髪の毛が生えて抜けるヘアサイクルとは?

髪の毛の構造

髪の毛の3層構造

髪の毛が生えるヘアサイクルについて理解する前に髪の毛の構成を理解しておきましょう。髪の毛についてはキューティクル・コルテックス・メデュラと呼ばれる3つの部分からなっています。キューティクルは髪の表面を保護しているうろこのような部分になります。このキューティクルがあるおかげで髪の毛の内部のたんぱく質や水分が外部に流出しない仕組みになっています。また、コルテックスというのが髪の毛の大本になります。

大体髪の毛の90パーセントの部分をこのコルテックスというものが占めています。このコルテックスの質によって、直毛・くせ毛といったような特徴が出てきます。最後がメデュラになります。このメデュラという部分はたんぱく質と脂質でできています。髪の毛の最も中心にあるのがメデュラになりますが、細い髪の毛には無い場合もあります。また、その役割も解明されていないというものになります。

スポンサードリンク

髪の毛の下にある毛根部分の構成

髪の毛の下の部分は毛根と言われています。毛根の部分にヘアサイクルをつかさどる組織が集中しています。この毛根については毛包、毛母細胞、毛乳頭細胞の3つの部分から成り立っています。毛包という部分に毛母細胞や毛乳頭細胞が包み込まれる形になっています。

毛母細胞については細胞分裂を繰り返すことによって、髪の毛を生成するという役割を担っています。この毛母細胞が細胞分裂を繰り返すためには栄養分を供給することが欠かせません。この栄養分を毛母細胞に供給する役割を担っているのが毛乳頭細胞になります。毛細血管から受け取った栄養分を毛母細胞に供給する中継役としての役割を担っているのが毛乳頭細胞になります。

髪の毛が生えるヘアサイクルについて理解する前に髪の毛の構成を理解しておきましょう。髪の毛についてはキューティクル・コルテックス・メデュラと呼ばれる3つの部分からなっています。キューティクルは髪の表面を保護しているうろこのような部分になります。

このキューティクルがあるおかげで髪の毛の内部のたんぱく質や水分が外部に流出しない仕組みになっています。また、コルテックスというのが髪の毛の大本になります。大体髪の毛の90パーセントの部分をこのコルテックスというものが占めています。このコルテックスの質によって、直毛・くせ毛といったような特徴が出てきます。

最後がメデュラになります。このメデュラという部分はたんぱく質と脂質でできています。髪の毛の最も中心にあるのがメデュラになりますが、細い髪の毛には無い場合もあります。また、その役割も解明されていないというものになります。

引用:http://www.taisho.co.jp/riup/usuge_nukege/

髪の毛が成長するサイクル

髪の毛が成長するサイクルは3つの期間から構成

では、本題の髪の毛が成長するサイクルについてです。髪の毛の成長というのは3つのサイクルから成り立っていることが分かっています。

それが休止期・成長期・退行期になります。髪の毛はそれぞれ別のサイクルで動いており、すべての髪の毛が一斉に成長期になる・一斉に休止期になるといったようなことはありません。

  • ヘアサイクル(毛周期)のしくみ

髪の毛の本数は生まれた時点で決まっており、およそ10万本あります。髪には一定の寿命があり、成長したあと自然に抜け、再び同じ毛穴から新しい毛髪が生えます。この繰り返しをヘアサイクル(毛周期)といいます。

ヘアサイクルは、成長期(初期・後期)、退行期、休止期に分かれ、それぞれの時期の毛髪・毛包は、下表のような状態を示します。通常、成長期の毛髪は全体の80~90%、休止期の毛髪は10~20%を占めるといわれています。

引用:http://www.taisho.co.jp/riup/usuge_nukege/

髪の毛の成長が完全に止まる休止期

髪の毛が抜ける前段階の休止期

休止期というのは髪の毛の毛球の部分が完全に退化してしまい、毛母細胞の細胞分裂もストップした状態になります。髪の毛が抜けるのを待っている期間と言えます。

  • ヘアサイクルの休止期

休止期は、退行期で活動が低下していた毛母細胞が完全に細胞分裂を止めてしまい、毛髪の成長がストップする段階です。そして成長が止まった髪の毛は次の新しい髪の毛を育て始めようとするため、徐々に上に移動し始めます。成長を止めた髪の毛が上に移動することで抜けやすい状態になります。

日常生活で髪を少し撫でるだけで抜けてしまう場合、休止期にある可能性が高いです。休止期は2~4ヶ月間続き、全体の10~15%を占めています。

引用:http://bubka.jp/blog/fallen-hair_cause/40.html

髪の毛が成長する成長期

髪の毛が成長する成長期

髪の毛がどんどん伸びる期間のことを成長期といいます。この成長期の期間に髪の毛は1日約0.35mm、1か月で約1cm程度伸びると言われています。毛母細胞の細胞分裂が活発に行われている期間になります。この成長期の期間にある髪の毛が髪の毛の中では最も多くなっています。

スポンサードリンク

  • ヘアサイクルの成長期

成長期は髪の元となる毛母細胞が細胞分裂を活発に繰り返している段階のことであり、髪の毛が伸び続けている状態を指します。成長期では1ヶ月に約1cmのペースで伸び続けると言われています。また、ヘアサイクルで一番長い期間である成長期はおよそ2~5年と言われており、今生えている毛髪の大半である80%~90%が成長期にあります。

引用:http://bubka.jp/blog/fallen-hair_cause/40.html

髪の毛の成長が止まる退行期

髪の毛の成長が止まる退行期

退行期というのは成長期で激しく細胞分裂をしていた毛母細胞の活動が弱まりだし、毛球が小さくなっていく期間になります。

  • ヘアサイクルの退行期

退行期は、成長期で細胞分裂を活発に繰り返していた毛母細胞の力が弱まり、髪の毛が成長しなくなる段階です。成長しきった毛髪が退行期に入ると、メラニンの合成が色素細胞によって止まるため、毛根内部の細胞が細くなっていき、髪を成長させていた毛母細胞の働きも急速に弱くなります。

退行期では2~3週間ほどで髪が成長を完全に停止します。髪全体の約1%が退行期にあります。

引用:http://bubka.jp/blog/fallen-hair_cause/40.html

AGA患者のサイクル

AGAの症状が発生すると成長期が短くなる

さて、上記の文章では髪の毛のヘアサイクルについて説明してきました。この3つのヘアサイクルが正常に働いている人であれば、休止期が2~4ヶ月、成長期が2~5年、退行期が2~3週間程度のサイクルで髪の毛の生え変わりが一巡します。

しかし、男性の薄毛症状の代表的な例であるAGAの症状を発症した場合はこのヘアサイクルが乱れてきます。具体的には成長期の期間が非常に短くなるという特徴があります。AGAの症状が進んでいる人で大体成長期は1年程度、ひどい場合には数か月程度になります。

成長期が短くなった結果発生する細毛化

当然、このような短期間で髪の毛が成長しきることはできません。髪の毛の成長サイクルというのは「生えてくる→長くなる→太くなる→抜ける」といった成長経過を経ることが一般的になっています。しかし、成長期が短くなったことによって、「太くなる」という過程が削られることになります。

そのため、「生えてくる→長くなる→抜ける」という成長過程に変化していきます。そのため、髪の毛の中には健康な髪の毛と比較して明らかに細い髪の毛が増えてくるようになります。このような髪の毛は「細毛」と呼ばれます。

この細毛は強度も弱く、普通の髪の毛と比較してあっさりと抜けてしまうという特徴があります。そのため、どんどん抜け毛の量が増えていくことになり、気づいたら薄毛症状が進行していたというのがAGAの典型的なパターンになります。

育毛剤がすぐに効果を発揮しない理由もヘアサイクル

育毛剤のよくある勘違い

AGAなどによって薄毛の症状が発生した場合、多くの人がすぐに効果が出ると期待してしまいます。ただ実際には育毛剤の効果が出るまでにはどんなに優れた育毛剤でも早くて三か月、平均して半年程度はかかると言われています。

このように育毛剤の効果が出るまでにブランクの期間がある理由にもヘアサイクルが大きくかかわっています。現在生えている髪の毛というのは退行期・休止期にある髪の毛であるということができます。成長期にある髪の毛はこのような髪の毛の下から育ち始めています。育毛剤が作用するのはこの退行期・休止期にある髪の毛の下で成長している成長期の髪の毛になります。

これらの成長期の髪の毛が表に出てくるのは休止期にある髪の毛が抜け落ちてからになります。この休止期の期間は2~4ヶ月程度あります。したがって、この2~4ヶ月の期間が経過した髪の毛が順次成長期の健康な髪の毛と入れ替わっていくことになります。したがって、育毛剤の効果が出るまで、3か月から半年程度はかかるということになります。

育毛剤によっては初期に脱毛が発生

また、育毛剤によっては使い始めた初期に大量に髪の毛が抜けるという現象で知られています。これは育毛の世界では有名な現象で「初期脱毛」と呼ばれています。この初期脱毛については今まで大切にしていた髪の毛が一気に抜けてしまうため、パニックになる人も多く見られます。

ただ、この初期脱毛という現象、実際には育毛剤が効果を発揮しているという証明になります。育毛剤というのは血行促進・男性ホルモンの抑制といった何らかの形で髪の毛の成長を阻んでいる要因を取り除いてくれます。その結果として成長が鈍っていた成長期の髪の毛、成長が止まっていた成長期の髪の毛が一斉に成長を始めます。

結果として休止期に合った髪の毛が一気に成長期の髪の毛に押し出せることになるため、大量に抜け毛が発生することになります。したがって、初期脱毛が発生したということは育毛剤の効果で再び成長を始めた髪の毛が多数存在していることを意味します。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。