女性に多いびまん性脱毛症は男性もなるって知ってた?その原因と対策

女性に多いびまん性脱毛症

びまん性脱毛症の内容

抜け毛というと男性だけの問題と思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、近年では女性の抜け毛を引き起こす脱毛症についても知られるようになりました。それがびまん性脱毛症というものになります。

「びまん」とは、「広がること、はびこること」を指します。びまん性脱毛症とは薄毛の症状が広がっていることを指します。男性はM字禿げや頭頂部が丸く禿げる、部分的な薄毛の形が多いですが、女性は全体的な広い範囲に薄毛の症状が出ることが多いです。

スポンサードリンク

びまん性脱毛症では、分け目が広がり、トップのボリュームが減少、地肌が透けるような症状が表れます。調査では、20代以上の女性の約40%が生涯に一度は、びまん性脱毛症を発症するとも言われています。

びまん性脱毛症の症状

びまん性脱毛症ので現れる症状には3つのものがあります。まず、抜け毛が増えるという症状。これによってびまん性脱毛症の発症に気づく人が多くなっています。排水溝が詰まるほどたくさんの抜け毛に悩まされる人もいます。続いて、髪のコシが無くなるという症状。

女性の場合、髪の毛の質の変化には敏感です。毎朝セットした髪が夕方にはぺったんこになっているといったことが頻繁に起こるようになります。そして、最後が全体的に髪の毛が薄くなるという症状です。髪の毛の分け目の部分ですぐわかるくらい毛量が減っていたり、生え際が薄くなってきたりします。

ただ、男性型脱毛症の症状と違うのは頭頂部・生え際が集中して薄毛になるのではなく、全体的に薄毛が進行するということです。

ホルモンバランスの乱れが引き起こすびまん性脱毛症

妊娠・出産によるホルモンバランスの乱れ

びまん性脱毛症を引き起こす原因には多くのものが存在しています。それぞれの要因が絡み合ってびまん性脱毛症という症状を引き起こしているケースが多く見られます。

ただ、女性のびまん性脱毛症の場合、最も大きな原因となるのがホルモンバランスの乱れになります。特に妊娠・出産という女性の一大イベントの前後で大きくホルモンバランスが崩れて、びまん性脱毛症を発症する場合もあります。

髪の毛は伸びる成長期、成長が停止する退行期、休止期を経て自然に抜け落ちることを繰り返しています。
しかし、さまざまな生活環境、生活習慣によって本来の髪の毛の循環サイクルが正常に機能しなくなることがあります。
妊娠中は赤ちゃんを育てるため、女性ホルモンの分泌が盛んになり、髪の成長期が続くため妊娠していないときより自然な脱毛が減ります。

出産すると、女性ホルモン分泌量が通常量に戻るため、これまで長い間成長期だった毛が一気に休止期を迎えます。
これにより一時期に抜け毛が多くなる方がおりますが、通常は半年~1年で元に戻ります。

引用:https://www.rs-clinic.com/menu/hair.html

加齢によるホルモンバランスの乱れ

これに対して加齢によってホルモンバランスが乱れるという場合もあります。これは更年期の時期を迎えて、女性ホルモンの分泌量が減少してしまったため、女性の中にもわずかに存在する男性ホルモンの働きが相対的に強くなってきたことによって引き起こされます。

ヘアケアのダメージが引き起こすびまん性脱毛症

食生活の乱れ

食生活の乱れがびまん性脱毛症の発症につながる場合もあります。特にダイエットなどをすることにより、栄養不足になっている場合、びまん性脱毛症の症状が発生する場合もあります。鉄分や亜鉛の不足などがびまん性脱毛症の発症につながる場合もあります。

過度なダイエットで頭皮に栄養が行き届かなくなり、成長期の毛が維持できなくなります。そのため休止期の毛が増えて脱毛が引き起こされます。

引用:http://fujisawa-ekimae-agaclinic.com/fujisawa-ekimae-agaclinic_woman/bimanseitoha.html

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れがびまん性脱毛症の発症につながっている場合もあります。注意したいのは喫煙・睡眠不足・夜型生活です。喫煙することにより、体内のビタミンが大量に消費されることになります。このようなビタミンは毛母細胞の老化を防いだり、髪の毛のもとになるケラチンを生成する際に使われるものになります。

このビタミンが体内に不足することにより、髪の毛の生成がうまく進まなくなります。また、人間の髪の毛は眠っている間に生成されています。特に22時~翌4時までの時間は髪の毛を生成する上ではゴールデンタイムとされています。

したがって、睡眠不足は髪の毛を生成する時間の不足につながり、夜型生活はこのゴールデンタイムに髪の毛の生成がされないという結果につながります。

ヘアケアのダメージが引き起こすびまん性脱毛症

過度のヘアケアに注意

過度のヘアケアがびまん性脱毛症を引き起こす場合もあります。

カラーリングやパーマは髪に大きなダメージを与えます。 薬剤の中には髪に強い影響を及ぼすものもあり、頭皮や髪が傷つくと、紫外線や雑菌など外部からの刺激にも弱くなってしまいます。

また、スタイリング剤をしっかり落とそうと洗浄力の強いシャンプーを常用すると、必要な皮脂まで落としてしまい頭皮トラブルを起こしやすく、脱毛の原因となってしまいます。

引用:https://hagelabo.jp/articles/diffusealopecia-treatment

スポンサードリンク

女性に限った脱毛症ではない!増加するびまん性脱毛症

男性にも増えているびまん性脱毛症

さて、びまん性脱毛症については長い間女性に特有の脱毛症であると考えられてきました。しかし、近年男性であってもびまん性脱毛症を発症する人が多くなってきています。特に40代以上の男性については加齢による毛母細胞などの衰えの影響や仕事などで受けるストレスの影響でびまん性脱毛症を発生しやすいという現状があります。また、中高年の男性だけではなく、若い男性がびまん性脱毛症の症状を発症することもあります。

この場合、多くの男性に共通しているのがダイエットで食事制限をしているということです。近年は女性だけでなく、男性もダイエットをすることが一般的になっており、ダイエットで食事を減らした結果として髪の毛を作る細胞に十分に栄養が供給されなくなって、びまん性脱毛症の症状を発症するケースもあります。

生活習慣を改善する

びまん性脱毛症の症状を改善するために取り組むことができるのは生活習慣の改善になります。男性型脱毛症とは違って、比較的症状が軽いびまん性脱毛症においては、この生活習慣の改善を行うだけで薄毛症状の解消につながる場合があります。特に力を入れて取り組みたいのは食生活の改善です。

食生活の中にたんぱく質・ビタミン・ミネラルといった髪の毛の生成に必要となる栄養素を取り入れたり、女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンを含んだ大豆製品を積極的に摂取するのが良いでしょう。

加齢が引き起こすびまん性脱毛症

加齢がびまん性脱毛症の原因になる場合もあります。加齢によって髪の毛を作る毛母細胞の働きが弱まったことにより、髪の毛を作る力が衰えたことがその原因になります。

老化することで頭皮の弾力性が失われかたくなります。つまり血液の循環が悪くなることで、毛根への栄養が行き届かなくなり、毛が抜け薄毛が進行していきます。

まずは自分で頭皮をマッサージしてみましょう。頭皮があまり動かないと、それは薄毛のサインかもしれません。

引用:http://fujisawa-ekimae-agaclinic.com/fujisawa-ekimae-agaclinic_woman/bimanseitoha.html

ストレスが引き起こすびまん性脱毛症

ストレスによってもびまん性脱毛症が発生する場合があります。強いストレスを感じていると体の自律神経の緊張を引き起こすことになります。

このような自律神経の緊張は血管を収縮させて血行の悪化を招いたり、内臓機能の働きを低下させて髪の毛のもととなるたんぱく質の吸収を阻害することにつながります。結果的にストレスを感じていると、髪の毛の生成がうまくいかなくなり、びまん性脱毛症を引き起こすことになります。

女性用の育毛剤を使用する

おすすめの育毛剤はパントガール

さて、びまん型脱毛症の治療を行う場合、育毛剤を用いて治療を行っていくというのが基本になります。びまん性脱毛症の治療を行うにあたって有名な育毛剤には「パントガール」というものがあります。

このパントガールには男性用の育毛剤によく使われているミノキシジルといったような育毛成分はふくまれていません。含まれている成分としてはビタミン・ケラチン・L-シスチン・パントテン酸カルシウムといった成分になります。男性型脱毛症のようにホルモンを抑える等の対策を取る必要が無いため、あくまでも育毛に必要な栄養分を最適なバランスで供給するというのがポイントになります。

パントガールの大きな特徴は、細くてハリのない毛に、必要な栄養成分を与え、太くコシのある毛質にすることです。毛が太くなることで毛の密集度が高まり、地肌が透けて見えていたのが改善されます。

さらに、毛根に栄養が行き渡ると毛の生育状態がよくなるため、抜け毛の予防にもなります。

引用:http://fujisawa-ekimae-agaclinic.com/fujisawa-ekimae-agaclinic_woman/pantgar.html

育毛を担うのはパントテン酸カルシウム

パントガールに配合されている成分の中でも特徴的な成分がパントテン酸カルシウムになります。このパントテン酸カルシウムがびまん性脱毛症の原因でもあるホルモンバランスを整えるうえで大切な役割を果たします。

毛髪・皮膚・神経組織を正常に保つ作用や、身体の構成に必要な成分の合成・分解や脂肪分の代謝を促し、皮膚や毛髪、神経組織を正常に保持します。また、副腎の機能を助け、副腎皮質ホルモン(抗ストレス作用)の合成を促進します。

引用:http://fujisawa-ekimae-agaclinic.com/fujisawa-ekimae-agaclinic_woman/pantgar.html

男性用の育毛剤は使用禁止

男性用の育毛剤は使用禁止

びまん性脱毛症で注意したいのは男性用の育毛剤を使用しないということです。男性が脱毛症を発症した場合、90パーセント以上は男性型脱毛症の症状が原因になると考えられています。

したがって、男性型脱毛症の症状であると考えて、男性用の育毛剤を使って治療を開始してしまいがちですが、びまん性脱毛症の場合、男性用の育毛剤ほど強力な育毛成分を使う必要はありません。特にミノキシジルなどの育毛成分は副作用があるということも分かっており、びまん性脱毛症の症状で使用することには基本的にメリットはありません。

また、男性用の育毛剤には男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンを抑制する効果がある成分が多く含まれています。しかし、このような成分についてもびまん性脱毛症の対策においては不要なものとなります。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。