ハゲはシャンプーで治る?薬用シャンプーと普通のシャンプーはここが違う!!

fireshot-capture-1035-%e7%84%a1%e6%96%99%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f_-%e7%be%8e%e5%ae%b9%e5%b8%ab-%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%bc-%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b5%e3%83%bc

みなさんはどんなシャンプーを使っていますか?

スポンサードリンク

普通のシャンプーを使っているという方は、今日から薬用シャンプーに変えるべきです。薬用シャンプーは普通のシャンプーと違って、薄毛や抜け毛の原因を徹底的に予防してくれる優秀なシャンプーです。

今回は薬用シャンプーと普通のシャンプーの違いや、薬用シャンプーの効果などをご紹介していきます。みなさんもこちらを参考に、ぜひ薬用シャンプーに挑戦してみてください。

それぞれのシャンプーの特徴

初めに薬用シャンプーと普通のシャンプーの違いを見ていきましょう!それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

◆普通のシャンプーの特徴

普通のシャンプーの特徴と言っても、あげられるものはあまりありませんが、主成分は水です。これはどのようななシャンプーでも同じで、最も多く含まれているものは水になります。洗浄成分は、商品にもよって異なりますが、一般的には、ラウレス硫酸ナトリウムやラウレス硫酸アンモニウムという成分が含まれています。ラウレス硫酸系の洗浄成分は、基本的に洗浄力が非常に強く、脱脂力があります。脱脂力というのは、脂分を取り除く力ですが、この脱脂力には、賛否両論があります。

洗浄力に関する対立意見

1つの意見は、脂分を取り除く力が強ければ、それだけ頭皮を健康に維持できるのではないかというもの。それに反発するような意見が、脱脂力が強すぎるラウレス硫酸系の洗浄成分は、頭皮の栄養分を完全に取り除いてしまうという意見です。これは、確かにラウレス硫酸系の洗浄成分は、頭皮の栄養分も取り除いてしまっています。

しかし、シャンプー剤に、取り除いた栄養分に変わる栄養成分が入っていれば問題ないのです。要するに、一度ラウレス硫酸系の洗浄成分で頭皮の汚れをリセットして、シャンプー剤に含まれる栄養成分で栄養を補う。

一般的なシャンプーは栄養成分が不足しがち…

これができているシャンプー剤なら、普通のシャンプーでも優秀な方と言えます。しかし、残念ながら多くのシャンプー剤が、保湿性はあるが、栄養素が足りないといった具合で、ヒアルロン酸などは含まれていますが、基本的な栄養成分が足りないのです。そのため、頭皮が乾燥したり、ラウリル酸系の洗浄成分で肌荒れを引き起こしたりしてしまいます。

◆薬用シャンプーの特徴

一方、薬用シャンプー剤には、洗浄成分にラウリン酸アミドプロピルベタイン液という成分を配合している商品が多いです。

少し分かりづらいですが、こちらはラウレス酸系の洗浄成分とは全く異なり、同じ界面活性時の類ではありますが、きわめて毒性が低く、おまけにコンディショニング効果もある成分なので、シャンプーだけではなく、頭皮用トリートメントなどにも含まれていることが多いです。また、低毒性なことから、ベビー用のシャンプー剤やお顔用の石鹸などにも配合されています。

赤ちゃんでも安心して使える成分

その他にも、グリチルリチン酸ジカリウムという成分や、サリチル酸や、シンクチリチオンなどが含まれています。グリチルリンチン酸ジカリウムという成分は、薬用シャンプーの代表的な効果である「フケ予防」や「ニキビ予防」、「抗アレルギー」などの効果を発揮する成分で、ニキビケア用品などにも配合されている成分です。また、薬用シャンプーだけではなく、スキャルプを目的としたスキャルプシャンプー剤などにも配合されています。

サリチル酸や、シンクチリチオンという成分は、主に肌の角質を柔らかくして、頭皮を殺菌する効果があり、頭皮に潜伏する常在菌の働きを抑えることができます。

このように、薬用シャンプー剤には、普通のシャンプー剤よりも毒性の低い洗浄成分が使用されていたり、殺菌効果やフケの予防効果などもあり、敏感肌の方などにお勧めできるシャンプー剤です。

薬用シャンプーの正しいシャンプーの仕方

しかし、薬用シャンプーは薬用とは言えどもシャンプーなのに違いはありません。しっかりとした洗い方ができていなければ、全く意味がありません。そこで、次に正しいシャンプーの仕方について解説していきます。

①洗い流し

まず、丁寧に髪の毛をお湯で洗い流します。このとき39℃以上のお湯で洗い流してしまうと、頭皮が乾燥してしまうので、38℃以下のお湯で流してください。

②泡立てる

髪の毛を丁寧に洗い流せたら、次に手にシャンプー剤を取り、モチモチの泡になるまで泡立てます。空気と混ぜるように泡立てましょう!

③髪全体をシャンプーする

次に、髪の毛全体にシャンプーの泡を塗布して、指の腹を使い、マッサージをするようにシャンプーします。このとき、頭皮を動かすことを意識してシャンプーしてください。

スポンサードリンク

④皮脂をしっかり洗う

特に、前頭部から頭頂部までは皮脂線が多いので、皮脂を洗うように丁寧にシャンプーを行ってください。

⑤すすぎ

最後に、すすぎに入ります。すすぎは最も重要です!しっかりと髪の毛を掻き分けながら、頭皮にシャワーが当たるように洗い流します。このときも指の腹を使い頭皮をマッサージするようにしてあげると、しっかりとシャンプー剤を落とすことができます。

注意すべき点

シャンプー剤が残っていると、いくら薬用と言っても頭皮が荒れてしまったり、臭いが出る可能性がるので、丁寧に洗い流してください。

また、一日に何度もシャンプーをするというのは、頭皮が乾燥して抜け毛の原因になりますので、整髪料などが付いていない限り、1日1回だけシャンプーをするようにしてください。

育毛剤と併用することで更に効果を発揮する!

薬用シャンプーは主に、フケや頭皮荒れを改善する効果があると言われていますが、それらの効果が現れるまで個人差はありますが、約2週間かかります。それまで、じっくりと待ちましょう。

また、薬用シャンプーは薬用ですが、育毛剤と併用しても安全に使用できます。特に、シャンプー直後は、頭皮に余分な脂や汚れなどが少ない状態になっているので、浸透率が良く、育毛剤の効果を最大限に発揮できます。そのため、薬用シャンプーの使用後はなるべく育毛剤を使用しましょう。

とくにお湯で頭皮を洗った直後は薬用シャンプーでも乾燥しやすいので、なるべく保湿性に優れた育毛剤をしようするのが良いでしょう。

薬用シャンプーがおすすめな人

このように、薬用シャンプーにはさまざまな効果がありますが、薬用シャンプーを使うべき人が使えば、さらに効果を実感できます。次に、薬用シャンプーがおすすめな人の特徴について解説をしていきます。

◆頭皮が痒い人・フケが多い人

最も薬用シャンプーをおすすめしたいというのは、「頭皮が痒い人」や「フケが多い人」です。先ほども言いましたように、薬用シャンプーには、頭皮荒れや、フケを防止するのに効果的な成分が豊富に含まれています。そのため、これらの症状が出ている人が使用すると、その効果をかなり実感できるはずです。

◆肌荒れしやすい人

また、肌荒れを起こしやすく普通のシャンプー剤が使えないという人にもおすすめです。薬用シャンプーの洗浄成分は、商品によって異なりますが、基本的に普通のシャンプー剤よりも、肌に優しいものが配合されています。そのため、アトピー性皮膚炎をお持ちの方なども使用できる商品も多いのです。

◆薄毛やハゲが気になる人

薄毛やハゲが発生する原因の多くは頭皮の環境が悪化してしまうことで引き起ることが多く、そのような人は普通のシャンプー剤が肌に合わないため、頭皮の環境が悪くなってしまっていることがあります。

そこで、薬用シャンプーの出番です。薬用シャンプーは、赤ちゃんが使えるほどに毒性が低く、さらに、頭皮の環境を整えるための成分が、豊富に含まれています。そのため、薄毛やハゲの気になる人は、頭皮環境をしっかりと整えて、育毛するのに大切な頭皮環境を作ることができます。

薬用シャンプーのデメリット

しかし、残念ながら薬用シャンプーには、デメリットがいくつかあります。次に薬用シャンプーのデメリットをご紹介していきます。

◆効果を実感するまで時間がかかる

薬用シャンプーは元々の頭皮環境によっては効果を実感するまでに時間がかかることがあります。例えば、すでに頭皮が乾燥してカサカサが目に見えて分かるくらいの頭皮環境になってしまっている人や皮脂が多く毛穴にぎっしりと詰まってしまっているという場合は、頭皮の成分吸収率が悪いので、効果を実感するまで時間がかかります。

◆泡立ちが悪いものがある

薬用シャンプーのデメリットとして、多くあげられることの多いもの点が、泡立ちの悪さとスッキリ感のなさです。泡立ちは、普通のシャンプーの洗浄成分であるラウリル酸系に比べると少し劣るので、泡立たせるのが難しいことがあります。さらに、無添加、無香料だと、香りも爽快感もなく、洗えているのかが分からないこともありますが、泡立てに関しては慣れてくるとしっかりと泡立てることができるので、問題ありません。また、無添加無香料で爽快感さえないですが、しっかりと髪の毛は洗浄されています。

◆価格が高く、値引きが少ない

最後のデメリットとして、あげられるのが価格です。普通のシャンプーの場合、総じて1,000円以下の低価格で購入でるのに比べ、薬用シャンプーの平均は約2,600円~5,000円程です。また、その良質さによっては平均より高い価格のシャンプーもあり、経済的ではありません。しかし、その分効果は実感できるはずです。

自分に合った薬用シャンプーでフサフサな髪を手に入れましょう!

いかがでしたか?今回は、薬用シャンプーと普通のシャンプーの違いについて解説致しました!このように、薬用シャンプーはフケや痒みなどを抑えて、頭皮環境を整え育毛効果を発揮しやすい頭皮環境を作ることができる優秀なシャンプー剤です。

普通のシャンプーを使用していて、育毛剤も使っているけど効果がいまいち…そう感じるのならば、1本手に取ってみてはいかがでしょうか?

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
スポンサードリンク
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。