M字ハゲにはパーマがおすすめって知ってた?

生え際が後退するM字ハゲは、多くの男性が悩んでいるタイプの薄毛です。剃り込みを入れたような状態になるので、童顔の人にとっては特に由々しき問題となってしまいます。

ただし、現在では進行を食い止める方法が考案されており、以前と比較すると見通しはかなり明るくなっています。さらに、工夫次第で目立たなくさせることも可能です。今回は、その具体的な方法についてご説明します。


(出典:http://xn--mm-m83axes10v.com/img/3.jpg

M字ハゲとは?

M字ハゲとは、剃り込みハゲとも呼ばれている薄毛のタイプで、額の両サイドが後退することにより、アルファベットのMのような形になってしまうことがネーミングの由来です。このM字ハゲの大部分は、AGA(男性型脱毛症)という症状で、男性ホルモンの一種DHT(ジヒドロテストステロン)という物質の作用により引き起こされます。

この物質は、男性ホルモンのテストステロンの一部とⅡ型5αリダクターゼという還元酵素が結合することで生産されており、毛根内部の毛乳頭細胞の受容体と結合した場合に、脱毛因子のTGF-βを誘導してしまいます。これにより、髪の毛の成長期が強制的に退行期に移行するので、太く長く成長することなく抜けてしまうようになります。

M字ハゲ以外もⅡ型5αリダクターゼが原因かも

ちなみに、Ⅱ型5αリダクターゼは生え際から頭頂部までの毛根内部に存在しているので、AGAの薄毛はこの部分に集中します。このために、M字ハゲ以外にも典型的な形態が知られており、生え際がそのまま後退するタイプはU字ハゲ、頭頂部が薄毛になるのはO字ハゲと呼ばれています。いずれも根本的な原因は同じで、最終的には生え際から頭頂部までの髪の毛は完全になくなる状態となります。

遺伝子も重要なポイント

なお、AGAの発症には遺伝が関係しており、特に母方の祖父から受け継ぐアンドロゲンレセプター遺伝子の多型は重要なポイントです。日本人男性における発症頻度は25年前の統計で約30%であることが判明しており、現在でもほぼ同程度と考えられています。

この症状が発症するのは、テストステロンの分泌量が増加する思春期以降からで、20代は約10%、30代は約20%、40代は約30%と年齢を重ねるごとに高くなり、50代以降は40数%と約半数に達することになります。

これは、テストステロンをサポートするというDHTの性質により、分泌量が低下するに伴い影響力が増すためと推測されています。つまり、基本的には老化現象の一種であり、若年期に発症するのは少数ということから必要以上に目立ってしまい、精神的に強いダメージを受けてしまうケースも少なくはありません。

最近M字ハゲ?が進行して来た気がしています父親は禿げているのですが50近くで年相応に禿げているといった感じでM字で最近てっぺんも薄くなって来たかなという程度です。つまり、若ハゲではなかったと思います。親が禿げていることから自分も禿げることは想像に難くなかったのですがこんなに早く禿げると思っていませんでした。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10166046590

このように、10代でハゲてしまうと髪の毛のことで頭が一杯となり、何も手につかないという状況になる人も存在しています。これは、日本ではハゲない人が多数派を占めているので、ハゲる人に対しての風当たりが強いということも関係しています。


(出典:http://xn--m-cfu0ds78rcjrts2a.net/img/010.jpg

M字ハゲを改善する方法

M字ハゲなどのAGAに対しては、現在では進行を食い止める方法が開発されており、場合によっては正常な状態にまで回復することが可能です。具体的には、プロペシアという治療薬を服用するという方法で、臨床試験では58%に軽度以上の改善、98%に不変以上の効果が確認されています。

このプロペシアの作用機序は、Ⅱ型5αリダクターゼの酵素活性を阻害するというもので、薄毛を直接改善するような効果はありません。

ただし、原因物質のDHTの生産量は減少するので、ヘアサイクルは徐々に正常な状態に回復します。すると、髪の毛は従来の成長を行えるようになるので、薄毛が自然に改善されるという結果につながります。

プロペシアしか使用していません。症状としてはM字で分け目もくっきりしてきたのでほぼあきらめていたのですが、1年間飲み分け目が目立たなくなり2年間飲み続けてM部分も恥ずかしくない状態まで来ました。

他のものと組み合わせればもっと早く良くなったかもしれませんが満足しています。処方箋に比べて値段が安かったので続けることが出来ました。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rgr/OS05922/page:1

10か月使用しての感想です。
髪につや、張りが回復し、ボリュームがアップします。本数が増えたかどうかはわかりませんが、周囲からは髪が増えたと言われます。使用者としては満足しているので、継続して使用します。副作用は、私の場合は特に問題はないです。

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rgr/OS00136/page:2

プロペシアの効果はかなり期待できる

なお、プロペシアはAGA治療を行っているクリニックで処方されており、1か月分の費用は約8,000円程度です。また、2015年には、これよりもさらに強力な効果を発揮するザガーロという内服薬も承認されているので、かなりの高確率でM字ハゲを改善することが可能です。

間違いなく、生えます!! 副作用も無くリピート確実!! 髪が増えると、実年齢よりも若く見られます。 周りの友人・知人・(40人以上!!) 全てイイ結果が出てます!!

スポンサードリンク

引用:https://www.osakado.org/product_reviews/rgr/OS06391


(出典:https://8260.jp/men/images/img_ineffective02.jpg

M字ハゲをカバーする方法

AGA治療薬のプロペシアやザガーロは、発毛促進や脱毛防止などのダイレクトな育毛効果はないので、薄毛を改善するためには最低でも半年から1年程度の期間が必要となります。このために、この期間は何らかの方法でカバーしなくてはなりません。この節では、M字ハゲをカバーするヘアスタイルについて紹介いたします。


(出典:http://www.c21lakearenal.com/img/header.jpg

パーマをかける

薄くなっているのが生え際部分だけにとどまっている場合は、トップにパーマをかけてフロントを覆うのが最適な方法です。

極めて自然で、童顔が損なわれることはありません。トップのボリュームをキープできている状態であれば、最もオススメのヘアスタイルということになります。

ソフトモヒカン

薄毛が生え際にとどまらず前頭部にまで進行している場合は、隠すのではなく目立たないようにするという方向性となります。そこで、一番のオススメは、おしゃれなヘアスタイルの定番となっているソフトモヒカンです。M字ハゲが多少進行していても逆にワイルドに見せられるので、薄毛が恥ずかしいと思うこともなくなります。


(出典:http://urx.blue/BEcJ


(出典:https://pbs.twimg.com/media/B7iqmkUCMAEPwgx.jpg

このように、生え際がかなり後退していても、全く問題はありません。逆に、シャープなイメージが強調されるので、男らしさが際立つことになります。イメージチェンジをしてみたいという人には、特にオススメです。

ボウズ

ソフトモヒカンのとさか部分を作れないほど薄毛が進行した場合は、ボウズ一択となります。M字を隠すことは出来ませんが、目立たなくさせることは可能です。

ただし、高度なテクニックを必要とするので、店舗選びが非常に重要です。上手い人に巡り合えれば、薄毛に悩むことはなくなります。


(出典:http://www.finemakeyuri.com/img/usuge_arrange037.jpg

このように、清潔感も間違いなく向上するので、好感度も高まります。隠せない段階にまで進行した場合は、思い切って開き直る様にしましょう。

パーマをかける際に注意すべきポイント

生え際部分だけが薄くなっているM字ハゲには、パーマが最適であることがお分かりいただけたと思います。無理なイメージチェンジをする必要はなく、そのままの自分でいられるという点もオススメの理由です。ただし、注意しなくてはならないポイントもあります。この節では、それらについて説明いたします。


(出典:http://xn--y8jua4mza7044bfrid36ao38a1kzc.com/wp-content/uploads/perm_01.jpg

ペースを守る

パーマで使用する液体は、1液と2液の2種類があり、1液で髪の毛を軟化させたのちに2液で固めるという流れとなります。この内で、頭皮にもダメージを与えるのは、チオグリコール酸アンモニウム塩などの強力なアルカリ性の成分により構成されている1液です。

薄くなっている部分は髪の毛でカバーできないので、頭皮にパーマ液が付着しやすくなります。すると、頭皮は弱酸性なのでアルカリ性の成分との化学反応を引き起こし、炎症などのトラブルが発生することになります。

このような状態が回復するまでには数か月を要するので、毎月連続してパーマをかけると薄毛はどんどん進行します。このために、頭皮の状態を見ながらペースを守ってパーマを当てるようにしなくてはなりません。

ポイントを絞る

生え際の薄毛をカバーするためにパーマをかける場合は、トップに限定するのが薄毛を回避するポイントとなります。逆に、薄毛の部分にまでパーマをかけると、状況は悪化する危険があります。

また、元々薄毛になっている部分はパーマ液が作用するタンパク質が失われているためにパーマがかかりにくくなっており、避けた方が無難です。この辺りは、施術を行う側の判断に委ねられるので、信頼できるスタイリストを見つけるということが非常に大切です。


(出典:http://www.taebis.net/hairstyle/files/staff/DSC02016-thumb180x270.jpg

まとめ

M字ハゲは初期の状態であれば、治療薬を服用することにより、半年~1年程度で元の状態に戻すことが出来ます。この状況でパーマをかけるのは、ごく短期間ということになるので、頭皮にダメージを与えないように注意しなくてはなりません。せっかく、薄毛を治しているにも関わらず、悪化させてしまうと何もならないからです。

ちなみに、M字ハゲは遺伝により受け継いだ生理的な現象で、病気ではありません。このために、放っておいて良くなるということはないので、悩んでいるのであれば治療薬を服用するというのが最適な行動となります。パーマでカバーするという方法も含めて、正確な知識に基づき実践するようにしましょう。

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。