育毛剤「リアップリジェンヌ」の効果と副作用まとめ

リアップジェンヌという育毛剤

女性用育毛剤リアップジェンヌ

リアップジェンヌは大正薬品から販売されているミノキシジル1%配合の育毛剤になります。リアップジェンヌは第一類医薬品とされており、購入するためには使用上の注意・効能・副作用などについて薬剤師からの説明を受ける必要があります。リアップという育毛剤は男性の薄毛症状を改善するための育毛剤として認知されていますが、その女性版がリアップジェンヌになります。

リアップジェンヌは女性の壮年性脱毛症に効果を発揮する育毛剤になっています。女性の壮年性脱毛症というのは30~40代に差し掛かって女性ホルモンの分泌量が少なくなってきたことにより、女性の体内に存在する男性ホルモンとのバランスが崩れてしまい薄毛症状が発生するというものになります。

スポンサードリンク

リアップジェンヌの配合成分

リアップジェンヌにはミノキシジル以外にも多様な成分が配合されています。特にパントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントールの3つの成分は育毛においてミノキシジルと並んで大切な役割を果たします。

配合成分は、ミノキシジル、パントテニールエチルエーテル、トコフェロール酢酸エステル、l-メントール、添加物(1.3-ブチレングリコール、クエン酸、エタノール、ヒアルロン酸Na)。

引用:http://ikumouzai-ladies.com/hairtrouble/riup_regenne.html

ミノキシジルの効果で育毛促進

育毛成分の定番ミノキシジル

リアップジェンヌに配合されている成分の中で抜群の育毛効果が期待されるのが、ミノキシジルになります。ミノキシジルは医薬品の厳しい審査がある日本においても発毛効果があると公式に認められている育毛成分になります。このミノキシジルは従来は高血圧の治療薬として用いられていたものが育毛剤に転用されたものになります。

1960年代にアップジョン社(現在のファイザー)が創製し、高血圧の経口薬として用いられていた。しかし後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果が発見され、1980年代にアップジョンがはげや脱毛症の治療用として2%のミノキシジル外用溶液を「RogaineR」として販売し始めた。内服薬としては副作用が発見されたため、頭部に塗布する液状の外用薬として売られている。

引用:http://ur0.work/D0LI/

ミノキシジルの働き

ミノキシジルの働きとしては血管拡張剤としての効果があります。血管を拡張して血行を促進することにより、頭皮の血流を改善します。頭皮には髪の毛を作る毛母細胞、その毛母細胞に栄養分を供給する毛乳頭細胞が存在しており、これらの細胞にしっかりと栄養が供給されるようになることにより、髪の毛の成長を促進する効果があります。

薄毛の原因としては髪の毛に栄養がいきわたらず、成長しきっていない髪の毛が生えてきて、それがすぐに抜けてしまうことが挙げられています。こういった「細毛化」と呼ばれる症状の改善にもミノキシジルが効果的に働きます。

パントテニールエチルエーテルの効果で育毛促進

ビタミンBの一種であるパントテニールエチルエーテル

リアップジェンヌに配合されている成分で注目したいものにパントテニールエチルエーテルがあります。このパントテニールエチルエーテルはビタミンBの一種になります。

パントテニルエチルエーテルはニコチン酸アミドと同じくビタミンB群の一種です。皮膚や毛髪への栄養補給を目的として、育毛剤や化粧品などの商品に広く用いられています。また、炎症を抑える作用、フケやかゆみの軽減、アンチエイジングなども期待できるため頭皮環境を整えることができます。更に、髪の毛の元になる毛根細胞にも直接作用するため、細胞分裂を活発化し毛髪の生成、成長を促進する効果があります。

さらに、保湿力が高いことから頭皮を柔らかくすることができ、育毛に最適な頭皮環境を作ることにもつながります。

引用:http://www.analchem.com/contents/post-11.html

パントテニールエチルエーテルの働き

パントテニールエチルエーテルの働きは2つ。まず、1つ目は頭皮環境を整えることです。頭皮環境というのはフケやかゆみなどが無く、しっかりと保湿されている状態が最も良い状態になります。頭皮がこのような状態にキープされていると、育毛剤を使ってもその浸透率が全く違ってきます。

このような良好な頭皮環境を整えて育毛剤の効果を最大限発揮させるのが、パントテニールエチルエーテルの働きになります。そして、2つ目の働きとしては毛母細胞を活性化させるというものです。髪の毛を作る毛母細胞の中には髪の毛を作る働きが鈍っているものがあります。このような毛母細胞に働きかけるのがパントテニールエチルエーテルの2つ目の働きになります。

トコフェロール酢酸エステルの効果で育毛促進

ビタミンEを補給するトコフェロール酢酸エステル

リアップジェンヌが売りにしている成分にはトコフェロール酢酸エステルというものがあります。このトコフェロール酢酸エステルはビタミンEを補給する働きを持っています。医薬品としても使われている成分になります。

スポンサードリンク

ビタミンEは、いろいろな働きをするビタミンです。いわゆる抗酸化ビタミンとしても知られ、脂肪の代謝、細胞膜の安定化、生殖や甲状腺などの機能にかかわっています。そのほか、有用な作用として、血行をよくする働きがあります。

このお薬の有効成分は、ビタミンEです。栄養補給の目的で使用するほか、手足の冷えやしもやけ、動脈硬化症などに有効です。さらに、肩こり、生理不順、場合によっては不妊症の治療に補助的に使われるかもしれません。強力な作用があるとはいえませんが、副作用の心配はまずありません。

引用:http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se31/se3150002.html

トコフェロール酢酸エステルの働き

トコフェロール酢酸エステルの働きは皮脂の酸化を防ぐことです。頭皮にたまった皮脂が酸化すると、湿疹・肌荒れ・かゆみといった頭皮トラブルの原因になります。頭皮環境を良好な状態に保つためにもこのトコフェロール酢酸エステルが効果を発揮します。

Iーメントールの効果で育毛促進

Iーメントール

リアップジェンヌに配合されている成分で最後に紹介するのが、I-メントールになります。メントールという名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。市販されているガムなどに配合されていることも多い成分になります。

特徴香料として有用な優れた香味をもつ。

作用

  • 1. 眠気覚ましになる。
  • 2. 気分転換になる。
  • 3. 筋肉痛を和らげる。
  • 4. 口臭、体臭を防ぐ。
  • 5. 頭痛、肩こりを楽にする。
  • 6. 傷みやかゆみを鎮める。
  • 7. 冷え性には保温作用がある。

匂い

ペパーミント様の清涼感ある香気。

引用:http://www.tubakiya.co.jp/company/menthol.html

Iーメントールの働き

リアップジェンヌがI-メントールを配合しているのは洗った後のさっぱりとした清涼感を出すことが目的の一つです。ただ、それだけではなく、このI-メントールには高い抗菌作用があることが分かっています。

したがって、I-メントールを育毛剤に配合することにより、頭皮で雑菌などが繁殖してかゆみやフケといったトラブルを発生させるのを防ぐ効果があります。また、ミノキシジルほどではないですが、このI-メントールにも血行促進効果があります。

リアップジェンヌに存在する副作用

リアップジェンヌに存在する副作用はミノキシジルの副作用

さて、このように女性の薄毛症状の改善が期待されるリアップジェンヌですが、実は副作用の報告も存在しています。実際、副作用の報告が少なくないことから考えると、深刻なものでは無いにしても、副作用が存在するのはほぼ間違いありません。実はこのリアップジェンヌの副作用については配合されているミノキシジルが強く影響していると考えられます。

そもそもミノキシジルには副作用があることが分かっており、内服薬はその副作用の懸念からAGAクリニックなどで医師の処方箋をもらわない限り、手に入れることが出来なくなっています。頭皮に塗布するタイプの育毛剤にはそこまで程度は重くないものの、やはり同様に副作用が存在しています。

リアップジェンヌの副作用-体毛が濃くなる

リアップジェンヌに含まれているミノキシジルという成分はもともと高血圧の治療薬として開発されたもので、その副作用として患者の体毛が濃くなるという症状が発生したことから育毛剤に転用されたものになります。したがって、リアップジェンヌを使用することにより体毛が濃くなる可能性があります。

もともと体毛が濃い男性の場合であれば、体毛が濃くなったという副作用はほとんど意識されることはありませんが、女性の場合には体毛が濃くなったと感じられるくらいの変化があるかもしれません。

リアップジェンヌの副作用-頭皮トラブル

リアップジェンヌで報告されることが多いトラブルには頭皮トラブルがあります。こちらもミノキシジルでは良く知られている副作用になります。頭皮に赤みがさしたり、かゆみが出たり、さらに悪化すると痛みが出る場合もあります。このような副作用が出た場合はミノキシジルの刺激が肌に強すぎる可能性があるので、使用を中断して様子を見た方が良いでしょう。

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みである。ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られる。

引用:http://ur0.work/D0M0

リアップジェンヌの副作用-頭痛・めまい・動悸

リアップジェンヌに配合されているミノキシジルはもともとは高血圧症状を改善するための薬です。それが育毛剤として転用されているだけなので、今でも血圧を下げる効果は持ち続けています。健康な人の血圧を下げることにより、頭痛・めまいといったような副作用を感じる人も出てきます。また、循環器系に影響を与えることも分かっており、人によっては動悸を感じることもあります。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。