頭皮のトリートメントが薄毛・ハゲの予防になる!_執筆完了_flog_uncle

1641

出典: https://bambooaesthetics.co.uk/treatments/hair-loss-solution/ 

若ハゲ脱出の近道は…? チャップアップ

薄毛やハゲを予防するためには、頭皮のケアがとても重要ですが、頭皮ケアというと、育毛剤やシャンプー剤を想像する方がほとんどだと思います。育毛剤の場合は、その栄養を髪の毛に直接届けたり、成分中に含まれる血流促進効果で血行を良くして育毛をするというもの。シャンプー剤の場合ですと、頭皮環境をしっかりと整えることで、育毛をするという方法などがあります。しかし、実は最近では頭皮用のトリートメントなるものが存在します。頭皮用トリートメントには、薄毛や抜け毛を予防して、丈夫な髪の毛が生えてくる環境を作ることができ、美容室を初め、育毛サロンなどでも用いられることの多いトリートメントです。今回は、そんな頭皮用トリートメントに迫ります。もしも、育毛剤やシャンプー剤を使用しても、効果がいまいちだった、という場合、頭皮用トリートメントを使用してみてはいかがでしょうか?

トリートメントには種類がある!

nioxinscalprecovery
出典: http://womenshair.about.com/od/problemhairadvice/fr/Nioxin-Scalp-Recovery-Dry-Itchy-Flaky-Scalp-Relief.htm 

頭皮用トリートメントの説明に生える前に、トリートメントの種類についてを解説していきます。トリートメントには主に2種類のトリートメントがあります。1つは先ほどご紹介した「頭皮用トリートメント」。そしてもう一つが「髪用トリートメント」です。みなさんが普段シャンプーをして後につけているトリートメントは、ほとんどが髪用トリートメントです。ちなみに、髪用トリートメントは、ドラッグストアや美容室などで販売されているトリートメントは、その名称が異なります。

例えば、一般的なトリートメントは主成分に「カチオン界面活性剤」や「油」、CMC「細胞膜複合体」などが配合されています。これらは、単にトリートメントと呼ばれることが多いですが、この内、内部補修力を強め、コンディショニング効果をより充実させたトリートメントなどは「ヘアパック」や「ヘアマスク」などと呼ばれることがありますが、成分的には、目立った違いはほとんどありません。

髪用TRと頭皮用TRの具体的な違いとは?

hot-oil-treatment
出典: http://www.hairlosslabs.com/blog/hot-oil-scalp-and-hair-treatment/#.WBa0HuOLRhE 

このように、髪用トリートメントと頭皮用トリートメントがありますが、それぞれどのような特徴を持っているのかを具体的に解説していきます。

髪用トリートメントの特徴

まず、髪用トリートメントの特徴ですが、先ほどご説明した通り、主成分は「カチオン界面活性剤」や「油」、「CMC(細胞膜複合体)」などが配合されています。カチオン界面活性剤は「陽イオン界面活性剤」とも呼ばれ、化粧水や乳液などの美容液などにも多く含まれている成分で、強力な殺菌効果があります。ヘアケア用品の場合は、髪の毛につけることで、強力な殺菌効果を発揮して、髪の毛にまとわりつく雑菌などを死滅させます。

「油」の成分はその成分により大きく異なりますが、一般的に多く使用されている成分は、椿油です。椿油には高いコーティング力があり、髪の表面を完璧にコーティングし、髪の毛の内部にある水分を閉じ込めます。また、ドライヤーの熱から髪の毛を守ったり、紫外線をカットしてくれる効果などもあります。

しかし、そのコーティング力ゆえに、カラーやパーマなどを行うと、薬剤がなかなか髪の内部に浸透せず、施術をしても満足のゆく結果に繋がらないというデメリットがあります。

最後にCMC(細胞膜複合体)ですが、こちらは簡単に言ってしまうと、髪の毛の接着剤のようなもの、カラーやパーマを繰り返し行った結果、毛表皮と細胞を接着している細胞膜複合体という物質が損傷することで、髪の毛が痛んでしまいますが、その細胞膜複合体を補充するための成分で、高価なトリートメントに含まれていることの多い、質の高い成分です。

このように、髪用トリートメントには全くと言っていいほどに、頭皮のメリットになるようなことはございません。そこで頭皮用トリートメントの出番です。

頭皮用トリートメントの特徴

頭皮用トリートメントは髪用のトリートメントと違い2種類が存在します。それぞれの効果を見ていきましょう。

オイル系トリートメント

まず女性が使用することが多い、オイル系頭皮トリートメントです。オイル系頭皮トリートメントは、製品により使用されているオイルは違いますが、最もポピュラーな成分が、ホホバ油やオリーブ油などの成分です。ホホバ油は、ヘアケア用品以外にも、クレンジング用品に良く使用されている成分で、高い保湿力があります。薄毛や抜け毛の原因の一つとして乾燥がありますが、乾燥を完璧に改善してくれる成分で、肌馴染みもとても良く、ごく自然な形で頭皮を潤すことができます。

オリーブ油は、その名の通り、料理でもおなじみのオリーブ油です。こちらは、皮脂や毛穴に詰まっている老廃物を浮かび上がらせる効果があり、健康的な頭皮を作るためのサポートをしてくれます。
同時にオリーブ油にも高い保湿力があり、乾燥した頭皮を潤いのある状態にしてくれます。

このように、オイル系頭皮トリートメントは、「保湿力」が高く乾燥している頭皮をしっかりと保湿することで、頭皮の環境を整えて、育毛に最適な頭皮環境をつくるという効果があります。

ちなみに、オリーブ油を使用する場合は、頭皮トリートメントとして販売されている製品をおすすめします。もちろん成分的には、食用のオリーブオイルとほとんど変わりはありませんが、食用のオリーブオイルを使用してしまうと、べたつきが残る恐れがあります。

スクラブ系トリートメント

スクラブ系頭皮トリートメントは、歯磨き粉などでおなじみのスクラブが大量に配合されている頭皮トリートメントです。こちらは、オイル系とは対照的で、皮脂の多い頭皮の人に効果的。スクラブ入りトリートメントを頭皮に塗布してマッサージをすることで、毛穴に詰まっている皮脂や汚れなどを掻きだしてくれるという効果があり、頭皮環境をしっかりと整えることができます。

また、商品によっては、スクラブの粒子が細かいものがあります。そのような商品の場合は、頭皮だけではなく、キューティクルの隙間にも入り込んでくれるので、キューティクル間の汚れなども除去してくれる効果を持つものもあります。

それぞれの使い方

頭皮用のトリートメントは髪用のトリートメントとは少し違い、使い方も異なりますので、次にそれぞれの使い方についてみていきましょう。

オイル系トリートメント
オイル系トリートメントは髪用トリートメントにとても良く似ています。髪用トリートメントは、髪の毛を保湿するために髪の毛に塗布して時間を置きますが、オイル系頭皮トリートメントの場合も、頭皮にオイルトリートメントをなじませ、軽くマッサージを行い10分程度放置します。

放置する際は、蒸しタオルなどを使用して、頭を包み込むようにしてあげる事で、毛穴が開き吸収率が上がるので、効率よくオイルが頭皮に浸透して保湿できます。しかし、オイル系トリートメントの場合は、主成分が油分なので、しっかり流さないと逆に頭皮がベタベタになり、汚れが付くと落ちにくくなってしまうこともあるので、髪用トリートメントのように、軽く流すということはせずに、しっかりと流してあげてください。

また、マッサージを行う際は、爪を立ててしまうと、頭皮に小さな傷が付きそこから細菌が入り込んで、頭皮ニキビを発生させる危険性もあるので、爪は立てずに優しくマッサージしてください。

スクラブ系トリートメント

スクラブ系トリートメントは、オイル系トリートメントと異なり、時間をおいて浸透させるということはしなくても大丈夫なものがほとんどです。その代りにスクラブ系の場合は頭皮マッサージがメインになります。スクラブトリートメントを頭皮全体にまんべんなくなじませたら、指の腹を使い、優しくマッサージを行いまうす。

するとスクラブが毛穴に入り込み、皮脂や汚れを掻きだしてくれます。また、マッサージを行うことで、頭皮の血行が良くなり、髪の毛にしっかりと栄養が行くようになるため、育毛効果を発揮します。

この場合もオイルトリートメント同様に、爪を立ててしまうと、頭皮に傷が付いてしまうので、必ず爪は立てず、指の腹をつかい優しくマッサージを行いましょう。

育毛剤と組み合わせて使うことでより効果を発揮!

yanagiya-hair-tonic-3
出典: http://www.takaski.com/product/yanagiya-hair-tonic-240ml/ 
このように、頭皮用トリートメントには、頭皮環境を整える効果があります。頭皮環境がしっかりと整うと育毛剤を使用した際に、その効果を最大限に発揮できるようになります。

例えば、オイル系トリートメントも、スクラブ系トリートメントも、毛穴の汚れを落とす効果がありますが、毛穴の汚れがなくなることで、育毛剤がしっかりと頭皮に浸透し、効率よく吸収することができるので、その分効果を発揮しやすいのです。

また、マッサージを併用して行うことで、頭皮の血行が良くなるので、髪の毛に血液が届くようになり、丈夫な髪の毛を生やすことができます。このような理由から、頭皮用トリートメントを使用するならば、併用して育毛剤も使用することをお勧めします。

自分の頭皮に合ったトリートメントで綺麗な頭皮に!

transplant-620x252
出典: http://www.regrowth.com/hair-transplant// 
いかがでしかた?今回は、頭皮のトリートメントについて解説をしてきました。私たちが普段使用している髪用のトリートメントというのは、基本的には、髪の毛を健康に保つためのもので、これから生えてくる髪の毛に関しては全くと言っていいほど関与していません。

そのため、頭皮用トリートメントのような、頭皮のケアができるようなトリートメントを取り入れることで、薄毛やハゲを予防することができます。また、頭皮用トリートメントを使うことで頭皮の環境が整うので、それだけで育毛剤が最大限の効果を発揮できるようになりますので、併用して育毛剤も使用したいところですね。

さいごに、頭皮用トリートメントですが、残念ながらドラッグストアなどで販売されているもののほとんどが髪用トリートメントなので、市販されていることが少なく、手に入れるのが難しいです。そのため、購入の際は、ネット、もしくは美容室などで購入することをお勧めします。

みなさんも頭皮のトリートメントを取り入れて、薄毛やハゲを予防してみてはいかがでしょうか?

悩まないで、まずコレ試して! チャップアップ
薄毛は今日も、明日も、毎日被害が拡大します・・・。
★要注目★
tnm

グズグズ悩むな!今から対策をはじめよう!

若ハゲは、確実に人生を狂わせる病気です。

筆者は高校・大学と遺伝やストレスの抜け毛に悩み続け、結局20代後半まで対策を講じることができませんでした。

AGAクリニックに通うのは平均月2万円はかかるし、恥ずかしいのでとても勇気が要ることです。。。育毛剤なら自宅で1万円もかからずに育毛体験がスタートできるのに、なぜ10年も何もできなかったのか。その間にも毛根は死んでいくのです。手遅れになるのです。

そうなる前に、No1育毛剤、「チャップアップ」をまず3ヶ月試して頭皮の成長を実感してください。グズグズしてる場合ではありません。この少額投資は確実にその後の自分に少なくないリターンが帰ってきます。

はじめての育毛剤には、チャップアップ一択。

様々な調査でランキング1位。いたるところで、生えた!濃くなった!という強烈な成功体験多数の育毛剤。筆者も使ってました。その節は本当にありがとうございました。 チャップアップ btn_isoge_official

もっと詳しく、基礎知識や育毛剤ランキングについてみたい方はこちら>>育毛剤ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

若ハゲ・薄毛対策、手遅れ厳禁です。