにたばこを吸っている人の中には、毛がふさふさという人もいます。
しかし「百害あって一利なし」と言います。
体に良くないとわかっているたばこを吸うことはないでしょう。

6間違ったシャンプーの選び方

薄毛や抜け毛が気になり始めた人は、大半の人が最初に取り組むのがシャンプー選びです。ここで注意したいのは、シャンプーは、発毛を促すことは期待できません。
テレビコマーシャルや、雑誌広告などで、「髪のボリュームが気になる人へ」とか「髪のコシやハリを蘇らせる」などのキャッチコピーに騙されないことです。
シャンプーは、大きく分けて3つのタイプがあります。
「アミノ酸系」「高級アルコール系」「石鹸系」です。
シャンプーノ選び方のポイントは、自分の頭皮に合った物を選ぶと言うことです。
そして初めてシャンプーを選ぶときは、小さいボトルを購入し、頭皮に合うかどうかを確認することが大切です。
それを確かめるには、シャンプー後に、頭皮にかゆみが出た、フケが多くなったと言う人がいれば、頭皮に負担をかけているサインです。

7シャンプーの回数が減る

シャンプーは、髪の毛の汚れだけを落とすことだけではなく、地肌を守るために行うものです。
つまり髪を洗うのではなく、頭皮を洗うのです。
頭皮は、新陳代謝が盛んで、皮脂分泌や、アセ腺の働きも活発です。
頭皮の汚れや、皮脂を落として清潔に保つ、これがシャンプー本来の目的なのです。
抜け毛が怖くて、シャンプーを減らす人をよく見受けられますが、これは間違っております。
最低でも、週2~3回は洗髪する必要があるでしょう。
そして脂性肌の人は2度洗いを慣行するようにしましょう。
毎日洗いたい人は、洗浄力の強いシャンプーは避けるとともに、使用量の調節が必要です。乾燥しやすい冬は、量を少なく、夏は多くするなどの工夫が大切です。

8髪をすぐに乾かさない

髪を洗った後は濡れっぱなし、というのは頭皮の環境を乱すもととなります。
余分な水分は素早く取り除くことが大切と言えましょう。
洗髪後はタオルドライした後、ドライヤーを使って頭皮までしっかり乾かします。
この時60度以上の温風は、髪のたんぱく質の分解を促し、傷める結果になるので注意が必要です。
ドライヤーで乾かすのは面倒だからと言って、自然乾燥にするのは髪にとってはマイナスと言えそうです。
髪は濡らしたらすぐに乾かすことを習慣化することは、髪にとって重要なことなのです。円形脱毛症防止には、こうした細かいことを習慣化することが、悪化させない秘訣と言えましょう。

9髪に紫外線を浴びる

頭皮の状態は季節によって変化するものです。
もともと頭皮の色は青白いのですが、特に夏は日焼けして頭皮は乾燥に傾きがちです。
紫外線を浴びることによって、皮膚にできるシミやシワ、これには体内で、発生する活性酸素が関係しているとピ割れてしまいます。
活性酸素とは、普通の酸素が体に悪さをするように変化したものです。
髪の毛は紫外線によって痛みつけられ、ちょっとこするだけで、キューティクルがはがれるようになってしまいます。
紫外線を浴びると、毛髪の構成アミノ酸の中の、シスチンが分解されます。
擦ると頭髪の引っ張り強度が低下し、水分を保持する毛髪中のたんぱく質が破壊されるため、バさつきが起こります。
過剰の紫外線を受けると、フリーラジカルの作用により、メラニンが細分化され、髪が茶色になったり、キューティクルの損傷や、切れ毛に発展しやすくなります。

10間違った頭皮ケア

毎日の頭皮ケアの中で、無意味なことや、髪の毛を虐待するようなことを平気で繰り返している人が多くいます。
またインターネットなどの過剰情報に振り回され、何を信じて実行したらいいのか分からなくなっている人も良く見かけます。
正しい方法を教わらないままに大人になり、髪が薄くなり出してからあわてて雑誌などでヘアケアのやり方を研究しているのが現状です。
円形脱毛症の場合は、抜けるとしばらく生えて来ませんが、生えて来るとなると一気に太くなってきます。
常に髪の毛が、良好に育つような環境や体調にしておくことが解決につながります。

アレルギーと抜け毛の関係が深い?【侮るなかれ】

アレルギーと言えば、アトピー性皮膚炎、花粉症というイメージがすぐに浮かんできます。この他、金属アレルギーなどありますが、このアレルギーが、抜け毛と深い関係にあることは余り知られていません。このアレルギーのイオンが人に体内に侵入し、毛母細胞を履がえし、抜け毛の原因となり、髪の成長を著しく遅らせるのです。脱毛に悩む人の約7割が、このアレルギー体質であることも報告されています。そこで、抜け毛とアレルギーの関係を徹底的に、検証し、そのメカニズムを追っていきます。

抜け毛の原因となるアレルギーとは何か?

アレルギーとは、外来抗原に対して、特異的に起る免疫反応が、過剰に起こることで、体に害を与えてしまう状態を言います。
近年、日本人のアレルギー体質の人は、諸外国の人に比べて、著しい増加傾向が見られます。
アレルギーの増加要因については、はっきりした原因は特定されていませんが、いくつかの仮説が立てられています。
その一つには、衛生的すぎる環境が、整体のヘルパーT細胞のバランスを崩して、いるのではないかということです。
細胞が多くなりすぎますと、アレルギー反応を起こしやすいとされています。
一般的に言いまして、スギ花粉や、勤続など環境中にある物質、牛乳、そば、魚介類などの食品が「アルゲン」として挙げられます。
アルゲンとは、抗体と反応する物質のことを言います。
基本的には、たんぱく質が、「ぺプチド」であります。
アレルゲンが金属という場合でも、金属イオンが体内のたんぱく質と結合して、アレルギーの原因物質になります。

アレルギーの症状は個人ごとに異なる

アレルギーの症状は、個人ごとにその程度は幅広く、症状があってもほとんど無害な場合もあれば、ショック状態を引き起こして、致命的な状態に陥る場合もあり、それぞれに違った症状を見せるのが特徴とも言えます。
アレルギーの症状が個人ごとに違うのは、アレルゲンに暴露される量(体内に入り込む量)だけでなく、個人の遺伝学的・内分泌学的・生理学的因子、あるいは学的因子による感受性によって免疫反応に違いをもたらすためであると言えましょう。

ストレスと免疫について

ストレスが掛かると、副腎皮質からホルモンのコルチゾール(副腎ステロイド)が分泌され、T細胞の機能抑制、NK細胞の活性化を抑制します。
人が興奮しますと交感神経が優位になり、ホルモンのアドレナリンが分泌され、NK細胞の活性化を低下させます。
このように、内分泌系も神経科系も免疫に影響を及ぼしますので、アレルギーとも考えられるのです。
社会環境によるストレス、偏食や睡眠不足等がアレルギー増加要因としても考えられます。

免疫とアレルギー

免疫反応とアレルギー反応は、侵入する抗原と対応する抗体の違いで起こします。
正常な免疫反応の場合は、細菌などの抗原が侵入してきますと、主にIgG抗体が結合し、無力化させます。
抗原が記憶されますので、再び同じ抗原が侵入しますと、直ぐに大量の抗体が対応し、感染症の発症を防ぎます。
アレルギー反応の場合は、花粉などの抗原が侵入してきますと、IgE抗体が産出されます。IgE抗体は、肥満細胞にも結合し、再び同じ抗原が侵入すると、肥満細胞の抗体に、抗原が結合し、アレルギー症状を起こす生理活性化物質が放出されます。

アレルギーの分類

アレルギーは、抗体や免疫細胞の反応の仕方から、1型からV型までに分類されます。

1型アレルギー

肥満細胞に結合したIgE抗体に、抗原が結合しますと、肥満細胞からヒスタミンなどの生理活性物質が放出され、血管拡張、気管支収縮なのアレルギー症状を引き起こします。

Ⅱ型アレルギー

自己細胞に反応するIgG抗体や、IgM抗体ができてしまいます。
補体系も加勢して、自己細胞が破壊されてしまいます。
抗体が結合されました自己細胞は、マクロファージにも浸食されます。

Ⅲ型アレルギー

血液などに溶けています抗原に抗体が結合し、さらに補体が結合した免疫複合体が、血流にのって、周囲の自己組織に沈着し、生涯を起こします。

Ⅳ型アレルギー

抗原に反応したヘルパーT細胞から、サイトカインによって活性化されました細胞傷害性T細胞や、好中球が、周囲の自己組織を損害してしまいます。

Ⅴ型アレルギー

自己細胞表面のレセプターに反応する自己抗体が、産出され、レセプターに結合して、ホルモンの過剰分泌など、自己細胞に異常な反応を起こさせてしまいます。

抜け毛とアレルギーの関係の中でも特に関係が深いのが花粉、金属アレルギー

近年、脱毛に悩む人の7割近くの人が、アレルギー体質の人、というのがデータで報告されています。
それほどアレルギーと、抜け毛の関係は深いものがあると言えるでしょう。
そのアレルギーにおいても、目立って多いのが、花粉アレルギーによるものと、金属アレルギーによるものが最も多く影響しているようです。
30代、40代で、過去に歯の治療を行った人は、抜け毛になる人が多いと言うデータも示されています。
その理由としましては、歯の治療において、歯に詰める材料は、アミㇽガムやパラジウム合金が使用されたことが要因となっているようです。
この世代が、抜け毛、脱毛の症状が多い世代で、こうした要因と関係があるのかもしれません。
いずれにしてもアレルギーは抜け毛に大きな影響を与えることは確かです。

歯の治療に使われたアルミガムやパラジウム合金も抜け毛の要因

歯の治療に使われている、アミルガムにおいては、重金属である水銀を50%を含み、口腔間で劣化しやすく、それが蒸発し、腐食することで、水銀が蒸気となり、体内深く浸透します。
それが全身に回り、抜け毛の原因となるのです。
パラジウム合金においては、金属アレルギー検査で、半数に陽性反応が出るような合金です。
ドイツでは、パナジウム合金の利用については、政府が禁止しているほどです。
体内に浸透した金属イオンが、毛根部のケラチンと言いますタンパク質と結合し、アレルゲンとなります。
このアレルゲンによって、攻撃され、毛母細胞がぼろぼろになり、抜け毛が増え、髪が生えなくなり、育毛の成長を著しく妨げることになります。
このように、過去に歯の治療で詰めたものが原因となり、抜け毛が増え、円形脱毛症となるケースが増えています。

花粉症(1型アレルギー)のメカニズム

花粉症は、吸入性アレルゲンによる1型アレルギー反応であり、IgE抗体と肥満細胞によるメカニズムが大きく関与する即時型アレルギーの代表格です。
くしゃみ、彗星鼻漏(鼻水)、鼻つまりを特徴とする疾患で、正式には、鼻アレルギー、アレルギー性鼻炎と呼ばれています。
肥満細胞から放出される生理活性物質(ケミカルメディエータ―ともいう)の内、重要なものは、ヒスタミンとロイコトリエンです。
アレルギー性鼻炎は、季節性と通年性に分けられます。
季節性の大部分は、花粉が原因であり、花粉症と呼ばれています。
通念性の場合は、アレルギー性鼻炎の原因としましては、室内塵(ハウスダスト)中のダニに対するアレルギーが多く見られます。
ダニアレルギーの多くは、10度以下で発症し、小児アレルギー性鼻炎の原因となっています。
このアレルギー性鼻炎を繰り返しますと、粘膜過敏性が増加して、症状が慢性化する場合があり、花粉の飛散が減少しても、病変はすぐに改善されないこともあります。

金属アレルギーのメカニズム

ニッケル、コバルト、クロムなどの金属は、歯科用だけでなく、装身具、ピアス、腕時計、メガネなどにも使用されているため、金属アレルギーを起こす金属として知られています。アレルギー反応は、たんぱく質に対して発生するものですが、なぜ金属で起こるかと言いますと、身に付けた金属から溶け出した金属イオンが体に侵入し、人のタンパク質と結合することで、アレルゲンとなるのです。
金属イオンとは、ニッケルやコバルト、クロムなどの金属は、汗や、唾液に触れることで、イオン(電荷をもつ分子)となって、溶け出すのです。
金属は種類によっては、何らかの液体があれば、反応して、イオンとなる性質を持っているのです。
金や白金は、イオン化の反応が起こりにくく、溶けにくいのです。

歯科用金属とアレルギーの関係

歯科治療で使われる金属のつめもの、被せ物、入れ歯などを長期間装着していますと、金属が溶け出し、アレルギーを起こします。
口内外歯肉炎にとどまらず、アトピー性皮膚炎などの、全身症状を起こすこともあります。バッチテストでアレルゲンを特定できましたなら、速やかに除去し、詰め物などをアレルゲンにならないセラミックなどに交換することが大切です。
現在の歯科医療の進歩は著しく、昔と違って、詰め物にはこうした金属アレルギー対策として、オールセラミックを使用している歯科医院が大半です。
ひと昔前までは、パラジウム合金などが使われていましたので、そうした治療を受けた人は、抜け毛の症状を起こす可能性があると言うことです。

抜け毛の原因となるアレルギー疾患の治療

アレルギーは様々なタイプがあり、引き起こされるアレルギー疾患持たらしたようです。根本は皆同じです。
ではどのような治療法があるのでしょうか。
実際に行われています対症療法の他に、新しい試みとして、経口免疫療法(減感作療法)等があります。
重度のアレルギー疾患を持っている人は、周囲の人にアレルギーのことを理解してもらうことが大切です。
アレルギーの治療はこれまで、根本的な治療は困難とされてきましたが、現在では、治療としましては、薬物療法や、経口免疫作療法などを行い、対策としては抗原を除去するなどのセルフケアを行っております。
アレルゲンの除去には、先ず原因物質を特定しなければなりません。
その原因物質特定には、バッチテストが有効で、アレルギー性接触皮膚炎などの確定診断に用いられます。

壮年性脱毛症と男性型脱毛症(AGA)ってどこが違う?

男性型脱毛症(AGA)は、いくつかの誘因が重なって発症します。遺伝的な体質や、男性ホルモンの多少にかかわらず、その発症には個人差が有ります。そのAGAの一つが壮年性脱毛症です。壮年性脱毛症とは、発生する年齢は、30~50代の男性の脱毛現象を指して言われていますのが、一般的と言えましょう。厚労省の見方は、「31~44歳」を壮年期の働き盛り、「45~64歳」を中年期と定義し、この二つを合わせたものが壮年期としています。それ以降は「老人性脱毛症」、若年性脱毛は、「15~30歳」までで、いわゆる”若ハゲ“としています。ここでは壮年性脱毛症と本来の男性型脱毛症の違いについて検証して行きます。

男性型脱毛症(AGA)のメカニズム

薄毛や脱毛は老若男女、あらゆる階層で、起っています。
中でも髪の脱毛に悩んでいる人が多いのは、AGAと言えましょう。
AGAとは、男性特有の脱毛症を指し、若年層から壮年層まで、薄毛、脱毛に悩む男性の約8割が該当すると言われています。
AGAの羅漢率は、20代で10%、30代で、20%、50代以降は40数%と加齢とともに高くなる傾向を示しています。
AGAそのものは、高血圧や糖尿病のように、髪の毛以外の肉体を、直接むしばむことはありません。
肉体より、むしろ精神に強い影響を及ぼすものです。
精神面の様々な悪影響を考慮すると、AGAの治療は優先順位が高いので、心臓やガンのように、精子にダイレクトに結びつく病気の方が、研究は進む傾向にあります。
それは研究開発費が優先的に回されるからです。
そうしたアウェイな環境の中で、AGAの治療薬の研究は、なかなか進みませんでしたが、1990年代に入って相次いでAGAの治療薬に使える、有効成分が研究開発されました。
それがフィナステリドとミノキシジルです。

プロぺシアとリアップの登場は日本の毛髪業界を大きく変えた!

フィナステリドは商品名「プロペシア」、ミノキシジルが商品名「リアップ」として、日本では知られている薬です。
AGAの治療が、日本で軽視されていた傍証に、プロペシアは、前立腺肥大の治療薬、リアップは高血圧の治療費として、それぞれ開発されていました。
そのプロセスの中で、偶然抜け毛を抑制する効果が発見されたという経緯があるのです。ちなみにプロペシア、リアップも、日本の厚労省は、保険適応から外しています。
医療費の削減という理由からです。
それは「AGAは生死に関わりがないから」という単純な理由で、保険適用から外れているのでしたら、納得がいかないのではないでしょうか。

髪の毛はこうして生まれる

髪の毛は大きく分けて「毛根」「毛幹」に分けられます。
毛根は、皮膚の中に潜り込んで外からは見えない部分、毛幹は皮膚の外に出て、いる部分です。
毛根は「毛包」という鞘の様な膜に覆われています。
そして毛根の下部には、卵形に膨らんでいます。
この部分を「毛球」と言います。
毛球には髪の毛を成長させる「毛母細胞」がぎっしりつまってているのです。
この毛母細胞は、毛乳頭に通じている、毛細血管から酸素や糖質の様な栄養素を吸収し、24時間休みなく、細胞分裂を行っているのです。
一方毛幹は、3層構造をしています。
鉛筆のようだと思えば理解しやすくなります。
鉛筆の芯に当たるのが、髪の毛の中心を占めている「毛髄質」です。
毛髄質は、大量に空気を含んでいます。
空気は、断熱材として働き、直射日光の熱から頭を守っているのです。

AGAのメカニズム

AGAは、ヘアサイクルの成長期が短くなり、太く、硬く、長い髪の毛が減り、細く、軟らかく、短い髪の毛が増えてくることで、進行度を増します。
これを専門的な用語で言いますと、「硬毛の軟毛化」と呼ばれています。
生まれた時は誰でも太く、硬く長い毛はなく、全身は細く軟らかく短い毛でおおわれています。
これを「うぶ毛」と呼んでいます。
軟毛は、メラニン色素が少なく、短く、細いために目立たないだけなのです。
成長とともに、軟毛は、太く、硬く、長い硬毛に置き換えられます。
つまり「軟毛の硬毛化」が起きるのです。
AGAではそれと反対の「硬毛の軟毛化」が起こり、地肌が見えるようになります。
通常なら4~5年の成長期が、AGAにより、短くなりますと、髪の毛が十分に成長する時間的な余裕がないので、毛根も太く深くならない内に、休止期に入り、抜け落ちてしまいます。
そして毛根はみるみる委縮し、さらなる軟毛化が進むと言う悪循環に陥ります。
このような状態が進むと、休止期から成長期に移行しなくなり、つまり新しい毛を生やさなくなる毛根が増え、毛の本数さえも減って来ると言う訳です。

AGAのシンプルチック

AGAのメカニズムを知って、自分もAGAかもしれないと思ったら、次の項目をチェックして判明します。
1抜け毛が増えてきた
2家族・親族に抜け毛の人がいる
3頭皮が硬い
4同世代より頭髪の量が少ない
5日頃からストレスを感じている
6慢性的な睡眠不足
7食生活が乱れ、バランスの良い食事が摂れていない
8人と比べて体毛が濃い
9喫煙の習慣がある
10飲酒の習慣がある
以上の10項目のうち、5個以上にあてはまればAGAの可能性が高いと思った方がいいでしょう。

壮年性脱毛症のメカニズムとその原因

壮年性脱毛症の特徴として挙げられますのが、抜け毛が増えるようになり、やがて髪が薄くなったことを始めて実感します。
症状の現れ方として、生え際、M字ハゲ、U字ハゲ、頭頂部がハゲてくる、O字ハゲ、髪の毛が細くなり、いっそう薄毛に見える等が挙げられます。
壮年性脱毛症は、男性ホルモンであります、テストステロンが還元酵素の5αリダクターゼによって、DHT(ジヒトロテストステロン)という物質に変換されます。
DHT発毛を抑制することで起こると考えられています。
この現象は、加齢により30代、40代に起り始めることから「壮年性脱毛症」と呼ばれています。
その原因となりますのは、ストレスや、遺伝、食生活、生活習慣の乱れで、若い年代の男性に発症する傾向が高いと言われています。
日本人の薄毛傾向は、外国人と違って、頭頂部からハゲてくる傾向が高いと言われています。
壮年性脱毛症にこの傾向が高くなっているようです。

AGAは女性にも起こる症状

AGAは男性だけでなく、女性にも起こる症状と言えましょう。
女性の場合は、男性の頭頂部からハゲて来るのとは違って、全体的に薄くなる「びまん性脱毛症」が多いようです。
女性の薄毛で最も多いタイプである「びまん性脱毛症」とは、生え際が後退するのではなく、頭髪全体が薄くなり、脱毛部分の限界がはっきりしないと言うことです。
特に、髪の分け目が透けて見えるようになります。
その原因となりますのが、老化、ストレス、過度なダイエット、誤ったヘアケアなどとされています。
また髪の変化と女性ホルモンは、深く関係してきます。
その女性ホルモンでよく知られていますのが、「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。女性らしい体つきを維持し、妊娠、出産に大きく関わってくるホルモンです。
この女性ホルモンの分泌は、20歳代をピークに、30歳代を過ぎると徐々に減少し、45~50歳代の更年期頃に急激に下降します。

壮年性脱毛症と男性型脱毛症の違いは?

壮年性脱毛症と、男性型脱毛症(AGA)は、共にAGAの一種なので、症状はほとんど同じなのです。
一般的に両者の違いと言えば、年齢による分け方で、それぞれ壮年性脱毛症とAGAと呼ばれ、薄毛の進行度も、幾分違っているようです。
壮年性脱毛症の場合、頭頂部からハゲテ行くのが多いのですが、AGAの場合は、M字型、U型、O型、ハゲていく部位が多岐に渡っていると言うことでしょうか。
そしてAGAのメカニズム、壮年性脱毛症では幾分異なっている部分があると言えそうです。年齢による区分では、壮年性脱毛症が、厚労省の発表から見ますと、31~44歳の働き盛りの壮年期、45~64歳の中年期のこの二つを合わせて「壮年性脱脱毛症と呼んでいます。

AGAは遺伝する

「テストステロンは男性なら、年齢に関係なくだれでも持っているのに、AGAになる人と、ならない人がいる」のはなぜでしょうか?当然こうした疑問がわいてきます。
フサフサから、つるつるの分かれ道は、AGAを誘発するDHTに対する毛乳頭と毛母細胞のDHTをキャッチする受容体を備えています。
この受容体の感度が高いと、少量のDHTにも敏感に反応し、AGAが進みます。
逆に、感度が低いと、DHTに分泌されてもAGAが進みにくいのです。
これらの違いを生んでいる理由の一つに、遺伝があると言われています。
「親父が剥げていると息子もハゲル」という風に、単純化できません。
全身は60兆個もの細胞から成りますが、モトを正すと、たった1個の受精卵が、細胞分離したものです。
ですから「親父がハゲているから息子もハゲル」とは言えないのです。
AGAには食生活や運動といった、日常的な習慣が、要因として関係してくるのです。
遺伝的にAGAになりやすい男性でも、ライフスタイル次第では、薄毛や脱毛のない人が出てもおかしくないのです。

フサフサのための体内の環境作り

AGAになっても、プロペシアやリアップを使っていれば、後は何をしてもいいと言う訳ではありません。
自ら発毛しやすい体内環境を作るための努力が必要です。
自から出来る体内環境改善としては、頭皮コンディションの改善と、食生活改善が重要となります。
頭皮コンディションを改善する第一歩としましては、毎日正しいシャンプーを行うと言うことにつきます。
農業でも、「良い作物作りは土壌から」という言葉があります。
発毛でも農地の土壌である頭皮の環境が悪化していますと、元気な髪の毛は生えて来ません。
そのために重要なのがシャンプーなのです。

大人の常識 正しいシャンプーの4つのポイント

1アミノ酸系の泡で、充分に泡立てする
2指の腹を使って丁寧に洗う
3きれいに流し、しっかり乾かす
4自分に合ったシャンプー剤を選ぶ
この4つが、シャンプー洗いのキーポイントと言えましょう。

市販シャンプー「パンテーン」で抜け毛が増えるという噂を検証

ドラマやバラエティー番組の間に流れるCMですが、シャンプーのCMも数多く流れています。
あなたは「パンテーン」と言う商品のCMを見たことがありますか?
見ているだけだとサラサラでツヤツヤな髪になるのかと思う、とても効果的なCMです。
そんなパンテーンですが、抜け毛が増えると言う噂があります。
今回はパンテーンの気になる噂を徹底解説していきます。

シャンプーを選ぶ基準は香り?手触り?容器デザイン?

シャンプーは何をお使いですか?
そのシャンプーを選んだ理由は何ですか?

「香りが好きで選びました」
「お試しで使ってみて手触りが良かったので使っています」
「容器のデザインが可愛くて使ってます」

人それぞれ選ぶ基準は違うと思います。
しかし、それだけで選ぶのは少々危険かもしれません。
成分によって合う合わないということがあります。
シャンプーによっては
「フケ、かゆみがひどくなった」
「抜け毛が増えた気がする」
などといった事が起きてしまうかもしれません。

パンテーンとは?

パンテーンはP&Gから発売されているヘアケアシリーズです。
・ダメージ用の「エクストラダメージケア」

edc-top
(出典: http://pantene.jp/ja-jp/shop-products/browse-by-collection/extra-damage

・乾燥やパサツキ髪用の「モイストスムースケア」

msc-top
(出典: http://pantene.jp/ja-jp/shop-products/browse-by-collection/moist-smooth

・ボリュームアップさせる「エクストラボリュームケア」

ev-top
(出典: http://pantene.jp/ja-jp/shop-products/browse-by-collection/extra-volume

の3シリーズからブランド形成されています。
髪質で選べるので女性にとっては嬉しいシリーズです。

特徴は髪質によって選べるだけではなく、「プロビタミン処方」を配合しています。
プロビタミン処方とは、パンテーンという名前の由来になった髪の中でビタミンB5に変化する「パンテノール」と呼ばれる成分が含まれた処方のことです。
パンテーンは全ての製品にこのプロビタミン処方を配合しています。
パンテーンのプロビタミン処方は固いキューティクルを超えて浸透し、内側からしっかり補修するよう処方されています。

とても、髪に良さそうな感じがしますね。
しかし、口コミを見ると意外な反応があります。

皆さん抜け毛が酷いと言っていますね。
神髪や頭皮をケアするはずのシャンプーがなぜなのでしょう?

なぜ抜け毛が酷くなるの?

口コミを見ると口を揃えて抜け毛がひどいと言っています。
なぜなのでしょうか?
シャンプーの成分から見ていきましょう。

原因①界面活性剤

界面活性剤とは洗浄成分のことです。
シャンプーには必ず配合されているもので、種類は何種類もありそれぞれで洗浄力が違います。
この洗浄力の強さこそ抜け毛が増える原因と思われます。
パンテーンには「ラウレス硫酸」や「ラウリル硫酸」などの高級アルコール系の界面活性剤が配合されています。
これらは泡立ちが良くスッキリさっぱりした洗い上がりなのですが、洗浄力が強く必要な皮脂まで洗い落とすことがあります。
刺激が強く、頭皮を乾燥させますのでフケかゆみが出たり、逆に乾燥することで皮脂を多く分泌させる可能性があります。
それが抜け毛の原因となります。

では、なぜ使うのでしょうか?
それは安価だからです。
市販のシャンプーの様に価格を抑えなければならないものに、配合されている事が多いです。

原因②シリコーン

シリコーンは調理器具などにも使われる安全な成分です。
効果はシャンプー時の摩擦を防いだり、しっとりさせツヤツヤな仕上がりにする効果があります。
よく耳にするのが、シリコーンは毛穴をつまらせ抜け毛を増やす言ったことが聞かれます。
また、コンディショナーやトリートメントに配合されているシリコーンはコーティング作用があるのでパーマやカラーも薬剤が反応しなくなるとも聞きます。
ハッキリいいましょう!
そんなことはないです。
シャンプーに配合されているシリコーンは粒子が細かく毛髪に過剰に付着することはありません。
また、一度のシャンプーにより洗い流されてしまうので蓄積されることもありません。
よって、シリコーンの影響で抜け毛が増えるというのはあり得ません。

原因③防腐剤

商品の腐敗防止のために配合される防腐剤。
パンテーンには「メチルイソチアゾリノン」と言う防腐剤が配合されています。

欧州では2013年に使用を中止する方針を出しています。
理由は化粧品のパッチテストを行い、メチルイソチアゾリノンでアレルギー反応を起こした患者が急激に増えたからだそうです。
日本では「粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗いながすものおよび粘膜に使用されることがない化粧品のうち洗い流さないものにおいて100g中の最大配合量として0.01gまで配合できる」(厚生労働省告示第393号)
と定められています。

化粧品の成分は刺激性と感作性(アレルギー性)がありこの2つは別物とされています。
メチルイソチアゾリノンは感作性の方で抜け毛の直接の原因とは確信できませんが、少なくとも頭皮への負担になっていると思われます。

原因はパンテーンだけではない!!

成分から見て抜け毛の可能性があるパンテーンですが、もしかすると原因はパンテーンを使ったからだけではないかもしれません。

間違ったシャンプー方法が原因

予洗いは念入りに

実はシャンプーする前の予洗いはとても大切なのです。
この工程は濡らすだけになっている人がほとんどだと思います。

最初の予洗いで汚れのほとんどを落とすことができます。
ここである程度の汚れを落としておけば、その後のシャンプーの泡立ちが良くなり頭皮や髪同士の摩擦が少なくなります。

予洗いがしっかりされていないと洗浄力に頼ったり、無駄に何回かシャンプーすることになり頭皮への負担が大きくなります。

すすぎはしっかりと

シャンプーのすすぎについても作業になっている人が多いと思います。
このすすぎをおろそかにすると、洗浄力の強いシャンプー剤が頭皮に残ったままになってしまいます。
考えただけで恐くありませんか?

通常シャンプーは1日1回行うと思いますので、すすぎ残しがあると24時間シャンプー剤が残っていることになります。
そうすると、炎症・フケ・かゆみの原因となります。
これが毎日だと頭皮へのダメージが蓄積され、頭皮環境が悪化するのも仕方ありません。

自然乾燥が原因

乾かすのが面倒くさくてつい自然乾燥をしている人は結構いるのではないでしょうか?
でも、それは抜け毛の原因となります。

濡れたまま放置していると、頭皮が蒸れた状態になっており、雑菌が繁殖しやすい環境になります。
雑菌が繁殖すると臭いの元となったり、頭皮の炎症やフケ・かゆみの原因となり、抜け毛へと繋がっていきます。

また、寒い季節に放置しておくと頭皮の温度が下がっていき血行が悪くなります。
血行が悪くなることで、頭皮への栄養が届きにくくなりますので抜け毛が増えてしまいます。

やはり、これも毎日だと思うとゾッとしませんか?

どういうシャンプーを選べば良いの?

原因はパンテーンを使用したからだけではないと思いますが、では一体どういうシャンプー剤を選べば良いのか疑問が出ると思います。
ここで、シャンプー選びのポイントをお伝えします。

低刺激洗浄成分

まず第一ポイントであり、絶対外せないポイントとて低刺激な洗浄成分を配合しているかどうかです。
日本の化粧品は安全のために全成分表示が義務付けられています。
パッケージの裏を見れば全ての成分が表示されているのです。
表示順が配合量順となっているのですが、どのシャンプーも洗浄成分は始めの方に記載されています。
アミノ酸系洗浄成分が良いと聞いたことがある方は多いと思いますが、他にも低刺激で肌に優しい洗浄成分が存在します。
下記の表を参考してみてください。

%e7%95%8c%e9%9d%a2%e6%b4%bb%e6%80%a7%e5%89%a4%e3%81%ae%e5%88%86%e9%a1%9e

保湿や抗炎症作用がある

頭皮を保湿することは抜け毛予防にとって大切なこととなります。
いくら低刺激なシャンプーを使っているからといえ、皮脂を落とすことには変わりはありません。
また、頭皮が乾燥するとフケ・かゆみの元となります。

そこで、保湿作用のあるものが必要になります。
保湿作用のあるものは植物エキス、ヒアルロン酸、植物オイル、などなど他にも数多く存在します。
また、グリチルリチン酸ジカリウムなどは抗炎症作用がありますので、頭皮トラブルを抱えている場合はとても効果的でしょう。

低刺激な洗浄成分で汚れを落としながら、保湿作用があるものが配合されているととても質の高いシャンプーだと思います。

それでも抜け毛が減らない場合は?

シャンプーも変えたし、予洗いやすすぎもしっかりしているのになぜか抜け毛が減る気配がない。
そう焦り始めたなら、それは他の要因で抜け毛か増えているのかもしれません。

① 乱れた食生活をしている
② 睡眠不足が続いている
③ ストレスが溜まっている
④ ヘビースモーカーである
⑤ 遺伝的要素
⑥ ホルモンバランスの影響

などが考えられます。

髪を成長させるには栄養が必要です。
そのためにはバランスのとれた食事する必要があります。
脂っこいものや好きなものばかり食べていては、たとえシャンプーを変えたとしても効果が出てきません。
色々な食材をとり、様々な栄養素を摂る様に心掛けましょう!

また、睡眠不足が続いていたり、ストレスが溜まり続けている事は血行を悪くする要因の一つです。
もちろん、たばこも血行を悪くしますので、いきなり止めることは難しいでしょうが少しずつ本数を減らしましょう!
たばこは髪だけではなく健康も損ないますので気を付けなければなりません。

遺伝的要素やホルモンバランスの影響はどうにもならないことの様に感じますが、育毛剤を使ったり薬を服用することで抑制することはできます。

このように、必ずしもシャンプーだけが原因ではありませんので、もう一度生活習慣などをこの機会に見直してみましょう!

合う・合わないがあります

今回はパンテーンにより抜け毛が増えるという噂について検証してきました。
口コミや成分から見ると抜け毛が増える可能性はありますが、100人中100人が抜け毛が増えるわけではなく、全然平気な方もいらっしゃいます。
恐らく、体質的に合う・合わないがあると思いますので、パンテーンだけではなく他のシャンプーの場合も使い始めは気にしてみてください。
何か異常があった場合は使用を中止し、ひどい場合は皮膚科専門医へご相談ください。

夏は抜け毛が増える? 〜夏の抜け毛対策まとめ〜

夏は抜け毛の季節などと呼ばれているように、髪の毛が良く抜けてしまいます。これは、一体どのようなことが原因になっているのでしょうか?抜け毛が増える理由と、それを防ぐためにはどの様にすれば良いのかについて検証してみることにします。


(出典:https://greenbuildingsbc.com/wp-content/uploads/2014/09/cause-of-hair-loss-increases-summer_01.jpg

夏の抜け毛の原因

夏に抜け毛が増えてしまう原因として考えられるのは、紫外線、夏バテ、冷房の3つです。これらを一つずつ見ていくことにしましょう。

紫外線


(出典:http://www.abc-cooking.co.jp/plus/feature/labo_sigaisen/damage.jpg
太陽光と共に降り注ぐ紫外線は、人間の身体にマイナスの作用を及ぼす有害物質を多数含んでいます。このために、紫外線を浴びるとダメージから身を守るために、活性酸素という物質が生産されます。この物質は、細菌やウィルスなどの外敵から防御するという役割を担っているのですが、増えすぎた場合は自身の細胞にダメージを加えます。これにより、鉄が赤く錆びてしまうように、細胞は老化してしまいます。

このような活性酸素による被害は、シミやしわなどの皮膚に関するトラブルとして広く知られていますが、髪の毛や頭皮も無関係というわけではありません。発毛に関与している毛乳頭細胞や毛母細胞といった重要な組織が、活性酸素の攻撃により老化するので、抜け毛や薄毛の原因となります。

また、髪の毛を構成しているケラチンというたんぱく質は、シスチン結合(ジスルフィド結合)という強力な形態で結びついているのですが、紫外線を浴びるとこの結合が解かれてしまいます。これにより、無防備な状態になってしまうので、枝毛や切れ毛などのダメージヘアが増加します。このように、紫外線は頭皮と髪の毛に、様々な悪影響を及ぼしてしまいます。

夏バテ


(出典:http://www.osaka.med.or.jp/health/family/16/illust.gif
地球温暖化の影響からか、40℃近くまで気温が上昇するのも珍しいことではなくなっています。このような猛暑日が連続して発生すると、体温を一定に保つためにエネルギーを大量に消費するので、身体には大きな負担がかかることになります。この負担によって自律神経のバランスが乱れてしまい、食欲不振ややる気の低下、痙攣などの様々な症状(夏バテ)が現れることになります。

なお、髪の毛は生きていくために必ずしも必要というわけではないので、摂取した栄養素が回されるのは一番最後と考えられています。このために、夏バテによる食欲不振で栄養不良になると、供給量がおぼつかなくなるので、成長途上で抜けてしまう髪の毛が増加します。

また、自律神経のバランスが乱れた状態となっているので、交感神経の緊張が何時までも続いてしまい、夜になっても眠れないという状態になります。すると、成長ホルモンの分泌量が低下するので、細胞分裂の頻度も少なくなってしまいます。これにより、髪の毛の生え変わりがスムーズにいかなくなるので、髪の毛のボリュームが不足するようになります。

冷房


(出典:http://ikumou0218.com/wp-content/uploads/2015/07/%E3%82%A8%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%83%8F%E3%82%B2%E3%82%8B.jpg
冷房は、夏の暑さをしのぐために欠かすことが出来ない存在ですが、髪の毛に悪影響を及ぼす可能性も少なくありません。これは、冷えは万病のもとと呼ばれているように、血液循環や代謝を低下させてしまうからです。また、外気温との温度差が顕著な場合は、急激な温度変化に身体がついていけなくなり、自立神経のバランスが狂ってしまいます。つまり、夏バテと同じような状態になってしまうということです。

さらに、冷房は室内の温度を低下させるので、乾燥も招いてしまいます。このために、頭皮の潤いが失われてしまい、かゆみやフケを引き起こす原因となってしまいます。このような乾燥状態が続くと、当然抜け毛も増加し、さらに深刻なトラブルに発展する可能性があります。


(出典:http://www.hairmedical-beauty.com/pickup/images/head_pickup_details.gif

夏の抜け毛対策

夏の抜け毛を放置しておくと、秋になっても収まらないという状態になってしまい、薄毛が進行するという最悪の事態を迎えてしまいます。このために、しっかりとした対策を講じて、根本的な問題の解決に取り組まなくてはなりません。この節では、先ほど挙げた原因を改善するための具体的な方法をご説明します。

紫外線対策

抜け毛を予防するための紫外線対策は、浴びる量を少なくすると共に、浴びた後に生産される活性酸素を抑制するということも心掛けなくてはなりません。これらを同時に実施することにより、頭皮や髪の毛の老化を防止し、自然な状態に回復させることが可能となります。

まず、紫外線を浴びる量を少なくする方法としては、帽子や日傘などの日除けアイテムを利用するのが適当です。注意する点としては、帽子は通気性の良いものを選択するということです。通気性の悪い帽子をかぶった場合は、細菌が繁殖するなど頭皮環境が悪化するので、抜け毛の増加や薄毛の進行の原因となります。

次に、活性酸素を抑制する方法は、抗酸化作用のある栄養素を摂取するという内容です。具体的には、ビタミンCやE、ポリフェノールなどで、これらを含有している食品を食べれば良いということです。また、サプリメントを利用することにより、さらに効率的に栄養素を補給できます。栄養素は相互作用により効果を発揮するので、複数の成分を配合しているタイプがオススメです。


(出典:https://1.bp.blogspot.com/-NjlM-JWCURE/V8JX_5DQxTI/AAAAAAAAAls/Z-X6ev6ql00l_Qy_ItgORiIrIVO8R09NQCLcB/s640/8.jpg

夏バテ対策

夏バテ対策は、栄養補給により体力の回復を図りながら自律神経のバランスを整えるという方向性となります。これにより、しっかりとした睡眠がとれるようになるので、夜間の成長ホルモンの分泌量も安定します。すると、毛母細胞が分裂する頻度が正常となり、髪の毛の成長や生え変わりもスムーズに行われることになります。

まず、体力の回復を図るために効果的なのは、ビタミンB群とミネラルを豊富に含んでいる食品です。前者は体内でのエネルギーの生産に関与しており、後者は発汗により常に不足しがちです。これらを充分に補給することで、暑さによる強烈なダメージにも負けない耐久力が備わります。

また、ビタミンB群は髪の毛の生成をサポートするので、育毛という観点からも効果的です。抜け毛を防ぐだけではなく、髪の毛の健やかな成長を手助けするからです。ちなみに、ビタミンB群は豚肉、豆腐、ウナギなどに多く含まれており、ネギやニンニクと一緒に食べると効率的に吸収できます。これは、アリシンという成分の作用によるものです。

一方、発汗により失われてしまうミネラルの中で最も重要なのが亜鉛です。この栄養素は、髪の毛を構成しているケラチンという成分の合成に関与しています。つまり、亜鉛が不足した場合はケラチンが十分に合成されないために、髪の毛の材料が不足した状態になってしまうということです。

なお、亜鉛を多く含んでいる食品は、牡蛎、豚肉のレバー、小麦胚芽などがあり、動物性たんぱく質やビタミンC、牛乳に含まれている乳糖と一緒に摂取することで吸収率が良くなります。逆に、豆類や穀類、小麦粉食品などに含まれているフィチン酸は、吸収率を低下させてしまいます。

このために、亜鉛を補給する場合は動物性たんぱく質からが有効で、特に豚肉のレバーがオススメです。それは、この食品には自律神経のバランスを整えるビタミンB12を豊富に含んでいるからです。つまり、夏バテによる体力の低下と自律神経の不調による睡眠不足の両方を改善する効果があるということになります。


(出典:http://img.allabout.co.jp/gm/article/188124/mainimg.jpg

冷房による抜け毛の対策

冷房による抜け毛の増加を防ぐために最も良いのは、扇風機や自然の風で夏を乗り切るということです。これならば、血行不良や代謝の低下、頭皮の乾燥などは起こらないので、髪の毛の健康は保たれることになります。ただし、職場や学校の大部分は冷房をつけているので、現実的に実行するのは非常に困難です。

このために、冷房と如何に付き合うのかということが重要なポイントとなります。言い換えれば、少しでも被害を減らすために工夫するということです。具体的には、血行不良や代謝の低下を防ぐために温かい飲み物で水分補給を行い、頭皮が乾燥しないようにマッサージを行ったり、冷房の風を頭に受けないようにするなどが考えられます。

ちなみに、冷房対策に関するアイテムは、様々な種類の商品が提供されており、これらを利用するというのも有効な方法となります。


(出典:http://www.camelya.jp/images/lp_cold/img_bnr-toppanel.jpg

育毛剤の使用

育毛剤は、かっては化粧品に毛が生えたような商品が主流でしたが、現在では抜け毛や薄毛を改善するための最も効果的なアイテムという地位を確立しています。これは、脱毛症に対しての研究が進められたからで、大正製薬が提供しているリアップのように、第一類医薬品に指定されている育毛剤も登場しています。

ちなみに、夏場の抜け毛を予防するということを目的としている場合は、発毛効果よりも安全性を重視した育毛剤を選択するのがポイントです。これは、リアップなどの発毛効果が高い商品は、男性ホルモンが原因で発症するAGAなどの特定の症状のみを対象としており、安易に利用できるものではないからです。間違った使い方をすると、副作用に見舞われる危険があります。このために、出来るだけ安全で気軽に利用できるタイプを選ばなくてはなりません。

具体的には、チャップアップやイクオスといった、無添加で天然由来の原料を中心に配合している商品が適当です。これらは、特定の脱毛症だけを対象とした育毛剤ではないので、老若男女問わず利用できるということもオススメする理由です。

まとめ

如何でしたでしょうか?夏に抜け毛が増える原因と、それへの具体的な対策がお分かりいただけたと思います。食事による栄養補給や生活習慣の見直しと育毛剤による頭皮ケアにより、暑さや紫外線、冷房による様々なダメージを防御し、身体と髪の毛の両方が健康なままで夏場を乗り切る様にしましょう。

抜け毛予防の極意。毛根のない抜け毛に気づいていますか?

20110712-234250

(出典: https://noxidil.files.wordpress.com/2011/07/20110712-234250.jpg
あなたは自分の抜けた毛を見たことがありますか?
その時に毛根がありましたか?
毛根が無かったり、細かったりしていませんでしたか?
今回は毛根のない抜け毛から見る、抜け毛の予防策をご紹介していきます。

抜け毛の種類があるの知っていますか?

人生で一度は自分の抜け毛を確認したことがあるはずですが、一日にどのくらい抜けるかご存知でしょうか?
人間の髪は毎日100本前後抜けると言われています。
「えっ!?そんなに抜けるの?」と思われた方。
確かに驚くと思いますが、抜ける毛もあれば新たに生えてくる毛もあります。
心配しないでください。
薄毛になる人はこれ以上に抜けて、さらに生えてきてもまた直ぐに抜けることで薄毛になっていくです。

この抜け毛ですが、種類があるのをご存知でしたか?
毛根の形が違うらしく、形によって健康状態までわかってしまうと言うことです。

抜け毛の種類

o0280035212617275053

(出典: http://ameblo.jp/agoraluludi/entry-11577172200.html

①健康な毛根

毛根が丸くきれいな楕円形でマッチ棒の様になっています。
必要な栄養素が頭皮に届いていることを表しています。

②男性型脱毛の毛根

AGAと呼ばれる脱毛症のことです。
ストレス、食生活、遺伝などで起こると言われています。
ジヒドロテストステロン(DHT)といわれる強力な男性ホルモンによって毛髪の成長を抑制されて起こる場合もあります。
毛根も先ほどの健康な物と比べ、痩せています。

③脂漏性脱毛の毛根

皮脂の異常分泌によって引き起こされる脱毛症で、皮脂が出過ぎて毛穴を塞いでしまい脱毛してしまうそうです。
毛穴に雑菌や細菌が繁殖して炎症を起こし抜け毛が増えてしまうとのこと。
毛根に白い皮脂がついているのが特徴です。

④粃糠性(ひこうせい)脱毛の毛根

この脱毛症は糠のように溜まってしまった角質が毛穴を塞ぎ脱毛してしまう症状です。
つまりフケが溜まってしまうのです。
古い角質が溜まっていってしまうことで、毛穴を防ぎ炎症を起こし脱毛してしまうのだそうです。
毛根もやせ細ったようになります。

⑤良質円形脱毛の毛根

血行不良により毛根が育たずに脱毛してしまうことで、抜け毛の全般はこれになるそうです。
血行不良の原因は様々で、タバコ、ストレス、体のこり、体質などがあります。
毛根が小さいのが特徴です。

⑥びまん性脱毛の毛根

別名「女性型脱毛症(FAGA)」と言い、毛髪全体が薄くなる脱毛症。
毛根が枝の様になっており切れた感じの毛根や、波打っていたり、左右非対称になっていたりと様々です。

毛根がない抜け毛!?

毛根に種類があり、さらにそれによって症状が違うのをご理解いただけましたか?
紹介した抜け毛の種類毛根がありますが、実は毛根がない抜け毛が存在するのです。

nukegehikaku

(出典: http://ikumouzai-shampoo-review.com/wp_ikumouzai-shampoo-review/wp-content/uploads/2015/07/nukegehikaku.jpg

上記の図の様に毛根がない抜け毛があると注意が必要です。
毛根がないという事は必要な栄養素が髪に届いていない証拠です。
栄養が届かないことで髪が細くなったり、髪自体の成長が止まってしまいます。
結果抜け毛が増えて、薄毛になる可能性が高まります。
毛根は頭皮の状態を見る指標になります。

予防法

では、こうなる前に予防しておきたいですよね?
ここからは予防法をご紹介します。

バランスの良い食事を摂取する

外食で脂っこいもの食べていませんか?
または、昼食や夜食でカップラーメンを毎日のように食べていませんか?
栄養が偏っている状態ですので、確実に抜け毛が増えます。
髪にとって栄養素は非常に大事なものとなります。
その中でも髪の毛に必要な3大栄養素の「タンパク質・ビタミン・ミネラル」は積極的に取りたいですね。

毛髪はほとんどがタンパク質でできています。
毛髪を成長させるためにはタンパク質が必要となります。
タンパク質は、主に肉や魚からも摂取できます。
肉や魚があまり好きではない場合は、大豆製品や卵などもタンパク質が多いですので活用してください。

ビタミンはタンパク質が髪になる働きを助けたり、血行促進作用など様々な役割を果たします。
果物から摂取できるイメージですが、緑黄色野菜や植物性の油、レバーなどからも摂取できます。
野菜不足や果物を食べる習慣がない人は多いと思いますが、食べる習慣をつけましょう。
髪だけではなく、肌のハリや艶にも影響しますので摂取しといて損はありません。

ミネラルのうち亜鉛は毛髪にとって重要な栄養素となります。
亜鉛はタンパク質の合成を助ける役割があります。
タンパク質は体内に入ると一度アミノ酸に分解され吸収されますが、再びタンパク質として合成されます。
その合成を助けるのが亜鉛なのです。
効率よく毛髪を成長させるのには必要なのです。
牡蠣に多く配合されているのは有名ですが、他にも豚レバー、チーズ、小麦胚芽などにも多く含まれています。

このような栄養素をバランス良く食べる事で抜け毛の予防に繋がります。
食事から摂るのが難しい時は、サプリメントでも摂れますので上手く活用しましょう!

睡眠をしっかり取る

夜更かししていませんか?
ダラダラテレビを見たり、ネットに夢中になったりなど様々だと思います。
慢性的な睡眠不足は抜け毛の原因となります。

睡眠が足りていないと、血行が悪くなり頭皮に栄養が届かないので抜け毛が増えます。
そして、皮脂が過剰に分泌され毛穴をを防ぐことで頭皮環境も悪化します。
皮膚には常在菌という菌が存在しているのですが、睡眠不足が続くと常在菌が増え皮膚に刺激が加わります。
それにより頭皮環境が乱れますので、抜け毛の原因となります。

また、髪の成長に必要な成長ホルモンは22時から2時の間に多く分泌されます。
その時間に寝ることで成長を促せますので、抜け毛も予防できます。

現代人は忙しく24時間では足りないかもしれませんが、睡眠は仕事や勉強のパフォーマンス向上にもなります。
睡眠もきちんと予定に組み込みましょう!

育毛シャンプーを使う

育毛シャンプーは何も薄毛の人専用ではありません。
抜け毛予防のために使う場合もあります。
育毛シャンプーには、血行促進作用、フケかゆみを抑える、炎症を抑えたり、発毛に効果的な成分も配合されています。
血行を良くすることで頭皮に栄養が届きやすくなり、フケかゆみ・炎症を抑えることは毛穴を綺麗に保つことができるので頭皮の状態を良くすることができます。

そして、シャンプーの洗浄力も自分の頭皮にあったものを選ぶのが大切です。
皮脂分泌の多い人が洗浄力の弱いものを使っていると、汚れや皮脂が残ってしまい毛穴をつまらせますし、逆に乾燥肌の人が洗浄力の強いものを使っていると、必要な皮脂を取りすぎて逆に過剰に皮脂を分泌しようとします。
結果的に毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させる原因となります。
頭皮環境を整えるということは抜け毛予防にとって大切なことです。

また、正しい方法でシャンプーするのもとても大切です。
どんなに良いシャンプーを使用しても使用方法が間違っていると効果を最大限に感じられません。
シャンプー時に行うマッサージはとても大事ですが、きちんとすすぐことはもっと大事です。
毎日のことで作業になりがちなので意識をしないことが多いと思いますが、シャンプー剤やトリートメント剤はすすぎ残しがあると頭皮が炎症を起こすことがあります。
特に朝に髪を洗う場合は急いでいるのもあって雑になりがちです。
すすぎ時は泡をしっかり流し、頭皮に残らないようにしっかりすすぎましょう!

飲酒や喫煙を控える

お酒とタバコは中々止められないと思いますが、抜け毛と大きく関係してきます。

タバコが頭皮に与える影響は大きいです。
血管を収縮させますので全身の血行が悪くなります。
それはもちろん頭皮への血行も悪くなり、頭皮に必要な栄養が届きにくくなります。
また、栄養の吸収を促進するビタミンを破壊したり、男性ホルモンの分泌を増加させる作用もあります。
とにかく、タバコは百害あって一利なしなのです。

お酒の場合は適量であれば問題ありませんが、飲みすぎると抜け毛を招きます。
通常アルコールが体内に入ると肝臓で分解されます。
飲みすぎてしまうとアルコールの分解が追いつかず肝機能が弱くなります。
肝機能が弱くなると肝臓で作られるタンパク質の量が少なくなります。
そうなると髪に必要なタンパク質が足らずに髪が成長できません。
また、アルコールを分解するために髪に必要な栄養素のビタミンB群が肝臓で消費されてしまいます。

このようにお酒は体だけではなく髪にとっても悪影響を及ぼしますので、飲み過ぎには注意しましょう!

ストレスを溜めない

髪の成長に必要な栄養素として亜鉛があります。
先程も解説したと思いますが、牡蠣などから摂取できタンパク質の合成を助ける役割があります。
ストレスを感じると大量に亜鉛が消費されます。
そうすると髪の成長に必要な亜鉛が消費され抜け毛の原因となります。
また、ストレスは自律神経を乱れさせ、血流が悪くなります。
血流が悪くなると、髪に必要な栄養素が頭皮に運ばれにくくなります。
結果が抜毛という症状として現れます。

ですから、ストレス発散方法を必ず見つけておきましょう。
発散方法はそれぞれあると思います。
買い物、スポーツ、音楽鑑賞、映画鑑賞、カラオケなとなど。
間違っても喫煙、飲酒、暴飲暴食にならないようにしましょう。
ストレスは発散してますが、結局抜け毛の原因を作ってしまうので、本末転倒になってしまいます。
適切な発散方法でこまめに発散していきましょう!

こまめに抜け毛をチェック

抜け毛予防を紹介してきました。
基本的なことばかりですが、意外とできていないことが多いと思います。
生活リズムや習慣などいきなり変えるのが難しいこともあると思いますが、一つずつでも良いと思いますので実践してみてください。
数年後の頭皮の状態は違ってくるはずです。

また、抜け毛はこまめにチェックしておきましょう。
本数を毎日数えるのは大変ですから、せめて毛根だけでもチェックしておけば頭皮の健康状態の指標となります。
毛根のない抜け毛がないように、日頃の生活を見直しましょう!

【注目】円形脱毛症にはステロイドが一番の治療薬

頭髪は、毎日少しずつ抜け替わりますが、突然まとまって抜け、目立つ抜け毛が続いたりする場合は、頭皮の異常や何らかの病気が疑われることもあります。そうした抜け毛の現象の中で、円形脱毛症の場合は、ある日突然頭髪が抜けて、頭皮に10円玉大の円形のハゲができるもので、精神のストレスと深い関係があることで知られています。その円形脱毛症の治療薬として最近注目を浴びているのがステロイド剤です。ここでは、円形脱毛症のメカニズムと、その治療に抜群の効果を発揮していますステロイドを徹底検証してみました。

円形脱毛症 そのメカニズム

円形脱毛症は、その形が円形にハゲているところから、その名がつけられたものです。
ある日突然現れます。
朝起きた時、枕の上に多数の毛が抜け落ちているのを見て驚きます。
この病気が進行している時には、ハゲの周囲の毛を軽く引っ張りますと、ごそっと抜けてしまうほどの脱毛が見られる時もあります。
その円形脱毛症は、毛の組織の中で、何が起きているのでしょう。
簡単に言いますと、成長しています毛の毛根、つまり毛包に「自己免疫反応」という発症反応が起きているのです。
毛包の何らかの組織に対して、自らのリンパ球の一部が自己免疫反応を起こし、毛組織が障害され、結果として脱毛を起こします。
脱毛症状が起こり始めた急性期には、毛包の周囲には、非常に多数の、リンパ球が集合しています。
なぜ毛包の周りにまとわりつくように、リンパ球が終結するのか不明な点が多く、まだ特定するには至っていません。

円形脱毛症 その原因は自己免疫疾患 ストレスは引き金の一つ?

「ストレスが溜まり急にハゲて円形脱毛症になった」と言った声をこれまで数多く聞いてきました。
一般的には、円形脱毛症は、ストレスによって起ると、長い間信じてきましたが、最近の頭髪科学の進歩で、円形脱毛症の本当の原因は、自己免疫疾患と特定されました。
確かにストレスも円形脱毛症の要因の一つですが、それは引き金の一つにすぎないことが解りました。
それでは自己免疫疾患とは、どういうものなのでしょう。
それは成長期にある毛根を、免疫機能が遺物と勘違いして、攻撃してしまい脱毛すると言うのがそのメカニズムなのです。

円形脱毛症と自己免疫疾患の関係

円形脱毛症の本当の原因が、自己免疫やウイルス感染、精神的ストレスなどが考えられることが判明しました。
これを証明するため、円形脱毛症の人の、皮膚の一部を採り顕微鏡で検査してみますと、慢性炎症性細胞(リンパ球)が毛混の周囲に数多く見られます。
さらに巨大異物細胞も多く認められます。
これらの事実から毛根を中心に、慢性の刺激が起こっていることが証明されたのです。この脱毛の症状は、仮に放置していても、自然に治る場合もありますが、複数現れた時(多発型)には、一刻も早く、専門医の診断、治療を受ける必要があります。
また繰り返し現れることもありますので、一度治ったとしても安心できませんので注意が必要です。

円形脱毛症の治療にはステロイド剤が一番

円形脱毛症は症状も治療法も人それぞれです。
円形脱毛症は、小さな1ヵ所の脱毛から、髪の毛の大半が抜ける場合、全身の毛が抜ける場合など症状はさまざまです。
またどういった人に、どのような治療法が有効かも大きく違ってきます。

円形脱毛症の特徴と治療法は

1 原因は自己免疫疾患、ストレス、ウイルス感染など。
2 年齢性別を問わず発生する
3 症状が軽い場合、元通りに生える。
4 直径1㎝の物から大きなものまで、円形楕円形に脱毛する
5 治療薬としては一般的に多く使われて売るのがステロイドで、ミノキシジル、セファランチン、具リチルリチン、塩化かリプロ二ウム(フロジン液)
6 治療法としては
7 ドライアイス治療法
8 液体窒素療法
9 紫外線療法
10 局所免疫療法
11 免疫抑制剤
12 低出力カレーザー等があります。

円形脱毛に有効な治療薬 ステロイド

アトピー性皮膚炎でも使われています、ステロイド剤とは、私たちの体で作られる副腎皮質ステロイドホルモンを人工的に、合成したものがステロイド剤です。
ステロイド外用剤は、かゆみや炎症を抑える薬として、アトピー性皮膚炎など、アレルギー疾患の治療の際に、必ずと言っていいほど処方されています。
正式には、合成副腎皮質ステロイドホルモンと言い、まして、体内の副腎から分泌されます、副腎皮質ホルモンに似た化学構造を持ち、より強力な消炎作用があります。
この副腎皮質ステロイド作用とは、どのようなものなのか?これは、副腎皮質では、生命活動に必要な様々なホルモンが合成、分泌されています。
その代表的なものがコルチゾールやアルドステロンで「ステロイド剤」と呼ばれています。
ステロイド剤と呼ばれています薬の大半は、コルチゾールの化学構造を基に、人工的に合成して作用をツ強めた薬を指しています。

円形脱毛症に効くステロイドの作用

ステロイドは、人間の副腎皮質という部位で、作られます副腎性の糖質コルチコイドホルモンで、毛根の炎症を抑える作用を行います。
つまり、過剰な免疫反応から起こる、免疫反応を抑えて、正常な細胞の破壊を防ぐ作用があると言うことです。
それには4つの作用があります。
血管収縮作用、抗炎作用、免疫抑制作用、細胞増殖抑制作用です。
この内の毛髪、特に円形脱毛症に効果を発揮しますのが、免疫抑制作用です。
円形脱毛症の主な要因として挙げられているのが、自己免疫疾患であるところから、その効果が期待されています。
「免疫」とは、細菌やウイルスなど、外敵の進攻から自身を守る機構があり、主にリンパ球がその働きを担っているのです。
円形脱毛症の場合は、リンパ球が、自分の身体の一部である、毛根を異物と間違って攻撃し、髪の毛の成長を止めることです。

円形脱毛症ガイドラインで、治療でもっとも推奨されているのがステロイド

日本の医院、皮膚科における円形脱毛症の治療において、医師のガイドラインとなっていますのが、2010年日本皮膚科学会が発表しました「円形脱毛症ガイドライン」です。
これは医師たちの円形脱毛症の治療の指導書みたいなもので、このガイドラインに沿った治療が行われているのが一般的です。
その中で、推奨度A行うことを強く推奨するとなっていますのが「局所免疫療法」と並んで、「ステロイド局所注射」なのです。
それだけステロイドの円形脱毛症は、最も推奨されている治療法で、効果があるとされています。
推奨度Cになると、「行っても良いが、十分な根拠はない」というものです。
これはあくまで医師向けのもので、一般には公開されていません。

円形脱毛症の効果的治療法 ステロイド局所注射療法とは

ステロイド局所注射とは、皮内用の不貴人皮質ステロイド注射薬を脱毛部位に、直接注射をして行く方法です。
主に、トリアムシノロンアセト二ドを含有する、副腎皮質ステロイド注射薬を用います。注射できる量には制限があります。
1回の注射で薬が行き渡る範囲はせいぜい1㎠程度ですから、脱毛範囲が広ければ、1回の診察内で何回も注射することになります。
しかし短期間に注射を繰り返すと、皮膚が委縮して陥凹してしまう恐れがあります。
あまり強く萎縮しますと、回復には数ヵ月掛かることもあり、その間は改善が見込めません。
したがって、同じ場所には、月1回程度の頻度にした方がいいでしょう。
他にもステロイド療法としまして、「ステロイドパルス療法」「ステロイド内服療法」など、ステロイドを使用した治療法がありますが、ステロイド局所療法が一番最適だとされています。

女性に多い円形脱毛症

女性の薄毛は、男性型脱毛症のように、特定の部位から髪の毛が後退するのと違い、頭髪全体が均等に脱毛して行くのが特徴と言えましょう。
女性の抜け毛には6つのタイプがあります。
びまん性脱毛症、分娩後脱毛症,索引性脱毛症、脂漏性脱毛症、ひこう性脱毛症、円形脱毛症です。
この内円形脱毛症は、最近急激に増えている脱毛症です。
社会、職場、学校、育児などの日常生活でのストレスが増大し、円形脱毛症の女性が年々増加傾向にあるのは確かです。
それも円形脱毛症の中では比較的軽いものが多く、ほっておいても自然に治るケースが多いのですが、男性と違って、女性は頭髪の薄毛は大変気にする傾向がり、医院を受診する人が増えているのが実情と言えましょう。
医院での診察において、保険が効くものと保険がきかないものとがありますので、治療の前に確かめることが大切です。

円形脱毛症が気になる人のプラスマッサージ

円形脱毛症で、ハゲタ部分の頭皮温度を計ってみますと、有毛部(髪の毛がある部分)の頭皮温度に比較しまして、脱毛部は、2~3度低くなっているケースが大半です。
中には5度近くも低下しているケースもあります。
この場合は、ヒヤッとして吸い付く感じになっていることもあります。
患部の皮膚温度を上げてやることと、肩こりや首筋のコリをほぐして血液循環を良くしておくこと、が改善を早めることにつながります。
注意することは円形脱毛症の回復期で、新生毛が生え始めた時、毛をこすり、抜かないように、指頭を頭皮にしっかりつけて、洗うことが大切です。
また育毛剤を付けた後は、優しいマッサージを行います。

円形脱毛症のマッサージポイント

円形脱毛症も、軽い程度に症状ならば、頭皮のマッサージで解消するケースもあります。ステロイド剤を使用するのは、円形脱毛症が拡大、医師の治療は必要になった時のための塗薬で、軽度な円形脱毛症は、正しいマッサージで十分です。
そのポイントは、「脱毛部分を親指の指頭で押す」ことが重要です。
または、手の第一関節のどちらかの、やりやすい方を脱毛部に当て、円を描くように押し込みます。
二つ目のポイントは、「脱毛部分を引き寄せて緩める」ことです。
脱毛部分をヒトデの手形の親指と、四指の指頭ではさみ、引き寄せたり、緩めたりという動作を繰り返します。

ハゲに効く食べ物とは~キムチと納豆がいいって本当!

マタニティブルー、マリッジブルーという言葉は、よく女性の間で使われていますので知っている人は多いでしょう。これは、心身の環境の大きな変化により、気分が落ち込むことで、使われますが、最近これに加えて、「薄毛ブルー」という言葉が使われるようになりました。薄毛も大きな体の変化です。毛髪ファ少ないと言うことは、外見上の不利益となることは誰しも感じることです。このことは洋の東西を問わず、昔から感じていることです。薄毛を感じた時、人は皆育毛を本気で考えます。育毛の基本色はトウガラシであり大豆と言われています。そこでハゲにならない「ハゲの食卓」を徹底考察して行きます。

食生活を見直して髪フサフサ

日々の何気ない食生活。
そこには様々な問題が隠されています。
朝食抜き、塩分の多い食事など、放っておけばやがて健康を脅かすことになりましょう。それは髪の毛も同じことです。
今あなたが囲んでいる食卓は、”生える食卓”なのか、“ハゲる食卓”なのか。
この一字違いでは済まされない大きな違いがあるのです。
毛髪が十分にあるときは、「人に髪はなぜ必要なのか」という疑問を抱く人は少ないでしょう。
健康と髪の毛は、失ってみて初めてそのありがたさが解るものなのです。
今からでも遅くありません。
育毛に対して真剣に考えてみましょう。
それにはまず、これまでの食生活の改善から始めなければなりません。
毛髪を促進する良い食べ物は何か、髪の主成分となる栄養素は何かを知る必要があります。あなたの食生活を改善することが、見事な黒髪を手に入れることになるのです。
効くか効かないかわからない育毛剤に頼るより、今あなたが育毛のために何をするかが大切なのです。

これを食べれば毛が生える 海藻・魚介類のオススメ

美しく、健康的な髪は黒々、ツヤがあり、昔からの言い伝え通り、海藻類・魚介類など海育ちの食べものには、ミネラル類が多く含まれ、毛髪の健康には欠かせない食べ物です。それを証明するものがあります。
漁師の人の髪を観たらわかります。
年を重ねても、肌ツヤが良く、ハゲの人はあまり見られません。
海藻類が髪に良いと言うには理由があります。
髪に光沢をもたらすもととなっていますのは、コンドロイチンという成分です。
これは、海藻類のぬめり成分であります、ムコ多糖体の一種です。
つまり海藻類を摂取することで、髪に艶を与える成分を摂れると言う訳です。
また海藻類にはヨードもたっぷり含まれています。
このヨードを始め、亜鉛や細胞分裂を促してくれます栄養成分をたっぷり含んでいます。そして魚介類は、ビタミンだけでなくミネラルも豊富に含んでいますので、髪の毛には最適の食べものと言えましょう。

バージンオリーブオイル料理で、育毛効果を

バージンオリーブオイルには、オレイン酸が結合型として含有していますので、口の中に入ると、結合型のオレイン酸が、腸で知覚神経を刺激して、体内で、IGF-Iを増やします。
このことでバージンオリーブオイルを、多く摂取する人たちに認知症が少ないと言うことも判明しました。もちろんバージオリーブオイルは、体内でIGF-Iを増やす作用があることから、育毛にも効果を発揮すると言う訳です。
このオイルは、地中海料理で使われる特徴的な食材の一つです。
バージンオリーブオイルを、多く摂取する南イタリア地方の人たちは、認知症のかかるリスクは少なく、ハゲの人も少ないと言われています。
もちろんオリーブオイルは脂肪なので、それなりのカロリーはあります。
しかし、IGF-Iは、脂肪を燃やすスタンパク質を増やすので、同じカロリーを持つ他の脂肪を食べた時よりも、太りにくいと言うメリットもあります。

ハゲル食材ナンバーワンは多めのスイ-ツ

”甘いものは別腹“という言葉は、女性の中で良く聞く言葉です。
果たしてそうでしょうか。
スイーツは、薄毛対策の大敵と言えるでしょう。
スイーツを食べますと、のど飴の効果と同じような仕組みで、胃の知覚神経が機能低下するため、それまでの満腹感が和らぎ、甘いものは別腹状態になる元と勘違いされています。お腹いっぱいでも、ケーキなどのスイーツが食べられるのは、こんなメカニズムが働いているのです。
しかし薄毛に悩むあなたにとって甘いものは別腹、と悠長なことは言っていられません。甘いものは確実に、あなたの胃に入ります。
そして胃の知覚神経を麻痺させるのです。
スイ-ツの食べ過ぎで、せっかく食事で食べたトウガラシの働きが低下するのです。
目の前にある甘い誘惑、その反面、頭の上の薄毛の悩み、当分食事での葛藤は続くことになりそうです。

育毛のために日本酒を熱燗で

よく昔から言われている言葉に「適量のお酒は百薬の長」というのがあります。
これは学界でも報告されていることです。
まったくお酒を飲まない人よりも、適量のお酒を飲む人の方が長生きすると言うのです。それは日本酒でも例外でなく、1日1~2合が適量と言われています。
では酒の効能と言いますとどのような物質を言うのでしょうか。
日本酒の原料であります蒸米には、デンプン、タンパク質、さらに脂肪が含まれています。
米に麹菌が作用して、これらの物質を酵素反応で分解し、ブドウ糖、アミノ酸、脂肪酸を作ります。
さらに清酒酵母がこれらの物質をアルコール発酵することにより、エタノール、炭酸ガス、エステルなどの香成分、及びアミノ酸や有機酸などのうまみ成分へと変化させ、日本酒が生まれます。
こうした日本酒を飲むなら、知覚神経が刺激されやすい熱燗で飲むと、育毛により効果的と言われています。

これを食べると毛が生えて来る 育毛の基本食はトウガラシと大豆

薄毛の食卓のメインデッシユは、トウガラシと大豆と言えましょう。
トウガラシには、その辛味成分でありますカブサイシンが、含まれています。
大豆には、イソフラボンが含まれ、どちらも育毛効果がある栄養素というのが報告されています。
髪の主成分はアミノ酸です。
そのアミノ酸を含む、タンパク質を摂ることは、毛髪促進のためには不可欠と言えましょう。
このたんぱく質を摂取しないと、髪の原料が不足するのです。
毛髪を主成分とするタンパク質は、いくつものアミノ酸で構成されています。
その中で最も多いのは、硫黄を含む、アミノ酸、含流アミノ酸の一つ、シスチンです。
このシスチンは、体内で、含流アミノ酸で毛髪中に、含まれていますメチ二ンからも合成されますが、このメチ二ン自体は、体内で合成できない「必須アミノ酸」です。
つまり、シスチンや、メチ二ンを含むタンパク質を食事から摂取しない限り、毛髪を作る原料は不足すると言うことです。

キムチを食べれば毛が生える?(1)

キムチを食べますと、辛味成分であるカブサイシンが、胃腸の近く神経を刺激し、その刺激情報が、脳を経由して、全身へ伝えられ、毛根で、IGFILが増加します。
その例があります。
キムチを大量に食べる国があります。そうです。韓国です。
そのせいでしょうか、韓国の薄毛率は日本より低い、とのデータが報告されています。
韓国に行って見ればわかることですが、高齢者を見ても確かにハゲている人は少ないようです。
キムチを食べますと、口の中が熱くなったり痛くなったり、さらに辛い青唐辛子などを食べますと、舌がしびれます。
この刺激は、自覚神経症の麻酔を意味し、かえってIGF―Iを減らしてしまいます。
これはあまり刺激が強いため、知覚神経から放出され、IGF―Iを増やす作用をもったカルシト二ン遺伝子関連、ぺプチド(CGRP)という物質が、枯渇してしまうために起る現象なのです。

キムチを食べれば毛が生える?(2)

IGF-Iとは、インスリン様成長因子―Iの略です。
「IGF-Iを増やせば、毛が生える」と一般に言われています。
この物質は血液を固めない作用に他に、組織の血流を増やす作用があることが最近の研究で分かってきました。
CGRPを体の中で、増やす作用を持っているのは、女性ホルモンである、エストロゲンです。
このエストロゲンの産出が、低下すると様々な体の不調が出ます。
更年期障害です。
更年期に見られる脱毛も、IGFILの低下が原因とみられています。
CGRPを増やすためには、薬で、エストロゲンを補填することは、様々な副作用を考えますと、日常の育毛方法としては不向きと考えられています。
薬でのエストロゲン服用の代わりに、毎日食べられて安全にCGPRを増やす食材が必要となります。

納豆に含まれる植物性たんぱく質が毛髪促進に最適な栄養素

植物エストロゲンと呼ばれる物質があります。
これは大豆に含まれています。イソフラボンです。
イソフラボンの作用は、エストロゲンのそれによく似ているところから名前が付けられました。
日本人が乳がんに羅患する比率が、諸外国と比べて低いのは、みそ汁を毎日飲むからと言われています。
このことを知り、アメリカでは、家畜のえさでしかなかった大豆が見直され、健康維持の食費として利用されるようになりました。
イソフラビンは、女性ホルモンの作用を阻害することで、乳がん細胞の増殖を抑えると考えられてきましたが、このメカニズムはまだ解明されていません。
イソフラビンにはエストロゲンのように、知覚神経のCGRPを増やす作用があります。こうしたことから豆腐入りの納豆や、みそ汁にトウガラシをかけて食べると、あなたの薄毛の悩みは、たちどころに解消するかもしれません。
ぜひ試してみてはどうでしょう。

育毛にはトウガラシで胃のツボを刺激するのが一番の効果

知覚神経を刺激する代表的な物質は、トウガラシの辛味成分である「カブサイシン」です。トウガラシを食べた時に感じる胃の暑さからも、トウガラシで胃の知覚神経が刺激されていますことが実感できます。
カブサイシンによる、胃の知覚神経の刺激情報は体の暑さや、痛みを伝える神経系のネットワークを介して、脳に伝達され、その結果IGF-I効果となって、育毛を促進することになるのです。

【10代の若ハゲ向け】生え際が後退してしまう原因と対策とは?

rexfeatures_365087a

出典:http://www.independent.co.uk/life-style/health-and-families/hair-loss-receding-hairline-baldness-causes-10472942.html
ハゲは40代から50代の人に引き起るものだと思いがちですが、実は10代の青春真っ盛りの時期にもハゲになってしまう可能性はあるんです。

10代だと恋愛をしたいお年頃…好きな人ができて、彼女と一緒にデートをしたりしたいですよね。でも、あなたがもしも若ハゲだった場合。

もしかしたら、あなたの青春は若ハゲのせいでお預けになってしまう可能性があります。でも心配はありません。10代の若ハゲは治ります!

今回は、そんな若ハゲになってしまいそう、もしくは既に悩みの種になっているという10代の男性に向けて、若ハゲで後退してしまう原因と対策について解説していきます

10代のみなさんは、原因と対策さえしっかりとすれば、比較的簡単に治るので、諦めずに治療していきましょう。

生え際からの抜け毛の場合は男性型脱毛症の可能性が…

hair-transplant-for-women-hair-loss

出典:https://hassonandwong.com/hair-loss/female-pattern-hair-loss/
10代と言えば、体毛が濃くなって、ヒゲが生え始めてくることもあります。もちろん全員が10代の内に体毛が濃くなったて、ヒゲが生えるという訳ではなく、個人差がありますが、大半の男性は10代の内にこのようになるでしょう。

それは、男性ホルモンの働きによるものです。

男性ホルモンは、男性を男らしくしてくれるホルモンで筋肉や骨格のをたくましくしてくれる働きや、性欲を高める効果、免疫力を高める効果、気持ちを高揚させるなどの良い働きをしてくれます。

しかし、その一方で、体毛が濃くなり、男性型脱毛症にもなってしまうんです。

男性型脱毛症って何?

男性型脱毛症は、男性ホルモンのテストステロンというホルモン物質が体内で5aリダクターゼという還元酵素によってジヒドロテストステロンという物質に変えられることで引き起ります。

ジヒドロテストステロンは非常に厄介で、毛乳頭の細胞内に存在する「レセプター」と結合して、発毛を制御してしまうという恐ろしい作用があります。
発毛を制御されてしまった毛乳頭はもちろん、健康的な髪の毛を作ることはできないので、髪の毛を丈夫にすることができず、髪の毛が抜け落ちてしまうという脱毛症の症状が出てしまうのです。

ちなみに、女性でも男性型脱毛症を発症してしまう人もいます。女性の男性型脱毛症は「女性男性型脱毛症」といい、女性の体の中に存在する男性ホルモンの働きが活発になることで引き起ります。

しかし、男性に比べるとその発症率は極めて低く、女性ホルモンが減少してしまうことでホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンの活発になるのではないかと言われています。

男性型脱毛症の特徴とは?

man

出典:http://www.prcpb.com/for-men.html
男性型脱毛症には、ある特徴があります。それは、髪の毛が抜け落ちる範囲です。先ほどご紹介した5aリダクターゼという還元酵素ですが、前頭部から頭頂部にかけての毛乳頭のレセプターにしか存在しないと言われています。

そのため、所謂ハゲと呼ばれてしまっている人たちを見てもわかるように前頭部から頭頂部までが薄毛になり、後頭部は比較的残っていますよね。

髪が抜ける範囲が前頭部から頭頂部にかけてなのは、5aリダクターゼが存在していた毛乳頭が前頭部にしかないからなのです。

そのため、若はげで生え際からハゲてきている人は、男性型脱毛症の可能性がとても高いです。

若ハゲになりやすい人

copingwithstress_456px

出典:http://www.cdc.gov/features/copingwithstress/
男性ホルモンの影響以外にも、若ハゲになってしまう原因には様々な原因が考えられます。それらは、単体では髪の毛への影響が少ないかもしれませんが、重なり合うことで、髪の毛にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。

では、若ハゲになってしまう男性ホルモン以外の原因を見ていきましょう。

◆ストレス
男性ホルモン以外の影響でハゲてしまっている人のなかで最も多いのが過度のストレスを抱えている人です。
ストレスは髪の毛に良くないということは、既に多くの人が知っていると思いますが、その影響力は絶大で、血行不良や皮脂の過剰分泌などを引き起こしてしまいます。

それらは引き起こすことで丈夫な髪の毛が生えてづらい状態になってしまうので、ストレスを軽減させるということが非常に大切になります

。しかし、現代ストレス社会においてストレスを軽減させるということはとても難しく、10代の若者でも、勉強や部活、人間関係、イジメなどで、多くのストレスを抱えてしまうという人も少なくないはずです。

そのため、ストレスを受けないのではなく、受けたストレスを解消させるという方法を身に付けるのが、薄毛を改善させるための一番の近道になるはずです。

◆運動不足
10代のみなさんは、筋肉がありますか?部活動で、ある程度筋肉がついていると思いますが、運動をしていないという人は、注意が必要です。運動不足になると、体全体の筋肉量が低下します。

心臓は髪の毛まで血管を通して血液を送ることで髪の毛を育てています。しかし。筋肉量が低下することで、髪の毛に血液を送る力が弱まり、正常に髪に血液をくれない状態が続いてしまうことで、抜け毛の症状が出てしまうこともあります。

◆食生活の偏り
食生活の偏りというのも髪の毛にとても悪影響を及ぼします。食生活が乱れてしまうと、所謂メタボになってしまう可能性がありますが、メタボは皮脂の分泌が多く、毛穴に皮脂が詰まりやすいのです。

毛穴が詰まった状態になってしまうと、髪の毛の成長を阻害してしまうので、健康な髪の毛が生えてこない状態が続きます。すると、細くなった髪の毛に他の血行不良などの要因が重なり、抜けてしまう可能性もあります。

特に10代の男子と言えば、お肉が大好き!という人がとても多く、男性ホルモンの働きが活発なため、皮脂の分泌が元々多いですので、注意をしたいところですね。

◆スタイリング剤の使い過ぎ
10代男子に多い若ハゲの原因はスタイリング剤の使い過ぎです。高校生や大学生くらいになると、男性ならスタイリング剤を付けて毎日髪の毛をセットするという人も少なくないはずです。

しかし、スタイリング剤を毎日過剰に付けてしまっていると、毛穴にスタイリング剤が詰まってしまい、丈夫な髪の毛が生えにくくなってしまいます。

さらに、スタイリング剤を付けて汗をかくことで頭皮の表面を覆い隠すようにスタイリング剤が伸びてしまいます。

すると、頭皮が皮膚呼吸できない状態になり、細胞分裂の妨げになり、抜け毛を発生させてしまう可能性もあるのです。

◆薬の影響
髪の毛が抜け落ちてしまう原因として有名なのは、薬の副作用です。抗がん剤などは特に脱毛する副作用を持つ薬で有名ですが、抗がん剤だけでなく、その他の薬の副作用でも脱毛をしてしまう可能性があるんです。

例えば、抗不安剤や睡眠導入剤、抗鬱剤などの心療内科などで処方されることの多いお薬は、脱毛してしまう副作用を持っていることで知られています。

しかし、この場合は、薬の使用をやめると同時に自然と回復に向かいますので安心してください。

脱毛症ではなく抜毛症(ばつもうしょう)の可能性もあるので注意!

若ハゲはさまざまな原因で引き起るといいましたが、抜毛症の影響も考えられます。では次に抜毛症についてみていきましょう。

抜毛症とは、その名の通り、髪の毛を自分で引き抜いてしまうという精神疾患で、特に思春期の女性に多いとされる症状ですが、もちろん男性でも引き起る可能性もあり、内向的な性格を持つ人がかかりやすい精神疾患です。

抜毛症の原因
その全容はほとんど解明させておらず、いまだに謎の多く存在する疾患でもあります。その中でもこのような疾患が出てしまう原因として有力な説は、セロトニンの不足にあると言われています。

セロトニンはみなさんも効いたことがあるのではないでしょうか?リラックスをしたりすると出る物質です。抜毛症の人は常に緊張をしていて、リラックスできていない状態になっているようです。

また、こちらもストレスなどの影響が考えられるため、ストレスがいかに体に良くないかということが分かりますよ。

抜毛症の対策
抜毛症は、明確な治療法が存在しません。SSRIという治療法で、セロトニンの分泌を増大させるという治療法があります。

しかし、人によっては髪の毛を抜くのが気持ちよくて抜いてしまうという人もいるので、そのような人にとっては、セロトニンが増えようが、減ろうが、あまり関係ないのです。

このような状態になってしまうと、あとは自分の意志で治すしかありません。度々言われるのが、15秒間我慢すれば抜きたい衝動が収まると言われています。

すべての脱毛症にいえる対策とは?

全ての脱毛症にいえる対策方法をご紹介します。みなさんも正しい対策方法を覚えて効果的に若ハゲを改善しませんか?

ストレス解消
さまざまな原因がありましたが、やはり髪の毛が抜けてしまう原因として多いのはストレスの影響が多いようですね。そのため、ストレスを解消するということがとても大切です。

ストレスの解消方法は人それぞれだと思いますが、やはり一番簡単なのは、休むことです。

ストレスをうまく解消できずに限界に達してしまうと脱毛という症状で現れてしまうので、ストレスを溜めやすいという人は、リラックスできる環境でゆっくりと休むと良いでしょう。
食生活の改善
生活習慣もとても大切です。生活習慣を整えるということは、非常に大切で逆に生活習慣さえできていれば、ストレスの解消もある程度できるので、一石二鳥です。生活習慣を見直すなら、まず適度な運動を心掛けると良いでしょう。
運動をすることで、適切な時間にお腹が減り、適切な時間帯に眠くなるので、すべてのバランスを整えることができるでしょう。

若禿は治る!諦めないことが肝心です!

follow-non-muslim-doctors-advice-for-worships

出典:http://aboutislam.net/counseling/ask-the-scholar/morals-manners/follow-non-muslim-doctors-advice-for-worships/

このように、10代の若ハゲはさまざまな原因が重なり合い引き起っていることが多いです。みなさんは若ハゲの原因になるようなことはしていませんでしたか?

若くしてハゲてしまうと精神的なかなり辛いので、なるべく若ハゲの原因となることは、控えて、髪のための生活を心掛けてください。

実際、「湯シャン」は育毛効果があるの?

bath-465577_1920

あなたは「湯シャン」という新しい髪の毛の洗い方を知っていますか?湯シャンは特に女性の間で人気で、現在では多くはないものの一部の人は長いこと実践しています。なぜなら湯シャンには育毛効果があるのではないかと言われているからです。髪の毛が抜けなくなり、さらに育毛効果まであるとなれば、将来的にハゲてしまいそうな人やすでに後退が始まっている人にとってもこれ以上ない洗い方です。今回はそんな「湯シャン」の育毛効果に迫りたいと思います。

【湯シャンってなに?】

shower-1027904_1920

現在では、ほとんどの人がシャンプーを使用して毎日髪の毛を洗っているはずですが、湯シャンではシャンプーは基本的には使いません。ではどのようにシャンプーするのか、こちらは「湯シャン」という名の通り、お湯だけでシャンプーを行います。毎日シャンプーしている人にとっては逆に頭皮が清潔な状態で保てなさそうなイメージがありますが、実は真逆なのです。シャンプーの中に含まれている化学物質が髪の毛に良くない影響を与えるといわれており、湯シャンでは80%~90%の汚れを洗い流すことができるので、オーガニックなどが流行っている現代では、このような究極の天然的な洗い方が推進されているのです。

【シャンプーって頭皮に良くないの?】

hairdresser-1179461_1920

シャンプーを使った洗髪が一般的になっている中、薄毛が増えているのはシャンプー剤を使うからという声も多く、その多くはシャンプー剤の中に含まれている化学物質だとされています。ではシャンプーには髪の毛に良くない成分がどれほど含まれているのでしょうか?
『シリコン』
まず代表的なものは「シリコン」です。シリコンが髪の毛に良くないということは現在一般的になりつつあり、それに伴い「ノンシリコン」のシャンプー剤も多く出回るようになりました。ではシャンプー剤に含まれているシリコンとはなんなのでしょうか?シリコンの効果は主に髪の毛表面のコーティングです。キューティクルと言う鱗が無数にある髪の毛はキューティクルとキューティクルの間を埋め、艶のある髪の毛のように見せてくれる効果がありますが、実は、しっかりと洗い流せていないことで頭皮にこびり付き、皮膚呼吸をできない状態にしてしまいます。すると、薄毛の原因になります。

『ラウリル硫酸ナトリウム』
ラウリル硫酸ナトリウムは聞きなれない成分だと思いますが、多くのシャンプー剤に含まれている成分です。こちらの成分は主に皮脂や汚れなどを落とす効果がある成分ですが、実際は、かなり洗浄力が強い成分で、髪の毛に必要な栄養もごっそりと抜き取ってしまうと言われています。さらに脱脂力が非常に強く、頭皮に必要な油分までもを落としてしまいます。
『合成界面活性剤』
市販されているシャンプー剤のほとんどに含まれている合成界面活性剤ですが、こちらも実は髪の毛というよりは頭皮にあまり良いものではないようです。通常界面活性剤はラウリル硫酸ナトリウム同様に頭皮の汚れや古い角質、皮脂などを取ってくれる効果を持つ物質ですが、市販されているシャンプー剤には内容成分約50%もの界面活性剤が入っていると言われており、強い洗浄力で本当はなくてはならない油分も奪ってしまいます。すると頭皮のバリア機能が奪われてしまい、次にシャンプーしたときには油分とバリア機能を失った無防備な頭皮を洗うことになってしまうのです。

【湯シャンの効果に育毛効果はあるの?】

結論から言ってしまうと、湯シャン事態に直接的な育毛効果は全くありません。それもそのはず、使っているのはお湯のみですから……しかし、一言でないとは言っても、これらの有害な成分と言われている成分の配合されているシャンプー剤を使わないことで、間接的な育毛効果は期待できるはずです。

【湯シャンの正しいやり方とは?】

では、湯シャンとは実際にどうやって行うものなのでしょうか?正しい湯シャンのやり方をご説明しましょう。

『乾いている状態でブラッシング』
女性で長い髪をお持ちの方は、できればブラッシングを湯シャンする前に行ってください。ブラッシングをすることで、髪の毛の表面の汚れを落とすことができます。さらに、ブラッシングをすることで、頭皮の血行が良くなるため薄毛を予防することもできます。

『丁寧に髪を流す』
ブラッシングをしたら、洗髪開始です。洗髪は40℃以下の温度のお湯で行います。40℃以上の温度で洗髪をしてしまうと、洗浄力があがり本来なくてはならない皮脂なども洗い流してしまうことになるため必ず40℃以下のお湯で行ってください。

『マッサージをする』
更に高い育毛効果を得るならば、マッサージを行ってください。マッサージは小指以外の指を使い行います。指を大きく開き、頭皮をグルグルと回転させるようにマッサージします。マッサージを行うことで、頭皮の血行を良くなり、健康的な髪の毛が生えるようになります。

『タオルドライ後ドライヤーでドライ』
湯シャン後は必ずしっかりとドライしてください。ドライ不十分の場合髪の毛が枕などの摩擦で痛むと良く言われていますが、それ以上に半がわきの状態で放置してしまうと、雑菌が増殖しやすくなり、頭皮環境が悪くなってしまいます。

【湯シャンのデメリットとは?】

baby-443393_1920

湯シャンには頭皮を健康的な状態にする効果がありますが、その分のデメリットもあります。
『不安になる』
まず、湯シャンをする人の中でもとても実感することの多いデメリットが、不安です。通常シャンプーを使用して髪を洗うのが一般的なので、湯シャンにチャレンジする人はシャンプーを使った洗髪に慣れてしまっているため、本当に汚れが落ちているのか、それとも効果が全くないのか、分からなくなります。また、実際に湯シャンをし始めてから効果を実感するまでの期間は約半年間かかるとされていて、その間は不安との戦いになります。そのため、途中で湯シャンを辞めてしまう方も多いようです。

『髪の毛が臭う場合もある』
湯シャンでも十分に髪の毛の汚れを落とすことができますが、髪の多い方や体臭がキツイ人の場合は、髪の毛が臭うこともあります。また、汗を大量に掻いたときなども湯シャンだけでは汗の臭いも取ることができないこともあります。

『スタイリング剤をつけられない』
もちろんスタイリング剤を使用した場合は、湯シャンのみでは完全にスタイリング剤をおとすことができません。特にワックスなどでスタイリングした場合、ワックスの主な成分は油なので、お湯だけでは全くと言っていいほど落ちません。その場合は、必ずシャンプーに含まれる界面活性剤が必要になります。そのため、スタイリング剤を使う機会が多い方の場合は、頭皮に優しいシャンプー剤を選ぶ必要もあります。

『スッキリ感が全くない』
当然お湯のみの洗髪になるのでスッキリ感もありません。シャンプーでの洗髪に慣れてしまっている方はこのスッキリ感がないことでも湯シャンを諦めてしまう方も多いようです。しかし、お湯だけでもしっかりと汚れを落とすことはできているのです。

【シャンプーはどれも同じなの?】

cosmetics-106982_1920

このようなデメリットもあり、確かに育毛効果を期待できるものの、不安からどうしてもシャンプーを使用したいという方もいるはずです。では、シャンプーはどのような商品も頭皮に良くないものばかりなのでしょうか?…そんなことはありません!実は、頭皮や髪に良いシャンプー剤も存在します。頭皮に良いシャンプー剤は様々なものがありますが、中でも頭皮に良いとされているのが、アミノ酸系シャンプーです。アミノ酸系シャンプーは、弱酸性の洗浄力を持ち、程よく頭皮の汚れを落とすことができます。また、刺激がとても少ないため、頭皮を優しく洗うことができるので、洗髪時に頭皮環境を悪化させる心配もありません。

【おすすめシャンプー3選】

では、湯シャンを諦めた人におすすめの頭皮に優しいアミノ酸系のシャンプー剤をご紹介します。

『ラサーナ 海藻海泥シャンプー』
アミノ酸系シャンプーの中でも女性にお勧めのシャンプーがこちらの「ラサーナ海藻海泥シャンプー」です。こちらの商品は、アミノ酸系シャンプー剤の中でも保湿性に非常に優れているシャンプーで、天然保湿因子NMFでしっかりと頭皮を保湿しバリアしてくれます。また、微粒子の海泥が配合されているので、頭皮の汚れをしっかりと落とすことができ、毛穴の汚れを落とすことができ、健康的で清潔な髪の毛を維持することができます。

『ナノアミノシャンプーRM』
ナノアミノシャンプーRMは、ナノ化したアミノ酸系成分を含むシャンプー剤で、髪の毛に必要なアミノ酸をしっかりと髪の毛の内部に届けることのできるシャンプー剤です。しっかりと髪の内部にアミノ酸を届けることで丈夫な髪へと導くことができます。

『チャップアップ スカルプシャンプー』
こちらの商品はとても理想的なシャンプー剤で、グルタミン酸やアスパラギン酸などを含む高級アミノ酸が5種類も配合されており、かなりの低刺激。さらにノンシリコン、油性系面活性剤フリー、合成着色料フリーと頭皮にとても良いシャンプー剤です。更に、セージ葉エキスやローズマリー葉エキスなどの10種類ものオーガニックエキスも配合されており、弱酸性で頭皮に必要な栄養などを落とす心配もなく、抜け毛の原因となる乾燥から頭皮を守り、理想的な育毛環境を整えることができます。

【あなたも湯シャンにチャレンジしてみましょう!】

普段シャンプー剤を使用している方にとっては、湯シャンは少し不安になることも多い洗髪方法だとは思いますが、確かに化学物質が多く含まれているシャンプー剤を使用しないことで、頭皮の環境は良いものとなり間接的な育毛効果を期待できると思います。しかし、やはりスッキリ感などもなく、我慢できない方も多いと思いますので、そのような方の場合は比較的髪の毛に優しいアミノ酸系のシャンプー剤を使用して頭皮環境を整えながらしっかりと保湿や栄養を与えることで健やかな髪の毛を育てられるようにしてください。

円形脱毛症の部分から白髪が生えてきた人へ。その原因と対策

alopecia-areata

出典:http://www.neharkartrichology.com/alopecia-areata/

長い期間円形脱毛症に悩まされてきたけど、やっと治療の成果が出て髪の毛が生えてきた!でも生えてきた髪の毛が白髪だった…けっこうショックですよね。せっかく頑張って理療をしてきたのにと思ってしまいますが、安心してください。それは治りかけている証拠です。今回は、円形脱毛症の部分から生えてくる白髪について解説していきます。もし、似たように症状をお持ちの方がいたら参考にしてください。

【円形脱毛症とは?】

hair-loss

出典:http://www.medicaldaily.com/hair-loss-disease-alopecia-areata-befalls-scientist-who-studies-disease-and-eventually-304704

では、白髪についての説明に入る前に円形脱毛症について簡単に解説致します。円形脱毛症とはなんなのか?円形脱毛症は、10円ハゲとも呼ばれていて10円玉サイズに脱毛してしまう症状を差します。さらに、円形脱毛症には多発性や単発性、蛇行性、全頭性など、さまざまな種類があり、多発性脱毛症の症状が進行してしまい引き起る全頭性に至っては、頭髪のすべてが抜け落ちてしまうという脱毛症のため、治療に長いスパンが掛かり、脱毛症と旨く向き合っていくという必要があります。さらに全頭性が進行すると髪の毛だけではなく、眉毛やまつげなども抜けてしまう汎発性脱毛症の症状へと進行することがあるので、あまりにも抜け毛が急激に加速してきた場合は、早期の治療がとても重要になります。

【白髪が生えてきてしまう原因とは?】

alopecia-areata-female

出典:http://www.drbatul.com/skin-conditions/alopecia-areata/alopecia-areata-overview/

このように、さまざまな種類のある円形脱毛症ですが、もちろん治療をすれば必ず治ります。しかし、これら全種類に一貫して言えることが白髪が生えてくる可能性があるということです。特に白髪が生えてくる可能性が高いのが汎発性脱毛症だと言われています。では、なぜ新たに生えてくる髪の毛が白髪になってしまうのでしょうか?実は、その原因はしっかりと解明されておらず、比較的有力な説ということしかできません。

『血流が悪い』
血流が悪いということも少なからず白髪が生えてきてしまうことに関係があるようです。なぜなら、血流が悪くなることで髪の毛にしっかりと栄養が行き届かなくなるから。頭皮に栄養を送っているのは頭皮に張り巡らされている毛細血管ですが、毛細という言葉の通りにとても細くもろいのです。そのため、血液がドロドロになったり、健康トラブルなどで血管が詰まったりしてしまうと真っ先に影響が出る部分で、簡単に栄養が通常通りに回らなくなります。するとやはり、通常は黒く生えてくるはずの髪の毛が栄養不足により白髪になってしまうという可能性もあるそうです。

『栄養が少ない』
このように、栄養というものがとても重要になるわけですが、もちろん毛細血管だけでなく、流れている血液が原因で白髪になってしまうケースもあります。毛細血管も正常に働き、きちんと髪の毛に栄養を送ってくれていたとしても血液事態に髪の毛をしっかりと髪の毛を生成するための栄養が含まれていなければ、それは無駄になります。そのため、血液の栄養不足が原因で白髪が生えてくるという可能性もなくはないようです。

『メラノサイトの損傷』
円形脱毛症の部分から白髪が生えてきてしまう原因の一つとして最も有力な説とされているのが、メラノサイトの損傷です。メラノサイトとは、髪の毛に黒く色を付けている細胞で、こちらが脱毛症によって、損傷を受け、毛根が通常の働きを取り戻してもメラノサイトが傷つきメラニンを作ることができないため、白髪になってしまうといわれています。

【円形脱毛症から白髪が生えてきたときの対処法】

hair-loss-2

出典:http://www.pingminghealth.com/article/568/hair-loss-and-slow-hair-growth/

このように円形脱毛症から白髪が生えてきてしまう原因として考えられるものにはさまざまな説がありますが、どれも比較的根拠の少ないものばかりです。そのため、円形脱毛症から白髪が生えてきた場合は根本的な改善方法というものはありません。しかし、比較的効果的と言われている対処方法ならあります。次は、円形脱毛症から白髪が生えてきた場合の対処法について解説します。

『抜いてはいけません!』
まず、大前提として決して抜いてはいけません。よく白髪は抜けば増えるというような話を聞く機会があると思いますが、増えることはないと言われています。さらに繰り返し抜いてしまうことで、毛穴が閉じてしまい本当にハゲてしまう可能性も考えられます。そのため、白髪が生えてきてもそれを増やそうとして絶対に抜かないでください。どうしても気になる場合は、カラー剤を使い染めてしまいましょう。しかし、円形脱毛症が治ったばかりなので、頭皮はとても弱い状態になっているはずなので、できれば頭皮にカラー剤を付けないようにカラーすることをおすすめします。

『ひたすら待つ』
根本的な改善方法がないと言われている円形脱毛症から生えてくる白髪は、とにかく時間をかけてゆっくりと治す必要があります。生えてきたばかりだと、まだメラノサイトも完全に完治してはいないため、時間がかかると思います。また、今生えてきている髪の毛は、毛サイクル的に言うと、約3ヶ月前に毛穴の奥中で作られた毛根が親になり生えてきている髪の毛です。ということは、約3ヶ月前にメラノサイトがしっかりと毛根に色素を入れることができていなかった場合は、もちろん白髪になってしまいます。逆に、今回毛根が回復して、すでにメラノサイトが回復している状態であった場合は、回復した時期から約3ヶ月程経てば、黒い毛が生えてくるか、白髪の途中から黒い髪の毛に変わってくる可能性もあります。そのため、円形脱毛症が治るのに時間を要したように、白髪を治すためにもそれなりに時間がかかるのです。気長に黒い毛に変わるのを待ちましょう。

『血行を良くする』
円形脱毛症でも血流が原因でなるという説があるように、円形脱毛症から生える白髪の場合も、血流がとても大切になります。そのため、セルフケアで血流を良くするという方法も効果があるのではないかと言われています。血流を良くする方法にはさまざまな方法があるので順にご紹介します。

[体を冷やさない]
特に女性に多いのが、体が冷えることで血流が悪くなるということです。職場、電車の中、彼氏や旦那さんと同じ部屋の中などで、ガンガンにクーラーの利いた部屋にいることはないでしょうか?体が冷えると体温を保持しようと血管が細くなり、血流が悪くなってしまいます。そのような場合は、必ず洋服を一枚羽織るなどして、まめに体温調調節を行うようにしてください。また、お風呂上りなどは体が暖かい状態のため、少し油断してしまいますが、湯冷めしてしまう可能性もあります。湯冷めをしないようにする方法は、かけ水などが効果的で、毛穴を引き締め、体内温度を保持することができるのでやってみてください。

[体を温める食事を摂る]
血行を良くするためには、体を温める食事を摂るという方法も効果的です。例えば、ネギの辛味成分アリシンは、血行を良くして体を温める効果があります。また、唐辛子に含まれるカプサンシンなどの辛味成分なども体を温める効果を持っているため効果的です。反対に、キュウリや生キャベツのように体を冷やす効果のある食べ物は避けるか、調理する際にしっかりと火を通すという方法があります。それぞれで体を冷やさないように工夫して調理してみましょう。

[水分をしっかりと摂る]
血流が悪い方の中には、水分不足で血液がドロドロになってしまっている可能性のある人もいます。しかし、ただ水分を摂れば良いというものではなく、正しい量を正しい方法で摂る必要があります。人間は一日に約1.2~2.0ℓの水を摂取するのが適量とされていますが、一気にこれほどの量を摂取してしまうと、逆に腎臓に負担をかけたり、内臓を冷やしてしまい血流を悪くしてしまったりします。そのため、1日に1.2~2.0ℓの水を、朝起きた時や入浴前、入浴後、など、さまざまなシーンで分けて摂ることが大切です。そうすることで内臓などに負荷をかけることなく、血流をスムーズにすることができます。しかし、電解質に優れたスポーツドリンクの方が良いのではないかと考える人もいるはずです。スポーツドリンクを一日に1.2~2.0ℓも飲んでしまうと次は糖分の摂りすぎになってしまうので、必ず水を飲むようにしてください。

[半身浴をする]
入浴というのは、血行促進に効果的ではありますが、心臓に大きな負荷をかけるものとされているため、熱いお湯に長時間浸かるのはおすすめできる方法ではありません。そこでお勧めしたいのが、半身浴です。半身浴は、心臓に負荷をかけることなく血流を促進することができます。また、半身浴は38度以上40度以下のぬるめのお湯で行うので、長時間の入浴でものぼせる心配もないのでおすすめです。さらに冷え性やダイエットなどにも効果的とされているので血行促進はさまざまな効果をもたらしてくれます。

[頭皮マッサージをする]
血流を良くする方法の中にはさまざまな方法がありますが、やはりその根本を叩くのも良いでしょう。頭皮マッサージをすることによって頭皮の刺激になり血流を良くする方法もあります。こちらの方法では凝り固まった頭皮をマッサージによりほぐすことで、頭皮が柔らかくなり、血流を良くすることができます。頭皮マッサージはセルフマッサージでも良いですが、長続きしない可能性もあるので、美容室でプロの方にマッサージをお願いするのが効果的です。さらに美容室で行うと、毛穴の汚れを掻きだしてくれるスクワラントリートメントやオイルなどを使ってマッサージを行ってもらえるので、頭皮環境がとても良くなります。

【時間をかけて気長に待ちましょう!】

screen-shot-2014-12-14-at-11-40-48-pm

出典:http://www.jobhuntersbible.com/articles/view/the-pain-of-time

このように、円形脱毛症から生えてくる白髪はさまざまな原因が考えられますが、どれも根拠のないものばかりで、根本的な改善をするのが難しいです。しかし、できることをやっておくに越したことはありません。そのため、今回ご紹介した対処法をぜひ実践してみてください。そして、やはりこのような治療には時間と言う薬が必要不可欠になりますので、あまり考え込まずに気長に待ちましょう。

【若ハゲ必見】今なら間に合う!20代のハゲ対策まとめ

_main_mpb

出典:http://www.mensfitness.com/styleandgrooming/fashion/your-diabolical-follicles-treating-male-pattern-baldness

皆さんは「まだ20代だから大丈夫だ」そんな風に考えてはいませんか?このように考えている方はちょっと危険!30代から薄毛になり始める人が多い中、もしかしたら周りの人よりも早めに薄毛になってしまうかもしれません。そして30代からの薄毛にとても重要になってくるのが20代からの薄毛対策なのです。今回は、「まだ大丈夫だ」と考えている20代の方に向けて20代からの薄毛対策に大切さを解説していきます。皆さんもこちらを参考に、今からならまだ間に合うので、正しい薄毛対策をしてみませんか?

【20代から薄毛の進行が始まる人もいる!】

main-qimg-01af91a56b4f0a91c9cd76e34e50fd21-c

出典:https://www.quora.com/How-do-I-stop-baldness-at-age-20

男性が薄毛になる原因の一つに男性型脱毛症(AGA)という脱毛症があります。男性型脱毛症は、男性ホルモンに含まれる「テストステロン」の酵素により変化してできた、「ジヒドロテストステロン」という物質の働きによって引き起るものです。ここで、抑えていただきたいポイントは、ジヒドロテストステロンは思春期以降にすでに働き始めているという点です。そう、自分はまだ大丈夫だ。と高を括っている方は、すでに男性型脱毛症へのデスロードを直走っているのです。では、なぜジヒドロテストステロンの分泌が多くなってしまうのか。それにはハゲ遺伝子が大きく関わっているのです。ドイツ・ボン大学の研究チームによると、ハゲに直結する遺伝子である「ハゲ遺伝子」というものが存在していて、男性の場合はXとYの2つの染色体を持っていて、X染色体は母親からの遺伝子ですが、そのX染色体の中にハゲ遺伝子が含まれているのです。つまり、母方の祖父がハゲている場合、あなたもハゲる可能性が高いのです。いわゆる、遺伝と呼ばれるものですね。遺伝性で脱毛が出てしまった場合は、運命に逆らうことはとても難しく、セルフケアだけでは到底脱毛の症状を抑えることはできませんが、それ以外にもハゲる原因となりえる遺伝子があるということなので、それだけが直接的な原因ではない可能性もあります。

【男性型脱毛症(AGA)以外の脱毛症の原因】

male

出典:http://www.hairskinindia.com/hair-care/alopecia-male-female-pattern-dull/

もちろん、男性型脱毛症意外にも脱毛症はたくさんの種類があり、髪の毛というのは本当にさまざまな理由で、いとも簡単になくなってしまうものなのです。次は、男性脱毛症以外の脱毛症を解説していきます。

『円形脱毛症』
脱毛症の症状で最も多いのが、円形脱毛症です。特に働き盛りの20代後半から40代後半の男性に起こりやすいと言われています。その主な原因とされているのがストレス。円形脱毛症の症状が起こるのは、強い精神的ストレスを感じた時だと言われています。しかし、実際のところその根本的な原因はまだ解明されていません。さらに、円形脱毛症の症状が現れるのは、年齢を問わずストレスの影響を受けない赤ちゃんのどからも症状が確認されているため、一概にストレスのみで円形脱毛症を引き起こしてしまうといは言いにくいそうです。

『脂漏性脱毛症』
脂漏性脱毛症は、脱毛症の症状の中でも珍しい症状です。症状は毛穴の周辺で炎症が起こり、炎症の起きた個所の髪の毛が抜け落ちていくというもので、その原因は毛穴周辺に潜む常在菌の増殖です。常在菌は皮脂を栄養に増殖しますが、ホルモンバランスが乱れることで頭皮が皮脂を過剰に分泌してしまい、それを栄養に増殖が進みます。すると、常在菌は毛穴の深部まで進行し、炎症を起こします。炎症が酷くなることで、毛根の働きが弱くなり、髪の毛を頭皮にとどめておくことができなくなり抜け落ちてしまいます。

『ひこう性脱毛症』
ひこう性脱毛症は、脂漏性脱毛症とは真逆で乾燥が原因となる脱毛症です。こちらもホルモンバランスの乱れが原因となり進行していく脱毛症で、頭皮が乾燥することで大量に出たでフケが毛穴を塞いでしまい、育毛の障害になるだけではなく、毛細胞が皮膚呼吸をできなくなることで、脱毛の症状が現れることがあります。ひこう性脱毛症は、一度症状が出ると、セルフケアなどで改善しようとしても、かえって乾燥を悪化させてしまうことが多いことから、非常に治りづらい脱毛症だと言われています。

『老人性脱毛症』
老人性脱毛症は60代以降の方に引き起りやすい脱毛症の症状で、細胞分裂が深く関係してきます。通常私たち人間は若ければ若いほど細胞分裂が盛んに行われ、新しい細胞へと生まれ変わることができますが、彼と共にその能力は徐々に衰えてきます。髪の毛も同じで細胞分裂が盛んに行われれば行われるほど、太く健康的な髪の毛が次々に生えてくるのです。しかし60歳を過ぎると、細胞分裂が遅くなり、毛細胞を作ることも難しくなってきます。その結果、髪の毛全体が徐々に薄くなってくるような老人性脱毛症の症状が現れるのです。

【若ハゲになりやすい人の特徴】

 

では、次にハゲになりやすい人の特徴を解説していきます。皆さんは当てはまっていませんか?このような特徴がある方は脱毛の症状が現れやすいので、改善できるようにしましょう。

『睡眠不足』
20代後半から40代後半の働き盛りの方にハゲが進行しやすい理由の一つが睡眠不足です。こちらの年代の人は、仕事がとても忙しく帰りも遅く、必然的に睡眠に入る時間帯も遅くなります。すると、睡眠不足によりホルモンバランスが乱れ皮脂の分泌が多くなり、頭皮環境も良いものではなくなってしまいます。さらに、今までホルモンバランが頭皮環境のバランスを保っていましたが、それができなくなることで、頭皮の常在菌が増え、皮膚のトラブルへと進みます。

『乱れた食生活』
特に現代人は、食生活が乱れていることが多く、食生活の乱れも抜け毛が増えてしまう原因にもなります。特にお肉が大好きな男性は要注意!脂質が多いものを摂りすぎると、やはり頭皮も皮脂が多く出てしまいます。皮脂が多く出てしまうとその分毛穴もとてもつまりやすい状態になってしまうため、極力野菜中心の食生活に変えましょう。また、コンビニ弁当などを毎日食べているような人も、同じでコンビニのお弁当にはたくさんの油が使われています。そのため、なるべく控えたいところですね。

『過度のストレス』
さて、円形脱毛症の症状が出てしまいやすいストレスを抱えやすい人も要注意です!しかし、職場の人間関係、親との確執、夫婦関係、さまざまなことが原因でストレスというものは生まれます、中でもストレスを感じやすいという人にはある特徴があり、責任感が強く、問題を一人で抱え込みやすい人に多く、そのような人は円形脱毛症にもなりやすいのです。

『タバコの吸いすぎ』
タバコは体に悪影響を及ぼすとされていますが、もちろんそれは髪の毛にも言えることです。タバコを吸いすぎるとまず、血行が悪くなります。血行が悪くなると髪に正常に栄養が行き届かなくなり、髪の毛が徐々に細くなってしまいます。さらに、ニコチンが体内のビタミンを破壊することで毛髪に必要な栄養を運搬する力が弱くなり、薄毛に繋がります。

『紫外線』
太陽光を長時間浴びてしまうことで、薄毛になる原因にもなります。こちらはあまり一般的ではありませんが、いわゆる紫外線による脱毛というもので、紫外線が頭皮にあるコラーゲンを破壊することで引き起ります。コラーゲンは、私たちの髪の毛が健康的に生えてくるようなサポートをしてくれる成分で、毛包幹細胞という細胞を保護する役割を担っていますが、コラーゲンが減少することで、毛包幹細胞自体がなくなってしまい、放置しておくと毛穴も消えてしまいます。しかし、通常のコラーゲンを摂取しただけだと効果が全くなく、頭皮のコラーゲンを生成するためには育毛剤や発毛剤が必須なのだそうです。

【20代に適した育毛対策!】

hair-loss-problem

出典:http://fromdoctor.com/boost-your-immune-system-to-fight-hair-loss.html

20代前半の人はすでに社会人として働いている人もいて、後半になると、お金にも時間にも余裕が出て来て、髪の毛にもお金と時間がかけられるくらいの年になるはずです。そこで、20代に合った育毛対策をご提案します。ぜひ、こちらを参考に健やかな髪の毛を育ててみてください。

『育毛外来』
まず最も確実な方法が育毛外来に通うことです。育毛外来では、薄毛に効果的なお薬を使い育毛をしていきます。お薬は、内服薬や外用薬などで治療をしますが、その他にも生活習慣の指導なども行ってくれるため、総合的な薄毛治療が可能で、すでに薄毛の症状が出てき始めている人にはとても効果的です。さらに生活習慣を改善することができるため、健康にも良いです。治療費は薄毛の進行度によって変わりますが、初期の段階だと1か月に15,000~20,000円程度で、地肌が透けて見えてしまっている中期などでは1か月に70,000~100,000円と高額になることもあります。そのため、早めの治療を心掛けてください。

『育毛サロン』
育毛サロンでは、マイクロスコープなどを利用して頭皮の状態を調べ、マッサージや育毛剤の塗布などで血流を改善する方法がとられることが多いようです。しかし、この方法でホルモンが原因である男性型脱毛症の症状に直接的な育毛効果を発揮することはできないため、血流が悪くなって脱毛症の症状が進んでいる方にのみ有能な手段となります。しかし、マッサージなどを行うと、血流が良くなるだけでなく、頭皮環境なども整えることができるため、予防としては、とても良い方法です。

『育毛剤』
育毛剤でも予防をすることができます。特に「ミノキシジル」という成分が配合されている育毛剤はその効果の有効性が認められているため、比較的効率的に育毛ができます。さらにセルフマッサージなどで、毛穴の汚れを落としながら育毛剤を付けることによってさらに育毛効果を期待できるでしょう。

『運動』
運動は直接的な育毛効果などはないものの、運動をすることでストレスを解消することができ、さらに全身の血流も良くなるため、髪の毛に栄養が届きやすくなります。しかし、喫煙などにより結局血流を悪くしてしまう可能性もあるため、運動をする場合は一緒に禁煙することをおすすめします。

【いつまでも若くいられるように健康的な髪を生やしましょう!】

find-your-fight

出典:https://www.t-nation.com/powerful-words/find-your-fight

髪の毛というものは人の印象にとても大きな影響を与えるもので、やはりハゲているよりは、フサフサな髪の毛を持っている方が、良い印象を与えることができます。さらに日本人の場合は、顔が薄いという理由や、頭の形が良くないという理由から、あまりハゲが似合うという方も少ないので、確実にハゲるのは阻止したいところです。あなたもこちらを参考に、薄毛を予防して、フサフサな髪の毛を手にしてみてください。

 

亜鉛とノコギリヤシはホントに薄毛に効くの?

本格的に薄毛対策を考えるなら、髪の生える土台となる頭皮に気を使うべきでしょう。毛根部に十分な栄養を与えなければ、健康な髪も生えて来ません。髪の毛の99%は、ケラチンというたんぱく質で構成されています。健康な髪は、ケラチンを作っているアミノ酸の統合がしっかりしているためです。そして必須栄養素ミネラルの一種「亜鉛」も髪を構成する一つです。今この亜鉛と「ノコギリヤシ」の配合によるサプリメントが注目されています。そこで両栄養素を徹底的に解剖、本当に薄毛に効くのか検証してみました。

薬剤による男性型脱毛症の治療事情

日本の抜け毛対策を一変させた、2005年に新しく登場した、男性型脱毛症治療薬フィナステリド(商品名;プロペシア)、というのは周知のとおりです。
これまで薄毛になったら、市販の育毛剤、発毛剤に頼っていました。
それが「お医者さんで治せます」という、CMがテレビで流れ、病院皮膚科に薄毛に悩む人が殺到したのも記憶に新しい所です。
その時テレビ漫才師「爆笑問題」が、テレビCMでインパクトを与えた商品が、万有製薬のプロペシア、つまりフィナステリドです。
以来このプロペシアが、薄毛治療の主流となりましたが、今このプロペシアに匹敵する効能を持つ素材が洗われ注目されています。それがノコギリヤシです。

インディアンはハゲない!

「インディアンには、ハゲがいない」という定説があります。
確かにハゲタ、インディアンは、昔のハリウッド映画、西部劇を見ても出て来ません。
というより実際にいなかったそうです。
モヒカン族で有名なモヒカン刈り、というのが現在もありますが、あれは、天然のハゲではありません。
剃っているのです。
あの髪型は、部族の照明みたいなものでありますから、これがハゲでは様になりません。世界でハゲの少ない民族は、中国人とインディアンとも言われています。
実際のところ、おそらくハゲの国家的な統計などはありませんでしょうから、厳密な意味では、その真偽のほどははっきりしません。

ノコギリヤシとは

「インディアンにハゲはいない」と言う根拠の一つがノコギリヤシです。
ノコギリヤシは、植物のヤシ科から抽出される天然成分です。
アメリカの先住民インディアンが、常用していたと伝えられています、
薬草の一種です。
中央アメリカ、メキシコ、南米などに繁殖しており、先住民たちは、こぞって滋養強壮剤の薬草として利用していたのです。
元々、中央アメリカ、アリゾナ、メキシコでは、植物の油を昔から、石鹸として使っていた植物から抽出した、エキスなどを原料とするもので、シャンプー用として使われていたと言う説もあります。

ノコギリヤシの3つの効能

ノコギリヤシの効能として大きく分けますと、頻尿改善,精力改善、薄毛改善とされています。
ここでは、ノコギリヤシの効能の一つ、薄毛効能について考察して行きます。
ノコギリヤシは、ヤシ科の植物で、天然成分です。
したがって、適正な摂取量を守っていれば、体に負荷はありません。
実際使用して重篤になった、と言う副作用の報告はありません。
ヨーロッパでは医薬品として認可され、使用していますが、日本やアメリカでは、健康サプリメントとして使用されているのが現状です。
現在ノコギリヤシについては、厚生労働省では、食品として販売することは承認されています。

サプリメントとしてノコギリヤシ

日本でのノコギリヤシの1日摂取量の目安は、320㎎を一つの基準としています。
アメリカでは大きく違って500㎎を基準としています。
髪の治療として摂取するのであれば、このノコギリヤシにプラスして育毛成分を配合した育毛サプリメントが市販され、好評で、薄毛に悩む人に注目されていました。
しかし最も理想的と言われていますのが、ノコギリヤシ+亜鉛のサプリメントでしょう。この亜鉛の効能と、天然成分ノコギリヤシを配合したサプリメントは、すでに市販され、人気を呼んでいるサプリメントです。

数ある育毛サプリメントの中でも今注目株は「ボストン」

現在育毛サプリメントの市場での展開は、多岐に渡ってあります。
薄毛に悩む人は、どれを選んだらいいのか、迷ってしまうのが実情と言えましょう。
どの育毛サプリメントを手にとっても、今すぐ毛が生えて来るような効能がずらりと並んでいます。
そうした中で、今注目を浴びているのが、ノコギリヤシに加え、亜鉛を配合した育毛サプリメント「ボストン」でしょう。
さらに、トウフラボンが含まれていますフィーバーフェーもプラスされています。
このフィーバーフェーは、パルテノライドという成分が、増毛に効果を発揮するので、育毛には最適と言われています。

男性脱毛症(AGA)の新薬プロペシアとノコギリヤシの比較

プロペシアは、元々前立腺肥大の薬として利用されていました。
その効果に対する期待もありました。
50代以上になれば、その症状が強いか、弱いか別にして、大半の男性は前立腺が肥大してきますから、その改善も狙ったわけです。
しかしプロペシアは、即効性に乏しいと言うことで、日本では薬としての認可は下りていません。
ノコギリヤシも、始めは薄毛対策の薬としてではなく、前立腺肥大の治療薬として登場したのです。
このあたりは、プロペシアとノコギリヤシは全く同じ、働きでした。

プロペシア、ノコギリヤシの副作用についての比較

プロペシアは、薄毛、脱毛に悩む人にとっては、待ちに待った育毛剤として、多くの人が期待し、治療を受けてきたのは確かです。
しかし副作用については、余り知られてはいませんでした。
男性にとって致命的と言えます「勃起不全」や「性欲低下」です。
この現象については、治療の中で、少数例が報告されていて、まれに起こると言うことです。
しかしノコギリヤシにおいては、天然成分で構成されており、こうした副作用の報告例は全くありません。
むしろ滋養強壮剤として、昔から使われた例もあり、効能の一つに精力効果があるくらいです。
プロペシアとノコギリヤシの徹底的違いはここに有ります。

薄毛に効く必須ミネラル16種の一つ亜鉛を徹底解剖

ミネラルは人体の機能調節や維持に、欠かせない微量栄養素です。
ビタミンが、元素から作られる有機化合物であるのに対して、ミネラルは、元素そのものと言えましょう。
ミネラルは体内で、生成することができないので、日々の食生活で、摂取する必要があります。
その働きは、ミネラルバランスが、生理機能を正常化することにあります。
人体に欠かせないミネラルのうち、16種があり、その一つが薄毛に効能を発揮する亜鉛です。
亜鉛は、味覚を清浄に保ち、生殖機能を高める共に、髪の強力な栄養素として知られています。
亜鉛摂取は、育毛対策にとって欠かせない要因でもあります。

亜鉛が不足すると薄毛の進行を促進する

亜鉛は、細胞の新生を活発化させ、骨や皮膚、髪の発育を促し、免疫力を高める作用があります。
生殖機能とも関連が深く、女性ホルモンの分泌を活性化させ、精子の形成に、必要とされています。
舌には、味雪という味を感じる細胞がありますが、亜鉛は、味雪の形成にも深く関与しています。
また亜鉛は、髪の毛の99%占めていますタンパク質を、髪の毛へと構成するための必要な栄養素でもあります。
したがってどんなに良質なたんぱく質を摂取しても、亜鉛が不足していれば、髪の毛の成長にはつながりません。

亜鉛は、薄毛、抜け毛の原因になるDHTの抑制に効能

体の中には大きく分けて、2種類の男性ホルモンが存在します。
テストステロンとジヒドロテストステロン(DHT)です。
この内、DHTは、思春期以降に、悪い作用しか起こさない悪玉男性ホルモンなのです。この悪玉男子ホルモンDHTが生み出す、5αリダクターを抑えますのが亜鉛なのです。
髪の毛にとって健康維持、促進するためには必須の栄養素と言えましょう。
現在、数ある栄養素の中でも、人間が一番不足している栄養素と言えば、亜鉛を挙げる人が多でしょう。
それだけ人間にとって重要な栄養素なのです。

髪の構成に重要な役割を果たしているケラチン

タンパク質が、髪を構成しているのが「ケラチンタンパク質」です。
このケラチンは、髪の毛の99%を占め、亜鉛が摂取したケラチンタンパク質を再構成する働きがあります。
人間の体で、亜鉛が不足すると、髪の毛が育たないのはこのためです。
細胞が分裂を繰り返し、成長し、角化した細胞の集合体では、この髪の毛を育てるために、正常な新陳代謝を促すに必要になります。
この新陳代謝をするために欠かせないのが栄養素亜鉛です。
亜鉛の作用としましては、タンパク質合成、DNA,細胞の新生、免疫機能が考えられます。
性質は、炭酸脱水酵素、乳酸脱水酵素の成分です。

亜鉛摂取の際の注意点

特に、こんな人には亜鉛摂取がお勧めです。
味覚障害がある人、性能力が低下している人、抜け毛が気になる人です。
日常の食生活において、亜鉛の不足は一般的に慢性化している傾向にあります。
食事において偏食や、加工品の傾向が強すぎると、亜鉛の不足を加速することになります。成人の体内には、2~49の亜鉛が含まれており、鉄に次いで、全身に分布している金属元素です。
成人では、貧血や、味覚障害、皮膚炎を起こします。
男性の場合は、精子数の減少などの、性機能低下を起こす可能性もあります。
また成長期の子どもでは、成長不良も考えられます。

亜鉛を多く含む食品の数々

通常の食生活をしている分には、亜鉛の過剰摂取は起こることはあまり考えられませんが、一度に大量摂取した場合には、急性中毒を引き起こす場合もありますので、注意が肝心です。
亜鉛の1日摂取量は、成人男子で9㎎、成人女子で7㎎、小児8~7㎎、高齢者で8~7㎎、上限としては、30㎎が一つの目安となります。
亜鉛を多く含む食費としては、
♦魚介類
カキ、タラバ・缶,どじょう
♦肉類
和牛・肩、豚レバー
♦豆類
レンズ豆、そら豆・乾、大豆・乾などです。