ハゲないために今からやっておきたい7つのこと

シャンプーに徹底的にこだわる

頭皮に優しいノンシリコンシャンプーを使ってみる

ハゲを予防するための対策としてはまずシャンプーにこだわってみるというのが大切になります。シャンプーの選択を一つ間違うと、頭皮にダメージを与えてしまうことになります。特に肌が弱いという人はシャンプーの選択には徹底的にこだわりましょう。肌にダメージを与えないシャンプーということであればおすすめはノンシリコンシャンプーになります。

ノンシリコンシャンプーというのはその名の通り、シリコンのいう成分が含まれていないシャンプーになります。シリコンという成分は髪の毛をコーティングして守ってくれる成分になります。ただ、シリコンが配合されているということはそのシャンプーの洗浄力はシリコンでコーティングしないと髪の毛を傷つけてしまうほど強いということが分かります。したがって、シリコンが入っているシャンプーを使ってしまうと、髪の毛のキューティクルが破壊され、皮脂が削り取られる結果になってしまいます。

シャンプーのやり方にこだわる

シャンプーにこだわるなら、シャンプーの選択にこだわるだけでなく、シャンプーのやり方にもしっかりとこだわりたいところです。シャンプーの効果が最大限に生かせるような方法でシャンプーを行うことがハゲないための予防につながります。

シャンプーで洗う

  • シャンプーは500円玉の大きさ程度の量を使用します。
  • 汚れが気になるからとシャンプーの量を多くしてしまう方もいらっしゃいますが、すすぎ残しの原因になるので、適量を守りましょう。
  • シャンプーをお湯に溶かしながらしっかりと泡立てます。泡で汚れが取れるようにしっかり泡立てます。
  • そして、髪全体に馴染ませましょう。爪で頭皮を傷つけないように、指の腹を使って揉むように優しくマッサージをしながら洗います。
  • スタイリング剤を多く使った、汚れがひどいという時には2度洗いをおすすめします。その時の2回目のシャンプーの量は少なめにします。

すすぎ

  • すすぐ時に大事なことは、シャンプーが残らないようにしっかりすすぐことです。
  • すすぎ残しがあると、かゆみ、フケ、ニキビの原因になってしまいます。丁寧に時間をかけて洗い流しましょう。
  • 必要に応じて仕上げにリンスやトリートメントなどを髪につけます。その時に、頭皮に付かないように気をつけ、きれいに洗い流します。

引用:http://uf-oz-bell.jp/fan_contents_06/

頭皮環境を整える

頭皮マッサージをしてみる

ハゲないための予防策としては頭皮をマッサージしてみるというのもよいでしょう。頭皮をマッサージすることにより、頭皮の血行が促進されることになります。

頭皮のマッサージを行うことも、
頭皮の血流を良くする方法の一つです。

毛細血管を刺激するように、指の腹を使って
頭皮全体を押し込むようにマッサージするのがポイントです。

引用:http://www.garden-mens.com/aga/faq/faq03.html

紫外線から頭皮を守る

紫外線から頭皮を守ることも大切です。頭皮のダメージがハゲを引き起こすこともあります。

紫外線が髪に与える影響も深刻ですが、頭皮に与えるダメージも相当なものです。髪は、赤茶けたりすることで、見た目でもその傷みが確認できますし、パサつく手触りや、乾燥などで、そのSOSを察知することができます。

しかし頭皮は目で見て確認することが難しく、赤くなったり、ヒリヒリしたりすることで、注意できればまだ救いがありますが、日々紫外線の下でじわじわと細胞が壊されていくことに、なかなか気付くことができないのが恐ろしいところです。

髪の毛をつくるもととなる毛母細胞が、紫外線の影響でうまく働かなくなると、髪の毛が抜けてしまう抜け毛の原因となるだけでなく、髪の毛そのものがつくられなくなり、薄毛の原因となる可能性があります。また、頭皮の中の毛根には髪の毛を黒くする細胞があるのですが、紫外線のダメージによりそれが破壊されることで、白髪が発生するともいわれています。

頭皮は髪の毛が育つための大切な土壌ですから、その頭皮がダメージを受けると、影響が出るのは髪なので、見えないからといっても、決して油断をしてはいけないのです。

引用:http://www.skincare-univ.com/article/000261/

髪の毛に良い食べ物を食べる

髪の毛に良い海藻類

食生活の改善というのもハゲないための予防策としては大切になります。特に髪の毛に良い食材というのは積極的に食生活に取り入れていきたいものになります。このような髪の毛に良い食材の代表がわかめ・ひじき・昆布といったような海藻類になります。

海藻類はミツイシコンブから抽出した褐藻エキスというものを利用したM-034という育毛成分が存在するくらいで非常に育毛には効果的な食材になります。海藻類にはミネラルが豊富に含まれており、このミネラルが髪の毛を生成する際、効果的に働きます

髪の毛に良い大豆製品

海藻類と並んで髪の毛に良いことが知られている成分が納豆・豆腐といったような大豆製品になります。このような大豆製品に含まれている栄養分の中で髪の毛に良い影響を与えるものが大豆イソフラボンになります。

この大豆イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンと同じような働きをするため、男性ホルモンの活発化を抑えることができます。男性ホルモンの活発化によって引き起こされるAGAという症状が男性の薄毛症状の90パーセントを占めています。このAGAの発症を予防することを考えても、大豆イソフラボンを積極的に摂取することは非常に大切になります。

髪の毛に悪い食べ物を食べない

髪の毛に悪い脂っこい食べ物

髪の毛に良い食べ物を食べるのと同時に髪の毛に悪い食べ物をさけるということも大切になります。このような髪の毛に悪い影響を与える食べ物には脂っこい食べ物があります。このような食べ物を摂りすぎると皮脂の分泌が過剰になり、頭皮環境の悪化につながります。代表例としては肉類、ラード、バターといったものを挙げることができます。

髪の毛に悪い塩分が多い食べ物

また、塩分が多い食べ物は高血圧を引き起こして血行が悪くなったり、髪の毛に必要な栄養を作る肝臓の働きを妨げる可能性があります。このような塩分が多い食べ物の代表例は漬物などになります。こういったものもできる限り控えるのが良いでしょう。

酒とたばこをやめる

髪の毛にダメージを与えるアルコール

アルコールを摂取することもハゲないための予防を考えた時には控えたい習慣になります。アルコールが体内に入るとそのアルコールを分解するために、髪の毛の生成に必要な栄養素が使われることになります。

体内でアルコールが分解される

体内に取り込まれたお酒(アルコール)は、肝臓で分解されます。その際、「アセトアルデヒド」と呼ばれる、毒性を持った物質を生成します。
アセトアルデヒドは、最終的には解毒効果によって「酢酸」という無害な物質に代謝されるのですが、この過程で大量のアミノ酸やビタミンを消費することになります。

髪の栄養分が奪われる

アミノ酸は髪の毛を強化するシステインやメチオニンといったタンパク質を含んでいます。その他にも、ビタミンBや亜鉛といった栄養素を含みます。そのため、アルコールを分解する際に髪の成長に必要な栄養が奪われて、間接的に薄毛の原因につながるのです。

引用:http://bubka.jp/blog/thinning-hair_cause/355.html

髪の毛にダメージを与えるたばこ

ハゲないための予防を考えたとき、たばこをやめるというのは非常に優先度が高い対策になります。たばこを吸うとニコチンが体内に入り、その効果で血管が収縮することになります。髪の毛が順調に成長し続けるためには頭皮の血行が良いことが大きな条件になります。

たばこによって血管が収縮すると、このような条件が崩れてしまうという問題があります。また、たばこを吸うと男性ホルモンが増えることが分かっています。男性ホルモンの活性化というのは男性の薄毛症状の大きな原因になっています。したがって、たばこを吸って男性ホルモンを増やすことはハゲないための予防を考えた時は致命的と言ってもいいほどの悪影響を与えます。また、たばこを吸うことによって、ビタミンCが大量に消費されます。ビタミンCについては抗酸化作用という細胞の老化を防ぐ効果を持っている栄養素になります。このビタミンCが体内から減少することにより、髪の毛を作る毛母細胞の老化が進むことになります。

ストレスを減らす

睡眠時間の確保

ストレスが過剰になると、ストレスが薄毛症状を引き起こすことも分かっています。したがって、ストレスをためないようようにすることも立派なハゲないための予防につながります。このようなストレスをためないための対策の第一歩は睡眠になります。

睡眠をしっかりとることにより、ストレスをためないですみます。また、22時~翌2時という時間帯は成長ホルモンが大量に分泌され、髪の毛が成長する時間にもなります。したがって、この時間はしっかりと髪の毛を成長させるようにしましょう。

ストレスを減らす工夫

また、睡眠時間を増やす以外の方法でもストレスを減らす工夫をする必要があります。そのようなストレスを減らす方法としておすすめなのが運動をする方法です。運動をすることはストレス解消につながるだけではありません。運動不足は立派にハゲないための予防につながります。運動することは基礎代謝を上げて、脂肪を燃焼させやすくする効果があります。

脂肪が体にたまってしまうと、血行が悪くなり薄毛につながると言われています。そういった意味でも運動することはハゲないための予防策としては効果的です。また、運動することにより大量の汗をかくと思います。実はこの汗とともにDHTと呼ばれる男性の薄毛の原因となる物質も流れ出します。結果として、DHTが体内に蓄積することが無くなり、ハゲないための予防につながります。

育毛剤の使用

育毛剤は薄毛症状の予防にも効果的

ハゲないための予防としては、いっそのこと育毛剤を使用してしまうというのも一つの手になります。育毛剤は薄毛の治療のために用いられると考えられていますが、育毛剤の効果というのは男性ホルモンの抑制・頭皮環境の改善・血行促進の3つが基本になります。これらの効果はハゲないための予防にも当然つながります。

副作用の無い育毛剤

しかし、ハゲないための予防といっても、副作用があるような育毛剤を利用するのはおすすめしません。予防のための育毛剤にはまだ薄毛症状が出ているわけではないので、出来る限り体に優しいものを選択するべきです。このような点から考えた時におすすめの育毛剤はM-034というものを配合した育毛剤になります。このようなM-034配合の育毛剤にはチャップアップやブブカといったものがあります。このような育毛剤を選択するのが良いでしょう。

薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。