ポストフィナステリド症候群の症状と対策まとめ

フィナステリドによる不安

ポストフィナステリド症候群について
当方23歳男性です。1mgのフィナステリドを半分に割って服用して4ヶ月ほどになります。
最近ポストフィナステリド症候群というものを知り、服用を続けるか迷っております。
というのも、発症する条件がよく分からないのです。いろいろ調べた結果「服用をやめると副作用が一時的に収まるが、その後症状が永続的に続く」というようなことが書いてありますが、自分の場合、服用中の副作用がほとんどない状態なのです。

もしこの状態で服用を中止した場合、時間がたつといきなり副作用のような症状が出始め、一生苦しむような状況になってしまうのでしょうか?もし発症しないですむのなら、頭髪と一生の病気なんて天秤にかけるまでもないですし、服用を中止し、他のAGA対策に乗り換えようと思いますので、皆さんの見解を教えてください。

スポンサードリンク

もし服用をやめるとしたら、一気に飲むのを中止するのではなく、少しずつ量をへらしたほうがいいのでしょうか?これについてもアドバイスよろしくお願いします。

引用http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10114925115

ポストフィナステリド症候群にかかったかもしれません。
プロペシアを半年期間をあけて3ヶ月と服用していて
先週何気なしにふとやめてみると、ここ1週間勃起の調子が悪く、朝勃ちしていない
気がします。
彼女とのsexも途中で萎えてしまうし、不安で更に性欲がなくなって食事も前より取れていない気がします。
この症状はポストフィナステリド症候群の可能性が高いですか??

引用http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11160501881

このようにポストフィナステリド症候群ではないかと不安になっている人もいるようです。

聞きなれない言葉ではありますが、このポストフィナステリド症候群とはいったいなんなのでしょうか。

ポストフィナステリドってなに?

フィナステリドをネットで検索しているとポストフィナステリドと言う言葉が出てきます。このポストフィナステリド症候群と言うものは一体何なのでしょうか。
このポストフィナステリド症候群と言うのはフィナステリドによる副作用が服用をやめた後に発症したりいつまでも継続する症状をポストフィナステリド症候群と呼ぶそうです。
その症状は多くの種類がある上に状態が重くなったり軽くなったりする場合もあるそうです。症状を特定できないためかネット等ではポストフィナステリド症候群と言うのはとても恐ろしいように書かれていることが多いです。

これだけ読んでしまうと恐怖心や不安感をとても感じてしまいますね。
そもそもフィナステリドによる副作用が出るのは正確には分かっていませんが約3%から5%と言われています。

そしてその後ポストフィナステリド症候群を発症する人はさらに少なくなるでしょう。誰でもそういう症状になるわけでは無いのです。

「ポストフィナステリド症候群の症状と対策まとめ」の画像検索結果

出典http://www.xn--nckghp4nybza5c0eeb6hz446cie4col5c.com/category12/entry100.html

ポストをフィナステリド症候群については情報源としてはアメリカの医学研究機関であるアメリカ国立衛生研究所やアメリカの政府機関であるアメリカ食品医薬品局などが挙げられます。

アメリカ食品医薬品局は以下のような注意書きを食品に記載するようにアナウンスされています。

プロペシアのラベルには以下の項目を含めなければなりません:薬物使用の中止後も継続的に性欲障害、射精障害、およびオルガスム障害が生じます。 プロスカーのラベルには以下の項目を含めなければなりません:薬物使用の中止後も継続的に性欲減退が生じます。 プロペシアとプロスカーの両方のラベルには以下の項目を含めなければなりません:薬物使用の中止後は男性不妊および/または精液の質の正常化および向上が報告されています

引用https://hagelabo.jp/articles/post-finasteride-syndrome

このポストフィナステリド症候群とは具体的には以下のような経過をたどると言われています。
まずはプロペシアの服用を止めてから10日から20日以内に副作用が収まるそうです。そしてさらに服用を止めてから菅月後に男性ホルモンであるテストステロンが急激に低下するそうです。

そしてそれに伴って勃起不全や性器の萎縮などの性的症状や鬱や思考の低下などの精神的な症状や女性化や倦怠感などの身体に関する症状が現れるそうです。

スポンサードリンク

そして海外では様々な研究発表がされているそうですがイタリアではフィナステリド服用中止後数ヶ月以上にわたって生昨日の副作用が属する爪と健常者のステロイドホルモン濃度を検査した結果健常者と比べてポストフィナステリド症候群の患者はフィナステリド投与中止後でもあるにもかかわらずジヒドロテストステロンが減少しテストステロンが増加しエストラジオールが増加したと言う結果も出ています。

さらにアメリカではフィナステリド服用中止後数ヶ月以上にわたって性機能の副作用が従属する患者においてフィナステリド使用前後での性機能アルコール消毒量検査した結果65%の人がアルコール消費量が低下していると言う結果が出ています。
つまりアルコールが飲めなくなっているのです。
この研究結果は体内の還元酵素が服用中だけではなく中止後もステロイドホルモン濃度や代謝に影響与え続けるということを意味しています。

ポストフィナステリド症候群の症状

ポストフィナステリド症候群の症状としては特に男性機能の障害として以下のようなことがあきらめます。

性欲の低下や完全な損失になってしまう性欲障害や勃起不全やインポ、朝の自発的な勃起の損失などが起こってしまう勃起障害です。さらに性的快感消失やオルガズムの消失といったオーガズム障害や世紀の量などが失われてしまう射精障害などもあります。
そしてさらに身体的な症状で言うと女性のような乳房の発達と拡大が起こる女性化乳房と言う症状や慢性疲労やだるさが伴う疲労感、筋肉の萎縮や脱力筋肉の痙攣などがある筋肉障害、皮脂や皮脂生産の減少や皮膚の慢性的な感想などを伴う羽田の障害などがあるようです。

以上のような症状はポストフィナステリドの代表的な症状になります。もしフィナステリドの服用を止めてからこのような症状が気になる場合は早めにお医者さんに相談するようにしましょう。
さらに精神的な障害で言うと重度の記憶障害であるメモリ障害や問題解決と理解力が少なくなってしまう認知障害、うつ病や不安が伴う私に敵障害や不眠症である睡眠障害などが挙げられます。

さらに体調壊すたびにこのポストフィナステリド症候群ではないかと言う心配や不安を抱えることによって自分の体にストレスが溜まっていきます。このストレスも体に良い影響を与えませんので注意しましょう。

ポストフィナステリド症候群に注意するべき人

このポストフィナステリド症候群が起きる原因については現在はまだ解明されていません。そもそもフィナステリドを使用していて副作用耐える人の割合1台が非常に少なくまた使用中止すれば症状もなくなると言われているのが現状です。

その中でも使用中止した後も副作用を感じる人はさらに少なくなっているので症例がまだまだ少ないと言えるのが現状です。
しかしポストフィナステリド症候群の原野発生のメカニズムは不明ですが発送してしまう可能性の高い人の特徴はあるようです。フィナステリドの使用中に副作用を感じている人とフィナステリドを使う前から同じ症状が出てしまっている人です。

まずフィナステリドの使用で副作用を感じている人は要注意です。副作用を感じていない人に比べて確率的にポストフィナステリド症候群にかかるがリスクが高いのです。そのような方はまず早めにお医者さんの診察を受け指示を仰ぎましょう。ポストフィナステリド症候群の症状の方が使用中の副作用の症状によって症状が重くなる可能性がありますので注意が必要です。

さらにポストフィナステリド症候群の症状と同じ症状を経験している方はさらに注意してください。体がそのような症状が起きる状態になったことがあるかもしくは待っている状態なのでフィナステリドの使用で症状が再発してもおかしくはないと言えるでしょう。収まっている症状をフィナステリドが再び呼び起こしてしまう可能性があるのです。

対策方法としてはやはりフィナステリドはお医者さんの確認の下で使用することが望ましいといえます。何か起きてしまってからお医者さんに相談したとしてもお医者さんはどのような症状を持っていたかなどはわかりません。

なのでフィナステリドを使うと決めた場合は初めからお医者さんに相談するようにしましょう。毎回診察を受けながらフィナステリドを処方してもらうことが1番安心して使える方法だといえます。
そしてこちらはあくまで参考の情報になりますがテストステロンを患部に加えることで症状が緩くなったと言うこともあるようです。しかしこれは確実な方法ではなく実際にそういう処置をする場合には充分にお医者さんと相談してからと言うことになります。

まとめ

以上のようにポストフィナステリド症候群にかかる人は存在しているんですが原因は今のところ分かっていません。原因がわからないと言う事は対処法も存在しないと言えるでしょう。

男性型脱毛性の治療考えている人にとってはとても心配な事の1つですがほとんどの人はポストフィナステリド症候群になっていないのもまた事実です。なのでフィナステリドを使う場合はお医者さんと相談しながら使用するのが1番のオススメです。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。