タバコを我慢すれば抜け毛は減るのか?

育毛に成功したいなら禁煙は絶対条件

間違いなくタバコは育毛には有害

育毛の世界には意見が割れている事柄もたくさんあります。例えば、どの育毛成分が有効か、どの治療法が最も育毛効果があるか、その育毛剤には副作用があるかといった事柄です。ただ、育毛を考えたときに専門家であればみんなの意見が一致するであろう事実があります。それが「タバコは育毛には有害」ということです。

育毛をするために理想的な状態と全く逆に進むタバコ

育毛を促進するためにはかくあるべしという理想の状態があります。このような体の状態に近づけることにより、育毛剤などを使った場合の育毛の成功確率は上昇します。ただ、タバコを吸うことはことごとくその理想的な状態から遠ざかる効果しかもたらしません。以下の文章でタバコを吸うことのデメリットについて詳しくみていきたいと思います。

ニコチンで血管が収縮

タバコのニコチンの効果で血管が収縮

では、タバコがもたらす育毛に有害な効果を一つ一つ見ていきたいと思います。まず、最初に見ていきたいのがニコチンによる弊害です。ニコチンには血管を収縮させる効果があります。

心臓やその他の循環器系の病気に関して言えば、タバコの中で最も大きな問題として際立った化学物質はニコチンと一酸化炭素である。ニコチンは依存性と並んで体中の動脈に強い影響を及ぼす。ニコチンは興奮剤であり、一本のタバコについておよそ20回脈拍を早め、血圧を上げ、血管収縮作用がある。

このことが意味するのは、ニコチンは体中の動脈を細くして、心臓がその狭い部分を通って血液を送ることを難しくし、体内の脂肪やコレステロールを血液中に放出する原因になるということである。

引用:http://whyquit.com/japanese/Joel_02_18_circulatory_damage.html

育毛の基本は血管を拡げること

これに対して、育毛の基本は血管を拡張して、血流を良くすることです。実際、育毛効果が認められているミノキシジルは血管を拡張して頭皮の血流を良くすることにより、発毛効果を発揮します。

ミノキシジル以外でも育毛に効果があるという成分の中には血流改善効果をうたっているものが多く存在します。しかし、ニコチンの効果はこのような血行を良くするのとは逆の方向に作用してしまいます。

ミノキシジルは、血管拡張剤として処方されていた成分ですので、高血圧の症状を緩和する効果、つまり血圧を下げる効果があります。ミノキシジルは他の薄毛治療薬や育毛剤とは異なり、血流を改善することで血流に含まれる髪に必要な成分が頭皮全体に伝わりやすくなり、髪の毛が成長しやすい状態に整えてくれることが最大の特徴になります。

さらに、他のAGA(男性型脱毛症)治療薬と併用して発毛効果を高めることが期待できる点も薄毛でお悩みの方には嬉しいポイントになります。

引用:http://www.united-yokohama.com/column/10199/

タバコで男性ホルモンが増加

AGAの薄毛症状の原因は男性ホルモン

また、タバコには男性ホルモンを増加させる効果もあります。これについては大学の研究でもしっかりとした結果が出ています。

ハーバード大学の公衆衛生学部の調査により、タバコを吸うことによって男性ホルモンが10%から30%増加するという結果があります。

また、米国人約1200人を対象に、タバコを吸う人と吸わない人に分け、男性ホルモンの量を調べた結果、タバコを吸う人は吸わない人よりもテストステロンは9%、ジヒドロテストステロンは13%も高い結果がでました。

引用:http://www.united-yokohama.com/column/10199/

AGA治療の基本は男性ホルモンの抑制

AGAという男性の薄毛症状の原因は男性ホルモンが活性化することにあります。したがって、AGA治療ではこの男性ホルモンの活動をどのように抑え込むかに腐心することになります。

実際、AGA治療の特効薬といっても良いプロペシアという育毛剤は、男性ホルモンを抑えるフィナステリドと呼ばれる成分を配合しています。それに対して、タバコを吸うことは男性ホルモンを増加させてむしろ男性ホルモンの活発化に寄与しています。この点でも、タバコを吸うことは育毛に関しては百害あって一利無しです。

タバコでビタミンが減少

タバコでビタミンCが消費

また、美容の世界でも、タバコを吸うことは悪影響があると言われています。それは美肌のビタミンといわれているビタミンCが過剰に消費されてしまうことが理由です。ただ、このビタミンCが消費されるという現象は美容だけでなく、育毛を考えたときにも大きなマイナスとなってのしかかってきます。

タバコを吸うことで、ニコチンなどの多量の有害物質が体内に送り込まれ、それを攻撃するために多量の活性酸素が発生します。その活性酸素と戦うために消費されるのがビタミンC等なのです。

また、体内に入ってきた有害物質を代謝して無害化するための酵素が分泌されるのですが、有害物質とビタミンC等のビタミン類の識別が難しいため、結果的に多量のビタミンが失われることになるのです。

引用:https://www.nipro.co.jp/sukoyakanet/12/04.html

ビタミン不足で発生する弊害

まず、ビタミンCが持っている効果で有名なものが抗酸化作用になります。この抗酸化作用というのは体を老化から守ってくれるという効果になります。この抗酸化作用については主として美容の世界で語られることが多いですが、抗酸化作用で守られる細胞は肌の細胞だけではありません。髪の毛を作る毛母細胞も抗酸化作用によって老化することを防いでおり、ビタミンCが減少して、抗酸化作用が働かなくなると急激に老化して働きが悪くなります

また、タバコによって失われるビタミンはビタミンCだけではありません。タバコの煙にはシアン化水素というものが含まれており、このシアン化水素の影響でビタミンBも体内から失われることになります。このビタミンBは髪の毛の材料であるケラチンを作る際に大切な役割を果たしています。このビタミンBが減少することにより、ケラチンが生成されず、髪の毛の生成がうまく進まなくなります

タバコで皮脂分泌の過剰分泌発生

タバコで皮脂が過剰分泌

タバコを吸うことは血流を妨げる弊害やコルチゾールという物質の生成を促す弊害があります。これらの現象は皮脂を過剰分泌させることにつながります。皮脂については髪の毛や頭皮を保護する役割もあるため、一概に悪者というわけではありません。ただ、過剰に分泌された場合は間違いなく育毛にはマイナスの影響を与えることになります。

タバコには血流を妨げたり、肌に必要な成分を壊してしまう作用があります。また、交感神経に過度な刺激を与えるほか、コルチゾールを促す作用もあります。これらはいずれも皮脂分泌が盛んになる原因となります。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/004344/

皮脂で頭皮環境が悪化すると育毛剤の効果が半減

皮脂が過剰に分泌されると、皮脂で頭皮が分厚くコーティングされている状態になります。皮脂で頭皮が分厚くコーティングされると、その皮脂に細菌が増殖して頭皮の炎症を引き起こす可能性が高くなります。炎症を起こすことによって、成長期の髪の毛の成長が止まったり、育毛剤の浸透効果が弱まったりする弊害が生じます。

タバコで肝臓の働きが悪化

肝臓が解毒でフル活動

タバコは基本的に体内では有害なものであるとみなされます。そのため、タバコの毒を解毒するために肝臓がフル活動することになります。ただ、これも薄毛の原因につながります。肝臓はタバコ1本分のニコチンを分解するのに2時間もの間フル稼働することになります。

つまり、1日10本タバコを吸うなら単純に計算して20時間も肝臓がフル稼働していることになります。

肝臓で血液のろ過がうまくいかず血流が悪化

さて、タバコのニコチンの解毒のために肝臓がフル稼働するようになると、肝臓本来の働きが出来ないようになります。肝臓本来の働きというのは栄養素を作ることです。この栄養素が作られないため、血液の中に栄養素が少なくなり、髪の毛を作る細胞の栄養不足につながります。

ほとんどの食べ物はそのまま体内で吸収はできませんので、肝臓では身体が吸収できるよう栄養素として変化させていく代謝機能もあります。

例えばブドウ糖をグリコーゲンに変え貯えて、必要時にエネルギーの元として体内へ送り出します。またアミノ酸からは、血液に必要なアルブミン・フィブリノゲンという物質を作って血液の中に送り出していきます。

引用:https://welq.jp/36231

タバコをやめたら抜け毛が増えたという謎

ところで、タバコと育毛の関係を調べていると奇妙な現象に行き当たります。それは禁煙したことによって抜け毛が増えたというものです。これまでさんざん述べてきたように基本的にタバコを吸うことは育毛を考えた上では全くいいことがありません。

したがって、タバコを止めたら、本来であれば抜け毛が少なくなるはずです。これは一体どういうことなのでしょうか?

タバコをやめたことによって抜け毛が増えた理由はストレス

この禁煙したことによって抜け毛が増えたという現象については、ストレスが原因でないかと考えられています。ストレスが抜け毛症状の原因になるということは広く知られている事実になります。そのため、運動などでストレス解消することはひいては育毛対策にもつながります。

つまり、禁煙によって、タバコを吸えないストレスを強烈に感じてしまい、それが結果的に薄毛症状を引き起こしているということです。これについては何かしらストレスを解消する方法を自分で考える必要があります。いずれにしてもタバコを吸うことは育毛を考えると何のメリットもありません。本気で髪の毛をはやしたいなら、即刻禁煙することをおすすめします。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。